マイナビニュース | 企業IT | 情報システム | ヘッドライン(2017)(1ページ目)

ヘッドライン

2017年09月21日(木)

Dropbox、新APIやパートナー各種ツールで「DBX Platform」ローンチ

Dropboxは現地時間20日、Metadata API、File Requests API、Paper APIの3つの新たなAPI群やAtlassian Jira Software、Autodesk AutoCAD、Microsoft Outlookとの連携とともに共同作業やチームタスクを加速させるプラットフォーム「DBX Platform」を発表した。

[19:22 9/21]

レオパレス21、IoTとLoRaによる見守りシステムの実証実験

レオパレス21は9月21日、エネルギーマネジメント事業を手がけるMTESと共同で、レオパレス21が運営する介護施設「あずみ苑グランデ草加」において、利用者の見守りサービスの一環としてIoTとLoRa技術による「高齢者見守りシステム」の実証実験を2017年9月25日から開始すると発表した。

[18:34 9/21]

ネットギア、スマホで設定・管理が可能なクラウド対応ネットワークスイッチ

ネットギアジャパンは9月21日、法人向け製品で初となる、スマートフォンで設定・管理ができるクラウド対応ネットワークスイッチ「GC110」「GC110P」「GC510P」「GC510PP」と、アクセスポイント「WAC510」を同27日から販売を開始すると発表した。

[16:14 9/21]

内閣府"マイナポータル"の電子申請機能基盤にSalesforceが活躍 - セールスフォース・ドットコム

セールスフォース・ドットコムは、政府運営のオンラインサービス「マイナポータル」の電子申請機能「ぴったりサービス」基盤をSalesforceを用いて構築、アジャイル型開発手法と組み合わせることで契約から6カ月という短い期間で稼働開始を達成したことを発表している。

[16:08 9/21]

富士通研究所と富士通、AIの推定理由や根拠を提示する新技術

富士通研究所と富士通は9月20日、グラフ構造のデータを学習する富士通研究所独自の人工知能(AI)技術「Deep Tensor(ディープ テンソル)」と、学術文献など専門的な知識を蓄積したグラフ構造の知識ベース「ナレッジグラフ」を関連付けることにより、大量のデータを学習させたAIの推定結果から推定理由や学術的な根拠を提示する技術を開発したと発表した。2018年度に富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」での実用化を予定している。

[14:30 9/21]

日立など、IoTプラットフォーム「Lumada」を体系化した新ソフトウェア群

日立製作所と同社のグループ企業である米Hitachi Vantara(日立ヴァンタラ)は9月19日(現地時間)、日立のIoTプラットフォームである「Lumada」のアーキテクチャを体系化し、これに基づくソフトウェア群をV2.0として提供すると発表した。

[14:00 9/21]

ユニアデックス、IoTを活用したトイレ施設の状態を把握するサービス

ユニアデックスは9月21日、施設保全業務における最適化と付加価値を実現するIoTサービス「AirFacility」シリーズの第1弾として、トイレ施設を対象とした「AirFacility Aqua(エアーファシリティー アクア)」を10月16日から販売開始し、11月1日からサービスを提供開始すると発表した。

[14:00 9/21]

オンラインファイル共有市場が2桁成長、企業での利用用途は?

ITコンサルティング調査会社であるアイ・ティ・アールは21日、国内のオンラインファイル共有市場規模の推移を発表した。2016年度の売上金額は約77億8,000万円、前年度比16.7%の伸びを示し、対象のほぼ全てのベンダーの売上げが増加。2桁以上の伸びを示したベンダーが半数以上になるなど広い需要を推察できる。

[13:28 9/21]

SBI証券、「WealthNavi for SBI証券」の対面サービスを10月に提供

SBI証券は9月20日、ウェルスナビおよびGAIA(ガイア)と業務提携し、ロボアドバイザーによる資産運用サービス「WealthNavi for SBI証券」の対面サービスの提供を2017年10月から開始すると発表した。新サービスにより、さらに多くの個人投資家の資産形成を支援できると期待しているという。

[13:18 9/21]

富士通とアジラ、町田市でIoTを活用した帰宅困難者の見守り実験

富士通とIT開発を手がけるアジラは9月21日、富士通のクラウド型IoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」と、創業支援施設「町田新産業創造センター」に入居するアジラの画像認識技術を活用して開発した、帰宅困難者を見守るサービスの実証実験を行うと発表した。

[13:02 9/21]

[Veritas Vision]ベリタス、マイクロソフトとの連携強化で「360度データ管理」を前進

Veritas Technologiesは9月18日から20日まで、米ラスベガスで年次イベント「Veritas Vision 2017」を開催している。同イベントの開催はSymantecから分社後2回目となり、CEOのBill Coleman氏は1年前に打ち出した「360度データ管理」戦略を着実に実現していることをアピール、マルチクラウドにおけるMicrosoftとの提携、主力のバックアップ製品「NetBackup」の最新版などを発表した。

[13:00 9/21]

ベリタス、「360度データ管理」を構成する全製品にAzure連携機能

ベリタスは9月20日、同社が提供するデータ管理のコンセプト「360度データ管理」をMicrosoft Azure上で実現するための製品群の各種新機能を発表した。

[12:08 9/21]

オラクル、PaaSへの既存ライセンス持ち込み含む新クラウド・プログラム

米オラクルは9月20日(現地時間)、クラウドサービスの購入方法や利用形態を改善するプログラムを発表した。新プログラムには、PaaSに既存のライセンスを持ち込む「Bring Your Own License(BYOL)」と「Universal Credits」が含まれる。

[11:30 9/21]

ファミリーネット・ジャパン、ICT活用の高齢者住宅向け安否確認サービス

東京電力グループのファミリーネット・ジャパンは9月20日、サービス付き高齢者向け住宅へ向けた「スマートウェルネスシステム」の提供を開始すると発表した。

[10:53 9/21]

ティントリ、Enterprise Cloudに向けた新オールフラッシュ「EC6000」

ティントリジャパンは9月20日、スケールアウト型のオールフラッシュストレージの新シリーズ「Tintri EC6000 オールフラッシュシリーズ」(以下、EC6000)を発表した。同日からパートナー経由で販売される。参考価格は税別で1,348万5,000円(論理実効容量19TB)~。

[08:00 9/21]

2017年09月20日(水)

ドコモ、AIによる数時間先の人口分布を予測する実証実験

NTTドコモ(ドコモ)は9月20日、ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計と、NTTグループのAI「corevo」を構成する「時空間変数オンライン予測技術」を組み合わせることにより、日本全国の現在、および数時間先のあるエリアにおける人数を予測する「近未来人数予測」の実用化に向けた実証実験を開始すると発表した。

[16:31 9/20]

NTTレゾナント、AIが旅行プランを提案してくれるサービスを開始

NTTレゾナントは9月20日、旅行比較サイト「goo旅行」において、AIが対話を通じてユーザーの気分を察し旅選びをサポートするサービスを開始した。あてはまる回答の選択肢を選ぶか自由記述による回答をすることで、AIがユーザーの気分に合ったさまざまなプランを提案してくれる。

[16:26 9/20]

アキバのホビーショップが接客係に採用したAI搭載の2次元少女

買い物中に「トイレの場所を知りたいけど店員に聞く勇気がない……」という困難に直面した経験はないだろうか。店員に聞かずとも、知りたい場所へ案内してくれるシステムがあれば……、きっとそんな悩みを感じることはないはずだ。そしてそのシステムが2次元の美少女だった暁には、喜んでトイレの場所を聞いてしまうだろう。店舗側からしても、話題になること間違いなしだ。「そんなうまい話があるわけない」と、考えているあなた。あきらめるのはまだ早い。そのすべてを実現する場所が東京・秋葉原にあるのだ。

[15:00 9/20]

日本オラクル、多次元データ分析「Oracle Essbase」をクラウド提供

日本オラクルは9月20日、ビジネスデータ分析、セルフサービスBI、機会学習による可視化サービスなど、ビジネスにおける広範なアナリティクス業務を支えるクラウドサービス「Oracle Analytics Cloud」を拡充したと発表した。これにより、「Oracle Essbase」を新たにクラウドで提供するほか、モバイルデバイス専用に機械学習と組み合わせた分析・可視化サービス「Oracle Analytics Cloud Day by Day」を提供する。

[12:42 9/20]

日本IBMなど、徳島県でLPWAを活用したガスのIoTサービス事業の実証

日本IBMとスタンシステム、愛知時計電機、STNet、大井電気、菱電商事は9月20日、同日から2018年3月まで徳島県において「LPガス自動検針および地域密着型IoTサービス」の普及に向けた実証実験に着手すると発表した。

[12:11 9/20]

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [8] Visual Studio Codeの提案型拡張機能

Visual Studio Codeは、Web以外のプログラミング言語もスムーズに編集できるが、その場合には拡張機能を導入することでさらに便利になる。

[12:00 9/20]

六本木炉端や、飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution」を採用

VESPERは9月20日、オンサイド・インターナショナルが運営する飲食店「六本木炉端や」が、VESPERの越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を採用したと発表した。

[09:30 9/20]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第86回 飛行機の燃料(5)燃費改善と空力対策

これまで、主として燃料を「積む」場面に関する話を取り上げてきた。軍用機でも民航機でも、長い時間、あるいは長い距離を飛行するには、できるだけ燃料を多く積みたいところだが、そうすると機体が重くなる。そこで今回は、飛行機における燃費改善について考えてみたい。

[09:00 9/20]

【特別企画】GmailやG Suiteのショートカット機能で業務を効率化【カスタマイズ編1】

は前回は本連載の特別編として、G Suiteが標準装備しているキーボードショートカット機能を紹介したが、今回はさらなる業務効率化が図れる、ショートカット機能のアドオンを紹介しよう。

[08:47 9/20]

富士通研究所、世界初ウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を開発

富士通研究所は9月19日、医療現場での診察・看護など両手が塞がりやすい業務に適したウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を世界で初めて開発したと発表した。

[08:12 9/20]

ヤマハの音で複数の映像を同期する技術「ChimeCa」を採用した初の製品が発売

ヤマハは9月19日、音を用いて複数の映像を同期する技術「ChimeCa」を採用した初の製品「ChimeCa Sports」を、スポーツセンシングを通じて発売開始すると発表した。

[07:44 9/20]

情シスのタマちゃん 第44回 本社出張⑤

たったひとり、もとい一匹で社内すべてのあれこれに対応する情シス担当・タマちゃん(猫)の日々を4コマ漫画でお届けします。

[07:00 9/20]

アプリケーションに注力するNutanixの戦略 - One OS, One Clickでクラウド

Nutanixは9月15日、都内でカンファレンス「Nutanix. NEXT ON TOUR IN TOKYO 2017」を開催した。同イベントでは.NEXTテクニカルセッションとして米Nutanix テクノロジーディレクターのジャスティン・ハースト氏が「Nutanixの持続的なイノベーションおよび今後の方向性」と題し、講演を行った。今回、その模様をレポートする。

[06:30 9/20]

2017年09月19日(火)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [92] ちょっと便利なコマンド「env」

コマンドやスクリプトを実行するときによく使われるコマンドの1つに、envコマンドがある。本来的な使い方のほかにも、ちょっと裏技的な使い方もできる便利なコマンドだ。今回は、このenvコマンドを取り上げる。

[18:30 9/19]

デロイト トーマツ、企業の健康経営を支援する「WellMe」を提供

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は9月19日、同社内カンパニーである「Deloitte Exponential」のサービスとして、企業の健康経営の実現を支援するアプリケーション「WellMe」の提供を開始すると発表した。

[18:15 9/19]

Winテクノロジ、データベースの安定運用を支援する「Cloud DB Doctor」

SCSKグループのWinテクノロジは9月19日、Microsoft SQL Serverのリソースデータをマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」に蓄積し、モニタリングサイトの提供と専門家による定期診断でデータベースの安定運用を支援するサービス「Cloud DB Doctor」を提供開始したと発表した。

[17:43 9/19]

LINE Payとじぶん銀行が連携、アプリ内の操作のみでチャージ可能に

LINE Payは9月19日、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する「LINE Pay」において、決済プラットフォームとしての利便性向上を目的に、じぶん銀行と連携したことを発表した。同日より、じぶん銀行の口座からLINE Payへのチャージが可能になる。

[16:40 9/19]

AWS、「EC2」と「EMS」の課金を時間単位から秒単位に

米Amazon Web Servicesは9月17日(現地時間)、10月2日より仮想マシン「EC2」とブロックストレージ「EBS」の課金単位を時間から秒に変更すると発表した。1秒当たりの請求は、Amazon EMRとAWSバッチにも適用される。

[16:18 9/19]

NYKとNTTら、船舶IoTの次世代プラットフォームに関する共同実験

日本郵船(NYK)とNYKグループのMTI、NTTおよびNTTデータは9月19日、NYKグループが進めている船舶IoTの次世代プラットフォーム開発に関して、NTTの有する陸上ベースの技術と研究開発成果を組み合わせた共同実験を開始したと発表した。

[16:17 9/19]

システムサポート、チケット制Oracle Database保守サービスを拡充

システムサポートは9月19日、Oracle Databaseの保守サービス「Oracle Databaseチケットサービス」をリニューアルすると発表した。これまで対応範囲外だった診断メニュー・予防メニューを追加し、名称を「Oracle Database チケット制運用支援サービス」に変更する。

[13:16 9/19]

カカクコム、「価格.com」にAI型ECサイト内検索ソリューションを導入

カカクコムは9月15日、同社が運営する購買支援サイト「価格.com」に、NTTレゾナントのAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」を導入したと発表した。

[12:30 9/19]

日立システムズ、自治体の防災資機材管理を代行 - 全国300拠点を活用

日立システムズと日立システムズフィールドサービスは、全国約300カ所のサービス拠点にいる日立システムズグループのエンジニアを活用した、企業の現場業務のデジタライゼーションを支援するサービスを拡充すると発表した。

[12:26 9/19]

【特別企画】子どもの学びは確実に変わる!? -最先端の教育事情をレポート

本稿では、「教育の情報化加速化プラン」に先駆けて、2014年から学校教育のICT化を推進してきたClassiが2017年8月に開催した「Classi FAN-MEETING」を紹介したい。同社が開発した学習支援クラウドサービス「Classi」などのICTの最新動向や、10年後に必要とされる教育ICTを考えるワークショップの模様をレポートする。

[11:44 9/19]

乗り物とIT 第1回 船舶の運航における統合航法システム(INS)の役割とは? [前編]

クルマの運転なら、経験者はたくさんいる。鉄道車両を運転した経験がある人は鉄道事業者の関係者に限られるが、運転台の後ろに「かぶりついて」見ることはできる。飛行機の操縦を経験した人はグッと少なくなるが、フライト・シミュレータのゲームはいろいろある。では、船舶はどうだろうか?

