マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | デジカメ | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年03月27日(月)

上海問屋、20灯のLEDライトを搭載した折り畳みコンパクト撮影ボックス

ドスパラは27日、同社が運営する「上海問屋」にて20灯のLEDライトを搭載した撮影ボックス「DN-914743」を発売した。バックスクリーンは白と黒の2種類が付属し、用途に会わせて選択できる。また、本体は折りたたみが可能で、コンパクトに収納できる。価格は税込3,999円。

[17:03 3/27]

GoProの手持ちスタビライザー「Karma Grip」、日本での発売日と価格が決定

GoProは、手持ちスタビライザー「Karma Grip」の日本における発売日を3月31日に決定した。価格は税別41,000円。GoProのアクションカメラをマウントして使うハンディタイプのスタビライザーで、原稿執筆時点では、「HERO5 Black」「HERO4 Black」「HERO4 Silver」に対応している。手元のボタンでは、カメラの電源オンオフや、撮影開始/停止などの操作が行える。

[15:12 3/27]

2017年03月24日(金)

FUJIFILM SQUARE、オープン10周年を記念した珠玉の写真展

富士フイルムは3月24日から、東京ミッドタウン本社に併設されている複合型ショールーム「FUJIFILM SQUARE」において、オープン10周年を記念した「開館10周年記念写真展」開催する。1年間にわたり、テーマを変えながら12の特別企画展を行っていく。

[21:37 3/24]

「PENTAX KP」夜景撮影レビュー - 高感度性能と強力な手ブレ補正が圧倒的

対応最高感度ISO819200。他社の同クラス新製品が最高感度ISO12800を謳っている中にあって、「PENTAX KP」のそれは衝撃的なフレーズだった。そして、CP+2017レポート記事の「リコー広報によれば、1/10秒でも手持ちで撮れます」という一文も、半信半疑的な意味合いも含めて話題となった。今回は、それら事前情報を検証すべく、PENTAX KP実機で夜景撮影に臨んだ。

[12:00 3/24]

2017年03月23日(木)

オリンパスの写真加工サイト「SWEET PHOTO」が刷新、イラストは長場雄氏

オリンパスは3月23日、写真加工・共有サイト「SWEET PHOTO」のリニューアルを実施した。トップページのアイコンに、イラストレーターの長場雄氏による描き下ろしイラストを使用したほか、ロゴデザインも変更している。また、写真加工用のコンテンツとして、長場雄氏の描き下ろしスタンプ10種類を新たに公開した。

[23:01 3/23]

キヤノン、カメラを切り口に生き物について学べる「アニマリウム」を公開

キヤノンマーケティングジャパンは3月21日、写真撮影の疑似体験を通して学べる環境教育ウェブサイト「アニマリウム」を公開した。Webサイト上の仮想空間(山、川、海、町)の中で、生き物や自然の不思議を探して見つけ、写真を撮るという疑似体験を通して、生物多様性について学べる。

[14:14 3/23]

2017年03月21日(火)

カシオ「EXILIM」、女子向けカメラ「EX-FR100L」購入者に全員プレゼント

カシオ計算機の分離合体デジタルカメラ、「EXILIM EX-FR100L」の発売記念キャンペーンが始まっている。EX-FR100Lの購入者にもれなく、EX-FR100L用のアタッチメントを1つプレゼント。応募にはカシオのファンサイト「カシオメンバーズ」への無料登録が必要となり、応募期間は2017年6月30日(金)23時59分までだ。

[07:00 3/21]

2017年03月18日(土)

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」レビュー - 水滴の中の風景も撮れる超接写体験

花や昆虫、アクセサリーなど小さなものの接写に欠かせないマクロレンズ。近ごろは等倍を超える、撮影倍率が非常に高い製品も増えてきた。今回使ったのは、強力なマクロレンズのひとつ、オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」。クラス最高の撮影倍率2.5倍でどんな写真が撮れるのか、実写レビューをお伝えしよう。

[09:00 3/18]

