マイナビニュース | 企業IT | 情報システム | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年03月28日(火)

セールスフォースとの提携が意味するもの

米IBMは、現地時間の2017年3月19日~23日、米ネバダ州ラスベガスで、クラウドおよびコグニティブを対象にしたプライベートカンファレンス「IBM InterConnect 2017」を開催した。同イベントには、開発者やユーザー、パートナー企業など、全世界から2万人以上が来場。日本からも約180人が参加した。

[11:00 3/28]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第61回 ヘリコプター(10)ヘリコプターの降着装置

前回、米軍のクレーン・ヘリコプター、CH-54タルヘを紹介した。胴体(?)下部に人員輸送用などのコンテナを取り付けられるように、長~い降着装置を両側面に取り付けた姿が、ますます異様な雰囲気を増幅している。と、そんな話が出たところで、今回はヘリコプターの降着装置の話を。

[10:00 3/28]

NTTレゾナント、AIを活用したgooサービス拡大 - 今秋には旅行サービス開始

NTTレゾナントは、gooのサービス開始から20年目となる3月27日、AIを進化させて新たなサービスの展開を行っていくという同社の事業戦略を発表した。

[07:30 3/28]

2017年03月27日(月)

未来の働き方を提案 - コニカミノルタがベルリンで「Workplace Hub」を発表

コニカミノルタは3月23日(現地時間)、ドイツ・ベルリンのUmspannwerk Alexanderplatzにおいてグローバルプレスイベント「KONICAMINOLTA SPOTLIGHT」を開催した。同イベントにて同社はオフィスのITインフラを1つに統合する企業向けIoTプラットフォーム「Workplace Hub(ワークプレイス ハブ)」を発表した。発売は2017年秋から順次行われる予定。

[11:00 3/27]

2017年03月25日(土)

軍事とIT 第184回 アンテナいろいろ(3)レーダーのアンテナ・その2

今回も、レーダーのアンテナに関する話の続きである。前回はレーダー用アンテナというと連想されやすいリフレクタ・アンテナの話だったが、実のところ、それ以外のタイプのアンテナも多い。まずは身近なところでも見かける機会がある八木アンテナから。

[12:00 3/25]

2017年03月24日(金)

ブロマイド購入から小冊子プリントまで! 知っておきたいネットプリント活用術

コンビニエンスストアの店頭に設置されたコピー機は今や「マルチコピー機」と呼ばれるなど、多機能化が進んでいる。中でも、筆者が特にオススメしたい機能が「ネットプリント」だ。仕事からプライベートまで、さまざまな使い方できる。そこで本稿では、知られていないけど便利な「ネットプリント」の機能を紹介しよう。

[11:30 3/24]

「IoT成功のカギはデータの可用性」 - Veeamバイス・プレジデント

従来のバックアップ/リストア製品とは一線を画した「アベイラビリティソリューション」の提供で新市場を開拓しているVeeam Software。日本法人設立から約1年を経て、国内での知名度も高まってきた。このたび来日した、アジア・日本担当バイス・プレジデントのエフェンディ・イブラヒム氏と、日本法人でシステムズ・エンジニアリング・マネージャーを務める吉田幸春氏に、日本市場の展望を聞いた。

[09:00 3/24]

2017年03月23日(木)

大丈夫? クラウド活用時のデータ保護対策 第4回 ハイブリッドクラウドにおける災害対策(前編)

今回は、ハイブリッドクラウドのような増大する複合インフラについて、災害から守り、万が一災害に遭った際は確実に復旧させるためには、何を行うべきかを説明します。

[13:30 3/23]

カゴヤ、ベアメタルサーバのミドルウェア監視と障害復旧1次対応を提供

カゴヤ・ジャパンは3月23日、ベアメタルサーバー「FLEX」を対象に各種ミドルウェアの監視と障害復旧1次対応をセットで提供するオプション「ミドルウェア監視復旧サービス」を提供開始すると発表した。

[11:30 3/23]

ちょっと便利なGoogle活用術 第18回 「Google Spotlight Stories」と「Cardboard」でお手軽VRを楽しもう

写真や動画を見ていて、画面の外が気になったことはないだろうか? メインではない場面が気になっても、それを見ることはできないのが当たり前だった。しかし、横にぐるりと1周できるだけでなく地面も空も見られる映像コンテンツをスマートフォン1つで楽しめるのが「Google Spotlight Stories」だ。今回は、このアプリを紹介しよう。

[09:00 3/23]

2017年03月22日(水)

