マイナビニュース | 企業IT | レポート(1ページ目)

ヘッドライン

2017年07月26日(水)

バズワードで終わらせない、セキュリティにAIを活用するポイントとは?

昨今、AI(人工知能)が注目を集めていることは言うまでもないが、それはセキュリティ分野にも及んでいる。AIを活用して、脅威を予測したり、防御したりすることを掲げているセキュリティ・ベンダーが増えている。AIはバズワードで終わってしまうのか、それとも、終わりなきセキュリティ戦争の救世主となるのだろうか。

[09:11 7/26]  セキュリティ

2017年07月25日(火)

Web会議導入で注文住宅の接客サービス拡充と働き方改革を実現 - パパママハウス

名古屋を中心に注文住宅の建築やリノベーションを手掛けるパパママハウス。Web会議サービス「V-CUBE」を導入することで、インターネット完結する注文住宅の接客サービスを開始した。同サービスは、同社の働き方改革にも貢献しているという。

[11:30 7/25]  情報システム

東京都のトップレベル事業所に認定されたアット東京の省エネ対策とは?

東京都は、温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)において、地球温暖化対策の取組が特に優れた事業所をトップレベル事業所、準トップレベル事業所に認定している。2017年3月には、平成28年度の両事業所、計20事業所を認定したことを発表。7月21日には都庁において、小池都知事出席のもと、認定証贈呈式が行われた。

[10:00 7/25]  情報システム

2017年07月24日(月)

バックアップの重要性をそのままAI活用するAOS Intelligent

前回紹介したランサムウェアの対策としてのバックアップだが、当然AI活用にも功を奏すバックアップという考え方があっても良いはずだ。AOSデータは、プレス向けの説明会で「AOSBOX Intelligent」を紹介している。

[16:51 7/24]  情報システム

SAP、中堅中小企業向け事業の成果説明 - 半年で10社の新規パートナー

SAPジャパンは7月21日、中堅中小企業向けビジネスに関する説明会を開催した。今年、同社は中堅中小企業向けに特化した70名体制の新組織を立ち上げたが、どのような成果を上げたのか。

[14:22 7/24]  SOHO/SMB

アビーム、RPA導入企業の調査結果を発表 - 実際の効果はいかに?

アビームコンサルティングはこのほど、RPA(Robotic Process Automation)に関する説明会を開催した。説明会では、同社がRPAを導入した企業の実態調査の結果、導入事例などの紹介が行われた。RPAを導入した企業は、実際に効果を上げているのだろうか?

[10:55 7/24]  業務システム

フィンテックが加速する中で金融機関が向き合うべき課題とは

アクセンチュアは7月20日に記者説明会を開催し、フィンテックの最新動向についての発表を行った。同社のフィンテックに関する説明会は昨年に引き続いて2回目。2015年のデータを使って行われた昨年の説明会では、フィンテック投資の規模拡大と事業の多角化が紹介された。

[09:00 7/24]  

2017年07月21日(金)

デジタル・ナレッジ・マネジメントサービスのYext、国内で事業開始 - CEOに元セールスフォースの宇陀氏

デジタル・ナレッジ・マネジメント・ビジネスを展開するYextは7月20日、国内における事業戦略説明会を開催した。同日、日本法人の代表取締役会長兼CEOに宇陀栄次氏を任命することが発表された。

[10:40 7/21]  情報システム

IoT活用や海外法人の管理など旬な話題が語られた「PCNW 2017」

7月7日に開催された「PC・ネットワークの管理・活用を考える会2017」(PCNW 2017)は、サブタイトルを「もう、クラウドなしでは生き残れない!? ~事例から見るIoT活用術/海外拠点のセキュリティ管理~」とし、豊富な事例を示す講演やパネルディスカッションが行われた。

[08:40 7/21]  情報システム

2017年07月20日(木)

オラクルのデータベース・クラウド導入で、在庫データ30万件をリアルタイムで外部に公開 - アズワンのハイブリッドクラウド活用術

大阪に本社を構えるアズワンは、1933年創業以来の歴史を有する理化学機器の総合商社。オラクルのデータベース・クラウドとチャットボットを導入することで、APIの連携で、30万点以上の在庫データを4300社の販売店へリアルタイムで公開することを実現したという。

[11:30 7/20]  情報システム

2017年07月19日(水)

AIの裾野が広がるにつれて気になるのが法令遵守 - 東京弁護士会ブース

真新しいAI技術が一堂に会した「AI・人工知能EXPO」。筆者が最後にピックアップするのは、直接AIに関するサービスやソリューションの提案ではなく、AIを利活用する際について回る法的課題についてその重要性を説いていたのが東京弁護士会ブースだ。

