マイナビニュース | 企業IT | アイ・ユー・ケイ | 特別企画(1ページ目)

ヘッドライン

2017年06月14日(水)

【特別企画】これぞ転ばぬ先の杖! サイバー攻撃の被害を瞬時に回復させるソリューション

日本国内の直近5年間でのサイバー攻撃に関する検挙件数は、おおむね増加傾向を示している。サイバー攻撃の手口はますます巧妙化しており、金銭的な実害は増加する一方だ。しかも公開サーバーにとどまらず、非公開サーバーの設定ファイルやアプリケーションまで、悪意を持って加工されるケースも多い。

[12:00 6/14]

2017年04月12日(水)

【特別企画】人命をも危険にさらす、いま、知っておくべきIoTデバイスのセキュリティ対策

「Mirai」は、2016年8月に発見されたマルウェアであり、防犯カメラやセンサー、さらには家電などに搭載されたIoTデバイスをターゲットとしている。今後、MiraiのようなIoTデバイスを狙った攻撃は間違いなく増えていくことだろう。だが多くのIoTデバイスは、適切なセキュリティ対策が施されていないのが現状である。

[08:00 4/12]

2017年04月03日(月)

【特別企画】【ちょっと得する知識シリーズ(5)】意外と利用されているハッシュ関数 - キャッシュカードの暗証番号4桁の数値そのものは送信されていない!!

現金の引き出しなどで使用するキャッシュカードの暗証番号4桁の数値は、通信回線上は素の数値4桁が送られていないのはご存じでしょうか? 例えば、口座番号「9999999」(7桁でカード磁気に内蔵)、暗証番号(入力)が「1111」の4桁だったとすると「1111」というデータが送られるのではなくて「14d40716f59ccdded0d5089da5254aacaeb1596c」という40桁のデータが送られます。「えっ、それで口座と暗証番号の照合ができるの?」という疑問が湧くかもしれませんが、これができるのです。今日はこのあたりの原理を特集してみたいと思います(実際の運用ではもっと複雑な仕組みですが、説明のため簡素化しています)。

[10:00 4/3]

2017年03月06日(月)

【特別企画】なぜ、パスワードのメモ書きはなくならない? 全世界2,500万ユーザーの認証システムに学ぶ

どれだけ注意してもなくならないパスワードのメモ書き。企業のIT担当者にとって、社員のパスワード管理は常に頭を悩ませる大きな問題だ。そして、このようなずさんなパスワード管理は、IT担当者の負担を増やすだけではなく、重大なセキュリティインシデントを引き起こす要因ともなりかねない。このような問題を解決する方法、それは「ユーザーにパスワードを使わせないこと」である。

[08:00 3/6]

2017年02月22日(水)

【特別企画】-40~550度まで!? 進化するセキュリティカメラの可能性「MOBOTIXサーマルカメラ」

防犯意識の高まりによって急増する監視(セキュリティ)カメラ需要。2015年11月に富士経済グループ「セキュリティ関連の国内市場を調査」によると、2018年における監視カメラの国内市場は2014年比で42.6%増の546億円と予想されている。

[08:00 2/22]

2017年02月16日(木)

【特別企画】日本の造船業 光と影

日本は島国なので英国同様に造船技術が大変発達しました。実は私の父親も造船技術者でした。その父親が一番輝いていたのは、昭和30年代から40年代にかけてではなかったかと思います。今では、ドックに水が溜まり船が浮き上がるという注水式の進水式が主流ですが、昭和40年ころまでは、船台を船が後ろ向きにスルスルと滑り、しぶきを上げて海に浮かぶ船台式の何とも趣のある方式でした。

[08:00 2/16]

2017年02月02日(木)

