マイナビニュース | 企業IT | モバイル

関連キーワード

イチオシ記事

イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第72回 PDFの閲覧から作成までできる「Adobe Acrobat Reader」

閲覧環境が違っていてもきちんと体裁を保った書類として見せられるPDFはビジネスの現場でよく利用されているが、その閲覧用ツールとしてスタンダードに利用されているAdpbe Acrobat Readerにはスマートデバイス向けのアプリも存在する。

[09:00 2/10]

新着記事

一覧

損害保険会社が潜在的な事故リスク地点をアラートするカーナビアプリ

損害保険ジャパン日本興亜は24日、同社が提供する個人向けスマートフォン用カーナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」に潜在的な事故リスク地点を表示する新機能を追加し、3月から提供することを発表した。

[16:02 2/24]

社会の課題解決をドローンで、KDDIとハウステンボスがアイデアソン

KDDIとハウステンボスは2月18日と19日の2日間、「スマートドローン」のアイデアソンを長崎・ハウステンボスで開催した。

[12:00 2/24]

新着記事

一覧

【特別企画】生産ラインから取得したデータを活かす! MotionBoardで実現する製造業IoTとは?

去る2016年11月9日、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京において、ウイングアーク1st主催による国内屈指の帳票&BIカンファレンス「ウイングアークフォーラム 2016」が開催された。本記事ではその中からIoTに関連する2つのセッション内容を紹介しよう。

[08:30 2/24]

KDDIが2020年に始める「5G」、ビジネスIoT飛躍のきっかけに?

KDDIは2月22日、次世代のモバイル通信システム「5G」の技術実証でセコムと提携すると発表した。同社はセコム以外にも自動車や鉄道、教育、建設などの他分野で提携を進め、2020年を目標に5G技術の実用化を目指す。

[08:00 2/24]

セキュリティ懸念とインバウンド対応を1台で解決 - パナソニックがPOS接続のマルチ決済対応端末

パナソニック システムネットワークスは2月8日、POS接続型マルチ決済端末「JT-R600CR-01」を下旬より発売すると発表した。端末は、国際カードブランド5社が共同で設立した団体「PCI SSC」による国際セキュリティ基準「PCI PTS」のセキュリティ要件「SRED」に対応している。

[08:00 2/23]

ネオジャパン、ビジネスチャットChatLuckをiPad/Androidタブレットに対応

ネオジャパンは2月21日、ビジネスチャット『ChatLuck(チャットラック)』アプリをiPadおよびAndroidタブレットでも利用可能にするバージョンアップを行い、同日より提供すると発表した。

[11:35 2/21]

朝日生命、1万2千人の営業職員にタブレット ー 電子化で契約日数短縮

朝日生命保険は2月20日、顧客の多様なニーズに対応するため、全国約1万2千人の営業職員が顧客へのプレゼンテーションや各種手続に使用している営業用PCを、2018年1月からリプレースすると発表した。

[10:42 2/21]

三井住友海上、気象会社と連携しスマホ利用の船舶向け安全運行支援サービス

三井住友海上火災保険は2月20日、ウェザーニューズと連携し、スマートフォンを利用する内航船向けの安全運航支援サービスである「SIGNAL(シグナル)」を2017年4月に開始すると発表した。

[10:02 2/21]

ハウステンボス 富田CTOが「ドローンで配達サービスはあり得ない」と考える理由

KDDIとハウステンボスは2月18日と19日、セルラー通信を用いて遠隔地でもドローンを利用できる「スマートドローン」のアイデアソンを長崎・ハウステンボスで開催した。

[14:30 2/20]

レノボが「ThinkPad」にシルバー色を追加した理由は「法人」

レノボ・ジャパンは2月8日、最新のThinkPadを発表した。クラムシェル型の「ThinkPad X1 Carbon」やディスプレイ回転型の2-in-1「ThinkPad X1 Yoga」などが着実な進化を遂げたが、その中で筆者が注目したのは新たに加わった「シルバー色」の存在だ。

[08:30 2/18]

