マイナビニュース | 企業IT | モバイル

関連キーワード

イチオシ記事

【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」

ビジネスでスマートデバイスを利用するならオフィスドキュメントの閲覧に対応したアプリくらいは持っておきたいものだが、もし利用しているのがiPadならば無料で閲覧だけでなく編集までできるものを用意しておけば外出中でもかなり仕事がはかどる。

[09:00 6/27]

新着記事

一覧

ベネトン ジャパン、スタッフ教育にインフォテリアの「Handbook」を採用

インフォテリアは6月29日、イタリアのアパレル企業ベネトングループの日本法人であるベネトン ジャパンにおいて、インフォテリアの「Handbook(ハンドブック)」が店舗スタッフの教育ツールに採用されたと発表した。

[18:30 6/30]

「おもてなし」にPepper+Watsonがやってくる? - 第3回 Watsonハッカソン

ソフトバンクと日本IBMは6月29日、第3回IBM Watson 日本語版ハッカソンを開催した。このハッカソンは「IBM Watson日本語版を活用して、人々の暮らしを豊かにするサービスやモノを生み出そう」という目標を掲げている。3回目のテーマは「スマート◯◯」で、今ある製品・サービスをよりスマートに、賢くするアイデアを競った。

[12:41 6/30]

新着記事

一覧

生活に溶け込むGoogleマップ - 地方創生はストリートビューから?

Googleのさまざまなサービスの中で、あなたは何を一番使うだろうか? 何か疑問に感じたら、すぐに"ググる"人、家に帰ったらとりあえずYouTubeという人、そもそも普段利用するブラウザがChromeであれば、かなりのレベルのGoogleユーザーということになる。そして、ブラウザと同じレベルで利用頻度が高いとされるアプリの1つに「Googleマップ」がある。

[09:36 6/29]

【特別企画】日本と海外の教育ICT事情を比較、シスコに聞いた現場の課題とは - 教育ICTセミナー

昨今の社会情勢から見ても教育現場におけるICT活用の推進は避けることのできない、早急の課題と言えるだろう。しかしその一方で、実際の運用には大きな障壁が存在するのもまた事実である。本記事では、教育現場へのICT導入をグローバルで支援するシスコシステムズに話をきいた内容を紹介する。

[09:00 6/28]

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [8] "エンタープライズモバイルならでは"の開発体制とは?

前回、エンタープライズモバイル開発における繰り返し型の開発プロセスやユーザーレビュー時のポイントなどについて紹介しました。それらを踏まえ、今回は外部の開発会社を含めた開発体制について説明します。

[10:30 6/27]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第11回 タブレット デバイスとクラウドを活用した総合学習システム「PINE-Cloud」で、Surface 3 をはじめとしたマイクロソフト製品を全面採用 – 電子開発学園

全国に構える 10 校の専門学校と大学で情報処理教育を提供する、電子開発学園。1990 年代に通信衛星による遠隔教育を開始するなど、教育現場での ICT 利用を積極的に推進してきた同学園では、2016 年 4 月、さらに先進的な取り組みとして、タブレット デバイスとクラウドを活用した総合学習システム「PINE-Cloud」を、専門学校に設けている大学コースの学生に向けて提供を開始しました。

[12:00 6/24]

凸版印刷、クレジットカードの申込をタブレットで完結させるサービス

凸版印刷とリンク・プロセシングは、タブレット端末と有線接続したカードリーダーを活用し、クレジットカードなどの申込受付とその際必要な口座振替設定をタブレット端末内で完結させる「モバイル口座振替サービス」の提供を開始すると発表した。

[11:47 6/24]

【レポート】市営渡船の待合所にタブレットを使った交通系電子マネー決済を導入 - 福岡

博多湾に浮かぶ能古島は、コスモスや水仙など四季の花で有名なアイランドパークがあり、海水浴や釣りを楽しめる観光地として年間70万人の行楽客を集める。島への唯一の公共交通機関は福岡市が運営する定期船で1日23便、能古~姪浜航路を運航しているほか、同市は博多~志賀島、玄界島~博多、小呂島~姪浜の4航路(7待合所)で渡船事業を展開している。博多~志賀島航路は1日15便、年間利用客は20万人の行楽客を集めるが、小呂島~姪浜航路と玄界島~博多航路は地元住民が利用する生活航路の色合いが強い。

[09:00 6/24]

【レポート】M2Mの時代からSaaS活用で可用性を実現 - "道路のIT化"を進めたセフテック

道路工事用の保安資材を扱うセフテックは、カラーコーンや保安灯、フェンスなどを取り扱っている。その中でも主力としている製品が、LEDを使った情報表示板だ。通信を活用したLED情報表示板とそのメリットについて、セフテック シレド事業部 部長 鈴木 道弘氏に話を聞いた。

[11:00 6/22]

プラネックス、世界中で国内と同じWebサービスを利用可能にする「どこでも日本 VPN」

プラネックスコミュニケーションズは6月20日、VPN接続により、世界中のどこからでも日本国内と同じWebサービスを利用できるようにするルータ「どこでも日本 VPN(MHC-VM1)」を6月24日より発売すると発表した。

