マイナビニュース | 企業IT | 情報システム | ヘッドライン(2011)(1ページ目)

ヘッドライン

2011年12月27日(火)

Nginxが急成長中、シェア10%へ - W3Techsレポート

W3Techsにおいて、Nginxのシェアが全Webサイトの10%に到達したことが報告されている。報告によればNginxはほかのWebサーバから移行する形でコンスタントにシェアを伸ばし続けており、特にApacheからの移行が多いという。

[15:25 12/27]

Firefox、メモリ削減で新機能 - 仮想/物理メモリ使用量に応じて自動調整

Firefoxにおけるメモリ使用量削減の取り組みが続けられている。最新の成果として、メモリの使用状況に応じて振る舞いを変える機能が取り込まれたことが「ADAPTIVE MEMORY BEHAVIOUR」として報告された。今のところWindowsにおける実装のみが提供されており、Mac OS X、Linux、Androidにおける実装は今後の課題とされている。

[09:14 12/27]

2011年12月26日(月)

サイオステクノロジー、Linux対応のHAクラスターソフトの最新版を発表

サイオステクノロジーは12月26日、Linux対応のHAクラスターソフトの最新版「LifeKeeper for Linux v7 Update5」の販売を開始した。

[12:40 12/26]

GPL減少は、複数企業支援と商用展開増のため

オープンソースプロジェクトにおけるGPL系ライセンス採用率が減少傾向にあることが451 CAOS Theoryにおいて報告されたが、さらに追加で企業におけるオープンソース戦略の変遷なども含めたより詳しい分析結果が発表された。企業はOSSを活用して商用プロダクトを開発する傾向にあり、コピーレフトのライセンスよりもコピーレフトではないライセンスの方が都合がよくなるケースが増えていると説明がある。

[12:14 12/26]

2011年12月21日(水)

ティーマックスソフト、オラクル互換のRDBMS「Tibero RDBMS 5.0」発表

日本ティーマックスソフトは12月21日、オラクルのアプリケーション資産を継承できるRDBMS製品「Tibero RDBMS 5.0」を2012年2月より提供開始すると発表した。

[17:20 12/21]

VMware、RHEL 6.2/CentOS 6.1/Ubuntu 11.10/OS X Lionに対応

VMwareのサポートするゲストOSに、新たにMac OS X Lion、Red Hat Enterprise Linux 6.2、Ubuntu 11.10、CentOS 6.1が追加された。

[13:17 12/21]

富士通、Java EE 6対応のアプリケーションサーバの最新版を発表

富士通は12月20日、アプリケーションサーバの最新版「Interstage Application Server V10.1」の販売を開始すると発表した。

[13:13 12/21]

GPL、減少傾向加速

GPL系ライセンスの採用は減少傾向にあることが報告されていたが、減少率がさらに増えていることが明らかになったと451 CAOS Theoryが伝えている。データにはBlack Duck Softwareが公開している数値が使われている。1社が支援するプロジェクトから複数社の支援、またはコミュニティへ主導権の移譲などを通じ、より緩いライセンスへの移行が進んでいるのではないかと分析されている。

[12:46 12/21]

2011年12月20日(火)

企業内外のあらゆるデータを解析 - HP、英Autonomy技術説明会開催

日本ヒューレット・パッカードは12月16日、米HPが今年8月に発表し、10月に買収を完了していた英Autonomyの技術を紹介する説明会を開催した。日本での企業統合はこれからだが、すでに技術開発は協力して進めているという。

[20:51 12/20]

Microsoft、IEを自動アップグレードへ

Microsoftは来年からIEの自動アップグレードを開始すると発表した。最初はオーストラリアとブラジルを対象に2012年1月から取り組みを開始するという。ユーザに対してIEアップグレードの確認ダイアログが表示されることはなく、Windows Updateを実施すると自動的にアップグレードが実施されると説明がある。

[09:42 12/20]

2011年12月19日(月)

日本IBM、八十二銀行のデスクトップ・クラウド環境構築を支援

日本アイ・ビー・エムは12月16日、八十二銀行のOA環境刷新の取り組みの一環として、デスクトップ・クラウド環境の構築を支援すると発表した。

[10:46 12/19]

2011年12月16日(金)

Windows XPとWindows 7の国別シェア比較 - Pingdomがマップで提示

StatCounterが報告するデスクトップOSシェアデータを元にWindows 7とWindows XPのシェアを比較した記事がPingdomに掲載された。Windows 7が多い国や地域をオレンジ色で、Windows XPが多い国や地域を赤色で示した世界地図が掲載されている。Windows 7のシェアが急増しているとはいえ、依然としてWindows XPが強い影響力を持っていることがわかる。

[11:38 12/16]

KDDIウェブ、中小企業向け専用/クラウドサーバ「CloudCore Hybrid」発表

KDDI ウェブコミュニケーションズは12月15日、専用サーバとクラウドサーバの2つのプランを設けた新サービス「CloudCore Hybrid」の提供を開始したと発表した。同社は、今年11月に中小企業向けのクラウドサービスブランド「CloudCore」を発表しており、CloudCore Hybridは同ブランドで提供される2つ目のサービスとなる。

[11:33 12/16]

『MSDN』の歩き方 第64回 最新Webテクノロジーのショーケースと互換性・テスト関連情報

以前にも紹介したことがある「かんたん開発」(Start Something!)に、新手のコンテンツが登場した。今回、それを糸口にして、HTML 5やCSS (Cascading Style Sheet) 3といったWeb関連技術の情報、WebブラウザやWebコンテンツのテストについて、現時点で最新の情報をまとめてみた。

[08:00 12/16]

2011年12月15日(木)

Firefox Syncアドオン提供終了

MozillaはFirefox Syncアドオンの公式サポート終了を発表した。以降、Mozillaから公式にFirefox Syncアドオンの開発が実施されることはない。Firefox Syncの機能は最新のFirefoxに内蔵されているため、Firefox 3.6系などでアドオンを使ってきたユーザには最新版へのアップグレードが推奨される。

[10:49 12/15]

2011年12月14日(水)

HP、フラッシュメモリによるストレージ「HP VMAシリーズ」発表 - 最大10TB

日本ヒューレット・パッカードは12月12日、半導体メモリアレイ「HP VMAシリーズ」を発表した。データアクセスが高速な、128GBの不揮発性フラッシュメモリモジュールを最大84枚搭載でき、1筐体あたり10TBまで拡張可能。Oracle Exadataと比べても、ETLで約30%、Query実行時間で約40%高速に処理できるという。

[16:40 12/14]

富士通とNEC、100GbE信号伝送装置の異ベンダー間相互接続に成功

富士通、NEC、アンリツは12月13日、通信速度が従来の2.5倍~10倍である100ギガビット級の通信事業者向け光ネットワーク相互接続インタフェース技術の確立を目指した実証実験を行い、世界で初めて成功したと発表した。

[11:18 12/14]

省電力に仮想化、企業が抱える課題を解決する最新技術とは? 第5回 Windows Storage Server標準搭載だからCAL無制限&管理が簡単なNASとは?

社内にシステムサポート部隊が手薄な中堅・中小企業にこそ、堅牢かつ信頼性の高いハードウェアと高品質な管理機能が必要だ。そんな中堅・中小企業にうってつけのNASに、日本アイ・ビー・エムが提供する、簡単かつきめ細かな管理に、充実した障害対策機能が組み合わされたWindows Storage Server搭載の「IBM System x NAS」シリーズがある。

[08:00 12/14]

2011年12月13日(火)

ネットギアジャパン、8クリックで初期構成を完了できるNAS

ネットギアジャパンは、コンシューマ向けNASの新製品として2ベイモデルの「ReadyNAS DUOv2」と4ベイモデルの「ReadyNAS NV+v2」を発表した。2012年1月中旬より販売され、価格はいずれもオープン。

[19:09 12/13]

アバイア、キャンパスエッジ向けEthernetスイッチを発表

日本アバイアは12月12日、コラボレーションに必要となるプラグアンドプレイ/電力供給/省電力などの機能を搭載したキャンパスエッジ向けEthernetスイッチの新製品「Avaya Ethernet Routing Switch(ERS 4800)シリーズ」を発表した。

[10:59 12/13]

2011年12月09日(金)

『MSDN』の歩き方 第63回 アクティブユーザーならプロファイルを作ってみては?

MSDNオンラインには「プロファイル」という機能がある。といっても、Windowsのユーザープロファイルとは何の関係もなくて、要するにユーザーの自己紹介画面。表示名の設定に加えて、職業や自己紹介文も設定できる。今回は、このプロファイルに注目してみたい。

[08:00 12/9]

2011年12月08日(木)

Hyper-V、Linux対応ソフト最新版リリース

Hyper-Vで動作するLinuxがその性能をフルに発揮するにはMicrosoftが提供しているサポートソフトウェアをインストールする必要がある。ゲストにLinux Integration ServicesをインストールすることでHyper-Vの提供しているネットワークコントローラ、IDE/SCSIストレージコントローラ、ホストとの時刻同期、高速ブート機能、外部からの連動シャットダウン機能などが有効になる。このドライバの最新版が「Linux Integration Services Version 3.2 for Hyper-V」として公開された。

[11:00 12/8]

2011年12月07日(水)

デル、買収のForce10を組み込んだ新ネットワーク製品ポートフォリオ発表

デルは12月6日、Force10 Networksの買収完了に伴って拡張された新ネットワーク製品ポートフォリオについて発表した。今後、データセンター向けのEthernetスイッチをForce10製品をベースに展開。既存のOEMパートナーであるJuniperやBrocadeについては、それぞれファイアーウォール、FC(Fibre Channel)スイッチで引き続き提携していくという。

[08:00 12/7]

2011年12月06日(火)

IBM、クラウド型ストレージ運用サービスを発表

日本アイ・ビー・エムは12月6日、クラウド型ストレージ運用サービス「IBM Smart Business Cloud ストレージ・マネジメント・サービス」を発表した。

[14:58 12/6]

Oracle WebLogic Server 12c登場 - Java EE 6/Java SE 7対応

Oracleは12月1日(米国時間)、WebLogic Serverの最新版となる「Oracle WebLogic Server 12c」を公開した。WebLogic Server 12cはJava EE 6に準拠。Java EE 6で規定されているさまざまなAPIが利用できるようになっている。また同時にJava SE 7の機能も取り込まれており、各種新機能が利用できる。ほかのアプリケーションサーバと比較した場合のWebLogic Server 12cの最大の特徴は、ほかのOracleプロダクトやソリューションとの親和性の良さにある。

[09:54 12/6]

ネットワールド、仮想ストレージソフト「StorMagic SvSAN4.5」発表

ネットワールドは12月5日、英StorMagicが提供する仮想ストレージソフトウェアの最新版「StorMagic SvSAN4.5」を販売開始したと発表した。

[08:00 12/6]

F5、IPv6移行サポートサービスを発表

F5ネットワークスは12月5日、IPv6への移行をサポートする新サービス「IPv6 ソリューション・サービス」を発表した。BIG-IP Local Traffic Managerを利用して、IPv6環境と既存環境との共存を実現するという。

[08:00 12/6]

2011年12月05日(月)

Java MEシェア増 - 11月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2011年11月のモバイルOSシェアが発表された。10月に大きくシェアが変化したが、11月はそのシェア変化から反転する方向にシェアが大きく変わった。10月にシェアを増やしたiOSとAndroidは11月はシェアを減らしており、それ以外のOSがシェアを増やしている。特にJava MEのシェア増加が大きく、2位へ復帰している。

[10:16 12/5]

LinuxとWindows XPがシェア増やす - 11月デスクトップOSシェア

Net Applicationsから2011年11月におけるデスクトップOSシェアが発表された。11月のOSシェアはこれまでの傾向とは違う動きを見せた。これまで長期に渡って下落傾向を続けてきたWindowsが11月は反転してシェアを増やした。さらに11月はLinuxがこれまでにないほどシェアを増やしている。普段は変化が少ないOSシェアにおいて、10月以降比較的大きな動きが見られている。

[10:10 12/5]

2011年12月02日(金)

省電力に仮想化、企業が抱える課題を解決する最新技術とは? 第4回 6万円台から購入可能!ハイエンドモデルの機能搭載「IBM x3100 M4 Express」

IBMと言えば、大規模なシステム構築を主軸としており、導入コストはそれなりにかかるというイメージを持っている方も多いだろう。しかし、中堅・中小企業向けの製品・サービスの提供も積極的に行われており、製品ラインナップも豊富に取り揃えている。特に今年10月に発売された新たなラインナップとなる「IBM x3100 M4 Express」は、コストと機能の両面において中堅・中小企業の要望にこたえる形で登場したコンパクトサーバだ。

[08:30 12/2]

A10、アプリケーションデリバリコントローラ3モデルを発表

A10ネットワークスは12月1日、アプリケーションデリバリコントローラ「AXシリーズ」の新モデル3製品を発表した。いずれも独自開発の64ビットOS「64ビットACOS(Advanced Core Operating System)」を搭載しており、パフォーマンスや拡張性に優れるという。

[08:00 12/2]

『MSDN』の歩き方 第62回 最近のMSDNサブスクリプション

MSDNサブスクリプションについては本連載の第41~42回でも取り上げているが(最近、この手のフレーズがやたらと多く感じるかもしれないが気のせいである)、他のコンテンツと比べると少ないとはいえ、動きはあるもの。今回は、MSDNサブスクリプションの近況や、以前は取り上げなかった話題にフォーカスする。

[08:00 12/2]

日本HP、ストレージ3製品を発表 - 高性能重複排除バックアップ機など

日本ヒューレット・パッカードは12月1日、パフォーマンスとスケラービリティに優れた重複排除バックアップストレージ「HP B6200 StoreOnce Backup System」)、"新共通プラットフォーム"と呼ばれる集積率の高い独自アーキテクチャを採用したミッドレンジ向けファイルサーバーNASアプライアンス「HP X5000 G2 Network Storage System」、およびHP X5000 G2と同じ共通プラットフォームにMicrosoft Exchange Server 2010を搭載して最適化を施した「HP E5000 G2 Messaging System」の3製品を発表した。

[08:00 12/2]

2011年12月01日(木)

リタール、日本のITインフラ/自動車・工作機械分野への注力を発表

独Rittalの日本法人であるリタールは11月30日、日本市場における成長戦略を発表。ITインフラストラクチャおよび自動車、工作機械の分野へ注力していくことを明言した。

[08:00 12/1]

2011年11月30日(水)

パラレルス、ワークステーション向け仮想化ソフトウェアの新版を販売開始

パラレルスは11月30日、ワークステーション向け仮想化ソリューション製品の新版「Parallels Workstation 6 Extreme」を発表した。代理店のエルザジャパンを通じて販売される。

[16:19 11/30]

EMC、プロバイダー向けオブジェクトベースストレージ「Atmos 2.0」発表

EMCジャパンは11月29日、インターネット経由でサービスやコンテンツを提供するプロバイダー向けのオブジェクト・ベース・ストレージ「EMC Atmos 2.0(アトモス2.0)」を発表した。

[15:36 11/30]

CA、クラウドデータセンター向けプロセス自動化スイート製品日本語版を発表

CA Technologiesは11月29日、クラウド・データセンタのプロセスの自動化を実現するスイート製品「CA Automation Suite for Data Centers R12.6」日本語版を発表した。同日より出荷が開始されている。

[14:45 11/30]

F5、ハイエンドプラットフォーム「BIG-IP 11000」を発表

F5ネットワークスは11月30日、BIG-IPのハイエンドプラットフォーム「BIG-IP 11000」を発表した。

[12:37 11/30]

