【特別企画】

和不動産の失敗を防ぐマンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ・リコス)】の評判・口コミは?

近年、「マンション投資」がブームになっている。マンション投資を検討したことがある人も増えてきているそうだ。ただ、投資と聞いてふと脳裏によぎるのは「失敗」の二文字ではないだろうか?そんな時に頼りになるのが和不動産のN-RICOSだ。その概要や口コミ・評判とは?

マンション投資失敗の原因は「不安」?

マンション投資における失敗とは、「収支がマイナスになってしまうこと」「急な修繕費がかかってしまうこと」「賃貸管理会社から家賃がきちんと支払われないこと」「購入時には見えなかったコストが意外とかかってしまった」など色々ある。
そのような状態におちいってしまうと、結果的にマンション投資をやめてしまう人がほとんどだという。

しかし、マンション投資で「失敗した」と感じている人のほとんどは、実際に失敗したわけでなく、「不安」に打ち勝てなかっただけ、というケースが多い。
不安の理由はマンションを購入した後の運用方法がわからずに、漠然とした状態でワンルームマンション投資を続けているため。この不安を抱えた状態が長く続くと、「失敗した」と感じてしまう人が多いのだとか。

マンション投資で感じる「失敗した」と感じてしまう理由。そこには運用のやり方が分からない…という「不安」がある

一般的にマンション投資において、不動産業者と一番接点の機会が多い時期は、物件を購入するとき。その後は、賃貸管理部門に賃貸物件の管理をお願いすることになり、ここから運用におけるアドバイスがオーナーに届く機会が少なくなるという。
そのため、購入後の運用は、オーナー自身の知識や能力によってやり方や結果が変わってくる。ここで、運用のやり方がわからないオーナーは、何をしたらよいかわからないため、「失敗した」と考えてしまうのだ。

マンション投資におけるコンサルティングソフトやシミュレーションについても、購入時は手厚い傾向にあるが、買った後に特化したコンサルティングシミュレーションができるシステムが不動産業界には、残念ながらほとんどない。

オーナー側の立場に立って考えた場合、マンション投資を始めてこれから「こうなるだろう」というシミュレーションも大事だが、マンション投資を始めた後に「今、何をすればよいのか?」「自分のマンション投資の現状はどうなのだろうか?」といった情報の方が有益であると考えた和不動産は、この度マンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ・リコス)】を開発した。

ここからは、この【N-RICOS】のメリットや評判・口コミについて紹介していく。

和不動産が開発した【N-RICOS】。実は、不動産投資業界において、革新的サービスであることをご存じだろうか?

マンション投資の運用において大事なポイント

マンション投資において一番重要なことは、現状を把握すること。
現状を把握できていれば、今後の運用プランを検討でき、リスクを可視化することで前もって対策をとることも可能だ。
しかし、管理の仕方がわからずに不安を抱いている人が一定数いるのも事実である。

例えば、パソコンを購入してもパソコンの使い方がわからなければ、パソコンを効果的に使いこなすことはできない。
これと同じことがマンション投資でも起こっているのだ。ワンルームマンションを購入しても、マンションの運用の仕方がわからなければ、効果の高い運用はできない。
パソコンは、取扱説明書があるため読めば対応できるようになることが多いだろうが、マンション投資には取扱説明書が存在しない。
そのため、自分で勉強してノウハウを構築することが必要なのだ。「上手くノウハウを構築できる人は成功し、うまく理解できない人は後悔する」。

そのような環境を打破するために【N-RICOS】は開発された。

はじめて触る機械でも、説明書があると安心。【N-RICOS】が目指しているのは、まさにマンション投資の説明書なのだ

【N-RICOS】とは、どういうシステム?

【N-RICOS(エヌ・リコス)】は、オーナーのその時点における運用状況を記録したデータベース型のマンション投資コンサルティングシステム。
これを時系列で結ぶことによって、運用状況の可視化ができるようになる。
そのグラフの動きによって様々なアドバイスを実施していくのだ。

【N-RICOS】は蓄積されたリアルな運用データに基づくコンサルティングができるため、多くのコンサルタントにありがちな、勘や主観的なものの見方にとらわれない客観的なコンサルティングが可能になった。

もちろん、購入の際のシミュレーションは、収支だけでなく、マンション投資のメリットを様々な角度から実施する。購入後の運用もその都度、費用対効果を記録しより効率的な投資を提案できるようにもなったという。

マンション投資で失敗する人をなくしたい

一般的に不動産業者の仕事は、物件を買主に引き渡すこと。その後の対応は、業者から紹介してもらった専門家に別途費用を支払い、運用・管理のサービスを受けることになる。
この別途費用は、マンション投資のオーナーにとって当初予定していなかった費用のため、不満に思っている人も一定数いるだろう。
いくら物件を安く購入しても、サービスを受ける度に毎回費用を支払っていたら、その金額も高額になってしまう。

そこで、和不動産では、オーナー自身が様々なことに対応できるよう、賃貸管理から3か月に1回程度の運用コンサルティングまで、ワンストップのサービスを提供している。
特にコンサルティングでは、オーナー自身がマンション投資の運用を理解できるよう【N-RICOS】で可視化。
「コンサルティングの回数を重ねポイントを理解してもらうことが重要」というのが和不動産の考え方だ。

その積み重ねが、マンション投資の「ノウハウ」としてオーナーの財産になることは間違いないだろう。
オーナーとして自立することこそが重要ではあるが、「オーナー自身で勉強してください」という乱暴なやり方ではなく、「オーナー様と二人三脚の活動で一緒に学習していく」ことを目指しているのが和不動産のスタイルなのだ。

顧客をひとりにしない、孤立させない。二人三脚で一緒に学んでいくのが和不動産のスタイル

マンション投資における5つのチェックポイント

和不動産では、【N-RICOS】を活用してオーナーのマンション投資をサポートしている。
基本的に【N-RICOS】は、その時々の状況をシステムに入力するデータベース型のシステムだが、時系列で見た時にその効果を最大限に発揮できるシステムなのである。

具体的にグラフにして可視化できる項目は、以下を確認してほしい

① 資産管理

【N-RICOS】でチェックすべきポイントの1つ目は、資産の管理。和不動産は、CFA(キャッシュフロー・フロム・アセット)の略で呼んでいる。マンション投資において、最初に目指すべきことはキャッシュフローを最大化すること。
そのため、「収入」「支出」「資産(預貯金を含む)」「借り入れ」などを定期的に入力し、その推移をチャート形式でモニタリングしていくのだという。

これを管理することにより、マンション投資に利用できる金額が把握でき、追加投資の金額やタイミングが検討できるようになる。するとキャッシュフローを改善することに繋がり、資産運用によって「どれだけ貯金が増えたのか」の把握も可能。
和不動産では、「キャッシュフローの推移」と「預貯金の推移」、「収入と支出」のモニタリングの際にマンション投資により「稼ぐ力」の推移をグラフで可視化できるようにしている。

② 1部屋ごとの物件管理

マンション投資で陥りがちなことは、物件ごとの細かい収支が管理しきれずにどんぶり勘定になってしまうこと。
こうなると「どこが、どう問題なのか?」を把握することが困難になる。そのため、和不動産では物件1部屋ごとに「年間の収入と支出」「収支の変遷履歴」「繰上返済の金額と費用対効果」「原状回復などの費用と効果」「家賃の推移」「実際の空室期間」などの運用状況を記録している。

この活動によって、例えば和ハイツ101号室に「いくらの費用がかかり」「いくら回収したか」が、初めてわかるようになるのだ。
費用関係を理解することは売却する時にも重要で、これがわからないと「いくらで売却したらよいか?」の基準がわからない。
さらに、一つ一つの投資の効果をシミュレーションすれば、一番効率の良い再投資も理解できるようになるため、効率的な運用を実施できるだろう。