【特別企画】経営へのヒント - 二人の将軍に見る人間力

片や超ワンマン・カリスマ社長、片や控えめながら堅実な経営者。ビジネスの世界ではいずれの場合も部下に有能な人材がいて、経営者が部下の提言を適切に聞き入れたり、社員が自信をなくしている時に勇気付けたりすることで、組織の力は最大値になるのではないかと思います。そこが機械やコンピューターと大きく異なる点です。経営者の人間力が正に企業のあり方そのものを変えると言っても良いのではないでしょうか。1990年代にはやった「成果主義」に飛びついた企業などは、経営者の信念を問いたくなります。明治以来脈々と築き上げられた終身雇用制度も、札びらで頬を叩くような転職が持てはやされた結果、崩れつつあるように感じます。結果的に技術者の流出にとどまらず、情報(ノウハウ)の流出まで発生して、競合会社を育成することになったのではないでしょうか。今日は二人の将軍の人間像から経営のヒントを探りたいと思います。

[08:00 2/2]

2017年01月30日(月)

【特別企画】対策の決め手は感染時対応! 「標的型メール攻撃訓練」で疑似体験を

2016年も企業を狙った多くのサイバー攻撃が発生した。中でも標的型メールによる攻撃は高度化、巧妙化が顕著になり、その攻撃対象は大企業から、より防御力の弱い中堅/中小企業へと拡大するという傾向も目立っている。セキュリティ対策の強化は、企業の規模にかかわらず急務といえるだろう。

[14:30 1/30]

2017年01月20日(金)

【特別企画】【21世紀の資源問題シリーズ(2)】世界の食糧危機を救った男

資源問題シリーズ第2弾として食糧を考えます。戦前までほぼ100%であった日本の食糧自給率は、その後は低下傾向にあります。他の先進国との相対比較でも最も低いようです。必要カロリーベースでの日本の食糧自給率は39%なので、異常気象などの天災や地域紛争など、予期せぬ事態が長期化した場合には、日本国民の60%に当たる7000万人ほどは飢える計算となるのです。そういう観点では、日本もカロリーベースで食糧自給率を100%に近づける、抜本的な農業政策(食の安全保障)が必要なのではないでしょうか。

[08:00 1/20]

2017年01月12日(木)

【特別企画】【21世紀の資源問題シリーズ(1)】日本の水は大丈夫か…

かつて群馬県や栃木県は、県内の豊富な地下水のおかげで河川の水資源を欲していませんでした。しかし、その後の人口増加と企業誘致によって大規模工場が増加したことで、地下水のくみ上げが限界を迎え、河川の水資源へのニーズが急速に高まりました。ところが、利根川などの水利権は財政の潤沢な東京都に抑えられ、県内を利根川が流れていても勝手に取水することができないという問題に直面。同じようなことは愛知県と岐阜県の長良川でも以前発生しました。「うちの県は関係ないよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、水資源問題は意外と根深いのです。

[08:00 1/12]

2016年12月28日(水)

【特別企画】甲子園の怪物と言われた男

高度経済成長期の余韻が残る昭和48年の春、甲子園を沸かした怪物ピッチャーがいました。今では気さくな野球解説をしている作新学院の江川卓です。一部の週刊誌では、江川が高校2年生の時から、栃木の作新学院に怪物ピッチャーがいると特集を組んでいました。公式戦で完全試合を2試合、ノーヒットノーランを9試合という実績を打ち立てた正に怪物と言うに相応しいピッチャーで、江川の投球を観た時に世の中にはこんな高校生がいるのかと鮮烈な感動を覚えました。

[08:00 12/28]

2016年12月22日(木)

【特別企画】私の桜坂

大学の講義で「先生はあの福山雅治と同じ中学でした」と言ったところ、眠たそうにしていた女子学生のそれまでの態度が急変しました。人間もブランド力と言いますか、勝ち馬に乗ると思わぬ効果をもたらします。世の中、悪用する不届き者もいますので『騙り』にならないように注意しないといけません。

[12:00 12/22]

2016年12月15日(木)

【特別企画】【ちょっと得する知識シリーズ(4)】ITで有望視されるスパース・モデリングって何?

