【特別企画】

オリジナルアプリで東芝の12型Windowsタブレット「dynaPad N72」を十二分に活用する

1 まずはdynaPad N72の基本スペックをチェック!

  • <<
  • <

1/5

東芝が12型Windowsタブレットとしては世界最薄・最軽量(注)となる「dynaPad N72」を発表した。ディスプレイとキーボードが独立した2 in 1仕様で、デジタイザーペンにより紙のノートのような使い勝手を目指している。この使い勝手をソフトウェア面から支えているのが、「TruNote」をはじめとした、5つの本格派オリジナルアプリ。本稿ではこれらの東芝オリジナルアプリ群に注目し、ビジネス面、学習面両方の観点から活用法を考えていきたい。

12型のWindowsタブレットとして世界最薄、最軽量(注) を実現した、東芝の「dynaPad N72」。5つの本格派オリジナルアプリを搭載する

(注) 東芝調べによると、キーボードから取り外したタブレット単体の薄さ約6.9mm、質量約579gが2015年11月18日現在で世界最薄・最軽量というデータ。

>> dynaPad N72の詳細はこちら <<

まずはdynaPad N72の基本スペックを確認

dynaPad N72は、タブレット本体とキーボードが分離する2 in 1タイプの12型Windowsタブレット。利用時はキーボードドックにタブレットを挿し込んで、未使用時は4隅に内蔵されたマグネットで2つを留めて持ち運ぶ仕様だ。基本スペックをおさらいしておくと、CPUがIntel Atom x5-Z8300(定格1.44GHz/最大1.84GHz)、メモリーは4GB、そしてストレージは128GBとなる。OSはWindows 10 Home(64bit)を搭載。Windowsタブレットとして使用した場合、薄さは約6.9mm、重量約579gとなる。非常に薄くて軽く、さらに滑り止め加工も行われるため、片手で持って利用するシーンでも大きな疲労を感じることはない。

タブレットとキーボードが分離する2in1タイプを採用。キーボードドックにタブレットを挿し込んで使用することが可能だ

タブレットとして使用した場合、薄さは約6.9mm、重量約579g。キーボードとの合計では、薄さ約14.9mm、重量約999gとなる

紙のノートとペンのような使い勝手を支える高精度デジタイザーペン

紙のノートのような書き心地を支えるのが、ワコム社と協業して開発された、アクティブ静電結合方式のデジタイザーペンだ。ペン先位置の正確な検知技術と2048段階の筆圧検知機能で自然な手書き感覚を実現。またペン先も細くなっており、小さな文字も書きやすくなっている。なお未使用時には、タブレット横に取り付けておくことが可能。またメモ用に役立つWebカメラを2基搭載。画素数は前面約200万画素、背面約800万画素となかなかの解像度だ。

ワコム社と協業して開発されたデジタイザーペン。ペン先位置の正確な検知技術と2048段階の筆圧検知機能で、手書きの感覚を実現している

付属する専用キーボード。スリット中央にはタブレットとの接続端子が確認できる。4隅にはマグネットが取り付けられており、タブレットと貼り合わせて持ち運べる

それでは、さっそく東芝オリジナルアプリ群を紹介していこう。dynaPad N72には、5つの本格派ビジネスアプリ「TruNote」「TruCapture」「TruNote Clip」「TruRecorder」「TruNote Share」を搭載する。各アプリでは、どんなことができるのだろうか。ここからはビジネスの場における社会人の使い方、学習の場における学生の使い方、それぞれの観点から利用シーンを紹介していきたい。

>> dynaPad N72の詳細はこちら <<


(マイナビニュース広告企画:提供 株式会社東芝)

ご購入はお近くの販売店または東芝ダイレクト

インテル® Atom™ x5 プロセッサー

Intel Inside® 素晴らしい体験を

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) まずはdynaPad N72の基本スペックをチェック!
(2) ビジネスシーンでも、学生のコミュニケーションにも使えるノートアプリ
(3) デスクトップ画面をそのままノートに取り込める
(4) 撮影するだけで文字をデータ化 & 録音するだけで話者を識別
(5) 紙ノートの使い心地とデジタルの便利さを両立

人気記事

一覧

新着記事