JR西日本、津波の乗務員訓練に国内初の「災害対策VRソリューション」を採用

KDDIは2月16日、地震・津波などの災害対策にVRを活用したソリューションを発表した。南海トラフ地震によって大きな被害を被る可能性のある西日本旅客鉄道(JR西日本)の和歌山支社が4月より導入する。

[08:00 2/17]

【連載】 5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ iOSデバイスの管理のキモ「Apple Device Enrollment Program」

会社から貸与するスマートフォンには、業務に必要なアプリや通信の適切な利用や情報漏えいを防ぐために、Mobile Device Management (MDM)を利用して、デバイス管理やセキュリティ設定、アプリの管理を行います。

[08:00 2/16]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第25回 接客デバイスに Surface Pro 4 を採用し、全国のフェイシャルサロンへ展開 - クラブコスメチックス

株式会社クラブコスメチックスは、同社グループにおける ICT の開発から運用、導入支援、活用支援までを手がける株式会社メゾン・ド・ソレイユに CRM システムの開発提案を委託。ペン入力でカルテ操作ができる CRM システムを開発するとともに、その操作デバイスとして Surface Pro 4 を導入しました。

[12:27 2/14]

NTT-AT、自治体など向けに不感地帯に対応した情報配信サービス

エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(NTT-AT)は2月9日、双方向・マルチデバイス対応の新たな情報配信サービスである「@InfoCanal(アットインフォカナル)」を2017年4月1日から提供開始すると発表した。価格は、初期費用・年額費用とも数百万円から。5年間で50自治体への導入を目指す。

[10:16 2/10]

電車混雑予測データを法人向け提供 - ナビタイムジャパン

ナビタイムジャパンは9日、「電車混雑予測」データの企業向け提供を開始、第1弾としてニフティが運営する「@nifty 不動産」への提供を発表。iOS向けの物件検索アプリ「賃貸物件検索」において、電車混雑をもとに物件検索できる仕組みの提供を開始する。

[18:34 2/9]

ソラコム、LoRaWANサービスを正式スタート - 「共有サービスモデル」で裾野広げる

ソラコムは2月7日、同社サービスがLPWA(Low Power Wide Area)規格の一つである「LoRaWAN」に対応すると発表した。同社は2016年7月より実証実験(PoC)キットを提供してきたが、今回の発表により本格展開を開始する。

[13:00 2/9]

Pepperって本当に売上に繋がるの? サーティワンらがその効果を数字で示した「Pepper World 2017」

ソフトバンクとソフトバンクロボティクスは2月8日、9日の二日間、東京・虎ノ門ヒルズで「Pepper World 2017」を開催している。ソフトバンクは毎年夏に法人顧客向けイベント「SoftBank World」を開催しているが、Pepper Worldは人型ロボット「Pepper」の法人向けサービス「Pepper for Biz」などの関連展示、講演を行うイベントとなる。

[08:00 2/9]

トレタ、クラウド型iPad POSレジ提供のユビレジとデータ連携を開始

トレタは2月8日、同社が提供する飲食店向け予約/顧客管理サービス「トレタ」と、ユビレジが提供するiPadを使ったクラウド型モバイルPOSレジシステム「ユビレジ」とデータ連携し、両サービスの導入店舗に向けて提供を開始したと発表した。

[18:42 2/8]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第24回 学内の全 PC 環境へ Windows 10 を推奨する方針を決定 - 小山学園

建築や情報、バイオ、自動車など、各領域におけるプロフェッショナルを養成すべく、高品質な教育を提供する学校法人小山学園。同学園は、2015 年 7 月にリリースされた Windows 10 にいち早く注目し、学生と教職員が利用する PC 環境の Windows 10 への統一を、高いスピード感をもって進めています。

[14:21 2/8]

AIチャットボットサービス「hitTO」と「LINE WORKS」が連携対応を開始

LINEの関連会社であるワークスモバイルジャパンは2月7日、同社が提供する「LINE」とつながるビジネスチャット「LINE WORKS」と、ジェナのAIチャットボットサービス「hitTO(ヒット」が連携対応したと発表した。

