【特別企画】

高速ポータブルSSD「Samsung Portable SSD T3」デビュー - USB 3.1 Type-Cポートを備えたハイスピードモデルの実力

1 金属製ケースの採用で、堅牢性と質感が向上

石井英男  [2016/03/03]
  • <<
  • <

1/4

日本サムスンから発表された「Samsung Portable SSD T3」(以下、T3)は、USB接続の小型ポータブルSSDだ。従来モデル「Samsung Portable SSD T1」(以下、T1)の後継だが、外装ケースが金属製になり、堅牢性が向上するなどの改良が行われた。速度面を中心にさっそく見ていこう。

T3が搭載しているNANDフラッシュは、Samsungが他社に先駆けて投入した3次元NANDフラッシュ「Samsung V-NAND」であり、大容量化と性能を両立している。T1には250GB / 500GB / 1TBの3モデルが用意されていたが、T3では新たに2TBモデルが追加され、全部で4モデルのラインナップだ。今回は、T3の1TBモデルと250GBモデルを試用した(発売日は2016年3月4日)。

「Samsung Portable SSD T3」(1TB)のパッケージ

金属製ケースの採用で、堅牢性と質感が向上

SSDはHDDとは異なり、機械的に動作する可動部分がない。もともと落下などの衝撃に強いが、T3は本体外側に耐衝撃性の高い金属ケース、内側に保護フレームを採用することで、高さ2mからの落下試験をクリア。これまで以上に高い堅牢性を実現している。

本体のサイズはW74×H10.5×D58mmと名刺よりも小さく、重量はわずか約51gと非常に軽量だ。実は前モデルのT1はサイズがW71×H9.2×D53.2mmで重量が約30gと、T3より小型軽量なのだが、サイズも重さも違いはわずかであり、携帯性はほぼ変わらない。樹脂製ケースを採用していたT1に比べて、T3は質感も向上している。

「Samsung Portable SSD T3」の表と裏

【左】Surface Pro 3に接続したT3【右】CDケースの上に載せたT3

女性の小さな手に乗せてみたT3

USB 3.1 Type-Cポートを装備

T3は、インタフェースとしてUSB 3.1をサポートしているが、転送速度10GbpsのGen.2ではなく、転送速度5GbpsのGen.1対応となっている。速度的にはUSB 3.0と同等だが、本体のUSBポートがUSB 3.1 Type-Cになっていることが特徴だ(従来モデルのT1はUSB 3.0対応であり、本体のポートはUSB 3.0 Micro-Bだ)。

USB 3.1 Type-Cは、上下の区別がないリバーシブル仕様になっているため、コネクタを差し込むときに上下の向きを気にする必要がない。付属のUSBケーブルは「Type-C - Type A」変換タイプであり、PC側は通常のUSBポート(USB 2.0やUSB 3.0)にそのまま差し込める。ケーブル長も約450mmと使いやすい長さだ。T3の対応OSは、Windows 7以降とMac OS X 10.7以降、Android 4.4以降となる。Androidについては、専用アプリケーション「Samsung Portable SSD」が用意され、より便利にファイルの管理が可能だ。

T3のUSB 3.1 Type-Cポート

「Type-C - Type A」変換タイプのケーブルが付属

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 金属製ケースの採用で、堅牢性と質感が向上
(2) そのパフォーマンスをベンチマークで確認
(3) 「AS SSD Benchmark 1.8.5636.37293」のテスト結果
(4) 「ATTO Disk Benchmark 2.47」のテスト結果
関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】プライベートクラウドストレージのパフォーマンスを保証する5つのポイント
[08:30 5/25] 企業IT
【連載特別企画】最新版 - Office 365サイト活用入門 第15回 Office 365管理センター
[08:30 5/25] 企業IT
【連載】鉄道ニュース週報 第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
[08:00 5/25] ホビー
データ・アプリケーション、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」
[08:00 5/25] 企業IT
【レポート】異色のテーマ設定も新エリアが好調! よみうりランドにみる遊園地進化論
[08:00 5/25] 経営・ビジネス

特別企画 PR