ここで、注意すべき点は、アパートの場合も1部屋単位の管理が必要だということ。
和ハイツ101と和ハイツ102は、賃貸契約も別々なら原状回復の費用もバラバラ。このように分けて管理していれば、問題点が浮き彫りになり早めの対処も可能になる。
「どんぶり勘定」ではなく「細かい管理」をすることが、求められているのだ。

③ 目標管理

オーナーの希望や目的は、マンション投資をすることではない。
マンション投資を実施した先にある「豊かな生活」こそが、本当のゴールだろう。
そのために、「毎月家賃収入から、いくら確保したい」という、目標が必ずあるはずだ。
その目標を達成するためには、段階を踏んでいくことが求められる。

和不動産は、オーナーの最終的な目標を「大目標」、2~5年を目処に達成できそうな目標を「中目標」、1年以内に達成すべき目標を「小目標」と位置づけ、日々のコンサルティングを実施している。
目標達成は、オーナーにとって最重要課題である。目標達成の方法として、「物件の追加購入」「リフォームをして賃料をアップする」「繰上返済を実施して返済額を下げる」という具体的な手法を提案することがミッションと位置付けている。

④ 出納帳

マンション投資をスタートした後に待っているのは、確定申告である。
しかし確定申告をその都度、税理士に依頼するとなると費用がかさんでしまう。
「できれば自分でやりたいが、税務の知識がないからできない」そう考えている人も多いのではないだろうか?そこで必要になってくるのが、「出納帳」である。

通帳に記載された項目を処理していくうちに、マンション投資の確定申告程度であれば、オーナー自身で対応できるようになるだろう。
そのために、まずは、きっかけが必要なのだ。お金の流れを把握できれば、マンション投資におけるリテラシーも高まり、ノウハウの蓄積にもなる。
金融リテラシーのトレーニングとしての位置づけ程度ではあるが、これから学習する人には、役立つと思われる。

⑤ トータルの収入と支出の管理

先ほど、1部屋ごとの物件管理が必要だと記載したが、それと同様にトータルの収入と支出の管理も重要。
マンション投資の問題点を把握するためには、1部屋ごとの物件管理が重要だが、複数の物件を同時に所有している場合、トータル管理を実施しなければすべての状況を把握できない。

マンション投資の効率を効果的に上げていくには、全体を見て一番収益が出る方法を選択する指標が必要である。
和不動産ではその状況を一目で確認できるよう、トータルの収入と支出の管理を推奨している。

このように5つのチェックポイントを定期的に記録していくことで、マンション投資の効果測定がやりやすくなる。
地道な作業のため、1人でやるのには向いていない作業かもしれない。
そんな時こそ、和不動産のスタッフを頼っていただきたい。

マンション投資経験者に評価されるシステムへ成長

【N-RICOS】が開発されて1年が経過した。
運用しながら問題点を改善することで、ついに100回を超えるバージョンアップを実施し、開発当初より多くの提案ができるシステムになっている。
和不動産は今後も開発を重ね、よりわかりやすい提案を実施したいと日々活動している。

また、【N-RICOS】は、他社でマンション投資をスタートし、その後に和不動産と付き合い始めた顧客からの評判が高いことが特徴だという。
「こんなサービスは初めてやってもらった」「自分がやっていることが理解できた」「ここまでアドバイスしてくれるのか」といった、高評価を得ているとのこと。

【N-RICOS】で実施することは、基本的に地味なデータ管理がほとんどである。しかし、これを5年・10年と積み重ねていくことで、オーナーの運用の成績が可視化されノウハウの構築に繋がっていく。
つまり、マンション投資の全貌を把握することは、実はそれほど大変なことではないという。地道なことをコツコツ実施するのが大切なのだ。
しかし、そのデータの管理自体のやり方がわからないことが、問題である。
その問題に対して、和不動産はオリジナルのシステムを開発し、サービスとして提供することで対応している。

実際の【N-RICOS(エヌ・リコス)】の評判・口コミとは?

