マイナビニュース | スマホとデジタル家電 | デジカメ | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年11月20日(月)

富士フイルム、チェキ購入者にキャッシュバックキャンペーン

富士フイルムは2017年11月17日から2018年1月8日までの期間で、「"チェキ"を買うなら今がチャンス! "チェキ"キャッシュバックキャンペーン」を実施中だ。対象のチェキを購入すると、最大で3,000円のキャッシュバックを受けられる。応募には、製品購入時のレシート(領収書)、パッケージの製品コード記載部の切り取りが必要だ。

[12:07 11/20]

2017年11月17日(金)

【特別企画】カシオ計算機 VS マイナビニュース!(再戦) - 絶対に負けられない写真3番勝負!

熱心なカシオ&マイナビニュースファンであれば、カシオとマイナビニュースの写真対決の結果は記憶に新しいだろう。"マイナビニュース編集部の5連敗"というまさかの結末となった前勝負。最後には土下座までして、再戦の約束を取り付けた。今回はその、いわば"泣きの一戦"となる。またまた、編集部の全敗となるのか、それとも一矢報いるのか、勝敗を決めるのはあなただ!

[11:19 11/17]

「LUMIX G9 PRO」と「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8」の実機に触ってきた!

11月16日、パナソニックは都内会場にて、ミラーレスデジタル一眼カメラ「LUMIX」シリーズの新製品発表会を開催した。発表されたのは、レンズ交換式ミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル「LUMIX G9 PRO」と、マイクロフォーサーズ用の交換望遠レンズ「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8/POWER O.I.S.」だ。実機の写真を存分にご紹介しよう。

[09:32 11/17]

キヤノン公式グッズ、続々 - 「EF70-200 F1.2 L USM」マグカップなど

キヤノンマーケティングジャパンから、各種の「キヤノン公式グッズ」が続々と登場。カメラやレンズなど、キヤノン製品をベースにデザインした実用グッズがそろっている。これまでアニバーサリー的なタイミングで限定販売されたことはあったが、すぐに売り切れてしまうような人気だった。今回、正式な製品ラインナップとなることで、キヤノンのファンにはたまらないアイテムになりそうだ。

[08:56 11/17]

2017年11月16日(木)

パナソニック、1.4xテレコン同梱レンズ「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8」

パナソニックは19日、マイクロフォーサーズ規格の超望遠単焦点レンズ「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8/POWER O.I.S.」(品番:H-ES200)を発表した。12月14日から受注生産で発売する。価格は420,000円(税別)。

[15:22 11/16]

パナソニック、レンズ交換式ハイエンドミラーレス「LUMIX G9 PRO」

パナソニックは11月16日、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新製品として、レンズ交換式ミラーレスカメラのフラッグシップモデル「LUMIX G9 PRO」を発表した。マウントはマイクロフォーサーズ。ボディ単体(DC-G9)と、レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.」を同梱するレンズキット(DC-G9L)を用意。2018年1月25日に発売し、価格はオープン。推定市場価格(税別)は、ボディが210,000円前後、レンズキットが290,000円前後。

[15:09 11/16]

2017年11月15日(水)

PENTAXの一眼レフカメラ購入者に最大20,000円をキャッシュバック

リコーイメージングは、「PENTAX 一眼レフ&レンズ プレミアムキャッシュバックキャンペーン」を11月17日から実施する。2017年11月17日から2018年1月14日までの期間で、対象の一眼レフカメラやレンズを購入した人に、最大で2万円をキャッシュバックする。キャンペーンに応募するには、同社発行の製品保証書のコピー、レシート(領収書)、パッケージの製品コード記載部の切り取りが必要だ。

[12:43 11/15]

2017年11月14日(火)

【特別企画】カシオの新タフネスカメラブランド「G'z EYE」 - 開発陣&デザイナーによるマル秘トーク(後編)

