マイナビニュース | 企業IT | 開発/エンジニア | ヘッドライン(2008)(1ページ目)

ヘッドライン

2008年12月26日(金)

Open Stack紹介、Webユーザ情報にアクセスする技術スタック

Digg主催で開かれたイベントでOpen Stackが紹介されたようだ。Open StackはOpen ID、XRDS-Simple、OAuth、PortableContacts、OpenSocialの5つを主要技術としたデータアクセススタック。複数のWebサービスにまたがったアプリケーション開発を実現する主要な技術の集合ということになる。

[16:56 12/26]

NetBeans7日本語化zipファイル、6.5日本語サイト同時公開

NetBeans IDE 6.5の関連ドキュメントの日本語版が公開された。同日、開発中のNetBeans IDE 7.0を日本語化するためのzipファイルも公開された。NetBeans IDE 6.5は11月19日(米国時間)に公開された最新の統合開発環境。Java/C/C++のみならずWebアプリ開発向けの統合開発環境に仕上がっている。

[16:55 12/26]

Hello Worldコレクション 第23回 C言語とは違う、独自のプログラミング作法をマスターする - Pascal編

第23回は、Pascalを使ったHello Worldです。Pascalでは、リスト1のようにwritelnを使って記述します。文字列はシングルクォートで囲みます。writelnでは、文字列の後に改行コードが自動的に付加されます。

[11:00 12/26]

2008年12月25日(木)

ログインを優れたものにする11の方法

Gary Barber氏がSitePointに11 Expert Tips For Enhancing The User Login Processとしてログインページの在り方や周辺処理をどうやって改善すべきかを11のティップスとして紹介している。Webアプリを使うユーザの要求は厳しい。ちょっとした使いにくさで別のサービスへ移ってしまう。中でもログイン処理は重要だ。ここでユーザに悪い印象を与えるとそもそも使ってもらえない。

[15:36 12/25]

イマドキのIDE事情 第46回 JetBrainsのRuby IDE「RubyMine」を試してみる

RubyMineは JetBrainsが提供するRuby/Ruby on Railsに対応したIDEだ。JetBrainsは本連載でも何度か紹介しているJava IDE、IntelliJ IDEAの開発元として有名だ。RubyMineはIntelliJ IDEAのプラットフォーム上に構築されており、IntelliJ IDEAにプラグインとして組み込むことも可能だ。まだ正式にはリリースされておらず、現在はパブリックプレビュー段階ではあるものの、無償でダウンロードして利用することができる。

[15:09 12/25]

2008年12月24日(水)

注目のFirefox用アドオン「Mozilla Ubiquity」開発者に訊く

「Mozilla Ubiquity」とは、Firefox上から呼び出せるコマンドラインツールといえるものだ。すでに大量のコマンドが作成されており、登場して3カ月だというのにその普及ぶりは目を見張るものがある。Ubiquityの主要開発者であるAza Raskin氏に、Ubiquityの方向性、疑問、Mozilla Labsの考えなど興味深い話を伺った。

[20:43 12/24]

FreeBSD 任意コード実行やroot権限獲得、Jail抜けの脆弱性

FreeBSDに2件のセキュリティ勧告が発表された。どちらの脆弱性もデフォルトで有効になる機能ではないため使っていない場合には問題ないが、機能を有効にしている場合には深刻な問題につながる可能性がある。サポートされているすべてのリリースバージョンに影響があるため該当している場合には迅速に対応したい。

[18:54 12/24]

Mozilla Ubiquityマウスベースモデル動画公表、将来のFirefoxに採用?