2017年03月17日(金)

「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」は4月7日発売、価格も決定

シグマは、35mmフルサイズ対応の単焦点レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」の発売日を、4月7日に決定した。価格は175,000円(税別)。シグマのレンズプロダクトライン「Art」に属する単焦点レンズで、製品自体は2月21日に発表していたもの。レンズパワー配置の最適化により色収差を抑え、高い解像力で描写するという。

[18:47 3/17]

2017年03月13日(月)

家の外にも写真を持ち出せる、おもいでばこ新製品「PD-1000S」シリーズ

バッファローは3月9日、デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」の新製品「PD-1000Sシリーズ」を発表した。記憶容量が1TBの「PD-1000S」と、2TBの「PD-1000S-L」となる。発売は3月下旬。価格はオープンで、バッファローダイレクト価格(税込)はPD-1000Sが37,584円、PD-1000S-Lが49,680円。

[14:23 3/13]

2017年03月10日(金)

自撮り最前線! ふんわり派の「SNOW」とこってり派の「BeautyPlus」で"目ぐるぐる"比べ

2016年は「自撮りアプリ」の登場で、スマホで自撮りする人が一気に増えました。特に「SNOW」の快進撃はまだ続いており、猫やうさぎの耳が付いている顔やキラキラ加工が施された画像がSNSに投稿されています。しかし今年3月に入り、「こってり」加工される自撮りアプリが急上昇してきました。

[13:24 3/10]

2017年03月07日(火)

キヤノン、小学生向け写真教室「ジュニアフォトグラファーズ 2017」を開催

キヤノンは、小学生向けの写真教室「ジュニアフォトグラファーズ2017」の開催を発表した。現在、参加校および団体を募集しており、募集期間は4月20日まで。参加費用は無料。

[21:38 3/7]

新Xperiaのカメラシステム「Motion Eye」を開発陣に聞く

ソニーモバイルコミニュケーションズがMobile World Congress(MWC) 2017で発表したXperiaスマートフォン「Xperia XZ Premium」や「Xperia XZs」。この2モデルはカメラシステムとして新たに「Motion Eye」を搭載。Gレンズ、センサー、画像処理エンジンBIONZ for mobileを一新し、システム全体としてブランド名をつけたものだ。今回の新Xperiaには、Motion Eyeによってもたらされた多くの新機能が詰め込まれている。特徴を開発陣に聞いた。

[16:23 3/7]

Adobe Lightroom mobileに「RAW HDR撮影モード」

アドビ システムズは3月7日、Lightroom mobileに新機能「RAW HDR撮影モード」を追加した。同日より提供を開始した、iOS版バージョン2.7およびAndroid版バージョン2.3に搭載され、無料で利用できる。

[10:30 3/7]

2017年03月06日(月)

「SIGMA sd Quattro H」にレンズキット、Artシリーズ2モデル

シグマは3日、APS-Hサイズの大型センサーを搭載する高画質デジタル一眼カメラ「SIGMA sd Quattro H」のレンズキット2モデルを発表した。3月17日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格はいずれも税別190,000円前後。

[19:00 3/6]

シグマのTTL対応クリップオンストロボ、キヤノン用が3月17日発売

シグマは3日、ガイドナンバー「63」の大光量クリップオンフラッシュ「ELECTRONIC FLASH EF-630」のキヤノン用モデルを発表した。3月17日より発売する。価格は50,000円(税別)。

[18:58 3/6]

こんな写真を撮ってみよう - 超広角・全天周・超高感度、個性豊かな分離合体カメラ「EXILIM FR」3兄弟

カシオの分離合体デジタルカメラ「EXILIM FR」シリーズの超広角カメラ「EX-FR100」、全天周カメラ「EX-FR200」、超高感度カメラ「EX-FR110H」。ユニークな写真が撮れると評判の3機種を試そうと、ライターの山田井ユウキとマイナビニュース編集部が、江川海岸へと出かけた。果たしてどんな旅となったのか?