カシオの新タフネスカメラブランド「G'z EYE(ジーズ・アイ) GZE-1」が、いよいよ発売。そこで今回は、GZE-1開発スタッフから商品企画、デザイン、アプリケーションの各分野におけるキーマンを招集。それぞれの視点から、その熱い思いを語っていただいた。本稿では、「GZE-1」のタフネス性能の秘密や、世界観を踏襲したスマホアプリについて、より深い話をうかがったので、インタビュー後編として、その模様をお届けしたい。

[10:21 11/14]

2017年11月13日(月)

キヤノン、「写真新世紀2017年度」グランプリ決定 - 写真の展示会も

キヤノンは11月13日、新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀2017年度(第40回公募)」のグランプリ作品を発表した。グランプリを受賞したのは、トロン・アンステン氏とベンヤミン・ブライトコプフ氏による動画作品「17 toner hvitt」だ。

[19:40 11/13]

【特別企画】半日でプロ級の写真が撮れる!? - 手ぶら参加OKのフォトジェニックツアーに潜入

10月25日、クラブツーリズム主催の「お台場ヴィーナスフォート☆フォトジェニックシーンと夕景撮影」が開催。フォトグラファーこばやしかをる先生によるカシオのEXILIM「EX-ZR4100」を使ったおしゃれなスナップ撮影のレクチャーとSNS映えする撮影ができるとのことで、実際に参加してきました。

[12:47 11/13]

2017年11月10日(金)

【特別企画】カシオの新タフネスカメラブランド「G'z EYE」 - 開発陣&デザイナーによるマル秘トーク(前編)

カシオの新タフネスカメラブランド「G'z EYE(ジーズ・アイ) GZE-1」が、いよいよ発売。そこで、GZE-1開発スタッフから商品企画、デザイン、アプリケーションの各分野におけるキーマンを招集。それぞれの視点から、その熱い思いを語っていただいた。本稿では、前編として開発背景や、デザインする上でのこぼれ話などを伺った、インタビューを中心にお届けしたい。

[12:33 11/10]

2017年11月09日(木)

シグマ、大口径広角単焦点「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」の発売日と価格を公開

シグマは11月9日、ミラーレスカメラ用の大口径広角単焦点レンズ「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」について、発売日と価格を公開した。このレンズは2017年10月24日に発表されていたものだ。マイクロフォーサーズ用とソニーEマウント用を用意。11月22日より発売し、価格は57,000円(税別)となる。

[20:59 11/9]

キヤノン「PowerShot G1 X Mark III」、物欲そそられレビュー

キヤノンからコンパクトデジタルカメラの話題作「PowerShot G1 X Mark III」が11月下旬に発売される。注目は、手のひら大の薄型軽量ボディにもかかわらず、APS-Cサイズの大型センサーと光学3倍ズームを搭載したこと。既存製品との比較も交えつつ、試作機による外観レビューをお伝えしよう。

[17:30 11/9]

2017年11月06日(月)

ニコン、創立100周年記念キャンペーン - レンズ購入で最大10,000円を還元

ニコンイメージングジャパンは11月6日、ニコン創立100周年を記念したキャンペーン「ニッコールレンズキャッシュバック!キャンペーン」を発表した。2017年11月10日~2018年2月28日の期間で実施。キャンペーン期間中に対象商品を購入し必要書類を揃えて応募すると、最大10,000円がキャッシュバックされる。

[18:26 11/6]

ニコン、創立100周年記念キャンペーン - プロ写真家とフォトツアー

ニコンイメージングジャパンは11月6日、ニコン創立100周年を記念したキャンペーン「第5回 ニッコールレンズフォトツアー ご招待!キャンペーン」を発表した。2017年11月10日~2018年1月14日の期間で実施。キャンペーン期間中に対象商品を購入して応募すると、応募者の中から抽選で200名を、国内外有数のフォトスポットをプロ写真家と一緒に旅するフォトツアーに招待する。

[18:26 11/6]

ニコン、創立100周年記念キャンペーン - 豪華賞品が800名に当たる

ニコンイメージングジャパンは11月6日、ニコン創立100周年を記念したキャンペーン「サンクスグッズプレゼント!キャンペーン」を発表した。2017年11月10日~2018年1月14日の期間で実施する。キャンペーン期間中に対象商品を購入して応募すると、抽選で800名に、数字の100、または100周年にちなんだ景品がプレゼントされる。