マウスベースUbiquityの開発が進められていることが主要開発者であるAza Raskin氏のブログで発表された。まだプロトタイプの前の段階にあり、これからデザインを含めて検討するという状況だがかなり興味深い。Ubiquityは将来のバージョンのFirefoxへのマージが予定されているため、この機能はそのままFirefoxの将来の特徴につながるとみられる。また次のバージョン0.1.3のリリースは近々おこなわれるようだ。高速化が実現されたと説明されている。

[16:27 12/24]

Rails 3高速化Merb技術採用、Rails 2非互換の可能性

Rails 3にMerb技術が適用されることなった。結果的にRails 3はRails 2よりも優れたパフォーマンスを発揮するようになるだろう。ただし2系と非互換の発生は避けられないとみられ、Railsを採用している開発者と管理者は性能を取るか移行の手間を重く見るか、Rails 3の動向に注目しておく必要がでたといえる。

[16:23 12/24]

SVG Tinyモバイルデバイス向け高品質グラフィック仕様最新版、W3C勧告

XMLをベースに高品質な2Dグラフィックを定めたSVG、それをモバイルデバイスに適用した規格にSVG Tinyがある。22日(米国時間)、SVG Tinyの最新版となるSVG Tiny 1.2がW3C勧告として発表された。策定には日本メーカの参加もみられる。各種仕様の最新機能の恩恵が受けられるようになったほか、セマンティックウェブとの相性も改善されている。

[16:21 12/24]

DOMプログラミング救世主、Element Traversal W3C勧告

ついにElement Traversal SpecificationがW3C勧告になった。これまでDOMプログラミングで要求されていた不要なノードの判定処理がいらなくなり、プログラミングが簡単になる。すでに開発中のFirefox 3.1には実装が取り込まれている。ただしJohn Resig氏が指摘していたように.childElementsに相当するインタフェースは今回の仕様には含まれなかった。

[16:20 12/24]

iPhoneアプリケーション開発入門

iPhoneとApp Storeは、ユーザだけでなく開発者にとっても魅力的だ。個人や資金力のない会社でも、開発した製品を世界中に問うことができるのである。アイディアと技術力を武器にして、世界に飛び出す事のできるチャンスが転がっている。そんなプログラマ向けに、本記事では、iPhone開発の具体的な手順を紹介しよう。開発を始めるための準備、実際にアプリケーションを作成するチュートリアル、さらにiPhoneならではの機能の実装などを説明する。この記事を読めば、iPhoneアプリケーション開発の最初の一歩が踏み出せるはずだ。

[10:00 12/24]

LightSpeedで始める.NETでの光速開発 - モデリング編

以前、音速を意味するSubSonicという.NETのActiveRecord実装を紹介しましたが、今回は光速を意味するLightSpeedというフレームワークを紹介します。

[09:00 12/24]

2008年12月22日(月)

ブラウザ性能チェッカUA Profiler登場3カ月、ブラウザ改善望むなら継続参加

UA Profilerの登場から3カ月が経った。これまで7,000人をこえるユーザから1万のテストが実施され、150におよぶブラウザ、2,500におよぶユニークなユーザエージェントでの試験が実施されている。参加するユーザが増えれば増えるほど、カバーする対象も精密さも向上する仕組みだ。最近さらに改善が追加され、以前よりもベンチ結果をチェックしやすくなっている。Webブラウザの性能改善を望む場合定期的に試験に参加しておきたい。

[18:08 12/22]

Opera 10、Opera 1と認識されるケース - 今後問題広がる可能性

2009年に正式登場が予定されているOpera 10は、メジャーバージョンとしては初の2桁のメジャーバージョン番号となる。これまで主要ブラウザのメジャーバージョンは1桁だったため、1桁しかチェックしないサイトではOpera 10はOpera 1と認識されてしまう。すでにこの問題は報告されておりOpera 10が正しく認識されないケースがある。今後この問題はさらに広がりを見せる可能性がある。

[17:21 12/22]

ダイナミックObjective-C 第119回 デザインパターンをObjective-Cで - Template Method (1)

デザインパターンをObjective-C + Cocoaで解釈してみるこの連載も、いよいよ終わりに近づいてきた。残すところ、あと2パターンである。今回は、Template Methodパターンを取り上げる。

[13:19 12/22]

2008年12月19日(金)

