マイナビニュース | 企業IT | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年04月27日(木)

【特別企画】生産性の向上を実現! これまで実現できなかったサービス提供を可能にするRPAソフト「KOFAX KAPOW」

米国では、金融機関の業務をAIとロボットが少しずつ代替しはじめており、その波は日本にも押し寄せている。そうした流れの中で特に注目されている技術が、RPA(Robotic Process Automation;ロボティック・プロセス・オートメーション) だ。本稿では欧米の多くの金融機関やEコマース企業が使用しているRPAソフトウェアの「KOFAX KAPOW(コファックス カパゥ)」の利便性について、金融機関の業務を例に紹介する。

[18:51 4/27]  RPA

デジタルトランスフォーメーション時代におけるアベイラビリティのギャップ

ヴィーム・ソフトウェアは4月27日、都内で記者会見を開き、世界の企業のIT幹部を対象に自社システムのアベイラビリティ(サービスへの継続的アクセス)について調査した「Veeamアベイラビリティ・レポート2017年版」を発表した。これによると、企業の82%がユーザーのニーズと自社のIT提供能力のギャップ=「アベイラビリティのギャップ」に直面しているという。

[18:45 4/27]  情報システム

勤怠管理「バイバイ タイムカード」、勤務間インターバル管理機能を提供

ネオレックスは4月26日、クラウド勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」で、前日の勤務終了時刻から翌日の勤務開始時刻までの休息時間を一定時間以上確保する「勤務間インターバル制度」を適切に管理できる「勤務間インターバル管理機能」の提供を開始した。

[18:07 4/27]  情報システム

GenieeSSP、スマホ向け動画リワード広告のメディエーション機能を提供

ジーニーは4月26日、インターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」にて、スマートフォンアプリ向け動画リワード広告のメディエーション機能の提供を開始する。

[18:06 4/27]  業務システム

ドリーム・アーツ、「INSUITE」「Sm@rtDB」のクラウドサービス

ドリーム・アーツは4月27日、オンプレミスの「INSUITE」「Sm@rtDB」をクラウドで利用できる「DCS」サービスの提供を開始した。保守運用も全て同社が行い、300名以上、年単位の契約が条件となる。

[17:42 4/27]  情報システム

【連載特別企画】事例で学ぶ Windows 10 活用術 第3回 残業時間をほぼゼロという水準にまで削減した、北國銀行の奮励

ダイバーシティへ対応をすべく、「働き方改革」が多くの企業で取り組まれています。本稿では、高い水準で業績を維持しながら、残業時間をほぼゼロにまで削減した北國銀行の事例を紹介します。

[17:15 4/27]  情報システム

【連載】 5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ 【第10回】企業のスマートデバイスを統合的に管理できる「EMM」

「Enterprise Mobility Management(EMM)」は、企業が業務で使用するスマートデバイスなどを統合的に管理するサービスを指します。これまで紹介してきた「MDM」などをベースに、さまざまなセキュリティ機能を追加したサービスです。

[17:00 4/27]  モバイル

【連載特別企画】最新版 - Office 365サイト活用入門 第25回 予定表の共有……その2

前回に引き続き、Office 365の予定表の共有について紹介します。

[15:09 4/27]  SOHO/SMB

サイバー空間を守る「デジタル時代のジュネーブ条約」の必要性

日本マイクロソフトは2017年4月25日、サイバー空間における国際的な枠組みや規範、グローバルでの最新動向をテーマとした勉強会「安全なサイバー空間のための国際規範のあり方」を開催した。

[15:06 4/27]  セキュリティ

【連載特別企画】技術者が語る、パブリッククラウド活用のすすめ from ニフティクラウド ユーザーブログ 第20回 SSHログイン~DNATを添えて~/前編

SSHログインについて、自分自身が初心者ということを最大限に活かし、初心者目線でわかりやすく用語の解説も含めてご紹介いたします!