[18:25 11/6]

2017年11月02日(木)

24時間単位でデジタルカメラに保険をかけられるアプリ「Warrantee Now」

Warranteeは11月1日、24時間単位でデジタル製品に保険をかけられるサービス「Warrantee Now(ワランティーナウ)」をリリースした。11月2日時点で、保険をかけられる製品は、発売から3年以内のデジタルカメラとアクションカメラ652製品。キヤノンやニコン、ソニーなど、国内主要メーカーのデジタルカメラをそろえており、自然故障や破損、水濡れに対応する。今後は、紛失や盗難にも対応を予定する。

[11:42 11/2]

2017年11月01日(水)

新しい「Adobe Photoshop Lightroom CC」、何がどう変わった?

アドビシステムズは、クラウドベースで開発された新しい写真サービス「Adobe Lightroom CC」を発表した。デスクトップ、モバイル、Webにて、いつでも写真にアクセスできるのが特徴で、Adobe Senseiによる検索についても機能が強化されている。10月31日にメディア向け説明会を開催し、新製品の詳細、および従来版のアップデートについて説明した。

[19:36 11/1]

キヤノン、大判プリンターでA2やB0ノビ印刷を気軽に試せるキャンペーン

キヤノンマーケティングジャパンは11月1日より、東京都新宿区のデジタルプリントラボ「TokyoLightroom (トーキヨーライトルーム)」にて、「imagePROGRAF PRO レンタルラボトライアルキャンペーン」を実施する。キャンペーン期間は12月27日まで。

[15:46 11/1]

2017年10月31日(火)

フルサイズコンデジ「ライカ Q」にクラシックなブラック/シルバーモデル

ライカカメラジャパンは10月27日、撮像素子に有効2,420万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラ「ライカ Q」の新色として、「ライカ Q シルバー」を発表した。レンズには「ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.」を搭載。12月に発売の予定で、税込価格は615,600円。

[12:31 10/31]

2017年10月30日(月)

ソニー「α7R III」と「FE 24-105mm F4 G OSS」、実機のたっぷり撮影データで見るファーストインプレッション

2017年10月25日、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズの第3世代となる「α7R III」が発表された。11月25日の発売に先駆け、10月27日にプレス向け、およびソニー・プロイメージングサポート会員向けの体験会が開催された。α7R IIIでの撮影に加えて、撮影データの持ち帰りがOKであったため、今回は撮影データを掲載しつつ、ファーストインプレッションをお送りしよう。

[22:57 10/30]

2017年10月27日(金)

「EOS 5D Mark IV」で美女コスプレイヤー撮影会 - 10月28日・29日開催

キヤノンマーケティングジャパンは、10月28日、29日に東京・池袋で開催される「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」において、本格的な写真撮影を体験できる「ガチ撮影エリア Powered by キヤノンマーケティングジャパン」を出店する。時間は11時から17時まで。料金は無料だが、コスプレ更衣室・荷物置場を利用する場合は、1,000円(税込)がかかる。

[19:40 10/27]

ペンタックス、新世代の「スターレンズ」2本を開発中

リコーとリコーイメージングは10月27日、新世代のスターレンズ「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」と「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8」の2本(ともに仮称) を開発中であると発表した。前者は35mmフルサイズ用の単焦点レンズ、後者はAPS-C用の広角ズームレンズだ。

[17:00 10/27]

カシオ、タフカメラ「GZE-1」購入で純正バッテリーをプレゼント

カシオ計算機は10月27日、対衝撃性能に優れたタフカメラ「GZE-1」に関するキャンペーンを発表した。GZE-1を購入した人にもれなく、GZE-1用の純正バッテリー「NP-150」(希望小売価格は税別5,000円)をプレゼントする。応募期間は2017年10月27日から2018年1月31日23時59分まで。応募には、カシオ計算機の無料会員サイト「カシオメンバーズ」への会員登録が必要だ。

[11:31 10/27]