2011年11月28日(月)

ジャスト、社内検索システムの新版発表 - 検索効率を向上させる新機能搭載

ジャストシステムは11月28日、検索システムの新版「ConceptBase Enterprise Search 2.1」を発表した。企業内のファイルサーバーに散在する膨大なデータの中から、素早く目的のフォルダやファイルを見つけ出す「フォルダーナビゲーター」が新たに搭載されている。

[15:03 11/28]

実導入レポート! WinServer/Hyper-V + XenDesktopの仮想デスクトップ環境

筆者の勤務先では、今夏、リース期間満了に伴うシステム入れ替えで、基幹業務システムにWindows Server 2008 R2+Hyper-V+Citrix XenDesktopという環境を導入しました。昨今流行の仮想デスクトップ環境です。システム管理者の皆さんに参考にしていただける部分もあると思いますので、その模様を簡単にお伝えします。

[11:12 11/28]

2011年11月25日(金)

SCSKと日本コンピュウェア、Webアプリ管理製品をSaaSで提供

SCSKと日本コンピュウェアは24日、販売パートナー契約を締結し、日本コンピュウェアが提供する次世代アプリケーションパフォーマンス管理ソリューション「Compuware Gomez SaaS 」の提供を同日より開始することを発表した。

[13:17 11/25]

『MSDN』の歩き方 第61回 MSDNライブラリのリニューアル

第12~13回でも取り上げているMSDNライブラリだが、使い勝手の改善につながりそうな動きがあったので、また取り上げることにしよう。デザイン面の新たな変化と併せて、タグ機能についても紹介してみたい。

[11:50 11/25]

2011年11月24日(木)

レッドハット、仮想データモデルを構築する基盤ソフトウェアを発売

レッドハットは11月24日、複数データベース/データソースから仮想的な論理データモデルをオンデマンドに構築する基盤ソフトウェア「JBoss Enterprise Data Services Platform 5.2」を提供すると発表した。

[16:50 11/24]

アシスト、DODAI-h データベース統合基盤モデル新版で大幅性能向上

アシストは11月22日、データベース基盤ソリューション「DODAI-h」の最上位版「データベース統合基盤モデル」を構成変更して販売すると発表した。

[16:04 11/24]

2011年11月22日(火)

MS SQL Server 2012 RC登場 - 正式版と同じ機能を搭載

Microsoftは11月17日(米国時間)、2012年中の出荷を目指している次期SQL Serverへ向けた準備リリース「SQL Server 2012 RC」の公開を発表した。RC版はフィーチャーコンプリート版とされている。RC以降、提供される機能が変更されることはない。SQL Server 2012の機能検証をはじめるのに適したバージョンといえる。

[08:00 11/22]

2011年11月21日(月)

シスコ、スマホ/タブレットの安全運用を実現する「セキュアX」発表

シスコシステムズは11月18日、スマートフォンやタブレットPCを安全に利活用するためのセキュリティアーキテクチャ「セキュアX」を発表した。

[12:02 11/21]

2011年11月18日(金)

さくらインターネット、石狩データセンター内部を公開

11月15日に開所したさくらインターネットの新たなデータセンター「石狩データセンター」。同日には、開所式が開かれ、関係者・報道陣など200人近くが同センターを訪れた。

[11:30 11/18]

オリゾンシステムズ、仮想デスクトップ環境「VERDE」最新版を提供開始

オリゾンシステムズは11月17日、米バーチャルブリッジズの仮想デスクトップ環境(VDI)を提供するソフトウェア「VERDE: バーディ(Virtual Enterprise Remote Desktop Environment)」の最新版となる「VERDE v.5.5 SP-2」の日本国内での販売を開始した。

[09:00 11/18]

さくらインターネットの石狩DCの災害に対する安全性を検証

さくらインターネットの新たな石狩データセンターが15日に開所となった。当日の開所式には、高橋北海道知事、田岡石狩市長らが列席。災害リスクが低いことを石狩に選んだ理由の1つに挙げた田中社長だが、実際に石狩データセンターの災害に対する安全性とはどのようなものなのか、検証してみました。

[08:30 11/18]

『MSDN』の歩き方 第60回 「かんたん開発」でいってみよう!

MSDNオンラインのトップページに、また日本オリジナルの新しいタブが加わった。表示されている名称は「かんたん開発」だが、新着情報を見ると「Start Something! サイト」が正しいらしい。今回は、この「かんたん開発」に絡めて、Windows Phoneを中心とした「ソフトウェア開発初心者向け」のコンテンツに関する話題をいくつか紹介しよう。

[08:00 11/18]

2011年11月17日(木)

SRA OSS、OSSの統合管理ツール「Hinemos」でNTTデータとパートナー契約締結

SRA OSSは11月17日、NTTデータが開発したオープンソースの統合管理ツール「Hinemos」のパートナープログラムに参加することを発表した。

[15:19 11/17]

日本HP、Hyper-Vを使用した1ラック仮想化基盤アプライアンス発表

日本ヒューレット・パッカードは11月16日、Microsoft Hyper-Vに最適化された仮想基盤アプライアンス「HP VirtualSystem for Microsoft」を発表した。1ラックにサーバ、ストレージ、ネットワークスイッチなどを一通り搭載したもので、今年9月に発表した「HP VirtualSystem for VMware」のHyper-V版となる。

[13:48 11/17]

Hadoop、次世代MapReduce2導入の新バージョン公開

次世代Hadoopの初のアルファ版となる「Hadoop 0.23.0」が公開された。0.23.0という番号であるためマイナーアップグレードバージョンのような印象を受けるが、 Hadoop 0.23系は現在の安定系である0.20系とは大きく異なるバージョンであり、現在Hadoopを使用している場合には注意が必要なバージョンとなる。試験や評価目的での使用が推奨されている。

[11:10 11/17]

2011年11月16日(水)

Apache Geronimo、Java EE 6フルプロファイル認証を獲得

Apache Geronimoのバージョン3ベータ1が「Java Enterprise Edition 6.0 Full Profile」の認証試験に合格したことが発表された。WebコンテナとしてはTomcatおよびJettyを選択可能だが、Java EE 6フルプロファイルの認証を得たサーバとしてはTomact版のみが提供されている。今のところWindows、Mac OS X、Linux向けにTomcatおよびAxis2を同梱したGeronimoがJava EE 6フルプロファイル対応の成果物として提供されている。

[11:52 11/16]

Windows 7、Window XPのシェア超える

登場から10年、いまだに大きなシェアと影響力を持つWindows XPだが、ついにシェア第1位の座を明け渡す日が来たようだ。StatCounter Global Statsの報告によると、2011年10月のOSシェアにおいてWindows 7のシェアがWindows XPのシェアを超えて第1位になった。2011年11月に入ってからもこの傾向は続いていおり、確実に世代交代が進んだことがわかる。

[11:48 11/16]

さくらインターネット、石狩DCを開所 - 北海道知事、石狩市長も列席

さくらインターネットは11月15日、3月より北海道石狩市に建設を進めてきた石狩データセンターを竣工し、開所した。同日行われた、開所式には同社社長 田中邦裕氏をはじめ、高橋はるみ北海道知事や田岡克介石狩市長らが列席。関係者によって執り行われた神事のあと、開所となるテープカットに続き、電源始動のセレモニーが行われた。

[08:00 11/16]

2011年11月15日(火)

KDDIウェブ、クラウドサービスの新ブランド「CloudCore」を発表

KDDIウェブコミュニケーションズは11月15日、同社のクラウドサービスを担う新ブランド「CloudCore」を発表した。中小企業を対象に、安価で簡単に利用できるサービスとして提供していくという。

[18:25 11/15]

Windows 7の起動をちょっとでも早くする3つの方法

Make Tech EasierにWindows 7の起動速度を上げる4つのテクニックが紹介されている。ひとつはハードウェアの換装なので、ソフトウェアの調整で実施できる高速化は3つということになる。どれも簡単な方法とはいえないが、ちょっとでも起動速度を上げたいというのであれば、検討するひとつの方法として参考になる。

[09:53 11/15]

リユースサーバという選択肢 第6回 リプレイス計画中にサーバ保守切れ! 窮地を救った策とは--アルテ サロン HD

最近、ユーザー企業の間でにわかに注目を集め始めているのが、メーカー保守切れ(EOSL/EOS)ハードウェアに対する保守サービスだ。同サービスを利用して、システム刷新のタイミングを適切に見極めようという企業が増えている。「Ash」「NYNY」「STYLE DESIGNER」という3ブランドで美容室チェーンを展開するアルテ サロン ホールディングスもそうした企業の1社である。

[08:00 11/15]

2011年11月14日(月)

日本オラクル、「Oracle Database Appliance」の国内提供開始

日本オラクルは11月14日、データベース・アプライアンス「Oracle Database Appliance」の国内提供を開始したと発表した。同製品は、データベース環境の構築/運用に必要なソフトウェア、サーバー、ストレージ、ネットワークを一体化したアプライアンス。OLTP(Online Transaction Processing)、DWH(Data WareHouse)の双方に対応するという。

[12:32 11/14]

2011年11月11日(金)

日本IBM、ネットワークスイッチ最上位機種のOpenFlow対応を発表

日本IBMは11月11日、ネットワーク機器向けOSの新版「IBM Networking OS 6.8.1」をリリースしたと発表した。ネットワークの構成管理を自動化する次世代通信規格「OpenFlow」に対応させている。

[21:49 11/11]

Windows 7のメモリ消費をちょっとでも減らす方法

メモリの少ないPC、特にノートPCのように購入後のメモリ増設に制限のあるハードウェアを使用している場合、OSが消費するメモリを必要最小限に抑えたいというのは誰しも思うことだろう。特にアプリケーションを起動したり操作するごとに、ゴリゴリとスワップアウトするような状態では、省メモリ化は切実な問題となる。Make Tech EasierにWindows 7のメモリ使用量をちょっとでも削減する方法が紹介されている。

[09:20 11/11]

『MSDN』の歩き方 第59回 ダウンロードの新着情報とダウンロードの検索いろいろ

前回に引き続き、間の悪い(?)話をもう1つ。第57回で「MSDNダウンロードセンター」の近況を取り上げた直後に、新手のコンテンツ(というより「リンク集」と言うべきか)が加わった。今回はその話を発端として、ダウンロードに関連する話と検索に関連する話をいくつか取り上げよう。

[08:00 11/11]

2011年11月10日(木)

ネットアップ、中堅企業向けストレージ「FAS2240」発表 - 低価格/高性能化

ネットアップは11月9日、中堅企業向けのストレージ新製品「FAS2240」の販売を開始したと発表した。製品の参考価格は最小構成で179万円(税別)。従来製品「FAS2040」の457万7000円(税別)と比較すると大幅な低価格化が実現されている。

[13:00 11/10]

日本オラクル、「Oracle Enterprise Manager 12c」の国内提供開始

日本オラクルは11月9日、オラクル製品群の管理と、エンタープライズ・クラウドの導入から運用までのライフサイクル管理全体を組み合わせるIT統合管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager 12c」の国内提供を2011年12月6日より開始すると発表した。

[12:49 11/10]

2011年11月09日(水)

【特別企画】PCI接続SSDがDBを救う!? アシストが提案する、安価な高性能DB構築手法

企業情報システムにおける「データベース」の重要性については、今や改めて言及するまでもないだろう。企業システムには、業務を進めていくための基幹系システム、競争力を高めるための分析やレポートを行うための情報系システムなど、さまざまなものが存在するが、データベースはそれらの基盤として利用されている。

[12:16 11/9]

ヴイエムウェア、仮想化・クラウド管理製品を3つのスイートに整理統合

ヴイエムウェアは8日、仮想化・クラウド環境の管理を簡素化・自動化する新たな管理製品群の国内出荷を開始することを発表した。

[09:44 11/9]

アシストが列指向DB「Calpont InfiniDB」の国内総代理店に - 拡張性に特徴

アシストは11月8日、米Calpont Corporationと国内総代理店契約を締結したと発表した。Calpont Corporationは分析用高速データベース「Calpont InfiniDB」(以下、InfiniDB)を提供する企業。InfiniDBは列指向データベースで、分析/参照系システムで高速に動作する。

[08:00 11/9]

DNSの権威・Cricket Liu氏に聞く - DNSセキュリティ対策とIPv6の現状

サーバ管理者やネットワーク管理者にとって、ネームサーバの管理は頭の痛い問題の1つだ。DNSやIPの仕組みはネットワークシステムの根幹であり、小さな設定ミスが大きな問題に発展しかねないからだ。今回、DNSの専門家でありO'Reillyの『DNS & BIND』の著者として知られるClicket Liu氏とIPv6の専門家であるTom Coffeen氏に、現在のネットワーク管理における課題であるDNSのセキュリティ対策とIPv6の導入について聞いた。

[08:00 11/9]

MariaDB/MySQLの国内サポートサービス登場 - アシストとSkySQLが提携

アシストは11月8日、フィンランドSkySQL Corporationと業務提携契約を締結したと発表した。SkySQLがグローバルで展開している「MySQL」および「MariaDB」の2つのオープンソースDBに関連したサポートサービスを国内で独占的に提供していくという。

[08:00 11/9]

2011年11月08日(火)

さくらインターネット、パブリッククラウド「さくらのクラウド」を発表

さくらインターネットは11月8日、サーバやネットワークを自在に構築できるパブリッククラウド「さくらのクラウド」の提供を11月15日15時より開始すると発表した。

[14:21 11/8]

さくらインターネット、石狩データセンターを11月15日に開所

さくらインターネットは、2011年3月より北海道石狩市に建設中の同社石狩データセンターを竣工し、11月15日に開所すると発表した。

[12:56 11/8]

ZFS、登場から10年

ZFSの最初のコードが実行されてから10年が経過した。ZFSは今ではストレージシステムを構築する際の要となる技術の1つとして、ゆるぎない地位を確立している。

[12:00 11/8]

人気バージョン管理システム「Mercurial 2.0」登場 - 大規模バイナリに対応

分散型バージョン管理システムMercurialの最新版となる「Mercurial 2.0」が公開された。Mercurial 2.0の最大の特徴は「ラージファイルエクステンション」と呼ばれる大規模ファイルに対応する機能が追加された点にある。Mercurialは圧縮バイナリデルタに基づくストレージフォーマットを採用しているため、基本的に圧縮しにくく、そして差分が取りにくい大規模なバイナリファイルの扱いを苦手としている。今回追加された「ラージファイルエクステンション」は中央集権型のクライアント・サーバモデルを採用することでこれに対応している。

[12:00 11/8]

Mac OS Xが大きくシェア増、XPは半数下回る - デスクトップOS 10月シェア

2011年10月もWindowsがシェアを落とし、Mac OS Xがシェアを増やすここ数ヶ月の傾向が続いた。Windowsは91.9%という独占的なシェアを持っているものの、長期にわたってシェアを減らし続けている。特にここ数ヶ月、Windowsシェアの減少幅が広がっており、ほかのOSのシェアの上昇へ転化している。WindowsではXPのシェアが50%を下回り48.03%となった。Windows XPとWindows 7のシェアを合わせると82%を超えており、この2つのOSが強い影響力を持っていることがわかる。

[12:00 11/8]

IBM、遠隔測定装置との通信機能を強化したデータ連携ソフト発表

日本IBMは、センサーデバイスとの通信機能を強化したデータ連携ソフトウェア最新版「IBM WebSphere MQ V7.1」を11月25日から出荷開始することを発表した。

[12:00 11/8]