Weaveアルファ年末登場、Mozilla LabsのDan Mills氏動画公開

Mozilla Weaveの開発者であるDan Mills氏のインタビュー動画が、同じくMozilla LabsのメンバーであるAza Raskin氏のブログにおいて公開されている。WeaveはFennecの登場とともにFirefox共有サービスの中心になるとみられるサービス。MozillaがWeaveを使ってどういったサービスを実現しようとしているのかがよくわかる動画だ。

[18:02 12/19]

ターボリナックス、Turbolinux Client 2008が好調 - 3バージョンで販路拡大

ターボリナックスは、8月に提供を開始した「Turbolinux Client 2008」のLive Editionの出荷本数が、ダウンロードおよび雑誌への添付などを含めて、累計15万本に達したことを明らかにした。2009年3月までに、20万本の出荷を目指す。

[15:02 12/19]

UIデザインを改善する10の方法

Webデザインはユーザの評価に直結するためWebデザイナとWebデベロッパはよく考える必要がある。さまざまな指針があるが、そうした指針のひとつとしてDmitry Fadeyev氏がSmashing Magazineに公開した10 Useful Techniques To Improve Your User Interface Designsに注目したい。氏がデザインする際によく使うテクニックをまとめたものだ。

[14:54 12/19]

Google Chromeパスワード管理、違和感を感じたら手を止めて

ブラウザのパスワードマネージャがいつもは補完するシーンで補完しなかったとしたら、ユーザはまっさきにブラウザが悪いと考える。パスワード管理の難しさはそこにある。仮にブラウザが問題を検出したとしてもユーザがブラウザを信用していないと、ブラウザが間違っていると判断してパスワードを入力してしまう。メカニズムの解説シリーズを掲載しているChromium Blogでパスワードマネージャの機能と使い方の指針が紹介された。プログラムの改善も必要だがパスワード管理にはユーザの理解も必要だ。

[13:07 12/19]

Google社員以外のChromeコミッタ第1号登場、Win以外への移植推進

GoogleはChromeを公開すると同時にソースコードをオープンソースソフトウェアChromiumとして公開した。ソースコードを公開することで外部の開発者の支援を仰ぐ狙いだ。実際に提供されるパッチの取り込みも実施されている。今回さらに外部の開発者にコミット権限の付与が実施された。採用されたのはPaweł Hajdan Jr.氏。Win以外のOSへChromiumを移植する作業に取り組んでいた人物で、コミッターへの採用にはChromeをWin以外へ移植する作業を推進する狙いがあるとみられる。

[10:00 12/19]

IE6で透過PNGを高速に描画する DD_belatedPNG

IE6は透過情報を含んだPNGを正しく描画できない。AlphaImageLoaderを使って描画できるようにもなるが、描画性能が著しく悪いうえに、特定の状況では思ったような描画が実施できないという問題もある。そこで最近登場し活発にアップデートが実施されているDD_belatedPNGに注目したい。VMLを活用することでIE6でもまずまずの描画性能を実現している。

[09:00 12/19]

Apache Tapestry 5 ファイナル登場、3年におよぶ再開発集大成

Apache Tapestryの最新版Tapestry 5.0.18がTapestry 5ファイナルリリースと認定された。TapestryはJavaでWebアプリを開発するためのフレームワーク。高いスケーラビリティを持ちロバストなWebアプリを開発することを目指している。Tapestry 5はこの目的を達成するために再開発が実施されたバージョンだ。今回安定版と認定されたことで、3年近くにおよぶ再開発は当初の目的を果たしたことになる。

[09:00 12/19]

IE8 代替スタイルシート対応、Webデザイン指針に影響か

IEBlogにおいてMicrosoft, Program Manager, Sylvain Galineau氏がIE8 Beta 2で新しく導入されたスタイル切り替えUIを説明している。IEはこれまで代替スタイルシートを利用するUIを提供してこなかった。このためか代替スタイルシートがサイトデザインに採用されることはあまり見られなかった。しかし最大シェアを誇るIEが対応したことで今後のWebデザインの指針に影響を与える可能性がある。