[11:00 9/19]

東芝情報、Firewallの内側にある機器をクラウド上から操作できるソフト

東芝情報システムは9月19日、Firewallの内側にある組込み機器をクラウド上から操作できるIoT接続基盤ソフトウェアをパッケージ化した、「NetNucleusネットニュークリアス Cloud Hubクラウドハブ」の販売を9月20日から開始すると発表した。

[10:57 9/19]

会話するAIや翻訳機能など、マイクロソフトがAIの最新事例を紹介

日本マイクロソフトは9月15日、AIに関するプレスラウンドテーブルを開催。同社のこれまでのAI研究の取り組みを紹介するとともに、最近のトピックを改めて紹介した。

[09:08 9/19]

2017年09月16日(土)

軍事とIT 第210回 光学センサー機器(1)光学センサーとは

これまで、アンテナ(電波兵器)、ソナー(音響兵器)と説明してきたので、次は光学兵器を取り上げてみよう。ウェポン・システムがIT化されるよりも前から、「双眼鏡」「望遠鏡」「測距儀」といった形の光学兵器があったし、そもそも人間の目玉だって光学兵器の1つといえなくもない。ただ、そこまで遡ると話が散らかりすぎるから、電子機器が関わるようになった後の話を。

[11:30 9/16]

2017年09月15日(金)

K5+Hyperledger Fabricのブロックチェーンが全国銀行協会に実証実験環境に - 10月から会員各行へ

富士通は、同社クラウド「FUJITSU Cloud Service K5」上にブロックチェーンフレームワーク「Hyperledger Fabric」を実装したサービスが全国銀行協会の実証実験環境に採用されることを14日、発表した。

[17:52 9/15]

GMOインターネット、「転売抑止チケット」のオープンソースを公開

GMOインターネットは9月15日、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第4弾として、ランシステム社と共同で「転売抑止チケット」のオープンソースを同日より公開した。

[17:29 9/15]

日本ユニシス、知的エージェント構築環境の プロトタイプ開発キット

日本ユニシスは、AI関連技術体系「Rinza」を使った知的エージェント構築環境「RinzaTalk」において、業務適用に向けたPoC(Proof Of Concept:概念実証)向けに、「RinzaTalkプロトタイプ開発キット」と「RinzaTalk PoC支援サービス」を9月15日から提供開始すると発表した。

[15:51 9/15]

GUIでサーバーを管理する"Honolulu"がMicrosoft Ignite 2017で発表予定

Microsoftは2017年9月14日(以下すべて現地時間)、Windows Server 2016などのサーバーOSを管理する「Honolulu」を開発中であることを、公式ブログ]で明らかにした。GUI管理ツールはWindows 2000時代に登場した「Microsoft管理コンソール(MMC)」をベースに構築してきたが、現在では古い設計に引きずられる状態となっている。

[11:14 9/15]

NEC、金融機関と他業界のオープンイノベーションを実現するAPI連携サービス

NECは9月14日、金融機関と多様な産業とのオープンイノベーションを実現する「API連携プラットフォームサービス」の提供を開始したと発表した。

[10:30 9/15]

おさらい! 機械学習(その1)

前回までに、機械学習でメジャーな3つの手法「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」について説明しました。今回はおさらいとして、ここまで学んできたことを振り返るとともに、皆さんからいただいた疑問に答えていきたいと思います。

[10:00 9/15]

クラウディアン、米SkymidとAI向けデータ管理ソリューション-深層学習活用

クラウディアンは9月15日、米Cloudianが人工知能(AI)および機械学習開発に必要となる膨大なデータ管理ソリューションのために、オープンソースの分散型ディープラーニング(深層学習)ライブラリ「Deeplearning4j(以下、DL4J)」の商業的サポートを手がける米Skymindと提携することを発表した。

[09:30 9/15]

これからのデータ保護のポイントとは - 米ベリタスの担当者が解説

ベリタステクノロジーズは9月14日、都内で中堅・中小企業のバックアップに関する記者説明会を開催した。説明会には、米ベリタステクノロジーズ Backup Exec製品群担当 ゼネラルマネージャのサイモン・ジェリー氏が来日し、説明を行った。

[09:30 9/15]

「走行画像データ×AI」でスバルが挑む自動運転の次なるステップとは?

東陽テクニカ主催による「東陽ソリューションフェア 2017」が、9月7日、8日の2日間にわたって都内で開催された。初日の基調講演には、SUBARU 統合制御統括上級PGMの樋渡穣氏が登壇。「スバル アイサイトの開発責任者が考える自動運転の意義について」と題する同氏の講演では、同社独自の運転支援システム「アイサイト」の28年にわたる開発の歴史と、この先の自動運転技術や、それを支える品質向上技術について解説がなされた。

[08:30 9/15]

Dropbox、Slackとの連携を発表

Dropboxは9月14日、同社が提供するブラウザ上でドキュメントを作成できるツール「Paper」と、米Slack Technologiesが提供するデジタルワークスペース「Slack」との連携を発表した。

[08:28 9/15]

富士通、わたぼうしの家に「居住者の見守りソリューション」を導入

富士通は9月14日、介護施設を運営するわたぼうしの家に、音響センシングを活用して居住者を24時間365日見守る「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」を導入し、10月からサービスを開始することを発表した。

[08:22 9/15]

2017年09月14日(木)

ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始 - SBIやNEC

SBIホールディングス、SBI BITSと日本電気(NEC)は14日、共同で日本取引所グループが提供している「ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証」を用いた顧客確認業務の実証実験を行うことを発表した。

[16:56 9/14]

動画から洞察を得られる「Video Indexer」の機能拡張 - Microsoft Cognitive Service

Microsoftは2017年9月13日(現地時間)、動画から洞察を得るサービス「Video Indexer」の機能を拡張したことを、公式ブログで明らかにした。Video IndexerはMicrosoft Cognitive Serviceの一環として、2017年5月に同社が開催した開発者向けカンファレンス「Build 2017」でプレビュー版を発表し、海外ではコンテンツの収益化と検索を可能したOoyalaなど、いくつかの導入事例がある。新たなVideo Indexerでは、以下のような機能を追加した。

[16:00 9/14]

NTTレゾナント、AI型ECサイト内検索に「不要語の除外」機能

NTTレゾナントは9月14日、AI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」に、新機能「不要語の除外」を提供開始すると発表した。

[15:15 9/14]

成長の裏にネットインフラの進化アリ! そして「Software Defined XX」へ

パロアルトネットワークスは9月12日、都内で「Palo Alto Networks Day 2017」を開催した。午前中のジェネラルセッションには、リクルートテクノロジーズ ITソリューション統括部の保科弘氏が登壇。「今の答えはマルチクラウド。柔軟性でビジネススピードを支えるリクルートテクノロジーズが掲げるIT戦略について」と題して、リクルートテクノロジーズのIT基盤構築とセキュリティ対応の取り組みを紹介した。

[15:00 9/14]

サイバートラスト、IoT脆弱性診断サービスの提供開始

サイバートラストは9月14日、デバイスからクラウドまでのIoTサービス全体を対象に脆弱性を診断する「サイバートラスト IoT 脆弱性診断サービス」の提供を同日から開始した。

[14:57 9/14]

バッファロー、384Wの給電が可能なレイヤー2 Giga PoEスマートスイッチ

バッファローは9月13日、384Wの出力ができるレイヤー2 Giga PoEスマートスイッチ「BS-GS2016P/HP」「BS-GS2024P/HP」の2機種を発表した。価格は、いずれも税別でBS-GS2016P/HPが7万4800円~、1BS-GS2024P/HPが8万9800円~、両製品ともに10月下旬より順次出荷開始する。

[13:19 9/14]

日用品購入のプロセスをゼロにしてストレスから解放する - スマートマット

日用品や食品の通販リピート購入をサポートするWebサービス「Smart Shopping」を運営しているスマートショッピングは9月13日、記者向けの説明会を開催し、IoT機器「スマートマット」を披露した。スマートマット上に置かれた消耗品の残量を測定し、なくなる前に自動でショッピングサイトから購入の手続きを進めてくれるアイテムだ。

[13:00 9/14]

日立システムズ、カード番号を別番号に置き換えて管理できるシステム

日立システムズは9月14日、クレジットカード番号等の機密情報を取り扱う企業向けに、カード番号等の安全管理を支援するソフトウェアとITインフラをセットで提供する「ハイパーコンバージド・ソリューション トークナイゼーションモデル」を販売開始した。価格は3000万円から。

[11:40 9/14]

米Dell EMC、IBM Cloud for VMware Solutionsを2017年第4四半期から提供

米IBMと米Dell EMCは9月12日(現地時間)、クラウド採用の促進を目的とした契約を締結し、IBM Cloud上でDell EMCの法人顧客にVMwareソリューションを提供すると、スペインのバルセロナで発表した。一環として、IBMはIBM CloudにDell EMCインフラストラクチャー製品を追加しており、VMwareソリューションを拡張する。

[09:41 9/14]

VMware、クラウド管理プラットフォーム「VMware vRealize Suite 2017」発表

ヴイエムウェアは9月13日、マルチクラウド環境でのITインフラやアプリケーションサービスの展開、運用、管理を支援するクラウド管理プラットフォーム「VMware vRealize Suite 2017」を発表した。新プラットフォームは、VMware vRealize Operations、VMware vRealize Automation、VMware vRealize Business for Cloud、VMware vRealize Log Insightの各最新版で構成され、顧客のデータセンタのモダナイゼーションやパブリッククラウドとの連携を支援するライフサイクル管理機能を備えているという。

[09:30 9/14]

NETGEAR、スマホで留守番中のペットを見守れるワイヤレスカメラ発表

ネットギアジャパンは9月14日、スマートフォンでどこからでも留守番中のペットを見守ることができるネットワークカメラ「Arlo Pro」を10月12日より販売開始すると発表した。

[09:09 9/14]

奈良県立医科大学と富士通、妊産婦の見守り支援サービスに向け共同実証開始

奈良県立医科大学と富士通は9月13日、周産期における妊産婦の生活状況や健康状態などをIoTやAIを活用して見守るサービスを実現するため、両者が参画するMBTコンソーシアムにおいて、「周産期・育児サポート部会」を8月に設立したことを明らかにした。

[08:35 9/14]

2017年09月13日(水)

NEC、全国のJAが共通して利用できるシステム基盤を構築

NECは9月13日、全国農業協同組合中央会(JA全中)に、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」とハウジングを組み合わせたハイブリッド環境を提供し、全国のJAが共通して利用できるシステム基盤を構築したことを発表した。

[16:54 9/13]

ヤマハ、ギガアクセスVPNルータ「RTX830」を発表 - WAN環境の変化に対応

ヤマハは9月13日、ルータシリーズ製品の新ラインアップとして従来モデル「RTX810」との互換性を維持しつつ、性能向上とクラウドサービスなどの新規ネットワークへの接続性を充実させた4ポートL2スイッチの最新モデル「RTX830」を10月に発売すると発表した。これにより、企業のWAN環境の変化に対応し、SD-WANを実現するという。年間6万台の販売を計画している。

[15:42 9/13]

IBM CloudでSAP HANAやVMware環境用のベア・メタル・サーバ

米IBMは9月12日(現地時間)、IBM Cloud上のSAP HANA基盤導入用としてSAP認定の新しいベア・メタル・サーバおよびVMware環境用の新しい構成の提供を開始すると発表した。

[14:02 9/13]

パナソニック、ボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO」シリーズ

パナソニックESネットワークスは9月12日、大規模ネットワークの多様なニーズをカバーするボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO(ゼクオ)」シリーズとして、ボックス型レイヤ3スイッチングハブ「ZEQUO 6700RE」など4機種を10月に発売すると発表した。

[12:08 9/13]

CTC、NVIDIAのAIスーパーコンピュータ「DGX-1」を販売開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、米NVIDIAのAIスーパーコンピューター「DGX-1」の販売を開始した。画像や音声などのデータを機械的に認識し、分析するディープラーニング技術を利用して、業務の自動化や予測の高度化を図る製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開する。CTCは、同製品を含むAIシステムの構築や運用サービスと合わせ、3年間で20億円の売り上げを目指す。

[10:12 9/13]

トッパン・フォームズ、高速書き換えバッテリーレス電子ペーパーラベル開発

トッパン・フォームズは9月12日、タカヤの協力を得て、バッテリーレス電子ペーパーラベルの表示書き換えの高速化を実現したことを発表した。

[10:00 9/13]

MSJ、ERPシステムの開発においてSAPジャパンの技術活用を推進

財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)は9月12日、ERPシステムの開発において、SAPジャパンとの協調関係の下、同社の技術活用について協議していくことを発表した。

[09:44 9/13]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第7回 テーブルとインデックスを作成する際のポイント

SQL Data Warehouseではテーブルのデータをディストリビューションへ分散して格納することは、前回まででご説明した通りです。今回はSQL Data Warehouseで作成可能なテーブルとインデックスに焦点を当てて説明します。

[08:00 9/13]

情シスのタマちゃん 第43回 本社出張④

たったひとり、もとい一匹で社内すべてのあれこれに対応する情シス担当・タマちゃん(猫)の日々を4コマ漫画でお届けします。

[07:00 9/13]

2017年09月12日(火)

米IBMとMITがAIの共同研究に向けてラボを新設

米IBMとマサチューセッツ工科大(MIT)は9月7日(現地時間)、両者が連携し、MIT-IBM Watson AIラボを設立するために、10年間にわたり2億4000万ドルの投資を計画していることを発表した。同研究所では、人工知能(AI)に関する基礎研究を行い、AIの潜在能力を引き出す科学的ブレークスルーの促進を目指す。

[15:53 9/12]

富士通、Windows 10 Creators Update搭載の法人向けワークステーション

富士通は9月12日、最新版OS「Windows 10 Creators Update」を搭載した法人向けミッドレンジワークステーション「FUJITSU Workstation CELSIUS(フジツウワークステーションセルシアス、以下、CELSIUS) M770」と、2WAYハイパフォーマンスワークステーション「CELSIUS R970」の2機種を12月下旬から順次、国内で販売を開始すると発表した。

[15:25 9/12]

2017年の国内パブリッククラウドサービス市場は前年比27.3%増 - IDCが調査

IDC Japanは9月12日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。これによると、2017年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比27.3%増の4,885億円、2021年の市場規模は1兆986億円になると予測している。

[14:51 9/12]

ANAセールス、旅行商品の価格作成業務に「Red Hat JBoss BRMS」を採用

レッドハットは9月12日、ANAセールスがビジネスルール管理システム「Red Hat JBoss BRMS」を採用したと発表した。

[14:30 9/12]

三栄コーポレーション、SAPの基幹業務ソフトウェアを採用

SAPジャパンは9月11日、三栄コーポレーションがSAPのERP製品「SAP S/4HANA Enterprise Management」および予算管理ソフト「SAP Business Planning and Consolidation」、分析ソフトウェア「SAP BusinessObjects」を採用したと発表した。

[14:30 9/12]

富士通、心臓シミュレータのデータをVRで立体的に表示 - 東大が講義で利用

富士通は9月12日、心臓シミュレータのデータをVR(Virtual Reality)により立体的に表示する心臓ビューアーを、東京大学の大学3年生(約110名)を対象とした医学部の心電図講義に提供したと発表した。

[12:51 9/12]

ネットギア、プレミアムWiFi ルータ「Nighthawk X6S R8000P」を10月に発売

ネットギアジャパンは9月12日、802.11acWave2 トライバンド + MU-MIMO 対応 プレミアムWiFi ルータ「Nighthawk X6S R8000P」を10月5日より発売すると発表した。9月12日よりAmazon.co.jpで予約販売の受付を開始する。予約者には5%OFFのクーポンを配布する。

[12:17 9/12]

【連載特別企画】事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~ 第37回 SAP ERP環境にAzureを採用したIT基盤のフルクラウド化を実施 - ゴルフダイジェスト・オンライン

ゴルフというテーマに対して「ゴルフ用品販売」「ゴルフ場予約」「ゴルフ メディア」の3つの領域からワンストップでサービスを提供する株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインはSAP ERP環境にMicrosoft Azureを採用した、IT基盤のフルクラウド化を進めました。

[12:13 9/12]

"ゲストユーザー"との共同作業も可能になったMicrosoft Teams

Microsoftは2017年9月11日(現地時間)、自社の共同作業ツールであるMicrosoft Teamsにゲストアクセス機能が加わったことを公式ブログで明らかにした。Microsoft General Manager for Microsoft TeamsのLori Wright氏は、3つのルールを用いてゲストアクセス機能を設計したと説明する。

[11:50 9/12]

【連載特別企画】セキュリティ案内人「竹中さん」が行く!! 第9回 「働き方改革」成功の秘訣は、セキュリティ対策の見直しにあり!