[11:07 3/6]

2017年03月01日(水)

「SHOW BY ROCK!!」の二大バンドとカシオ「EXILIM」のコラボカメラ

アドワークスは28日、カシオ計算機のデジタルカメラ「EX-Z900SR」と、人気アニメ「SHOW BY ROCK!!」とのコラボレーションモデル(2機種)を発表。3月1日から各モデル100台限定で発売した。価格は25,000円(税別)。

[19:36 3/1]

2017年02月28日(火)

Lightroom Mobileで夜景写真をRAW現像 - Adobe エバンジェリスト直伝テク

CP+2017に合わせて開催された「Adobe Photo Talk, Walk and Fork」に参加してきた。Adobeのエバンジェリストを招き、Talk (座学)、Walk (撮影)、Fork (懇親会) の3パートで構成されたセミナーだ。講師は、Photoshop 2.0時代からAdobeで開発に関わってきたJulieanne Kost氏である。

[21:15 2/28]

CP+2017 - SNS時代の写真家・保井崇志氏とAKB48の竹内美宥さんによるスペシャルトーク、Lightroom編集のコツとSNSアップの裏ワザとは

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」が2月23日から26日にかけ、パシフィコ横浜で開催された。アドビのブースでは25日、AKB48 チームBの竹内 美宥さん、写真家の保井崇志氏を迎えてスペシャルトークセッションを開催。Adobe Lightroomを使った現像や、SNSに写真を公開する際のコツなど濃密なトークが繰り広げられた。

[14:38 2/28]

Lexar、UHS-II対応のmicroSDカード - リード最大150MB/秒

Lexarは2月27日(現地時間)、microSDXC/SDHCカード「Professional 1000x microSDHC / microSDXC UHS-IIカード」を発表した。256GB、128GB、64GB、32GBの4モデルを用意する。日本での発売日や価格は未定。アメリカでは、第1四半期に256GBモデルが349ドルで販売される予定だ。

[14:34 2/28]

CP+2017 - 今年もありがとうございます! コンパニオンさん写真集(その5)

CP+2017のコンパニオンさん写真集、今回でおしまいです。撮影にご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。来年もまた、CP+2018でお会いしましょう!!

[11:21 2/28]

CP+2017 - 気になったカメラバッグたち、普段使いできるカジュアルなバッグが勢ぞろい

23日から26日にかけてパシフィコ横浜で開催されたカメラと写真映像の祭典「CP+」。多くのメーカーがカメラやレンズを出展していたが、それ以外にも様々な関連アクセサリが展示されていた。ここではカメラバッグに注目。

[11:04 2/28]

CP+2017 - 気になった三脚たち、進化を続けるトラベル三脚に注目

パシフィコ横浜にて23日から26日にかけ開催されたカメラと写真映像の祭典「CP+2017」。カメラはもちろん、三脚やカメラバッグといった関連アクセサリも数多く展示されていた。一気に見て回れるのはCP+ならではの特権である。

[10:05 2/28]

2017年02月27日(月)

CP+2017 - 今年もありがとうございます! コンパニオンさん写真集(その4)

2017年のCP+2017も幕を閉じました。会場に出かけた皆さん、心をくすぐる製品には出会えたでしょうか。毎年ちょっとずつ新しい試みを入れてくるCP+、気が早いですが来年(2018年)も楽しみですね。

[00:52 2/27]

CP+2017 - カールツァイスは超広角レンズ、フォクトレンダーはソニーEマウント用を3本

CP+2017のコシナブースは、今年もカールツァイスとフォクトレンダーに分割した展示。カールツァイスからは一眼レフ用マニュアルフォーカスレンズの「Milvus」(ミルバス)シリーズ、フォクトレンダーはソニーEマウント用のフルサイズ対応レンズが展示されていた。

[00:03 2/27]

2017年02月25日(土)

CP+2017 - 今年もありがとうございます! コンパニオンさん写真集(その3)

わかっちゃいたけど、改めて写真を整理するとたくさん撮ってるんだなあ。コンパニオンさんたちの笑顔を収めるのもれっきとした仕事なんです。ではフォトギャラリー第3弾をお送りします!