[08:30 12/19]

Novellの開発成果を反映した「openSUSE 11.1」が公開

Linuxディストリビューションの新版「openSUSE 11.1」がリリースされた。システム管理ツール「YaST」の強化や、Mono 2.0などNovellの開発成果も反映されている。

[03:04 12/19]

2008年12月18日(木)

サン、GlassFish Enterprise Serverのサブスクリプションライセンスを提供

サン・マイクロシステムズは18日、オープンソースのWebアプリケーション・サーバ「Sun GlassFish Enterprise Server」の導入促進を目的として、関連コンポーネントとサポートサービスをセットにした新ライセンスモデル「Sun GlassFish Enterprise Platform」の提供を開始した。なお、利用サーバ数に制限がない年間サブスクリプション型サポートサービスも用意されている。

[15:06 12/18]

2008年12月17日(水)

Aptana PHP 開発からデプロイ、運用まで支援最新ツール登場

AptanaはPHP開発およびデプロイを単純化するためのツールの最新版Aptana PHP Development Environment 1.0を公開した。PHP開発を支援するツール機能以外にも、Aptana Studioが提供するAjax関連の開発機能、PHPアプリケーションホスティング機能、Aptana Cloudにおける管理機能が提供されている。開発からデプロイ、運用までをカバーするツールの登場だ。PHP統合開発環境に興味がある場合にはチェックしておきたい。

[18:06 12/17]

WCAG 2.0 W3C勧告登場、10年の集大成新時代のアクセサビリティガイドライン

W3CはWCAG 2.0をW3C勧告として発表した。WCAG 2.0はWebコンテンツのアクセサビリティを向上させるために幅広く活用できるガイドライン。1.0から作業すること10年弱、ようやく次のアクセサビリティガイドラインが登場したことになる。この10年でWebを取り巻く技術や状況は大きく変化した。WCAG 2.0は多様化コンテンツ時代に対応した新レベルのガイドラインだ。WebデザイナやWebデベロッパは一度検証しておきたい。

[17:46 12/17]

PHP4から移行できない開発者へ、PHP4 & 5比較データ

PHP4は8月8日(米国時間)にサポート終了となった。PHP 5.2系へアップグレードする必要があるが、とは言ってもPHP4からなかなか移行できない場合も多い。PHP4から5への変更にともなう学習コストが懸念されるし、アプリケーションの更新も骨が折れる。そういった場合ZendブログにPHP4と5の違いを簡単にまとめたもの公開されたのでチェックしておきたい。どういった違いがあるか概観を掴むことが可能だ。

[17:23 12/17]

画像処理スキルを次のレベルにするための6つの方法 - GIMP編

Webデザイナはもちろんだが、小規模なチームでのWebアプリケーション開発ということになるとWebデベロッパが画像の編集を実施する必要があるケースもある。WebアプリケーションやWebサイト開発と画像は切っても切れない関係だ。プログラミングに限らず画像処理もある程度知っておくことは時間の無駄ではないだろう。OSSで多くのシェアを誇るGIMPを例にテクニックを向上させる方法を知っておきたい。

[17:05 12/17]

Java 7で登場する新機能一覧、クロージャは残念な状況

JavalobbyにJava 7で導入される機能や導入されそうにない機能のサマリが紹介されている。DevoxxでMark Reinhold氏が発表した内容をまとめたものだ。Javaデベロッパは一度読んでおきたい。G1ガベージコレクタの導入や非同期I/OやリアルファイルシステムAPIが実現されると、これまでよりも高速なサーバの開発やシステムの機能を活用したアプリケーションの開発が可能になる。ただ残念ながら、クロージャの導入は不透明な状況にあるようだ。

[16:44 12/17]

