【特別企画】

これで9万円台!? 「Ryzen」搭載の性能を検証してみた - 4K動画編集も快適なミニタワー型デスクトップPC「LM-AG350EN1-SH2」

1 ミニタワー型ながら大型グラフィックスカードを搭載可能

 
  • <<
  • <

1/3

マウスコンピューターで販売する「LUV MACHINES シリーズ」は、マイクロATXフォームファクターを採用したミニタワー型のデスクトップPC。また、コンパクトな筐体ながら、拡張性が高くオプションも豊富といった充実したパフォーマンスが人気のシリーズである。

そんなLUV MACHINESシリーズから、今回新たに登場したのが、プロセッサにAMD製「Ryzen」を採用したミニタワー型デスクトップPC「LUV MACHINES AGシリーズ」だ。

マウスコンピューター「LUV MACHINES AGシリーズ」84,800円~

同シリーズの特徴や性能は後述にて詳しく説明するが、今回注目したいのはRyzenプロセッサを採用していること。同プロセッサは「Zen(ゼン)」マイクロアーキテクチャを採用したAMDの新プロセッサーで、従来製品よりもパフォーマンスが向上している。

LUV MACHINES AGシリーズには、用途に応じて「Ryzen 7 1700X」「Ryzen 7 1700」「Ryzen 5 1600」「Ryzen 5 1400」が標準搭載されており(ほかのプロセッサも選択可能)、ラインナップは以下となっている。

LUV MACHINES AGシリーズのラインナップ
型番(価格:税別) プロセッサ グラフィックス メモリ ストレージ
LM-AG350EN1
(84,800円)
AMD Ryzen 5 1400
(4コア/8スレッド)
(3.2/3.4GHz)
GeForce GTX 1050(2GB) 8GB 1TB HDD
LM-AG350EN1-SH2
(99,800円)
AMD Ryzen 5 1600
(6コア/12スレッド)
(3.2/3.6GHz)
GeForce GTX 1050(2GB) 8GB 240GB SSD
1TB HDD
LM-AG350BN1-SH2
(119,800円)
AMD Ryzen 7 1700
(8コア/16スレッド)
(3.0/3.7GHz)
GeForce GTX 1050(2GB) 8GB 240GB SSD
2TB HDD
LM-AG350SN1-SH2
(139,800円)
AMD Ryzen 7 1700X
(8コア/16スレッド)
(3.4/3.8GHz)
GeForce GTX 1060(3GB) 16GB 240GB SSD
2TB HDD
LM-AG350XN1-SH5
(169,800円)
AMD Ryzen 7 1700X
(8コア/16スレッド)
(3.4/3.8GHz)
GeForce GTX 1060(3GB) 32GB 480GB SSD
2TB HDD

LUV MACHINES AGシリーズの特徴に挙げられるのは、コストパフォーマンスの良さである。例えば、6コア/12スレッドのAMD Ryzen 5 1600搭載で99,800円(税別)、8コア/16スレッドのAMD Ryzen 5 1700搭載で119,800円(税別)など、これまでよりも多コア環境を安価に入手できるのだ。

今回は、マウスコンピューターから「AMD Ryzen 5 1600/GeForce GTX 1050(2GB)/メモリ8GB/240GB SSD/1TB HDD」を搭載する「LM-AG350EN1-SH2」を借用し、昨今需要が高まっている4K動画を編集、書き出しするというクリエイティブ用途にどのくらいのパフォーマンスを発揮するのか、という観点からレビューしていきたいと思う。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ミニタワー型ながら大型グラフィックスカードを搭載可能
(2) 「LUV MACHINES AGシリーズ」のパーツ構成を確認
(3) 気になるパフォーマンスは?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事