【特別企画】

ED治療ってどのように行われるの?

 

あなたはED治療にどんなイメージをお持ちですか。ちょっぴり抵抗や恥ずかしさも?自分に思い当たることがあっても、「まだ病院にいくほどではなさそう」などと治療を受けるのにとまどう人もいるのではないでしょうか。ED治療はどんなふうに行われるのか、実際に患者さんはどんな悩みで受診しているのかを、JR立川駅から徒歩1分の男性専門クリニック「浜松町第一クリニック立川駅前院」の院長、上野秀樹先生にうかがいました。

お話:浜松町第一クリニック立川駅前院 院長 上野秀樹 先生

妻から「がんばれ」と言われるのがつらい…

――EDではどのような患者さんが多いのですか。

年代でいうと20~70代と、幅広い年代の患者さんが来られている印象があります。EDはそもそも中高年男性によくみられる「器質性勃起障害」、つまり動脈硬化が原因で起こるものが多いです。また20代などの若い男性も、思った以上に多く来院されますが、若い方のEDは「心因性勃起障害」、つまり精神的なストレスが原因のEDが多いですね。たとえば子づくりのプレッシャーから勃起障害が起こるようなケースです。

――重圧を感じてしまうのですね。

ただ、子づくりのプレッシャーによるEDは、若い方には限りません。ご主人が奥様より20~30歳年上のいわゆる「年の差カップル」の場合がそうですね。20代の奥様が「赤ちゃんがほしい」と望んでも、50代のご主人のほうは山を下る年代にさしかかっています。それで、奥様から「がんばれ」と言われることが苦痛なケースです。潜在的にはED治療を必要とされる方が増えているのではないかと感じます。

恥ずかしい検査は一切ナシ

――治療前の検査は、どのように行われるのですか。

初診の患者さんには「どのような症状があるか」をうかがい、問診票を使って健康状態をお聞きします。ED治療薬には、併用してはいけない薬がありますので、現在服薬中のお薬もうかがいます。「医師に局部を見られるのが恥ずかしい」とおっしゃる方がいますが、医師が局部を目で見て診察する「視診」は、一切ありませんので、安心して受診してください。

――ED治療薬とはどのようなお薬なのですか。

ED治療薬は血管を広げて血流をよくして勃起を維持するお薬です。時々、誤解されるのですが、性欲そのものを促す薬ではありません。あくまで「性欲あっての薬」ですが、薬で性行為がうまくいくと、その成功体験で性欲が回復する、という方もいらっしゃるようです。

実は「性欲がわかない」という症状ですと、うつ病など精神科の病気が関係している場合もあります。こういう患者さんにはED治療薬で治療しても症状の改善にはつながらない可能性があるので、心療内科をご紹介することもあります。すでに抗うつ剤をのんでいる方の場合は、「薬剤性ED」といって、薬の副作用でED症状が現れることもあります。

難しく考えず、まず医師に相談を

――「自分はEDかもしれないけれど、病院にいくほどではない」と思う方もいらっしゃいます。そういう人も診察は受けられますか。

「難しく考えずに、まず受診してみてください! 」

EDの悩みは多様です。子づくりのプレッシャーであるとか、80代で性機能を維持したいとか、ニーズはさまざまです。ご本人にお悩みがあれば、「受診すべきでない」ということはありませんので、特に難しく考えずにまず受診してみることをおすすめします。

たとえば高年齢の方で、性機能だけではなく、全体的に意欲が減退してやる気がなく、体力が落ちて疲れやすいといった症状のある方ですと、「LOH症候群」の可能性があります。これは男性ホルモンが低下することによって起こる、いわゆる「男の更年期」。こういう方には、ED治療薬だけでは満足な効果が得られない可能性があるので、まず大学病院などの専門外来を紹介し、「専門医と十分に相談されてからED治療を行なってもいいのでは」とおすすめすることもあります。

大事なのはいかに患者さんのニーズに合い、患者さんの満足度を高められるかだと思っています。当クリニックでは診察は無料ですので、気軽に受診していただきたいです。

――最後にED治療を受けたことがない方に向けて、メッセージをお願いします。

EDの悩みはかかりつけ医では話題にしにくいでしょうし、働き盛りの忙しい男性にとっては「待たされるかもしれない」「医師にいろいろ注意されるかも」といった不安もあって、専門クリニックに来ることはハードルが高いのかもしれません。当院は少しでも待ち時間を少なくするように工夫していますし、スタッフは全員男性である事など、患者さんにとって受診しやすいクリニックを目指しています。日本でのED治療はまだ比較的新しい分野ですが、「使ってよかった」という患者さんの体験を通じて、これからもっと広まっていくのではないかと思います。

【浜松町第一クリニック立川駅前院】
EDを中心に、AGA(男性型脱毛症)などの治療を行なう男性専門クリニック。2015年7月開業。医師による診察は無料で、かかる費用はお薬代(ED治療薬は1錠1000~2000円程度)のみ。平日は20時まで、土曜は18時、日曜・祝日も16時までと、年末年始を除いて無休で診療している。休憩時間もなくいつでも予約なしで受診でき、スタッフは男性のみ。クリニックHPはこちら

EDおすすめ情報


(マイナビニュース広告企画:提供 バイエル薬品)L.JP.MKT.ET.02.2016.0181

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「銀魂」財布は銀さんや土方など全4種、苺パフェやマヨネーズがアクセント
[23:37 6/26] ホビー
池田乾の「セバスチャン」2作品、最終巻が同時発売!特典も
[23:15 6/26] ホビー
【レポート】「下手くそなりに体を動かして、生駒と一緒にあがきたいです」-『甲鉄城のカバネリ』トークショーに生駒役・畠中祐が登場
[23:00 6/26] ホビー
「キン肉マン」の"完璧・参式"ミラージュマン、新シリーズから初フィギュア化
[22:35 6/26] ホビー
ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー