マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | 携帯キャリア

関連キーワード

新着記事

一覧

「M」は未来のライフスタイルへの解答 - 新サービスも多数登場したドコモ新製品発表会

NTTドコモは18日、都内において2017-2018年冬春モデルの新製品発表会を開催した。最新のAndroid 8.0を搭載したハイスペックモデルから、折りたたみ式の2画面液晶を搭載したドコモ企画のオリジナル端末、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年記念スペシャルモデルなど、幅広いラインナップを発表。月額料金が割引される「docomo with」の対象機種も拡充され、ユーザーは多様な選択肢から最適な製品を選べるようになった。

[06:00 10/19]

ドコモ、長期契約者がトクする「dポイントクラブ」のリニューアル

NTTドコモは10月18日、長期契約ユーザーの優遇や「ずっとドコモ割プラス」追加など、「dポイントクラブ」をリニューアルすると発表した。2018年5月より開始する。今回の施策で、同社の会員プログラム「dポイントクラブ」が大幅にリニューアルされる。リニューアルに伴い、会員ステージの判定方法を変更。会員ステージは、契約年数と6カ月間のdポイント獲得数で判定される。

[19:52 10/18]

新着記事

一覧

ドコモ、2017-18年冬春モデル15機種まとめ - 異色の2画面スマホ「M」や「JOJO」、Daydream対応「V30+」など個性派集合

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春新商品として、スマートフォン13機種、タブレット2機種の計15機種を発表した。10月26日から順次発売する。2017-2018年冬春新モデルのトピックはバラエティ豊かな端末、docomo withラインナップの拡充、788Mbps通信対応機種の拡大などだ。

[19:28 10/18]

ドコモ、専門チャンネル見放題やひかりTV連携など新しい映像サービス

NTTドコモは10月18日、新しい映像サービス「dTVチャンネル」と「ひかりTV for docomo」を提供すると発表した。また、あわせてこれらのサービスに対応する新しいセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」を2018年1月より発売する。月額利用料金(税別)は、ドコモユーザーは780円、それ以外のユーザーは1,280円。

[17:17 10/18]

ドコモ、スマホで車を手配する「dカーシェア」を11月に開始

NTTドコモは10月18日、スマートフォンから条件を指定して車を手配できる新サービス「dカーシェア」を提供すると発表した。月額利用料は無料。サービスの提供開始は11月8日からとなる。dカーシェア自体は無料サービスだが、利用代金は別途支払いが必要。その際、1回の支払いごとに100円(税別)につき1ポイントのdポイントが付与される。利用はドコモユーザーでなくても可能だ。

[15:42 10/18]

ドコモ、AIエージェントサービスを2018年春に開始 - 対応スピーカーも発売

NTTドコモは18日、顧客が求める情報をAIエージェントが理解し、適切なタイミングで提案するという「AIエージェントサービス」を発表した。2018年春より提供開始する予定だ。AIエージェントサービスは、音声で様々な情報を検索し、電話やメール、カメラなどの操作を行う「しゃべってコンシェル」を進化させたもの。

[15:10 10/18]

ドコモ、Android 8.0へのアップデート対象機種を発表

NTTドコモは10月18日、発売中のAndroidスマートフォンのうち、Android 8.0 (Oreo)へのアップデートを予定している機種を発表した。開始時期や更新方法、利用可能な機能などの詳細については、提供準備が整い次第、順次アナウンスされる。アップデートの対象機種は、2016年夏モデルから2017年冬春モデルまで計21機種がリストアップされている。

[14:29 10/18]

ドコモから「Galaxy Note8」- 新規/機種変で7万円台後半

NTTドコモは10月18日、2017~2018年冬春商戦向けの新商品として、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy Note8」(SC-01K)を発表した。発売は10月26日。価格は新規/機種変更が7万円台後半、MNPが2万円台後半となる見込みだ。Galaxy Note8は、独自のデジタルペン「Sペン」と組み合わせて使う6.3インチのスマートフォンで、書き溜めたメモの検索や、画面上に書いた文章の翻訳も可能。画面オフ時でもSペンを取り出してすぐにメモを書き込める。

[13:27 10/18]

ドコモ、2画面搭載の折りたたみスマホ「M(エム)」を世界展開

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「M Z-01K」(ZTE製)を発表した。ディスプレイを2つ搭載した2画面構成の個性的なモデルで発売予定は2018年1月以降。端末価格未定。最大の特徴は、ディスプレイを2つ搭載した2画面構成を採用していることだ。

[12:02 10/18]

ドコモ、写真や動画向けの機能を大幅に強化したDaydream対応スマホ「V30+」

NTTドコモは10月18日、2017-2018年冬春モデルとして、Androidスマートフォン「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)を発表した。GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応する。2018年1月以降に発売予定し、端末価格はMNP・新規契約・機種変更のいずれも未定。

[11:58 10/18]

ドコモ、ジョジョ30周年記念の限定コラボスマートフォン「JOJO L-02K」

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「JOJO L-02K」(LGエレクトロニクス製)を発表した。人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年記念モデルとなり、発売は2018年1月以降となる。詳細は12月に発表する予定で販売台数や端末価格は未定。

[11:56 10/18]

ドコモからXperia XZ1やXZ1 Compact登場、XZ Premiumの新色ロッソも

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「Xperia XZ1 SO-01K」や「Xperia XZ1 Compact SO-02K」、「Xperia XZ Premium」新色Rosso(いずれもソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表した。XZ1は11月上旬、XZ1 Compactは11月中旬に、XZ Premium新色は10月27日に発売予定。

[11:54 10/18]

ドコモ限定モデル「Galaxy Feel」に新色オーロラグリーン

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン製)の新色オーロラグリーンを発表した。11月上旬の発売予定で、端末価格は一括で2万円~3万円台(docomo with対象機種)。

[11:49 10/18]

ドコモ、フルHD IGZO搭載の定番モデル「AQUOS sense」を11月発売

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「AQUOS sense SH-01K」(シャープ製)を発表した。フルHDディスプレイを搭載した唯一の「docomo with」対象機種で、コストパフォーマンスに優れたモデルとなっている。11月上旬発売予定で、端末価格は一括で2万円~3万円台。

[11:47 10/18]

背面ロゴもなし! 超シンプルデザインになった高品質スマホ「MONO」

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表した。ドコモ主導で開発されたオリジナルスマートフォンの第2弾で「docomo with」の対象機種となる。12月上旬の発売予定で、端末価格は一括で2万円~3万円台(docomo with対象機種)。

[11:45 10/18]

ドコモ、「らくらくスマートフォン me」がdocomo with対象機種に!

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「らくらくスマートフォン me F-03K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表した。らくらくスマートフォン初の「docomo with」対象機種となり2018年1月以降の発売予定。端末価格は一括で2万円~3万円台(docomo with対象機種)。

[11:44 10/18]

ドコモ、電源ボタンに操作センサーを埋め込んだ高機能スマホ「arrows NX」

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表した。大人向けの落ち着いたデザインのボディに先進機能を詰め込んだモデルだ。12月上旬発売予定で、端末価格は、MNPが2万円台後半、新規契約・機種変更が3万円台後半(月々サポート適用時)。

[11:40 10/18]

「Disney Mobile」は90周年特別モデル、ミッキーのブラックカラー追加

NTTドコモは10月18日、Androidスマートフォン「Disney Mobile on docomo DM-01K」(LGエレクトロニクス製)を発表した。2018年1月以降に発売予定。端末価格は、MNP、新規契約・機種変更のいずれも未定。2018年の冬春モデルは、ミッキーマウスのスクリーンデビューから90周年を記念した限定モデルとなる。

[11:37 10/18]

ソフトバンク、iPhoneに続きAndroidスマホも半額サポート

ソフトバンクは10月17日、Android搭載スマートフォンの機種代金が最大半額となる「半額サポート for Android」を発表した。ソフトバンクの2017-18年冬春モデルの1つである「Xperia XZ1」の発売に合わせて、11月上旬以降に提供開始する。対象となるのはXperia XZ1、AQUOS R、AQUOS R compactで、対象機種は今後順次拡大する予定。

[17:11 10/17]

ソフトバンク、1週間以上の電池持ちうたう「DIGNOケータイ2」

ソフトバンクは10月17日、折りたたみ式のフィーチャーフォン「DIGNOケータイ2」(京セラ製)を発表した。IPX5/IPX8の防水とIP5Xの防じん性能を備えるほか、大容量バッテリーの搭載により1週間以上の電池持ちをうたう。12月中旬の発売を予定する。

[17:10 10/17]

ソフトバンクも「Xperia XZ1」を販売 - Android 8.0搭載、半額サポート対象

ソフトバンクは10月17日、2017~18年冬春商戦向けの新製品として、ソニー製5.2型スマートフォン「Xperia XZ1」を発表した。11月上旬以降発売する。「Xperia XZ1」は、OSにAndroid 8.0を搭載する5.2型スマートフォン。メインカメラにメモリ積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載したMotion Eyeカメラシステムを採用。スーパースローモーション機能を搭載し、最大960fpsでの動画撮影が可能となっている。

[17:10 10/17]

