【特別企画】

256GBモデルよりさらに高速 - NVMe対応の超高速SSD「Samsung SSD 950 PRO 512GB」を検証

1 2.5GB/秒を超えるシーケンシャルリード

 
  • <<
  • <

1/5

韓国サムスン電子から発売された「Samsung SSD 950 PRO」は、同社のコンシューマー向けSSDとして初めてNVMe 1.1に対応したSSDであり、従来のSATA 3.0対応SSDを遙かに超える性能を誇る(日本では代理店のITGマーケティングとCFD販売が取り扱っている)。

Samsung SSD 950 PRO 512GBのパッケージ

Samsung SSD 950 PROには256GBモデルと512GBモデルがあり、256GBモデルのシーケンシャルリード速度は最大2,200MB/秒、シーケンシャルライト速度は最大900MB/秒、512GBモデルのシーケンシャルリード速度は最大2,500MB/秒、シーケンシャルライト速度は最大1,500MB/秒と非常に高速だ。256GBモデルについては以前にも検証したが、今回、より性能が高い512GBモデルを試用することができたので、そのパフォーマンスを確かめてみたい。

Samsung SSD 950 PRO 512GBの表面(ラベル面)

Samsung SSD 950 PRO 512GBの裏面

Samsung SSD 950 PROは、M.2フォームファクターに準拠しており、インタフェースはPCI Express 3.0 x4対応だ。M.2には長さと幅が異なるいくつかの規格があるが、Samsung SSD 950 PROは幅が約22mm、長さが約80mmの「2280」と呼ばれる規格に準拠している。

写真の上側がSamsung SSD 950 PRO 512GB、下側がSamsung SSD 950 PRO 256GBだ。256GBモデルと512GBモデルでは製品名が書かれているラベルの面が逆になっている(写真右)

■V-NAND SSD 950 PRO M.2 NVM Express
256GBモデル(MZ-V5P256BW) 512GBモデル(MZ-V5P512BW)
フォームファクタ M.2
インタフェース PCI Express Gen3 x4
プロトコル NVMe 1.1
NANDフラッシュ 第2世代Samsung V-NAND(128Gbit/1チップ)
コントローラ Samsung UBX
キャッシュメモリ Samsung 512 MB LPDDR3 SDRAM
TRIM
S.M.A.R.T
暗号化サポート AES 256bit
シーケンシャルリード 2,200 MB/秒 2,500 MB/秒
シーケンシャルライト 900 MB/秒 1,500 MB/秒
ランダムリード(4KB・QD32) 270,000 IOPS 300,000 IOPS
ランダムライト(4KB・QD32) 85,000 IOPS 110,000 IOPS
ランダムリード(4KB・QD1) 11,000 IOPS 12,000 IOPS
ランダムライト(4KB・QD1) 43,000 IOPS 43,000 IOPS
平均消費電力 5.1W 5.7W
最大消費電力 6.4W 7.0W
アイドル時 70mW 70mW
Device Sleep Mode
TBW(Total Byte Written) 200TB 400TB
保証 最長5年
※シーケンシャルアクセスとランダムアクセスは最大値
※保証期間について。最長5年、または、TBWのしきい値に到達した段階の、いずれか短い期間となる
  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 2.5GB/秒を超えるシーケンシャルリード
(2) CrystalDiskMarkでシーケンシャルリード「2,601MB/秒」を記録
(3) Iometer 1.1.0でも公称値を超える結果
(4) AS SSD Benchmarkの結果も非常に優秀
(5) ATTO Disk Benchmark 2.47でリード2,610MB/秒を記録
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アッコ、極楽・山本は「性格すごいいいヤツ」-「頑張ってほしい」とエール
[12:23 7/31] エンタメ
[松本人志]やくみつるの「ポケモンGO」炎上にコメント
[12:00 7/31] エンタメ
松本人志、『27時間テレビ』に求める意外性「100時間」「とんねるずと」
[12:00 7/31] エンタメ
女子高生女流棋士・竹俣紅が解説『朝日新聞社杯 第2期将棋ウォーズ棋神戦』生中継
[12:00 7/31] エンタメ
ジュエリースナップ 第363回 saopiyoさん
[12:00 7/31] ライフスタイル