【特別企画】

思わず胸がときめく学生時代の思い出は? -『天使なんかじゃない』『四月は君の嘘』など「学園LOVE」「青春」マンガ特集

 

3月から4月は卒業、入学など、出会いと別れの多い季節。これから卒業、入学を迎える人も、すでに過去の思い出になっている人も、誰しも学生時代の「青春の1ページ」は存在しているのではないでしょうか。

そこで今回は、20~40歳の女性を限定としたマイナビニュース会員302名に「青春」についてのアンケートを実施。ほろ苦くも甘酸っぱい思い出とともに、当時について振り返ってもらいました。そして、そんな青春や学生時代の恋愛経験を思い起こせるようなマンガも一緒に紹介していきます!

『天使なんかじゃない』(C)矢沢あい/集英社

『四月は君の嘘』(C)新川直司/講談社

あなたが好きなのは「学園LOVE」マンガ?

それとも「青春」マンガ?

「学園LOVE」編

あなたが一番青春を謳歌していた時期はいつだと思いますか

青春時代に後悔していることはありますか

やはり青春の時期というと高校、大学を思い浮かべる人が多いようです。さらに、青春時代になんらかの「後悔」をしている人は約70%。いったい、どんなことに後悔しているかと言うと……?

もっと恋愛に積極的になればよかったと思います。片思いの先輩に言えずじまいでした。失敗でもいいから言える勇気を持ちたかったです(愛知県在住・36歳)

バイトに好きな人がいたけれど、好きだということを伝えられなかった。まだまだ一緒にバイトできる時間があるって思いながら、告白できずに時間が過ぎていって、後になればなるほど今更感がでてきてしまった。他のバイトの子に相談すれば良かったと後悔している(岐阜県在住・25歳)

なぜか付き合うのが他校生ばかりで、同じ学校の男子と付き合った経験が無いです。学生時代は一緒に帰ったり、文化祭行事など一緒の学校の方が絶対に楽しいと思います。自動的に毎日会えますしね。彼氏はいたけど青春のお楽しみは半減だった気がします。周りのカップルが羨ましかった……(神奈川県・43歳)

みなさんいろいろな経験をされている様子。無事付き合えてもうまくいかなかったり、そもそも告白することも出来なかったり……。また、相手が同じ学校じゃないと行事などを一緒に楽しめないことが多いのでさみしかった……という意見も多数届いていました。そんな「学園LOVE」を、マンガで追体験してみませんか?

↓おすすめの「学園LOVE」マンガはこちら↓

『君に届け』椎名軽穂/集英社

『アオハライド』咲坂伊緒/集英社

『僕等がいた』小畑友紀/小学館

『花より男子』神尾葉子/集英社

『彼氏彼女の事情』津田雅美/白泉社

「青春」編

「学園LOVE」マンガ、いかがだったでしょうか。ただ、恋愛だけが青春ではないですよね。友だちとの学校生活や部活動、自らの夢への挑戦。そういったことに悩み、想いを抱えている方もたくさんいました。

もっともっと友達と遊べばよかったと後悔してる。高校時代の友達との時間はとてもかけがえのないものだと思う(山口県在住・26歳)

もっと勉強頑張れば良かった。もっと積極的に友達と遊べば良かった。もっと何かに必死になって取り組んだら良かった(兵庫県在住・34歳)

部活動を経験しておけば良かったと思います(広島県在住・33歳)

学校生活はたった数年間しかない限られた青春の日々。人によって内容は様々ですが、「もっとあんなことをやりたかった」という悩みがたくさん寄せられました。そんな「夢」、「挑戦」、「部活動」などに打ち込んでいる人たちの人生を、マンガで追いかけてみましょう。

↓おすすめの「青春」マンガはこちら↓

『生徒諸君!』庄司陽子/講談社

『青空エール』河原和音/集英社

『暗殺教室』松井優征/集英社

『弱虫ペダル』渡辺航/秋田書店

『銀の匙』荒川弘/小学館


今回、「学園LOVE」と「青春」のふたつにわけてマンガたちを紹介してきました。今回は学生時代に焦点を当てましたが、青春イコール学校生活というわけではありません。自分の人生が輝いていれば、いつだってその時が青春時代です。過ぎ去った過去に後悔をするのは簡単ですが、マンガのページをめくるように、自分の「青春の1ページ」もめくりにいってみませんか?

(マイナビニュース広告企画:提供 株式会社アムタス)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事