[14:57 4/27]  ニフティクラウド

凸版印刷、通常と臨時のコンテンツを出し分けるハイブリッドサイネージ

凸版印刷は4月27日、通常コンテンツと臨時コンテンツの2つをリモコンの操作で出し分けできるハイブリッドデジタルサイネージを開発し、店頭での販売促進や、交通機関、公共施設における情報配信向けのデジタルサイネージとして販売を開始すると発表した。なお、同製品は第1弾として、トッパン・フォームズの協力のもと、佐渡汽船の乗船ターミナルで多言語表示にも対応した乗船案内や、イベント情報を表示するインフォメーションサイネージとして3月25日から採用されている。

[13:11 4/27]  マーケティング

グレープシティ、"方眼紙"からエクセル感覚で業務アプリ構築「Forguncy 3」

グレープシティは、ノンプログラミング開発環境「Forguncy 3」を5月29日より発売。新バージョンではデータベースセキュリティや組織役割に合わせたアクセス制御、ワークフロー強化とともにAPIやデバック機能の強化、Excel業務でもっともニーズが多いというPDF帳票出力やUI/UC改善と50項目を超える新機能を搭載している。

[12:59 4/27]  開発/エンジニア

シマンテックが2016年脅威レポート発表 - 政治的動機による標的型攻撃が急増

シマンテックは4月26日、「インターネットセキュリティ脅威レポート第 22号(ISTR: Internet Security Threat Report, Volume 22)」を発表した。これによると、2016年は、 政治的動機による妨害工作、破壊工作を意図した標的型攻撃が急増したという。

[12:32 4/27]  セキュリティ

日立システムズ、児童手当をマイナポータル経由で申請できるシステム

日立システムズは4月27日、政府が主導する「子育てワンストップサービス」に対応した「マイナポータル対応LGWAN-ASPサービス」を、12月から自治体向けに提供開始すると発表した。

[12:11 4/27]  業務システム

IIJ、欧州向けクラウドサービスにVMware仮想化基盤が利用可能な課金モデル

インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月27日、ロンドンを拠点に欧州でシステムインテグレーション事業などを展開する100%子会社のIIJ Europe Limitedが欧州で提供しているクラウドサービス「IIJ GIO EUサービス」のラインアップに、VMwareの仮想化基盤が利用できる「仮想化プラットフォーム VWシリーズ(以下VWシリーズ)」の新たな課金モデルとして、初期導入時のシステムリソースの利用率に応じて従量課金する「VWシリーズ ユーティリティモデル」を追加し、提供を開始した。

[11:14 4/27]  情報システム

日本IBM、業界に特化したデータ学習済みのWatsonを拡充

日本IBMは4月27日、IBM Watsonを活用したコグニティブ・システムをより短期間で構築できるよう、業界に特化したデータを学習済みのIBM Watsonのラインアップを拡充していくと発表した。

[11:05 4/27]  情報システム

有識者はどう見るか? AI社会到来に向けた未来のビジネスモデルを考える(後編)

前編に続き、本稿では「新経済サミット 2017」で行われたパネルディスカッション「AIは未来をどう変えるか」の模様をお伝えする。後半では、具体的なAIの活用事例に加え、AI脅威論や、AI活用に求められる倫理観についての各識者の見解が語られた。

[11:00 4/27]  情報システム

クラウドストレージ、利用者数1位はiCloud - 顧客満足度1位は?

ICT総研は4月26日、2017年4月にインターネットユーザー4292人を対象に実施した「2017年 個人向けクラウドストレージサービス市場動向調査」の結果を発表した。これによると、利用者数が最も多かったのはiCloud Driveだったという。

[10:38 4/27]  情報システム

中部電力、慶應義塾大学・日立とサイバーセキュリティ分野の共同研究開始

中部電力は4月26日、慶應義塾大学と日立製作所の二者と共同で、サイバーセキュリティ分野に関する共同研究を開始することを発表した。これに伴い同日、共同研究契約を締結している。

[10:04 4/27]  セキュリティ

日立、SAPとSAP HANA Enterprise Cloudパートナーシップ契約を締結

日立製作所は4月26日、SAPとの間で、SAP HANA Enterprise Cloud パートナーシップ契約を締結したことを発表した。これにより、日立、日立のグループ会社でSAPの認定を受けたクラウドサービス事業者であるoXyaは、SAP HANA Enterprise Cloudの導入・利用を支援するサポートサービスを提供する。

