【特別企画】

「鯖」ならぬ「サーバ」について猫に質問してみた

皆さん、ごきげんよう。突然ですが、猫は好きですか? 私は大好きです! 「猫の手も借りたい」という言葉がありますが、あれは「むしろ猫の手だから借りたい」なんじゃないかと思いますね本当は。

それで思ったのですけど、生きていく中で選択に迷うことがあったら、猫に聞いて決めちゃえばいいと思うんです。選ばれなかった方としても、猫が選んだって言われたら「猫かーじゃあしょうがないなー」ってなりますから。

困ったことがあれば猫に聞いてみよう

ということで、やっと本題なのですが、今回はそんな猫に「サーバ」について聞いてみることにしました。いや、自分、自前のウェブサイトを持っているのですが、最近ちょっとサーバをどうするかで迷っていましてね……。具体的には、今使っている「さくらインターネット」について猫に判断を仰ぎたいのですよ。

……ちょっと待って。「こいつ何言ってんの?」みたいな顔はちょっと待ってください。はい、そうなんです。猫さんの力を借りて、たくさんの人に記事を読んでほしいんです。

要するに猫の写真集みたいな記事です

「サーバ」についての質問に猫は何と答えるのだろうか

それじゃあ、さっそく猫さんに聞いてみましょうか。「YES」と「NO」のふたつの答えを用意して、どっちを猫さんが選ぶかで決めていきたいと思います。

猫さんに質問して、「YES」か「NO」を選んでいただきます

まずは、そもそも「レンタルサーバ」って知ってる? と質問を投げてみました。サーバといえば鯖、鯖といえば魚、魚といえば猫の好物です。これはもう、答えは決まったようなものではないでしょうか。

「YES」

見事、「YES」をチョイス! まぁ知ってるよね、そりゃあね。ちなみに鯖缶のように塩気の強いものを猫に与えすぎるのはよくないそうなので、ご注意くださいませ。

猫と目が合うとどうして胸がキュンっとするのか

続いて「レンタルサーバでやりたいことはある?」という質問です。猫が鯖でやりたいことって、そりゃ食べる一択だろうと思うのですが、サーバとなると謎。

明確に「YES」

これも「YES」を選択! ほほう……。

かわいくもあり美しくもある生き物、猫

続いて、さくらインターネットが提供している「SSLサーバ証明書は重要?」という質問です。

どっちを選ぶのか!?

「YES」

……これも「YES」! 「YES」! やはりSSLは重要っぽい。猫さん、SSLって「暗号化」のことだからね。「魚&刺身LOVE」って主張しているわけじゃないからね。

どんどんいってみましょう。続いて「SSLサーバ証明書が1年間無料だと嬉しい?」です。猫さんの回答は如何に?

あー「YES」ですね。これはどう見ても「YES」です

「YES」! やはり、人間と同じく猫さんも無料(タダ)という言葉には弱いよう。ちなみにさくらインターネットでは、SSLの利用料金「1年分」が無料になるキャンペーンを実施しているそうです。

OK、最後の質問いってみましょう

それではいよいよ最後の質問です。猫さん、さくらのレンタルサーバは優れていると思う?

これは……!

「YES」?

「YES」ですね

あああああ

破かれてもいい。そんな目で見られたらもう何でもいい

答えは「YES」! ということですべての質問で猫は「YES」を選択してくれました。次は「なんでYESを選んだの?」と聞いてみたいところですが、残念ながら猫は喋れませんので、ここはひとつ猫の選んだ「YES」について筆者が想像を膨らませてみましょう。

猫さんが優れてると選んだ(?)さくらのレンタルサーバ(画像左)。7月30日には、年額1,500円(税抜)でドメイン認証SSL証明書を発行できる「ラピッドSSL」を開始したようです(写真右)

ここからは写真集タイムとなります

猫がサーバでやりたいことって何?