2017年10月26日(木)

タムロン、「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)」11月16日発売

タムロンは10月26日、35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ対応の超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)」の発売日をアナウンス。11月16日発売となった。マウントはキヤノン用とニコン用を用意。価格は90,000円(税別)。

[20:19 10/26]

オリンパス、ミラーレス一眼「OM-D E-M1 Mark II」のお得なキャンペーン

オリンパスは10月26日、「OM-D E-M1 Mark II 衝撃を体感せよ! キャンペーン」を発表した。開催は2017年11月1日から。キャンペーンでは、ミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M1 Mark II」ボディ、またはレンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズを購入した人にもれなく、最大70,000円分のUCギフトカードを贈呈する。製品購入期間は2017年11月1日から2018年1月31日まで。

[17:43 10/26]

ニコンが逼迫! D850売れすぎで

ニコンは10月26日、デジタル一眼レフカメラ「D850」の出荷が「逼迫状況」にあるとして、同社Webページに「お詫びとお知らせ」を掲載した。想定数量を大きく上回る注文が入ったため、順次出荷しているものの、購入者の手元に届くまで時間がかかっているという。

[14:50 10/26]

オリンパス、「美しくにじむボケ」17mmと45mmの大口径単焦点レンズ

オリンパスは10月26日、マイクロフォーサーズ規格の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」の2本を発表した。希望小売価格はともに税別165,000円。発売時期は、17mm F1.2 PROが1月下旬、45mm F1.2 PROが11月24日を予定している。

[12:43 10/26]

2017年10月25日(水)

ソニー「GMレンズ」体験レポート - SEL1635GMなど4本、一挙に試撮

2016年から登場しているソニーの高級レンズラインナップ「G Master」シリーズ。解像感とボケ味の両立を目指したもので、α7シリーズなどフルサイズセンサーを搭載したEマウント対応ボディを手にしたら、1本は欲しいグレードのレンズだ。

[22:25 10/25]

スマホ写真やインスタ写真を、かっこよく13秒でプリント - 富士フイルムのスマホ用プリンター“スマホdeチェキ”新モデル

富士フイルムは10月25日、正方形の写真プリントに対応したスマートフォン用プリンター「instax SHARE SP-3」を発表しました。メディア向け発表会では、女優・モデルの大政絢さんが作品を披露。タッチ&トライでは実際に使ってみました。

[21:23 10/25]

ソニー、F4通しの標準ズームGレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」

ソニーは10月25日、35mmフルサイズ対応のEマウント用Gレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」を発表した。広角24mmから中望遠105mmまでの焦点域をカバーし、ズーム全域で開放F値をF4とした。日常のスナップ、風景、ポートレート、動画など多彩な撮影シーンでの使用に適している。11月25日より発売する。価格は165,000円(税別)。

[20:32 10/25]

ソニー、三代目「α7R III」 - AFや連写性能を大幅強化、もちろん画質も

ソニーは10月25日、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「α7R III」(Eマウント)を発表した。「α7R」の三代目となり、画質、AF性能、連写能、動画性能、信頼性、操作性などの強化を図っている。11月25日から発売し、価格はオープン、推定市場価格(税別)は370,000円前後の見込み。

[19:42 10/25]

オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」実写レビュー - ビギナーでも手軽に応用機能が使える

オリンパス「OM-D」シリーズの新作として「E-M10 Mark III」が登場した。2015年発売のミラーレス入門機「E-M10 Mark II」の後継であり、小型ボディを継承しつつ、エンジンや撮影機能の強化、操作性の改善などを図っている。その画質や使い勝手はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

[19:33 10/25]

2017年10月24日(火)

シグマ、Contemporaryラインの大口径広角レンズ「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」

シグマは10月24日、大口径広角レンズ「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」を発表した。対応マウントはソニーEマウント、マイクロフォーサーズ。焦点距離は16mmで、35mm判換算ではソニーEマウント(APS-C)で24mm相当、マイクロフォーサーズで32mm相当となる。発売日と価格は未定。

[20:46 10/24]

