【特別企画】

あの「スター・ウォーズ EP7」も上映決定! - 映画を超えた体験ができる「MX4D」を人力で再現したら悲惨なことになった

 

筆者「スター・ウォーズの最新作ってもうすぐ公開なんですよね? 映画館はかなり混むだろうし、今回はDVDまで待ったほうがいいかな」

Y氏「山田井さん、今回のスター・ウォーズは映画館で見るべきですよ。MX4Dって知ってます?」

別件の打ち合わせのために訪れた喫茶店でボヤいていると、担当編集Y氏から突然そんな言葉が飛び出した。

筆者「あー……名前は聞いたことあるような……」

MX4D……なんだっけ

首を傾げる筆者に、Y氏は「それはよかった」とニヤリ。アトラクション型4Dシアター「MX4D」について興奮気味に話し始めた。

Y氏MX4Dはアトラクション型の映画鑑賞スタイルなんです。日本では2015年の4月から始まったばかりの新しい鑑賞スタイルなんですが、これが『ジュラシック・ワールド』を上映した時は、連日完売でチケットがまったく手に入らないほどの人気で、とにかくもう、すごいんですよ!! 」

そう言いながらY氏がドヤ顔で以下の動画を見せてきた。


MX4D」は今までTOHOシネマズでは、首都圏の3館のみで導入されていたのだが、今冬らは大阪、京都(2016年春導入)、兵庫などを含む8館に導入する事を発表しており、待望の映画『スター・ウォーズEP7』も楽しめるというのである。

筆者「たしかにすごそうだけど、お高いんでしょう?」

Y氏「大体3,000円くらいですね」
※通常の鑑賞料金 + 1,000円~1,200円

高っ! たっっっっっか!!!

「シートを揺らす」とか「風を吹かせる」とか、その特殊効果ってどれも自宅でやろうと思えばできてしまうものなんじゃないの? 自宅ならお金もかからないし、簡単に再現できるでしょ?

あからさまに疑いの目を向ける筆者に

Y氏「それなら、実際にやってみますか」

えっ?

Y氏「やってみましょう。MX4Dの再現」

……かくして、「映画館の臨場感を自分たちで再現できるのか」という無茶な企画がスタートしたのだった。

早速検証スタート!

ここで助っ人として、編集M氏が合流。

編集M氏も合流し、いよいよ検証スタートである

今回は某ヒット映画を見ながら、MX4Dの特殊効果を再現することにする。

まずは普通に鑑賞

Y氏、M氏が黒子としてスタンバイ

突風を顔に吹きかける! 手作り空気砲が登場

MX4Dでは「エアーブラスト」で、瞬間的な突風を再現するが、ここで使うのはダンボールで作った「空気砲」である。某サイエンスエンターテイナーが番組でよく使うアレだ。

突風を作り出す

風はいい感じなのだが、ダンボールを叩く音が思い切り聞こえる……。

Y氏「これ終わった後、ダンボールどうすればいいんでしょうね……せっかく作ったのに……」

Y氏のボヤキは聞こえないふりをして、続いての演出は映画により臨場感を与える「香り」である。

劇中の香りを漂わせる「セント」を本物のフライドチキンで……

MX4Dの特殊効果の1つ「セント」では、劇場に香りを漂わせることができるのだが、ここでは、某チェーン店で買ってきたチキンを使おう。両サイドから差し出されるチキン。うーん、いい香り……なのかな。

MX4Dでは香りも漂ってくる……のだが

正直、けっこう顔の近くまで近づけないと香りが届かないので、視界にちらちらとチキンが入ってしまう。ぜんぜん映画に集中できない。

食べるのかよ!

そして、食事シーン終了と同時にチキンは2人の胃袋へ。

……いや、自分たちで食べるのかよ!

そこは食べさせてくれるんじゃないのかよ!

Y氏「MX4Dに食事ができる仕掛けはありませんからね」

ニヤリと笑うY氏。なんだか激しく納得がいかないんですけど……。

「ウォーターブラスト」は霧吹きで

続いて「ウォーターブラスト」だ。突然の雨のシーンなどに合わせて水しぶきが飛んでくるというものなのだが、今回は霧吹きで代用する。

霧吹きで水しぶきを再現……できるのか?