“セキュリティの要はユーザーの心構えにあり”をモットーに、企業のIT環境の安心・安全のためならいつも全力全開、苦労も手間も厭わない「竹中さん」。今回、「竹中さん」がフォーカスするのは、今年に入って取り組みが加速している働き方改革のカギを握る、テレワークで抑えるべきセキュリティの確保についてだ。

[11:30 9/12]

Office 365 Business Premiumへ3つの新ビジネスアプリ

Microsoftは2017年9月11日(現地時間)、Office 365 Business Premiumに加わった新ビジネスアプリケーションの存在を公式ブログでアピールした。いずれも数週間前にプレビュー版を米国、英国、カナダでローンチし、今年末までの一般提供を目指している。

[11:11 9/12]

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [91] なかなか便利なコマンド「du」

運用を始めたシステムは、時期の早い遅いはあれど、いずれはディスクが一杯になる。今回は、ディスクの使用量をファイルやディレクトリ単位で表示してくれるコマンド「du」を紹介しよう。

[11:00 9/12]

コストパフォーマンスの高いVM「B」シリーズがAzure VMに

Microsoftは2017年9月11日(現地時間)、同社のMicrosoft Azure上で動作するVM(仮想マシン)のラインナップに「B」シリーズをプレビューとして公開したことを公式ブログで明らかにした。現在は米国西部2、米国東部、西ヨーロッパ、南東アジアの4リージョンで利用可能とし、今年後半には他リージョンへの展開を予定している。

[10:32 9/12]

NTT、特性や利用目的に応じて個人情報を匿名化するソフト

NTTは9月11日、パーソナルデータの特性や利用目的に応じた有用な匿名加工情報の作成を支援するソフトウェアを開発したと発表した。新ソフトは、同社の独自技法を含む安全かつ有用な匿名加工情報を作成するための加工技法と評価技法を備えており、データ保有者が加工と評価を繰り返しながら作成するために必要な環境を実現しているという。

[09:34 9/12]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第85回 飛行機の燃料(4)変わった燃料タンクいろいろ

これまで解説してきているように、飛行機の燃料タンクは胴体内と主翼内に設けるのが一般的だ。ところが何事にも例外はあるもので、それ以外の場所に燃料を搭載することもある。過去にチラチラと言及してきた話もあるが、ちゃんと解説していなかったので、ここでまとめて取り上げてみよう。

[09:00 9/12]

2017年09月11日(月)

DeNAとヤマト、ロボネコヤマトの実用実験の対象エリア拡大-6万1000人が対象

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は9月11日、[4月17日から神奈川県藤沢市の一部地域で行っている「ロボネコヤマト」の実用実験](http://news.mynavi.jp/news/2017/04/18/049/)について、対象エリアを拡大すると発表した。

[18:10 9/11]

トヨタ、クラウドと車載機を融合したハイブリッド方式のナビ機能を開発

トヨタ自動車は9月11日、DCM(Data Communication Module:車載通信機)の標準設定を柱とする「コネクティッド戦略」の一環として、クラウドと車載機を融合したハイブリッド方式の「ナビゲーション機能」「音声認識機能」を開発したと発表した。これにより、顧客に新たな価値を提供する商品として、今秋以降、国内で発売される新型車のナビシステム(メーカーオプション)に順次展開していく。

[16:42 9/11]

[講演資料提供] ビジネス成長にも効く働き方改革とは? - AI × 働き方改革セミナー

「働き方改革では、会社の成長も不可欠。社員の幸せだけを追求していては成り立ちません」――こう語るのは、多くの企業に対してビジネスを成長させる働き方改革のコンサルティングサービスを提供する越川 慎司氏だ。

[15:00 9/11]

富士通、業務システムでスマートフォンを活用したFIDO認証

富士通は9月11日、次世代オンライン認証規格「Fast IDentity Online(以下、FIDO(ファイド)認証)」に準拠したセキュアで利便性の高いオンラインサービスを実現する「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス(以下、オンライン生体認証サービス)」の機能を強化し、企業内の業務システムへのアクセスなどにFIDO認証を使用できるパソコン・スマホ連携機能を新たに追加し、提供を開始した。価格は個別見積もり。

[14:48 9/11]

ISID、MSとスマホアプリで海外送金できるセブン銀行の新サービス

電通国際情報サービス(ISID)は9月11日、日本マイクロソフトと連携し、セブン銀行のサービス開発基盤をマイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azureで構築し、同基盤上で開発されたスマホアプリによる海外送金サービスが8月3日から稼働したことを発表した。

[12:45 9/11]

物流の未来に向けたDHLのデジタル変革 - 「HUAWEI CONNECT 2017」

中国のファーウェイは、9月5日~9月7日、中国上海で同社の年次イベント「HUAWEI CONNECT 2017」を開催。最終日の9月7日の基調講演では、同社 法人向けICTソリューション事業グループ プレジデント 閻力大(エン・リダ)氏が同社のエコシステム戦略を語るとともに、DHLがロボットやAR、ブロックチェーンなど、最新技術を利用した取り組みを紹介した。

[11:00 9/11]

IoTタンクトップに、ライブ熱気の定量化も - Microsoft Japan Partner Conference

「Microsoft Japan Partner Conference 2017 Tokyo ~ Inspire Japan!」の基調講演では、北國銀行とFIXER、ミツフジとソフトバンク・テクノロジー、エイベックス・グループ・ホールディングス、Preferred Networksらが登壇。各企業の施策が具体的に紹介された。

[10:30 9/11]

明電舎、富士通の「安全管理支援ソリューション」を変電所など10カ所に導入

明電舎は9月8日、富士通の提供するIoTで作業者を見守り安全な作業環境を実現する「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 安全管理支援ソリューション」を、水処理施設や変電所などの様々な作業拠点約100カ所のうち10カ所に、2017年6月より導入したことを発表した。

[09:31 9/11]

エコモットと日本コムシスがIoT事業で協業、防災分野等のサービスを拡充

エコモットは、9月より日本コムシスとIoT事業で協業し、防災分野等におけるサービスの拡充を本格化させることを発表した。日本コムシスの有する全国の工事・保守網や営業網との連携に加え、インフラネットワーク構築における技術的協力を得ながら、IoT事業に特化したエコモットのサービス開発や技術的な強みを生かした取組を推進していく.

[09:17 9/11]

DNP、3DCGで作成した立体的な映像を被写体にしたエンボスホログラムを開発

大日本印刷(DNP)は9月8日、3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)で作成した立体的な映像を被写体にしたエンボスホログラムを開発したことを発表した。高精細なCG表現による自然な立体感と質感、および鮮やかな色彩を表現でき、建造物の微細な膨らみや立体感、動植物の模様など繊細な質感の映像表現を可能にする。

[08:51 9/11]

【特別企画】「データにもとづく先見性」でビジネスの変革を! これからのデータのあり方を考える

過去25年を振り返ると、企業ITの中心となる技術が時代とともに移り変わってきたことがよくわかる。本稿では、設立25周年をむかえた米ネットアップのシニア ヴァイスプレジデントでCMOを務めるジーン・イングリッシュ氏に、企業ITのトレンドと同社の方針、およびその中でデータが果たす役割についてきいた模様を紹介する。

[08:30 9/11]

ヴイエムウェアがVMworld 2017のハイライトを解説 - デジタルトランスフォーメーション実現に向けた4つの施策

ヴイエムウェアは9月8日、米国ラスベガスで開催された年次イベント「VMworld 2017」の発表内容に関する説明会を開催した。今年は、「VMware Cloud on AWS」の提供開始、セキュリティソリューション「VMware AppDefense」のリリースなどが注目を集めた。

[08:30 9/11]

デル/EMCが新たなサポートサービスを発表し、ブランドを統一

デルとEMCジャパンは9月8日、川崎市の本社でサポートサービス統合の進捗状況を発表したほか、報道陣向けにグローバルコマンドセンター(GCC)を公開した。

[07:00 9/11]

2017年09月09日(土)

軍事とIT 第209回 特別編・地震観測技術と核実験監視の関係

北朝鮮が2017年9月3日に、通算6回目となる核実験を実施した。核実験があると、核爆発のエネルギー収量について推定値が出回るが、その際にマグニチュードの値もついて回る。マグニチュードといえば、普通は地震が起きたときに出てくる数字である。

[11:30 9/9]

2017年09月08日(金)

通信事業者が参加するブロックチェーン・コンソーシアム - ソフトバンクやSprintなど

ソフトバンク、米Sprint Corporation、台Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.、ブロックチェーン技術開発を手がける米TBCASoftは8日、通信事業者が参加するブロックチェーン・コンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group」を発足したことを発表した。

[18:06 9/8]

DMMが仮想通貨のマイニング事業に着手 - マイニングのクラウドを提供

DMMは9月8日、仮想通貨事業部を発足し、 仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を10月から開始すると発表した。DMMマイニングファームでは、将来的に世界のマイニングファームのトップ3に入る規模での運営を計画しており、2017年10月よりトライアルを経て年内には「DMM POOL」を全世界に公開する予定だ。

[15:54 9/8]

マイクロソフトとファーウェイ、アプリケーションのクラウド提供で提携

ファーウェイとマイクロソフトは9月5日(中国・上海)、同日から9月7日まで中国・上海で開催していた「HUAWEI CONNECT 2017」において、マイクロソフトのアプリケーションをファーウェイのクラウドサービス上でリリースする戦略提携について覚書に署名した。両社はパブリッククラウドに関する協力関係を深め、企業に理想的なクラウドサービス体験を提供し、デジタル変革の実現を支援していくという。

[15:16 9/8]

日立情報通信、PBXと連携した社内コミュニケーション支援ソリューション

日立情報通信エンジニアリングは9月8日、「日立IPテレフォニーソリューション」の第2弾として「Web電話帳ソリューションII」を販売開始した。クラウド版とオンプレミス版で提供し、クラウド版の価格は初期費用が44万円、基本ライセンスが月額3万3500円~、オンプレミス版の価格は初期費用が36万9000円、基本ライセンスが55万円~(いずれも税別)。

[13:54 9/8]

KDDI、IoTセンサーとLPWAを活用したごみの量を遠隔監視する実証実験

KDDIは9月8日、沖縄セルラーの協力を得て、2017年度内の商用化を目指しているIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)を活用し、沖縄県那覇市においてごみ箱のごみ量の遠隔監視を行う屋外実証実験を実施したと発表した。

[13:30 9/8]

国土交通省、鎌倉と京都でAIを活用した観光渋滞対策の実験

国土交通省は9月7日、「観光先進国」の実現に向け魅力ある観光地を創造するため、ICTやAIなどを活用し、エリアプライシングを含む交通需要制御などのエリア観光渋滞対策の実験・実装を図る「観光交通イノベーション地域」を選定したと発表した。

[13:00 9/8]

Suicaから届く"大丈夫"の声がお母さんを安心させる - JR東「まもレール」

東日本旅客鉄道(JR東日本)とセントラル警備保障は9月7日に記者向けの発表会を開催し、ICカードの「Suica」「PASMO」を利用した子ども見守りサービス「まもレール」を2017年10月1日から開始すると発表した。なお、説明会にはゲストとして"尾木ママ"の愛称で親しまれている教育評論家の尾木直樹氏が登壇し、同サービスに関する意見を述べた。

[12:30 9/8]

ファイル、アイディア交換で迅速化、UWPアプリ「Salesforce Chatter」

Microsoftは2017年9月7日(現地時間)、クラウド型社内情報共有SNS「Salesforce Chatter」のUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションをWindowsストアで公開]したことを、公式ブログで明らかにした。

[11:31 9/8]

東電、タクシー4000台を活用したIoT見守りサービスを提供

JapanTaxi、otta、東京電力ホールディングス(以下、東電HD)は、東電HDが提供するIoT見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」としてタクシーを活用するシステムを開発し、同日より東京都渋谷区を中心に本格運用を開始したと発表した。

[11:30 9/8]

GMOインターネット、ビットコインのマイニング事業に着手

GMOインターネットは9月7日、「次世代型7nm」の半導体チップを活用した「仮想通貨の採掘(ビットコインマイニング)事業」を、2018年上半期を目処に開始することを決議したと発表した。同事業の開始に向けて、マイニングチップの研究開発と次世代マイニングセンターの設置を行う。

[10:56 9/8]

第一生命、RPAを全社業務に導入開始

第一生命保険は9月7日、生産性向上・働き方改革の推進に向けて、RPA(Robotic Process Automation)を全社業務への導入を開始すると発表した。

[10:30 9/8]

日本IBM、業界横断のブロックチェーン構築を支援する基盤をPaaSで提供

日本IBMは9月7日、都内で記者会見を開き、複数の企業や団体でブロックチェーンネットワークを迅速に構築できるよう、Linux Foundationが提唱するブロックチェーンのフレームワーク「Hyperledger Fabric 1.0」を基盤に採用するIBM Cloudのフルマネージドサービス「IBM Blockchain Platform」の国内における提供を10月から開始すると発表した。