[23:58 2/25]

CP+2017 - EIZO、お手軽カラーマッチング印刷「Quick Color Match」の体験が人気

CP+では毎年ブースを構えているEIZOだが、今年はCP+に合わせた新製品は一休み。そのぶん、セミナーや実体験を重視したブースの構成と内容だった。

[23:28 2/25]

Lightroomで写真改善! ビフォーアフター - トマトを完熟にする【前編】

この写真を撮影したのは、春を少し過ぎたあたり。緑に包まれた畑の中に赤みを帯びたトマトを発見、ここぞとばかりにシャッターを切った。しかし、画像を開いてみると、まだまだ赤みの足りないトマトは周辺の緑に負けて、あまり目立たない……。

[21:00 2/25]

CP+2017 - メモリーカード系まとめ、SDアソシエーションが速度2倍の「UHS-III」規格を発表

CP+には毎年、ストレージ系、特にSD/SDHC/SDXCメモリーカードのメーカーが多く出展するが、CP+2017の大きなトピックはSDアソシエーションから発表された新規格「UHS-III」だ。

[20:54 2/25]

CP+2017 - 今年もありがとうございます! コンパニオンさん写真集(その2)

2月25日(土)と26日(日)のCP+は、たくさんの来場者で賑わうことでしょう。土曜日は18時までですが、日曜日は17時までなので注意してください。お目当ての製品があれば、早めにタッチ&トライの列に並ぶことをおすすめします。

[19:54 2/25]

CP+2017 - Synology、メモリカードを自動バックアップするNAS製品が注目を集める

CP+2017のSynologyブースは、CP+2017というイベントの中では一風変わった展示。高機能・高性能なNASキットで知られるSynologyは、いわば「写真の保存」に特化したアピールを行っていた。

[18:48 2/25]

CP+2017 - ベンキュー、写真/デザイン向けの高解像度な液晶ディスプレイ

CP+2017のベンキュージャパンブースでは、撮影した画像の確認、編集に向いた液晶ディスプレイ製品を展示。もっとも目立つ位置にあったのが、新製品となるフォトグラファー向けの「SW320」だ。今回のCP+2017で初披露となる。

[18:24 2/25]

CP+2017 - シグマ、未発売のフルサイズ対応レンズ4本を展示

CP+2017のシグマブースでは、先日発表されたフルサイズ対応のレンズ(4本)が展示されていた。これら4本のレンズは、今回のCP+2017で初めて一般に公開されるレンズだ。

[17:42 2/25]

CP+2017 - タムロン、期待の「SP 70-200mm F/2.8」「10-24mm F/3.5-4.5」

CP+2017のシタムロンブースでは、先日発表された「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」、「10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (ModelB023)」を試用できた。

[17:22 2/25]

CP+2017 - トキナー、ソニーEマウントフルサイズ用の20mm F2単焦点レンズ

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中のCP+2017、ケンコートキナーブースのトキナーコーナーでは、発売されたばかりのレンズ「FiRIN 20mm F2 FE MF」が展示されていた。

[17:02 2/25]

CP+2017 - 今年もありがとうございます! コンパニオンさん写真集(その1)

今年もCP+2017が無事に開幕しました。例年と比べて各社の新製品が少ないような気がして寂しいところもありますが、会場の熱気にはそんなこと関係なし。我々がコンパニオンさんを愛でる心にも関係ないのです。

[16:41 2/25]

2017年02月24日(金)

リコー、CP+2017で「PENTAX KP」の高感度性能アピール

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。リコーブースでは、驚異のISO感度819200に対応した一眼レフ「PENTAX KP」、360°全方位カメラの元祖にして圧倒的人気を誇る「THETA」(シータ) を中心に展示している。

[21:03 2/24]

CP+2017 - オリンパス自信作「OM-D E-M1 Mark II」をあらゆる角度から体験

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。オリンパスブースでは、フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」を集中的に展示していた。

