【特別企画】

「これってED(勃起不全)の症状ですか?」ED治療専門病院の木下隆央院長に聞いてみた

1 柔らかいまま射精してしまいます。これはEDなのでしょうか

  • <<
  • <

1/2

人によってはED(勃起不全)のために、新年になっても気分が晴れない方もいるのではないでしょうか。飲み薬で安全性の高いED治療薬が発売されたことで、ED治療はとても身近なものとなりましたが、まだまだEDへの理解が十分でないために、人知れず悩んでいる場合が多いようです。

そこで、マイナビニュースでは、機会があったらお医者さんに聞いてみたい、でもなかなかそういう機会もない「EDにまつわる疑問・質問」をアンケートで集めました。

前回浜松町第一クリニック(東京都港区)の竹越昭彦院長に引き続き、ED治療の専門クリニック、渋谷駅前クリニック(浜松町第一クリニック渋谷駅前院、東京都渋谷区)の木下隆央院長に、質問をぶつけてみます。今回のテーマは、「これってEDですか?」です。

渋谷駅前クリニック(東京都渋谷区)木下隆央院長

まずは先生、読者からの質問に答えていただく前にお伺いしたいのですが、EDというのはよくある病気なのでしょうか?

「EDは誰でもなり得る、よくある病気です。日本人男性の4人に1人、25%がEDだと言われています。これは全世代の平均値で、年代が上がるにつれ割合は増加する傾向があります。

30代になれば勃起力の低下に加え、回復力も落ちてくるので、約1割の人がEDを自覚しているようです。40代で約2割、50代では4割……80代になれば、感覚値ですが、5人に1人ぐらいしか、勃起、射精にまで至らなくなると思われます。

もちろん個人差があるので、何歳になっても“現役”の人もいますが、一般的には年齢と共に性欲は落ち、精子数や精液は減少しますし、使わなければ睾丸も小さくなってきます。

筋トレをしなかったら、筋肉が衰えていくのと同じことで、体の中で使わない部分は退化していくのです。長く性行為を楽しみたいと思ったら、ブランクは明けずに、週に1回でも2週に1回でも継続することをおすすめします」

■質問その1「途中までは勃起するが、セックスの途中で中折れ(性行為の最中に勃起が収まってしまう)します。これってEDでしょうか?」(40代男性)

「EDと言っても、全く勃起しない人は稀で、勃起はするが硬さが十分ではない、最初は良いが途中でダメになってしまうというのは、よくあるEDの初期症状です。

若い人のEDは心因性(精神的なもの)が多く、初めての性行為だったり、あるいは彼女が変わって初めての性行為という場合には、緊張のあまり、挿入前にコンドームを着けようとしたら萎えてしまうということもあります。

勃起する力は、18歳ぐらいをピークにして、下り坂に入るケースが多く、心因性のものは経験を積むことでカバーできますが、30代以降になると、器質性(血管や神経の障害が原因となるもの)がみられるようになります」

■質問その2「柔らかいまま射精してしまいます。これはEDなのでしょうか」(30代男性)

「十分な硬さが得られない場合は、EDである可能性が高いです。初期症状である中折れに続いて、このような症状が出てくることが多いようです。こうした射精では自分も達成感や快感が得られないし、パートナーも満足させることができないでしょう」

■質問その3「勃起はするがセックスで射精できません。これってEDでしょうか…」(30代男性)

「勃起しているのであれば、EDであるとは言えません。しかし、さらに症状が進んでしまい、射精しないままに萎えてしまう“中折れ”が加わって、結果的にEDになってしまう人は、実は少なくありません。 パートナーにも気を遣うので、心労が重なって悪循環に陥ることもあります。

ちなみにうまく射精できなという場合、マスターベーションの方法に原因があることも多いようです。独自の方法に慣れてしまうと、実際の相手がいる性行為で快感がうまく得られなくなってしまうケースがあります。 独自のマスターベーションを改め、少し禁欲気味にして、きちんと勃起して射精するという過程を踏むようにすることで、改善が見られることもあります」

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 柔らかいまま射精してしまいます。これはEDなのでしょうか
(2) 気になる診察・治療薬についてもお答えいただきました。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事