この猫さんが「レンタルサーバ」を知っていて、「レンタルサーバでやりたいことがある」というスーパーキャットであることは先の質問でわかったわけですが、じゃあ猫がレンタルサーバでやりたいことって何よ? という疑問にぶち当たります。レンタルサーバといえば、ウェブサイトの運営に使うのが一般的。ということはきっと猫さんもウェブサイトを作りたいのではないでしょうか。ほら、猫の動画や写真を猫がPCモニタで見ている光景とか、よくSNSでシェアされるじゃないですか。どう考えてもウェブサイトに興味津々ですもんね。

誘っているのかな?

さて、ウェブサイトの運営という点から続いての質問について考えてみましょうか。

眠いだけだった

まずは猫さんも重要と答えた「SSL」。これは一言でいうと暗号化のことで、サイトを訪問してくれた人に個人情報などを入力してもらうときの安全な通信のために使います。猫さんの場合は…… そうですね、たとえば、「近所のぽかぽかおひるねベストスポットMAP」みたいなページを作ったら、近所の猫たちにめちゃくちゃ人気出そうじゃないですか? そこにベストスポットのタレコミ掲示板を用意して、近所の猫たちから情報を書き込んでもらえるような仕組みを作ったとします。やっぱり一人、いや、一匹でできることって限界がありますから。

飽きちゃったかな?

で、そういう仕組みを作るのはいいのですが、例えば、掲示板に書き込んでくれた猫に「にぼし10匹プレゼント」という特典を付けたとします。そのためには住所などの情報が必要となりますが、これは立派な個人情報、いや、個猫情報なわけです。サイト管理猫としては、この個猫情報を守る義務が発生します。しっかりとセキュリティ対策を行わないと、こういう情報がうっかり漏れてしまう可能性があります。かわいい猫の情報は誰もが知りたいですからね!

そこで「SSL」です。SSLサーバ証明書を導入することで、クレジットカード情報などの情報を安全にやり取りすることができ、個猫情報は守られるのです!

もうひとつ、サイト管理猫に是非使ってもらいたい機能が「リソースブースト」。「リソースブースト」は、サイトに急激なアクセスがきた場合、一時的に転送量の容量を増加して、サイトが表示されなくなることを防ぐサービスなんです。

「エサをブーストしてほしい」と言っているようですね

よく、アクセスがドカンと増えると「503 Service Temporarily Unavailable」なんて表示されてページが見えなくなっていますよね。あれは同時にアクセスする人が多すぎて、サーバが制限をかけているという表示なんです。せっかくアクセスしてくれているのにページが見えないのは残念でたまりません。「リソースブースト」を使うと、これを防ぐことができるのです。

至福の時間

たとえば「近所のぽかぽかおひるねベストスポットMAP」を月に一度更新するとして、その日にハンパなくアクセスが集中しそうですよね。そういうとき、「リソースブースト」を使えば503エラーが発生しにくくなるので、近所の猫からニャーニャー文句を言われることもないというわけ。……いや、ニャーニャー文句言ってる光景も、想像するとそれはそれでめちゃくちゃかわいいですけどね。むしろちょっと見てみたいです。

ときにはこんな角度、いかがですか

おつかれさまでした!

とまぁ、そんな感じで「リソースブースト」が4月22日に、年額1,500円(税抜)でドメイン認証が利用できる「ラピッドSSL」が7月30日に提供開始されたさくらのレンタルサーバ。もしも猫がサイトを作ったら、両方とも必須機能であることは間違いなさそう。最後の「さくらのレンタルサーバは優れていると思う?」という質問で猫さんが「YES」を選んだのは、そういう理由があってのことだったのかもしれない!

ニャーニャー文句を言われることもない。リソースブーストを備えた「さくらのレンタルサーバ」
⇒詳細はこちら!!

個猫情報(?)も安全。年額1,500円(税抜)のドメイン認証SSL「ラピッドSSL」
⇒今だけ1年分 0円!!

【広告特集】「さくらのレンタルサーバ」の魅力って?

1回目:「鯖」ならぬ「サーバ」について猫に質問してみた(本記事)
2回目:人気サイトを作りたい! マイナビニュース若手社員と会議したら思わぬアイデアが飛び出した
3回目:サイト管理者の天敵「503エラー」を防ぐ「リソースブースト」を使ってみた

(マイナビニュース広告企画:提供 さくらインターネット株式会社)

人気記事

一覧

新着記事