2017年はミラーレス一眼カメラの販売が好調

GfKジャパンは10月18日、2017年の国内ミラーレス一眼カメラ販売動向を発表した。ミラーレス一眼カメラ市場は2014年以降縮小していたが、2017年1月から9月のデータでは、前年同期比で、販売数量は8%増、売り上げが31%伸びた。なお平均販売価格は、82,000円(以後すべて税別)だった。2016年末以降に発売された100,000円以上のハイエンドモデルが市場をけん引した。

[13:28 10/24]

キヤノン「EOS M100」実写レビュー - 入門機とは思えない実力派ミラーレス

キヤノンから入門者向けミラーレスカメラの新作「EOS M100」が登場した。2015年発売の「EOS M10」の後継にあたり、薄型ボディを受け継ぎながら、センサーの高画素化やAFの高速化を実現。外装をカスタマイズできる多彩なフェイスジャケットや、ネットワーク機能の強化も見どころだ。その実写レビューをお伝えする。

[11:30 10/24]

2017年10月23日(月)

富士フイルム、新機能を追加したチェキ「instax SQUARE SQ10」の新色

富士フイルムは10月23日、2017年5月に発売したハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」のホワイトカラーモデル「instax SQUARE SQ10 WHITE」を発表した。発売は11月17日。価格はオープンで、推定市場価格は31,800円前後(税込)。instax SQUARE SQ10は、インスタントカメラ「チェキ」シリーズとして初めて、デジタルイメージセンサーと画像処理技術を搭載したモデル。

[20:06 10/23]

2017年10月20日(金)

ライカ、インスタントカメラ「ライカ ゾフォート」の特別限定モデル

ライカカメラジャパンは10月20日、写真家・実業家・アートコレクターなどとして活躍するジャン・ピゴッツィ氏とコラボレーションした、インスタントカメラ「ライカ ゾフォート」の特別限定モデルを発表した。この「ライカ ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi」は、を発表した。11月に発売し、税込価格は49,680円。

[16:50 10/20]

2017年10月19日(木)

Adobe、クラウド対応で大幅に機能アップした「Photoshop Lightroom CC」

米Adobeは10月19日(現地時間)、ラスベガスで開催中のカンファレンス「Adobe MAX」において、新しいクラウド型の「Adobe Photoshop Lightroom CC」を発表した。Lightroom CCは、プロカメラマンや写真愛好家を対象にした、写真の編集・整理・補完・共有に対応するソフトウェア。新たなクラウド対応では、デバイス間でのデータの同期や自動タグ付けなどが可能になっている。

[20:12 10/19]

2017年10月18日(水)

ライカ、往年の名玉「ライカ タンバール M f2.2/90mm」を現代アレンジ復刻

ライカカメラジャパンは10月18日、復刻版のオールドレンズ「ライカ タンバール M f2.2/90mm」を発表した。1935年に製造されたタンバールの復刻版となり、独特のソフトフォーカス効果とボケ味などの光学設計をそのままに、現代的なデザインにアップデートしている。11月に発売し、税込価格は842,400円の予定。

[19:51 10/18]

2017年10月17日(火)

キヤノンがEOS 9,000万台、EFレンズ 1億3,000万本の累計生産を達成

キヤノンは、レンズ交換式カメラ「EOS」シリーズの累計生産台数が9月20日に9,000万台に達したと発表した。フィルムカメラとデジタルカメラを合わせて達成した数字となる。また、EOSシリーズ向けの交換レンズ「EFレンズ」の累計生産本数が10月12日に1億3,000万本に到達したことも同時に発表した。

[18:30 10/17]

2017年10月16日(月)

GoProのCOOが語る「インスタ映え」の先にある未来

コンパクトなボディでダイナミックに思い出を残せるアクションカメラを開発してきたGoPro。以前はスポーツ好きの男性を中心に注目を集めていましたが、近年はInstagramで「#goproのある生活」「#gopro女子」といったハッシュタグがつく写真が数多く投稿されるなど、若い女性にも人気が広がりつつあります。日本を含むアジア市場での売り上げが急伸していることから、9月にGoPro COOのCharles "CJ" Prober氏が来日。インタビューの機会を得ました。