三井住友カードが実現を目指す、顔認証による決済サービス

2016年末~2017年始の期間で三井住友銀行とNECと共同で[顔認証技術を活用した決済サービスの実証実験](http://news.mynavi.jp/news/2016/12/12/286/)を行った三井住友カード。昨今、認知が広まりつつあるFinTechで同社が目指す顔認証による決済サービスについて、実証実験の結果を踏まえた今後の見通しを聞いた。

[10:00 3/22]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第60回 ヘリコプター(9)人や貨物の変わった乗せ方

ヘリコプターは固定翼機と異なり、ホバリングや垂直離着陸が可能である。その特質を活用して、固定翼機とは違った、人や貨物の乗せ方をする場面がある。そんな話をいろいろ取り上げてみよう。

[09:00 3/22]

2017年03月18日(土)

軍事とIT 第183回 アンテナいろいろ(2)レーダーのアンテナ・その1

前回は総論だったが、今回からは分野別(用途別)に、実際にどんなアンテナが使われているか、という話を書いてみよう。登場した順番からすると通信のほうが先だが、「華」がある話題ということで(?)レーダーの話を先に取り上げる。

[11:30 3/18]

2017年03月17日(金)

AIの「公平性」や「公正さ」どう担保するのか? - 米Microsoft DAVID氏

日本マイクロソフトは3月16日、AIに関するプレスラウンドテーブルを開催し、米Microsoft Vuce President 規制関連分野担当 DAVID A.HEINER(ディビッド A. ハイナー)氏が、AIに関する同社のアプローチや世界がAIについて考えなければならないことについて説明した。

[10:00 3/17]

2017年03月16日(木)

ちょっと便利なGoogle活用術 第17回 終活にも有効!? 死後にGoogleアカウントを自動削除・通知してくれるツール

Googleの提供するサービスは多岐にわたっており、非常に便利だが、自分の身に何かが起きて管理できない状態になったらどうなるだろうか。Googleアカウントを管理できなくなった時、「削除したい」「近親者に公開したい」、そんな要望に応えてくれるのが「Googleアカウント無効化管理ツール」だ。

[09:00 3/16]

2017年03月15日(水)

シスコ、HCIの「Cisco HyperFlex」がオールフラッシュ対応-6倍のIOPSを実現

シスコシステムズは3月14日、都内で記者会見を開き、同社のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(Hyper Converged infrastructure:以下HCI)製品「Cisco HyperFlex」を機能拡張した「Cisco HyperFlex 2.0」を発表した。

[11:00 3/15]

ゼロから始める! ヤマハルータでつくるVPN 第1回 VPNルータ「RTX1210」で最小限のLANを構築してみよう

本連載「ゼロから始める! ヤマハルータでつくるVPN」では、3つのネットワーク機器を使い、中堅・中小規模の企業においてよく使われているタイプのVPNネットワーク環境を一から構築していきます。構築する手順を紹介する中で、発生しやすいトラブルの対処法なども随時紹介していきます。

[09:00 3/15]

2017年03月14日(火)

日本IBM、Watsonを活用した企業向け気象予報提供サービスを開始

日本IBMは3月13日、都内で記者会見を開き、気象庁の定める気象予報業務の許可を2月27日に取得し、自社の気象予報士が24時間365日、リアルタイムにアジア・太平洋地域の気象予報を行う気象予報センターを本社内に開設、気象予報や気象データを企業向けに提供するとともに、それらを活用したソリューションの提供を開始すると発表した。

[09:47 3/14]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第59回 ヘリコプター(8)オートローテーション

固定翼機は高度が十分にあれば、エンジンが停止しても滑空して降りてくることができる。巨大なボーイング767ですら、ガス欠でエンジンが止まってしまった時に、ちゃんと滑空して降りてくることができた。では、ヘリコプターはどうだろうか?