[10:30 9/8]

SAS、改正個人情報保護法とGDPRに対応した個人情報保護製品

SAS Institute Japanは9月7日、今年5月に改正された国内の個人情報保護法、およびEUで2018年5月に施行予定の「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation: GDPR)」に対応した統合個人情報保護ソリューションを国内で提供開始した。

[10:00 9/8]

スマホに表示したバーコードで支払えるコンビニ収納サービス「PAYSLE」

NECと三井住友銀行の共同出資により設立したブリースコーポレーションは9月7日、スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス(名称:「PAYSLE(ペイスル)」)の提供を開始し、9月15日からミニストップが、9月中にセコマが取り扱いを開始すると発表した。

[09:29 9/8]

[VMworld 2017]ヴイエムウェア三木会長が語る「一貫した運用管理とインフラストラクチャ」の訴求ポイント

2017年8月27日から4日間にわたり米国で開催されたVMwareの年次イベント「VMworld 2017」。日本からは300名超のユーザー企業やパートナー関係者が参加した。もちろん、過去最多人数だ。VDI(Virtual Desktop Infrastructure)やEUC(End User Computing)、Hyper-Converged Infrastructure分野でも堅調な伸びを見せているヴイエムウェア日本法人の三木会長に、現地で今後の戦略について話を聞いた。

[09:00 9/8]

【連載特別企画】業務改善に企業内SNSは有効か? 第2回 「Facebookの企業版」は何が違う? - Workplace by Facebook

近年、企業内での情報共有を活性化させる仕組みとして、縦割り型の「グループウェア」がフォローしきれない横方向への情報伝播を促す「企業内SNS」が注目されている。個人向けSNSとして有名な「Facebook」も、企業版である「Workplace by Facebook」の提供を開始した。では企業版と個人版の「Facebook」には、具体的にどのような違いがあるのだろうか。前回に続き、企業の業務改善を長年サポートしているサテライトオフィスの原口社長の解説をもとに、その違いを紹介したい。

[08:00 9/8]

クラウドとCONNECTが、デジタル化のWエンジンだ - 「HUAWEI CONNECT 2017」

9月5日~9月7日、中国上海で開催されたファーウェイの年次イベント「HUAWEI CONNECT 2017」。2日目の基調講演では、「Connectivity + Cloud: Faster Digitization(コネクティビティ+クラウドで実現する迅速なデジタル化)」と題して、ファーウェイ P&S プレジデント 汪涛(デビッド・ワン)氏が、同社のクラウド戦略を説明した。

[07:47 9/8]

DXも働き方改革も! 時代に即した最新技術の数々 - Microsoft Japan Partner Conference

日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野氏は、6月に終えた2017年度について「デジタルトランスフォーメーション元年を実感した年」と振り返る。そのうえで、働き方改革や、AR/VRなどの最新テクノロジーを活用したビジネス変革を推進してきたことをアピールした。

[07:30 9/8]

2017年09月07日(木)

アプリやWebにリアルタイムコミュニケーション機能を実装する「SkyWay」 - NTT Com

NTTコミュニケーションズは、アプリやWebサイトに音声やビデオ通話などのオンラインによるリアルコミュニケーション機能を実装するクラウドサービス「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay」(以下、SkyWay)の日本を含むグローバルでの提供を開始した。

[18:58 9/7]

ファーウェイ、革新的な企業向けインテリジェンスソリューションを発表

ファーウェイは9月5日、同社の年次イベント「HUAWEI CONNECT 2017」において、企業向けインテリジェンス(Enterprise Intelligence:EI)ソリューションを発表した。同ソリューションには、3種類のインテリジェントなクラウドサービスとヘテロジニアスなコンピューティング基盤が含まれている。

[17:00 9/7]

国内外付型エンプラストレージ市場、産業別予測は上位3分野がマイナス成長

IDC Japanは9月7日、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の主要産業分野別の実績と予測を発表した。これによると、2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額は前年比8.9%減の1830億5000万円となり、支出額に占める上位5つの主要産業分野の割合は、同2.3ポイント減の75.1%となったという。

[16:30 9/7]

ネットギア、10GBASE-Tが12ポートのレイヤー2+スマートスイッチ

ネットギアジャパンは9月7日、10GBASE-Tを12ポート持つレイヤー2+スマートスイッチ「XS712T」をラインアップに追加し、同14日より販売を開始すると発表した。

[15:41 9/7]

数百万のIoTデバイスの登録を手動から解放するAzure IoT Hub DPS - パブリックプレビューへ

Microsoftは2017年9月6日(現地時間)、IoTソリューションを提供するAzure IoT Hubで、デバイスをプロビジョニング(必要に応じてリソース準備を行う)する「Azure IoT Device Provisioning Service」をパブリックプレビューとしてリリースしたことを公式ブログで明らかにした。

[12:11 9/7]

ブロードバンドタワー、EMC/デルの「IsilonSD Edge」を活用したDR対策

ブロードバンドタワーは9月6日、EMCジャパンとデルが販売するスケールアウトNASストレージシステム「Dell EMC Isilon(アイシロン)」ファミリー製品である仮想アプライアンス「IsilonSD Edge(アイシロンエスディーエッジ)」を用いたバックアップサービス「Isilon Sync SaaS(シンクサーズ)」を開発し、提供開始した。参考価格は月額30万円、初期費用が別途必要。

[11:30 9/7]

滞在階も把握可能、被災時に独自のLPWAで社員の位置を把握する実証実験 - 三菱地所

9月1日は防災の日。丸の内エリアに約30棟の建物を保有する三菱地所では、首都直下型地震の発生を想定し、「公衆の通信回線が使用不可能になった」という条件の下、「LPWA(Low Power Wide Area)」の通信を活用した実証実験とともに防災訓練を実施した。本稿では、その様子をレポートする。

[11:00 9/7]

CTC、SNSアカウントで会員登録やログインを可能とするID管理基盤を構築

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月6日、WebサービスでSNSのアカウントを利用して会員登録やログインを可能とするID管理基盤の構築サービスを開始すると発表した。

[10:30 9/7]

【特別企画】ホストコンピューター群をオープン化せよ。時代の変化に対応できるIT構造を目指した、JFEスチールの挑戦

世界有数の鉄鋼メーカーであるJFEスチール株式会社は、設立された2003年より「攻めのIT」の姿勢を一貫してきました。2015年からは、ホストコンピューター上で稼働する多くの基幹系システムをオープン化するという巨大プロジェクトを開始。その初期事例であるJFE統合現品DBの取り組みでは、SQL Server 2016やWindows Serverといったマイクロソフトプラットフォームが採用されています。

[09:47 9/7]

ゼロから始める! ヤマハルータでつくるVPN 第7回 VPNルータ「RTX1210」でリモートアクセスVPNを設定する方法

これまで、本社と支社間といった2拠点間をVPN接続するようなネットワーク構成について説明してきました。今回より、2拠点間ではない、VPN接続する新たな構成を紹介します。

[09:00 9/7]

われわれは世界5大クラウドの1つになる - HUAWEI CONNECT 2017

中国のファーウェイは、9月5日~9月7日、中国上海で同社の年次イベント「HUAWEI CONNECT 2017」を、上海エキスポ・センターを中心に開催中だ。テーマは「Grow with the Cloud」(クラウドでの成長)で、昨年の「Shape the Cloud」に続き、クラウドがテーマとなっている。このイベントには世界120カ国以上から2万人以上が参加している。

[07:30 9/7]

2017年09月06日(水)

MRIとNextremer、人工知能対話システムにおける研究で業務提携

三菱総合研究所(MRI)とNextremerは9月6日、人工知能(AI)対話システムに深層学習を用いる共同研究と、AI対話システムを活用した連携事業の展開を目的として、2017年9月4日に業務・資本提携を締結したことを発表した。

[17:00 9/6]

国内企業のIoT利用率、組立製造や運輸/運輸など大手を中心に向上 - IDC

IDC Japanは9月5日、国内IoT(Internet of Things)市場の企業ユーザー動向調査の結果を発表した。これによると、国内企業のIoT利用率は6.0%となり、組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上しているという。

[16:00 9/6]

JAL、機内でVRコンテンツ視聴の実証実験を実施

日本航空(JAL)、阪急交通社、KDDI、VRizeは9月5日、JALチャーター便を利用した阪急交通社の旅行商品に参加のビジネスクラスシート利用の顧客を対象に、往路の機内でVRサービス実証実験をすると発表した。

[15:41 9/6]

ジャストシステム、小学校向けドリル学習ソフトのクラウド版を発表

ジャストシステムは9月6日、パソコンやタブレット端末で取り組む、小学校向けドリル学習ソフト「ジャストスマイル ドリル」をクラウド環境で利用できる「ジャストスマイル ドリル クラウド」を、11月28日から発売開始すると発表した。価格はオープン。

[15:30 9/6]

ジャパンネット銀行、ユーザックシステムのRPAを導入 - 事務費を削減

ユーザックシステムは9月6日、同社のRPAソリューション「Autoブラウザ名人」をジャパンネット銀行が導入したと発表した。

[15:00 9/6]

ユニアデックス、IoT/機械学習で高圧クーラントポンプの故障予兆・検知

ユニアデックスは9月6日、住友精密工業と共同で、高圧クーラントポンプの故障予兆・検知を行う実証実験を9月から開始すると発表した。同実験では、センサーを用いて振動などのデータをモバイル回線経由で収集し、クラウド上にユニアデックスが独自に実装した稼働監視・設備診断サービスを用いて、設備の異常度を分析・表示する。

[14:30 9/6]

【連載特別企画】事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~ 第36回 Azureをプラットフォームとする教育クラウドを市で整備、運用することで、教育と校務の情報化と、教員の働き方改革を推進 – 西条市教育委員会

愛媛県西条市では、教育クラウドという構想のもと、教育委員会が各校のICTを統合管理する体制を敷くことによって、サービスの安定提供を実現しています。

[13:03 9/6]

デル、Horizzon AppsによるオプションなどVDIの消費モデルオプションを拡充

デルは9月5日、「Dell EMC VDI Complete Solutions」を拡充するHorizon Appsによるオプション「VDI Complete with Horizon Apps」と、NVIDIA Tesla M10およびM60 GPUグラフィックスアクセラレータによるグラフィックスの強化を発表した。これにより、企業・組織のIT環境におけるVDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)およびアプリケーション仮想化の容易な計画と導入を実現するという。

[13:00 9/6]

日本IBMとホートンワークス、データ分析基盤製品を双方で再販

日本IBMとホートンワークスジャパンは9月5日、都内で記者会見を開き、両社のグローバル戦略提携の一環として、それぞれが提供するビッグデータ分野向けのソリューションの販売とサポートを開始すると発表した。

[13:00 9/6]

映画『三度目の殺人』より、スマートグラスに自動で字幕を表示させる機能

エヴィクサーは9月5日、エプソンのスマートグラスMOVERIO「BT-350」上で、映画の進行に合わせて自動で字幕を表示させる機能を提供することを発表した。9月9日に劇場公開される『三度目の殺人』から、全国4劇場においてサービスを実施する。

[10:30 9/6]

A10、アプリケーションサービスゲートウェイ「Thunder」3機種を国内提供

A10ネットワークスは9月5日、アプリケーションサービスゲートウェイ「Thunderシリーズ」を拡充する、新たなハードウェア・アプライアンス3機種を日本市場で順次提供開始すると発表した。

[10:00 9/6]

ブロードバンドタワー、IoTやAIによるチケット流通支援へ向け始動

ブロードバンドタワーは9月5日、IoT、AI、ビッグデータ解析などのテクノロジーとノウハウを活用して、スポーツ興行、ライブエンタテインメント、アミューズメント施設などエンタテインメント業界におけるチケット流通を支援するサービスプラットフォームの提供を目指すと発表した。2018年春から提供を開始する予定。

[09:00 9/6]

ちょっと便利なGoogle活用術 第29回 Chromeの設定を見直して快適にWebブラウジングしよう

多機能なブラウザとして人気がある「Google Chrome」。いろいろな機能を追加するアプリも用意されており拡張性も高いが、基本の設定だけでも見直すと使いやすさが変わってくる。そこで今回は、ごく基本的なカスタマイズを再確認してみよう。

[09:00 9/6]

拡張データディスカバリー搭載! 来日CEOが明かした次期Yellowfinの目玉機能

豪Yellowfinは9月5日、同社CEO グレン・ラビー氏の来日に伴う記者説明会を開催。今年10月末にリリース予定のBI製品の新版「Yellowfin 7.4」の新機能を発表した。

[07:30 9/6]

情シスのタマちゃん 第42回 本社出張③

たったひとり、もとい一匹で社内すべてのあれこれに対応する情シス担当・タマちゃん(猫)の日々を4コマ漫画でお届けします。

[07:00 9/6]

2017年09月05日(火)

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [2] AI導入プロジェクトを任せられた!! 管理・遂行どうやる?

