【特別企画】

女性がひとりで家を持つ「モチイエ女子」とはいったい?

「つい最近まで、女性がひとりで家をもつってごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。いったい誰がそんなことを決めたんだろう。女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?」。ごく普通の女子たちが自分のための"家"というホームグラウンドを手に入れ、イキイキと輝いている……、それが「モチイエ女子」です。

そんな「モチイエ女子」について、「女子」と「住」がもっと近づくwebサイト「モチイエ女子web」内の人気コンテンツである「女子イエナカ研究所」から、紹介します。

「女子イエナカ研究所」とは、女子の"家の中での生活実態"を調査している機関。日本全国、数多くの女子がいるが、男子はもちろん、女子ですら自分以外の女子の「イエナカ生活」を知らないのが実情です……。ふだん、会社や友だちには見せない「イエナカ」での女子の実態を探ることは、すなわち女子本来の魅力を探ることでもあるのです。今回は、「女子イエナカ研究所」の「イエナカ金銭使用実態報告」篇 調査概要を通して、ちょっとだけ女子たちの「イエナカ」生活をのぞいちゃいましょう。

マンガで見る、女子のイエナカ生活実態

イラスト:まずりん

自己投資、モチイエ女子は胃袋に、実家女子は外見に。

モチイエ女子、一人暮らし女子、実家女子の項目別支出調査

モチイエ女子、一人暮らし女子、実家女子をわけ、項目別に支出の調査を実施しました。その結果、もっとも内食にお金をかけているのは、モチイエ女子の2.3万円でした。さらに、内食費について、月々0円と回答した一人暮らし女子や実家女子がいたのにも対し、モチイエ女子は全員が一定の金額をかけており、モチイエ女子の自炊率の高さがうかがえます。また、モチイエ女子は株・外貨預金・NISA・FXなど一定の知識が必要な金銭の運用経験率がいずれの項目でも最も高い結果となりました。特に、個人年金の経験率は突出して高く……
⇒続きはコチラ

残りが少なくても慌てない!? ギリギリまで平気な(?)一人暮らし女子

一回あたりにおろす金額

お金をおろそうと思う財布の中の残高

モチイエ女子、一人暮らし女子、実家女子は、財布の中身がいくらになったらお金をおろすのでしょうか。いずれの居住形態においても、おろす金額のボリュームゾーンは1万円以上~2万円未満。1回あたりに2万円以上おろすのは、モチイエ女子で5割弱、一人暮らし女子で4割強、実家女子で7割弱と実家女子が最も多い結果ですが、10万円以上ではモチイエ女子がもっとも多いです。一人暮らし女子はかなりギリギリにならないとおろさないともとれますが、その理由としては……
⇒続きはコチラ

ファン支出経験は実家女子が高め! 可処分所得の影響か?

ファン支出経験

モチイエ女子、一人暮らし女子、実家女子は、これまでコンテンツビジネスにいくらお金をはらってきたのでしょうか。「女子イエナカ研究所」では、その支出について「ファン支出経験」と名付け、調査をしてみました。「かなりのお金を使ってきた」、「まあまあお金を使ってきた」の合計スコアは、女性歌劇団・声優・アニメのいずれも実家女子がもっとも高い結果になりました。実家女子の可処分所得の高さがうかがえるのに対し、男性アイドルについては……
⇒続きはコチラ


今回は「女子イエナカ研究所」の中から、ほんの少しだけ「モチイエ女子」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。もっと「モチイエ女子」について知りたい! という方は、ぜひ「モチイエ女子web」まで遊びに来てくださいね!

「イエナカ金銭使用実態報告」篇 調査概要

・調査対象
性別:女性
年齢:25歳~45歳
エリア:東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪市/名古屋市/福岡市/京都市
婚姻状況:未婚(現在未婚、離婚経験者も含む)
勤労状況:仕事をしている(パート・アルバイト含む)
年収:250万円以上
調査期間:2016年11月18日~2016年11月25日
調査方法:インターネット調査

(マイナビニュース広告企画:提供 三井不動産レジデンシャル)

人気記事

一覧

2017年4月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事