NEC、システム性能分析ソフト「WebSAM Invariant Analyzer」の新版発表

日本電気(NEC)は11月2日、サイレント障害を自動検知するシステム性能分析ソフトウェアの新版「WebSAM Invariant Analyzer Ver1.4」を発表した。

[12:00 11/8]

iOSが爆発的シェア増 - モバイルOS 10月シェア

10月はモバイルOSのシェアが大きく変化した。これまで半数を超えて強い影響力を持っていたiOSだが、10月はさらにシェアを増やし60%を超えてきた。これは10月に新しく販売されたiPhone 4Sの影響だと考えられる。iPadも強くシェアを増やしており、スマートフォンやタブレットデバイス向けのOSとしてきわめて強い影響力を持っていることがわかる。他のOSはAndroidを除き、軒並み大幅にシェアを減らしている。

[08:00 11/8]

2011年11月07日(月)

NEC、10年の長期サポートに対応した無停止型サーバ発売

NECは、単体での可溶性に優れた同社の無停止型サーバ (フォールトトレラント・サーバ)「Express5800/ftサーバ」に、最長10年の長期保守に対応した「長期保守対応モデル」を追加。販売を開始した。

[11:56 11/7]

2011年11月04日(金)

Apple、iPhone/iPadのロスレスオーディオコーデックを公開

Appleからオーディオコーデックがオープンソースソフトウェア「Apple Lossless Audio Codec (ALAC)」として公開された。ALACはApacheライセンスv2のもとMac OS Forgeにて公開されている。iPhone、iPad、iPod、Mac OS X、iTunesなどの製品やソフトウェアで使用されているという。情報の損失を起こすことなくオーディオファイルのサイズを削減するための圧縮方法との説明がある。

[09:58 11/4]

2011年11月02日(水)

富士通、最大4.6PBのストレージ新モデルを発表

富士通は11月1日、ストレージシステム「ETERNUS」の新モデル「ETERNUS DX8100 S2」および「ETERNUS DX8700 S2」を発表した。エンタープライズクラスのディスクアレイシリーズ「ETERNUS DX8000 series」の製品として提供される。

[19:44 11/2]

メニーコア時代にそなえるWindows 8

本格的なメニーコアの時代へ入ろうとしている。データセンターやサーバなどエンタープライズ向けのH/Wになるとメニーコア化はより顕著なものとなる。もっとも近いところでは20論理コアのプロセッサの登場が予定されているし、その後はさらに数を増やしたプロセッサが登場するとみられる。こうしたメニーコア化へ向けた対応がWindows 8で進められていることが「Using Task Manager with 64+ logical processors」で紹介されている。

[11:13 11/2]

2011年11月01日(火)

日本IBM、ジャパネットたかたのストレージ基盤を刷新

日本IBMは10月31日、ジャパネットたかたの基幹システム・情報系システムの統合ストレージ基盤を刷新し、2011年8月より稼働を開始していると発表した。

[09:20 11/1]

2011年10月31日(月)

日本オラクル、SPARC T4プロセッサ搭載の統合システム基盤を提供開始

日本オラクルは10月31日、SPARCプロセッサと「Oracle Solaris」を搭載したエンジニアド・システム「SPARC SuperCluster T4-4」の国内提供を開始したと発表した。ミッション・クリティカルシステム向けのミドルウェアや仮想化環境なども組み込まれている。

[15:27 10/31]

NECフィールディング、省エネ・高信頼で豊富な拡張性のUPS販売開始

NECフィールディングは28日、高効率・省エネ運転が可能な大容量の無停電電源装置(UPS)「BP-LEシリーズ」の販売を開始した。出荷は12月から。

[09:32 10/31]

2011年10月28日(金)

『MSDN』の歩き方 第58回 トップページに新しい記事が加わった

本連載の第55回で、MSDNオンラインのトップページについて日米比較を行い、「いずれ日本語版も英語版をキャッチアップするのでは……」と予想したら、大外れ。毎回、MSDNオンラインの担当者と調整しながら内容を選んでいるわけではないので、こういうことが起きるのも致し方ないのだが。今回は、日本語版で独自に加えた新コンテンツとそこから派生した話を取り上げよう。

[09:58 10/28]

Mac OS Xを使いやすくするターミナルコマンドまとめ

Mac OS Xの細かい設定や操作はターミナルからコマンドを実行することで実施できる。中上級者向けの操作となるが、本気で使いこなすにはこれら設定方法を知っておいた方がいいことも多い。Make Tech Easierにおいて、そうした場合の入門として扱える記事が掲載された。入門的で簡単なコマンドサンプルが掲載されており、導入の記事として役に立つ。便利な設定や使い方が取り上げられており、実用的でもある。

[09:23 10/28]

2011年10月27日(木)

Skeed、独自プロトコルで高速ファイル転送可能にする新ソフトウェアを発表

Skeedは10月26日、高速ファイル転送ソフトウェア「SkeedSilverBullet Business」を発表した。ファイル転送に特化した独自プロトコル「SSBP(SkeedSilverBullet Protocol)」を実装したソフトウェア「SkeedSilverBullet」にBtoBのシステム連携で必要になる機能を追加した製品になるという。

[12:27 10/27]

アプレッソ、データ連携ソフト「DataSpider」向けAWSアダプタ新版を発表

アプレッソは10月26日、同社のデータ連携ソフト「DataSpider Servista(以下 DataSpider)」をAmazon Web Servicesに対応させるアダプタ「DataSpider for Cloud Amazon Web Servicesアダプタ(以下、DataSpider AWS アダプタ)」を機能拡張したと発表した。

[11:40 10/27]

2011年10月26日(水)

NEC、毎秒250万件を処理する高速ストリーミング技術を発表

日本電気(NEC)は10月26日、毎秒約250万件のビッグデータ処理を実現する高速ストリーム処理技術を開発したと発表した。渋滞状況や電力使用情報など、大量のセンサによってデータを収集するような環境での利用を想定している。

[17:16 10/26]

Windows XP、登場から10年 - Technetでは移行方法も紹介

Windows XPがリリースされたのは今からちょうど10年前となる2001年10月25日(米国時間)。Net Applicationsの報告によれば、2011年9月現在、デスクトップOSとしてもっとも高いシェアを確保しているのは「Windows XP」となる。

[09:37 10/26]

監査証跡取得ソフトをSaaS提供、アクセスログを動画で閲覧 - テラス

ビットアイルは25日、同社の子会社であるテラスが、TECTIA社(フィンランド)の監査証跡取得ソフト「Tectia Guardian」をSaas化し、監査証跡クラウドサービス「トラックガーディアン」として販売を開始したことを発表した。

[09:31 10/26]

A10ネットワークス、汎用サーバ向けADCソフトウェア「SoftAX」提供

A10ネットワークスは25日、汎用サーバで利用可能なソフトウェアADC(アプリケーションデリバリーコントローラ)「SoftAX」の提供を開始した。これは、同社が提供するADCアプライアンス「AXシリーズ」を、仮想マシンとして汎用サーバ上で動作可能にした、仮想アプライアンス製品となる。

[09:30 10/26]

デルがシステム管理アプライアンス「KACE」を発表、国内での事業本格化

デルは10月25日、システム管理/導入アプライアンス「KACE K1000」と「KACE K2000」を発表した。いずれも今年2月に買収したKACEの製品で、国内での提供はこれが初となる。

[08:00 10/26]

日本HP、統合運用管理製品「HP BSM 9」発表--稼動状況の自動分析ツール追加

日本ヒューレット・パッカードは10月25日、統合運用管理ソリューションの新版「HP Business Service Management 9」を発表した。新たに、イベント統合機能を備えた稼働状況可視化/障害分析ツール「HP Operations Manager i software」が追加されている。

[08:00 10/26]

2011年10月25日(火)

Solaris 11新機能まとめ

Solarisの最新版となる「Oracle Solaris 11」のリリースが迫っている。すでに評価や試験を目的としたSolaris 11 Expressやアーリーアダプタ版の提供が実施されており、その新機能を試すことができるようになっている。OracleブログにSolaris 11の注目の新機能まとめが掲載されており参考になる。Solaris 11の提供するSolaris Zones、ZFS、ネットワークフル仮想化機能はデータセンターなどで重宝する機能。Solaris 11ではこうしたコア機能がさらに強化されている。

[10:13 10/25]

パラソフト、開発用クラウドに利用可能な仮想環境構築・管理ツール

パラソフト・ジャパンは10月24日、メインフレームの仮想化にも対応した米国Parasoftのハイブリッド仮想環境構築・管理ツール「Parasoft Virtualize 9.2」の販売開始を発表した。

[10:12 10/25]

2011年10月24日(月)

日本IBM、SANとNASを一元管理するディスクストレージを発表

日本IBMは10月21日、データベースとファイルサーバのストレージを一元管理でき、ストレージクラウド構築に適した、ミッドレンジのディスクストレージ「IBM Storwize V7000 Unified」を発表した。

[09:28 10/24]

日本IBM、セルフポータルと課金機能搭載のプライベートクラウドソフト

日本IBMは10月21日、セルフサービス・ポータルと課金機能を提供するプライベートクラウド入門版ソフト「IBM Starter Kit for Cloud」を発表した。仮想サーバの申請・承認プロセスなど、ユーザー部門への提供自動化をサポートする。

[09:18 10/24]

アクロニス、異機種混在環境にも対応するバックアップ・復元製品の最新版

アクロニス・ジャパンは10月21日、バックアップ・復元ソリューションの最新版となる「Acronis Backup & Recovery 11」を発表。11月1日よりパートナー企業を通じて提供を開始する。

[09:00 10/24]

『MSDN』の歩き方 第57回 最近のダウンロードに関連するあれこれ

MSDNダウンロードセンターについては、本連載の第10回などで取り上げたことがあるが、しばらくぶりにアクセスしてみたら、いろいろと状況が変わっているように見受けられたので、改めて取り上げてみることにした。

[08:00 10/24]

2011年10月21日(金)

日本HP、8つのネットワーク製品を発表 - DC向けから支社向けまで幅広く強化

日本ヒューレット・パッカードは10月20日、新たに提供を開始する8つのネットワーク製品を発表した。いずれも同社が掲げるHP FlexNetworkアーキテクチャに基づくもので、データセンター向けのHP FlexFabric、キャンパスネットワーク向けのHP FlexCampus、ブランチオフィス向けのHP FlexBranch、管理機能を提供するHP FlexManagementのそれぞれにおいて新製品が投入されている。

[11:24 10/21]

NEC、SAN対応ストレージの新モデル発表 - 省電力/高速化/クラウド対応強化

NECは、SAN対応ストレージ製品群「iStorageMシリーズ」のラインナップに、ミッドレンジモデル「iStorageM500」およびローエンドモデル「iStorageM300」を追加したことを発表した。省電力や仮想化機能の充実など、クラウド対応が強化されていることが特徴。

[09:46 10/21]

ブロケード、クラウドサービス提供を支援する機能強化を発表

ネットワーク機器やサービスプロバイダ向けソリューションを取り扱うブロケード コミュニケーション システムズは20日、同社製品向けの新しいソフトウェア「Brocade NetIron 5.3ソフトウェア・リリース」において、サービスプロバイダにおける新たなクラウドサービスの開発・提供を支援する機能を発表した。

[09:41 10/21]

2011年10月20日(木)

Oracle、NoSQLデータベースに参入 - 「Oracle NoSQL Database」提供開始

OracleはOpenWorld 2011で「Oracle NoSQL Database」を発表していたが、ついにそのプロダクトがダウンロードできるようになった。「Oracle NoSQL Database」は分散キー・バリュー型のNoSQLデータストア。Berkeley DB Javaエディションを活用してすべてJavaで開発されており、提供されるAPIもJavaが対象となっている。これでOracleもNoSQLデータベースへ本格参入することになる。

[10:01 10/20]

OSSのNoSQL DB「Apache Cassandora」、ついにバージョン1.0をリリース

Apacheソフトウェアファウンデーションは10月18日(米国時間)、分散データベースの最新版となる「Apache Cassandra 1.0」を公開した。Cassandraはきわめて高いスケーラビリティを実現できるキー・バリューストア型のNoSQLデータベース。DynamoとGoogle BigTableの双方の技術を活用しており、大規模サイトで活用されている。

[09:28 10/20]

2011年10月19日(水)

ノックス、VMware専用ストレージアプライアンスに新モデルを追加

ノックスは10月19日、VMware環境専用ストレージアプライアンス「Tintri VMstore」シリーズの新製品「Tintri VMstore T540」の販売を開始すると発表した。出荷は11月下旬予定。

[17:06 10/19]

シスコ、60Wの電力供給が可能なPoE製品を発表 - サムスンらが対応製品提供

シスコシステムズは10月18日、60ワットの電源供給が可能なPoE(Power over Ethernet)機能「Cisco Universal Power Over Ethernet」(以下、UPOE)を発表した。同社のエンタープライズクラスのスイッチ「Cisco Catalyst 4500E」にて対応コンポーネントが提供される。

[08:00 10/19]

省電力に仮想化、企業が抱える課題を解決する最新技術とは? 第3回 高信頼性が不可欠な企業利用に耐えうるSSDストレージの特徴とは?

高価と言われるSSDだが、静音で低消費電力というメリットから、ノートPCにおける普及が顕著だ。一方で、SSDのメリットはサーバと組み合わせた場合にも極めて大きなものを期待できる。日本アイ・ビー・エムのシステムx事業部 事業開発 ACP・シニアITスペシャリストの亀本英幸氏に、SSDストレージとIAサーバを組み合わせるメリットについて聞いた。

[08:00 10/19]

2011年10月18日(火)

さくらインターネット 石狩DC、革新的・創造的発想が評価されアワード受賞

インターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネットは、10月17日に開催された「Datacenter Dynamics Tokyo 2011」において、日本データセンター協会(JDCC)が主催する「フューチャーシンキング&デザインコンセプト・アワード」を受賞したと発表した。

[13:06 10/18]

2011年10月17日(月)

Windows 7がXP超え - StatCounterのOSシェア調査

「StatCounter Global Stats」の調査結果にWindows 7とWindows XPのシェアの逆転が現れ始めている。同調査に従えば、世界中でもっとも大きいシェアを持つデスクトップOSは、Windows XPからWindows 7へ置き換わりつつあることになる。

[13:43 10/17]

急成長中のWebサーバ「NGINX」、300万ドルの資金獲得

Microsoft IISを抜いて第2のWebサーバへなりそうな勢いを見せている「nginx」を支援する企業「Nginx」が登場した。ベンチャー投資会社らからのシリーズA投資ラウンドを得て300万ドルを確保。2012年中期を目処にサービスの提供を開始するとしている。nginxは特にここ数年で大きくシェアを伸ばしている軽量高速なネットインフラ。支援企業を得てさらにエンプラでの採用が進む可能性がある。

[13:40 10/17]

IBM、効率的な電力供給に寄与する電気自動車の充電管理プロジェクト実施

米IBMは10月14日、スイスの電力会社EKZと共同で、モバイル端末を活用して電気自動車充電の利便性向上を図るパイロット・プロジェクトを実施することを発表した。

[10:13 10/17]

ファーストサーバ、専用サーバサービスにパロアルトのPA-5050導入

ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークスは14日、ホスティングサービスを行うファーストサーバのサービス提供におけるセキュリティプラットフォームとして、同社のファイアウォール「PA-5050」を導入したことを発表した。

[10:08 10/17]

2011年10月14日(金)

PostgreSQL開発者がススメる新バージョン適用の指針

データベースを新しいバージョンへアップグレードするかどうかというのは難しい判断が必要となる事項のひとつだ。どういったバージョンへアップグレードすべきか、PostgreSQLの例が開発者によって紹介されている。

[20:00 10/14]

『MSDN』の歩き方 第56回 皆でスクリプトジャンキーになろう!

