マイナビニュース | 企業IT | 無線LANセキュリティ

ニュース
トップ

イチオシ記事

【連載特別企画】今さら聞けない「無線LANセキュリティの基本」 第3回 証明書の発行と配布の実際

無線LANのセキュリティを考えるとき、不正アクセス対策では、“なりすまし”防止や不正端末の排除の観点から、サーバにもクライアントにも電子証明書を利用するEAP-TLSが最適な認証方式だろう。

[10:00 9/3]

新着記事

一覧

【特別企画】電子証明書配布には"罠"が潜んでいる - NetAttest EPSで作る鉄壁ネットワークセキュリティ

安全な企業無線LANを構築するために不可欠とも言えるIEEE 802.1X認証。前回まで、IEEE 802.1X認証が求められる背景と、クライアントの電子証明書を管理するため>に必要な基盤について解説してきた。

[10:00 9/10]

【特別企画】IEEE 802.1Xの認証サーバ構築は難しくない!! NetAttest EPSが実現する、“専門家いらず”のセキュアな無線LAN認証構築!!

企業の無線LAN環境のセキュリティ対策が急務だ。MACアドレスフィルタリングのような技術は、企業情報を保護するうえで実効性がほとんどない。にもかかわらず、小中規模企業や支社、地方拠点などの無線LAN環境では、有効なセキュリティ対策のように誤解され、採用され続けている。いま求められるのはIEEE 802.1X認証サーバの構築だ。企業はどう取り組んでいくべきか。

[11:10 8/6]

新着記事

一覧

【連載特別企画】今さら聞けない「無線LANセキュリティの基本」 第2回 無線LANの認証環境を構築する

前回は、企業における無線LANのセキュリティについての危険性を指摘した。セキュリティ対策にはさまざまなことを考慮しなければいけないが、もっとも重要なことの一つが認証だ。セキュリティ対策としては、まず、入口を防御することだ。社内のネットワークの入口で、ネットワークに接続しようとする端末やユーザが正規のものであるかを認証して、不正アクセスを防ぐ。そして、効果的な認証を行うためには、IEEE 802.1Xを利用することになる。

[10:12 8/5]

【特別企画】MACアドレス制限は"効果ゼロ" - NetAttest EPSで見直す企業無線LANのセキュリティ

スマートフォンやクラウドの進展により、企業の無線LAN環境のセキュリティ対策が急務になりつつある。特に、危惧されるのは、MACアドレスフィルタリングやPSK認証といった穴の多い技術を使い続けることのリスクだ。本当に必要とされる無線LANセキュリティ対策は何か。ソリトンシステムズが提供する認証サーバアプライアンス「NetAttest EPS」の機能を紹介しながら、求められる無線LANセキュリティの姿を提案したい。

[09:00 7/16]

【連載特別企画】今さら聞けない「無線LANセキュリティの基本」 第1回 無線LANセキュリティの概要

機密情報が日常的にやり取りされる企業業務において、無線LANにはしっかりとしたセキュリティレベルが求められる。そこで、本稿では無線LANのセキュリティのポイントについて改めて解説していきたい。

[10:00 7/6]

ソリトン、パスワード失敗によるアカウントロックを追加したNetAttest EPS

ソリトンシステムズは、認証時に、指定回数以上パスワード入力を間違うとアカウントをロックする機能をはじめ、運用管理ポリシーを強化したネットワーク認証サーバアプライアンスの新版「NetAttest EPS V4.8」を、3月5日より販売すると発表した。

[16:20 2/20]

NRIセキュアとソリトン、ID管理・秘密分散技術分野で業務提携

NRIセキュアテクノロジーズとソリトンシステムズは、それぞれのセキュリティ関連サービスや製品の提供に関する業務提携を10月1日に開始すると発表した。

[10:05 9/25]

ソリトン、不正デバイス接続対策アプライアンスの新バージョン

ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は、不正デバイス接続対策アプライアンスの新バージョン「NetAttest LAP V2.2(以下、LAP)」と、それらを統合管理する新製品「NetAttest LAPManager(以下、LAP Manager)」の販売を、8月8日より開始すると発表した。

[09:39 8/7]

ソリトン、Windowsストアアプリに対応したPC操作ログソフト

ソリトンシステムズは5月9日、同社のPC操作ログソフトウェア「InfoTrace PLUS」が、Windowsストアアプリの操作ログ取得に対応するなど、サイバー攻撃対策を強化した新版を、同日より販売開始すると発表した。

[16:32 5/9]

