【特別企画】

適材適所でのオールフラッシュ活用でビジネスのボトルネックを解消 - 富士通がNetAppイベントで解説

2月2日にNetApp主催イベント「NetApp Innovation 2017 Tokyo」が開催された。「NetApp Innovation」は年次で開催される業界最大級のストレージイベントであり、NetAppおよび多くのパートナー企業、スポンサー企業による講演とブース展示が行われる。今年のテーマは「紡ぐ、織りなす、そして革新へ」。本稿では同イベントで実施された講演の中から富士通がオールフラッシュストレージ製品の最新動向と同社製品のメリットについて語ったセッションを紹介しよう。

オールフラッシュ時代が本格到来!

近年、オールフラッシュストレージの本格普及が進んでいる。この数年でSSDを中心にフラッシュストレージの容量単価は大きく下がり、従来のHDDストレージから急速に置き換わりはじめている。システム担当者の間では「次のシステムはオールフラッシュ」が共通認識になりつつあるほどだ。市場にはさまざまなオールフラッシュ製品が存在するが、担当者はどういった製品をどのような基準で選択していけばいいのだろうか。

こうした疑問へ答えるべく、2月2日に開催された「NetApp Innovation 2017 Tokyo」では、富士通 エンタープライズシステム事業本部 ストレージソリューション事業部 NASシステム開発部の伴 武史氏が「オールフラッシュストレージ時代が本格到来! 最新動向と選定ポイント」と題した講演を行った。伴氏の講演からオールフラッシュストレージ採用のポイントを整理しよう。

富士通 エンタープライズシステム事業本部 ストレージソリューション事業部 NASシステム開発部 伴 武史氏

そもそもなぜオールフラッシュストレージがこれほど注目されているのか。伴氏はその背景として、ビジネスの現場で大量のデータを扱うようになり、ITシステムへの仮想化環境の導入が進む中、従来のHDDストレージの処理性能が頭打ちになってきたことを指摘した。HDDでは物理的な回転軸とヘッドの移動がアクセス要求に応えることができずにボトルネックが発生してしまうのだ。

「SSDは半導体素子に対して電気的に書き込みと読み込みを行います。そのため物理的なヘッド移動が不要でHDDと比べて圧倒的な性能を発揮します。これまでは科学技術計算や分析用データベースなど、高性能を要求する用途に限定されていました。ただこの数年で低価格化と大容量化が進んでおり、2020年には出荷金額、売上金額ともSSDがHDDを逆転する見込みです」(伴氏)

オールフラッシュストレージはどのような用途に適用すべきなのだろうか。伴氏はストレージのボトルネックが発生しやすいデータベース、サーバ仮想化、シンクライアントという3つの領域が適していると解説した。データベースについては、データ活用への取り組みが進み膨大なデータを高速処理する必要性が高まっている。またサーバ仮想化については、サーバの性能が向上するなかで大量のI/O要求が発生し運用を妨げるケースが増えてきた。シンクライアントでは、始業時のPC一斉起動等の突発的なI/Oに対応する必要がでてきた、というのがそれぞれオールフラッシュストレージの用途として最適な理由である。

近年の多くのビジネスシーンはストレージのボトルネックの影響を受けやすくなっている。逆に言えば、ボトルネックを解消することで、これまで以上に機敏でストレスのないビジネス展開が可能になるということでもある。伴氏は「オールフラッシュストレージはHDDの約100倍の性能と低レイテンシーによりストレージのボトルネックを解消します」と活用のメリットを強調する。

HDDの約100倍の性能と低レイテンシーによりストレージのボトルネックが解消できる ※クリックで拡大

NetApp Innovation 2017 Tokyo 富士通展示ブースレポート

「NetApp Innovation 2017 Tokyo」の富士通展示ブースのレポートを以下に掲載しております。併せてご覧ください。

富士通が提供するオールフラッシュ2製品

市場にさまざまな製品が流通しているなかで、富士通が提供するオールフラッシュストレージの魅力はどこにあるのだろうか。富士通は「ETERNUS」ブランドでストレージ製品を展開しており、高い性能と信頼性、事業用途にあった豊富なラインアップに定評がある。SSDを活用したストレージ製品も早くから手がけ、現在はSAN環境に対応したオールフラッシュディスクアレイ、仮想化環境専用のストレージ、スケールアウト型のユニファイドストレージといったラインアップを取り揃えている。

そのなかでも今回、注目すべきポイントとなったのが、NetAppの製品を採用しスケールアウトに対応するユニファイドストレージの新商材「ETERNUS NR1000A series」だ。この新しいA seriesは、従来のF80x0 seriesにくらべて、性能が大きく向上した。またF80x0 seriesではミッドレンジとハイエンドの2モデルでの展開だったのに対し、A seriesではエントリー、ミッドレンジ、ハイエンドまでをカバーしている。富士通では各種NR1000A seriesの検証機を保有しており、それを顧客へ貸出すことにより実際の使用環境での動作検証を可能としている。顧客のニーズに合わせて、オールフラッシュを導入しやすくしたわけだ。

