マイナビニュース | ヘルスケア | 心の健康 | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年11月23日(木)

「人に好かれる人」「避けられる人」が無意識に使う言葉

気がつけば人が集まり笑いが絶えない人、気がつけばぽつんと1人になりがちな人……。集団でいることが好き人や、一人でいることが好きな人、コミュニケーションが苦手な人など、さまざまな違いもありますが、もしも…

[20:45 11/23]

私もADHD! 第35回 3連休前の絶望

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。現在、数回にわたり、戸田優奈がADHDを知るまでの過程を描いています。今回は「自宅の鍵」に関するお話です。

[10:30 11/23]

2017年11月20日(月)

爆発寸前! あなたが「キレる」5つの予兆と対策

キレやすい人にもいろいろなタイプがあります。元々キレやすい傾向がある人もいれば、最近それが出てきてしまっている人もいるでしょう。いずれにせよキレてしまえば、その間本来の自分を見失ってしまいます。場合に…

[17:45 11/20]

職場でのハラスメント経験者に起こった生活上の変化とは?

日本労働組合総連合会(略称: 連合)はこのほど、「ハラスメントと暴力に関する実態調査」の結果を明らかにした。同調査は10月26日~27日、全国の18歳~69歳の有職男女1,000人を対象に、インターネットで実施したもの。職場で受けた、または見聞きしたハラスメントについて尋ねたところ、最も多い回答は「『パワハラ』などの職場のいじめ・嫌がらせ」(45.0%)だった。

[14:35 11/20]

2017年11月19日(日)

「食欲の秋」では済まされない? 異常な食欲の見分け方

食欲の秋。もしも、食卓に所狭しと、御馳走が並べられる、特別な日が来たとしたら……? 我を忘れたかのように、残らず食べ尽くしても、まあ、一時的に罪悪感を感じるかもしれませんが、特に問題はないはず。しかし…

[17:45 11/19]

長引いては危険! 現代人を襲う「無気力症」とは?

どうにも気持ちが乗らない時ってありませんか? 例えば仕事に取り掛かっても、モチベーションは上がらず、しまいには仕事が片付いても片付かなくても、どうでもよくなっている。友人と遊びに行っても仲間だけ盛り上…

[12:35 11/19]

2017年11月18日(土)

うつ病、PTSD…「不眠」を引き起こす怖い病気

慢性的な不眠症に悩む方の約3分の1から半数は、何らかの精神医学的な障害を抱えているといわれています。ここでは心の問題の中でも、特に多くみられる3つの病気に焦点を当てて、それぞれの症状や対処法を詳しく解…

[20:45 11/18]

実は身近にたくさん起きてる!幸せの輪が広がる偶然の一致

仕事で何か面白い展開がないかと考えていた矢先に、思いがけず新しい仕事のオファーがあり、新規分野の開拓をすることができた。「あの友人は今、どうしているだろう?」と思っていた矢先に、思いがけずその人から連…

[12:45 11/18]

2017年11月17日(金)

睡眠中に本当の自分が現れる! 寝相でわかる性格診断

2009年6月に睡眠時間を記録するサイト「ねむログ」が、20~60歳代の男女4,914人を対象として、グッスリ眠れる姿勢を調査しました。その結果、横向きが46%と最も多く、第2位の仰向けが34%、第3…

[20:45 11/17]

高ストレス者が依存しがちなものとは?

メディプラスはこのほど、低ストレス者の「贈るコミュニケーション」意識についての調査結果を明らかにした。同調査は2017年4月、20~69歳の女性(高ストレス者522人、低ストレス者370人)と男性(高ストレス者206人、低ストレス者206人)を対象にインターネットで実施したもの。

[14:34 11/17]

2017年11月16日(木)

こんな人は要注意!「うつ病」になりやすい人の性格

もしも、うつ病になったらどうなってしまうのでしょうか? イメージしにくいかもしれませんが、うつ病になると今までの自分とはまったく違った性格になってしまうことが考えられます。 何をやっても楽しくな…

[17:45 11/16]

2017年11月15日(水)

眠れない、食べられない…不安が強すぎるときの対処法

私たちの日常に、不安は付き物かもしれません。職場や家庭、自分自身の健康など身の回りのことはもちろん、テレビや新聞の報道やインターネットなどでの話題がきっかけで、不安感に囚われてしまうこともあるかもしれ…

[21:15 11/15]

「叱られたことなんてない…」と涙ぐむ後輩への接し方

部下や後輩を持つようになると、避けられないのが「注意をする」場面。しかし最近は、注意をしたらその後避けられたり、涙ぐまれたり、逆ギレされたり……、といった過敏な反応が返ってきて、注意することにストレス…