[18:09 10/16]

キヤノン、APS-Cセンサー搭載コンデジ「PowerShot G1 X Mark III」

キヤノンは10月16日、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark III」を発表した。キヤノンのコンパクト機において、APS-Cセンサーを採用するのは本機が初となる。11月下旬の発売を予定しており、価格はオープン。キヤノンオンラインショップにおける販売予定価格は税別127,500円。

[13:09 10/16]

2017年10月13日(金)

パナソニック「LUMIX DC-GH5」で撮る「4K HDR」動画の威力

パナソニックが今年3月に発売したミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5」。「LUMIX史上最高画質」や6Kフォトなどの新機能を搭載したフラッグシップモデルだが、9月27日にファームウェアVer.2.0がリリースされ、新機能が追加された。それを受けてパナソニックは10月12日、新機能の一つである「4K HDR撮影」について記者向けに説明会を行った。

[12:47 10/13]

2017年10月12日(木)

衝撃の発表会 - 実機で4m落下実験! カシオの新タフネスカメラ「G'z EYE」

カシオ計算機は10月11日、都内会場にて新タフネスカメラブランド「G'z EYE(ジーズ・アイ)」と、その第一弾となる「GZE-1」の発表会を開催した。GZE-1は、カメラ部とモニター部が分離する「EXILIM FR」シリーズのテクノロジーをベースに、耐衝撃性能や防水性能を徹底的に強化。さらに、単体使用あるいはスマホアプリと連携して使うことを前提に液晶モニターを完全にオプションとするなど、思い切った構成で押し出しを強めた製品だ。

[15:56 10/12]

2017年10月11日(水)

カシオ、新ブランド「G'z EYE」からタフネスカメラ「GZE-1」発表

カシオ計算機は10月11日、タフカメラの新ブランドとして「G'z EYE」(ジーズアイ)を立ち上げ、第1弾の製品として、対衝撃性能などに優れたタフカメラ「GZE-1」を発表した。10月27日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格予想価格は50,000円前後(税別)。各種のアタッチメントなど、多彩なオプションも用意する。

[18:39 10/11]

2017年10月04日(水)

GoProが再びシーンを変える - 「HERO6」は正常進化、「FUSION」はアクションカムの未来だ

「アクションカムでカメラを変えたGoPro、再び」……9月28日に米サンフランシスコでGoProが開催した「FUSION」と「HERO6 Black」の発表会は、そんな期待がふくらむイベントになった。HERO6 Blackは今日のアクションカム市場の要望に答える手堅いアップデートが行われたが、注目すべきはアクションカムの新しい提案と呼べるFUSIONだ。CEOのNick Woodman氏は「最高に自由でクリエイティブなツール」と表現していた。

[15:31 10/4]

2017年10月02日(月)

SNS映えする写真を撮る講座 - キヤノンのミラーレス「EOS M100」

キヤノンマーケティングジャパンは10月2日、レンズ交換式のミラーレスカメラ「EOS M100」を使って、SNS映えする写真の撮り方を紹介する無料イベントを開催すると発表した。イベント会場は品川、名古屋、大阪のキヤノンショールーム。事前予約は不要で、自由参加となっている。

[18:59 10/2]

2017年09月29日(金)

GoProの360度カメラ「FUSION」- 米国などで11月より提供、699.99ドル

米GoProは9月28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催されたスペシャルイベントにて、360度撮影に対応する全天球カメラ「FUSION」を発表した。アメリカ、カナダ、イギリスおよびEU各国でプレオーダーを受け付けており、発送は11月を予定している。日本での発売時期や価格は未定。

[08:29 9/29]

GoProが「HERO6 Black」を発表、4K/60fps撮影やタッチズームに対応

米GoProは9月28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催されたスペシャルイベントにて、アクションカメラの新モデル「HERO6 Black」を発表した。発売は9月29日。希望小売価格は税込59,000円。

[08:06 9/29]

バックナンバー

人気記事

一覧

新着記事