前回に続き今回も、英語版MSDNオンラインを取り上げる。お題は「スクリプト」、「Script Junkie」だ。その意味は、もちろん「(麻薬などの)常習者」ではなく、「信奉者、熱中者」というものなので、お間違いのなきよう。

[08:00 10/14]

日立とノベル、指静脈認証を活用した認証管理システムを発表

日立製作所とノベルは10月13日、指静脈認証技術を活用した認証管理システム「指静脈-Novell Access Manager連携システム」を開発したと発表した。日立の指静脈認証管理システムとノベルのアクセス管理製品「Novell Access Manager」を連携させたものになるという。

[08:00 10/14]

2011年10月13日(木)

日本IBM、最小かつ最安値のエントリー・サーバの新モデルを発表

日本アイ・ビー・エムは10月12日、ミニタワー型のエントリー・サーバ「IBM System x3100M4」を発表した。同製品は、動作のx86サーバのラインアップにおいて、最小サイズかつ最安値となっている。

[10:07 10/13]

日本オラクル、「Oracle VM 3.0」提供開始

日本オラクルは10月12日、サーバー仮想化製品の新版「Oracle VM 3.0」の提供を開始したと発表した。Oracle VMは、ハイパーバイザ型のサーバー仮想化ソリューション。仮想化基盤の「Oracle VM Server」と、それを管理する「Oracle VM Manager」によって構成されている。

[08:00 10/13]

2011年10月12日(水)

便利なWindows 7短縮キー10選

作業効率を引き上げるためにエキスパートが多用するのがショートカットキーによる操作の短縮化だ。OSはさまざまなショートカットキーを提供している。Make Tech EasierにWindows 7における10のショートカットキーが掲載されている。どれも便利で参考になる。

[09:55 10/12]

Windows 8でスタートメニューを廃止する理由

開発版が公開されたWindows 8 DPの最大の特徴は、従来のUIではなくMetroスタイルと呼ばれる新しいUIが表示される点にある。タッチパネルでの操作を強く意識したこのUIは、タブレットデバイスにおける操作性を大きく向上させる。特に一番最初に表示されるスタートページはこれまでのWindowsには見られないUIだ。Microsoftはこの「スタートページ」について、新しく設計したものではなく従来の「スタートメニュー」を進化させたものだと説明している。

[09:44 10/12]

デル、小型シンクライアント2機種の発売を開始

デルは10月11日、シンクライアント製品「Dell OptiPlex FX170」、「同 FX130」を発表した。

[08:00 10/12]

米Brocade CEO来日、仮想化時代の新ネットワーク技術を紹介

ブロケード コミュニケーションズ システムズは10月11日、米Brocade Communications SystemsのCEOおよびCTOの来日に伴う記者会見を開催した。仮想化の普及、デバイスの多様化など、エンタープライズシステムにまつわるトレンドについて具体的な数値を提示しながら紹介したたうえで、仮想化時代に適した標準化の取り組みなどを説明した。

[08:00 10/12]

2011年10月11日(火)

「SQL Server 2008 Service Pack 3」登場

Microsoft SQL ServerサステインエンジニアリンググループはSQL Server 2008の最新サービスパックとなる「SQL Server 2008 Service Pack 3」を発表した。「SQL Server 2008 Service Pack 3」にはこれまで報告されてきた問題の修正が取り込まれているほか、要望があったいくつかの機能拡張が取り込まれている。サービスパックとフィーチャーパックのアップデートはMicrosoftダウンロードセンターから入手可能。本アップグレードには追加のライセンスは必要なく、無償で適用可能とされている。

[19:33 10/11]

シスコ、次期Windows Serverを活用した仮想化ソリューション発表

シスコは10月7日、次期 Microsoft Windows Serverの仮想環境の拡張性と運用制御の向上を目的として設計されたデータセンター仮想化ソリューションを、マイクロソフトと協力して提供すると発表した。

[09:37 10/11]

2011年10月07日(金)

NEC、同社IAサーバ/ストレージの「グリーンIT推進協議会会長賞」受賞を発表

日本電気は、同社のIAサーバ「Express5800シリーズ」、およびストレージ「iStorage Mシリーズ」が、グリーンITアワード2011の「ITの省エネ(of IT)」部門でグリーンIT推進協議会会長賞を受賞したと発表した。

[18:13 10/7]

IBM、企業内システムとパブリッククラウドの統合管理を実現するソフト

日本アイ・ビー・エムは10月6日、企業内システムとパブリッククラウド上のシステムを統合して運用管理するためのソフトウェア「Service Management Extension for Hybrid Cloud」を10月24日から提供開始すると発表した。

[09:17 10/7]

『MSDN』の歩き方 第55回 英語版MSDNオンラインから日本語版の将来が見える?

グローバル企業のWebサイトのように、英語版MSDNオンラインと日本語版MSDNオンラインのディレクトリ構成やファイル名は基本的に同一である。ということは、英語版MSDNオンラインに将来の日本語版MSDNオンラインの姿が現れているのかもしれない。

[08:00 10/7]

2011年10月06日(木)

省電力に仮想化、企業が抱える課題を解決する最新技術とは? 第2回 「Microsoft System Center」で複雑な仮想環境の管理を簡素化する

仮想化は今や、企業において必要不可欠な技術となりつつあるが、仮想化インフラが加わることによるシステムの複雑化や運用管理手法の変化などを懸念する人も少なくない。そこで、日本マイクロソフトの原田英典氏に、複雑な仮想環境の管理を容易にする「Microsoft System Center」について話を聞いた。

[08:53 10/6]

シーゴ、仮想化サーバを40ギガビットファブリックで接続するソフトを発表

シーゴシステムズ・ジャパンは10月5日、仮想化されたサーバをVLANを用いずに独立した40ギガビットファブリック接続を実現するソフトウェア「Xsigo Server Fabric」の販売を開始すると発表した。

[08:00 10/6]

2011年10月05日(水)

Oracle、「Oracle Big Data Appliance」を発表

オラクルは10月4日、サンフランシスコで行われた「Oracle OpenWorld 2011」において「Oracle Big Data Appliance」を発表した。

[10:30 10/5]

NEC、Hadoop対応の「システムモデルベースSI支援環境」を開発

NECは10月4日、「システムモデルベースSI支援環境」を開発し、下期から適用を開始したと発表した。

[10:24 10/5]

日本HP、DB改革推進アライアンスの新メンバーを発表 - SIer6社が参画

日本ヒューレット・パッカードは10月4日、今年4月に発足した業界団体「データベース改革推進アライアンス」にシステムインテグレータ6社が新たに参画したと発表した。発足時から参画するデータベースベンダーを合わせると、同アライアンスのメンバーは12社になる。

[08:00 10/5]

2011年10月04日(火)

双日が企業向けデータセンター事業に参入 - 大阪・堂島にデータセンター

双日は10月3日、東日本大震災後に高まっている全国分散型データセンターの需要に対応するためデータセンター事業を拡大し、その第1弾として、子会社の日商エレクトロニクスが大阪市堂島にデータセンターを立ち上げ、9月下旬から企業向けサービスを開始していると発表した。

[13:15 10/4]

iPadが大きく成長 - 9月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2011年9月のOSシェアが発表された。iOSとAndroidが成長を続け、ほかのモバイルOSがシェアを減らすという傾向が継続した。特に9月はJava MEのシェア減が大きく、このままの傾向が続けば3位のAndroidにシェアを抜かれる可能性が高い。その場合、iOSとAndroidが1位、2位の立場を獲得することになる。iOSの内訳はiPhoneとiPadがシェアを伸ばしiPodがシェアを減らすといったもの。特にiPadの成長が強く、今後も強い成長が見込まれる。

[08:00 10/4]

Mac OS Xの強い成長続く - 9月デスクトップOSシェア

Net Applicationsから2011年9月のデスクトップOSシェアが発表された。Windowsがシェアを減らし、かわりにMac OS Xがシェアを伸ばすというここ数ヵ月の傾向が9月にも継続して見られた。Mac OS Xはかなり強い成長を見せている。過半数のシェアを確保しているWindows XPだが、9月は2%ほどシェアを減らすなど減少の幅を加速させている。これにかわるようにWindows 7が2%ほどシェアを伸ばしている。

[08:00 10/4]

Wyse、シンクライアント3製品を新たに国内投入 - CEOが新製品戦略も発表

ワイズテクノロジーは10月3日、米Wyse Technology 社長兼CEO Tarkan Maner氏の来日に伴う記者会見を開催。同社の基本戦略と日本市場向け提供製品の拡充を発表した。

[08:00 10/4]

2011年10月03日(月)

Windows 8 DPで仮想化機能「Hyper-V」を使う方法

Microsoftは「Windows 8」に仮想化技術「Hyper-V」を標準搭載する意向を発表している。現在公開されている「Windows 8デベロッパープレビュー」ではデフォルトでは有効化されていないが、設定を変更するとスタートページに「Hyper-V」のパネルが表示されるようになる。

[09:55 10/3]

省電力に仮想化、企業が抱える課題を解決する最新技術とは? 第1回 もう高密度だけがウリじゃない! 仮想化に適したブレードサーバの機能を知る

現在、仮想化技術を活用して複数のワークロードを単一のIAサーバに集約することが一般的な状況になりつつあるが、プロセッサの処理能力が高ければよいというわけではない。仮想化を念頭において設計されたサーバとそうでないサーバでは運用管理の面はもちろん、性能面でも差が出るものなのだ。

[08:00 10/3]

2011年09月30日(金)

アシスト、DB基盤ソリューション「DODAI」に災害対策サイト構築を追加

アシストは9月29日、災害対策に最適なソフトウェアと技術支援サービスを組み合わせた「DODAI災害対策ソリューション・パッケージ」を提供すると発表した。Oracle Databaseを中核としたデータベース基盤ソリューション「DODAI」シリーズのソリューションの1つとして提供される。

[15:09 9/30]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第10回 煮込まない「煮込み料理」で美味しく節電しよう

9月も下旬に入ったせいか、急激に冷え込み、食事も温かいモノが恋しくなってきた。暖かい料理というと、ガスや電気を使うので「地球に優しくない」というイメージがあるかもしれない。しかし、実は割と節電に向いているのだ。

[08:00 9/30]

『MSDN』の歩き方 第54回 RSSフィードの頼りすぎに注意? 最新情報の収集手段を見直そう

本連載では以前から、MSDNオンラインにおける新着情報の収集を取り上げている。さまざまなコンテンツを眺めていると、コンテンツによって新着情報の収集手段を使い分けたほうがよいのかもしれないと思えてきた。そこで、その辺りについて考えてみたい。

[08:00 9/30]

2011年09月29日(木)

NETGEAR、「翌日オンサイト1年分」を無償バンドルするキャンペーン

ネットギアジャパンは、同社ハイエンド製品に「オンサイトサポートサービス翌日1年分」を無償バンドルするキャンペーンを10月3日より開始すると発表した。

[19:44 9/29]

次世代SPARC T4システム「SPARC SuperCluster T4-4」登場

Oracleは9月26日(米国時間)、「SPARC T4プロセッサ」をベースに採用した新しいシステム「SPARC SuperCluster T4-4」を発表した。SPARC SuperCluster T4-4はエンタープライズ向けのミッションクリティカル用途で採用できるプロダクト。「Oracle Solaris 11」「Oracle Exadataストレージ」「Oracle Exalogic Elastic Cloud」の組み合わせで汎用性が高く優れたパフォーマンスとスケーラビリティを提供する。

[09:57 9/29]

「ロックインの狙いはない」 - MSがWin8 UEFIセキュアブートの方針を説明

UEFIのセキュアブートが利用されることでWindows 8以外のOSが起動できなくなるロックインが実施される可能性があることが指摘されていたが、これに対してMicrosoftはセキュアブートを含むセキュリティメカニズムを説明するとともに、セキュアブートに関する同社の立場を明確にした。たしかにセキュアブートがデフォルトで有効になればWin8以外のOSの起動は困難になるが、最終的な判断はデバイスメーカに委ねられるという。

[09:44 9/29]

2011年09月28日(水)

HP、VMware搭載アプライアンス発表 - 1ラックにサーバ/ストレージ/NW機器

日本ヒューレット・パッカードは9月27日、VMwareの仮想化ソフトウェアやHPの管理ソフトウェアなどをプリインストールした仮想化基盤アプライアンス「HP VirtualSystem for VMware」を発表した。ハイエンドモデルの最上位構成で最大6000台の仮想マシンを稼動させることが可能。仮想化環境の運用に必要なハードウェア/ソフトウェアが一式揃えられており、導入後すぐに利用を開始できるといった特徴がある。

[08:00 9/28]

2011年09月27日(火)

Oracle、中小企業や部門向けの廉価版データベースアプライアンス発表

Oracleは9月21日(米国時間)、中小企業や部門向けのデータベースアプライアンス「Oracle Database Appliance」を発表した。扱いやすく、また、高可用性を実現したデータベースアプライアンスを購入しやすい価格で提供することに注力しており、中小企業や部門での普及を目指している。

[09:49 9/27]

Windows 8で大きく変わるブート方式 - Win8以外が起動できない懸念も

Windows 8が販売されるころには新規販売されるPCはそのすべてがUEFIに対応すると言われている。これを見越してWindows 8は従来の起動方式を破棄し、UEFIを使った新しいブート体験を提供するという。タブレットデバイスと同じスムーズでシームレスな起動は魅力的だが、同時に懸念も上がっている。UEFIのセキュアブート機能がデフォルトで有効になった場合、そうしたPCではWindows 8以外のOSをインストールして利用できなくなる可能性がある。

[09:39 9/27]

2011年09月26日(月)

富士通研、ハード構成や性能を損なわずに柔軟に変更できるサーバを開発

富士通研究所は9月26日、「資源プール化アーキテクチャ」を用いた次世代サーバの試作に成功したことを発表した。同アーキテクチャにより、CPUやHDDなどのハードウェア部品をプール化し、それらを高速インタコネクトで接続することで、ハードウェアの機能や性能を損なわずにサーバやストレージをニーズに合わせて柔軟に提供できるようになるという。

[18:58 9/26]

高画質画面転送が可能なシンクライアント向けグラボ「ATI FirePro RG220」

エーキューブは、高解像度での画面転送やデュアルディスプレイ出力にも対応するシンクライアント端末向け高性能グラフィックスアクセラレータ「ATI FirePro RG220」(以下、RG220)を提供している。本稿では、このグラフィックスアクセラレータの特徴をお伝えしよう。

[07:00 9/26]

2011年09月22日(木)

Oracle、MySQL商用エクステンションを追加

Oracleは、MySQLエンタープライズエディションの商用顧客に対して「スケーラビリティ」「高可用性」「セキュリティ」を強化する新しい3つの商用エクステンションを追加したことを発表した。MySQLエンタープライズエディションの顧客に対するサービスの強化となる。

[09:48 9/22]

Solaris 10 8/11登場 - ZFSv29搭載

Oracleは、Solaris 10系の最新版となる「Oracle Solaris 10 8/11」を公開した。搭載されているZFSプールのバージョンは29。ZFSファイルシステムはバージョン5が搭載されている。正式リリースされているOSとして最も最新のZFSを利用できる環境となる。ZFSをルートファイルシステムとして活用するためのツールも提供されているなど、ストレージシステムや仮想環境を構築するのに適した機能が強化されている。

[09:36 9/22]