[09:55 4/27]  情報システム

東急電鉄、早朝出勤者にTOKYU POINT付与 - プレミアムフライデー補助も

東急電鉄は4月26日、2017年5月から9月末までの間、本社勤務員で7時30分までに出社した社員を対象にTOKYU POINTを付与するほか、4月28日より全社員を対象に、福利厚生の一環として「プレミアムフライデー補助」を導入することを発表した。

[09:37 4/27]  企業動向

痕跡を残さないマルウェアが増加の傾向、検出がより難しく

4月25日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「Researchers Struggle to Get A Grip On Fileless Malware|Threatpost|The first stop for security news」が、デバイスのハードディスクにファイルなどの痕跡を残さないタイプのマルウェアが増加傾向にあると伝えた。感染方法や攻撃方法もさらに巧妙になってきており、これまでよりも検出が難しくなっていると説明。今後こうした手法を使った攻撃が増加する危険性を指摘している。

[09:30 4/27]  セキュリティ

【特集】ドローンのポテンシャル - B2Bで下地作り、B2Cまでの成長描くKDDI

スマートドローンのプラットフォーム化に積極的なのがKDDIだ。パートナーを取り込んできたことで、本格展開に向けての「パーツ」がついに揃ったという。KDDI 商品・CS統括本部 商品企画部 商品戦略1グループ リーダーの博野 雅文氏と、同グループ 課長補佐の松木 友明氏に、KDDIのドローン戦略について話を聞いた。

[09:00 4/27]  モバイル

4つのプロトコル駆使するLinuxを狙うマルウェア発見

ESETは4月25日(米国時間)、「Linux Shishiga malware using LUA scripts」において、Luaを使って開発されたLinux向けの新しいマルウェア「Linux/Shishiga」を発見したと伝えた。このマルウェアは4つの異なるプロトコル(SSH、Telnet、HTTP、BitTorrent)とモジュール化のためにLuaスクリプトを利用していると説明がある。

[09:00 4/27]  セキュリティ

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [19] 2つに分かれたAzure Stackポータルの役割について

Azure Stack Technical Preview 3(TP3)は登場したばかりですが、先日、PaaSなどの機能が追加されたTP3 refreshビルドが公開されました。そこで、今回から数回に分け、Microsoft Azure Stack研究会の一員でもあるインターネットイニシアティブの小賀坂より、Azure Stack TP3 refreshの機能解説を行います。

[08:30 4/27]  情報システム

【連載特別企画】佐々木俊尚氏に聞く! 次世代のワークスタイル実現に必要なものとは 第2回 ワークスタイル変革もビジネス・イノベーションも、安全で簡単な「認証」が欠かせない

本企画では、企業とITの関わりにも詳しいジャーナリストの佐々木俊尚氏に、いま求められる、業務におけるIT活用のあり方や、その中で鍵を握る認証の理想的なかたちなどについて話を聞いた。第二回目では、佐々木氏が提言する、簡単かつ安心、安全なアクセス環境の実現に欠かせないポイントに迫る。

[08:30 4/27]  セキュリティ

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [3] パッケージのインストール

Atomが魅力はその活発なパッケージエコシステムにある。Atomはパッケージを使って機能を拡張することが可能で、デフォルトインストールのAtomもすでに80近いパッケージがインストールされている。パッケージはAtomの基本であり重要な機能だ。

[08:00 4/27]  開発/エンジニア

AIと自動化の推進で未来は暗いものに!?

fossBytesに4月25日(米国時間)に掲載された記事「Jack Ma Warns: Future Will Be More "Painful" And Robots Will Steal CEO Jobs」が、アリババグループの創業者である馬雲氏の発言を引き合いに出し、今後ロボットと自動化および人工知能技術によってもたらされる影響について伝えた。こうした技術の普及によって雇用の絶対数は減ることになり、こうした状況に対応していく必要があるだろうと指摘している。

[08:00 4/27]  開発/エンジニア

2017年04月26日(水)