[09:00 3/14]

2017年03月13日(月)

軍事とIT 第182回 アンテナいろいろ(1)アンテナの重要性

本連載は「軍事とIT」というタイトルだが、実質的にはIT(情報技術)というよりもICT(情報通信技術)にフォーカスしていると言える。実のところ、情報技術がこの業界に入り込んでくるよりも先に、まず通信のほうが先行していた。

[15:00 3/13]

2017年03月10日(金)

Nutanix町田新社長が語る、国内における事業展開と目指す場所

ITインフラの運用管理によるコスト高や人材不足が叫ばれる昨今、IT業界で異彩を放つのがNutanixだ。2009年にGoogle File SystemやOracle Exadataの開発メンバーらにより米国デラウェア州で創業し、現在は同カルフォルニア州サンノゼに本社を構えている。同社は、これまでグローバルで4600社、国内では350社に対し、製品の導入実績を誇っており、日本法人は2013年に設立した。今回、2016年11月に就任したニュータニックス・ジャパン合同会社 マネージング ディレクター 兼 社長の町田栄作氏に国内における事業戦略について話を聞いた。

[11:00 3/10]

HPE、ProLiant史上最小サーバ「HPE ProLiant TM200」の提供開始

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は3月9日、小規模システム向けの新サーバ「HPE ProLiant Thin Micro TM200(以下、HPE ProLiant TM200)」の提供を同日より開始すると発表した。

[09:00 3/10]

2017年03月09日(木)

基礎から学べるTCP/IP徹底解説 第5回 TCP/IPプロトコルスタックと「インターネット層」

前回は、TCP/IPの4階層モデルの「ネットワークインタフェース層」について、OSI参照モデルのデータリンク層に相当する階層の役割やプロトコルについてお話しました。今回はTCP/IPの4階層モデルの、「インターネット層」を紹介します。 前回は、TCP/IPの4階層モデルの「ネットワークインタフェース層」について、OSI参照モデルのデータリンク層に相当する階層の役割やプロトコルについてお話しました。今回はTCP/IPの4階層モデルの、「インターネット層」を紹介します。 前回は、TCP/IPの4階層モデルの「ネットワークインタフェース層」について、OSI参照モデルのデータリンク層に相当する階層の役割やプロトコルについてお話しました。今回はTCP/IPの4階層モデルの、「インターネット層」を紹介します。

[09:00 3/9]

2017年03月07日(火)

法人に便利な機能が拡充! 働き方革命に効く「ネットプリント」

コンビニエンスストアの店頭に設置されたコピー機がどんどん進化している。FAX機能、Wi-Fi経由でのプリント機能、ネットプリント機能など、さまざまな機能が追加されている。さらに富士ゼロックスでは、法人向けにIDカード認証や一括後払いなどのサービス提供しており、企業がワークスタイル変革の一環として利用を始めているという。

[11:30 3/7]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第58回 ヘリコプター(7)速度限界の突破~ティルトローター機

前回は、シコルスキーX2、ユーロコプターX3、X-49スピードホークといった、推進用プロペラを別に用意するタイプの機体を取り上げた。X2はその後、実用を目指したS-97レイダーに発展したが、その他の2社は実用機を開発する動きにつながっていない。一方、すでに実用機の配備が進んでいるのが、すでにおなじみの「あれ」である。

[09:00 3/7]

2017年03月04日(土)

軍事とIT 第181回 マン・マシン・インタフェース(6)カラー表示とモノクロ表示

その昔には白黒テレビというものがあって、NHKの受信契約もカラーと白黒で別立てになっていた(もちろん白黒契約のほうが受信料が安い)。また、ノートPCも登場した当初はモノクロの液晶ディスプレイで、色を変えられない代わりに階調表示を使っていた。

[11:30 3/4]

2017年03月03日(金)

神戸市がIoTを使って中小製造業の「つながる工場」化を推進

神戸市は航空機部品を製造する地場の中小企業をIoTで相互連携させ、異なる企業の工場があたかも同一生産ラインで稼動するかのような「つながる工場」化を目指した取り組みを始めている。A社が加工した部品がいったん元請メーカーに納品され、次工程はあらためてB社に発注される「のこぎり発注」を排し、A社からB社へ部品を直接受け渡すことで短納期や生産効率向上を図り、競争力を強化する。このような動きのなか、地元中小企業2社がセンサーを試験的に導入した。

[11:00 3/3]

2017年03月02日(木)

Arcserve UDPの最新版発表、リカバリ不能を回避する新機能搭載

arcserve Japanは3月1日、統合バックアップ・リカバリ製品の最新版「Arcserve Unified Data Protection v6.5(UDP v6.5)」と「Arcserve Backup r17.5(Backup r17.5)」を発表した。

[13:30 3/2]

基礎から学べるTCP/IP徹底解説 第4回 TCP/IPの「ネットワークインタフェース層」(2)

前回は、TCP/IPの4階層モデルのネットワークインタフェース層について、OSI参照モデルの「物理層」に当たる階層について説明しました。今回は、ネットワークインタフェース層のうち、「データリンク層」に当たる階層の役割やプロトコルを紹介します。

