【特別企画】

定番ソフト自由自在 - WinとMacを同時に使う! 「Parallels Desktop7 for Mac」

1 WindowsとMacを同時に使う

  • <<
  • <

1/4

Macの中にパソコンを再現する

今回紹介する「Parallels Desktop 7(以下、Parallels)」は、仮想化ソフトと呼ばれるもので、主にWindowsを動かす仮想マシンをMac OS X上に作成します。MacでWindowsを動かすに手段としてはMac標準機能の「Boot Camp」もありますが、こちらはMacをWindowsで起動する手法です。完全なWindowsマシンとして利用できる一方で、MacOS Xと同時には起動できないというデメリットがあります。しかし、仮想マシンはMac OS Xのソフトとして動作するため、切り替えながら同時に利用できます。その代わり、Macというハードを2つのOSで共有するので速度が若干低下します。

仮想化ソフトの黎明期では、ハード・ソフトともにグラフィックス機能が劣っていたため3Dゲームなどはほとんど実用にはならないレベルでしたが、ParallelsではOpenGLなどにも対応しており、かなり再現性が高くなっています。コンマ秒を争う格闘ゲームは厳しいものの、RPGなどは十分プレイできるようになりました。

また、ParallelsではWindowsマシンから環境を簡単に仮想化できます。そのまま引っ越しできるというわけです。そのほか、サウンド機能も最新ハードウェアに準拠しており最大7.1chのサラウンドもサポートしています。またParallelsの独自の特徴として、iOSデバイスとの連携機能を備えており、iPhoneやiPadから仮想マシンをリモート操作できます。Windowsのデスクトップが表示され、マルチタッチで操作可能です。

ほかの仮想化ソフトにはない、Parallelsの4つの特徴

Parallelsは、以下のような特徴を備えています。

Windowsマシンからの環境の移行

ネットワークや別売りの直結USBケーブル、外部ストレージ(USBメモリや外付けHDD)を利用して実際のWindowsマシンからWindows環境を移行できます。

Windowsマシンから環境を移行できる

強力なグラフィックス

最大1GBものビデオメモリを割り当て可能で、DirectX 9.0c/9Ex と シェーダーモデル 3.0に対応したゲームや3Dソフトを利用できます。最新のゲームをプレイできるわけです。

ゲームにも遊べる最新グラフィックスに対応

7.1chサラウンド

Windows XP/Vista/7において7.1chサラウンドに対応しています。USBオーディオインタフェースを用意すればゲームなどで迫力のサウンドを再生できます。

迫力の7.1chサラウンド

iOSデバイスで操作

ネットワークを通じてiPhoneやiPadに仮想マシンのデスクトップを表示させて、リモート操作できます。さらに、Mac OS XもiPhoneやiPadからリモート操作できます。

iOSデバイスからのリモート操作が行える

Boot Campと比べると

Parallelsの最大のメリットは、Mac用ソフトとWindows用のソフトを起動し直すことなしに同時に利用できることです。その代わり、ハードウェアがバーチャルなので即時性や著作権管理が求められるソフトやハードは利用できません。特に難しいのが地デジやブルーレイです。地デジ放送やブルーレイは、GPUとディスプレイ間の現行を暗号化するCOPPやHDPCといった著作権管理に対応していないと利用できません。仮想化ソフトがこれに対応していないため、地デジとブルーレイは一体型のMacでも利用できません。

一方、Boot Campは内蔵ドライブを分割してWindowsを起動するものです。Macの能力をすべてWindowsに使えるため、地デジやブルーレイも利用できます。

Mac上でWindowsを動作させるもうひとつの方法、Boot Camp

Parallelsのインタフェース

Parallelsのインターフェイスは、基本的にウィンドウの下部にあるツールバーに集約されています。ここには、実際のWindowsパソコンにある物理的なポートやスロット、スイッチを代用しています。左端にあるのが電源ボタンに相当し、右側にはキーボードやUSBポートを操作するアイコンが並んでいます。

ゲストOSであるWindowsが起動中のParallelsのウィンドウ

画面左下の電源アイコンでは、仮想マシンの電源を操作します。[サスペンド]と[シャットダウン]はWindowsの機能で、[一時停止]と[ストップ]はParallelsの機能です。

画面下の中央やや右に並んでいる各種デバイスボタンは、仮想マシンに接続されたさまざまなデバイスの接続を切り替えます。代表的な機能は表1のとおりです。

表1 主なデバイスボタンの機能
アイコン 名前 機能
キーボード キーコンビネーションをワンクリックで送信したり、Macのキーボードには存在しないキーを送信できます
USBコントローラ Macに接続されたUSBデバイスを仮想マシンに接続するときに使います。ここで選んだデバイスはMac OS Xからは利用できなくなります
CD/DVD Macに挿入された光学式ディスクを仮想マシンに接続するときに使います。ディスクイメージファイルを物理ディスクとして利用することもできます
ネットワークアダプタ Macに搭載されたネットワークポートのうち仮想マシンで使うポートを選んだり、IPアドレスの取得方法を切り替えます
サウンドカード 仮想マシンのサウンド入出力とMacのサウンド入出力ポートを切り替えます
ハードディスク 仮想ハードディスクの使用状況を表示します
共有 Macのディスクや[ホーム]フォルダをWindowsに接続したり、WindowsのディスクをMacに接続することができます

歯車アイコンで示される構成ウィンドウ表示ボタンは、仮想マシンの設定を行う構成ウィンドウを表示します。このウィンドウの[一般]ではメモリやCPUコアの割り当て、[オプション]ではMac用ソフトとの関連付け、各表示モードの詳細設定、[ハードウェア]ではビデオメモリの割り当てやストレージ機器の詳しい設定を行います。

仮想マシンの構成ウィンドウ

画面右下の表示モード変更ボタンでは、仮想マシンの表示モードを切り替えます。それぞれの表示モードの違いは違いは以下のとおりです。

  • ウィンドウ
    WindowsのデスクトップがMacOS Xの1つのソフトとして利用できます。MacとWindowsをきっちり分けて使いたいときに便利です。

表示モード:ウィンドウ

  • フルスクリーン
    MacのディスプレイをWindowsで占有して表示するモード。一時的にWindowsでの作業に集中したいときにおすすめです。

表示モード:フルスクリーン

  • コヒーレンス
    Windowsのデスクトップを非表示にして、Windows用ソフトのウィンドウをMac OS Xのデスクトップに表示します。

表示モード:コヒーレンス

  • モダリティ
    Windowsのデスクトップをサムネイル化して小さく表示します。小さくても動作しており、時間のかかる処理を待っているときなどに便利です。

表示モード:モダリティ

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) WindowsとMacを同時に使う
(2) 実践その1 Windowsのインストールと仮想マシンの起動・終了
(3) 実践その2 Parallelsを使いこなしてWindowsを便利に使う
(4) iOSデバイスでリモートコントロール
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事