[17:45 11/15]

2017年11月14日(火)

職場で最も多いストレス要因は? - 2位は「上司との関係」

日本生命保険はこのほど、「勤労感謝の日・仕事」に関する調査結果について明らかにした。同調査は9月29日~10月6日、男女8,587人を対象にインターネットで実施したもの。男女6,080人に今の仕事に満足しているか尋ねたところ、70.5%が「満足」と回答した。年代が上がるにつれ、満足している割合は高くなっている。

[17:48 11/14]

30代から人生計画を考えるための3つのヒント

エイジング・ストレス、あなたは体験していますか? 「化粧を落とした顔を見ると、せつなくなる」「年下の子ばかりがちやほやされて、自分が浮いているような気がする」 …

[17:45 11/14]

2017年11月12日(日)

物を捨てるのがコワイ…。心の闇に潜む「溜め込み障害」とは?

物を捨てるのが苦手なら、家にはいらない物がいろいろあるかもしれません。それがもし極端になれば、いわゆるゴミ屋敷になっていきます。実際はそこに至るまで、さまざまな背景があるでしょうが、実はその原因のひと…

[12:35 11/12]

2017年11月11日(土)

季節の変わり目は眠りが浅い?秋の夜長の快眠法

蒸し暑くて寝苦しい熱帯夜の夏が過ぎ、気持ちよい季節になりました。一方で、季節の変わり目になると、眠りが浅くなってしまう……と悩みを感じる方もいるようです。秋の夜長に不眠に悩まされないために、ぜひ快眠の…

[20:45 11/11]

これで快眠!よく眠るためのポイント

ぬる目のお風呂に入ると、心身ともにリラックスできます …

[19:45 11/11]

知っているようで知らない!ストレスが溜まる仕組み

ストレスのメカニズムを理解するためには、「ストレスとは何か?」「ストレスにはどんな意味があるのか?」という2つのポイントを押さえておく必要があります。 …

[17:45 11/11]

2017年11月10日(金)

虐待・ネグレクト…幼少期のつらい体験が、現在の子育てをつらくする理由

子どもにひどい攻撃をしてしまうお母さんのすべてが、子どもを嫌っているわけではありません。むしろ、子どもに恵まれたことに感謝し、幸せを願って子育てに取り組んでいる方の方が多いと思います。でも、子どもが泣…

[17:45 11/10]

2017年11月09日(木)

ストレスを強く感じる人は風邪を引きやすい!?

心と体は表裏一体で、体の調子が悪いと気分もあまり冴えないもの。また反対に、冴えない気分が続くと生活習慣が乱れ、体の調子を崩す場合もあるでしょう。この寒い時期に風邪が流行りやすい理由としては、気温や乾燥…

[17:45 11/9]

私もADHD! 第34回 鋭く刺さる上司の指摘

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。前回から数回にわたり、戸田優奈がADHDを知るまでの過程を描いています。今回は「上司の指摘」に関するお話です。

[10:19 11/9]

2017年11月08日(水)

夫婦や彼と同じベッドで寝ることのメリット・デメリット

カップルが同じベッドで眠ると、良いこともあれば悪いこともあります。就寝時刻や起床時刻、寝室の室温や明るさの好みが違えば、片方の人の睡眠が犠牲になります。また、寒い冬には布団の争奪戦に負けてしまった方が…

[19:45 11/8]

2017年11月07日(火)

生きていくのがつらい…乗り越える3つの方法

「毎日がつらくて仕方がない」「生きにくい」と感じている人は、少なくありません。幸せについて頭で考えると、「幸せになるためには一定の状況、あるいはいくつもの状況が揃わないといけない」と思うかもしれません…

[21:15 11/7]

2017年11月06日(月)

ストレス発散方法、男女共に1位だったものは?

DeNAトラベルはこのほど、「ストレスと旅行」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月24日~27日、男女2,050名を対象にインターネットで実施したもの。日ごろ、ストレスを感じることがあるかという質問の回答を、旅行頻度(国内外問わず)別に集計したところ、「数年に1回程度」しか旅行に行かない人の場合、「日常的にストレスを感じている」という回答は57.0%だった。

[12:11 11/6]

2017年11月05日(日)

同じ環境なのに…メンタルを病む人・病まない人

心の調子が悪い時って、本当に嫌なもの。朝から気分が冴えず、ちょっとした事にもイライラしやすくなっているところに、「あれをやってください。これもやってください」などと言われれば、痛い自分にさらなるムチが…

[20:15 11/5]

「心が病的」になっていく意外な理由とは?