今回は、NTTデータが受託した経済産業省の「平成28年度IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」のプロジェクトを例にとりながら、AI導入プロジェクトでの管理・遂行面での勘所を解説していきます。

[20:30 9/5]

6年ぶりのメジャーバージョン、数百億件のデータを高速集計「Dr.Sum Ver.5.0」 - ウイングアーク1st

ウイングアーク1stは、2001年発売以来6,100社の導入実績を持つフロントデータベース「Dr.Sum」最新版となる「Dr.Sum Ver.5.0」を10月5日より発売、6年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。同社では発売を記念したスペシャルサイトも設置している。

[15:43 9/5]

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [90] 結構便利なコマンド「date」

本連載でさまざまなコマンドの使い方について説明する際、たまに登場しているコマンド「date」は、その名前から想像される通り日付と時刻を表示するものだ。それ自体は単純な機能なのでこれまで特に説明してこなかったが、使い方次第で意外と便利に使えるケースがある。そこで今回は、このdateコマンドを取り上げよう。

[15:30 9/5]

NTTデータ子会社とエリジオン、3次元CADデータ品質管理でアライアンス

NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)とエリジオンは9月5日、製造業向けの3次元CADデータ品質管理サービスに関するアライアンス契約を締結したことを発表した。これにより、NDESはものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」にエリジオンの3次元CADデータ変換・活用支援ツール「CADdoctor」および「ASFALIS」の3次元CADデータ処理エンジンを搭載し、9月19日にデータ品質管理サービス『CADデータチェッカー』として新たにサービス提供を開始する。

[15:00 9/5]

約18万本の郵便ポスト、1日約3千万箇所への郵便物流を活かしたプログラム - 日本郵便とサムライインキュベートが募集

1日約3千万箇所への郵便達、約14万台の郵便事業車両、約18万本の郵便ポストと日本郵便が持つ物流システムとテクノロジーを活用したイノベーションプログラムを募集する「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」がスタート。日本郵便とサムライインキュベートは、特設サイトを設置し、スタートアップの募集を開始した。募集期限は10月4日23時59分、特設サイトの申し込みフォームから。

[11:40 9/5]

人材の可能性を引き出せ! 企業が今考えるべき「エクスペリエンス」のこと

コーナーストーン オンデマンド ジャパンは9月1日、「CONVERGE TOKYO 2017」を都内にて開催した。基調講演には、米Cornerstone OnDemand タレント担当バイスプレジデント キンバリー・キャサディ氏が登壇。「The Age of the Experience with the Use of Talent Data」と題し、成功を目指す組織が考えるべき従業員のエクスペリエンス(体験)について語った。

[11:30 9/5]

日立、搬送車両の位置情報を計測・見える化する屋内外位置情報活用サービス

日立製作所は9月4日、自律航法などを用いて、GPSの電波が届かない屋内においても搬送車両や作業員の位置情報を計測・可視化し、データ分析を行う屋内外位置情報活用サービス「Tracking View」(トラッキング ビュー)の提供を開始すると発表した。事業化の第1弾として、日立と日立キャピタルオートリースが協業し、フォークリフトのリース事業と組み合わせて10月から提供を開始する。

[10:30 9/5]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第6回 7月に発表されたアップデートのポイントを紹介

2017年7月にAzure SQL Data Warehouseの機能がアップデートされました。これまで説明してきた「Data Warehouse ユニット - DWU(第3回)」や「テーブルの分散(第5回)」に関わるアップデートも行われました。今回はこのアップデートのポイントを紹介します。

[09:00 9/5]

[講演レポート提供]ディープラーニングを試すには? AI連載「教えてカナコさん!」の著者が解説

7月20日に行われた第50回IT Search+スペシャルセミナーのオープングセッションでは、弊誌連載「教えてカナコさん! これならわかるAI入門 」の著者である「カナコさん」こと国立研究開発法人 情報通信研究機構 (NICT)ユニバーサルコミュニケーション研究所 データ駆動知能システム研究センター 専門研究員の大西可奈子氏が登壇。悩めるビジネスパーソンに向け、対談形式でディープラーニングにまつわる疑問の数々に答えていった。

[08:30 9/5]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第84回 飛行機の燃料(3)機内に設置する燃料タンク

本連載の第2回で「主翼のボックス構造を密封して燃料タンクにしている」という話を書いた。戦闘機だと事情が異なることもあるが、民航機や軍用輸送機では、まずは燃料タンクにするのは主翼の中である。主翼の曲げ荷重を緩和するのに役立つから、ちょうどいい。

[08:00 9/5]

2017年09月04日(月)

スマートシティ日欧共同研究プロジェクト「BigClouT」、藤沢市で実証実験

NTT東日本と慶応義塾大学SFC研究所、神奈川県藤沢市はNICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)がHorizon 2020と連携し研究委託する公共ビッグデータの利活用基盤に関する研究開発「BigClouT」の一環として、神奈川県藤沢市において実証実験を開始することを発表した。BigClouTは、IoTやクラウドコンピューティング、ビッグデータというキーワードとともにスマートシティにより市民生活の向上を目的に掲げるプロジェクトだ。

[17:50 9/4]

DeNA、横浜市でAI活用のタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験

ディー・エヌ・エー(DeNA)は9月4日、AIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験を横浜市と神奈川県タクシー協会の協力の下、横浜市の限定エリアを対象に実施すると発表した。

[17:00 9/4]

繋がる"デジタル大部屋"、多拠点間の円滑な共創活動技術 - 富士通研究所

富士通研究所は、同社が2015年に開発した部屋全体をデジタル化する空間UI技術を拡張し、遠隔他拠点間においてネットワークを通じて円滑な共創活動を可能とする技術を開発した。

[15:17 9/4]

ネオス、画像認識とチャットを組み合わせたAIプラットフォーム

ネオスは9月4日、独自の画像認識AIによって写真に含まれる複数のオブジェクトを同時に認識する画像認識エンジンを開発し、LINEなどのチャットサービスと連携可能な「画像認識AIプラットフォーム」として提供開始したことを発表した。

[13:40 9/4]

富士通、不妊治療におけるビッグデータを活用した診療支援システムの実証

富士通と医療法人の三慧会は9月4日、不妊治療における効果的な治療を実現する診療支援システムの実証研究を9月~12月の期間で実施すると発表した。今回、富士通が開発した不妊症版類似症例検索システムを用いて、三慧会が提供した患者約1000名のデータから、治療対象患者と類似する複数の過去患者のデータを抽出する。

[12:40 9/4]

事例で学ぶIoT活用術 第1回 落とし物対策企業が作った落とし物防止タグ「MAMORIO」

落とし物ドットコムとしてスタートした企業が、現在の「MAMORIO」だ。社名は変わっても、「なくすを、なくす。」というビジョンを掲げている。そんなMAMORIOのメイン商材が、物品に取り付けることで紛失を防ぎ、紛失時の発見を助ける落とし物防止タグ「MAMORIO」だ。

[11:00 9/4]

トランスコスモス、コミュニケーション領域に特化したAI研究所を設立

トランスコスモスは9月1日、デジタル化が進む消費者と企業のコミュニケーション領域に特化した独自の人工知能(AI)や機械学習などの先端技術の研究所として「Communication Science Lab」を設立したことを発表した。

[10:00 9/4]

【特別企画】ソフトバンクとマイクロソフトが語る、日本企業の働き方改革の未来 後編

働き方改革は、多くの企業が同取り組みを進めるものの、長年の企業経営で染みついた各企業の労働慣行を変えることは難しい。そこで本企画では、自ら働き方改革を大きく推進し、また顧客の働き方改革の支援も積極的に手がけている日本マイクロソフトとソフトバンクのキーパーソンの対談を通じ、働き方改革を成功に導くカギを紐解いていきたい。

[08:15 9/4]

【連載特別企画】IoT × ロボットが世界を変える 第2回 MESHで実現する業務効率化への一歩

IoTをより簡単、便利に、そして自由に誰もが活用できるようにする"IoTブロック"「MESH」。本稿では、ビジネスにおけるMESHの活用シーンを紹介するとともに、今後の可能性について踏み込んで紹介する。

[08:00 9/4]

2017年09月02日(土)

軍事とIT 第208回 特別編・システム屋さんから見たイージス・アショアの利点

最近、新たな弾道ミサイル防衛(BMD : Ballistic Missile Defense)のための資産として名前が急浮上したのが、イージス・アショア(Aegis Ashore)である。英語の頭文字略語では「 AAMDS(Aegis Ashore Missile Defense System)」というが、このうち「アショア」は「ashore」つまり「陸上配備型」という意味になる。

[11:00 9/2]

2017年09月01日(金)

オンライン決済プラットフォーム「Stripe」がApple Payに対応

オンライン決済プラットフォーム「Stripe」を提供するストライプジャパンは8月31日、日本においてApple Payに対応すると発表した。

[20:00 9/1]

全米オープンテニスに新たなAIソリューション「IBM Watson Media」が登場

IBMは、8月28日から9月10日かけて開催の全米オープンテニス(The 2017 US Open Tennis)において"IBM Watson Media"を使ったAIソリューションを提供していることを発表している。

[18:52 9/1]

マイクロソフト、国内でMixed Realityパートナープログラムを開始

日本マイクロソフトは9月1日、Mixed Reality(複合現実)のパートナープログラム「Mixed Reality パートナープログラム」を10月より国内で開始し、博報堂、wise、ネクストスケープを国内初のMicrosoft Mixed Realityパートナーとして発表した。

[17:00 9/1]

セコムとドコモ、LPWA通信を活用したAED管理の実証実験

セコムとNTTドコモは9月1日、LPWA通信を活用した「AEDオンライン管理サービス」の運用開始を目指して、2017年9月2日から共同で実証実験を開始すると発表した。

[16:45 9/1]

Excelワークシートファイルの複数同時作業もOffice 365の8月アップデート

Microsoftは8月31日(現地時間)、Office 365に関する同年8月分の更新内容を公式ブログで報告した。Excelの共同作業やMicrosoft Teamsの拡張、Yammer用アプリケーションの更新などが加わっている。

[16:32 9/1]

エイベックスと日本マイクロソフト、観客の表情などAIでライヴを定量評価

1日、エイベックス・グループ・ホールディングスと日本マイクロソフトはライヴやイベントの観客満足度向上に向けて「Microsoft Cognitive Services」を使った来場者分析システムを開発したことを発表、システム導入に向けた実証実験を重ね実用化に向けた取り組みを開始していく。

[15:32 9/1]

アレイ・ネットワークス、ADCのラインアップにECC処理を行う新製品を発売

アレイ・ネットワークスは9月1日、ADC(アプリケーションデリバリコントローラ)である「Array APVシリーズ」の新たなラインナップとして「AppVelocity-E」の日本国内での販売開始した。AppVelocity-Eは、最新のSSL暗号化スタンダードをオフロードするために専用設計されており、ECC(Elliptic Curve Cryptography:楕円曲線暗号)暗号化方式のトランザクション処理を高いパフォーマンスで実現するという。

[15:22 9/1]

新会社「LINE TICKET」設立 - LINEの機能を活用した電子チケットを提供

LINEとアミューズ、テイパーズの3社は9月1日、共同出資による新会社「LINE TICKET株式会社」を設立し、バンダイナムコライブクリエイティブおよびエンジンと資本業務提携を締結した。

[15:11 9/1]

KDDI、電力ケーブル工事への対応が可能な「海底ケーブル敷設船」建造

KDDとKDDIグループ会社である国際ケーブル・シップは9月1日、2019年度の運航開始を目途に、新たに海底ケーブル敷設船を建造することを決定したと発表した。

[14:00 9/1]

ソニー、同僚の居場所などわかるスマートオフィスソリューション欧州で提供

ソニーは9月1日、新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」ヨーロッパの第1号事業化案件として、スマートオフィスソリューション「Nimway」(二ムウェイ)を欧州各国で展開すると発表した。

[14:00 9/1]

ライブ会場への道中でアーティストが愛の告白! - KDDIとWILLERが「ライブバス VR」発表、第一弾はDISH//

KDDIとWILLERは8月31日、高速バスでの移動中にVRコンテンツを視聴できる新サービス「ライブバス VR」の提供を開始することを発表した。

[13:30 9/1]

NTTデータ、「AW3D全世界デジタル3D地図」の高精細3D都市データ販売

NTTデータは8月31日、米国DigitalGlobeと「AW3D全世界デジタル3D地図」の新製品となる、高精細3D都市データを共同開発し、9月1日から販売を開始すると発表した。利用が期待される日本・米国・カナダの約100万平方キロメートルの都市・エリアから販売開始していく。

[13:07 9/1]

残薬問題解決への道筋を示す、凸版印刷のIoT薬箱

モノとインターネットがつながるIoT(Internet of Things)によって、処方薬の飲み忘れを防止する薬箱を開発した凸版印刷。IoTでどのように飲み忘れを防止するのか。同社の開発チームに話を伺った。

[13:00 9/1]

富士通、経営管理クラウドサービス「GLOVIA SUMMIT クラウド」

富士通および富士通マーケティングは8月31日、大手・準大手企業向けのグループ経営管理ソリューションである「GLOVIA SUMMIT(グロービア サミット)」シリーズに、経営管理クラウドサービスである「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA SUMMIT クラウド」(GLOVIA SUMMIT クラウド)を追加し、販売開始した。価格は月額30万円(税別)から、販売目標は2020年度までに約100社。

[11:38 9/1]

[VMworld2017]「Pivotal Container Services」発表 - VMware、Pivotal、Googleがコンテナで協業

VMwareとPivotalは8月29日(現地時間)、仮想サーバの「VMware vSphere」上にコンテナ環境を自動構築する「Pivotal Container Service(以下、PKS)」を発表した。Googleが開発したコンテナ管理ツールである「Kubernetes」を採用しており、Google Cloud Platformで稼働する。PKSは同社が開催する年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2017」で発表された。

[10:20 9/1]

第一生命と日立、医療ビッグデータの活用で生命保険の加入範囲を拡大へ

第一生命と日立は8月31日、医療ビッグデータを生命保険事業に活用するための共同研究により、「生活習慣病に起因する入院の可能性とその日数」を予測する定量評価モデルを開発したことを発表した。

[09:28 9/1]

【特別企画】社内のデータを集めて規律化し「データ民主化」を! Clouderaが「データ活用フォーラム」で解説

2017年7月21日、グランフロント大阪において、「マイナビニュースフォーラム2017 Summer ~あらゆるデータの収集・連携・活用を考える~」が開催された。本稿では、IoTやビッグデータの活用について先進的な事例紹介を行った、Cloudera 製造業界セールスマネージャーの瀧久 寛之氏による講演「先行活用事例から学ぶIoT/ビッグデータの始め方」を紹介する。

[08:30 9/1]

ISIDとKIBIT、北陸銀行でAIによる業務データの抽出実験

電通国際情報サービス(ISID)とFRONTEOは8月31日、北陸銀行と共同で、FRONTEOが独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を用いて、銀行業務における文書データの利用高度化に向けた実証実験を開始した。

[08:00 9/1]

セゾン情報システムなど、人流計測・動線解析向けIoTシステムの実証実験

セゾン情報システムズとタイのActivio、アットマークテクノは8月31日、共同で展示会場など不特定多数の観客が集まる会場の人流を分析しクラウドで監視・管理する IoT システムの実証実験を行うと発表した。実証実験は、9月1日~3日までタイのバンコク市内で開催されるイベント「JAPAN EXPO IN THAILAND」の会場で実施される。

[07:00 9/1]

2017年08月31日(木)

iCAREとチームスピリットが協業、勤怠データを健康経営に活かす取組み開始

iCAREは8月31日、働く人のオンライン保健室「Carely」を導入したチームスピリットとともに、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」の勤怠データをiCAREのメディカルスタッフと産業医のサポートに活用することで、従業員の健康保持と増進、健康経営に役立てる取り組みを開始したと発表した。

[17:38 8/31]

【連載特別企画】IoT × ロボットが世界を変える 第1回 アイデアを形にするIoTブロック - MESH

ビジネスの可能性を飛躍的に広げることができることから注目を集めるIoTやロボット。だが、ものづくりとIT双方の領域と深く関わることなどもあり、なかなか手を出しにくい企業も多いことだろう。そうしたなか、こうした先端技術のハードルをなくし、誰でも活用できるようにするツールが続々と登場している。本連載ではこれらのツールから、特に注目すべきものをピックアップして紹介する。

[16:58 8/31]

日本ユニシスと日本海コンサルタント、AIによる橋梁の健全性判定支援の共同開発開始

日本ユニシスは8月31日、日本海コンサルタントと「AI(人工知能)技術を活用した橋梁の劣化要因・健全性判定支援システム」の共同開発に取り組むことを発表した。

[16:54 8/31]

DAL、統合EDI製品の最新版 - Microsoft SQL Server 2017などをサポート

データ・アプリケーション(DAL)は8月31日、企業データをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」と、企業間電子商取引に特化したB2Bサーバ「ACMS B2B」ならびに動作環境をWindowsに限定した「ACMS B2B Limited Edition」の最新版「4.7」の販売を開始した。

[16:00 8/31]

NTTレゾナント、災害時の事業継続に必要な情報のやり取りをサポート

NTTレゾナントは8月31日、災害時の事業継続に必要な情報のやりとりを支援する企業向け災害対策マネージメントソリューションを提供開始すると発表した。「災害管理ダッシュボード」と「スマホアプリ」を連動させることで、発災時に社員から「安否状況」「被災状況」「支援物資の状況」などの必要な情報を一元化して収集することを可能にする。

[15:45 8/31]

オプティムと藤枝市、AI・IoT技術を活用した精密農業の取り組みを開始

オプティムは8月31日、静岡県藤枝市が取り組んでいる「IoT(LPWA)プラットフォームを活用した公共テーマ型実証実験事業」において、産業振興分野の「圃場データの可視化による農業の圃場管理支援」事業者として選定され、AI・IoT技術を活用した精密農業の取り組みである「圃場管理支援事業」を開始することが決定したと発表した。

[15:24 8/31]

国内企業のビッグデータ活用を阻む要因は何か?