[10:55 6/21]

【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第40回 クラウドストレージを使う - 「Box for iPhone and iPad」

スマートデバイスで撮影した写真の管理をしたり、PCや他のデバイスとスムーズなファイルのやりとりを実現したりするために、絶対1つは用意しておきたいのがクラウドストレージだ。

[11:00 6/20]

モバイルアプリは見た目が命!? Googleが示す最新動向 - Interop Tokyo

6月8日から3日間にわたり、幕張メッセで開催された「Interop Tokyo 2016」。初日の基調講演には、グーグル デベロッパー アドボケイトの松内良介氏が「モバイルアプリの成功を支える最新技術トレンド」と題して登壇。モバイルアプリを取り巻く環境の変化と、それを踏まえたGoogleの最新サービスなどについて言及した。

[09:30 6/20]

【レポート】企業が知りたいWindows 10導入のメリット/デメリット - 無償アップグレード期間終了も間近

Windows 10の無償アップグレード期間終了が間近(2016年7月29日)に迫っている。現在Windows 7/8.1を利用するユーザーを対象とした1年間の期間限定のキャンペーンだが、これを機会にアップグレードしようかどうか悩んでいるケースも多いだろう。今回は特に企業でWindowsを利用するユーザーを対象に、アップグレードにおけるメリットとデメリット、そしてアップグレードの際の注意点を簡単にまとめてみる。

[09:00 6/20]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第10回 毎週、数百枚を超えて配布される重要情報のアーカイブ化と、工数削減を、Surface Pro 3 で実現 - 製鉄記念八幡病院

1900 年、官営八幡製鐵所の付属病院として設立され、地域に根ざした病院として親しまれている社会医療法人 製鉄記念八幡病院。少子高齢化が進む中、医療機関が担う役割はいっそう重要なものとなっており、同病院でも、「地域のニーズに合わせた良質な医療を提供するべく、どのような役割を担うべきか」というテーマのもと、変革の時期を迎えています。

[12:00 6/17]

Samsung、AndroidからTizenへの乗り換えを検討

fossBytesに6月14日(米国時間)に掲載された記事「Samsung Planning To Replace Android With Linux-based Tizen OS On All Smartphones — Report」が、Samsungが自社のスマートフォンなどで採用しているオペレーティングシステムをAndroidからTizen OSへ変更することを検討していると伝えた。SamsungがモバイルオペレーティングシステムをTizen OSへ変更した場合、モバイルオペレーティングシステムのシェアに大きな影響を与えるものと見られる。

[16:00 6/16]

ニフティ、スーパーの特売情報をスマホに配信する実証実験

ニフティは6月14日、主婦向けサービス「シュフモ」で、スーパーの売り場に応じた特売情報やレシピなどを買い物客のスマートフォンに通知する購買促進プラットフォームを構築し、首都圏のスーパーにて実証実験を行うと発表した。

[12:05 6/15]

インテルのAtom開発中止とその影響 - Win 10で法人活用に新たな道筋?

5月31日~6月4日まで、台北で「COMPUTEX TAIPEI 2016」が開催された。COMPUTEXは、インテルやマイクロソフトが基調講演を毎年行っており、最新PCやスマートフォンの発表で盛り上がる展示会だ。だが今年は、Atomを搭載した低価格デバイスの存在感が低下。デバイストレンドに変化が起きている。

[08:00 6/15]

【レポート】無償アップグレード終了間近、企業のWindows 10移行タイミングはいつ?

2016年6月10日、日本マイクロソフトは7月29日に終了予定のWindows 10無償アップグレードに関する記者説明会を開催した。会見の中では、法人・教育機関向け導入事例や、昨今話題になっている強制(?)アップグレードに関して説明を行った。

[16:00 6/13]

Mozilla、OSSのセキュリティを強化するためのファンド「SOS」設立

Mozillaは6月9日(米国時間)、「Help Make Open Source Secure|The Mozilla Blog」において、重要度の高いオープンソース・ソフトウェア・ライブラリやオープンソース・ソフトウェアのセキュリティのチェックし支援していくファンド「Secure Open Source("SOS")Fund」の取り組みを開始したと伝えた。Mozillaでは当初の予算として50万米ドル(5320万円ほど)の予算を確保したが、企業組織や政府機関などからの出資を期待するとしている。

[13:30 6/13]

【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第39回 会話形式で考えをまとめる「ひとり会議」

毎日の生活の中でスマートデバイスだけは手元から離さないという人も多い今、覚え書きは紙のメモ帳や手帳よりもスマートデバイスのアプリを利用するということも少なくないだろう。

[11:00 6/13]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第9回 双方向のコミュニケーションにより、授業内容の発展性が大きく向上 - 東海大学付属高輪台高等学校・中等部