【特別企画】セキュアでシンプルなモバイルワーク 実現に向けた3つの手順とは-ソリトンシステムズ 【Business Conference 2014】

スマートデバイスの活用に、セキュリティ対策は欠かせない。企業のモバイルワークの課題となるシャドーITや情報漏えいに対しては、どのような対策が有効なのだろうか。

[16:52 4/18]

【レポート】“持たない”“渡さない”情報セキュリティとは ― ソリトンシステムズ

マイナビは3月11日(水)、ベルサール汐留(東京都中央区)において、企業ユーザーを対象としたスマートデバイス活用イベント「マイナビニュース Business Conference 2014 ― スマートデバイス活用で加速する企業の成長戦略」を開催する。同イベントには、ソリトンシステムズ IT Security事業本部ソリューション推進マネージャ、別車健一郎氏が講演者として登壇し、「端末の固体識別」と「情報の管理」をテーマとした講演を行う予定である。

[07:00 2/17]

ソリトン、「Smart eGate」アプライアンス新版で電子証明書による認証対応

ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は、透過型シングルサインオンアプライアンス「Smart eGate」の新版「Smart eGate V2.0」を開発、2月17日より出荷を開始すると発表した。

[09:43 2/10]

ソリトン、セキュリティ3製品を仮想化し安全なモバイルシステムを構築

ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は、同社のアプライアンス製品、モバイルアクセスゲートウェイ「Soliton SecureGateway」、電子証明書対応オールインワン認証サーバ「NetAttest EPS」、電子証明書配布対応MDMサーバ「NetAttest EPS-ap」の3つそれぞれを、VMware対応の仮想アプライアンスとして、12月1日より販売を開始すると発表した。

[10:04 11/6]

ソリトン、認証アプライアンスの新版でAndroid端末の電子証明書発行に対応

ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は、認証アプライアンス「NetAttest EPS」シリーズの新版「NetAttest EPS-ap V2.0」と「NetAttest EPS V4.6」を開発し、10月15日より出荷を開始すると発表した。

[09:50 10/2]

ソリトンシステムズ、データをランダムに分割して保存できるゲートウェイ

ソリトンシステムズは、データをランダムに分割して別々に保存し、機密データの安全保管を実現する電子割符ゲートウェイ「Tally-WariZen(タリーワリゼン)」を開発し、9月11日より販売を開始すると発表した。

[09:30 9/12]

ソリトン、社内やクラウドシステム利用時のデータ漏えいを防ぐ独自ブラウザ

ソリトンシステムズは、マルチデバイス対応の独自ブラウザで安全に企業の社内システム・クラウドシステムを利用できるセキュアアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Soliton SecureGateway(ソリトン セキュアブラウザ/ソリトン セキュアゲートウェイ)V1.0」を開発、8月1日より販売を開始すると発表した。

[10:14 8/2]

ソリトン、30億のログを約1分で表示するPC操作ログ分析ソリューション

ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は、PC操作ログを短時間で分析し、セキュリティ対策に活用するソリューション「InfoTrace PLUS Analyzer(インフォトレースプラス アナライザー)」を7月29日より販売開始すると発表した。

[09:44 7/30]

ソリトン、透過型シングルサインオンアプライアンス「Smart eGate」

ソリトンシステムズは、透過型シングルサインオンアプライアンス「Smart eGate(スマート イーゲイト)V1.0」を開発、6月17日より販売を開始すると発表した。

[08:30 6/6]

大林組、3000台のiPadのセキュリティ対策にソリトンの認証アプライアンス

ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は2月14日、大林組の導入したタブレット端末3,000台のセキュリティ対策として、オールインワン認証アプライアンス「NetAttest EPS」、および専用オプション「NetAttest EPS-ap」を納入したと発表した。

[10:01 2/15]

ソリトンシステムズ、クラウド対応の情報資産アクセス管理基盤ソフトを発表

ソリトンシステムズは、企業内の情報資産へのアクセス権の可視化と統合管理を実現する、情報資産アクセス管理基盤ソフト「Soliton ID Manager」を開発、その第一段階として「プロビジョニングベースパックv1.0」を製品化し1月25日より販売を開始すると発表した。

[10:11 1/24]

