マイナビニュース | ヘルスケア | 心の健康

関連キーワード

イチオシ記事

あなたのメンタルヘルス具合がわかる「うつ診断テスト」がオープン

マイナビニュースのヘルスケアチャンネルにこのほど、精神科の医師が監修した「うつ診断テスト」がオープンしました。

[10:55 8/4]

新着記事

一覧

社会的孤独は疾患リスクを高めることが研究で示唆される

あなたは、「皆でワイワイ過ごすのが好きな人」と「一人で自分の時間を満喫するのが好きな人」のどちらに該当するだろうか。「どちらも当てはまる」と回答する人や、「時と場合による」という人もいるだろう。

[10:37 2/16]

96%の教師がADHDが疑われる児童の担当経験有 - 「対応に自信ある」は4割

塩野義製薬はこのほど、「注意欠如・多動症(ADHD)の子どもを持つ母親と小学校教師に対する意識・実態調査」の結果を発表した。同調査は2016年11~12月、ADHDの子を持つ母親283人と小学校教師103人を対象に、インターネットで実施したもの。

[15:32 2/15]

新着記事

一覧

快眠のために食べたほうがよい食品と避けたほうがよい食品って?

日々の健康のため、毎日の睡眠は必須だ。ある程度決まった時間に床に就き、決まった時間に起床するという規則正しい生活リズムが健康に寄与していることには異論がないだろう。

[11:23 2/14]

大槻ケンヂなど17人のうつ経験者が「うつ」を抜け出したきっかけとは?

KADOKAWAは1月19日、コミック『うつヌケ~うつトンネルを抜けた人たち』(著: 田中圭一)を発売した。発売から20日目で4刷5万部を突破するなど、異例の売れ行きとなっているという。

[12:14 2/13]

私もADHD! 第14回 社会人1年目の壁

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回より内容をリニューアルし、架空のOL・戸田優奈を主人公とした物語を紹介していきます。

[10:19 2/9]

私もADHD! 第13回 「体ではなく脳が疲れている」という感覚

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は前回に引き続き、栗原類さんの著書に関するお話です。

[10:16 1/26]

従業員のメンタルヘルスを支援するアプリの1カ月無料キャンペーン開始

ユナイテッド・ヘルスコミュニケーションはこのほど、メンタルヘルス支援アプリ「ウィティ パーソナルアシスタント」の販売開始に伴い、初月の使用料を無料とするキャンペーンを開始した。

[16:05 1/25]

一時的なストレスを軽減! 機能性表示食品「キリン サプリ レモン」発売

キリンビバレッジは2月14日、サプリメントウォーター「キリン サプリ」から、機能性表示食品「キリン サプリ レモン」を発売する。

[10:43 1/23]

歯ぎしりや過度の汗も! ストレスが原因でなる意外なトラブルと対処法

ストレスがさまざまな疾病を招く恐れがあるのは周知の事実と言える。ただ、病気まではいかない「ちょっとした悩み」も、実はストレスが原因の可能性もあるかもしれない。

[10:30 1/20]

スキンシップで幸福度UP! ポーラ×すみだ水族館のコラボイベント開催

ポーラは1月28日~3月14日、すみだ水族館とのコラボイベント「ペンギンも人間も、手を繋いでみんなHAPPY」を、すみだ水族館(東京都墨田区)で開催する。

[15:09 1/18]

【特別企画】薬を使わないうつ病治療「TMS」って何ですか?―お医者さんに聞いてみた

近年、著しく増加傾向にあると言われているうつ病。厚生労働省は、1999年には44.1万人だった患者数が2002年には71.1万人、2008年には104.1万人と100万人以上の患者がいると報告している。日本では投薬による治療が一般的だが、投薬を長期間続けても改善しないケースがある。今回は、新宿ストレスクリニック本院の川口佑院長に、投薬による治療ではなく、副作用もほとんどないという、うつ病治療の最新治療法について話を聞いた。(マイナビニュース広告企画 提供:新宿ストレスクリニック)

[12:00 1/18]

私もADHD! 第12回 栗原類さんの著書で蘇る過去の記憶

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は栗原類さんの著書に関するお話です。

[10:47 1/12]

罪悪感があるうちに止めるべき? アラサー女性がハマる「プチ依存」の実態

こんにちは、トイアンナです。今のアラサー女性は生きづらい……なんて言ったら、先輩方にお叱りを受けるでしょうか。結婚しないと一人前扱いをしてもらえないのは昔のまま、かといって専業主婦になれば「キャリアを捨てていいの? 」と咎められます。

[07:30 12/28]

日本の有休消化率、最下位に - 休暇中に仕事のメールを見てしまう割合は?

