【特別企画】

ノート最強GPU・GTX 680M搭載G-Tuneノートの実力を見た!

1 最強のGTX 680M搭載で大幅な性能向上を実現

 
  • <<
  • <

1/2

マウスコンピューターのゲーマー向けPCブランド・G-Tuneでは、ノートPCでもデスクトップPC並みの強力なグラフィックス性能を備えたPCを各種用意しているが、ラインナップ中最上位に位置づけられているのが、17.3型の大画面ディスプレイを搭載した「NEXTGEAR-NOTE i970GA2」だ。ノートPC用グラフィックスチップの最高峰・GeForce GTX 680Mの採用で、従来モデルから大幅な性能アップを果たしているが、今回実際に新旧両機種でのベンチマークテストを行うことができたので、そのスコアも含めて詳しく紹介しよう。

GeForce GTX 680Mを搭載する17.3型ノート「NEXTGEAR-NOTE i970GA2」

ゆとりの17.3型ボディに最強パーツを惜しみなく搭載

フルHD(1920×1080ドット)表示に対応した17.3型の光沢液晶ディスプレイに、ゲームを楽しむのに欠かせないステレオスピーカーやテンキーなどをすべて内蔵した「NEXTGEAR-NOTE i970」シリーズ。特にこの「i970GA2」は、"フルスペック・オールインワンノート"と形容するのが適当と思われるほどに、強力なパーツを満載している。

深いブラックを基調とする力強いデザイン

まずCPUだが、インテルのすべてのモバイル用プロセッサーの中で最強となるCore i7-3920XM エクストリーム・エディションを搭載している。動作周波数2.90GHz、ターボ・ブースト機能利用時は最大3.80GHzの動作が可能なクアッドコアCPUで、内蔵グラフィックスコア「HD グラフィックス 4000」も最大1300MHz動作と、"Ivy Bridge"のコードネームで呼ばれる、ほかの最新プロセッサと比較しても頭一つ抜け出た性能を実現している。

そして、グラフィックスチップにはNVIDIAのノートPC用GPU最上位モデル・GeForce GTX 680Mを搭載している。グラフィックス処理を行うCUDAコアの数は、"Fermi"アーキテクチャの最上位であるGeForce GTX 675Mが384基であったのに対し、"Kepler"アーキテクチャを採用する680Mでは1344基と大幅な拡張が図られており、複雑な処理を行う最新のゲームでもスムーズな描画が可能となっている。また、Kepler世代では消費電力あたりの処理能力が大きく向上しており、ノートPCでの高性能実現に、より適したGPUということができるだろう。「NEXTGEAR-NOTE i970」シリーズは、負荷に応じてCPU内蔵グラフィックスとGeForceのどちらを使用するかを切り替える「Optimusテクノロジ」に対応しているので、低負荷時はGeForceをオフにすることで、消費電力や発熱を自動的に抑えられるのも特徴だ。

左側面。USBだけでなく有線LANやIEEE1394なども搭載し、従来の周辺機器もフルに活用できる 右側面。S/PDIF出力があるので外部AVアンプなどを利用することも可能

また、17.3型という余裕あるサイズを活かし、2.5インチドライブを2基同時搭載できるのも大きな特徴だ。今回のi970GA2ではSSD 120GB+HDD 1TBのツインドライブ構成が標準となっており、高速なSSDと大容量なHDDの両方のメリットを享受することができる。ストレージの構成はBTOオプションでカスタマイズ可能で、SSDを最大容量で搭載した場合の構成はADATA SX910 512GB+インテル520 480GBの計992GBとなっている。標準構成ではDVDスーパーマルチドライブを搭載しているが、オプションでブルーレイディスクドライブに変更することも可能だ。

入出力端子群も非常に充実しており、例えばディスプレイ出力はDVI-I、HDMIに加えDisplayPortも備えている。大画面ディスプレイに接続してゲームを楽しみたい場合なども出力先を選ばず、テレビからプロジェクターまでさまざまな画面に対応できる。USBポートは3.0×3(1ポートはeSATA兼用)、2.0×1の計4ポートが用意されており、うち左側面の1ポートは電源オフ時も給電が可能なので、携帯電話の充電などにも利用できる。

背面にはDVI-I、HDMI、DisplayPortの3つのディスプレイ出力を搭載しており、出力先を選ばない

GTX 680Mで最大6割の性能アップを確認!

