【特別企画】

水原希子さんらが星級香港迷に! 香港の新キャンペーンレセプション開催

香港政府観光局は1月23日、モデルで女優の水原希子さんらを招き、新しいグローバル・ブランド「Best of All It's In Hong Kong」の発表レセプションを実施した。

水原希子さんを"星級香港迷"に認定!

この日は特別ゲストとして、香港が大好きなモデルで女優の水原希子さんと銀座久兵衛の二代目店主、今田洋輔氏が登壇した。水原さんはキラキラとカラフルで華やかなスパンコールのドレスで登場。8年ほど前に初めて香港に訪れて以来、何度も足を運ぶほど香港が大好きなのだという。その魅力を「香港は色々なカルチャーが混ざっている場所です。自然のある地域が近く、ローカルな部分と都会的なラグジュアリーな部分もうまく融合していて、ほかにはない独特の魅力があります。私は寒いのが苦手なのでいつも暖かいのもよいですね。今も訪れるたびに発見があり、いつも楽しませてくれるような場所ですね」と話した。

その中でも、一番の楽しみは食べること。「本当に何を食べても美味しくて、私は楽しみの8割が食べることですね(笑)」と明かした。

一番のおすすめを尋ねられると「観光名所のビクトリア・ピークに上がると、本当に毎回息をのむような絶景なので、必ず見てほしいなと思います。香港がひと目で好きになるようなすごく魅力的な景色です」と、香港島の中でも最高峰の高さから眺める景色のすばらしさを笑顔で語った。

銀座久兵衛の二代目店主、今田氏は、1974年に初めて香港に訪れて以来何度も香港に足を運んでいる。この日も前日まで香港を訪れていたという。「レパルスベイのほうで、景色を見ながらランチを食べたのが印象深いです。海外には色々な日本料理店がありますが、香港はニューヨークに並んでの2大マーケットだと思っており、今後香港でも展開していきたいと思っています。食材も含めて香港には色々な食の楽しみがあるので来月訪れる時も楽しみたい」と、話した。

香港ファンのことを広東語で「香港迷(ホンコンマイ)」と呼ぶが、レセプションでは2人を「星級香港迷(スターホンコンマイ)」として認定。星級香港迷の証である名刺を手渡されると、笑顔で2人は受け取った。

水原希子さんにインタビュー

会見で香港の楽しさを語ってくれた水原希子さん。まだまだ語り足りない彼女に、さらに香港の魅力を尋ねた。

――まず、「星級香港迷」(スターホンコンマイ)という名刺を受取っていかがですか?

「香港は、行くようになって自然に好きになった街なので、星級香港迷というお名前をいただいて本当に光栄です」

――香港を初めて訪れたのは8年前と伺っていますが、そのときの印象は? それから何度も足を運んでいる香港の魅力は、どこにあるのでしょうか?

「街に魅力を感じました。ウォン・カーウァイ監督の映画が好きなので、映画の中にいるような気分になります。毎回短いステイですが、「気」が良くて、居心地が良いです。一瞬で好きになりました。香港には、いろいろな人種の方がいて、みんな何事に対してもハッピーでポジティブに接していると思います」

――香港ではどのように過ごす事が多いですか?

「香港に友達がいるので、友達と会って遊んだり、おいしいご飯を食べに行ったり、夜のBARを楽しんだりしています。夏場には、船で離島にいって海を満喫したり、周辺の島で遊ぶこともあります」

――食が魅力とお話されていましたが、みなさんに特に食べてほしいものはなんですか? また、これから行ってみたいところはありますか?

「最初に香港で連れて行ってもらったお粥(かゆ)のお店が感動的においしくて。とても健康的なのでぜひ食べてもらいたいです。私は特にピータン粥が好きですね。香港の食は、幅が広くてお粥やシーフードなどのローカルの方々が行かれるお店から、コース料理を食べるようなラグジュアリーなレストランまで色々あって、是非両方楽しんでほしいです。私もまだまだ知らないところがたくさんあるので、友達に連れて行ってもらいたいですね」

――香港への旅行を考えている方々に一言おねがいします。

「香港は、たくさんの文化がまざっていて本当に魅力が多い街です。食べるのが好きな方には絶対おすすめですし、その他にも自然や公園がすぐ近くにあったり、夜の街も景色も歩いているだけで色々と楽しめます。そして、暖かいです(笑) 是非皆さんも香港に行って、色々と楽しんできてください!」

香港では、旧セントラル警察署をリノベーションした「大館」が2017年にオープン予定。中環(セントラル)エリアでは大規模な都市開発プロジェクトが進められている。また、香港の地下鉄・MTRも昨年延伸しており、観光施設がある香港南部へのアクセスも良くなった。今後、新しい5つ星ホテルのオープンや、気軽に香港の食を楽しめるフードトラックの導入なども予定されているという。

日本からも行きやすい香港は、経済産業省が2月に導入を予定している、月末金曜に豊かな時間を創出することを提案する「プレミアムフライデー」を利用した観光にもぴったりの場所だ。金曜夜のフライトで香港に飛び、日曜夕方のフライトで帰国したとしても、土曜の1日はフルに遊べて、日曜のお昼すぎまでゆったりと過ごすことができる。絶えず変わり続ける街・香港に、ぜひ足を運んでみてほしい。

「Best of All It's In Hong Kong」youtube「グルメ編」

その他のyoutube動画はこちらから

ファッション編
知らなかった香港編
家族旅行編

Best of All It's In Hong Kong
Discover Hong Kong - 香港政府観光局公式ガイドブック

(マイナビニュース広告企画 提供:香港政府観光局)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事