【特別企画】

タムロン「18-400mm F/3.5-6.3 DiII VC HLD」を試す - 運動会にもピッタリな22.2倍 「超望遠高倍率ズームレンズ」

1 撮影場所に制限がある場合でも安心

  • <<
  • <

1/4

高倍率ズームといえば、広角から望遠までの撮影が1本で楽しめる便利なレンズ。そんな高倍率ズームに、従来にない画期的な製品が登場した。この分野のパイオニア的存在であるタムロンの新作、超望遠高倍率ズームレンズ「18-400mm F/3.5-6.3 DiII VC HLD」だ。これからの季節に増えるであろう、子どもの運動会などにも最適なレンズだと言える。

いったい何が画期的なのか。カメラに詳しい人なら製品名を見ただけで、ピンとくるだろう。これまでの高倍率ズームは、テレ端の焦点距離が最高でも300mm(35mm判換算480mm相当/キヤノン用)止まりだったが、本レンズはなんと400mm(640mm相当/キヤノン用)に対応。ズーム比でいうと実に22.2倍。デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズでは世界初のズーム比となる。

タムロンの超望遠高倍率ズームレンズ「18-400mm F/3.5-6.3 DiII VC HLD」。今回は、キヤノン「EOS Kiss X9」に装着して使用。キヤノン用のほか、ニコン用が用意されている

22.2倍が生み出す圧倒的な撮影自由度

この高倍率はどんなときに役立つのか。真っ先に挙げられるのは、動きのある被写体を離れた位置から大きく捉えたいシーンだ。例えば運動会などのイベントを撮る場合、撮影場所には制約があるため、低倍率のズームレンズではどうしても不満が生じがち。カメラ自体が近寄ることは難しいし、ズームアップもできない。かといって望遠ズームに交換してしまうと、今度は被写体が近づいてきたときに撮れなくなり、結果的にシャッターチャンスを逃してしまう……。

だがタムロンの超望遠高倍率ズームレンズ「18-400mm F/3.5-6.3 DiII VC HLD」なら、そんな心配は無用。18~400mm(35mm判換算29~640mm相当/キヤノン用)という幅広い焦点距離によって、撮影位置を問わず、引きの構図から寄りの構図まで自由自在に楽しめる。

正確なAFと優れた手ブレ補正機構によって、走り回る子どもたちも確実に捉えられる。シャッター優先AE (F7.1 1/800秒) ISO640 WB:太陽光 焦点距離:400mm

離れた位置からでもアップで写せる超高倍率ズームレンズなので、カメラを意識しない自然な笑顔が撮りやすい。シャッター優先AE (F7.1 1/800秒) ISO500 WB:太陽光 焦点距離:246mm

近寄って撮る際は、ワイド端の18mmが大活躍。レンズ交換なしで広角から超望遠まで撮影できるのは実に便利だ。マニュアル露出 (F8 1/125秒) ISO200 WB:太陽光 焦点距離:18mm

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 撮影場所に制限がある場合でも安心
(2) 一瞬のチャンスを逃さない高精度なAF
(3) 手ブレを最小限に抑える「VC」内蔵
(4) スナップやテーブルフォトにも強み
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事