ついにリリース! NetBeans 6.5ではじめるJavaFX

2008年12月4日、ついにJavaFX 1.0がリリースされた。JavaFXはJava技術を基盤としたRIA構築プラットフォームだ。発表から1年半、紆余曲折を経てついにリリースされたJavaFX、本稿ではNetBeansを使用してJavaFXアプリケーションを開発する方法を紹介する。

[10:00 12/17]

米MS、Office 2007 SP2でのODF実装を解説する技術文書を公開

米Microsoftは12月16日(現地時間)、Office製品へのODF(Open Document Format)の実装について解説した文書「ODF 1.1 Implementer Notes For Office 2007 SP2」を公開した。Office 2007やODFまわりの製品開発を促進するのが目的で、開発者らの要望を受ける形でリリースした。

[07:38 12/17]

2008年12月16日(火)

マイクロソフト、WinHEC 2008 Tokyoを開催 - Windows 7の概要を説明

マイクロソフトは16日、東京・銀座のル テアトル銀座において、ハードウェアパートナーを対象にした「WinHEC (Windows Hardware Engineering Conference) 2008 Tokyo」を開催。2009年にも発売が見込まれるWindows 7の機能などについて説明した。

[17:17 12/16]

1年4ヶ月ぶりのアップデート「XFree86 4.8.0」

XFree86プロジェクトは15日、フリーなX Window System実装の最新版「XFree86 4.8.0」をリリースした。今回のリリースは、セキュリティ問題の修正とドライバの機能強化が中心。

[14:07 12/16]

2008年12月15日(月)

JavaSE6u12、待望の64ビットプラグインとWindows 2008対応

Java新機能の追加や実験的提供をおこなうJava SE 6 Update Nの最新版となるJava SE 6 Update 12 early access (6u12ea)が公開された。6u12eaは2つの点で注目に値するリリースだ。まずこれまで待ち望まれてきた64ビットJavaプラグインの提供が開始された点にある。次に対象OSとしてWindows 2008が追加されたことだ。64ビットJavaプラグインやWindows 2008対応を待っていた場合にはこの最新版を試してみるといいだろう。

[18:38 12/15]

ダイナミックObjective-C 第118回 デザインパターンをObjective-Cで - Strategy (1)

Strategyは、アルゴリズムをカプセル化するために使われるパターンだ。ある処理に対して複数のアルゴリズムが存在する場合、それぞれのアルゴリズムをクラスとして定義し、切り替えながら使う事で、拡張性を高く保つ事ができる。

[13:06 12/15]

2008年12月12日(金)

Googleブラウザセキュリティ文書公開 - すべてのWebアプリ開発者へ

GoogleはBrowser Security Handbookの一般公開を開始した。IE7/6, Firefox 3/2, Safari, Opera, Chrome, Android組み込みブラウザを対象としてそのセキュリティ機能の特徴や仕組みを比較検討し、注訳やディップスとともにまとめた60ページほどの文書だ。セキュリティを考慮した開発をおこなうにあたってきわめて有益な情報であるため、Webアプリケーションデベロッパは同文書の活用を検討したい。

[17:19 12/12]

Objective-Jが隠蔽タイプならjQueryだってそうだ、Objective-J開発者見解

JavaScriptラッパを使うべきかJavaScriptフレームワークを使うべきか、jQueryの開発者であるるJohn Resig氏が自身のブログで考察をアップしてから随所で意見があがっている。これに対して氏に隠蔽型のフレームワークの例として引き合いにだされたObjective-Jの開発者が興味深い記事をあげている。氏から見ればjQueryも隠蔽型だし、Objective-Jに対する誤解があるようだという。興味深い内容なのでJohn Resig氏のブログとともにチェックしておきたい。

[17:11 12/12]

モバイルデバイス特有の情報を保持したDDRへアクセスするAPI、W3C勧告

Device Description Repository Simple APIがW3C勧告になった。DDR Simple APIはモバイルデバイスのスクリーン情報などデバイス特有の情報を保持しているリポジトリDDRへアクセスするためのAPIを規程したものだ。標準規約として定義されたことでこれまでよりもDDRを活用した開発が簡単になるとみられる。