パーソナリティは人それぞれとはいえ、「猜疑心が強い」「感情が不安定」といった傾向は、あまり人から好まれないでしょう。もっとも、こうした傾向はその人の属する社会や文化を物差しに測っていて、精神症状は基本…

[12:35 11/5]

2017年10月31日(火)

いじめ、暴行…「集団心理」が招く危険な結果

人が何人も集まる場所では、なぜかどこでも誰か1人の人に対しての非難・批判で盛り上がったり、仲間はずれやいじめが起こったりします。誰もが不快なこと、避けたいことだと思っているのに、どうして同じようなこと…

[20:15 10/31]

病気が原因で嘘つきになってしまう? その心理と特徴

程度の差こそあれ、私たちは人の目を気にしながら生きているもの。周りの人からどう思われているのか、気になることもあるでしょう。また、周りの人に高く評価されたいという思いが、モチベーションを高める大きな原…

[19:45 10/31]

消えたい時は「助けてくれる存在」を探す5つの視点を

「誰も助けてはくれない。だからもっとがんばらないと!」そう思って、一人でがんばってきた。でも、もうダメ。消えてしまいたい……。そんなふうに感じたことは、ありませんか?「消えたい」と思ってしまうときは、…

[17:45 10/31]

2017年10月30日(月)

わかりやすい!「自律神経失調症」の予防&治療法

自律神経失調症の予防・治療法

自律神経失調症は、臓器に腫瘍ができていたり、血液に異常があったり……といった他の病気とは異なります。目に見える異常がないので、手術による異物切除や…

[17:45 10/30]

2017年10月28日(土)

中年世代が陥る! 「ミドルエイジ・クライシス」の乗り切り方

中年(ミドルエイジ)の入り口は、何歳くらいかご存知ですか? ユングは人生の折り返し地点を40歳頃と考え、この時期を「人生の正午」と呼びました。ところで、ミドルエイジは、俗に「思秋期」ともいいます。思春…

[12:40 10/28]

2017年10月27日(金)

コーヒーの飲みすぎは、カフェイン中毒?

朝、コーヒーを飲む習慣はありますか? ぼんやりした頭をすっきりさせるにはもってこいですよね。コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用は、集中力や記憶力を高め、抗ガン作用、脂肪燃焼によるダイエット効果など…

[19:45 10/27]

2017年10月26日(木)

私もADHD! 第33回 取り返しのつかないミス

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回から数回にわたり、戸田優奈がADHDを知るまでの過程を描きます。初回は「重大なミス」に関するお話です。

[10:18 10/26]

2017年10月23日(月)

急に奇抜なファッションをするのは心の病気の前触れ?

「十人十色」という言葉どおり、人の好みは皆それぞれ。場合によってはかなり違うことがあります。個人の嗜好だけでなく県民性や職業などで捉えて、「あの人は○○出身だから派手だ」「△△で働いているからきっちり…

[17:45 10/23]

2017年10月22日(日)

「ちょっと聞いて!」の一言が大切な心のケアに?

自分に自信が持てなくなったとき、不安が募って、落ち込んでいるとき……そんなときに、周りの誰かに「ちょっと聞いて!」の一言を言えていますか? これは、「ストレスに潰れてしまうか、乗り越えられるか」を分け…

[12:35 10/22]

2017年10月21日(土)

25人に1人? 意外に多い大人のADHDの症状と対処法

仕事でもプライベートでも大切な人間関係。周りの人とうまくやっていくためには、迷惑をかけてしまうような問題行動をしないのはもちろん、距離感や最低限の空気を読むなどのマナーにも気を配る必要があります。誰も…

[17:45 10/21]

2017年10月19日(木)

海外旅行先での「睡眠負債」経験者は5割 - 睡眠を妨げるものとは?

