【特別企画】

PlayStation 3の内蔵HDDをSamsung SSD 840 EVOに換装してみた - ゲームの起動や操作の反応はどう変わる?

1 PlayStation 4は発売されましたが

 
  • <<
  • <

1/6

ストレージとしてHDDを搭載した製品といえば、PCが真っ先に思い浮かぶが、身の回りの製品で他にもいろいろある。HDDレコーダーはもちろん、カーナビの多くはHDDを搭載している。PlayStation 3やXbox 360といった家庭用ゲーム機でも、HDDを搭載した製品は多い。

SSDはHDDに比べて、容量当たりの単価は高いが、はるかに高速で衝撃にも強く、消費電力も少ないというメリットがある。PCの内蔵HDDをSSDに換装することで、ディスクパフォーマンスが大きく向上して非常に快適な環境を実現できるが、PC以外のHDD搭載製品はどうだろう。SSDに換装できれば、パフォーマンス向上を期待してよいはずだ。そこで今回は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの据え置き型ゲーム機、PlayStation 3のSSD換装にチャレンジしてみた。

2012年11月22日に発売された、PlayStation 3の「CECH-4000C」。ボディがより小さく軽くなった。500GB HDDを内蔵している(写真左)。換装用のSSDには「Samsung SSD 840 EVO」(750GBモデル)を用意(写真右)

PlayStation 3(以下、PS3)は、2006年11月11日の発売以来、何度かモデルチェンジが行われている。初期モデルに比べて、ボディがコンパクトになったり、消費電力が下がったりしてきた。日本で販売されているPS3はすべて、ストレージにHDDを搭載しており、基本的にはSSDへの換装が可能だ。ここでは、2012年11月22日に発売された「CECH-4000C」の内蔵HDDを、SSDに換装することにした。CECH-4000Cは、500GB HDDを搭載した上位モデルだ。換装用SSDには、韓国サムスン・エレクトロニクスの「Samsung SSD 840 EVO」(750GBモデル)を用意した。

結論を少し先に言うと、ゲームソフト「グランツーリスモ5」の起動時間は、換装前が約50秒だったのに対し、換装後は約34秒に短縮された。そのほかのベンチマークは後述するが、PS3の内蔵HDDをSSDへ換装すると、データサイズが大きいゲームをより快適にプレイできるようになる。

ご注意
本記事の内容は、PlayStation 3「CECH-4000C」の内蔵HDDをSamsung SSD 840 EVOに換装する行為について、その動作を保証するものではありません。本記事と同様の作業を行い、動作不良、故障などが発生しても、マイナビニュース編集部および著者はその責を負いません。あくまでもユーザーの自己責任でお願いいたします。
  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) PlayStation 4は発売されましたが
(2) 最初は内蔵HDDに保存されたゲームやセーブデータのバックアップ
(3) PS3の内蔵HDDを、Samsung SSD 840 EVOへ換装する
(4) システムの再インストール
(5) バックアップからリストアして完了!
(6) SSD換装の効果は? ゲームの起動やメニュー選択などが超高速に!

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT
6月の家計支出、2.2%減 - 消費者物価も0.5%下落
[16:16 7/29] マネー