実際にオーナーの方々からはどのような声が挙がっているのだろうか。
ここで、和不動産のオーナーからの評判・口コミを紹介したいと思う。

【Eさん】20代男性 不動産投資歴6年3ヶ月 運用物件3戸
>和不動産のコンサルティングの中で、【N-RICOS】を使ってみた感想や、良いと思った機能について教えて下さい。

【N-RICOS】のシステムを使った不動産投資の運用は、資産の可視化とその推移が分かる点にメリットを感じます。
僕は仕事柄自分でも収支の管理や帳簿付けをしているのですが、不動産投資を始めている方は絶対に皆さんやった方が良いと思います。

TOP画面では、不動産投資について必要な情報である

①資産管理
②物件管理
③目標管理
④出納帳
⑤トータルの収支・資金に対する利益率(ROI)

について、各項目の概要を並べて一画面で見られるのが分かりやすいですね。

仕事で使っているようなシステムでも、その都度中に入らないと分からないというシステムもあるので…。
他の不動産会社さんでも、収支と物件管理のシステムやアフターフォローにこんなにお金かけている会社はほとんど無いのではないでしょうか。

>賃貸管理(NRIS)の機能について良いと思うところを教えて下さい。

自分が持っている物件の賃貸管理まで、面談で確認できるのはオーナーとしてありがたいことです。

修繕履歴や入居者履歴を自分でつけているオーナー様もいらっしゃると思いますが、「もともと家賃がいくらだったか?」といったところまではさすがに覚えている人は少ないのではないでしょうか?賃貸管理部さんの方に情報を入れて頂き、賃貸管理のデータベースも蓄積し、可視化できるのは良いことだと思います。

また、基本的には賃貸管理部さんの方にお任せしていますが、オーナー自身も賃貸管理について理解していかなければならないと、改めて再確認しましたね。
僕自身も不動産投資の運用に関しては勉強はしているつもりですが、賃貸管理に関する数字の見方であったり、単語の意味であったりはまだまだ勉強不足のところがありますので。

【Kさん】50代男性 不動産投資歴2年7ヶ月 運用物件6戸
>和不動産のコンサルティングの中で、【N-RICOS】を使ってみた感想や、良いと思った機能について教えて下さい。

私は他社のものも含めて6戸物件を所有しているのですが、トータルで情報を管理できる点が良いと思いますね。
物件の管理だけでなく、貯蓄額や月々の支出などを整理して一覧で定期的に見れるので、その時その時の状況を把握することが出来ています。

最初の定期面談でCFAシートを入力する際に「月々の光熱費はいくらですか?」と聞かれたものの、詳細な収支について細かく把握していないことに気付きました。

【N-RICOS】」に収入と支出の情報を細かく入力することで、改めて金額を確認したり、情報を整理して見たりすることが出来たと思います。
「ちょっと今月は飲み代が多くかかっちゃったなぁ…」といったことも分かりますしね(笑)

また、すごいなと思った機能は「繰り上げ返済シミュレーションシート」です。
金利やローン年数を踏まえて、どのローンから返済していった方がメリットがあるのか?といったこともシミュレーションしていただけるので、今後の繰上げ返済を進める時には参考にさせて頂きたいです。

>【N-RICOS】の目標管理の機能についてですが、具体的な目標設定や管理を行うことで変わった点や、改善した点があれば教えて下さい。

目標設定についても、【N-RICOS】に入力するにあたって改めて考え、明確に設定することができました。
ぼんやりと「繰り上げ返済も進めないとな…」と考えていたものを、目標設定を行うことで「この時期にボーナスが入るから進めよう」といった形でより具体的に計画できるようになりましたね。
その時々の自分の意識や状況に応じて、定期的に見直しを出来る機会があるのも良いことだと思います。

【Kさん】20代男性 不動産投資歴5ヶ月
>和不動産のコンサルティングの中で、【N-RICOS】を使ってみた感想や、良いと思った機能について教えて下さい。

初めて【N-RICOS】のシステムを見た時に、一画面で多くの情報が閲覧できるので、率直に分かりやすいなと思いました。

詳細なところは細かく入力いただいていますが、①資産管理 ②物件管理 ③目標管理 ④出納帳 ⑤トータルの収支・資金に対する利益率(ROI)という主要な項目の概要をトップ画面で、パッと見られるのが良いですよね。