[08:30 3/2]

2017年03月01日(水)

専門家が語る、中国でFinTechが発展したワケ

近年、中国ではFinTechが急成長しており、アリババグループの螞蟻金融服務集団(以下、Ant Financial)やテンセントが市場の成長をけん引している。今回、中国におけるFinTechの動向について、野村総合研究所 金融ITコンサルティング部兼グローバル産業・経営研究室 上級コンサルタント 李智慧氏の話を紹介する。

[11:00 3/1]

クラウド関連が売り上げ全体の5割超 - サイボウズ青野氏が2016年を振り返る

サイボウズは2月28日、都内で2016年12月期(2016年1月~12月31日)の決算と2017年の事業戦略について記者会見を開催。説明には同社 代表取締役社長の青野慶久氏が登壇した。

[07:30 3/1]

羽田空港でAI搭載ロボット「MINARAI」が実証実験 - AI+人だからできるおもてなし

2016年12月より、羽田空港でロボット製品の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の実証実験が開始した。同プロジェクトには、清掃ロボット、移動支援ロボット、案内ロボットが参加しているが、今回、Nextremerの案内ロボット「MINARAI」のデモを体験してきた。

[07:00 3/1]

2017年02月28日(火)

航空機の技術とメカニズムの裏側 第57回 ヘリコプター(6)速度限界の突破~推進装置を別に持つ

第55回で解説したように、ヘリコプターは揚力と推進力を発生させるメカニズムの関係で、最高速度に関する制約がついて回る。しかし、特に軍用ではスピードが遅いと生存性や作戦上の効率に関わるから、最高速度に関する制約をなんとかして突破できないか、という話が出てくるのは必然と言える。

[13:30 2/28]

Pepperが自ら出勤 - 新たなステージに突入したANA式ロボット活用術

全日本空輸(ANA)は、成田空港、福岡空港に続き、宮崎ブーゲンビリア空港でのPepperの利用を開始した。宮崎空港では、Pepperが自走して自ら勤務地に移動する取り組みも始まっている。では、約1年前から始まったANAのPepper活用は、何を目指しているのか? この取り組みをデザインした、全日本空輸 デジタル・デザイン・ラボ(DDL) エバンジェリスト 野村泰一氏に話を聞いた。

[11:00 2/28]

2017年02月27日(月)

残業はロボットにやらせる時代に - アバナードがTechnology Vision 2017

アバナードは2月16日、今後数年の技術動向を予想するレポート「Avanade Technology Vision 2017」を発表したことに伴い、同レポートの内容に関する記者説明会を開催した。説明会では、来日した米Avanade CEOのAdam Warby氏が概要を説明した。

[11:00 2/27]

2017年02月25日(土)

軍事とIT 第180回 マン・マシン・インタフェース(5)ポインティングとスマホ化

初期のコンピュータは文字表示やコマンド操作が多かったから、ポインティングデバイスは必須ではなかった。なにも軍用に限ったことではなくて、パーソナルコンピュータでもMS-DOSの時代にはマウスなしで用が足りるケースは多かった。しかし、今ではそうはいっていられない。

[11:30 2/25]

2017年02月24日(金)

インフィニダット ジャパンがSCSKとストレージ製品販売で協業

インフィニダット ジャパンは2月23日、都内で記者会見を開き、SCSKとサービスパートナー契約を締結し、Infinidatのストレージソリューションの日本市場における販売で協業することを発表した。今回の合意により、SCSKの営業体制のもと、Infinidatのストレージソリューションを顧客に提供する体制を構築した。

[10:08 2/24]

NSW、PTC、HPEの3社、工場のIoT検証用のスターター・パッケージ

日本システムウエア(NSW)、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカード(HPE)の3社は2月23日、IoTの本格導入する前の検証用として、「ファクトリーIoT スモール・スターター・パッケージ」を共同開発し、同日より提供開始すると発表した。

[09:00 2/24]

2017年02月23日(木)

シトリックス、クラウドサービス「Citrix Cloud」の国内提供を開始

シトリックス・システムズ・ジャパンは2月22日、同社のワークスペースサービスの配信を一元管理するサービス基盤「Citrix Cloud」を日本市場においてクラウドサービスとして提供を開始した。第1弾として、XenApp & XenDesktop Service、XenDesktop ServiceおよびXenApp Secure Browser Serviceからサービスの提供を始める。

[09:00 2/23]

2017年02月21日(火)

