【特別企画】

こんなに小さいのがPC!? ディスプレイ背面に合体もできる超薄型PC「LUV MACHINES mini シリーズ」

1 コンパクトさを追求した超薄型PCが登場

 
  • <<
  • <

1/3

マウスコンピューターで人気の薄型コンパクトデスクトップPC「LUV MACHINES mini シリーズ」。そのラインアップに、新たに第7世代CPU搭載モデルが加わった。本製品最大の特徴は省スペース性。ディスプレイ横に縦置きすることも可能だが、付属の「VESA取り付けキット」を使用することで薄型テレビや、薄型ディスプレイの背面に装着できる。限られたスペースに設置するのにもってこいの製品だ。今回マウスコンピューターより同シリーズの最上位モデル「LM-mini91S-S5」を借用したので、製品スペック、外観、設置方法、パフォーマンスなどについてレビューしていこう。

マウスコンピューター「LUV MACHINES mini シリーズ」の第7世代CPU搭載モデル。Celeron プロセッサー 3865Uを搭載したエントリーモデル「LM-mini77E」35,800円~(送料・税別)

パッケージには本体、フットスタンド、VESA取り付けキット、ACアダプタ、電源ケーブル、USB日本語キーボード、USB光学式スクロールマウス、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書)が同梱されている。キーボードとマウスを別途購入する必要はない

Celeron、Core i3、Core i5など最適なモデルを選択可能

今回借用したのは同シリーズの最上位モデル「LM-mini91S-S5」(94,800円【税別】)だ。本モデルは、CPUは第7世代(Kay Lake世代)の「Intel Core i5-7200U」を採用。メモリは16GB(PC4-17000 DDR4 SO-DIMM)、ストレージは480GB SSD(Serial ATAIII、6Gbps)を搭載する。

LUV MACHINES mini シリーズにはCPU、メモリ、ストレージの組み合わせが異なる6モデルが用意されており、下はCPUにCeleron プロセッサー 3865Uを採用モデルが35,800円(税別)、上はCPUにCore i5-7200U プロセッサーを採用モデルが94,800円(税別)と予算に応じて最適なスペックを選べる。もちろんどのモデルを購入する場合でもカスタマイズが可能。メモリは最大16GB、SSDは最大1TB、HDDは最大1TBを選択できる。ただしCPUは変更できず、またSSDからHDD、HDDからSSDにカスタマイズすることは不可。つまりCPUとストレージの種類を選んでから、メモリとストレージの容量を選ぶことになるわけだ。

LUV MACHINES mini シリーズのラインナップ
型番(価格:税別) プロセッサ メモリ ストレージ
LM-mini77E
(35,800円)
Celeron 3865U 4GB 64GB SSD
LM-mini77B
(42,800円)
500GB HDD
LM-mini77S-S1
(49,800円)
8GB 120GB SSD
LM-mini86B
(59,800円)
Core i3-7100U 4GB 500GB HDD
LM-mini86S-S1
(64,800円)
8GB 120GB SSD
LM-mini91B-S2
(79,800円)
Core i5-7200U 240GB SSD
LM-mini91S-S5
(94,800円)
16GB 480GB SSD

Mac miniよりコンパクトなフットプリント

本製品のサイズ/重量は、本体のみで26×151×195mm/670g、スタンド装着時でも72.2×151×218.3mm/890g。Mac miniのサイズ/重量が36×197×197mm/1.19~1.22kgなので、横置きした場合でもMac miniより小スペースに設置できるわけだ。

インタフェースは、USB 3.0 Type-A(背面×2、前面×2)、USB 2.0 Type-A(前面×2)、HDMI(背面)、D-sub(背面)、SDメモリーカードスロット(前面)、ギガビット(10/100/1000)LAN×1(背面)、ラインイン、ラインアウトを用意している。USB 3.0ポートでは動作しない一部のUSB 2.0デバイスとの互換性を確保するためにUSB 2.0 Type-Aポートを用意しつつ、アクセスのしやすさに配慮してUSB 3.0 Type-Aポートが前面と背面に分けて実装。オフィス用途も考えられている。さらに、802.11acに対応する無線LANとBluetoothを内蔵しており、使い方次第で接続するケーブルを最小限にすることも可能だ。

本体左側面。ボディーはプラスチック製。表面にはヘアライン調加工が施されている。右上にあるのが電源ボタンで、その下にあるのがストレージアクセスランプだ。OSがスリープしている状態であれば、キーボードを操作すればログイン画面が表示される

本体右側面。上部と下部には大きなゴム足が用意されているので、安定して横置きに設置できる

本体上面。効率的に薄型ボディーを冷却するため、大型の排気口が設けられている

本体下面。左に見えるのはVESA取り付けキット、またはフットスタンドを固定するためのネジ穴。VESA取り付けキット、フットスタンドにはつまみネジが用いられているので、ドライバーなしで脱着可能だ

本体前面。左からSDメモリーカードスロット、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0 Type-A×2が配置されている。頻繁に利用するスロット、ポートが前面に設けられている。アクセス性は良好だ

本体背面。左からD-sub、HDMI、USB 3.0 Type-A×2、ギガビット(10/100/1000)LAN×1、電源端子、ラインイン、ラインアウト、ケンジントンロックが用意されている。D-sub端子が用意されているので、多少古いディスプレイでも利用可能だ

LUV MACHINES mini シリーズに付属するACアダプタ。ACアダプタのコードの長さは実測約180cm、ケーブルの長さは約180cm。合わせて約360cmの長さがあるので、一般的な家屋、オフィスであれば延長コードが必要になることはないはずだ

ACアダプタの仕様は、入力100-240V、出力19V/3.42A、容量65W。マウスコンピューターのノートPC用ACアダプタと同様に、製品保証は国内仕様となるが、仕様上は変圧器が不要なので世界各地で利用できる

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) コンパクトさを追求した超薄型PCが登場
(2) ディスプレイ背面に装着すればディスプレイ一体型PCに変身!
(3) LUV MACHINES mini シリーズの活用範囲は様々
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事