繰り上げ返済のシミュレーションの機能も見せていただきましたが、「年に●●万円返済していけば、●●年で完済できる」というのが具体的な計画としてイメージしやすかったですし、早め早めに繰り上げ返済をしていくメリットについてもよく理解できました。

>【N-RICOS】の目標管理の機能についてですが、 具体的な目標設定や管理を行うことで変わった点や、改善した点があれば教えて下さい。

正直、目標設定に関しては、オーナーになるまでほとんど意識していませんでした。
しかし、定期面談でお話させていただくなかで、自分の達成したいことや目的の整理をして、目標に対する計画も具体的に設定・実行できるようになりましたね。

以前、他の不動産会社さんからの営業があり、その会社の運用システムについてもお話を聞く機会があったのですが、もっと簡易なもので目標管理といった指標もありませんでした。
シミュレーションのデータも見せてもらったのですが、かなり成功した例というか、都合の良いように作ったデータという感じで…(笑)

【N-RICOS】のモデルケースは、和不動産さんで実際に運用されているオーナーさんのリアルな運用データを個人情報を伏せた形で閲覧できるのが、明確に他社さんと違うポイントだと思います。

信用できるリアルなデータですし、自分の状況と近いオーナーさんで成功しているモデルケースは、是非自分の運用計画の参考させていただきたいです。

【Aさん】30代男性 不動産投資歴3年2ヶ月 運用物件3戸
>和不動産のコンサルティングの中で、【N-RICOS】を使ってみた感想や、良いと思った機能について教えて下さい。

まずは「一目で分かる」というのが一番のポイントですよね。ここまで一覧性のあるシステムは他の不動産会社には無いのではないでしょうか。

そして、その情報を和不動産さんの方で一元管理していただけるというのは、時間の無いサラリーマン大家にとっては一番楽でありがたいシステムだと思います。

【N-RICOS】の中で私が一番良いと思っている機能は、「目標管理」ですかね。
目標を設定すると「やらなきゃ…!」というモチベーションが高まり、より具体的な計画・実行に移すことができるのではないでしょうか。
そういった点でもサラリーマン向けのシステムだな、と思いましたね。

>【N-RICOS】の機能について、改善点や「こんな機能があったら嬉しい!」というものがあれば教えて下さい。

現在、他のオーナーさんの運用状況をモデルケースとして閲覧することができますが、目標管理についても他のオーナーさんの目標を見ることができれば良いなと思います。

もちろん個人情報に関わるポイントは伏せた状態で、目標設定に関する他の人のモデルケースがあれば、自分が計画を立てる時の参考やシミュレーションにもなるのではないでしょうか。

【Oさん】20代男性 不動産投資歴3ヶ月 運用物件1戸
【Iさん】30代男性 不動産投資歴2年7ヶ月 運用物件3戸
【Hさん】30代男性 不動産投資歴1年8ヶ月 運用物件2戸
>和不動産のコンサルティングの中で、【N-RICOS】を使ってみた感想や、良いと思った機能について教えて下さい。

Iさん: アフターフォローの定期面談や【N-RICOS】への入力で「これに支出がこのくらいかかっています」「これだけ貯金が繰り上げ返済に充てられます」ということを客観的に示していただける点が良いと思います。

【N-RICOS】ができてから、繰り上げ返済シミュレーションの機能により、繰り上げ返済を行うためのイメージがしやすくなりましたね。

Oさん: 自分はまだ不動産投資を始めたばかりなので、【N-RICOS】についてまだ分からないことも多いのですが、CFAシートへの入力を行うなかで、収入や支出に対する意識が高まったと感じました。 定期面談でお伝えしている支出の金額と、実際にその月に使った金額になるべく差異がでないように気をつけたりとか…。
細かいところでもそういった無駄を無くすことで、繰り上げ返済に回せるお金も計画的に増やしていけるのかなと思います。

