【特別企画】

カシオのG-SHOCK35周年モデルの第一弾は新しい「マットブラック」 - 開発や"製品化"にも多くの苦労が

1 コンセプトは"原点回帰"

 
  • <<
  • <

1/5

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の誕生35周年記念モデルの第1弾「BIG BANG BLACK」(ビッグバンブラック)を9月8日に発売。これに先立ち、BIG BANG BLACKの企画と開発を担当した泉潤一氏と小島健二氏に「新色の開発秘話」や「モデルの選定理由」など、開発にまつわるエピソードを伺ってきた。

左から、泉氏、小島氏。BIG BANG BLACKの中でも特にお気に入りのものを、それぞれ腕につけてもらった

コンセプトは"原点回帰"

G-SHOCKといえば、カシオの代表作でもあり、誰もが知っているほど幅広い世代で愛される人気のシリーズだ。そんなG-SHOCKが、2018年4月に誕生35周年を迎える。これにともない「35周年記念モデル」がリリースされるわけだが、その企画には1年以上もの時間を費やしたというので、同社の力の入れようが伺える。

今回の35周年記念モデルの第1弾となった「BIG BANG BLACK」(ビッグバンブラック)。全5モデルで展開し、コンセプトは"原点回帰"。既存の人気モデルをベースにしつつ、G-SHOCKのイメージカラーである"黒"を進化させ、新たな「マットブラック」を開発するなど、G-SHOCKの過去と未来が感じ取れる内容となっている。

全5モデルで展開する、35周年記念モデルのBIG BANG BLACK。新色の"マットブラック"を基調としたシックなたたずまいに、赤字の「SINCE 1983」が映えている

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) コンセプトは"原点回帰"
(2) 全5モデルの"ベースとなった製品"とは?
(3) ビッグフェイスのデザインを踏襲したミッドサイズのG-SHOCK
(4) 新色マットブラックの開発には多くの苦労が……
(5) ロゴのデザインはグラフィックアーティストのエリック・ヘイズ氏
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事