『MSDN』の歩き方 第53回 トップ回答者に聞け!? MSDNフォーラムの全貌

これまで、MSDNオンラインの「フォーラム」機能については何回か触れてきたが、デベロッパーセンターなどからリンクする形での紹介だったため、フォーラム機能の全体像は取り上げていなかった。そこで、改めてMSDNフォーラムを取り上げてみよう。

[08:00 9/22]

2011年09月21日(水)

at+link、セルフマネージド専用サーバ・サービスを安価に提供

リンクとエーティーワークスが共同で展開しているサーバサービス「at+link」は9月21日、専用サーバの安価なパッケージ「at+link ユニットサーバサービス」を9月29日から提供すると発表した。

[14:43 9/21]

IBMと東芝、ネットワーク経由の制御でPCのAC消費電力を約47%削減

日本アイ・ビー・エムと東芝は9月21日、東芝の企業向けPCとIBMの管理ソフトウェア「IBM Tivoli Endpoint Manager」の連携によってPCのセキュリティや省電力などを実現するソリューションが、実際の企業において、平日9時~20時のPCのAC消費電力の約47%削減できることを確認したと発表した。

[12:33 9/21]

Windows 8 DPのスタートメニューをWindows 7のメニューへ戻す方法

Windows 8デベロッパープレビュー版を使い出してもっとも最初に困惑するのは、スタートメニューがアプリケーション一覧の表示ではなく、スタート画面への切り替えに割り当てられていることだ。Windows 8のユーザ体験を変更することはデベロッパープレビューの本来の目的から見るとずれてしまうが、スタートメニューをWindows 7と同じスタートメニューへ変更することもできる。

[10:36 9/21]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第9回 冬の節電に備えて湯たんぽ&捨てないカイロを用意しよう

9月9日で大口需要家に義務づけられていた「前年比15%減」を目指す節電要請が終了した。だが、これで終わったと安心してはいけない。すぐに暖房需要が高まる冬が来る。そこで、今回はオフィスでも家庭でも使える寒さ対策グッズを紹介しよう。

[08:00 9/21]

2011年09月16日(金)

『MSDN』の歩き方 第52回 Windows Live関連の開発に関する情報

前回のお題はWindows Phoneだったが、今回のお題はWindows Liveである。探してみると、Windows Liveで提供しているサービスを活用するための開発者向け情報がいろいろあるので、取り上げてみようと思った次第だ。

[08:00 9/16]

2011年09月15日(木)

ATEN、ケーブルKVM・HDMIリピーター・コンバーターの新製品を発表

ATENジャパンはこのほど、2ポートケーブルKVMスイッチ「CS62T」、アナログVGA/オーディオの信号をHDMI信号に変換するコンバーター「VC180」、HDMIリピーター「VC880」を発表した。いずれも出荷は9月26日に開始予定。

[10:22 9/15]

アシスト、Ericom製VDI「PowerTerm WebConnect」販売へ - 高速、安価を強調

アシストは9月14日、イスラエルEricom Softwareが提供するデスクトップ仮想化製品「PowerTerm WebConnect」の販売を開始することを発表した。PowerTerm WebConnectは、45カ国で販売され、3000社以上の導入実績を持つデスクトップ仮想化ソフトウェア。動作が高速、安価といった特徴があるという。

[08:00 9/15]

2011年09月14日(水)

NETGEAR、同社初のシャーシスイッチ『XCM8800 シリーズ』を発表

ネットギアジャパンは、エクストリームネットワークス社のOEM製品で、同社初のシャーシスイッチ、「XCM8800シリーズ」を9月より販売開始すると発表した。用途に応じて選べる10スロットの『XCM8810』、6スロットの『XCM8806』がある。

[17:59 9/14]

「Apache Whirr」がインキュベータ卒業 - クラウド向けライブラリセット

Apacheソフトウェアファウンデーションは9月13日(米国時間)、「Apache Whirr」をインキュベータから卒業させ、トップレベルプロジェクトと認定したことを発表した。Whirrを利用することでHadoopクラスタの迅速な立ち上げが可能になるほか、Hadoopに関連した様々なサービスをシームレスに結合できるようになる。Hadoopの普及とともに今後利用シーンが増えていくとみられる。

[14:39 9/14]

Oracle Solaris 11、アーリーアダプタ版提供開始

Oracleは次期Oracle Solarisのリリースへ向けて「Oracle Solaris 11 アーリーアダプター版」の提供を開始した。Oracle Solaris 11で提供される機能がすべて提供されている。ダウンロードするためのアカウントは無償で作成することが可能。インストーラのみならず、Live DVDとして利用できるイメージも提供されている。

[14:31 9/14]

MongoDB 2.0登場、2系は並列処理改善のブランチへ

MongoDB開発チームは9月12日(米国時間)、「MongoDB 2.0」を公開した。MongoDBはC++で開発されたドキュメント指向のデータベース。動的に変化するスキーマを持ったJSONスタイルのドキュメントを扱うことが可能で、高い性能と優れたスケーラビリティを実現している。

[12:29 9/14]

PostgreSQL 9.1登場、同期レプリケーション導入

PostgreSQL開発グループは9月11日(オーストリア時間)、最新安定版となる「PostgreSQL 9.1」を公開した。PostgreSQL 9.1はさまざまな新機能が実装されたバージョンで、同期レプリケーションなど特にエンタープライズ用途で必要とされる長らく導入が期待されていた機能が実装されているところが注目点となる。

[12:25 9/14]

at+link、ソーシャルアプリ向け専用サーバに画像ストレージオプション追加

リンクとエーティーワークスは9月14日、両社が共同で運営している専用サーバサービス「at+link」において、ソーシャルアプリ向け専用サーバパッケージ「at+link アプリプラットフォーム」のオプションサービスとしてKVS(Key-Value Store)を利用した画像ストレージ機能を提供することを発表した。

[11:42 9/14]

ラリタン、データセンター向けインフラ統合管理ソフト/機器を国内提供へ

ラリタン・ジャパンは9月13日、都内で記者説明会を開催し、データセンター向けインフラ統合管理ソフトウェアやアセット(IT資産)管理製品、管理アプライアンスを日本市場向けに提供開始することを公表した。

[08:30 9/14]

2011年09月12日(月)

Windows 8、起動30%~70%高速化

「Windows 8」の起動時間はWindows 7と比較して30%から70%ほど高速化されるという。Windows 7を利用するノートPCユーザの45%が、デスクトップユーザの57%がシャットダウンを使っており、スリープやハイバネーションと比較して同等かまたはより高い利用率にあるという。このため、コールドブートをいかに高速化するかがWindows 8における開発主題として取り上げられており、これを実現するため「ファストスタートアップ」と呼ばれる高速機能を開発したと説明されている。

[14:02 9/12]

Oracle、プロセッサ係数をアップデート - ライセンスに影響

Oracleは9月6日(米国時間)付けで「Oracleプロセッサコアファクタテーブル」を更新した。今回の更新でOracleの提供する新しいマルチスレッドプロセッサ「UltraSPARC T4」に関するコアプロセッサライセンスファクターが追加されている。T4の係数は0.5だ。

[14:00 9/12]

ブロケード、イーサネットファブリック製品の新モデルを発表

ブロケード コミュニケーションズ システムズは9月9日、イーサネット・ファブリック製品の新モデル「Brocade VDX 6730データセンター・スイッチ」と「Brocade VDX 6710データセンター・スイッチ」を発表した。

[13:14 9/12]

Windowsのストレージ仮想化ソフト「VVAULT」最新版のDL提供開始 - オレガ

オレガは9月9日、Windows上で複数のストレージを統合し仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT(ブイボルト)」の最新版「VVAULT 2.0」を発表。同日、同製品Webサイトでのダウンロード提供を開始した。

[08:00 9/12]

2011年09月09日(金)

Windows 8、仮想化環境「Hyper-V」搭載へ

次期Windowsとなる「Windows 8」には、デフォルトで仮想化技術「Hyper-V」が導入されることが発表された。クライアントで採用されることになるWindows 8が「Hyper-V」をデフォルトで採用することには競合に対する強いアドバンテージがある。同様な仮想化プロダクトを提供しているベンダにとって、デフォルトで「Hyper-V」が導入されることは大きなインパクトを持つ。

[09:53 9/9]

ATEN、統合管理ソフト「CC2000」に対応サーバ・仮想化ソフトを追加

ATENジャパンはこのほど、分散した複数のKMVスイッチや電源管理デバイスなどのユーザー権限・タスク・ログ等をシングルサインオンで一元管理できるソフトウェア「CC2000」の新バージョン「CC2000 Ver.2.2」を発表した。

[08:53 9/9]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第8回 一石二鳥!? 室内の「臭い」を消して節電しよう

今回は「脱臭」による空調効率化での節電方法を紹介しよう。人がいる空間における臭い対策として、最も簡単であり、かつ、よく使われているのが「換気」だ。しかし、常に外から入ってきた空気を冷やしたり暖めたりしていると、空調コストが膨大になる。

[08:30 9/9]

ネットワールド、仮想デスクトップを10倍高速化する「Atlantis ILIO」販売

ネットワールドは9月8日、米Atlantis Computingと販売代理店契約を締結したことを発表した。Atlantis Computingは、仮想デスクトップ環境(VDI)のストレージを最適化するバーチャルアプライアンス「Atlantis ILIO」を提供する企業。同製品を利用すると、VDIのストレージ利用効率を最大4倍、パフォーマンスを最大10倍向上できるという。

[08:00 9/9]

『MSDN』の歩き方 第51回 最近のWindows Phone開発事情

先日、Windows Phoneの最新版を搭載したスマートフォンが発売されたこともあり、今回はWindows Phoneの開発に関連する記事の最新事情についてまとめてみよう。

[08:00 9/9]

2011年09月08日(木)

シトリックス、仮想デスクトップ環境の新版「XenDesktop 5.5」を発表

シトリックス・システムズ・ジャパンは9月8日、仮想デスクトップ環境の新版「Citrix XenDesktop 5.5」を発表した。150以上の新機能が追加されたうえ、今年8月に買収したRingCubeの技術「Personal vDisk」が組み込まれるなど、大幅な機能強化が行われている。

[20:25 9/8]

HP、パブリッククラウド「HP Cloud Services」プライベートベータ受付開始

米Hewlett-Packard(HP)は9月7日(米国時間)、自社ハードウェアとソフトウェアをクラウド形式で提供する「HP Cloud Services」のプライベートベータプログラムの受付を開始した。参加希望者は専用Webサイトより登録できる。

[15:54 9/8]

Windows用MySQLインストーラ大幅改善--WinServer 2008向けエンプラ版も登場

Oracleは9月6日(米国時間)、最新版のWindows向けMySQLインストーラ「MySQL Installer for Windows」を公開した。インストール手順が大幅に改善されているほか、インストール時間も短縮されている。同時に「MySQL Enterprise Edition」が「Windows Server 2008 R2フェールオーバークラスタリング」における認証を獲得したことも報告されている。

[14:06 9/8]

2011年09月07日(水)

米国家安全保障局が開発! Accumulo、Apacheプロジェクトへ

米国家安全保障局によって開発された分散型のキー・バーリューデータストア「Accumulo」をApacheプロジェクトに追加するための提案が実施された。「Accumulo」はGoogle BigTableの設計を実装したもので、主要コンポーネントとしてHadoop、Zookeeper、Thriftを採用している。いわゆるHadoopベースのNoSQLのひとつとみなすことができる。開発実績も長く、細かいアクセス制御が可能なことから、プライバシーが要求される分野で需要があるだろうと説明されている。

[09:34 9/7]

ニフティクラウドのOEM提供がスタート - 第一弾は「So-net クラウド」

ニフティは9月6日、同社が提供するパブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」のOEM提供を開始すると発表した。第一弾として、ソネットエンタテインメントが法人向けのクラウドサービス「So-net クラウド」を9月下旬より提供開始する。

[07:00 9/7]

2011年09月03日(土)

無償Oracleデータベース最新版登場

Oracleは無償で利用できるOracleデータベースの最新版となる「Oracle Database 11g Release 2 Express Edition」を公開した。2011年4月に公開されていたベータ版から正式版への昇格となる。プラットフォームとして32ビット版のWindowsおよび64ビット版のLinuxがサポートされている。

[14:09 9/3]

2011年09月02日(金)

Mac OS Xシェア6%突破、iPadも強い成長 - 8月OSシェア

Net Applicationsから2011年8月のOSシェアが発表された。モバイル/タブレットは強い成長傾向にあり、2011年8月は6.37%に到達している。OSシェアとしてはMac OS Xが成長傾向を続けており、2011年8月には6%を突破した。一旦50%を下回ったWindows XPだったが、デスクトップとモバイル/タブレットを別カテゴリで報告するようになったため、ふたたび50%を超えの52.46%を確保。モバイルではiPadが強い成長を続けている。

[16:13 9/2]

VMworld 2011 - 渾身の現地レポートを含むVMware最新情報まとめ

ラスベガスで開催されたVMworld 2011。テーマは昨年に引き続きクラウドコンピューティングとなったが、市場環境が昨年とは大きく異なっていることもあり、要注目の内容も多かったようだ。ここではVMworld 2011とVMwareの関連情報をまとめてみた。

[09:00 9/2]

HP、仮想化対応ストレージ「3PAR」ハイエンドモデル発表 - 筐体跨り移設も

日本ヒューレット・パッカードは9月1日、仮想化機能を搭載したストレージのハイエンドモデル「HP P10000 3PAR Storage System」を発表した。同社の第4世代ASICを搭載し、大幅にパフォーマンスを向上させたほか、筐体を跨って仮想ボリュームを移設できる「Peer Motion」機能を新たに組み込んでいる。

[08:00 9/2]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第7回 被災地の再生ガレキを使う薪ストーブもあり!? 暖房の節電を考える

暦の上ではもう秋。秋が深まれば1年の中でわずかな冷暖房が不要な電力事情に優しい季節の到来だ。しかしそこで気を抜いてはいけない。あっという間に暖房が必要な時期がやってくる。今回は、少し早いが暖房需要に向けて冬の節電に目を向けてみよう。

[08:00 9/2]

『MSDN』の歩き方 第50回 「Office 365関連の記事はないか」と探してみたら……

前回はWindows Azureの最新情報を主体にまとめてみた。そこで、話の流れで「Office 365関連の情報を……」と思ったら、MSDNオンラインには、独立したOffice 365向けのコンテンツが存在しない。そこで今回は、MSDNオンラインのスタッフブログからOffice 365関連の記事を集めてみた。

[08:00 9/2]

2011年09月01日(木)

SQL Server、OLE DBサポート廃止へ - ODBC推奨

MicrosoftはSQL Serverのデータにネイティブにアクセスする方法として「OLE DB」のサポートを廃止し、かわりに「ODBC」に比重を移すことを発表した。次期メジャーリリースとなる「SQL Server "Denali"」が「OLE DB」をサポートする最後のバージョンになる見通し。

[17:29 9/1]

IBM、ユーザー部門だけでビッグデータを分析可能なソフトウェアを発売

日本アイ・ビー・エムは8月31日、ビックデータを分析できるソフトウェア「IBM InfoSphere BigInsights Enterprise Edition V1.2」の販売を9月2日から開始すると発表した。

[09:55 9/1]

2011年08月31日(水)

ネットワーク仮想化構想も発表! VMwareの最新インフラ戦略 - VMworld 2011

VMwareは8月30日(現地時間)、年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2011」において、vSphere 5を中心としたインフラ分野における戦略について説明するなかで、クラウドコンピューティングにおけるネットワーク仮想化の構想として「VXLAN(Virtual eXtensible LAN)」を発表した。

[17:29 8/31]

