【特別企画】

"KabyLake"Core i7搭載機に「GeForce GTX 1060」を追加するとどう変わる?

1 KabyLake-SのCore i7を搭載したスタンダードミドルタワー

 
  • <<
  • <

1/3

1月6日に発売された、"KabyLake-S"ことIntelの第7世代CPU。KabyLakeは、前世代のSkylakeと比べて動作クロックが向上したこと、CPU内蔵グラフィックスが強化されたことがウリだ。しかしゲームなどを遊ぶなら、やはりグラフィックスカードを追加したいのも事実。今回は、Core i7-7700を搭載した「STYLE-R027-i7-HN」にGeForce GTX 1060を追加する手順を追いつつ、内蔵グラフィックスと比較してみよう。

今回はこの「STYLE-R027-i7-HN」にGeForce GTX 1060を追加してみる

デスクトップ向けKabyLakeの4コア8スレッドモデル「Core i7-7700」

今回、レビュー機として試用する「STYLE-R027-i7-HN」は、「STYLE∞ Rシリーズ」の製品だ。ATXマザーボードを搭載できるミドルタワーケースを採用しているため、大きめのグラフィックスカードも余裕をもって搭載できる。CPUには、KabyLake-Sの4コア8スレッドモデル「Core i7-7700」を採用。定格3.6GHz、ターボ・ブースト機能利用時には最大4.2GHzという高いクロックで動作する。前世代のSkylakeに比べ、動作クロックが向上しているのが魅力の一つだ。

CPU-Zで確認したCore i7-7700。ターボ・ブースト機能利用時最大4.2GHzの高クロックが魅力の一つ

また、CPU内蔵グラフィックス機能の強化もトピックの一つ。「Intel HD Graphics 630」は、動作クロックの伸びはわずかだが、4K/60Pという高解像度出力のほか、HEVC(H.265)10bitやVP9などのコーデックに対応しており、これから普及が見込まれる解像度の高い動画への対応を果たしている。

GPU-Zで確認した「Intel HD Graphics 630」。グラフィックスカードを追加しなくても4K/60P出力が可能

光沢感の強いブラックのフロントパネル

本機は標準的なミドルタワーケースを採用している。フロントパネルは光沢の強いブラックで、素材は樹脂。中央付近に搭載された大きめの電源ボタンが印象的だ。またフロント下部の左右には、フロント側からのエアフローを実現するスリットが用意されている。リアのI/Oパネルには、PS/2ポート、USB 3.0×4、USB 2.0×2、ギガビットLAN、HDオーディオ、そして映像出力としてDVI-D、DisplayPort、D-subを備えている。CPU内蔵グラフィックスで4K/60P出力を利用したいときは、DisplayPortで接続を行おう。

しっかりとした光沢感のある樹脂製のフロントパネル。中央のシルバーラインがアクセントとなっている

本体リアパネルの様子。I/OとしてPS/2ポート、USB 3.0×4、USB 2.0×2、ギガビットLAN、HDオーディオ、DVI-D、DisplayPort、D-subを搭載

大きな電源ボタンが印象的なフロントインタフェースには、USB 2.0×2を搭載。オーディオ入出力はない。リセットボタンは指では押しにくい作りとなっている

拡張性に優れた「Style∞」ミドルタワーケース

左サイドパネルには、CPUと拡張スロットの箇所にエアホールが設けられている。CPU部のエアホールにはダクトも搭載されているため、リテールCPUクーラーの性能をしっかりと発揮させることが可能だ。パネルを外すと、シンプルながらも機能的な内部構造を確認できる。5インチベイ最上段には、DVDスーパーマルチドライブを搭載済み。

本体左側面の様子。パネルには2カ所のエアホールが設けられており、CPU直上にはエアダクトも装備

左サイドパネルを開けたところ。グラフィックスカードなどは搭載していないため、非常にすっきりとしている

マザーボードにはチップセットにIntel Z270を採用。本機に搭載されたケースファンはリアパネルの12cmファン一基のみとなっており、ここから本体内部の排熱を行う。メモリは標準構成では8GB×1だが、試用機ではDDR4-2400の4GB×2となっていた。2カ所の3.5インチベイ用ケージは取り外しが可能となっており、ストレージの着脱もスムーズにできそうだ。ストレージはHDDが1台取り付けられており、容量は1TB。念のため「CrystalDiskMark 5.2.0」でベンチマークを行ったので、速度の参考にしてほしい。より快適な動作を求めるなら、SSDの追加も検討するといいだろう。

CPU周辺の様子。ケースファンはリアに1基のみ。チップセットにはZ270 Expressが採用されている

試用機に搭載されていたメモリは、DDR4-2400の4GB×2枚。計8GBをデュアルチャネルで動作させていた

豊富な3.5インチベイ。上部のケージは2つのねじ、下部のケージは1つのねじを外すと取り外すことが可能

取り外した3.5インチベイ用ケージ。2つのケージを連結させるように取り付けることもできる

「CrystalDiskMark 5.2.0」で計測した1TB HDDの速度

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) KabyLake-SのCore i7を搭載したスタンダードミドルタワー
(2) グラフィックスカードを増設してみよう!
(3) ベンチマークでIntel HD Graphics 630とGeForce 1060をチェック

人気記事

一覧

新着記事