VR開発にも対応するC#オープンソース次世代型ゲームエンジンXenko公開 - シリコンスタジオ

シリコンスタジオは、C#で開発できるオープンソースの次世代型ゲームエンジン「Xenko」を25日にリリースした。VR開発をサポートする機能が数多く搭載されておりゲーム開発者を支援する。

[18:32 4/26]  開発/エンジニア

デル、中堅企業向けのインサイドセールスを強化 - 50人増員

デルは4月26日、都内で記者会見を開き、2月に行った[中堅企業向け事業戦略の発表](http://news.mynavi.jp/news/2017/02/15/052/)に伴い、5月~8月末の期間で中堅企業におけるITコンシェルジュの増員に向けたインサイドセールス(内勤営業)の積極採用を開始すると発表した。

[17:53 4/26]  情報システム

【連載特別企画】技術者が語る、パブリッククラウド活用のすすめ from ニフティクラウド ユーザーブログ 第19回 ドメイン名の取得とDNSの設定方法

インターネット向けのサービスを提供する際に必要となるのが独自ドメイン名の取得と、DNSの設定です。今回は、ドメイン名の取得からの一連の流れを解説します。

[16:58 4/26]  ニフティクラウド

「シェア」の発想と自動運転の進化でどう変わる? ヒトとクルマの新しい関係

新経済連盟は4月6~7日、都内にて年次カンファレンス「新経済サミット 2017」を開催した。本稿では、自動運転やライドシェアをテーマに行われたパネルディカッション「ライドシェア、カーシェア、そして自動運転-ヒトと車の関係が変わる-」の模様をレポートする。

[16:30 4/26]  情報システム

サイバーエージェント、高精度来店検知可能な広告配信システム

サイバーエージェントは、行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」が、パナソニックの屋内外位置情報ソリューション「HD Beacon」との連携を開始すると発表。これにより、マーケターは高い精度で広告効果を見れるようになり、かつユーザーの行動を定性的に捉えれるようになる。

[16:13 4/26]  マーケティング

日本のAIビジネス市場は2021年度に5610億円へ - MM総研の調査

MM総研は4月25日、2017年3月に実施した日米独3カ国における人工知能(AI)技術のビジネス利用状況の調査結果を発表した。これによると、日本における人工知能の導入率は米独と比べて低いものの、市場規模は2016年度の2220億円から2021年度には5610億円へ拡大するという。

[16:08 4/26]  情報システム

J:COMが地域情報アプリ「ど・ろーかる」を公開

J:COMが、コミュニティチャンネル以外の新たなプラットフォームとして地域情報プラットフォームアプリ「ど・ろーかる」をリリースした。無料でGoogle PlayストアとApp Storeからダウンロードできる。

[16:06 4/26]  モバイル

DAC、ブロックチェーンでデジタル広告効果の透明性を改善する実証実験

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は4月25日、ブロックチェーン技術を用いてデジタル広告の効果の透明性を革新的に改善するため、日本IBMと連携して実験プロジェクトを開始した。

[16:01 4/26]  マーケティング

フェリー3社、集客向上を目的にAI技術で閲覧情報やソーシャル情報を解析

商船三井、商船三井フェリーおよびフェリーさんふらわあの3社は、富士通、富士通総研と共同で、フェリー利用者の拡大に向けたデジタルマーケティングの取り組みを開始したと発表した。

[14:41 4/26]  情報システム

消費者の真のニーズを研究&実践!「LOHACO EC マーケティングラボ」を123社と - アスクル

アスクルは、メーカーを中心とした賛同各社とビッグデータを活用しながら新たな製品ニーズやマーケティング手法を研究、実践する「LOHACO EC マーケティング」第4期を123社とともに開始する。

[14:06 4/26]  マーケティング

ネットギアジャパン、PoE対応スマートスイッチに8/16ポートの3機種追加

ネットギアジャパンは4月26日、ブラウザーからすべての設定が行えるPoE+ 30W給電対応スマートスイッチ・シリーズに、新たに3機種を追加し販売を開始した。販売を開始するのは、1000BASE-T ポートが16ポートの「GS418TPP」、8ポートの「GS510TPP」 と「GS510TLP」の3機種。