仮想デスクトップ導入の企業の幅を広げるVMware View 5 - Mallempati氏

VMwareは年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2011」において、仮想デスクトップ製品の最新バージョン「VMware View 5」を発表した。今回、Desktop and Application Virtualization Product Marketing DirectorのRaj Mallempati氏に、同製品の特徴や導入メリットなどについて話を聞いた。

[14:12 8/31]

IBM、中小企業向けストレージ「IBM System x NASシリーズ」の新製品を発表

日本アイ・ビー・エムは8月30日、中小企業や企業の部門向けにネットワーク接続ストレージ(NAS)「IBM System x NAS」シリーズの販売の開始を発表した。

[10:10 8/31]

HP、金融向けHPCサーバ「HP ProLiant DL380 G7」新モデルを発売

日本HPは8月30日、ラックマウント型サーバー「HP ProLiant DL380 Generation 7」に、インテルXeon X5698プロセッサー(4.4GHz)を搭載した新モデルの販売の開始を発表した。

[10:01 8/31]

Horizon Mobile/新プロジェクトなどデスクトップ製品を披露 - VMworld 2011

VMwareは開催中の年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2011」において、デスクトップ関連の新製品「VMware View 5」「VMware Horizon Mobile」と新たなプロジェクト「Project AppBlast」「Projects Octopus」を発表した。ここでは、これらの概要を紹介しよう。

[04:08 8/31]

2011年08月30日(火)

CEO・Maritz氏がクラウド時代移行に向けた新製品群を紹介 - VMworld 2011

VMwareの年次テクニカルカンファレンス「VMworld 2011」が8月29日(米国時間)より、ラスベガスのThe Venetian Resort Hotelでスタートした。今年のテーマは「Your Cloud.Own it」。昨年に続き、「クラウドコンピューティング」がテーマとして据えられているが、今年はどのような進化を示すのだろうか。

[18:51 8/30]

米VMware、パブリッククラウドの連携サービス「Global Connect」発表

米VMwareは8月29日(現地時間)、VMware vSphere、VMware vShield、VMware vCloud Directorなどの同社技術を活用した、パートナーによるパブリッククラウドサービス「vCloud Datacenter Services」において、「Global Connect」と呼ばれる新機能を追加したことを発表した。

[18:16 8/30]

IDC、2011年2Qのサーバ市場調査結果を発表 - 急成長の影に富士通「京」

IDC Japanは8月29日、2011年第2四半期(4~6月)の国内サーバ市場動向を発表した。それによると、2011年第2四半期の国内サーバ市場規模は1,282億円で、前年同期比35.4%増。出荷台数は、同65.9%増の19万5千台だった。

[09:00 8/30]

2011年08月29日(月)

米VMware、ポリシーベースのDB構築/管理基盤「vFabric Data Director」発表

米VMwareは8月29日(現地時間)、クラウド環境向けデータベース管理プラットフォーム「VMware vFabric Data Director」を発表した。データベースをポリシーベースで自動設定/管理できるなどの特徴があり、「Database as a Service」を具現化する製品と説明されている。

[22:00 8/29]

Amazon EC2、Win2008/2003インポート対応

Amazon EC2などのサービスを提供しているAmazon Web Servicesは8月24日(米国時間)、「Amazon EC2」の仮想マシンインポート機能を拡張したことを発表した。今回の機能拡張でVMware、XenServer、Hyper-Vフォーマットの「Windows Server 2008」および「Windows Server 2003」のインポートが可能になった。そして同サービスは登場から5年を迎えた。

[16:24 8/29]

2011年08月26日(金)

Microsoft、「Hadoopコネクタ」SQL Server版提供開始

MicrosoftのSQL Serverチームは8月25日(米国時間)、「SQL Server」と「Hadoop」を連携させるためのコネクタのコミュニティテクノロジプレビュー版の公開を開始した。Microsoftのこの動きはコミュニティやユーザからは多少の驚きをもって受け止められている。同社はHadoopに相当する技術としてすでに「Dryad」を持っており、当然ならがこちらを採用することになるだろうと推測されていたからだ。

[17:58 8/26]

EMCジャパン、クラウド向けストレージ・リソース管理ソフト「ProSphere」

EMCジャパンは25日、クラウド向けストレージ・リソース管理ソフトウェアの新製品「EMC ProSphere」を発表した。ダイナミックな仮想化環境に対応したエンタープライズ向けストレージ・リソース管理ソリューションとして、ストレージ管理の効率化および自動化を目指して設計されたもの。

[09:26 8/26]

F5、「BIG-IP v11」を発表 - プロビジョニング設定の簡略化など

F5ネットワークスジャパンは8月25日、アプリケーショントラフィック管理システムの新版「BIG-IP version11」を発表した。プロビジョニングに必要な設定作業の簡略化、拡張性/可用性/柔軟性の向上、セキュリティ機能の強化の3点が新版の大きな特徴として挙げられている。

[08:00 8/26]

デル、ストレージ「Dell EqualLogic」シリーズの新製品を発表

デルは8月25日、ストレージ「Dell EqualLogic」シリーズから3つの新製品とファームウェアの提供を開始すると発表した。

[08:00 8/26]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第6回 だまだ暑い秋! 夏から上手に移行して節電しよう

8月も後半、残暑の雰囲気も漂ってきたがまだまだ暑い。今年は9月も暑いと言われているから、エアコンが活躍する日も多いだろう。となると、秋になっても節電への気遣いは必要だ。今回は、節電を意識した秋支度について考えてみたい。

[08:00 8/26]

『MSDN』の歩き方 第49回 暑い夏こそWindows Azure……なのか!?

夏・本番を迎えて、「暑い~」というよりも「あづい~」と言いたくなるような日々が続いていたが、この原稿を書いている当日は暑さが一段落して涼しくなった。一方、Windows Azureが「熱い」ので、「あづい~」とボヤくばかりが能ではない。以前にもWindows Azureを取り上げたことがあるが、今回はあらためて、新着分も含め関連情報を整理してみよう。

[08:00 8/26]

2011年08月25日(木)

Oracle VM 3.0登場 - スケーラビリティ、コストメリットを強調

Oracleは8月23日(米国時間)、同社のサーバ仮想化ソリューション/仮想化管理ソリューションの最新版となる「Oracle VM 3.0」を公開した。「Oracle VM」は主にデータセンターでの利用を想定して開発されたソリューション。ダウンロードそのものは無料。エンタープライズクラスのサポートが必要な場合にはサブスクリプションモデルでの購入が可能となっている。

[14:40 8/25]

Windows 8、USB 3.0をフルサポート

Windowsエンジニアリングチームは8月22日(米国時間)、Windows 8で登場することになる「USB 3.0」の開発状況を報告した。USB 3.0は特に今後大きく普及が期待される次世代USB規格。USB 2.0の10倍の高速通信が可能であるほか、パワー管理が改善されているため、従来は別電源が必要になるようなUSBデバイスも電源なしで利用できるようになり、さらに低電力状態を活用することで消費電力も削減されるという特徴がある。

[09:33 8/25]

LSI、アプリケーションを高速化させる第2世代SSDキャッシングソフトを発表

LSIは8月24日、同社の「LSI MegaRAID 6Gb/s SATA+SASコントローラ・カード」用のリード&ライト・キャッシング・ソフトウェア「LSI MegaRAID CacheCade Pro 2.0」を発表した。

[06:00 8/25]

2011年08月24日(水)

デル、クラウド環境向けマイクロサーバとOpenStackソリューションを発表

デルは8月24日、超高密度かつ省電力のクラウド・コンピューティング環境を実現する「Dell PowerEdge C5220 マイクロサーバ」を出荷開始した。同製品はCPUとして、1ソケット向けインテル Xeon プロセッサー E3-1200製品ファミリーを搭載している。

[19:48 8/24]

2011年08月23日(火)

CA、システム単位で仮想化できる「CA AppLogic 3.0」を出荷開始

CA Technologiesは8月23日、ITシステムを丸ごと仮想化できるプラットフォーム「CA AppLogic 3.0」の出荷を開始した。

[14:24 8/23]

ネットギア、10Gbps対応スマートスイッチを発表

ネットギアジャパンは、同社が提供するスマートスイッチシリーズの最上位機種にあたる「GS752TXS」を発表した。ミッドエンタープライズクラス向けの製品で、10Gbpsアップリンクに対応し、スタック機能を備えるという。

[12:36 8/23]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第5回 暑いからこそ「節電」を口実にお出かけしよう!

先日、東北電力では需給電力が限界に近づきそうという報道があったが、予想通り、今年は猛暑と節電の厳しい戦いとなった。節電&暑さ対策として、すだれやグリーンカーテンなど家屋における対策が注目を集めているが、自ら暑い場所を飛び出してみるのも節電対策とは言えないだろうか? 今回は節電を目的とした外出について考えてみたい。

[08:00 8/23]

2011年08月22日(月)

こんなに減らせる! ITシステム節電・省電力化のための4つのアプローチ 第6回 災害対策に電力削減、デスクトップクラウドの導入メリットとは?

IBM System xサーバーは、さまざまなの取り組みによりエネルギー効率の高いコンピューティング環境を実現する。こうしたSystem xサーバーの強みを生かしてデスクトップ環境の効率改善を実現することも可能だ。そのためのソリューションが「デスクトップクラウド」だ。今回は、省電力機能も含め、デスクトップクラウドのメリットについて考えてみたい。

[09:00 8/22]

2011年08月19日(金)

NEC、OSSクラウド基盤「OpenStack」のコミュニティに参加

日本電気(NEC)は8月19日、オープンソースソフトウェア(OSS)のクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の開発/普及を推進するコミュニティに参画することを発表した。

[12:46 8/19]

『MSDN』の歩き方 第48回 WebMatrixを使ってWebアプリケーションを開発してみよう

前回は「業務アプリケーションを容易に開発できるLightSwitch 2011」について触れたが、その流れで(?)、今回はWebアプリケーションを容易に開発・展開できるツールである「Microsoft WebMatrix」を紹介しよう。

[08:00 8/19]

2011年08月17日(水)

DNP、エネルギー管理システムを開発し36拠点の節電管理を実施

大日本印刷は8月17日、事業拠点におけるエネルギー使用量の可視化や省エネ施策の進捗管理、施策効果のシミュレーションとその結果に基づく診断など、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルの推進を支援する「省エネトータルマネジメントシステム」を開発したと発表した。

[12:14 8/17]

富士通、Xeon E7搭載サーバ発表 - 最大40コア、PCIe SSD対応

富士通は16日、「インテル Xeon プロセッサ E7ファミリー」を搭載した4WAYラック型PCサーバ「PRIMERGY RX600 S6」の販売を開始した。同製品は8月19日から出荷開始。価格は131万6,900円からとなっている。

[09:33 8/17]

2011年08月15日(月)

QEMU最新版登場 - Xenをフルサポート、プロダクションユース想定

QEMUの最新版となる「QEMU 0.15.0」が公開された。QEMUはオープンソースのマシンエミュレータおよび仮想化ソフトウェア。「QEMU 0.15.0」は0.15ブランチの初のリリースとなるほか、プロダクションユースを想定したバージョンと位置づけられている。0.14と比べるとサポートするターゲットの拡大や新機能の追加、バグの修正、パフォーマンスの向上など多くの変更が実施されている。もっとも注目されるのはx86においてXenのサポートが追加された点。

[13:28 8/15]

2011年08月12日(金)

Red Hat、Java EE6をPaaSで提供開始

Red Hatは8月10日(米国時間)、同社のPaaSである「OpenShift」に「Java Enterprise Edition 6」のサポートを追加したことを発表した。Java EE 6は「JBoss Application Server 7」をベースに提供されている。説明によれば今回の取り組みで同社はJava EE 6をPaaSで提供した業界初のベンダということになる。

[10:37 8/12]

『MSDN』の歩き方 第47回 Visual Studio LightSwitchがデビュー

Microsoft Visual Studioに新しい仲間が加わった。それは「Visual Studio LightSwitch 2011」だ。新しい開発ツールが加わったのだから、当然ながら、MSDNオンラインでも関連情報の提供がスタートしている。ということで今回は、取り急ぎ、このLightSwitch 2011に関連する話をまとめてみた。

[08:00 8/12]

2011年08月11日(木)

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第4回 意外と電力を食うテレビ! 消して新しい趣味を見つけよう

前回は、「エアコンの設定温度を上げても期待しているほどの節電効果がない」という話を紹介した。今回は、われわれが思っているより節電効果があるモノを紹介しよう。それはテレビだ。

[08:52 8/11]

2011年08月10日(水)

マクニカ、DHCP/DNSアプライアンスを扱う米Infobloxと販売代理店契約締結

マクニカ ネットワークスは8月9日、IPv6対応のコアネットワーク・インフラストラクチャ・コントロール・ソリューションを扱う米国Infobloxと国内販売代理店契約を締結したことを発表した。

[17:13 8/10]

富士通、スマートコンセントで横浜市のPC消費電力量を可視化

富士通は8月9日、横浜市と共同で、同市役所で使用されているPCの省電力設定の効果を測定するため、電力センサー内蔵のスマート電源タップを用いたPC消費電力量の測定実験を実施したと発表した。

[16:41 8/10]

富士通、ネットワークの自動設計技術を開発 - 人力よりも消費電力2割削減

富士通と富士通研究所は8月10日、イーサネットワーク網の設計において、従来の人手で行う場合よりも全体の消費電力を約2割削減した形で自動設計できる技術を開発したことを発表した。

[14:33 8/10]

Microsoft、SQL ServerのHadoopサポートを発表

MicrosoftのSQL Serverチームは8月8日(米国時間)、コミュニティテクノロジープレビューとしての提供となるが、SQL ServerおよびSQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse向けに「Hadoopコネクタ」の提供を近いうちに開始すると発表した。「Hadoopコネクタ」を利用することで従来よりもSQL ServerとHadoopとの連携が簡単になると説明がある。

[12:59 8/10]

Samba 3.6.0登場 - SMB2をフルサポートする初のバージョン

Sambaチームは8月9日(協定世界時)、ファイル共有アプリケーションの最新版となる「Samba 3.6.0」を公開した。SMB2をはじめてフルサポートしたバージョンと謳われている(ただし唯一クォート関連の機能だけ利用できない)。SambaはWindowsファイル共有の機能を提供するソフトウェア。Linux/FreeBSDなどをベースにファイルサーバを構築するケースや、NASストレージなどのアプライアンスで採用されることが多い。

[12:04 8/10]

規模に応じてモジュラー化が可能なAPCの次世代データセンターインフラ

エーピーシー・ジャパンは8月8日、プレスを対象としたセミナー「電力不足の今、データセンター事業者が実施するエネルギーマネジメント」を開催した。同セミナーでは、実機のデモ、電力効率を27%向上させた富士通東北システムズの導入事例を交え、同社のデータセンターソリューション「InfraStruXure」の紹介が行われた。

[08:00 8/10]

2011年08月08日(月)

IBMとヴィエムウェア、東京・福岡・札幌で仮想化/事業継続セミナー開催

日本アイビーエムとヴィエムウェアは8月から9月にかけて、福岡と札幌で「IBM / VMware仮想化サミット 2011」を、東京で「VMwareとIBMが考えるこれからの事業継続セミナー」を開催する。

[11:49 8/8]

2011年08月05日(金)

日本HP、3PARとVMwareを組み合わせた「Cloud検証センター」をオープン

日本ヒューレット・パッカードは8月4日、仮想化/クラウド環境の早期導入を支援する「Cloud検証センター」をオープンすることを発表した。ヴイエムウェアの協力の下、マルチテナント対応ストレージシステム「HP 3PAR」、ブレードサーバ「HP BladeSystem c-Class」、仮想化基盤「VMware vSphere」を組み合わせた「HP 3cV」ソリューションの検証環境を、江東区大島にある日本HP本社1階にオープンさせる。

[10:34 8/5]

ネットギア、省エネ法達成率が119~185%の24/16ポートギガビットスイッチ

ネットギアジャパンは、中小規模オフィスの省エネに最適な、24/16ポートのファンレスギガビットスイッチ4機種を、8月より販売開始すると発表した。価格は28,140円から。

[09:39 8/5]

『MSDN』の歩き方 第46回 Team Foundation Serverによる開発作業の管理

MSDNオンラインのトップページがリニューアルして、「コードの作成」「テスト」「コードの理解」という新たな三本柱ができたが、「コードの作成」のところで、アプリケーションライフサイクル管理を取り上げている。開発工程の前後までカバーする重要な話なので、今回はこれの話について。

[08:00 8/5]

2011年08月04日(木)

IBM、 朝日生命のデータセンターの空調消費電力を約4割削減

日本アイ・ビー・エムは8月4日、朝日生命保険のデータセンターの空調消費電力の大幅な削減を支援したと発表した。IBMは4月末から朝日生命保険の支援を開始、6月末までの2ヵ月間で、約4割の電力削減が実現された。

[12:59 8/4]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第3回 「エアコン我慢」、それだけの効果がはたしてあるのか?