DeNAトラベルはこのほど、「海外旅行中の睡眠負債(日々の睡眠不足が負債のように蓄積された状態のこと)」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月10日~13日、男女2,197名を対象にインターネットで実施したもの。「眠れない・眠りが浅い」など"睡眠負債"を抱えているか尋ねたところ、33.0%が「日頃から睡眠負債を抱えている」と回答した。

[15:57 10/19]

2017年10月18日(水)

副業で過労?好きな仕事に潜むメンタルリスク

政府の「働き方改革」に呼応して長時間労働の削減に取り組む企業が増える中、社員の副業を認める企業が増えてきました。このことにより、アフターファイブや休日を利用して起業をする人、インターネットを通じた業務…

[20:45 10/18]

2017年10月17日(火)

悟空のきもち、「たべない睡眠スイーツ店」をテーマにした新店がオープン

ゴールデンフィールドはこのほど、「たべない睡眠スイーツ店」をテーマにした頭のほぐし専門店「悟空のきもち 大阪 心斎橋」(大阪市中央区)をオープンさせた。甘い香りが広がり、スイーツ店にしか思えないエントランス、生クリームやチョコレートモチーフの壁面といった店内の中で、気絶に似た寝落ちを体験できるという

[13:22 10/17]

2017年10月16日(月)

職場におけるパワハラに対する見解を日本在住外国人に聞いてみた

どの職場にも大なり小なりのパワーハラスメント(パワハラ)が一つや二つはあるはずだ。厚生労働省は職場のパワーハラスメントを「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義している。

[11:02 10/16]

2017年10月15日(日)

俺って「イクメン」「カジメン」なのに、妻が満足しない訳

おむつ替えやキャッチボールもいとわず、率先して子育てに参加してくれる「イクメン」。料理や掃除、買い物まで、家事をまめにこなしてくれる「カジメン」。「世の夫たちに比べたら、俺ってかなり頑張ってる。それな…

[12:35 10/15]

2017年10月12日(木)

私もADHD! 第32回 「期限が曖昧なもの」に潜む罠

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「メール返信」に関するお話です。

[10:19 10/12]

2017年10月06日(金)

「ベストな睡眠時間」や睡眠量の多寡が体に及ぼす影響を医師に聞く

私たちは基本的に毎日就寝することで、体と脳を休めている。健康的な日々を過ごすために睡眠は欠かせないが、人によって寝る時間は異なる。一日最低8時間は寝ないと体調が優れないという人もいれば、毎日4時間の睡眠でバリバリと仕事をこなす人もいる。

[10:13 10/6]

2017年09月29日(金)

栗原類の自叙伝がマンガに!「発達障害の僕が羽ばたけた理由」 が発売

KADOKAWAは12月8日、『マンガでわかる発達障害の僕が羽ばたけた理由』を発売する。同書は、15万部を突破したモデル・栗原類さんの自叙伝「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由」のコミック版。コミック版である同書では、ストーリーマンガ仕立てで、発達障害の当事者がどのような気持ちで、どう壁を乗り越えたかが描かれている。

[15:22 9/29]

2017年09月28日(木)

私もADHD! 第31回 完璧なスケジュール管理の「落とし穴」

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・戸田優奈を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「スケジュール管理」に関するお話です。

[10:54 9/28]

2017年09月26日(火)

2位は保育士! 高ストレス者の割合が多い職業の1位は?

メディプラス研究所はこのほど、「職業別ストレスオフランキング」の結果を明らかにした。同調査は2~3月、全国の20~69歳の男性7万人を対象にインターネットで実施したもの。職業別に低ストレスが多い順にランキング化したところ、最も低ストレス者の割合が高い職業は「コンサルタント」(ストレスオフ指数127.8)だった。以下「会社役員」(同99.7)、「獣医師」(同97.1)、「高校教師」(同89.5)と続いている。

[16:00 9/26]

2017年09月25日(月)

京都の景色に癒される人も! 日本在住の外国人にストレス解消法を聞いてみた

ストレス解消法は人によってさまざまだ。おいしいものを飲み食いしたり、スポーツで汗を流したり、好きな映画を見たり、ゲームやアプリに興じたり……。自身の趣味や嗜好に基づいたストレス発散方法はそれこそ無数にあるが、育った文化圏や地域によって何かしら傾向の違いのようなものはあるのだろうか。

[11:07 9/25]

2017年09月21日(木)

育児エッセイ「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」の新刊が発売

KADOKAWAは9月22日、育児コミックエッセイ『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入園編』を刊行する。同書は、長男を出産後にADHDと診断された著者が発達障害グレーゾーンの子どもの育児経験と、困難を乗り越えていく姿を描いたエッセイ漫画『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした』の続編。

[13:47 9/21]

2017年09月18日(月)

外国人が日本で最もストレスに感じたことは? - 「理不尽な上下関係」

ストレス社会の現代、多くの人は毎日を生きるのも一苦労ではないだろうか。「朝晩の満員電車」「上司や取引先の理不尽な叱責」「将来に対する不安」「パートナーや家族との口論」など、ストレスの種はいくらでもある。

[10:30 9/18]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事