昨年のことですが、NHKの「サイエンスZERO」という番組で魔法の数式スパース・モデリングが特集されていました。少し興味を持つ内容だったので調べてみました。スパース(sparse)とは英語で「まばら」「スカスカ」「少ない」などの意味があります。スパース・モデリングとは数少ない貴重なデータから、本当に知りたかったことをえぐり出す技術とのことです。この手法が今や医療、宇宙科学などの分野に応用され画期的な成果を挙げており、今後更に、自動車の燃費改善や売上予測といった幅広い領域にも応用が期待されています。

[11:30 12/15]

2016年12月02日(金)

【特別企画】ハーバード大学MBAのケース・スタディ

新幹線で降りる時、「お疲れ様でした」と言われると、長旅で疲れた旅行客もつい気持ちがなごみます。そんな日本の僅か7分間に凝縮されたおもてなし文化にハーバード大学の教授も感動したのでしょうか。本日はハーバード大学ビジネス・スクールにおける、ケース・スタディの必須テーマとして採用された「7 Minute Miracle」についてのお話です。

[12:00 12/2]

2016年11月24日(木)

【特別企画】こんな会社潰れるわ、と言った商社マンのその後

みなさん、会社に見切りをつけられる勇気ありますか? 先の読めない経済社会では、ますます「良いものは良い」「悪いものは悪い」と言える勇気と信念が求められているのかもしれません。

[12:00 11/24]

2016年11月17日(木)

【特別企画】「NASは遅いから使えない」なんて都市伝説-映像業界における理想的なファイル共有システムとは-

ファイルの巨大化にともない、急速に重要度が増しているファイル共有システム。特に今後、ハイレゾや4K・8Kなど、高品質への対応が求められている映像・放送業界では、高速かつ大容量のファイル共有システムが必要不可欠となる。

[08:30 11/17]

2016年11月16日(水)

【特別企画】無敵の三菱商事に挑んだ男「燃料第2部の天才営業」

1960年代、高度経済成長時代の猛烈社員の典型が総合商社マンでした。夜10時過ぎから銀座のクラブで飲み始めても、丸の内の本社オフィスから呼び出しの電話が入ると、会社に戻って仕事に励んだのでした。今そんなことをしたら「ブラック企業」と言われるかもしれませんが、それでも当時のビジネスマンには情熱がありました。

[11:30 11/16]

2016年11月09日(水)

【特別企画】【ちょっと得する知識シリーズ(3)】素数と昆虫の不思議な関係、実に面白い

2016年夏に北米オハイオ州やペンシルバニア州などで、17年ゼミが大量に発生しました。17年ごとに発生する不思議なセミです。北米には17年ゼミ以外に13年ゼミもいます。不思議なことに13と17という素数です。この数値以外に周期的に発生するセミはいません。何故素数のサイクルで発生するようになったのでしょうか。

[08:30 11/9]

2016年11月04日(金)

【特別企画】【ちょっと得する知識シリーズ(2)】toto/ロトはこう買う。庶民の一獲千金術

みなさん、2億円が当たったらどうしますか? しかも所得税も住民税もなし。歴史に『たら』『れば』はありませんが、宝くじの『たら』『れば』を語るのは妙にワクワクしますよね? 女性は「貯金する」と答えるケースが多いようですが、一般サラリーマン諸氏は「家のローンを返す」に加え、「ポルシェを買う」「クルーザーを買う」なんて消費意識が強いようですね。

[12:00 11/4]

2016年10月27日(木)

【特別企画】【ちょっと得する知識シリーズ(1)】素因数分解を知れば暗号が分かる

数学が嫌いな人も、原理が分かれば面白くなります。また数学に造詣のある人は、今後ひょっとしたら画期的な理論を考案して、ITの世界に革新をもたらすかもしれません。例えば、スパースモデリングはCTスキャンや宇宙観測の領域に革命をもたらしました。暗号も言わば関数y=f(x)ととらえることができます。あるデータx(数値や文字)を入れると関数f(x)によって意味不明の値yに変換され、それを見ても真の意味は理解されませんが、別の関数x=g(y)で伝えたい情報データxが復元されるという仕組みです。

[12:00 10/27]

2016年10月21日(金)

【特別企画】日本の暗号は何故漏れた? 「歴史に『たら』『れば』はないが…」

あのローマの英雄ジュリアス・シーザーも利用したという暗号。現代と比べれば、文字列をずらしただけの単純なロジック(シーザー暗号)でしたが、それでも当時、解読は実質不可能で軍事的な命令伝達には必須でした。それから2000年後の日本軍の暗号はどうだったのでしょう。