[16:50 2/24]

CP+2017 - ソニー、最新「FE 100mm STF GM」で美ボケ・ポートレート試写

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。ソニーはキヤノン、ニコンよりも大きな会場最大のブース面積で、「α」シリーズにかける本気度を示した。

[16:42 2/24]

CP+2017 - 日本マイクロソフト、最大10万円引き特典を用意したSurface Bookをイチオシ

パシフィコ横浜にて開催の、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」に日本マイクロソフトが出展。「CP+にMicrosoft? ハテ?」と思ってブースに行ってみると、そこは「Surface Bookブース」といわんばかりの展示だった。

[15:23 2/24]

CP+2017 - エプソン、写真のプリンター出力と展示のツボを提案

これまでCP+のエプソンブースは、なんとなく「カメラや写真のハイアマチュアユーザー」を中心とした展示と構成だった。CP+2017でも、そうした内容は変わらないが、より一般ユーザー向けの展示と、幅広い活用提案が印象的だった。

[12:57 2/24]

CP+2017 - パナソニック「LUMIX GH5」のスゴさに鳥肌、6K PHOTOを体験可

パシフィコ横浜で2月23日から開催中の「CP+2017」。初日から多くの人でにぎわっているパナソニック・LUMIXのブースを紹介しよう。最新のLUMIXや交換レンズをタッチ&トライできるほか、同社の推す4K動画や新しい「6K PHOTO」の楽しみ方も学べる内容となっている。

[11:28 2/24]

CP+2017 - ワコムはペンタブ製品のじっくりタッチ&トライ、プロのセミナーも好評

カメラと写真のワールドプレミアショー「CP+2017」が23日、パシフィコ横浜で開幕した。ワコムのブースでは、写真家がレタッチに活用できる「Wacom MobileStudio Pro」シリーズの新製品などを紹介。各種のセミナーも開催されている。

[11:11 2/24]

CP+2017 - キヤノン、発売前の「EOS M6」タッチ&トライを実施

2月23日からパシフィコ横浜でパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」。本稿では、キヤノンのブースの様子をお届けする。同社のEOSシステムは今年で30周年を迎える。

[10:20 2/24]

CP+2017 - ひときわ華やかなカシオ、女性向けカメラをメインに!

CP+2017のカシオブースでは、先日発表されたばかりの女性向けコンパクト機「EX-FR100L」と「EX-ZR3200」をメインに展示。これらの新製品を使用した新しい自分撮り体験コーナーが人気だ。

[09:35 2/24]

パナソニック「LUMIX GH5」インプレッション - 決定的瞬間を高画素で切り取る「6K PHOTO」の実力

パナソニックから、同社ミラーレス最上位機「LUMIX GH5」が発表された。2014年発売の「LUMIX GH4」の後継機にあたり、機能や操作性、画質などあらゆる部分が向上。特に、4K/60pの動画をクロップなしで撮影できることや、4:2:2 10bitの4K本体記録、6K PHOTO対応などは大きな進化だ。

[09:00 2/24]

2017年02月23日(木)

CP+2017 - 富士フイルム、中判ミラーレス「GFX」に長蛇の列、チェキからフォトブックまで写真文化を総合力で支える

CP+2017の富士フイルムフジフイルムブースでは、話題の中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」が大人気。初日の午前中(プレス&招待者のみ)にも関わらず、タッチ&トライコーナーは60分待ちを超えたほど。

[22:06 2/23]

CP+2017 - Adobe、数年ぶりの出展はステージを使ったプレゼンがメイン

2月23日から神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」。本稿では、久々の出展となったアドビシステムズのブースの様子をお届けする。

[18:34 2/23]

CP+2017 - ニコン、今年は新製品を展示せず、セミナーとハンズオンに注力

2月23日から神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」。本稿では、今年100周年を迎えるニコンイメージングジャパンのブースの様子をお届けする。

[17:25 2/23]

バックナンバー

人気記事

一覧

新着記事