【特別企画】

新たな販売シナジーを発揮!「サイン&ディスプレイショウ2017」で存在感を増すOKIデータ・インフォテック

1 デジタルプリント壁紙の印刷と施工を実演

  • <<
  • <

1/2

8月31日から9月2日にかけ、東京ビッグサイトにてサインディスプレイの製作や施工に必要となる資材や機器などを一堂に集めたイベント「サイン&ディスプレイショウ2017」が開催された。OKIデータ・インフォテックはこのイベントにサインディスプレイ向け大判プリンターとプロフェッショナルカラーA3プリンターを用いたプリント活用ソリューションを出展し来場者の注目を集めていた。

サイン&ディスプレイショウ2017に出展したOKIデータ・インフォテックのブース

低臭気インクを搭載した「ColorPainter」シリーズのフルラインアップを展示

OKIデータ・インフォテックブースには、同社の主力製品である低臭気ソルベントインク「SXインク」を搭載した大判インクジェットプリンター「ColorPainter(カラー・ペインター)」シリーズのフルラインナップが展示された。ランニングコストに優れた54インチのエントリーモデル「ColorPainter E-54s(以下E-54s)」、画質と速度のバランスに優れた64インチモデル「ColorPainter M-64s(同M-64s)」、メッシュターポリンに両面プリント可能な104インチモデル「ColorPainter H3-104s(同H3-104s)」だ。さまざまな塩ビ系メディアや壁紙、電飾フィルムへの印刷実演などを行いColorPainterシリーズの特長である高生産性や低TCO、環境に配慮した低臭気インクを用いた大判プリントソリューションを中心にアピールしていた。

壁紙のプリント実演中の54インチモデルColorPainter E-54s。
右図は印刷した壁紙を拡大したところ。凹凸のある面に非常に繊細で鮮やかにプリントされている

塩ビメディアを高速プリント実演中の64インチモデルColorPainter M-64s(左)
メッシュメディアに両面プリント可能な104インチモデルColorPainter H3-104s(右)

同社ブースで特に人気を博していたのが、デジタルプリントをはじめとしたオンデマンド壁紙施工の第一人者である君和田重則氏による壁紙施工の実演デモだ。同氏は実際にColorPainter E-54sでプリントしたデジタルプリント壁紙を使い、美しく継ぎ目のない貼り込み施工を行うためのノウハウを披露。熱心に実演を見学していた来場者から大きな喝采を浴びていた。

デジタルプリント壁紙施工の第一人者、(有)K.W.C 代表取締役の君和田 重則氏。同氏によるデジタルプリント壁紙の施工実演は、毎回多くの人でにぎわっていた

白印刷できるプロフェッショナルA3カラープリンターも存在感を見せる

また今回の同社ブースではCMYKに加え特色トナーを加えた5色印刷が可能なOKIデータ製プリンター「MICROLINE VINCI(マイクロライン・ヴィンチ)」を使って作成された商品パッケージやペットボトルのラベル、色紙や長尺紙にプリントされた招待状やPOPバナーなどのサンプルが賑やかに展示された。

MICROLINE VINCIシリーズのフラッグシップモデルである「C941dn」に搭載可能な特色ホワイトトナーを使えば、色紙や透明シートに白印刷できるので、今までのプリンターでは難しかった色紙や透明フィルムなどのパッケージ試作品が簡単に制作できるのだ。そのほかにも転写シートを使ったオリジナルTシャツやバッグなど、さまざま利用シーンを想起させる華やかなサンプルが多数展示されており、多くの来場者が足を止め説明員に質問するなど関心の高さが見て取れた。

OKIデータ製の「MICROLINE VINCI C941dn」の特色トナーを使ったクリアペットフィルムや色厚紙、転写紙プリントなど、さまざまな利用シーンをイメージしたサンプルが多数展示された

その他、UV硬化フラットベットプリンター「JETRIX」シリーズでプリントしたアクリルなどのプラスチック素材やコルクなどの木製素材、さらに金属やガラス、プラ段などのサンプルも展示。生産性と画質、インクの密着性の高さをアピールしていた。

プライマーインク搭載のUV硬化フラットベットプリンターJETRIXでプリントされたさまざまな素材の制作物が展示されていた

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) デジタルプリント壁紙の印刷と施工を実演
(2) グラフィックス担当部長が語るイベントの手ごたえ


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事