ジュ二パー、DC向けフレームワーク「Juniper Networks Unite Cloud」を発表

ジュニパーネットワークスは2月20日、データセンター向けフレームワーク「Juniper Networks Unite Cloud」を発表した。今回、米国本社から開発・イノベーション(JDI)担当 コーポレートバイスプレジデントのアーメッド・ゲタリ氏が来日し、新製品の説明を行った。

[09:30 2/21]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第56回 ヘリコプター(5)エンジンの数と配置

前回にも触れたように、ヘリコプターのエンジンはターボシャフト・エンジンが主流である。ヘリコプターに求められるのはローターを回す機能だから、ジェット・エンジンみたいに排気ガスを噴出して推進力を得るのではなく、排気ガスでタービンを回して回転力を得る。

[09:01 2/21]

2017年02月20日(月)

セールスフォース、Spring'17の目玉機能「Einstein Supervisor」を紹介

セールスフォース・ドットコムは2月20日、オムニチャネル対応機能として、2月13日から提供が開始された「Salesforce Service Cloud Spring'17」の新機能である「Salesforce LiveMessage」と目玉機能である「Einstein Supervisor」について説明するプレスセミナーを開催した。

[17:00 2/20]

2017年02月18日(土)

軍事とIT 第179回 マン・マシン・インタフェース(4)どう操作するか

状況認識(SA : Situation Awareness)は大事な要素だし、そのために「センサーなどから入ってきた情報をどう見せるか」が重要であることは論を待たない。しかし、軍事作戦では「見てるだけ~」というわけにはいかない。状況を認識したら、それに基づいて対応行動をとらないといけない。

[11:30 2/18]

2017年02月17日(金)

スポーツ×ITが発展するポイント - NRIの担当者が解説

情報サービス産業協会(JISA)は2月16日、都内で「スポーツを進化させるICT」をテーマに記者説明会を開催した。今回、野村総合研究所(NRI) ICT・メディア産業コンサルティング部 副主任コンサルタントの滑健作氏が「スポーツ×ITの動向と展望」と題し、説明を行った。

[11:30 2/17]

2017年02月16日(木)

伊丹市が街中に1000個のビーコンを設置して見守りサービス

兵庫県伊丹市は阪神電気鉄道(阪神電鉄)と協働で、全国初の試みとして2016年1月から、街中に1000個のビーコン受信器の設置を開始し、同年3月から小学生と徘徊する認知症高齢者等に対する見守りサービス「まちなかミマモルメ」の運用を開始した。

[11:30 2/16]

2017年02月15日(水)

デル、中堅企業向けビジネスを強化 - 「ひとり情シス」向け施策を発表

デルは2月14日、中堅企業に特化したビジネス戦略に関する記者発表会を開催。「ひとり情シス」向けのソリューションの提供やITコンシェルジュの採用などを発表した。

[07:30 2/15]

2017年02月14日(火)

NECとオラクルが提携、NECのデータセンターからOracle Cloudを提供

NECと日本オラクルは2月14日、顧客のデジタルビジネス創造を支えるクラウド事業の戦略的な提携を行うことで合意したと発表した。これにより、NECは同社の国内に構えるデータセンターから「Oracle Cloud」を提供する。

[16:18 2/14]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第55回 ヘリコプター(4)ローター・ヘッドとトランスミッション

前回は、ヘリコプターの安定飛行と操縦を可能にするためのキモとなる機能、つまりローター・ブレードの動作と機能について解説した。回転するローター全体での迎角の変化(コレクティブ・ピッチ)と、1回転する中での周期的な迎角の変化(サイクリック・ピッチ)の両方が必要という、実に複雑なメカである。

[15:06 2/14]

GoogleやCiscoの動きは、CAの戦略や方向性が正しいことを実証するものだ

CA TechnologiesのChris Rowett氏(アプリケーション・デリバリー部門テクニカルセールス担当バイスプレジデント)は、「これからは、ソフトウェアがブランドになる」と言い切る。Rowett氏、そして日本CAでDevOpsビジネス事業ディレクターを務めるMatty Kaffeman氏にDevOps導入の障害や最新動向、今後の強化について聞いた。

[11:30 2/14]

2017年02月13日(月)

ベリタス、BCP/DRソリューションの最新版で日本語環境のサポート開始

ベリタステクノロジーズは2月10日、BCP(事業継続計画)/DRソリューション「Veritas Resiliency Platform」の最新版に関する説明会を開催した。最新版から、日本語OSと日本語ハイパーバイザー上での動作が保証された。

[11:30 2/13]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事