[16:04 7/19]  情報システム

AIチャットボットと有人チャット対応のハイブリッド - KDDIエボルバ

多数の来場者で賑わいを見せた「AI・人工知能EXPO」。KDDIエボルバブースでは、"AIチャットボット&有人チャット"でカスタマーエクスペリエンス(CX)を向上させるチャットサポート運用ソリューションが紹介されていた。

[11:43 7/19]  マーケティング

2017年07月18日(火)

減り張りの効いた働き方に"職場の音"というソリューション

単純なタスクを大量に行うようなもの、例えばExcelのセルへのデータの入力のようなものや、HTMLのテーブルのような定型的な部分への書き換えなどは少々のノイズがあってもいっこうに気にならない。しかし、調べ物や文章を書くような仕事、言うなれば指を動かさずに思考しなければならない仕事のような場合は、BGMがあったほうが筆者は集中できる。

[14:23 7/18]  業務システム

表示デバイスを選ばない「AI+映像」による“バーチャルロボット” - モノゴコロブース

今回の「AI・人工知能EXPO」で多数出展されていたのが、AIを用いたチャットボットだ。既に紹介してきた「AI・人工知能EXPO」レポートのなかでも、各社趣向を凝らしたチャットボットを提案していたが、今回紹介するモノゴコロのそれは、映像表現に趣向が凝らされたバーチャルロボットだ。

[09:56 7/18]  情報システム

CA CTO、「Modern Software Factory」と「CA Accelerator」を説明

CA Technologiesは米国本社からCTOのOtto Berkes(オットー・バークス)氏を招いて、同社が唱える「Modern Software Factory」に関する説明を行うプレス・ラウンド・テーブルを開催した。

[07:50 7/18]  開発/エンジニア

2017年07月14日(金)

プライベートクラウド+AWS+GCPを自由に使ってコスト30%減 - 富士ゼロックスのハイブリッドクラウド活用術

富士ゼロックスは2010年からプライベートクラウドの利用を始め、今では、パブリッククラウドである「Amazon Web Services」「Google Cloud Platform」も活用している。本稿では、これらで構成されるハイブリッドクラウド環境でどのようなメリットを享受しているのかについて迫る。

[13:00 7/14]  情報システム

プルーフポイント、サイバー攻撃の調査レポート公開 - 不正メールが最も多い曜日は?

日本プルーフポイントは7月13日、米国Proofpointが毎年発行している「Human Factor」レポートの最新版「Human Factor 2017」(日本語版)を公開した。2016年は、ビジネスメール詐欺の大幅な増加が目立ったという。

[12:07 7/14]  セキュリティ

2017年07月13日(木)

コスパを誇る「高火力」コンピューティングでハイパフォーマンスな機械学習 - さくらインターネット

「AI・人工知能EXPO」会場では、AIを用いたサービスやソリューション、既存の業務にAIを組み合わせることで得られる価値を説くコンサルティングなどの展示が目立ったが、今回紹介するさくらインターネットブースでは「さすが、餅は餅屋!」と感じさせてくれる、“AIを支えるハイパフォーマンスコンピューティング”サービスの展示が行われていた。

[17:21 7/13]  情報システム

ランサムウェアの手口や被害実態をリアルに再現、改めてバックアップの重要性を呼びかけ - AOSデータ

データバックアップやHDDの復旧作業を手掛けるAOSデータは、プレス向けに、最新の技術動向や状況分析などを発表するプレスツアーを開催している。本稿では、ランサムウェアの挙動の実際を紹介しよう。

[16:14 7/13]  セキュリティ

OracleがAI戦略「Adaptive Intelligent Applications」を本格化、差別化のポイントは?

さまざまなITベンダーがAI機能を備えた製品の提供を開始する中、米OracleもAI市場に乗り出した。同社のAI戦略は、2016年秋に、「Oracle Adaptive Intelligent Applications」として発表された。そして今年4月末、当初の予定通り、「Customer Experience(CX Cloud)」向けに限定的な提供を発表した。同社のAI戦略は他社とどう違うのか。

[11:30 7/13]  情報システム

2017年07月11日(火)

ロボアドバイザーのスタートアップ企業が集結 - 市場予測とデモ展示を実施

ロボアドバイザー関連企業各社は7月7日に、東京・大手町にあるFintechスタートアップが集まるオフィス「FINOLAB」において報道関係者を対象にした「ロボアドバイザー合同記者レクチャー」を開催した。FinTech市場の予測解説やロボアドバイザーサービスを提供している13社によるデモ、プレゼンを実施した。

