マイナビニュース | エンタメ | 連載(1ページ目)

ヘッドライン

2017年09月19日(火)

わたしの金言 ~芸能界と心の支え~ 第4回 千原ジュニア、藤山寛美「芸とは水に字を書くようなもの」で受ける"罰"

著名人たちが心の拠り所としている言葉を聞く連載「わたしの金言」。第4回は、お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニア(43)。お笑い芸人を軸足として走り続けてきた彼にとっての金言とは――。

[11:30 9/19]  芸能

2017年09月07日(木)

こじらせハスキー・橋爪ヨウコの三度の飯よりテレビが好き! 第4回 仲里依紗に真矢ミキ…『黒革の手帖』は武井咲の脇を固める女優陣にも注目!

睡眠時間3時間、テレビ視聴時間12時間の私が、とにかく熱い!と思っているドラマをご紹介していく連載シリーズ「こじらせハスキー・橋爪ヨウコの三度の飯よりテレビが好き!」。今回は、現在放送中の夏ドラマの中で、一番ハマっている『黒革の手帖』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)をご紹介したいと思います。

[12:00 9/7]  テレビ

2017年06月14日(水)

映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで 第20回 「社会の中の木村拓哉」を捨てた万次へ、最後の言葉 (8人目:三池崇史監督)

今回の連載は「∞」になぞらえ、8名のスタッフの証言をもとに、映画『無限の住人』が「皆さまのもの」になるまでの「無限の想い」をまとめた取材記録である。8人目は、木村の起用ありきだったと語る三池崇史監督。最終回となる連載第20回は、過酷な現場を共にしたからこそ語れる「俳優・木村拓哉」について。その"無限の想い"をここに書き留め、「8人の証言者」最後の言葉とする。

[10:00 6/14]  映画

2017年05月06日(土)

演出家・小池修一郎が新たに挑む『グレート・ギャツビー』と、ミュージカル界への思い 第3回 ミュージカル界の盛り上がりに必要なこと

日本のミュージカル界の第一人者であり、『グレート・ギャツビー』という大作を控えた演出家・小池修一郎。「日本でのミュージカルというのはもう一声、もうちょっとだけ人材が豊富になってくれたら」という小池は、今後の盛り上がりについてどのように考えているのだろうか。

[11:00 5/6]  芸能

2017年05月04日(木)

木村拓哉、"不死身"の生き様 - 映画『無限の住人』と「無限の想い」 第6回 歌やミュージカルの可能性は? 「やるからには残したい」今後のこと

俳優・木村拓哉が、2006年公開の『武士の一分』以来となる時代劇主演に挑んだ。不死身の侍・万次を、木村はどのように体現したのか。「無限」を「時間や時空ということではなく、想い」と捉えていた木村。今回のインタビューでは全6回・約7000字にわたり、本作に対する木村の「無限の想い」に迫る。最終回となる第6回は、「木村拓哉の今後」について。

[11:00 5/4]  映画

2017年04月30日(日)

映画『3月のライオン』は原作をどう立体化したのか? それぞれの視点 第14回 神木隆之介は、外圧をうまく吸収して主役になる - 谷島正之プロデューサー

現在公開中の映画『3月のライオン』。連載最終回となる今回は、主役を務めた神木隆之介について、改めてプロデューサーから見た印象を聞いた。

[11:00 4/30]  映画

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事