当たり前だが、まったく水の加減ができないので、調子に乗って霧吹きをプッシュしまくるY氏。最初は「おっ」という感じだったのだが、だんだん激しく濡れてきて前が見えなくなってしまった。これはダメ!

ちょっと! 濡らしすぎだから!

次は「ランブラー」、地響きを起こす装置だけど……。

巨漢2人が必死に地響きを起こすが……

なんだろう、このあまりにもシュールな絵は……。

そして、ごめん。ぜんぜん揺れてないよ……。

首筋にゾクッとする感覚を再現する「ネックティクラー」を吐息で再現してみた

これはダメだ。何がダメって絵面がダメだ。

アカン

ホラー映画などに使われる演出らしいが、違う意味でホラーである。

爆発シーンで大活躍の「ストロボ」はカメラで……

映画でよくある爆発シーンで強烈な閃光を走らせる「ストロボ」。カメラで代用してみたけど、電池を思い切り食いそうだな、これ。

ま、まぶしい……

MX4Dのために、いちいちカメラとストロボを用意するのかよ、というツッコミを入れられそうである。

硬い背もたれの椅子でも背中をつつく感触は再現できるか

背中をつつくような感触を再現する「バックポーカー」。同じことを椅子でやってみたが、再現するのがなかなか難しい。

背中をつつかれる(?)感覚

「つつかれている」というよりは「叩かれている」という感じで、なーんかしっくりこないのである。……まぁ、そりゃそうなんだけど。

人力でシートを動かすと黒子の腰が犠牲になることがわかった

……そろそろ無理が見えてきたところで、いよいよ真打ち。

MX4Dでは映像に合わせてシートが前後左右に動くのだが、もちろん今回は人力で再現。

シートが動く(?)演出

……がんばってくれた。Y氏とM氏はすごくがんばってくれたよ。

汗だくになりながらがんばる2人

だけど、持ち上げるときに「せーの!」って掛け声をかけられると、映画の世界から現実に引き戻されるんだよね……。

あと、船酔いしそうです。映画を見ながら船酔いするってどういうことだよ。

やはり無理があったか

ということで、いろいろやってみたものの、結局のところMX4Dの再現には無理があった。チープすぎるし、そもそもコストがMX4Dの追加料金以上にかかるし、何より2人の腰が限界を迎えてしまった。

ただ、MX4Dが今までの映画とはまったく未知の体験を与えてくれそうだということは、何となく理解できた。その意味では、2人の腰の犠牲も無駄にはならなかったということだろう(無理やり)。

これまでの映画体験の延長でMX4Dを語ることはできない。この感覚、ぜひ一度体験してみてほしい。わざわざお金を払って映画館に行く価値とはこういうことなのだと納得できるはずだ。

全国のTOHOシネマズで利用できる『劇場鑑賞券』が10名様に当たるTwitterキャンペーン実施中!

TOHOシネマズ『劇場鑑賞券』を10名様にプレゼント

今回、本記事をTwitterで拡散してくれた方の中から抽選で10名に、『TOHOシネマズ』劇場鑑賞券をプレゼントいたします。

<応募要項>
■応募期間: 2015年12月17日から2016年1月31日まで
■賞品:『TOHOシネマズ』劇場鑑賞券:10名様
■応募方法:twitterアカウント(@mn_campaign)をフォロー後当リンクからツイートしていただく。
■当選者への連絡:当選者には応募締め切り後、マイナビニュースのアカウント@mn_campaignより、ダイレクトメッセージにて送付先情報(受取人氏名、年齢と現住所が確認できるもの、電話番号)を伺います。ダイレクトメッセージ送信後24時間以内にご連絡のない場合、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■応募条件:日本国内にお住まいの方。

<個人情報取扱いについてのご注意>
応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。

(1)個人情報取扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取扱および安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。

(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ メディアコミュニケーション事業本部 ニュースメディア事業ユニット 編集部 制作課 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp

(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

(マイナビニュース広告企画:提供 TOHOシネマズ)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事