>【N-RICOS】の目標管理の機能についてですが、具体的な目標設定や管理を行うことで変わった点や、改善した点があれば教えて下さい。

Iさん: 目標設定をキチンと行うことで、不動産投資に対するモチベーションを保つことができます。 一人で運用していると「本当にこの運用で良いのだろうか?」という不安も出てきますし、惰性でなんとなくやってしまっているオーナーさんも多いのではないでしょうか。

和不動産のスタッフさんに話したり、【N-RICOS】に入力して言語化したりすることによって、目標も具体的に計画・実行することができていますね。

Hさん: 私は当初、貯蓄を運用する手段のひとつとして不動産投資を捉えていたため、「定年後に●万円のキャッシュフローが欲しい」といった具体的な目標は持っていませんでした。

しかし、和不動産さんの【N-RICOS】を使ったコンサルティング面談を受けるなかで、大まかな目標の設定や、「●月に繰り上げ返済を●万円行う」というようにキャッシュフローを増やしていく施策を、より具体的にすることができましたね。
結果的に、他の投資よりも安定してお金を増やす運用ができているので、和不動産さんからの購入を選んで良かったと思っています。

こんな口コミからもわかるように、和不動産のオーナーからの評判も上々。バージョンアップも1年半で100回を超え、さらなるニーズに応えるため今後も改良を続けていくというから、本気度が伝わってくる。こういったオーナーファーストの姿勢が、和不動産のオーナーからの評判・口コミページからもみてとれるように評価されているのだろう。

マンション投資の成否は、「買うだけの人」と「しっかり運用している人」で分かれる

マンション投資の成否は、「買うだけの人」と「しっかり運用している人」で分かれると言われている。
なぜなら、「買うだけの人」は、得た収益を効果的に活用できていないからだ。一方で、「しっかり運用している人」は、得た収益を効果的に運用し、運用益に対しても収益を得ることができるようになる。
そんな運用が可能になるのも、自身の運用状況を把握しているから。
つまり、マンション投資は「物件を購入することがゴール」でなく、「物件を購入したところからスタート」なのだ。

サテライトサイトを立ち上げた理由

7月には、評判のマンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS】のことをもっと知ってもらうために【N-RICOS】のサテライトサイトをリリースした。

コーポレートサイトではなく、あえてサテライトサイトにしているのも理由は、

①コーポレートサイトから独立させることで、【N-RICOS】やマンション投資のポイントをわかりやすく伝える
【N-RICOS】のバージョンアップ頻度は頻繁であるため

以上の2つの理由により、コーポレートサイトからあえて独立させたサイトになったという。

もちろん和不動産にも公式ホームページがある。
しかし、公式ホームページも運用を重ねていくと情報量が増え、伝えたいことも薄まってしまう。
そのため、【N-RICOS】のことをしっかり伝えるためにサテライトサイトを制作する経緯に至ったのだという。

また、更なる質の向上のために、今後もバージョンアップは繰り返さないといけない。
そこで、オーナーに対しても【N-RICOS】で何ができるかのインフォメーションの必要性も出てきたのだという。
このサテライトサイトで情報を集約し、何のためのシステムなのか今一度理解してもらうことで、オーナーとの関係性も深まると考えているとのことだ。

そんな経緯から、サイトを制作したのだという。
今後の開発にも期待していただきながら、興味のある方は一度サテライトサイトを確認いただきたい。

◆和不動産公式サイト:不動産投資やマンション投資セミナーは【和不動産】
◆N-RICOS特設サイト:和不動産のマンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ・リコス)】
◆東京のマンション経営特設サイト:マンション経営.東京で学ぶ中古ワンルームマンション投資
相続税対策の特設サイト:相続税対策・生前贈与は和不動産で
賃貸管理部門特設サイト:都心の人気エリア物件をお探しなら和不動産で

[PR] 提供:株式会社和不動産

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事