「ある製造業のお客様は、インライン重複排除と圧縮機能を必須要件とし、開発環境用ストレージにオールフラッシュをご採用いただきました。その際にポイントになったのは、富士通の品質やサポート面での取り組みです。また別の製造業のお客様は、シンクライアント用のストレージとしてオールフラッシュを採用しました。性能、稼働実績、サポート運用面でのメリットをご評価いただきました」(伴氏)

講演においてもう1つ大きなポイントとして語られたのは、垂直統合型製品へのオールフラッシュの適用についてだ。富士通は垂直統合型製品として「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX」を提供している。PRIMEFLEXは、富士通が実践で培ったノウハウを最適統合した高品質検証済みのICTインフラであり、作業の自動化を追求し、運用の品質向上と負荷軽減を可能にしている。また構成の柔軟性と、将来を見据えた拡張性も兼ね備えている。

PRIMEFLEXのコンセプトは、ICTの維持運営にかかるコストを最適化し、新しい価値の創出や変革につながる新たなICTを迅速かつ柔軟に実現することだ。具体的には「Integrated」「Automated」「Flexible」というキーワードで示される3つの特徴を持ち、企業のコスト最適化とビジネス変革を支援している。このPRIMEFLEXに新製品のNR1000A seriesが組み込まれるのだ。

「ストレージは高い性能と信頼性を持った大規模向けSANストレージのほか、ファイルサーバ向けのNASも搭載可能です。オールフラッシュを組み込むことで、統合性、自動化、柔軟性といったメリットはさらに生きてくることになります」(伴氏)

「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX」は「Integrated」「Automated」「Flexible」というキーワードで示される3つの特徴をもつ ※クリックで拡大

富士通のオールフラッシュストレージ製品の魅力とは

こうした品質を支える技術力や充実したサポート体制、国内外企業とのパートナーシップは、富士通のオールフラッシュストレージ製品を採用する大きなメリットとなる。今回のイベントを主催したNetAppと富士通は1998年からOEMパートナーシップを結んでおり、19年にわたって国内展開を続けてきた実績も持っている。累計販売台数は9,000台以上に達し、2016年の販売台数も700台を超える。さまざまな環境での導入経験や、長期にわたる豊富なサポート経験によるノウハウが富士通の大きな強みになっているのだ。

また具体的な強みの1つとしては、日本国内での開発・製造体制が挙げられる。NetApp製品にOEMするストレージは、石川県かほく市にある国内工場で組み立てから品質検査までを実施し出荷している。この工場は、スパコン「京」を製造したことでも知られる。さらに、長年の品質に関するノウハウを活かし、顧客の運用を想定した大規模環境による評価やハードウェア異常試験なども実施する。

また富士通独自マニュアルも強みの1つだ。装置概要や設置、トラブル発生時の対処方法などを記した「取扱説明書」や、OS、オプションソフトウェアのインストールと設定を解説した「ソフトウェアインストールガイド」を使って、導入と設定をサポートする。外資系メーカーの製品では、日本国内の環境とあわず、マニュアルどおりに導入できないケースが少なくない。独自マニュアルにより、そうしたトラブルを大幅に減らすことができるのは大きな特長だといえる。

万一トラブルが発生した場合には、統合サポート体制が頼りになる。全国サポート拠点は約850箇所、全国パーツセンターは約300箇所にのぼり、約8,000名のサービスエンジニアが対応する。特徴は専門の各サポートグループが相互に連携していることだ。ストレージの問題に限らず、ハードウェアのサポート、ストレージOSのONTAPのサポート、OSごとのサポート、ネットワークのサポートを統合したかたちで受けることができる。

富士通における統合サポート体制 ※クリックで拡大

さらに導入にあたっては、環境を評価するアセスメントサービスも利用できる。アセスメントサービスは、顧客の課題を可視化し、課題解決に最適なサーバやストレージ、導入プランを提案するものだ。ストレージのアセスメントサービスに関しては、ストレージ最適化アセスメントとファイルサーバアセスメントの2つがある。

富士通が提供するストレージアセスメントサービスのメニューと概要 ※クリックで拡大

オールフラッシュストレージは企業のビジネスに大きく貢献する製品だ。ただ品質やサポートに問題があれば、そのメリットを十分に享受できない可能性もある。オールフラッシュの採用においては、品質、開発やサポートの体制、各種サービスの有無などに注目することがポイントだ。その意味で富士通のオールフラッシュストレージは、国内企業のビジネスをしっかり支援できる。いよいよ本格化したオールフラッシュ時代において、企業の力強い味方になるはずだ。

NetApp Innovation 2017 Tokyo 富士通展示ブースレポート

「NetApp Innovation 2017 Tokyo」の富士通展示ブースのレポートを以下に掲載しております。併せてご覧ください。



(マイナビニュース広告企画:提供 富士通)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事