【特別企画】

EDへの誤解を払拭したい - 全国に8拠点、EDの専門クリニックが求められる理由とは

全国で展開しているED・AGA治療専門のイースト駅前クリニック。2016年4月に開業した同グループのひとつである「イースト駅前クリニック横浜院」では、男性ならではの悩みを抱える患者さんが毎日のように訪れている。同院の瀬田真一院長は、「新橋EDイースト駅前クリニック」でも院長を務めており、マイナビニュースでも2014年にEDについてお話しいただいている。そこで今回は、約3年の期間を経てED治療を取り巻く環境にどのような変化があったのかをお伺いした。

【関連リンク】今回お話を伺ったイースト駅前クリニック横浜院のウェブサイトはこちら 【関連リンク】前回「新橋EDイースト駅前クリニック」で瀬田院長に伺った内容はこちら

これもED? EDの誤解を紐解く

イースト駅前クリニック横浜院 瀬田真一 院長

――2014年4月に行った新橋EDイースト駅前クリニックの取材ではお世話になりました。この約3年の間でEDを取り巻く環境に何か変化はありましたか?

以前は中高年の方が来院されることが多かったのですが、この3年ほどで20代後半から30代の若年層が増えてきたように感じます。これは、新橋と横浜という場所の違いもあると思いますが、様々な方が色々なところでED治療に関して啓蒙を行ってきたことも関係していると思います。しかしながら、いまだに正しい認識が広がってはおらず、EDについて誤解されている方が多いなという印象を受けますね。

――どのような誤解を持っている方が多いですか?

EDについての定義を誤解している方が多いです。「まったく勃起しない」ことだけをEDと思っている方があまりにも多い。性交や射精ができたとしても、勃起までの時間がかかったり、勃起が維持できなかったりすればEDの症状なんですよ。

クリニックのHPで国際勃起機能スコア(IIEF-5)に基づくセルフチェックを受けることができる

――維持できないなどの実例をお伺いすると、意外と多くの人が当てはまりそうな気がします。

こういった誤解を払拭するために、当クリニックのHPではEDをセルフチェックできるコンテンツを掲載しています。まずはセルフチェックでEDがどういうものか知っていただき、意識を少しでも変えていただければと。ただ、当院のようなクリニックをインターネットで検索している時点で、個人的にはEDの可能性が高いと思っていますので、一度クリニックへ相談に行ってみてもよいと思います。

――EDかもしれないと一人で悩んでいるくらいなら、Webサイトでクリニックの情報を調べたり、直接クリニックへ足を運んだりしたほうがよいということですね。

そうですね。少しでも気になる方は、お気軽にクリニックへお越しいただければと思います。

予約せずとも基本的には10分程度でED治療薬を処方してもらえる

全国的に需要が広まるED治療

――イーストグループは現在全国8箇所で開院されていますが、それぞれエリアによって患者さんの傾向に違いはありますか?

私がいた新橋と横浜で比較すると、新橋は東京駅や品川駅も近いことから、東北や沖縄からいらっしゃる方がいました。一方の横浜駅も大きなターミナル駅なので遠くからいらっしゃる方もいますが、多くは神奈川県を中心とした周辺地域の方ですね。新橋よりは地域に密着したクリニックになっていると思います。

――遠くからわざわざいらっしゃる方もいるんですね。そういうお話を聞いていると人には相談しにくい事柄だけに、地方には専門クリニックを求める声がまだまだありそうです。

そうですね。イーストグループが開院した当初はED専門クリニックの需要がどの程度あるのか分かりませんでしたが、実際に開院してみると悩みを持った方が全国にいらっしゃることがよく分かりました。今は患者さんの傾向を見ながらご要望の多かった地域に開院していますが、まだまだ多くの地域で潜在的な需要があると思っています。

イーストグループのHPで各クリニックの情報・アクセス方法が紹介されている ※画像クリックでHPへ

――イーストグループさんは現在8箇所で展開していますが、例えば新橋院に通っていた人が横浜院で診察を受けようとしたときに、診察券は同じものを使えますか?

お使いいただけますよ。セキュリティのしっかりしたネットワークでカルテを共有しているので、診察券をお持ちいただければ通院歴なども確認できます。初診の際には正しいED治療薬についての説明もしているので、グループ内のどのクリニックでED治療薬を購入いただいても問題ありません。実際、出張中にED治療薬を別のクリニックで購入いただいた方もいました。

AGAとの併行治療はOK?

――クリニックでは薄毛に悩んでいる方へのAGA治療も行っていますが、ED治療との併行は可能なのでしょうか。

EDとAGAの同時治療も可能ですし、実際に治療されている患者さんもいらっしゃいます。そのほかの病気も併行して治療を行うことは可能ですが、中にはED治療薬と併用してはいけない薬があります。そのため、初診の際には問診票を書いていただき、併用注意あるいは併用禁止薬を確認させていただきます。

――ED治療薬は併用してはいけない薬などがあるものの、きちんと理解していれば高い効果が期待できる治療薬ということですね。最後に、EDについて悩んでいる方にメッセージをお願いします。

EDは加齢によって必然的に起きるものだと以前は考えられていましたが、今は特に中高年以上の方では血管の病気と認知されています。また、比較的血管が健常な若い方でも、メンタルが原因のEDになる可能性は十分にあります。とは言え、なかなか人に言えないことではあるし、治療しないといけないものなのかと悩む人も少なくないでしょう。ただ、考え方としては腰痛や虫歯と同じなんですよ。腰痛があれば整形外科に行くし、虫歯になれば歯科に行きますよね。それと同じように、勃起機能が落ちてきたらEDクリニックに行くというのは当たり前のことなんです。

なので、もし「EDかもしれない」と思っている方はWebでクリニックの情報を調べる、直接クリニックへ相談に行くなどのアクションを起こしてみてください。当クリニックでは医療としてのED治療についてしっかりご説明しますし、ED治療薬についても正しい情報をお伝えします。初診でも予約は不要で、診察の時間も10分程度が基本ですので、身構えず足を運んでいただければと思います。


今回お話を伺ったイースト駅前クリニック横浜院をはじめ、バイエル薬品が運営するEDネットクリニック.comでは信頼できるクリニックを検索することができる。クリニックへ行きたいがどこにあるか分からないという方はまず、EDネットクリニック.comで近くのクリニックを探してみてはいかがだろうか。

バイエル薬品が運営するEDネットクリニック.comでは、EDの相談ができる全国の病院を検索できる

【イースト駅前クリニック横浜院】

JR横浜駅西口から徒歩5分。初診、再診料は無料で費用は薬の代金のみ。予約や健康保険証は不要で、院内処方なのですぐ薬を購入できる。土日にも診察を行っているので、スケジュールも合わせやすい。スタッフは男性のみなので、安心して通院することができる。クリニックのHPはこちら


(マイナビニュース広告企画:提供 バイエル薬品)L.JP.MKT.ET.02.2017.0394

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事