[13:24 2/8]

【連載特別企画】事例で学ぶSurface/Windowsタブレット活用術 第23回 校務用と教務用のデバイスを Surface Pro 4 へ一本化。教員のタブレット デバイスへの理解と習熟度が向上 - 桜川市教育委員会

茨城県の中西部に位置する桜川市では、市内にある小中学校 16 校のもとで、「子供たち 1 人ひとりへの、質の高い教育の提供」を目指した教育が実践されています。 2016 年度からは、校務用と教務用デバイスの Surface Pro 4 への一本化を実施。授業における ICT 活用の、全校的な促進を実現しました。

[13:25 2/7]

スマホにSuicaをかざすだけ - jekiが作った、社員と会社の双方に優しい交通費精算ソリューション

交通費精算と言えば社会人にとって悩みのタネだろう。SuicaやPASMOの行動履歴を印字したり、過去のスケジュールを確認して精算システムに入力したり……。この手間を省いてくれるサービスが、ジェイアール東日本企画の「transit manager(トランジット・マネージャー)」だ。

[13:00 2/6]

【連載】山口健太のモバイルデバイスNEXT [20] 富士通が法人向け6インチタブレットに"フルWindows"を載せた理由

富士通が発表した2017年春モデルの法人向けPCの中に、これまでにないカテゴリーのデバイスがあった。それがハンディサイズのWindowsタブレット「ARROWS Tab V567/P」だ。モバイル向けWindows 10 Mobileではなく、フル機能のWindows 10を搭載した背景とは。

[12:00 2/6]

イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第71回 アイデアを自由に広げられる無限キャンパス「スケッチパッド3」

iPadは画面が広く手書きメモもしやすいが、それでも作業をしていると場所が足りない、狭いと感じることが多くある。

[09:00 2/6]

Miradore、モバイルデバイス管理「Miradore Online」を日本国内で販売

Miradoreは2月2日、スマートフォンを一元管理するクラウド型モバイルデバイス管理(MDM)ソリューション「Miradore Online」を日本市場向けに販売開始した。日本国内における販売・サポート窓口は、アイ・ビー・シー(IBC)が担当する。

[19:15 2/2]

ゼンショーグループのはま寿司がPepper導入、本格的な案内業務活用では初

ゼンショーホールディングス傘下のはま寿司は2月2日、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を店頭受付・案内業務に活用する実証実験を浦和店で開始すると発表した。

[17:30 2/2]

【連載】 5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ 指紋や虹彩で個人識別、インフラ化が進む「生体認証」

「生体認証」と言うと、何となく難しく聞こえるかもしれません。「生体認証(バイオメトリックス認証)」は、人間の身体における変化しない特徴を、システムや情報の利用許可判定に用いることを指します。

[08:00 2/2]

NTT Com、企業向け通話かけ放題サービスにおいて、BYOD向け機能を強化

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2月1日、企業向け通話かけ放題サービス「ビジネスモバイル」において、設定変更サイトの提供を開始した。

[18:29 2/1]

インフォテリア、IoTを活用したモバイルクラウド基盤「Platio」を販売開始

インフォテリアは1月31日、IoTソフトウェア基盤事業の第1弾として、IoT活用モバイルクラウド基盤「Platio(プラティオ)」を2月6日から販売開始し、発売に伴いPlatio上のモバイルアプリの作成を支援する「導入支援コンサルティングサービス」も開始すると発表した。

[14:55 2/1]

友人や同僚に最も薦めたいスマートフォンは?

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、インターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」において、スマートフォンの利用者を対象に実施した、「友人や同僚に薦めたいか?」という質問への回答から算出される顧客ロイヤリティを図る指標「NPS」のベンチマーク調査の結果を発表した。

[15:00 1/31]

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>モバイル)

 トップへ
スマートデバイスを企業で活用するためのソリューションを紹介。MDM(Mobile Device Management)など管理技術もフォローします。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事