【特別企画】

VRコンテンツ体験にもおすすめ! 一台あると"かなり"心強い、ハイパフォーマンス15.6型ノートPC「m-Book Tシリーズ」

1 全モデルにCore i7-7700HQを搭載し、カスタマイズも自由自在

 
  • <<
  • <

1/3

マウスコンピューターは、TDP 45WのハイエンドノートPC向けCPU「Intel Core i7-7700HQ」と、外部グラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)」を搭載したハイパフォーマンス15.6型ノートPC「m-Book Tシリーズ」を発売した。

本製品は「mouse」ブランドから販売されているが、「ビリジアンブルー」で彩色されたキーボードは、まるでゲーミングPCのような雰囲気を漂わせており、ハイスペックCPU&GPUによりクリエイティブ用途にもエンターテイメント用途にも、そして流行のVR用途にも活躍してくれるモデルに仕上げられている。

今回マウスコンピューターより、m-Book Tシリーズのスタンダードモデル「m-Book T500BN1」の実機を借用したので、本製品の詳細スペック、外観、使い勝手、パフォーマンスなどについてレビューしていこう。

マウスコンピューター「m-Book T500BN1」 129,800円(税別)

パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書)が同梱されている

全モデルにCore i7-7700HQを搭載し、カスタマイズも自由自在

今回マウスコンピューターより借用した「m-Book T500BN1」は、メモリ8GB、ストレージに500GBハードディスク(HDD)を搭載している。標準構成としては、表に示すように6モデルが用意されているが、CPUにCore i7-7700HQ、外部グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)を搭載しているのは共通で、主にメモリ容量、ストレージの種類と容量で差別化が図られている。

標準の無線LANは最大433Mbpsの通信速度に対応しているが、最上位モデルの「m-Book T500XN1-M2SH10」のみ最大867Mbpsの通信速度に対応した「Intel Dual Band Wireless-AC 8265」を標準で搭載している。ただしほかの5モデルについても、カスタマイズ時に同じ無線LANユニットにアップグレード可能だ。

メモリは8GB/16GB/32GBから、SSDは256GB/512GB/1TB、HDDは500GB/1TB/2TBから選べる。なおストレージの接続方式としてはSerialATA III、M.2 SerialATA III、M.2 PCI Express x4接続などがあり、最大2基まで搭載可能、パーツのグレードも複数用意されている。例えばSSDでは最大3,000MB/sの連続読み出し性能を誇る1TB NVM Express SSD 「SAMSUNG SM961」なども選択可能。予算に合わせて選びたい。

表1:「m-Book Tシリーズ」のラインナップ
型番(価格:税別) CPU メモリ ストレージ
m-Book T500BN1
(129,800円)
Core i7-7700HQ 8GB 500GB HDD
m-Book T500SN1-S2
(139,800円)
Core i7-7700HQ 8GB 240GB SSD
m-Book T500SN1-M2SH
(144,800円)
Core i7-7700HQ 8GB 128GB M.2 SSD
1TB HDD
m-Book T500SN1-SH2
(159,800円)
Core i7-7700HQ 16GB 256GB M.2 SSD
1TB HDD
m-Book T500XN1-M2SH5
(169,800円)
Core i7-7700HQ 16GB 512GB M.2 SSD
2TB HDD
m-Book T500XN1-M2SH10
(Intel Dual Band
Wireless-AC 8265AC8265搭載)

(229,800円)
Core i7-7700HQ 32GB 1TB M.2 SSD(NVMe)
2TB HDD

本体の実測重量は2580g。毎日持ち歩くのにはちょっと厳しい重さだが、そのパフォーマンスを考えれば十分納得できる

ACアダプタの実測重量は1029g

ACアダプタの仕様は、入力100-240V、出力19V/10.5A、容量200W。製品保証は国内仕様となっているが、変圧器不要なため世界各地で利用可能

まるでゲーミングPCのようなフォルム、豊富なインタフェースを装備

「m-Book Tシリーズ」には新デザインのブラックカラーの筐体が採用されている。外部グラフィックスを搭載しながら最厚部で30.3mmというスリムなボディは、天板とパームレストをマット仕上げ、キーキャップをビリジアンブルーで彩色しており、一見するとゲーミングPCのようだ。しかし、落ち着いた表面仕上げと組み合わせることで、デザイン的な上質感を演出している。

インタフェースは、USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×3、HDMI、mini DisplayPort、SDメモリーカードスロット、ギガビットイーサネット、ステレオヘッドホン/マイクコンボジャックと豊富に用意されている。

USB 3.0 Type-C端子はDisplayPortとしても利用可能なので、最大で4画面のマルチディスプレイ環境を構築できる。4画面のマルチディスプレイ環境は、クリエイティブ系アプリケーション利用時に重宝するはずだ。内蔵のスピーカーはステレオスピーカーと、本体底面のサブウーファーを加えた3スピーカーシステムとなっており、低音の出力を強化している。

天面は高級感のあるマット仕上げ。持ち運ぶ際にしっとりと手に馴染み、滑りにくいという実用的な効果もある

本体底面。ハイパフォーマンスなCPUと外部グラフィックスを効率的に冷却するため、冷却口は広く取られている。向かって左側にあるのは3Wのサブウーファー

本体前面。側面部は斜めに切り落とされているので、机から持ち上げるときに指がかかりやすい

本体背面には大型の排気口が配置されている。フル稼働時の熱気は主に後方に排気されるので、操作時に不快な熱気を浴びることはない

本体右側面。左からSDメモリーカードスロット、USB 3.0 Type-C×1、mini DisplayPort、USB 3.0 Type-A×1、HDMI、ギガビットイーサネットが配置されている。一番右のケンジントンロックは、公共の場でVR用PCとして利用する際、紛失防止に役立つだろう

本体左側面。左から電源端子、USB 3.0 Type-A×2、ステレオヘッドホン/マイクコンボジャック。利用頻度の多いUSB 3.0 Type-Aが左右に搭載されているのは、理にかなった設計だ

100万画素Webカメラの左右にはモノラルデュアルアレイマイクが内蔵されている。これは指向性を備えており、また周囲のノイズを低減してくれる。ビデオ通話、音声通話の際に役立つ装備だ

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 全モデルにCore i7-7700HQを搭載し、カスタマイズも自由自在
(2) 必要十分なディスプレイ解像度、発色は実際の色に忠実
(3) VRコンテンツを快適に動作させられるパフォーマンス
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事