さて、今回は同じ17.3型NEXTGEAR-NOTEの従来機種から、i970GA2とGPU以外はすべて同じ仕様の「NEXTGEAR-NOTE i960GA4」を用意することができた。i960GA4はFermi世代のGPU・GeForce GTX 675Mを搭載しているので、この2機種で同じベンチマークソフトを実行すれば、ほぼ純粋にGPUの性能の違いのみを知ることができるというわけだ。

GPUのみが異なる新旧2機種を用意。これでGeForce GTX 680Mと同675Mの性能の違いを確かめてみよう
スペック i970GA2 i960GA4
OS Windows 7 Home Premium 64ビット
CPU Core i7-3920XM エクストリーム・エディション
GPU GeForce GTX 680M GeForce GTX 675M
メモリ 16GB (PC3-12800)
SSD 120GB (SATA III)

結果を見ていただければその違いは一目瞭然だが、DirectX 11の機能を使用し極めて描画負荷が高い「ロストプラネット2」において、解像度が720p(1280×720)の場合54%、フルHDの場合は実に66%もの性能の伸びが確認できた。同じくGPUに高い負荷をかける3DMark Vantageでも4~5割程度スコアが伸びており、いずれも解像度が高いときほど性能アップの割合が大きくなっていることがわかる。アーキテクチャが変更されているので、「ファイナルファンタジーXIV」のようにタイトルによってはスコアが微減するケースも見られるが、スコアが16%下がったLow設定においても4600以上の高いスコアとなっており、実際にゲームをプレイするときの体感にはまったく影響のないレベルにとどまっている。最新のタイトルをモバイル環境においてもバリバリプレイしたいというユーザーには、GeForce GTX 680Mが必須のアイテムといって差し支えないだろう。

ロストプラネット 2 ベンチマーク テストタイプB(DirectX 11)
i970GA2 i960GA4 伸び率
1280×720 76.4fps 49.7fps 54%
1920×1080 58.3fps 35.1fps 66%
ファイナルファンタジー XIV オフィシャルベンチマーク
i970GA2 i960GA4 伸び率
Low 4607 5508 -16%
High 3119 3182 -2%
3DMark Vantage 1.1.0 Performanceプリセット
i970GA2 i960GA4 伸び率
3Dmarks P21530 P15730 37%
GPU SCORE 20509 13990 47%
CPU SCORE 25305 25094 1%
3DMark Vantage 1.1.0 GPU SCORE
i970GA2 i960GA4 伸び率
1280×720 27310 19733 38%
1920×1080 14084 9508 48%
CINEBENCH R10 64bit
i970GA2 i960GA4 伸び率
Single CPU 6549(2分15秒) 6488(2分16秒) 1%
Multiple CPU 25030(0分35秒) 24793(0分35秒) 1%

そのほか、SSDの搭載も全体のパフォーマンスアップに大きく貢献している。CrystalDiskMarkでストレージへのアクセス性能をテストしたところ、シーケンシャルリードが445.9MB/秒、OSやソフトの起動速度に大きく影響する4Kランダムリードが20.26MB/秒と、アクセスが非常に高速であることが確認できた。Windowsエクスペリエンス インデックスの値もすべて7以上で、高負荷のゲームをプレイするときはもちろん、Webページの閲覧や文書作成など日常的な使用においても、極めて快適なオペレーションが可能となっていることがわかる。

CrystalDiskMark 3.0.1の実行結果 Windowsエクスペリエンス インデックスはオール7以上の高いスコア
  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 最強のGTX 680M搭載で大幅な性能向上を実現
(2) BTOなどにより、リーズナブルな価格でゲットすることも可能

人気記事

一覧

新着記事

テイラー・スウィフト、陪審員に選ばれるも外れる
[15:06 8/31] エンタメ
mineo、加入者増を目指し「攻め」のキャンペーンを展開 - プレミアムコースの有料トライアルも
[15:03 8/31] スマホとデジタル家電
HKT48兒玉遥、竹下通りを金髪ギャルメイクの女子高生姿でかっ歩 - 公約実行
[15:00 8/31] エンタメ
アドビ、「初音ミク」モチーフの創作テクを公開- Twitterキャンペーンも
[15:00 8/31] 企業IT
マライア・キャリーの姉、 売春容疑で逮捕
[14:48 8/31] エンタメ