節電の必要性が高まると目の敵にされるのが「冷房」だ。今夏は、電車も飲食店もどうもスッキリしない温度になっている。家庭でも、「心地よい温度に冷やすのは罪悪感がある」といった人もいるのではないだろうか? 今回は、冷房の節電効果について考えてみたい。

[08:00 8/4]

2011年08月03日(水)

MySQL 5.6に新機能試用パッケージを追加 - 全文検索やレプリケーションなど

Oracleは8月1日(米国時間)、MySQL 5.6アーリーアクセス版に新しく全文検索機能などInnoDBの新機能とレプリケーションの新機能を試すことができるパッケージを追加したことを発表した。「mysql-5.6-labs-innodb-fts」が新しく追加されたパッケージになる。Windows版、Mac OS X版、Linux版、Solaris版が提供されている。

[13:42 8/3]

NTTコム、日米間国際IPバックボーンの容量が500Gbpsに

NTTコミュニケーションズは2日、日米間の国際IPバックボーの容量を500Gbpsに増速したことを発表した。日米間は同サービスの中でも最大の通信量が配信される回線であり、500GbpsはISP業界でも最大級。

[10:13 8/3]

Netatalk、3社から資金提供受けソースコード提供再開 - Lion対応へ

Mac OS X Lionのバックアップ機能「Time Machine」でNASを使う場合、NAS側がリプレイキャッシュ機能を持ったAFP 3.3に対応している必要があるが、AFP 3.3に対応した「Netatalk 2.2.0」は資金的な理由から顧客に対してのみの提供に限定されていた。このままいけばApple製以外のNASでは「Time Machine」が利用できない状況が続くことになるが、先日、NetAFPは3社から資金提供の申し出があったためソースコードを公開すると発表。現在すでにソースコードが入手できるようになっている。

[09:43 8/3]

Windows XPがシェア50%を切る、Mac OS XとiOSはシェア増 - 7月OSシェア

Net Applicationsから2011年7月のOSシェアが発表された。Windowsがシェアを減らしiOSがシェアを増やす傾向が7月も継続した。7月のシェアとしてはMac OS Xのシェアが増えた点が注目される。これまでMac OS Xは5%前後で安定していたが、ここ数ヵ月で成長傾向が現れている。Mac OS X Lionのリリースがあったことも影響したようだ。バージョン別に見るとiPadが8位から6位へ一気に順位を浮上させた点が注目される。iPhoneのシェアは1.57%、iPadのシェアは1.25%となっており、iPhoneを超えそうな勢いを見せている。

[09:39 8/3]

2011年07月29日(金)

IBMと凸版印刷、環境省の「うちエコ診断」の検証事業を共同実施

凸版印刷は7月28日、環境省の平成23年度家庭エコ診断効果検証実測調査事業(うちエコ診断検証事業)を受託し、日本アイ・ビー・エムと共同で全国約1,000世帯の温室効果ガス排出状況を実測し、そのデータの分析を行うことを発表した。

[08:00 7/29]

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第2回 がんばらなきゃ節電! でも、がんばりすぎは「違法」かも!?

本連載は、小さなコトから大きなコトまで、片っ端から節電に役立つトピックを紹介している。今夏、節電と言えば、とりあえず冷房の「28度設定」が浮かぶ。しかし、この「28度」という値は本当に適正なのだろうか? 今回は「適切な」節電について考えてみよう。

[08:00 7/29]

『MSDN』の歩き方 第45回 トップページも刷新! 着々とリニューアルが進むMSDNオンライン

先日公開された英語版MSDNオンラインの記事を書いた時、トップページのデザインが日本語版と違うことに気付いた。と思ったら、日本語版も後を追うようにして(?)同様のデザインにリニューアル。そこで今回は、トップページの新装開店と、それに関連して各デベロッパーセンターのリニューアル状況についてまとめてみよう。

[08:00 7/29]

2011年07月28日(木)

ネットスプリング、認証アプライアンスサーバの最新版を発表

ネットスプリングは7月27日、LDAPベースの認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」について、IDの連携機能を強化した最新版Ver.1.10を開発したと発表した。同製品の出荷は2011年第4四半期に開始される予定。

[08:00 7/28]

2011年07月27日(水)

MySQL 5.6の新機能を発表 - アーリーアクセス版で試用可能

Oracleは7月25日(米国時間)、コミュニティに向けてMySQL 5.6の新機能にアクセスできるようにする取り組みを開始したことを発表した。アーリーアクセス版のMySQLはMySQL Server Snapshotsからダウンロード可能。特定の機能を有効にしたMySQLがそれぞれ提供されるという形になっている。フィードバックを得てより開発が進んだ段階で、最終的にMySQL 5.6の開発版にこれら機能がマージされることになる。

[12:13 7/27]

NEC、家庭内の電力利用量・電気料金をクラウドで可視化するシステム販売

NECは7月26日、クラウドを利用して家庭内の電力利用量や電気料金を可視化できるシステム「ホームエネルギー・マネジメントシステム(HEMS)」を、住宅メーカーや工務店など企業向けに8月1日から販売開始すると発表した。

[08:00 7/27]

2011年07月26日(火)

LSI、6Gbps RAIDコントローラ用キャッシュ保護ソリューションを発表

LSIは、同社の6Gbps SATA+SAS RAIDコントローラ・カード「MegaRAID」にキャッシュ保護機能を提供する「MegaRAID CacheVault」テクノロジーを発表した。

[17:24 7/26]

2011年07月25日(月)

MacPorts 2.0.0登場 - 8200ソフトに対応、Lionもサポート

MacPortsプロジェクトは7月21日(米国時間)、MacPortsの最新版となる「MacPorts 2.0.0」を公開した。MacPortsはMac OS X向けに開発されたパッケージ管理システム。現段階で8,200近いソフトウェアが登録されている。サポートされているバージョンはMac OS X Lion、Snow Leopard、Leopardの3つ。最近Snow LeopardからLionにアップグレードしてある場合にはXcodeのアップグレードが必要であることに注意しておきたい。

[09:43 7/25]

2011年07月22日(金)

小さなことからコツコツと! 節電生活のススメ 第1回 PC買い換え&ノートPC活用でピークタイム節電

本連載は、小さなコトから大きなコトまで、片っ端から節電に役立つトピックを紹介していくコラムだ。今やオフィスにおいて「PCを使わない」という選択肢はない。蛍光灯のように、「PCの台数を半分に間引きましょう」なんてことはできないのだから、うまく省エネしながら使っていくしかないというわけだ。では、どうしたらPCの省エネができるのだろうか?

[09:00 7/22]

『MSDN』の歩き方 第44回 日本語版MSDNオンラインでビギナー向けコンテンツを探してみた

先週、英語版MSDNオンラインのビギナー向けコンテンツを取り上げた。その際、「この日本語版が欲しい」なんてことまで書いてしまった。生憎と、日本語版MSDNオンラインには同種のコンテンツがない。そこで、今回はあれこれ思案してみたわけだ。

[08:00 7/22]

2011年07月21日(木)

経産省、携帯とスマホに電力需給逼迫を通知するサービス開始

経済産業省は7月19日、東京電力・東北電力エリア内において、今夏に電力需給逼迫に関する警報が発出された際、携帯電話とスマートフォンに通知するサービスを開始すると発表した。

[13:30 7/21]

IBM、仮想化ディスク・ストレージの新モデル「XIV Gen3」を発表

日本アイ・ビー・エムは7月20日、仮想化ディスク・ストレージの新モデル「IBM XIV Storage System Gen3」を発表した。同製品は、従来モデルと比べて、データ転送速度が4倍に向上している。出荷は9月8日からで、最小構成価格は1億2,155万3,000円(税別)。

[08:00 7/21]

Firefox 6週間リリース対応方法を模索する「企業ワーキンググループ」結成

Firefoxが6週間おきという短周期でのリリースと強制アップグレードに切り替えたことで、エンタープライズ関係者から不満が出ている。企業では特定のバージョンでシステムが動作するように事前検証する必要があり、その実施に数週間を要するケースも少なくない。6週間という周期でリリースが続けられるとなると、その負担はかなりのものだ。

[08:00 7/21]

2011年07月20日(水)

VirtualBox 4.1登場 - VMクローン、1TBメモリ、Aero対応、OSX Lion対応ほか

Oracleは7月19日(ドイツ時間)、PCフル仮想化プロダクトの最新版となる「VirtualBox 4.1」を公開した。VirtualBox 4.1はVMクローニング、WDDMドライバの提供、1TBメモリ対応、VRDP改善、Mac OS X Lionや最新Linux対応など、いくつもの新機能が追加された注目のバージョン。特にこれまで要望が多かった機能が実現されており、エンタープライズから個人ユースまで幅広い活用が可能となっている。

[17:57 7/20]

2011年07月15日(金)

Mozilla、Firefox Sync用サーバの実装をPHPからPythonへ移行

Mozillaが提供している環境同期サービス「Firefox Sync」のバックエンドサーバがすべてPHP実装からPython実装へ移行したことが伝えられている。負荷試験において取りこぼしがあり、移行当初はサービスがさばききれないという問題が発生したものの、現在では安定して動作していると報告がある。MozillaではサーバシステムをPHPからPythonへ置き換える動きが進められていることも紹介されている。

[10:38 7/15]

『MSDN』の歩き方 第43回 食わず嫌い(?)しないで英語版のMSDN Onlineも見てみよう

本連載では日本語版のMSDNオンラインを主として取り上げており、リンク先が英語で表記されている時は、その旨を示したうえで紹介している。ただし現実問題としては、英語版にしか存在しないコンテンツ、英語版のほうが(微妙な差のことが多いが)リリースが早いコンテンツもあるので、今回は英語版MSDNオンライン(MSDN Onlineと言うべきか)を取り上げる。

[08:00 7/15]

Windows XPサポート残り1,000日を切る - Windows 7への移行を推奨

Windows XPのセキュリティサポートの最終期限まで残り1,000日を切ったことがWindows Blogで伝えられている。2014年4月8日にはすべてのセキュリティパッチや修正パッチがWindows XPに対して提供されなくなる。同記事では残りの日数が1,000日を切ったこと、すでにWindows 7という優れた代替えがあることから、早くWindows XPからWindows 7へ移行することを勧めている。

[07:00 7/15]

2011年07月14日(木)

VMware、「vSphere 5」発表 - ストレージ管理を強化、新製品も提供

ヴイエムウェアは7月13日、同社が提供する仮想化プラットフォームの新版「VMware vSphere 5」を発表した。VMware vShield、同 vCenter Site Recovery Manager、同 vCloud Directorなどの関連プロダクトもバージョンアップしたほか、サーバ上に共有ストレージを構築するソフトウェアアプライアンス「VMware vSphere Storage Appliance」を新たに提供することもアナウンスしている。

[12:04 7/14]

Microsftが開発する新実験OS「Barrefish」、ソースコード公開

Microsoft Researchとチューリッヒ大学が共同で開発に取り組んでいる実験目的の新OS「Barrelfish」のソースコードが公開された。Barrelfishはメニーコア時代におけるOSの新設計を模索する取り組み。ヘテロジニアスなプロセッサ構成にも対応するなど興味深い設計になっている。

[10:05 7/14]

トレンドマイクロ、クラウド環境向けデータ保護ソリューションを発表

トレンドマイクロは7月13日、クラウドサービス上に保存されているデータを、暗号化して保護するセキュリティソリューション「Trend Micro SecureCloud」の提供を開始すると発表した。

[08:30 7/14]

2011年07月13日(水)

リユースサーバという選択肢 第5回 メーカー保守切れサーバ30台を救った「EOSL/EOL保守サービス」 - エイジス

ITコストに厳しい目が向けられるなか、メーカー保守切れ(EOSL/EOL)ハードウェアの保守サービスに注目が集まっている。これは、メーカーサポートが終了したハードウェアについて、メーカーとは別の事業者が、故障部品の提供やオンサイトでの修理、メンテナンスを行うというサービスだ。

[10:00 7/13]

2011年07月12日(火)

VirtualBox 4.1β2登場 - Linuxホスト向けにPCIパススルー機能

Oracleは7月8日(ドイツ時間)、VirtualBoxの最新β版となる「VirtualBox 4.1 Beta 2」を公開した。β1が公開されたのが6月30日(ドイツ時間)であり、1週間を経てのリリースとなる。β1で報告されたバグが修正されているほか、Linuxホストに限定された実験的な機能として、PCIパススルー機能が追加されている。

[15:57 7/12]

2011年07月08日(金)

Oracle、iPad向け仮想デスクトップアプリをリリース - App Storeに登場

iPadのApp Storeに「Oracle Virtual Desktop Client」が登場した。「Oracle Virtual Desktop Client」はSun RayやOracle Virtual Desktop Infrastructureで管理されている仮想デスクトップにiPadからアクセスするためのアプリケーション。操作はiPad向けにカスタマイズされており、iPadからさまざまなOSのデスクトップにアクセスできるようになる。

[12:42 7/8]

アルカテル・ルーセント、次世代ネットワークプロセッサーを発表

日本アルカテル・ルーセントは7月7日、通信キャリア向け次世代ルータ新製品に関する発表会を開催した。新製品では、同社が開発する専用プロセッサ「FP(Flex Path)3」を組み込み、現行製品の4倍にあたる400Gbpsを実現。来年のリリースが予定されている。

[10:02 7/8]

『MSDN』の歩き方 第42回 MSDNサブスクリプションを利用するメリット(後編)

前回は、有償のMSDNサブスクリプションについて取り上げ、その導入メリットやダウンロード可能なソフトウェアの種類を紹介した。今回も引き続き、MSDNサブスクリプションについて説明しよう。

[08:00 7/8]

2011年07月07日(木)

日本HP、テープストレージの新版「HP ESL G3 テープライブラリ」発表

日本ヒューレット・パッカードは7月7日、バックアップ向けテープストレージの新版「HP ESL G3 テープライブラリ」を発表した。7年ぶりにリリースされたテープストレージのハイエンドモデルで、拡張性、高可用性、管理性などを向上させている。

[14:33 7/7]

2011年07月05日(火)