[16:40 7/11]  企業動向

ブロックをつなぎ合わせるだけで機械学習「MAGELLAN BLOCKS」 - システムズナカシマ

「AI・人工知能EXPO」の会場には、ひとつの代表する企業がアライアンスを組むパートナーとともにブースにて展示を行っているケースも見受けられる。今回ご紹介するのは、船舶用推進器のトップメーカであるナカシマプロペラからシステム事業部門が分離して誕生した総合インテグレーション企業のシステムズナカシマだ。

[15:49 7/11]  情報システム

"鉄のDNA"たちが世界最高峰データサイエンティストの頭脳「DataRobot」でビジネスに高精度な"予測"をもたらす - 新日鉄住金ソリューションズ

大手鉄鋼メーカーである新日鐵住金のグループ企業の一員でもあり、システムインテグレータ等情報技術のスペシャリスト集団でもある新日鉄住金ソリューションズ。ものづくりと先端技術の追求の系譜を持つ同社は、24時間365日ノンストップの生産体制など厳しい製鉄というプロセスを40年以上ITで支え続けている。

[12:30 7/11]  情報システム

「Microsoft 365」「Microsoft Relationship Sales」を発表 - Microsoft Inspire 2017より

Microsoftは2017年7月9日(以下すべて現地時間)、Microsoft Inspireを開催した。これまでWorldwide partner conferenceと呼ばれていたパートナー向けイベントだが、今回は10日に開催した基調講演の様子をお送りする。なお、本イベントの参加者数は1万7,000人(事前登録数)。日本からは約150社約450人(同)が参加した。

[09:54 7/11]  情報システム

2017年07月10日(月)

アスクル通販サイト「LOHACO」のチャットボットがAIで賢く進化中

アスクルが運営する個人向け通販サイト「LOHACO」のお客様サポートページで、ユーザーの問合せに答えてくれるチャットボットのキャラクター「マナミさん」がひそかに進化している。正しい回答を返してくれる確率が向上したのはもちろん、正答を見付けられない場合でも、あてずっぽうな回答を返すのではなく、いくつかの候補を列挙して「この中に問合せの内容はありますか」と返してくるなど、より人間らしいコミュニケーションができるのだ。進化のカギはAIエンジン「IBM Watson」(以下、Watson)の採用にある。

[11:00 7/10]  情報システム

AIで"似たもの探し"に特化した類似図形商標検索システムを提案するALBERT

高度な分析力と多彩なデータソリューションを提供するALBERT。そのALBERTが「AI・人工知能EXPO」の会場で披露していたのは、チャットボット型接客ツール「Proactive AI」と“似てる”がわかる類似図形商標検索システム「Deepsearch Logo」だ。

[10:36 7/10]  情報システム

AIキャラクター「さくらさん」がお出迎え!人工知能で実現するのは現場担当者の"業務効率改善" - ティファナ・ドットコム

「AI・人工知能EXPO」会場でひと際注目を集めていたのが、文字通りの“看板娘”、人工知能「KIZUNA」AIキャラクターの「さくらさん」が来場者をおもてなししていたティファナ・ドットコムのブースだ。

[10:06 7/10]  情報システム

2017年07月07日(金)

京都の課題から見る“危機感”- いま求められる、地方の情報発信力(後編)

京都銀行とPR TIMESが6月に開催した、地元中小企業を対象とした広報・PRセミナー。京都の地元老舗企業の担当者が数多く集まり、広報・PRの基本的なノウハウについて学んだほか、創業260年という伝統的なビジネスの中から新しい事業を生み出し、情報発信を積極的に行うことで全国的な知名度を獲得した絵具商の上羽絵惣の事例から、情報発信の重要性を学んだ。

[13:00 7/7]  マーケティング

京都の課題から見る“危機感”- いま求められる、地方の情報発信力(前編)

地域活性化を目指している地方都市には、デジタルメディアに対する情報発信やマーケティングが十分ではないといえるのではないか。京都銀行とPR TIMESが6月に開催した、地元中小企業を対象とした広報・PRセミナーでは、こうした危機感を垣間見ることができた。

[13:00 7/7]  マーケティング

2017年07月06日(木)

テレワーク実施企業が語ったテレワークのリアル

ガイアックスとスマートキャンプは6月26日、7月24日の「テレワークデイ」直前企画として、「テレワークって実際どうなの? テレワーク実施企業が語るテレワークのリアル」を開催。テレワークの導入検討から導入後の課題を、テレワーク導入企業の担当者がパネルディスカッション形式で話し合うイベントを開催した。

[11:00 7/6]  企業動向

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事