IDC Japanは8月30日、国内のビッグデータ/アナリティクス市場について、テクノロジー/サービス市場予測および国内企業の活用に関する調査結果を発表した。これによると、半数の企業が部門レベルでのビッグデータ/アナリティクスの戦略的取組みの段階に到達しているという。

[15:00 8/31]

日立ソリューションズ、IoT向け超高速組み込みデータベース管理システム

日立ソリューションズは8月31日、IoT化が進む制御システム向けに、数十マイクロ(0.00001)秒でのデータの検索や更新を実現する「Entier インメモリデータベース管理システム」を9月1日から販売を開始すると発表した。価格は個別見積もり。

[13:03 8/31]

GMO、地域ポイントを発行できるブロックチェーンプログラムをOSSで公開

GMOインターネットは8月31日、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第3弾として「地域トークン」のオープンソースを公開したと発表した。

[12:30 8/31]

【特別企画】締切迫る! AI民主化に向けた日本MSのビジョン、アクサ生命CDOも登壇

マイナビニュースは、9月8日(金)、東京都新宿区にて「"今あるデータ"でビジネス価値を導き出すビッグデータ活用セミナー」を開催する。申し込み締切日は9月7日(木)15:00。注目度が高いセミナーだけに、早めの申し込みをオススメしたい。

[12:00 8/31]

VMware、「Workspace ONE」で統合型ユーザー体験などを実現する新技術

ヴイエムウェアは8月30日、「VMware Workspace ONE powered by VMware AirWatch」を、多様なエンドポイントプラットフォーム上での統合型のユーザー体験と管理・セキュリティを実現する新技術を発表した。

[10:48 8/31]

[VMworld 2017]「VMware Cloud Services」発表――クロスクラウド戦略を具現化

米VMwareは8月28日(現地時間)、これまで「クロスクラウドアーキテクチャ」として提供していたサービス群を拡充し、「VMware Cloud Services」ブランドとして提供していくと発表した。その詳細を、同社が開催する年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2017」の基調講演内で明らかにした。

[09:53 8/31]

セック、屋内自律移動ロボットソフトウェア管理アプリケーション

セックは8月30日、屋内自律移動ロボットソフトウェア管理アプリケーション「Rtino Manager」(アルティノ マネージャ)を発売した。新製品により、自律移動ロボットの運用の効率化と柔軟な運用を実現するとしている。

[09:47 8/31]

NTTファシリティーズ、AIで建物の揺れを50%以上低減するアクティブ制震技術

NTTファシリティーズは8月30日、超高層建物の長周期地震動対策として、振動制御にAIを利用する新しいアクティブ制振技術を開発したと発表した。2017年中に完成させ、2018年1月からの本格提供を予定している。

[09:39 8/31]

2017年08月30日(水)

富士通マーケティング、国際自動車のインフラ基盤をHCIで刷新

富士通マーケティングは8月30日、国際自動車のインフラ基盤をハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI:Hyper Converged Infrastructure)で構築したと発表した。

[19:00 8/30]

NEC、長崎県諫早市に「土砂災害予兆検知システム」を構築 - 4月に稼働開始

NECは8月30日、長崎県諫早市に土砂斜面の危険性の変化をリアルタイムに見える化する「土砂災害予兆検知システム」を構築したと発表した。同システムは、諫早市飯盛町の土砂災害特別警戒区域内にて今年4月から稼働を開始している。

[18:30 8/30]

"AI"を利用しての過失責任はメーカー側が負うべき - ジャストシステム「Fastask」

ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」において"人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年7月度)"のサマリーを公開した。

[17:58 8/30]

ラクスル、最短20秒でデータチェックを行う「スピードチェック入稿」開始

ネット印刷のラクスルは8月30日、従来オペレータによって行われていた印刷データのチェック・変換作業を完全に自動化するエンジンを開発し、そのエンジンを活用した「スピードチェック入稿」サービスを同日より開始すると発表した。

[17:38 8/30]

SCSK、Zabbix社と認定パートナー契約を締結し運用改善サービスを提供

SCSKは8月30日、Zabbix社と認定パートナー契約を締結したことを発表。これに伴いSCSKは、オープンソースの監視ソリューション「Zabbix」の導入・運用保守および運用改善サービス提供を開始する。

[17:11 8/30]

セゾン情報、SAP ERPとの連携をノンプログラミングで実装する新アダプタ

セゾン情報システムズは8月30日、アプレッソが開発し、セゾン情報システムズが販売を行うデータ連携プラットフォーム「DataSpider Servista」の新しいアダプタとしてSCSKが開発した「SAP ERP」対応の「DataSpider Servista ERP Adapter for SAP」の販売を開始したと発表した。

[16:05 8/30]

VMwareとPivotalが「Pivotal Container Service」発表-Google Cloudと協業

米VMwareとPivotal Softwareは8月29日(現地時間)、米国で開催中の「VMworld 2017」でGoogle Cloudと協業し、「Pivotal Container Service(PKS)」を発表した。PKSは、Google Container Engine(GKE)とコンスタント互換するVMware vSphereおよびGoogle Cloud Platform(GCP)上で本番運用を目的としたKubernetesを活用できるようにする新製品。2017年第4四半期に提供を開始し、Pivotal Cloud Foundry(PCF)とVMwareのSoftware-Defined Data Center(SDDC)に統合できるスタンドアロン製品として出荷を予定している。

[14:06 8/30]

日立、大量データを高速・柔軟に処理するイベント駆動型フレームワーク

日立製作所は8月30日、電力や交通などの社会インフラや製造・流通、金融分野をIoTの活用により業務の効率化や新サービスの創出を推進する企業向けに大量データを高速・柔軟に処理を行うイベント駆動型フレームワーク「Hitachi Application Framework/Event Driven Computing(HAF/EDC)」のIoT向け機能を強化し、9月1日から販売を開始すると発表した。

[11:52 8/30]

情シスのタマちゃん 第41回 本社出張②

たったひとり、もとい一匹で社内すべてのあれこれに対応する情シス担当・タマちゃん(猫)の日々を4コマ漫画でお届けします。

[11:30 8/30]

サテライトオフィス、IoT端末と連携できるデジタルサイネージを提供開始

サテライトオフィスは8月30日、IoT端末と連携でき、スマートフォンからの制御や遠隔操作が可能なサイネージブラウザ「サテライトオフィス・サイネージブラウザ for クラウド」を開発し、同日より提供開始したと発表した。

[11:27 8/30]

AOSデータ、AI搭載の法人向けクラウドバックアップ製品を提供

AOSデータは8月29日、同社の法人向けクラウドバックアップ製品である「AOSBOX Business(エーオーエスボックスビジネス)」にAI機能を搭載した「AOSBOX Intelligent(インテリジェント)」を提供開始した。価格は年間3万円(税別)~。

[11:15 8/30]

[VMworld 2017] 「VMware Cloud on AWS」提供開始、初のセキュリティ製品も

米VMwareの年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2017」が8月27日、ネバダ州ラスベガスのMANDALAY BAYホテルで開幕した(8月31日まで開催)。28日の基調講演では、2016年10月に発表された「VMware Cloud on AWS」の提供開始、同社初のセキュリティ製品「VMware App Defense」が発表された。

[09:48 8/30]

【連載特別企画】サテライトオフィス原口社長が教えるLINE WORKSチャット活用術 第14回 LINE WORKSによる業務プロセス改善

サテライトオフィスでは、「LINE WORKS」向けに日常の業務効率を改善する各種アドオンを提供している。今回は「サテライトオフィス・ワークフロー for LINE WORKS」を紹介する。

[08:29 8/30]

NTTデータとNTT com、三鷹データセンターEASTを拠点に協業強化

NTTデータとNTTコミュニケーションズは8月29日、2018年4月に提供開始予定の「NTTDATA三鷹データセンターEAST」を拠点にしたソリューション連携を強化すると発表した。

[08:00 8/30]

2017年08月29日(火)

オージス総研、「IoTかんたんパック」がHULFT IoTに対応

オージス総研は8月29日、同社が提供するクラウド環境「IoTかんたんパック」においてデバイスから通信を受け取るソフトウェアとして「HULFT IoT」に対応し、提供を開始した。これにより、大容量データを安全・確実に連携でき、データの保存・分析が簡単に利用開始できるクラウド環境を実現するという。

[16:44 8/29]

NESIC、WANの高速化・最適化する米Silver PeakのSD-WANソリューション

NECネッツエスアイ(NESIC)は8月29日、米Silver Peak Systemsと販売代理店契約を締結し、同社のSD-WANソリューション「SilverPeak Unity EdgeConnect」の販売を開始した。なお、日本企業の海外拠点への導入にあたり、NESICのパートナー企業である日本NCが一次窓口となり、同社の親会社である米NCRコーポレーションが世界180カ国に対しSilverPeak Unity EdgeConnectの構築・保守・サポートを提供する。

[16:15 8/29]

モビリティIoTで駐車場シェアリング - スマートバリューとakippaが提携

スマートバリューは8月29日、駐車場シェアリングのakippaと業務提携をしたことを発表した。この連携により「CiEMS」ユーザーは、全国12000カ所を超える駐車場シェアリングスペースを利用できるようになるという。

[15:55 8/29]

AIで倉庫運営における人員配置を最適化 - NECと東邦ホールディングス

NECは8月29日、医薬品卸売業の東邦ホールディングスと共同でAIを活用し、倉庫運営における人員配置の最適化を行う実証実験を7月に実施し、システムの有効性を確認したと発表した。なお、NECは同システムを用いたサービスを、2017年度中に卸業界を中心に提供を開始する予定だ。

[15:13 8/29]

日本オラクル、クラウド・インフラストラクチャ製品戦略を説明

日本オラクルは8月28日、クラウド・インフラストラクチャ製品群に関する説明会を開催した。2018年度は、「エンジニアド・システム」「サーバ」「データベース・アプライアンス」「ストレージ」をクラウド・インフラストラクチャ製品群の中核に据えて展開していく。

[14:33 8/29]

富士通とVMwareがクラウド分野の協業拡大 - K5上でVMware Cloud Foundation

富士通と米VMwareは8月29日、エンタープライズのデジタルトランスフォーメーションを支援するため、グローバルにおけるクラウド分野の協業を拡大することで合意した。今回の合意により、富士通は2017年度第4四半期(2018年1~3月)からVMwareのクラウド基盤プラットフォーム「VMware Cloud Foundation」を含むVMwareのクラウドソリューションを富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)上からグローバル展開していく。

[13:49 8/29]

MKI、ルータやエッジコンピューティングをワンボックス化「MKI IoT基盤」

三井情報は8月29日、ルータやエッジコンピューティング(AI制御)等の機能をワンボックス化した「MKI Intelligent Gateway」を含む「MKI IoT基盤」を8月より提供開始すると発表した。また、それに伴い、MKIが提供するクラウド型省エネルギーマネジメントサービス「GeM2」を「MKI IoT基盤」に移行する。

[13:46 8/29]

【特別企画】ソフトバンクとマイクロソフトが語る、日本企業の働き方改革の未来 前編

本企画では、自ら働き方改革を大きく推進し、また顧客の働き方改革の支援も積極的に手がけている日本マイクロソフトとソフトバンクのキーパーソンの対談を通じ、働き方改革を成功に導くカギを紐解いていきたい。

[13:36 8/29]

HPEとエクイニクス、ハイブリッドIT対応のデータセンターPoC環境をリリース

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は8月29日、顧客のハイブリッドIT環境への確実な移行を支援するため、エクイニクス・ジャパンが東京で運営するInternational Business Exchange(IBX)データセンター内において、PoC(Proof of Concept: 実証実験)環境の提供を開始した。

[13:31 8/29]

富士通子会社、トイレの混雑緩和・看守りサービス「Internet of toilet」

富士通九州システムサービスは8月28日、トイレの混雑緩和・看守りサービスである「Internet of toilet」を2017年10月に販売開始すると発表した。2016年5月から同社本社オフィスで実証実験を開始し、日本トイレ研究会のアドバイスを受けて多様な知見を盛り込み製品化したという。

[13:17 8/29]

富士通と富士通研究所、AIで橋梁内部の損傷度合を推定する新技術

富士通と富士通研究所は8月28日、橋梁の表面に取り付けたセンサで振動データを収集し、富士通のAI技術である「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」を利用し、内部の損傷度合を推定できるセンサデータ分析技術を開発したと発表した。

[12:53 8/29]

鈴与シンワート、IaaS型クラウドサービス「S-Port Cloud EVA」を発表

鈴与シンワートは8月29日、IaaS型クラウドサービス「S-Port Cloud EVA」を発表した。自動フェイルオーバー機能、セキュリティグループ機能、フラッシュストレージ、インターネット接続を標準で装備する。

[10:30 8/29]

「Jアラート通知後の対策を決めている」大規模企業で24%、小規模企業で14%

NTTレゾナントは8月28日、「企業の防災意識と取り組みに関する調査」の結果を発表した。これによると、大規模テロ情報や弾道ミサイル情報などを発信するJアラート通知後の対策がまったく決まっていない小規模企業は51%に達するという。

[10:13 8/29]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第83回 飛行機の燃料(2)ジェット燃料を巡るあれこれ

前回は突発的に2次レーダーの話を取り上げたが、今回は燃料の話に戻って。第81回で、飛行機の燃料として灯油系のジェット燃料とガソリンがあるという話、それとガソリンを巡るあれこれについて書いた。今回はその続きで、目下の主流であるジェット燃料について取り上げる。