「生徒自らが考え、解決していく力の育成」を方針に掲げ、人生の基盤となる正しいものの見方と考え方に重点をおいた教育を実践する東海大学付属高輪台高等学校・中等部。同校では、2007 年に採用したアクティブ ボード (電子黒板) や PC などによる ICT 教育を先進的に進めることで、高い教育効果を生みだしてきました。

[17:02 6/10]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第8回 教職員相互のデータ共有と、よりインタラクティブな授業を Surface Pro 3 で実現 –修道中学校・修道高等学校

1725 年、広島藩の藩校「講学所」を起源として創立され、約 290 年の歴史を持った広島県屈指の進学校、修道中学校・修道高等学校。「責任ある自由」を校風に掲げる同校では、教員と生徒それぞれが高い自主性をもって行われる教育により、建学の精神である「道を修めた有為な人材の育成」を実践し続けています。

[16:41 6/10]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第7回 全校生徒への配付デバイスを、携行性と操作性に優れた Surface Pro へ全面移行 - 横須賀市立横須賀総合高等学校

神奈川県横須賀市で唯一、全日制と定時制の総合学科を持つ横須賀市立横須賀総合高等学校。「情報」と「国際」を教育の柱に掲げる同校では、全生徒への PC 配付をもった、ユニークな ICT 教育が実践されています。さらに 2014 年度からは、配付デバイスを従来のノート PC から 2 in 1 Windows タブレット デバイスへ一新したことで、生徒のデバイス利用はさらに積極化しました。

[15:50 6/10]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第6回 市内すべての公立小、中学校へ Surface Pro 3 を導入 - 大府市教育委員会

知多半島の北端に位置し、緑豊かな自然に恵まれる愛知県大府市。同市では、2010 年に総務省が推進する ICT 教育 の実証プログラム「フューチャースクール推進事業」の実証校として大府市立東山小学校が選定されたことをきっかけとし、2015 年 9 月より、13 ある市内すべての市立小学校、中学校へ 2 in 1 タブレット デバイスを導入しました。

[15:23 6/10]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第5回 学生への貸出デバイスに Surface Pro 3 を採用し、自主学習の大幅促進を実現 – 松本大学

長野県松本市に本部を構え、地域社会に貢献できる人材の育成にまい進する松本大学。同大学では、教育カリキュラムの整備と並行し ICT 環境の拡充も行うことで、大学教育の修了に欠かせない「自主学習」の積極化に取り組んできました。

[13:18 6/10]

国内企業タブレット/スマホ総稼働台数、2020年には1598万台へ - IDC

IDC Japanは6月9日、国内エンタープライズモビリティ関連市場について、2020年までの予測を発表した。これによると、同市場の成長基盤となる国内企業における会社貸与のタブレット/スマートフォンを合わせた総稼働台数は、2015年の968万台から2020年には1598万台へと増加するという。

[09:59 6/10]

アイキューブドシステムズ、「CLOMO MDM」の紛失対策機能を強化

アイキューブドシステムズは6月9日、MDMサービス「CLOMO MDM」において、iOS/Androidデバイスを紛失した時の不正利用のリスクを低減する紛失対策機能を提供開始した。

[15:37 6/9]

ドコモが開発した駐車場版Uber、目標は「自動運転との融合」

NTTドコモが6月6日に発表した「docomoスマートパーキングシステム」は、都心を中心とした駐車場不足を解消する目的で開発された。将来的には自動運転とのコラボレーションも見据えたシステムの展望について、NTTドコモ イノベーション統括部 企業連携担当 担当課長の岡本 健志氏に話を伺った。

[14:26 6/8]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第4回 電子海図の活用最適化を見据え、操作性と携行性に優れた Surface Pro 3 を船上で利用 – 日本海洋科学

1991 年、民間企業初となる操船シミュレーターの自社開発を行って以降、時代のニーズに適合した海事向けシステム ソリューションを提供する、株式会社日本海洋科学。海事分野のプロフェッショナルである同社は、システム面だけでなく、コンサルティングを通じて、海事にかかわる企業を支援しています。

[12:59 6/8]

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [7] "成功する"企業アプリの開発プロセス

これまで筆者は、企業が提供する従業員向けのアプリやコンシューマー向けのアプリを開発する上で、その開発プロセスに関してさまざまな工夫を行ってきました。今回は、それらについて紹介していきたいと思います。

[09:30 6/8]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>モバイル)

 トップへ
スマートデバイスを企業で活用するためのソリューションを紹介。MDM(Mobile Device Management)など管理技術もフォローします。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松岡修造「今日から君はリオオリンピックだ!」4年後見据え激アツでアピール
[05:00 7/2] エンタメ
[松岡修造]7度目五輪キャスターで寺川綾とタッグ 「今日から君はリオオリンピックだ!」
[05:00 7/2] エンタメ
松岡修造「今日から君はリオオリンピックだ!」寺川綾とテレ朝中継盛り上げ
[05:00 7/2] エンタメ
TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』、第1話のあらすじと先行場面カット公開
[01:54 7/2] ホビー
オリジナルアニメ『終末のイゼッタ』、10月放送開始! PV第二弾を公開
[01:34 7/2] ホビー

求人情報