[13:04 4/26]  情報システム

富士フイルムICTソリューションズ、データ統合基盤に「Informatica Cloud」を採用

インフォマティカ・ジャパンは4月26日、富士フイルムICTソリューションズが、富士フイルムグループのデータ統合基盤としてクラウドデータ管理ソリューション「Informatica Cloud」を採用したと発表した。

[12:30 4/26]  情報システム

中小企業のビジネスをサポートする機能やMicrosoft To-DoなどOffice 365の4月更新内容を発表

Microsoftは25日(現地時間)、Office 365に関する2017年4月の更新内容を公式ブログで発表した。一部の情報は既に公表済みだが、「Outlook Customer Manager」の追加や「Microsoft To-Do」のプレビュー版公開、iPad版PowerPointに対するPowerPointデザイナー機能のサポートなどが加わっている。

[12:18 4/26]  SOHO/SMB

Web接客「KARTE」とレコメンドエンジン「Genometrics」が連携

プレイドは4月26日、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、インテージが提供する小売業向けのレコメンドエンジン「Genometrics(ゲノメトリクス)」との連携を開始した。

[12:10 4/26]  業務システム

週刊こむぎ 第76回 かわらぬ日常

日々忙しく悩みをかかえるクリエイターにやすらぎを与えるため、精進を続けている「こむぎこをこねたもの」。まるくてかわいいかれらが、ゆる~い「おしえ」の言葉を週に1回更新します。

[12:00 4/26]  企業動向

NSSOL、Oracle Cloudを自社アウトソーシングサービスとして提供

新日鉄住金ソリューションズは4月25日、日本オラクルとの協業を強化し、ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」のラインアップとしてオラクルのクラウドサービスを提供開始したと発表した。

[11:40 4/26]  情報システム

CEO チャック・ロビンスが語ったIoT時代に向けたシスコの5つの方針

シスコシステムズは4月25日、米国本社からCEO チャック・ロビンス(Chuck Robbins)氏が来日したことに伴い、同社の事業戦略を説明する記者懇談会を開催した。同氏は2015年7月、ジョン・チェンバース氏に代わりCEOに就任。2016年11月からは、米国を代表する経済団体として日米間の経済連携の強化に努める「米日経済協議会(The U.S.-Japan Business Council)」の会長も務めている。

[11:34 4/26]  企業動向

NTT・日立ら、将来の光アクセス基礎技術の実証実験に成功

NTT、日立製作所、沖電気工業、慶應義塾大学、KDDI総合研究所、古河電気工業の6機関は、「エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN:エラン)技術」の実証実験に成功したことを発表した。

[11:30 4/26]  情報システム

ぴあ、B.LEAGUE関連サイトの15万件超の個人情報を流出したおそれ

ぴあは4月25日、同社が運営を受託しているB.LEAGUEのチケットサイト、ファンクラブ受付サイトのサーバにおいて、何者かのサイバー攻撃による不正アクセスが確認され、会員の個人情報が流出した可能性があることが判明したと発表した。

[11:24 4/26]  セキュリティ

【連載特別企画】サテライトオフィス原口社長が教えるLINE WORKSチャット活用術 第2回 LINE WORKSのチャットとスタンプ機能

チャットによってビジネスコミュニケーションの活性化と効率化をもたらすことができるツールとして注目されている「LINE WORKS」。今回は各機能の詳細とメリット、活用事例などを紹介する。

[11:12 4/26]  情報システム

ランサムウェアの被害に遭った企業の1割が身代金支払い - IDC調査

IDC Japanは4月25日、2017年1月に実施した、国内企業673社の情報セキュリティ対策の実態調査結果を発表した。これによると、1年間でセキュリティ被害に遭った企業は全体の15.3%で、ランサムウェアの被害に遭った企業の1割が攻撃者の要求どおり金銭を渡しているという。

[10:30 4/26]  セキュリティ

トヨタとKDDI、つながるタクシーの実現に向け走行データ活用の実証実験

トヨタ自動車とKDDIは4月25日、東京ハイヤー・タクシー協会と共同で、新たなサービス提供が可能となる"つながるタクシー"の実現に向けた技術要件の明確化と容量の走行データの活用を目的として、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験の開始を発表した。

[10:00 4/26]  マーケティング

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事