[09:00 8/29]

【連載特別企画】サテライトオフィス原口社長のG Suite(旧名:Google Apps)カスタマイズ講座 第24回 G Suiteの社内教育【カスタマイズ編】

今回は、より円滑な社内教育を実現する、eラーニング動画のアドオンについて紹介していこう

[08:52 8/29]

【連載特別企画】一人情シスのためのセキュリティ対策実践講座 第5回 ランサムウェア対策は絶対必要! だけど予算も人手も……

「一人情シス」にとって、膨大な日々の業務をこなしつつ、セキュリティ対策も手がけるというのは至難の技だと言える。そこで本連載では、セキュリティに関するホットなテーマを毎月取り上げつつ、一人情シスが効率的かつ効果的にセキュリティ対策を行えるよう現実的な視点でサポートしていきたい。第4回は、「ランサムウェア」の危険性についてだ。

[08:00 8/29]

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [89] 意外と便利なコマンド「cut」

コマンドの出力や設定ファイル、データファイルを少し加工したいときに便利なコマンドに「cut」がある。ちょっとした機能だが、知っていると意外と便利だ。今回は、このコマンドcutを紹介しよう。

[07:30 8/29]

双日、アイ・サイナップ、KCCSが協業し物流IoTサービスに参入

双日、アイ・サイナップ、京セラコミュニケ―ションシステム(KCCS)は8月28日、新無線通信技術「LPWA」の1つであるIoTネットワーク「Sigfox」を活用した物流IoTサービスの提供において、協業を開始したことを発表した。2018年度内の実用化を目指す。

[07:00 8/29]

2017年08月28日(月)

ビックカメラ、携帯電話契約の来店予約システムを導入

ビックカメラは8月28日、SoftBankおよびY!mobileの携帯電話契約カウンターへのインターネット来店予約システム「かんたん来店予約」を導入したと発表した。家電小売業界では初の導入だという。

[17:37 8/28]

【連載特別企画】サテライトオフィス原口社長が教えるLINE WORKSチャット活用術 第13回 LINE WORKSのシングルサインオン

LINE同様にLINE WORKSもIDとパスワードによる認証は不可欠だが、さらにセキュリティを強化するログイン環境を担保するのが、「サテライトオフィス・シングルサインオン for LINE WORKS」だ。本稿ではその利便性を紹介する。

[17:00 8/28]

サッポログループがAIで取り組み働き方改革

サッポロホールディングスは、グループ全体の業務効率化を推進するためにAIを活用した働き方改革に着手。2016年12月から2017年4月にかけて実証実験を行い、その結果を受け、2017年末までに本格導入を計画しているという。

[11:00 8/28]

パナソニック、IoTを活用した遠隔住宅ケアサポート・システムの実証実験

パナソニックは8月28日、自治体と連携した遠隔在宅ケアサポート・システムの実証実験を2017年9月1日より順次開始していくと発表した。要介護状態の単身世帯でも心して自宅で生活できる環境/仕組みづくりを目指して、遠隔で宅内の状態や状況を把握できるよう、IoT機器を活用したシステム構築に取り組む。

[10:41 8/28]

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [8] 「最も価値のある行動」を見つけ出す「強化学習」

前回までで、機械学習における代表的な3つの手法のうち、「教師あり学習」「教師なし学習」の2つについて説明しました。今回は最後の1つ、「強化学習」と呼ばれる手法の概要を説明します。強化学習は、一言で言うと「ある状態におけるさまざまな行動を評価し、より良い行動を自動的に学習する手法」です。特に、最近話題の囲碁・将棋といったゲームや、ロボットの動作を制御する上で高い性能を発揮します。

[10:30 8/28]

AnyPay、仮想通貨による資金調達のコンサルティング事業へ参入

AnyPayは8月28日、2017年9月から仮想通貨による資金調達方法、ICO(Initial Coin Offering)のコンサルティング事業へ参入することを発表した。また、併せて仮想通貨発行システムの提供も開始。ICO実施に必要な全ての業務をワンストップで提供する。

[09:25 8/28]

2017年08月26日(土)

軍事とIT 第207回 ソナー(11)水測予察と音響処理

大気中、あるいは宇宙空間を電波が伝搬する際、ただ単純に真っ直ぐ飛んでいく……とは限らない。比較的シンプルそうに見える電波でもそんな調子だが、海中の音波の伝搬はさらに複雑怪奇である。だから、ソナーのオペレーションは簡単な仕事ではない。

[11:30 8/26]

2017年08月25日(金)

国内で大規模な通信障害発生、OCNやKDDIが案内

8月25日正午過ぎから、全国各地でインターネットに接続できないという障害が発生している模様だ。OCN、KDDI、任天堂は通信障害が発生したことを案内している。

[15:56 8/25]

損保ジャパンやアクセンチュア、IoT/AI活用による自動車事故防止の共同研究

損害保険ジャパン日本興亜・第一交通産業・アクセンチュアの3社は8月25日、自動車事故防止の推進を図るため、データ分析を活用して事故を未然に防ぐ運行管理を実現するための共同研究を開始すると発表した。

[15:46 8/25]

IBM、仮想マシン向けに設計されたデータ保護ソフトSpectrum Protect Plus

米IBMは8月23日(現地時間)、仮想マシン(VM)やアプリケーションの管理者が使用することを念頭に設計されデータ復旧を簡素化する新しいデータ保護ソフトウェア「IBM Spectrum Protect Plus」を発表した。2017年第4四半期に提供開始する予定。

[14:47 8/25]

ALBERTとテクノプロ、データサイエンティスト派遣事業で協業

ALBERTとテクノプロは8月25日、データサイエンティスト派遣事業で協業することを発表した。ALBERTが保有する人工知能・機械学習を中心とした先端のデータ分析技術・コンサルティングノウハウを、テクノプロ・グループが持つ1800社におよぶ自動車、電機電子、インフラなどの製造業を中心とした取引先に対して共同提供する。

[12:53 8/25]

[講演レポート提供]Google担当者が語る! AIの現状と機械学習ライブラリ「TensorFlow」

7月20日に行われた第50回IT Search+スペシャルセミナーのセッション2「TensorFlowで広がる機械学習の世界」では、Google Developer Relationsチーム プログラムマネージャーを務める鈴木拓生氏が登壇。「TensorFlow Playground」を使って機械学習の基本的な仕組みが解説されたほか、Googleで機械学習が活用されているプロジェクトの数々や、TensorFlowの活用事例などが紹介された。

[11:30 8/25]

【連載特別企画】事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~ 第35回 シリーズ販売本数が7,800万本を超える「バイオハザード」のゲーム基盤に、Azureを採用 - カプコン

優れたユーザー体験を提供し続けているのが、株式会社カプコンは秒間500件ものI/Oにも対応できる拡張性を確保すべく、Webサービスの提供基盤をパブリッククラウドへ移行しました。本稿ではその経緯と効果を紹介します。

[10:16 8/25]

2017年08月24日(木)

IBMとみずほがテロ資金対策に向けてコグニティブ技術を活用した検証を開始

日本IBMとみずほ銀行は8月24日、各国の政府機関が金融機関に対し規制強化を進めているテロ資金などへの対策として、コグニティブ技術を活用し、リスク管理の高度化・効率化に向けた業務の検証を開始した。具体的には、IBM Watsonのコグニティブ機能を使用する金融機関向けのクラウドサービス(正式名称:IBM Financial Crimes Due Diligence with Watson)を用い、従来は手作業で行っていたニュースなどのスクリーニング業務をコグニティブ技術により分析する。

[17:20 8/24]

外部データセンターサービスを利用するのは大企業が中心 - IDCが調査

IDC Japanは8月24日、2017年国内データセンターサービスユーザー調査結果を発表した。これによると、大企業における外部データセンターサービスのシェア拡大が市場の成長を加速させるという。

[16:11 8/24]

LIFULL、CAICA、テックビューロが不動産情報共有の実証実験を開始

LIFULL、カイカ(CAICA)、テックビューロの3社は8月24日、ブロックチェーンを活用した不動産情報共有・利用の実証実験を3社共同で開始すると発表した。ブロックチェーンはテックビューロの「mijin」を採用する。

[15:46 8/24]

スチールケースと日本マイクロソフトが働き方改革の推進に向けて協業

スチールケースと日本マイクロソフトは8月24日、日本法人の顧客における働き方改革に貢献することを目指し、クリエイティブな思考や、より良いコラボレーションを生み出すためにデザインされたさまざまなテクノロジーを備える「クリエイティブスペース」を共同展開することを発表した。

[14:40 8/24]

Gartner、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表

米Gartnerはこのほど、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表し、企業が今後5~10年にわたってデジタル・エコノミーの世界で生き残り、成功することを可能にする、3つのトレンドを明らかにした。

[14:00 8/24]

【連載特別企画】業務改善に企業内SNSは有効か? 第1回 情報共有ツールの価値を探る

TwitterやFacebook、LINEのような「SNS」による情報共有のスタイルをビジネスに持ち込む「企業内SNS」に対する関心が高まりつつある。企業内での情報共有ツールとしては、長い歴史を持つ「グループウェア」が広く使われているが、その中でなぜ「企業内SNS」が注目を集めているのだろうか。本連載ではその背景を紹介する。

[13:00 8/24]

シュナイダーが描くインダストリー事業部の国内戦略 - FA関連を強化

シュナイダーエレクトリックは8月23日、都内で記者会見を開き、インダストリー事業戦略の説明会を開催した。同社では昨年末に同事業を立ち上げており、今後の日本における事業展開を中心に説明を行った。

[13:00 8/24]

【連載特別企画】事例で学ぶ Windows 10 活用術 第6回 "お客さま第一"の実践に向けて、約45,000台のクライアントPCのOS移行に挑んだイオングループ

全国に21,000を超える店舗と事業所を抱え、日本の小売業界において6期連続で営業収益1位という業績を誇るイオングループ。日本を代表する小売業者といえるイオングループでは、顧客接点となる店舗で利用するPCの安定稼動を担保して"お客さま第一"を実践し続けるべく、綿密に計画立てしたロードマップのもとでクライアント環境を運用しています。本稿では同グループのクライアント環境の見直しの経緯を紹介します。

[12:34 8/24]

企業成長の「鍵」は人材! 進化するHRテクノロジーの潮流と人事の取り組み

7月26~28日に開催された「総務・人事・経理ワールド2017 HR EXPO」の特別講演では、HRテクノロジーの最新動向と経営をサポートする人事の取り組みがテーマに掲げられた。登壇したのは、慶應義塾大学 大学院経営管理研究科 特任教授の岩本隆氏と、日本オラクルの執行役員 人事本部長 遠藤有紀子氏。本稿では、講演の模様をダイジェストでお届けする。

[12:00 8/24]

キリバ、NTTデータのグローバル資金管理中継サービス「GGAPS」を提供開始

キリバ・ジャパンは8月23日、同社のグローバル資金・財務管理ソリューション「キリバ・エンタープライズ」の国内銀行接続機能として、NTTデータのグローバル資金管理中継サービスである「GGAPS」の提供を開始した。

[12:00 8/24]

脈拍で"ヒヤリ・ハット"機能もフィールドワーカーの健康を見守るクラウドIoT - NTTPC

NTTPCコミュニケーションズは、広いフィールドで働く複数ワーカーの健康状態をリストバンド型バイタルセンサーを利用し、運行管理者がリアルタイムで見守ることが可能なサービス「みまもりがじゅ丸」を23日、開始した。

[10:27 8/24]

ちょっと便利なGoogle活用術 第28回 Googleドライブの新アプリ「Backup and Sync」でバックアップをしよう

Googleドライブに新たなアプリが登場した。従来はPC上の「Googleドライブ」フォルダだけが同期対象だったが、この新アプリ「Backup and Sync」ではPC上のどのフォルダでも自由に同期が可能になったのだ。容量に問題がなければPCのまるごとバックアップも可能になる。そこで今回は、「Backup and Sync」の使い方を紹介しよう。

[09:00 8/24]

富士ゼロックス、技術文書の先使用権立証を支援するソリューション

富士ゼロックスは8月23日、同社の文書管理システムにアマノビジネスソリューションズのタイムスタンプサービスを組み合わせた、知的財産の先使用権立証に必要な要件を満たした技術文書管理を実現する「先使用権対応ソリューション」の提供を開始したと発表した。

[07:00 8/24]

2017年08月23日(水)

オンキヨー、加振器の音声技術を活用しAI対応の需要へソリューションを提案

オンキヨーは8月23日、OEM事業において、加振器を用いた高品質な音声/音楽再生を可能にする技術やノウハウを活用し、今後AI、IoT対応が進むと予想される家電や住宅用建材などの新規事業分野に向けたソリューションの提案を開始したことを発表した。

[17:52 8/23]

2016年の国内システムソフトウェア市場規模は1.5%減の1728億9600万円 - IDC

IDC Japanは8月22日、2016年における国内システムソフトウェア市場規模実績と2021年までの市場規模予測を発表した。これによると、2016年の国内システムソフトウェア市場規模は2015年と比べて1.5%減の1728億9600万円であり、2016年から2021年における年間平均成長率(CAGR)は3.8%になるという。

[15:06 8/23]

【特別企画】業務効率とセキュリティ向上を期して「デスクトップ仮想化」を導入

政府が推し進めている「働き方改革」は、場所や時間に束縛されず業務に従事することにより生産性を上げていこうという取り組みだ。一人ひとりのニーズにあったら働き方を実現しようと多くの企業がこの取り組みに賛同し、取り組んでいる。こうした状況から、業務の根幹を成すITインフラも変革の時を迎えており、中でも「デスクトップ仮想化」の導入に踏み切る企業が近年増加している。

[14:30 8/23]

ヴイエムウェア、「VMware Workstation 14 Pro」を発表

ヴイエムウェアは8月23日、デスクトップ仮想化ソフトウェアの最新版「VMware Workstation 14 Pro」を発表した。同製品は、Windows 10 や Windows Server 2016 で提供される仮想化ベースのセキュリティへの対応により、セキュリティ機能が強化されている。

[14:30 8/23]

Microsoft、FPGA用リアルタイムAIプラットフォーム「Brainwave」を発表

Microsoftは2017年8月22日(現地時間)、深層学習アクセラレーションプラットフォーム「Brainwave」を再び公式ブログで発表した。Brainwaveは分散型システム構造を採用し、ハードウェアレベルでDNN(ディープニューラルネットワーク)エンジンを備えたFPGAに対応するなどの特徴を備えた、深層学習用プラットフォーム。今回新たに低摩擦化したトレーニングモデル用のコンパイラとランタイムも用意することを明らかにした。

[10:42 8/23]