【連載】スマートデバイス利用を成功に導くポイントとは? 第6回 なし崩しBYOD対策に有効な「NetAttest EPS」

私物スマートデバイスの無断業務利用、いわゆる「なし崩しBYOD」の排除には端末認証の実施が必要不可欠だ。前回はその理由について紹介した。そして、個々の端末を識別し、安全で利便性も損なわない企業ネットワーク環境を実現するために有効なソリューションとして、ソリトンシステムズが提供するオールインワン認証アプライアンス「NetAttest EPS」を挙げた。同製品は、無線、VPNのほか有線ネットワーク機器などとも連携し、不正端末による企業ネットワークへの侵入を防ぐオールインワン認証アプライアンスだ。

[09:44 10/22]

【連載】スマートデバイス利用を成功に導くポイントとは? 第5回 企業を脅かす「なし崩しBYOD」

BYODは初期導入コストの削減が見込める一方で、セキュリティに対する懸念がある。そのため、セキュリティ対策をしっかり行った上でBYODを導入しようと考える企業は多いだろう。しかし、企業がセキュリティ対策の準備を進めている間に、すでに実質的な「BYOD」が始まっているケースがある。「なし崩しBYOD」だ。

[10:00 10/11]

ソリトン、二段階認証セキュリティが可能な「NetAttest LAP」新バージョン

ソリトンシステムズ(ソリトン)は10月3日、企業ネットワークへの不正なPCやスマートフォンなどの接続を防ぐアプライアンス「NetAttest LAP」の新バージョン「NetAttest LAP」V2.0の発売を、同日より開始したと発表した。

[14:43 10/4]

ソリトン、BYODに適したスマートデバイスプラットフォーム「DME」の最新版

ソリトンシステムズ(ソリトン)は9月27日、スマートデバイスのビジネスプラットフォーム「DME」の新バージョン「DME 4.0」の発売を、同日より開始すると発表した。

[10:00 9/28]

ソリトン、MDM付で5万台まで対応のスマートデバイス認証アプライアンス

ソリトンシステムズは、スマートデバイス向けセキュリティアプライアンス「NetAttest EPS-ap」のハイエンドモデル「EPS-AP-DX04」の販売を開始した。

[09:00 9/26]

【連載】スマートデバイス利用を成功に導くポイントとは? 第4回 DMEの導入は意外に簡単

これまでの連載で、BYODを含めた自由度の高いスマートデバイス利用と、企業の要求する高いセキュリティを両立させる「DME」メリットをレポートしてきた。今回は、実際に企業がDMEの導入を考えた場合、どのような作業が必要になるのか、具体的な内容について、ソリトンシステムズ モバイル&クラウド事業本部 技術・開発部の部長である二村直幸氏に聞いた。

[09:00 9/19]

JTBグループ、ソリトンのクラウドセキュリティ「OnDemand」シリーズを採用

ソリトンシステムズは9月3日、JTBグループの25社3000台のPCを対象に、情報漏洩対策と資産管理を行うクラウド型サービス「OnDemand」シリーズの提供を開始したことを発表した。

[10:24 9/4]

【連載】スマートデバイス利用を成功に導くポイントとは? 第3回 iPhoneの使いやすさとセキュリティの両立に成功 - 三井物産マシンテック

セキュリティの向上と業務効率化を目的に、iPhoneとDMEを組み合わせて導入しているのが、工作機械の専門商社である三井物産マシンテック(東京)だ。

[09:00 9/3]

【レポート】標的型攻撃には入口/出口対策を含む包括的な対策を - ソリトン 遠藤氏

東京都内で開催されたマイナビニュースITサミット Webセキュリティ『2012年度版 最新脅威対策講座』では、ソリトンシステムズ プロダクトマーケティング部 遠藤健志氏が、「標的型攻撃に直面する企業ネットワークへの入口/出口対策」と題して講演。一般企業にも脅威を与えつつある標的型攻撃のメカニズムを明らかにするとともに、攻撃に対抗するために必要となる入口対策と出口対策を含む包括的な対策のあり方を紹介した。

[12:47 8/20]

【連載】スマートデバイス利用を成功に導くポイントとは? 第2回 セキュアなBYODを実現する「DME」のバックボーン

前回、ソリトンシステムズが提供する「DME」は、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの中に「セキュア・コンテナ」と呼ばれる独立した領域を作り、メール、カレンダー、TO-DO、連絡先、RSSフィードといったビジネスに必要な機能をコンテナ内でセキュアに利用できる点を説明した。今回は、「DME」がどのような構成で機能を実現しているかを説明しよう。

[09:00 8/20]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>無線LANセキュリティ)

 トップへ
ソリトンシステムズが提供するNetAttest EPSを中心に、無線LANセキュリティに関する最新の技術・製品について解説します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事