【特別企画】

カフェ限定SDキャラも用意! アニマックスCAFEで「赤髪の白雪姫」コラボ開催中

1 「赤髪の白雪姫」の原画も見られる2Fカフェスペース

 
  • <<
  • <

1/2

秋葉原に集うアニメファンで連日にぎわいを見せる「アニマックスCAFE」。実はこの店舗、パソコン工房やiiyamaブランドなどのPCショップで有名なユニットコムが運営している店舗だ。アニメ専門チャンネルであるアニマックスのプロデュースのもと、声優事務所の81プロデュースに在籍する声優・アーティストがスタッフとして参加するコンセプトカフェとして、すっかり秋葉原の人気スポットとして定着している。

アニメファンの定番スポットとなった「アニマックスCAFE」。アニマックスのプロデュースのもと、声優事務所である81プロデュース在籍の声優・アーティストがスタッフとして活躍する新型コンセプトカフェだ

アニマックスCAFEでは、1月27日からアニメ「赤髪の白雪姫」のコラボレーションがスタートしている。コラボレーションカフェスペースは、ゆったりとくつろげるテーブル席を用意した2Fフロア。入場時に席料として500円が必要となり、1ドリンク/1フードオーダーの1時間制となっている。店内が混雑していない限り、オーダーを追加すればさらに時間を延長できるため、放送や展示、イベントを存分に楽しむことができるのだ。

1月27日~2月29日までの期間限定で「赤髪の白雪姫」コラボが行われている。店頭も「赤髪の白雪姫」一色だ

等身大パネルや原作漫画の原画などが盛りだくさんのコラボカフェ

「赤髪の白雪姫」といえば、白泉社の少女マンガ誌「LaLa」の看板作品の一つ。2015年には待望のアニメ化が行われ、原作の雰囲気を壊さない演出で、女性の心をしっかりとつかんだ。現在はセカンドシーズンがテレビ放送されており、こちらも大変な人気となっている。さっそくコラボフロアである2Fに上がると、ステージには登場キャラクターたち5人の等身大パネルが。さらに展示スペースにはアニメの名シーンのパネルだけでなく、ファンなら必見となる原作漫画の原画まで展示されている。

2Fの「赤髪の白雪姫」コラボレーションカフェスペース。作品の支持層どおり、店内には女性客が目立った

ステージには、主要キャラ5人の等身大POPを展示。中央にクラリネス王国の第二王子「ゼン」が配置されているところに女性人気を感じる

壁面に用意された展示スペースには、なんと原作漫画の原画も展示。原作からのファンにもうれしい心配りだ

店内では「赤髪の白雪姫」をエンドレス放送。オーダーを追加して延長すれば、いくらでもアニメを楽しむことができる

2Fへとつながる階段の途中にもイラストボードや原画が展示されており、コラボカフェへの期待を高めてくれる

カフェ限定SDキャラのバッジやストラップを用意

アニマックスCAFEでしか購入できないオリジナルグッズも見逃せない。店頭や店内に設置されたカプセルトイの販売機には、「赤髪の白雪姫」登場キャラのバッジやストラップを用意。カフェ限定描き下ろしイラストだけでなく、限定SDキャラやアニマックスCAFEの制服を着たSDキャラなどのイラストも用意されている。カフェを訪れた際には、ぜひ一度回してみたい。

アニマックスCAFE限定アイテムをゲットできる、店内のカプセルトイ販売機。2月中旬からは、ミラー付きチャームやヘアゴムの販売も行われる予定

バッジやストラップは、それぞれシークレットを含め全15種類が用意されている。シークレットの絵柄は当ててからのお楽しみ

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「赤髪の白雪姫」の原画も見られる2Fカフェスペース
(2) コラボカフェのお楽しみ、キャラごとのコラボメニュー

人気記事

一覧

新着記事