Google、Chromebookで法人ニーズに応える「Chrome Enterprise」発表

米Googleは8月22日 (現地時間)、「Chrome Enterprise」を発表した。「シンプル」「高速」「安全」の3つを柱にした同社のPC向けプラットフォーム「Chorme OS」に、オンプレミスの管理ツールのサポートを含む、企業のニーズに応えるサービスや機能サポートをまとめたプログラムだ。年間50ドル/デバイスのサブスクリプション形式で提供する。

[10:19 8/23]

情シスのタマちゃん 第40回 本社出張①

たったひとり、もとい一匹で社内すべてのあれこれに対応する情シス担当・タマちゃん(猫)の日々を4コマ漫画でお届けします。

[07:00 8/23]

2017年08月22日(火)

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」に49書体を追加

モリサワは8月22日、Webフォントサービス「TypeSquare」のラインアップを拡充し、新しい書体を提供開始したと発表した。エイワンの22書体と、デザインシグナルの27書体が新たに追加される。

[17:44 8/22]

トランスコスモス、対話型AIの導入から運用を支援するサービス提供

トランスコスモスは8月22日、対話型AIの導入から運用をワンストップに支援する「AIトータルソリューションサービス」の提供を開始すると発表した。顧客企業のニーズや課題に応じて、高い自然言語処理技術・深層学習技術を誇るAIツール・エンジンの中から最適なものを提案し、導入を支援する。

[17:04 8/22]

エルテス、情報の収集・分析により危機管理サービスを提供する新会社

デジタルリスクを予兆・検知・解決するソリューションを手掛けるエルテスは8月22日、安全対策サービスなどを提供する戦略子会社「株式会社エルテスセキュリティインテリジェンス」を設立すると発表した。業務開始は2017年9月1日を予定している。

[16:24 8/22]

日本マイクロソフト、働き方改革サポート「Surface Hub 取次 リセラー」開始

国内出荷から1年を迎えた22日、同社は新たな販売パートナー制度「Surface Hub 取次 リセラー」を通じた販売を開始することを公式ブログで発表している。

[15:31 8/22]

働き方改革で迷走中の企業に朗報! - 生産性を向上させる瞑想法とは

働き方改革が声高に叫ばれている昨今、多くの企業は長時間労働の抑制や生産性の向上に向けて、ITの恩恵を授かっているのは言うまでもない。しかし、働く人自身が業務スタイルを考えたときに集中できないことや、生産性を落とすことも事実であり、業務から離れて自己の内面や外的なものに関して、洞察する時間を割けていないのが現状だ。今回、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)のグループ会社で、人材育成を手がけるエディフィストラーニングが行っている「マインドフルネス入門 体験説明会」を取材したので、その模様をお届けする。

[13:00 8/22]

三陸おもてなしステーション、訪日外国人増加を目指す実証実験

協業コンソーシアム「三陸おもてなしステーション」は8月22日、経済産業省の「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)」を活用し、岩手・三陸エリアでのインバウンド増加を目指す実証実験を開始すると発表した。

[12:52 8/22]

ビースタイル、求人サイトに「AIアナリスト」を導入 - 分析効率とCVRの向上に期待

WACUL(ワカル)は8月21日、ビースタイルの求人サイト「時短エグゼ」にWACULの人工知能「AIアナリスト」を導入したと発表した。

[12:30 8/22]

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [88] ちょっと便利なコマンド「cal」

Googleカレンダーなどほど多機能ではないが、UNIX系のOSには古くからカレンダーを表示するためのコマンド「cal」が含まれている。今回は、このcalコマンドを紹介しよう。

[12:30 8/22]

情シス子会社はDXに向けた自己変革の岐路に - IDCが調査

IDC Japanは8月21日、国内企業の情報システム子会社の現在および将来に関する調査結果を発表した。これによると、情報システム子会社は企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが本格化する中で、それを支える組織に自らを変革できるかどうかの岐路に立っていることがわかったという。

[11:05 8/22]

デル、従業員100人未満の中小企業向け「デル アドバイザーキャンペーン」

デルは8月21日、従業員数100人未満の中小企業によるIT導入を支援するため「デル アドバイザーキャンペーン」を10月1日までの期間で開始した。同キャンペーンに合わせて同社は、中小企業のIT導入担当者が相談できる窓口の開設と、対象となる中小企業向け製品の期間限定割引を実施する。

[10:55 8/22]

ブロードバンドタワー、一橋大学とFinTech分野で共同研究

ブロードバンドタワーは8月22日、FinTech分野における同社の企業ブランディングとその事業化の足掛かりにすることを目的に、一橋大学大学院 国際企業戦略研究科が金融戦略・経営財務コースに設置する寄附講義を支援し、同科の金融戦略・経営財務コースと共同で各種の取り組みを行うと発表した。

[10:30 8/22]

アイル、データ改竄防止に向け業務管理クラウドにブロックチェーン導入

アイルは8月21日、シビラが開発したブロックチェーン「Broof」を、業務管理クラウドサービス「CROSSシリーズ」において運用を開始したと発表した。これにより、ブロックチェーンを活用してクラウド上に蓄積されたデータのセキュリティを向上する取り組みを進めていく。

[10:30 8/22]

航空機の技術とメカニズムの裏側 第82回 特別編・民航機の非常事態を宣言で注目「2次レーダーとスコーク7700」

最近、運航中の民航機が「非常事態」を宣言する事案が立て続けに発生した。まず、2017年8月12日に全日空37便のボーイング777-281(登録記号JA703A)が非常事態を宣言して羽田空港に戻った。続いて、2017年8月15日にアメリカン航空280便のボーイング787-9(登録記号N822AN)が非常事態を宣言して、関西空港に緊急着陸した。今回のお題は、そこで出てきたキーワード「スコーク7700」。

[10:00 8/22]

昭文社、大判地図の拡大印刷や加工が可能な「マップル地図プリント」を開始

昭文社は8月21日、同社の持つ400点以上の多彩な大判地図ラインアップについて、Web上で拡大印刷や様々な加工の選択ができ、いつでも折り目のない地図を注文できるオンデマンド印刷サービス「マップル地図プリント」を、8月より開始したと発表した。

[09:58 8/22]

首都高速道路、ネットワーク型ETC技術を試行運用 - 日立が協力

首都高速道路は8月21日、今年7月26日に発表した「ETCの多目的利用サービスの拡大に向けた取り組み」の一環として、千駄ヶ谷駐車場において、ネットワーク型ETC技術を用いた試行運用を9月25日から行うと発表した。

[09:55 8/22]

アグレックスなど、モノと顧客を繋ぐ「IoC PoC サービス」を提供

TISインテックグループのアグレックスは8月21日、東京エレクトロンデバイスおよびセールスフォース・ドットコムとのエコシステムにより、デバイスとCRMプラットフォームを繋ぐことで、IoT(Internet of Things)の先の新たなビジネスモデル構築を支援する「IoC(Internet of Customers) PoC サービス」を提供開始すると発表した。基本パックメニューの価格は200万円(税別)。

[09:49 8/22]

三菱地所、新たな通信規格「LPWA」を活用した通信網構築実験を実施

三菱地所は8月21日、大量のデータ通信へのソリューションとして、LPWA回線の有用性を検証しさまざまな活用方法を模索するべく、9月1日より開催する「第91回 三菱地所総合防災訓練」にて、LPWA回線を用いた位置情報把握の実証実験を実施することを発表した。

[09:27 8/22]

トライベックと電通デジタル、共同開発した「ECサイト診断」サービスを提供

トライベック・ストラテジー(トライベック)と電通デジタルは8月21日、デジタルコマース時代に求められるECサイトの新評価指標として、「ECサイト診断」サービスを共同開発し、同日より提供を開始すると発表した。診断対象とするウェブサイトとベンチマークするウェブサイトの評価を100点満点でスコア化し比較することで現状の強み・弱みを明らかにする。

[09:17 8/22]

【特別企画】仕事を生きがいに変える - 700名ものビジネスパーソンが来場した、ネオジャパン「desknet's WORK SHIFT SESSION 2017」

多くの企業が「働き方改革」への取り組みを進めているなか、ネオジャパンは7月、新しい時代の働き方を考え、提案するイベント「desknet's WORK SHIFT SESSION 2017」を開催。「生きること」という大きなテーマを掲げた講演からスタートし、そこから働くこと、そして業務効率にまでブレイクダウンされた同イベントについて紹介する。

[07:30 8/22]

2017年08月21日(月)

ちょっと便利なGoogle活用術 第27回 いつのまにか容量オーバーしていない!? Gmailを削除するテクニック(2)

Gmailは無料でアカウントを作成できる上、15GBと大容量のストレージが与えられる。そのため、ついついメールがたまってしまい、いつのまにか容量オーバーなんてこともあるのではないだろうか。警告を受けて慌ててメールを削除するなんて羽目に陥らないために、前回に続き今回も、Gmailを効率よく整理する方法を紹介しよう。

[09:00 8/21]

【特別企画】ヒューマンスキルも学べる!! システム管理者のための実践的なステップアップ講座

「システム管理者認定講座」は、7年前に国内初の"システム管理者のための講座"として開講。システム管理者を目指す若手から中堅社員を対象にした、新しいスキルアップのための講座だ。現在でも、このような"システム管理者"をターゲットにしたステップアッププログラムは珍しい。本稿では、この「システム管理者認定講座」の魅力について紹介しよう。

[08:30 8/21]

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [6] Microsofが開発するOSSエディタ「Visual Studio Code」

これまで注目のモダンエディタとしてAtom、Sublime Text、Bracketsを紹介してきた。今回からはVisual Studio Codeを取り上げる。いわゆる最近登場したモダンエディタの一つで、このエディタも多機能で高性能、多くのユーザを魅了している。

[08:00 8/21]

ブロードバンドタワー、千代田区に5GなどIoTを対象としたデータセンター

ブロードバンドタワーは8月18日、「千代田区新データセンター(仮称)」の第1期工事を行うことを決定した。2018年8月中の開設を目指し、総額40億円を投じる。

[07:00 8/21]

2017年08月19日(土)

軍事とIT 第206回 ソナー(10)被探知を避けるためのあれこれ

最近、戦闘機や爆撃機はステルス性をアピールする事例が多い。この場合のステルス性とは、レーダーによる被探知を困難にする、いわゆる対レーダー・ステルスを意味する。しかし実際には、「ステルス = 対レーダー・ステルス」ではない。その他の探知手段に対するステルス性向上手法もあり、ソナーも例外ではない。

[11:30 8/19]

2017年08月18日(金)

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争

本連載では、実際にAI(ディープラーニング)を活用したシステムを開発したコンサルタント・技術者の「ぼくら」が、実践的なAIの使い方を説明します。最初は「AIとは何か、何ができるのか」を理解をすることからはじめましょう。

[20:00 8/18]

任天堂の新型ゲーム機&ゲームアプリ世界同時リリースを支えたAkamaiのCDN

アカマイ・テクノロジーズは8日、任天堂のスマートデバイス向けアクションゲーム「Super Mario Run」と家庭据置型ゲームと屋外での携帯ゲーム機の両方の娯楽体験を提供する「Nintendo Switch」の世界各国での同時リリースという課題解決に取り組んだことを明かしている。

[19:47 8/18]

[講演資料提供] TensorFlow User Group主催者が語る、AI活用事例と適用のポイン

IT Search+ スペシャルセミナー 第50回にTensorFlow User Group主催者の下田 倫大氏が登壇。本稿では、ディープラーニング適用のポイントなどを解説した同氏の講演資料をご提供する。

[19:30 8/18]

セレス、仮想通貨取引事業を行う子会社を9月に設立

セレスは8月18日、取締役会において仮想通貨取引事業などを行うことを目的とする子会社として「マーキュリー(仮称)」を設立すると発表した。資本金は5000万円、9月に設立を予定している。

[18:41 8/18]

【特別企画】今いる場所がオフィス。一人ひとりに寄り添った働き方改革とは - 本気で取り組む企業必見のセミナー、9月6日(水)より全国4都市で開催

サーバー仮想化やネットワーク構築、スマートフォンや クラウド環境を利用したオンラインストレージサービスを提供するS&Iは、9月6日名古屋での開催を皮切りに、大阪、京都、東京の全国4か所でセミナーを開催する予定だ。S&Iでは、効率性/セキュリティー/コストのバランスをどう取るかが、「柔軟な働き方」を実現するための鍵だと考えている。そこで、コストの観点で優位性の高いVSANを利用したシンクライアント環境の構築を解決策の一つとして提案している。

[16:00 8/18]

佐賀大学、キャンパス情報ネットワークを刷新 - ソフトウェアで集中管理

ネットワンシステムズは8月18日、佐賀大学のキャンパス情報ネットワークを構築したと発表した。

[15:00 8/18]

AI戦略を本格始動したSAP、幹部に機械学習への取り組みを聞く - Oracleとの違いは?

創業以来45年間、ERPを中心に業務アプリケーションを手掛けてきたSAPだが、現在はAIを使って業務アプリケーションを次の世代に押し上げようとしている。今年5月に開催された年次イベント「SAPPHIRE Now」ではデジタルイノベーションプラットフォーム「SAP Leonardo」を正式発表、Leonardoの下でAI戦略を本格始動した。

[11:30 8/18]

技術革新が変える「仕事の未来」- AIやロボティクスは組織に何をもたらすか

ウイリス・タワーズワトソンは8月10日、「フューチャー・オブ・ワーク(仕事の未来)」をテーマにしたプレスセミナーを開催した。登壇した米ウイリス・タワーズワトソン タレント&リワード部門 マネージングディレクター ラビン・ジェスササン氏は、AI(人工知能)やロボティクスといった技術革新が一人一人の働き方にもたらすインパクトや、企業組織に迫る変化について展望を示した。

[09:30 8/18]

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [10] AIの導入・運用を支える人材とは

「AIが人々の働き方にどのような影響を与えていくのか」をテーマに解説してきた本連載も、いよいよ最終回です。総括として、AIという道具をうまく活用して生産性を向上させ、現場で働く人の幸福度を増していくプロセスに大きく貢献できる「近未来の情シスの在り方」「情シス部員像」に迫ってみたいと思います。

[07:30 8/18]

2017年08月17日(木)

クラウド導入の促進要因は「ITセキュリティの強化」が最多-IDC JAPAN調査

IDC Japanは8月17日、2017年3月に実施したクラウドに関わるユーザー動向調査「CloudView 2017」の結果を発表した。調査の結果、国内企業がクラウド導入の促進要因として挙げる項目として「ITセキュリティの強化」が最も多い結果となった。

[15:49 8/17]

ネットギア、中小企業向けに1Uサイズ・ラックマウント型NAS 2機種

ネットギアジャパンは、ファイル共有やPC・サーバのバックアップに最適な1Uサイズ・ラックマウント型ネットワークストレージ(NAS)『ReadyNAS 2304』のディスクレスモデルと、4TB SATA HDDを4台搭載したモデルを、8月17日より順次販売開始すると発表した。

[15:39 8/17]
  • <<
  • <

1/7

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事