IBM、3週間で構築できる「エネルギーの見える化ソリューション」を提供

日本アイ・ビー・エムとエクサは7月5日、工場やオフィスのエネルギー関連データを定期的に収集・算出して可視化する製造業向けのソリューション「エネルギーの見える化ソリューション」の提供を開始した。

[12:58 7/5]

日本HP、16Gbps FC対応スイッチを発表

日本ヒューレット・パッカードは7月4日、16Gbps Fibre Channel(以下、FC)対応のダイレクタースイッチ「HP SN8000B Director」を発表した。大規模ストレージエリアネットワーク(SAN)環境の統合基盤としての活用を想定している。

[10:28 7/5]

OKI、「省エネ対策支援コンサルティングサービス」を開始

OKIコンサルティングソリューションズは7月4日、環境保護に向け、改正省エネ法をはじめとする各地方自治体条例に対応する「省エネ対策支援コンサルティングサービス」の提供を開始すると発表した。

[09:52 7/5]

次期VirtualBoxは最新機能満載 - 1TBメモリ、3D機能強化ほか

6月30日(ドイツ時間)、VirtualBoxの次期バージョンへ向けたβ版となる「VirtualBox 4.1 Beta 1」が公開された。VirtualBox 4.1では64ビットホストにおけるメモリ上限が1TBまで引き上げられるため、従来よりも活用の幅が広げられるようになる。また、実験的な取り組みとなるが、Windowsゲストに対してWDDMグラフィックドライバの提供が開始される点が注目される。WDDMに対応したグラフィックドライバが提供されることで、Windows 7やVistaにおける3D機能の活用が従来よりも広がる可能性がある。

[09:33 7/5]

クラウド&Big Data時代に求められるデータセンターとは? - ジュニパー

今日のIT業界のトレンドに、「モバイル」、「クラウドコンピューティング」、「Big Data」がある。これらによって、ネットワークやデータセンターのあり方は大きく変わりつつあり、ネットワークベンダーはそれぞれ新たな戦略を打ち出している。今回は、「3-2-1 データセンター・ネットワーク・アーキテクチャ」を掲げるJuniper Networks データ・センター・ビジネスユニット上級副社長のR.K.アナンド氏に、同社のデータセンター構想について話を聞いた。

[08:00 7/5]

電力使用制限令が発動! Webセミナーで省電力のノウハウをゲットせよ

7月に入り、いよいよ経済産業省から罰則付きの「電力使用制限令」が発動された。企業は本格的に節電に取り組まなければならない。こうした状況も踏まえ、小誌では、企業のITシステムの電力を削減するためのノウハウを紹介するWebセミナーを公開している。本稿では、その一部の内容を紹介したい。

[08:00 7/5]

2011年07月04日(月)

iOSがシェア増さらに継続/iPad - 6月OSシェア

Net Applicationsから2011年6月のOSシェアが発表された。Windowsがシェアを落とし、代わりにiOSがシェアを増やすという傾向が6月も継続した。シェアの上ではWindowsが支配的なプラットフォームであることに違いはないが、モバイルデバイスのシェアが無視できないほど大きくなってきたことがわかる。Windows 7が強い成長を継続したが、依然としてWindows XPが51.13%と過半数を確保しており、プラットフォームとして強い影響力を持っていることがわかる。

[09:52 7/4]

こんなに減らせる! ITシステム節電・省電力化のための4つのアプローチ 第5回 無償ツールも使いこなそう! 省電力の基本は消費電力の可視化と制御

サーバの消費電力削減のための具体的なアプローチとして、3段階の取り組みを紹介してきた。その前提として、自社の電力使用量について詳細に把握しているかどうかで、省電力の成果は代わってくる。そこで今回は、日本アイ・ビー・エム システムx事業部 事業開発の湊真吾氏に、消費電力を把握する手段と「可視化」について話を聞いた。

[08:00 7/4]

2011年07月02日(土)

経産省が「節電15%」を達成した家庭に景品 - 商品券やテレビなど

経済産業省は7月1日、事業者を対象にした15%の電力の使用制限を開始した。これに伴い、一般家庭に対しては、節電を促す「家庭向け節電サイト」を開設した。同サイトでは、節電のキャンペーン「家庭の節電宣言」を実施し、昨年比15%の電力削減を達成した家庭は「達成賞」として協賛企業が提供した商品に応募できる。

[08:00 7/2]

2011年07月01日(金)

iPhone向け.NET基盤開発の進捗を発表 - 夏終わりまでにリリース予定

C#で開発したアプリケーションがiPhoneやiPadでネイティブに動作するようになる日はそう遠い話ではなさそうだ。Miguel de Icaza氏が「Xamarin Joy Factory」において、この夏の終わりまでには販売できる状態までプロダクトを仕上げる旨を発表している。C#からネイティブアプリに静的にコンパイルしてiPhoneで動作させることに成功したという説明もある。

[16:44 7/1]

IBM、データ圧縮アプライアンスの割引で節電対策を支援

日本アイ・ビー・エムは7月1日、顧客企業の電力削減目標実現やストレージ利用の効率化を支援するため、同日から12月16日まで、データ圧縮アプライアンス「IBM Real-time Compression Appliance」の価格を4割引にて販売すると発表した。同製品は、データを最大80%圧縮できるため、顧客はストレージを削減でき、消費電力の削減に貢献する。

[14:54 7/1]

SolarisとSPARCのリリース計画発表 - Solaris 11は今年中にリリース

Oracleは、SolarisおよびSPARCに関する簡単なロードマップの公開を開始した。Solaris 11のリリースは2011年中に実施され、Solaris 10のアップデートは2012年まで提供されると説明がある。SPARC T-SeriesやM-Seriesの性能向上に関しても2015へ向けて段階的に引き上げていくことが紹介されている。

[09:48 7/1]

Mozilla、Firefoxのエンタープライズ対応に言及

Firefoxがこれまで年単位でのリリーススケジュールから6週間おきへの単周期リリースへ切り替えを行ったことは、エンタープライズユースにおいては懸念が残るものだった。この懸念に対してMozillaから正式にコメントが発表された。解決方法を示す内容ではないが、Mozillaがこうした問題を認識しており、今後も解決へ向けて取り組む姿勢が示されている。

[09:34 7/1]

データコア、ストレージ仮想化ソフトウェア最新版を8月より出荷開始

データコア・ソフトウェアはこのほど、ストレージ仮想化ソフトウェアの最新版「SANsymphony-V R8.1」を発表した。同製品はパートナー企業を通じて8月1日から出荷が開始される予定。

[08:30 7/1]

『MSDN』の歩き方 第41回 MSDNサブスクリプションを利用するメリット(前編)

本連載は「MSDNオンラインを盛大に活用しよう」というコンセプトでやっているが、MSDNにはMSDNオンラインだけではなくて、有償のサブスクリプションサービスもある。今回は、MSDNサブスクリプションのメリットについて取り上げてみよう。

[08:00 7/1]

2011年06月30日(木)

ジャパンシステム、クラウド版シングルサインオン製品を発表

ジャパンシステムは6月30日、クラウド上のWebアプリケーションとクライアント/サーバ型システムに対応したシングルサインオン製品「ARCACLAVIS Ways SSO」の販売を7月1日より開始すると発表した。

[16:18 6/30]

桜美林大学、IBMのクラウドによる安定した電力供給の下でシステム開発

桜美林大学は6月30日、情報共有ポータル「教学事務支援システム OBIRIN e-Campus」の機能拡張プロジェクトにおいて、安定した電力供給の下で開発を行うため、夏季期間に日本アイ・ビー・エムのクラウド・サービス「IBM Computing on Demand」を活用すると発表した。

[11:59 6/30]

IBM、クラウドを活用した中堅企業向け事業継続ソリューションを発表

サイオステクノロジーと日本アイ・ビー・エムは6月29日、クラウドを活用した中堅企業向け事業継続ソリューション「事業継続 簡単クラウド」を7月1日より提供すると発表した。

[11:33 6/30]

2011年06月29日(水)

NEC、「バックアップ時間短縮ソリューション」を提供開始

NECは6月28日、ファイルサーバに格納されたデータを分散配置することで、データのバックアップ業務を効率化する「バックアップ時間短縮ソリューション」の提供を開始した。

[11:29 6/29]

【特別企画】超高速ながら家電のように操作が簡単な「IBM Netezza DWHアプライアンス」

Big Data(大量の情報)から業務に本当に必要となる分析結果を、いかに高速に取り出すか――企業が取り扱うデータが劇的に増えるなか、企業では情報活用のニーズがますます高まっている。こうした背景を踏まえ、脚光を浴びるようになったのが、データウェアハウス(DWH)アプライアンスだ。

[11:20 6/29]

フューチャースピリッツ、専用サーバ新プランを発表

フューチャースピリッツは6月28日、展開中のレンタルサーバ「FutureWeb」において、高いコストパフォーマンスと安定性を実現した専用サーバプラン「FutureWeb Pro Standard / Premium」の提供を開始した。

[10:44 6/29]

IE9カスタマイズツール「TweakIE9」の新版登場

IE9をメインに使っているユーザに薦められるアプリケーションのひとつとして、ITknowledge24が提供しているTweakIE9を挙げることができる。IE9を簡単にカスタマイズできるユーティリティアプリケーションだ。

[08:55 6/29]

2011年06月28日(火)

NetIQ、Active Directory管理ツールの最新版をリリース

ネットアイキューは6月28日、Active Directoryリソース管理ツールの最新バージョン「Directory and Resource Administrator Advanced Edition 8.6」を発表した。

[16:07 6/28]

ATEN、最大300mの延長に対応したA/Vエクステンダーを発売

ATEN ジャパンはこのほど、ビデオソリューションの専門ブランド「VanCryst」の新製品として、オーディオ・ビデオの各信号を最大300m延長できるエクステンダーの新製品「VE300」を発表した。出荷開始日は7月6日。

[11:35 6/28]

HP、ネットワーク管理/監視ソフトの新版発表 - マルチテナント対応強化など

日本ヒューレット・パッカードは6月27日、ネットワーク管理ソフトウェアの新版「HP Network Node Manager i-series 9.10 software」を発表した。複数のネットワーク環境を1台の監視サーバーで管理できるようになったほか、管理コンソールに分析画面を追加するなどの変更が加えられている。

[08:00 6/28]

フリービット、独自仮想化環境「SiLK VM」を開発 - DTIの新サービスで採用

フリービットは6月27日、独自のハイパーバイザ「SiLK VM」を開発したことを発表した。一般的な仮想化機能のみならず、同社のクラウド環境向けにカスタマイズした機能も搭載しており、高いコストパフォーマンスを実現するという。

[08:00 6/28]

2011年06月27日(月)

[Hyper-V体験記]Hyper-V導入作業の詳細と、密かにハマッた落とし穴

前回は、Hyper-Vを採用したシステム(コード名Graviton)について、設計・計画段階での考慮点を中心に紹介した。今回はHyper-Vの実装作業やWindows Server 2008 R2へのアップグレード作業について紹介する。

[09:40 6/27]

2011年06月24日(金)

【特別企画】VMwareによる迅速な仮想化環境構築&バックアップ効率化の鍵はストレージ

さまざまな場面で導入が進む「VMware」を使った仮想化。ハードウェアのコストを削減できるメリットが得られる一方で、仮想化ならではの新しい課題も見つかりつつある。

[12:41 6/24]

[Azure体験記]業務システムをWindows Azureで開発するためのアーキテクチャ

前回は、業務システムの開発にWindows Azureを選定した経緯を説明した。今回はWindows Azureを利用する上で実施したアプリケーションアーキテクチャ上の対策をいくつか紹介する。

[10:46 6/24]

『MSDN』の歩き方 第40回 最近のWeb関連事情

ドッグイヤーという言葉ですら、正にドッグイヤーのごとく死語と化してしまったWebの世界だが、本連載も御多分に漏れないようだ。第18回で「Internet Explorer 9.0に備えよ」と題した記事を書いたが、その後でInternet Explorer 9.0の正式版がリリースされ、さらにInternet Explorer 10.0の話まで出てきている。ということで、最近のWeb関連のトピックスをまとめてみた。

[08:00 6/24]

2011年06月23日(木)

Amazon EC2、RHELに正式対応

Amazonは6月21日(米国時間)、Amazon EC2においてRed Hat Enterprise Linuxの提供を開始したことを発表した。これまでAmazon EC2においてRHELを実行することはできたが、これからはAmazonとRed Hatの正式サポートがつくことになる。今後、RHELを採用する必要がある事例でAmazon EC2がプラットフォームとして有力になる可能性がある。

[13:25 6/23]

富士通、SAPのインメモリソフトウェアを搭載したPCサーバを販売開始

富士通は6月22日、同社のPCサーバ製品「PRIMERGY」に、SAPのインメモリソフトウェア「SAP HANA」を搭載したアプライアンス製品「SAP HANA Powered by FUJITSU」を世界同時発売すると発表した。

[09:00 6/23]

2011年06月21日(火)

ITシステムの省電力/コスト削減のノウハウを紹介するWebセミナーがスタート

ITシステムの省電力が企業にとって大切なことは言うまでもないが、電力不足が深刻な今夏は特に注力する必要がある。例えば、サーバの場合、設定を見直すだけで電力を削減でき、さらに最新のサーバに入れ替えると大幅な電力削減も実現できる。そこで、小誌は6月21日、こうしたサーバに関する省電力のノウハウを紹介するWebセミナーを公開した。

[13:13 6/21]

2011年06月20日(月)

こんなに減らせる! ITシステム節電・省電力化のための4つのアプローチ 第4回 仮想化技術によるサーバ統合がもたらす電力削減効果とは?

本連載ではこれまで、サーバにおいて電力を削減する方法として、「設定変更」と「省電力機能が高いサーバの入れ替え」を紹介した。さらなる電力削減の策に「サーバの仮想化」がある。今回は、仮想化によるサーバ統合がどのように電力削減に貢献するのかについて見ていきたい。

[13:19 6/20]

こんなに減らせる! ITシステム節電・省電力化のための4つのアプローチ 第3回 最新の省電力技術で旧製品を凌駕する低消費電力サーバ移行のススメ

前回は、既存のサーバにおいて設定を変更することで電力を削減する方法を紹介した。新たにサーバを購入するとなるとその分コストはかかるが、最近のサーバは旧製品と比べて大幅に電力量を抑えることが可能な機能を搭載している。今回は、消費電力を抑えた最新サーバの購入について考えてみたい。

[13:18 6/20]

こんなに減らせる! ITシステム節電・省電力化のための4つのアプローチ 第2回 サーバ統合で93%の電力削減! インテルの最新プロセッサの省電力技術に迫る

IAサーバを構成するコンポーネントの中で最大の電力を消費するのはやはりプロセッサだ。IBM System xサーバはインテルのプロセッサを搭載しているため、その消費電力量の削減がシステム全体の消費電力量の削減にも大きく影響する。ここでは、インテルのマーケティング本部 エンタープライズ・プラットフォーム・マーケティング 統括部長の徳永貴士氏に、省電力に関する技術を中心にインテルの最新プロセッサの特徴について話を聞いた。

[13:15 6/20]

こんなに減らせる! ITシステム節電・省電力化のための4つのアプローチ 第1回 既存のサーバでコストを抑えて電力を削減する方法

先日、政府が東京電力と東北電力管内で夏の節電目標を企業や家庭一律で15%にしたことを受け、各企業ではさまざまな対策を検討していることだろう。そこで、見直したいのがIT機器の電力だ。IT機器の設定変更や機器のリプレースを行うことで節電に寄与できる。本連載では、サーバの電力を削減する方法について考えてみたい。

[12:02 6/20]
  • <<
  • <

1/2

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事