[09:00 10/21]

2016年10月17日(月)

【特別企画】役員全員反対の中、押し通した英断 「あなたの会社の経営者できますか?」

皆さんの会社の社長は、周りの役員が全員反対でも自身の信念を貫けるでしょうか? 会社の魅力とは何でしょう? 私が思うに経営者の卓越したリーダーシップと人心に響く理念ではないかと思うのです。そんな信念を貫いた二人の社長についてのお話です。

[08:30 10/17]

2016年10月11日(火)

【特別企画】高度な算数で事象は説明できる【条件付き確率】

前回の条件付き確率の問題で、ちゃんとした解き方が知りたいという方向けに図解入りで解答を用意しました。言われてみれば、そうかという感じになるのではないでしょうか。数学なんてそんなものです。それがきっかけで数学に目覚めるということもありますので面白いのです。

[09:00 10/11]

2016年10月05日(水)

【特別企画】日本の財産【戦艦武蔵を造った技術者たち】

技術大国日本、最近はこの言葉を聞くことはめったにないのですが、日本はロボット工学、耐震免震技、造船、精密機械、自動車、鉄鋼分野で、今も世界トップクラスです。分野だけ見ると戦争のための技術に偏っているようですが、戦後日本を支えた業界ですね。これらを支えた、「技術者」こそ20世紀の宝だったわけです。

[09:00 10/5]

2016年09月21日(水)

【特別企画】何故、モンキー・D・ルフィを助けるのか【気骨ある経営者】

カリスマ経営者、変態的思い込みの創業者、成功と失敗は紙一重。その中で、何故か、他人が助けてくれる、チャンスをくれる経営者がいますよね。頭がいいのではなく、分かりやすく言えば、ワンピースのルフィのような存在。揺るぎない信念、仲間を大切にするリーダー・・・共通して言えることは。

[12:00 9/21]

2016年09月07日(水)

【特別企画】「わからない」に応える「脆弱性診断サービス」、標的型メール攻撃の訓練も

セキュリティ対策サービスは、コンピューターメーカーもシステムインテグレーターも、その対象を大企業から中堅・中小企業へと移行しているのが現状だ。しかし残念ながら、現場を理解していない営業が「大企業と同じメニューで8割引」などといって契約させる、安易なビジネスが横行している。

[12:00 9/7]

2016年09月06日(火)

【特別企画】高度な算数で事象は説明できる【ITと数学】

USの人気ドラマで、ナンバーズ。殺人事件を数学で解決する兄弟がヒーローのドラマですが、事件だけでなくて、日常の事象も数学?いや高度な数学で(無理やり)説明がつくはずですね。ITはもっと単純では?もともと、0か1で始まっているのですから。

[09:00 9/6]

2016年08月23日(火)

【特別企画】なぜ世界中で「Box」が選ばれるのか? IUK美人エバンジェリストが語る3つの理由

ファイルサイズの巨大化にともないファイル共有サービスの重要性が急増している。そして、数あるファイル共有サービスのなかでも、コンテンツ・マネジメント・プラットフォームと位置づけられ、近年もっとも注目を集めている存在、それが「Box」である。

[09:00 8/23]

2016年08月22日(月)

【特別企画】あくなき探求と歪な自己実現【ハッカーの手口】

セキュリティレベルが議論されることが多いのですが、これからは、悪い意味でのやばいハッカーレベルXに対応できるセキュリティ対策を・・・と議論されるべき時代です。そもそもハッカーの基本的な手口とは。

[09:00 8/22]

2016年07月29日(金)

【特別企画】アイ・ユー・ケイ、遠隔地ファイルレプリケーションソリューション「IUKSYNC2016」を販売

TISインテックグループのアイ・ユー・ケイは、 クラウドや遠隔拠点への大容量ファイルバックアップや拠点間のファイル共有を可能にした、 遠隔地ファイルレプリケーションソリューション「IUKSYNC(アイユーケイシンク)2016」を7月1日から販売開始した。

[08:00 7/29]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事