ソフトバンクが「AQUOS R compact」を取り扱い - 4.9型の狭額縁スマホ

ソフトバンクは10月17日、2017~18年冬春商戦向けの新製品として、シャープ製の4.9型スマートフォン「AQUOS R compact」を発表した。12月下旬以降に発売する。AQUOS R compactは、コンパクトなきょう体に狭額縁で4.9型のディスプレイを備えつつ、持ちやすいラウンド形状を実現した。ディスプレイにはハイスピードIGZO液晶を使用しており、動画や画面スクロール時の残像を抑えた滑らかな表示を可能にしている。

[17:10 10/17]

ソフトバンク、LTE対応の8インチタブレット「MediaPad M3 Lite s」

ソフトバンクは10月17日、2017-18年冬春モデルとなるスマートフォン、タブレット端末の一つとして、8インチWUXGA(1,920×1,200ドット)液晶を採用したファーウェイ製のタブレット「MediaPad M3 Lite s」を発表した。2018年1月下旬以降の発売予定。本体カラーはホワイトのみで展開する。

[17:09 10/17]

ソフトバンク、シャープ製「AQUOS R」に新色のオパールブルーなど3色追加

ソフトバンクは10月17日、5.3インチのAndroidスマートフォン、シャープ製「AQUOS R」の新色として、「オパールブルー」「オーロラピンク」「カッパーブラック」の3色を発表した。発売は11月中旬以降。AQUOS Rは、120Hz駆動の「ハイスピードIGZO液晶」をディスプレイに採用。動きの激しい動画や画面スクロール時に起こる文字の残像を抑える。

[17:09 10/17]

KDDI、VRを楽しめるサムスンの「Galaxy Gear VR」を販売開始

KDDI、および沖縄セルラーは10月26日から直営店にて、スマートフォンを内部に装着して使うゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Galaxy Gear VR with Controller」を販売する。販売価格は税込16,740円(※)。Galaxy Gear VRは、「Galaxy Note8」などの対応スマートフォンと組み合わせると、VRコンテンツが体験できるゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ。

[14:22 10/11]

KDDIがAndroid 8.0アップデート製品を発表、対応スマホは?

KDDI、沖縄セルラーは10月11日、Android 8.0へOSアップデート予定のスマートフォン製品を発表した。アップデートの開始時期、実施方法、利用可能な機能の詳細は提供準備が整い次第、KDDIのWebサイトにて公開する。Android 8.0では、スマートフォンの起動がより高速になる。また、バックグラウンドで動作するアプリの管理をより徹底し、無駄な動作を抑制。バックグラウンドで動くアプリの影響によるパフォーマンスの減退やバッテリー消費を抑えられる。

[12:10 10/11]

KDDI、シンプル多機能でコスパ抜群のシャープ製スマホ「AQUOS sense」

KDDI、沖縄セルラーは10月11日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS sense」の取り扱いを発表した。発売は11月上旬。端末価格は32,400円(以下すべて税込)。新規、MNP、機種変更での24回分割払いの実質負担金額は月々675円(総額16,200円)となる。

[11:50 10/11]

KDDI、ペン対応の約6.3インチスマホ「Galaxy Note8」を10月26日に発売

KDDI、沖縄セルラーは10月11日、極狭べセルによる6.3型ディスプレイを搭載し、ペン入力に対応したAndroidスマートフォン「Galaxy Note8(SCV37)」(Samsung Electonics製)を10月26日に発売すると発表した。au Online Shopでの端末価格は税込118,800円。

[11:24 10/11]

KDDI、Android 8.0 Oreo搭載5.2型スマートフォン「Xperia XZ1」

KDDI、沖縄セルラーは11日、5.2インチ(フルHD)のディスプレイと最新Androidを搭載したAndroidスマートフォン「Xperia XZ1」の取り扱いを発表した。2017年9月にドイツで開催した国際コンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2017」と合わせて発表された製品。海外版と大きな機能差はない。

[10:37 10/11]

auショップで「Google Home」購入可能に、10月6日から

KDDI、沖縄セルラーは10月6日から、「Google Home」の販売を開始すると発表した。また同日より、「Google Home Mini」の予約受け付けも開始し、こちらは10月23日に発売する。価格はGoogle Homeが14,000円(税別)、Google Home Miniが6,000円(税別)。auショップ、auオンラインショップ、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店にて、購入や予約の申し込みが行える。

[14:42 10/5]

バックナンバー

このカテゴリーについて (スマホとデジタル家電>携帯キャリア)

 トップへ
NTTドコモ、au (KDDI)、ソフトバンク、Y!mobile (ワイモバイル)に関する情報を集約。スマートフォンなどの端末製品や料金プラン、キャンペーン、割引情報などを掲載。

人気記事

一覧

新着記事