エクスペディア・ジャパンはこのほど、「有給休暇の国際比較調査2016」の結果を発表した。同調査は9月12日~29日、世界28の国と地域(※)に住む有職者男女計9,424名を対象に、インターネットで実施したもの。

[11:00 12/24]

私もADHD! 第11回 同僚も驚愕する「睡眠力」

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は睡眠に関するお話です。

[10:16 12/22]

失恋を引きずりやすい私が「メンタルが強い人」について考えてみた

こんにちは、トイアンナです。皆さんは、「メンヘラ」という言葉を聞いたことはありますか? 「メンタルヘルス」から派生した2ちゃんねるなどで使われるネットスラングで、「心の病を患っている人」などを指す言葉として広く使われています。

[07:00 12/22]

"削るお絵かき"で癒やしの時間を! 大人向けヒーリングスクラッチアート発売

学研プラスはこのほど、大人のためのヒーリングスクラッチアート『癒しの森の動物たち~けずって描く心の楽園~』などを発売した。

[12:15 12/9]

私もADHD! 第10回 人並みはずれた集中力の使い道

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回はマイブームに関するお話です。

[10:16 12/8]

テレビ電話でプロのカウンセリングが受けられるサービス開始

日本心理援助専門機構はこのほど、テレビ電話でカウンセリングを受けることができるオンラインカウンセリング広場「あ☆らいぶ」をオープンした。

[15:14 12/5]

綾瀬はるかは3位! 部下にしたい・職場ストレスも癒やされそうな芸能人は?

養命酒製造はこのほど、「リーダー・管理職の胃腸冷えと免疫力」に関する調査結果を発表した。同調査は11月4日~8日、全国のリーダー・管理職の男女1,000名を対象に、インターネットで実施したもの。

[14:40 12/1]

あなたの会社ではストレスチェックを実施しましたか?

USENはこのほど、「オフィス環境に関する意識調査」に関する調査結果を発表した。同調査は11月22日~23日、全国の20歳~59歳の働く男女を対象にインターネットで実施したもの。

[14:19 12/1]

私もADHD! 第9回 大人女子が行う衝動買いの実態

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は衝動買いに関するお話です。

[10:19 12/1]

高ストレス者と低ストレス者、有給休暇の過ごし方に違いはある?

メディプラス研究所が運営するオフラボは、「ココロの体力測定」(ストレス指数チェック)の調査結果を発表した。同調査は2月26日~29日、全国の20~69歳の女性7万人を対象にインターネットで実施したもの。

[11:20 11/22]

毎日の"ストレス時間"は2時間以上! 2,000人が答えたストレス最大の原因は?

ストレスへの耐性は人によって異なる。2人の会社員が上司から10分間説教されても、ある人はケロッとしているが、もう片方の人は目も当てられないほどのショックを受け、ストレスにさいなまれているなんてこともありうる。

[10:00 11/18]

私もADHD! 第8回 大人が見せる「地味な多動」

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回はちょっとしたクセに関するお話です。

[10:16 11/17]

笑顔を「作らなきゃ」と思ったら休もう! 仕事に疲れた人が出すサイン3つ

こんにちは、トイアンナです。今はのんきなフリーランスですが、激務の職場にいたときは、朝9時から25時まで毎日働いていました。私は幸運にも体を壊しませんでしたが、何人も「うつ」になって退職される方を送別しました。

[17:00 11/16]

AIを用いた認知行動療法で、将来の重症抑うつ者割合が減少する可能性を示唆

こころの未来・インスティテュートはこのほど、「自然言語処理フィードバック機能搭載型インターネット認知行動療法」(iCBT-AI)の活用により、将来の重症抑うつ者割合の減少可能性が示唆されたことを発表した。

[11:53 11/16]

家が散らかっていると、4割のママが「自己嫌悪に陥る」と回答

リクルートスタッフィングはこのほど、「家事に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は9月30日~10月2日、子持ちの共働き世帯の既婚男性・女性、子持ちの専業主婦の合計400名を対象にインターネットで実施したもの。

[15:56 11/15]

くるみの摂取で若い男性の心理状態が改善することが明らかに

カリフォルニア くるみ協会はこのほど、くるみを日常的に食べると若い男性の心理状態を改善させる可能性があるという研究結果を発表した。

[12:12 11/14]

「心が折れる職場」でも逞しく働きぬくための秘訣・レジリエンスとは?

社会人の多くは会社に勤めて仕事をすることで給料をもらっている。仕事や人間関係がうまくいっていれば毎日の生活は楽しいものになるが、「仕事がつらい」「人間関係に悩んでいる」などのストレスに悩まされだすと、途端に職場が「地獄」と化す。

[10:38 11/14]

バックナンバー

このカテゴリーについて (ヘルスケア>心の健康)

 トップへ
ストレスやコンプレックスなどにまつわる記事を掲載。精神科医といった専門家によるコラムも提供することで、健全な心づくりへの寄与を目的とする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事