[15:59 12/12]

AlphaImageLoaderで透過PNGは重い、PNG8工夫で対処が適切

IE6ではPNG8の透過情報はGIFのように透過するかしないかの2値に変換され、PNG24やPNG32の透過情報はグレー色に変換されてしまう。CSS、JavaScript、VMLなどIEが提供しているプロプライエタリな機能を使うことで透過データが正しく表示されるようにはできるが、パフォーマンスやメモリ消費の面で不満が残る。可能な限りPNG8の画像を工夫する方法がパフォーマンス的には好ましいというのがStoyan Stefanov氏の提案だ。

[15:48 12/12]

Hello Worldコレクション 第22回 世界初の高級言語はいまだ現役 - FORTRAN編

第22回は、FORTRANでのHello Worldです。FORTRANでは、リスト1のようにWRITE文を使って記述します。各行の行頭から6文字分は、行番号などのために確保されているため、プログラムは行頭から(半角)スペース6個分空けてから書き始めます。

[13:00 12/12]

2008年12月11日(木)

RubyベースのRIA開発環境「Appcelerator Titanium」

RubyベースのRIA開発環境「Appcelerator Titanium」のプレビュー版を公開した。動作環境はWindowsとMac OS X、ソースコードはApache License 2.0準拠のオープンソースソフトウェアとして公開される。

[21:49 12/11]

OpenSolarisプリインストールの東芝製ラップトップが来春発売

Sun Microsystemsは10日 (米国時間)、東芝アメリカ情報システム社との提携を発表した。来春には、OpenSolarisをプリインストールした東芝製のラップトップ機が北米市場向けに発売される。

[19:41 12/11]

Yahoo! JAPAN公式ブログが公開、API紹介や新サービス情報を技術者が紹介

ヤフーは11日、Yahoo! JAPAN公式ブログ「Yahoo! JAPAN Tech Blog」を公開した。

[17:40 12/11]

NEC、「JBoss Enterprise Middleware」とトレーニングコースを提供開始

日本電気は11日、レッドハットのオープンソース統合ミドルウェア「JBoss Enterprise Middleware」の販売契約を締結し、製品サブスクリプション、およびトレーニングコースの販売を開始した。

[17:13 12/11]

Firefoxシェア急成長、50%超え地域も登場

Firefoxのシェアが強い地域ではすでに50%を突破したところがあり、11月には50%を突破した地域に新しくマケドニアとスロベニアが加わった。2008年7月の段階でインドネシアにおけるFirefoxのシェアは7%、スロベニアは4%、スロバキアは5%、フィリピンは13%だった。これら地域は4ヵ月で5割近くまでシェアが伸びている。推測とは若干異なるが大枠として予想どおりのシェア上昇だ。

[13:52 12/11]

JPEGをプログレッシブにするかどうかの分かれ目は10KB

Stoyan Stefanov氏の画像最適化シリーズの第4弾登場だ。今回はJPEG画像サイズをさらに縮小するためプログレッシブの活用が検討されており、氏の調査結果によれば10KB未満ならベースラインを、それ以上ならプログレッシブにした方がファイルサイズの縮小が見込めるという。JPEGサイズをさらに縮小したいならプログレッシブの活用は検討の価値がある。

[13:50 12/11]

PHP立て続けに更新、セキュリティ対策済み5.2.8

この数日間でPHP 5.2系のアップグレードが立て続けにおこなわれた。4日(米国時間)に安定性向上とバグ修正、それにいくつかのセキュリティ修正を目的としたPHP 5.2.7が公開されたが、3日後に公開中止。翌日の8日(米国時間)にさらにセキュリティ問題が修正されたPHP 5.2.8が公開された。PHP 5.2系を使っている場合は忘れずに5.2.8へのアップグレードを実施しておきたい。

[13:47 12/11]

PHP開発のエッセンス 第7回 PHP 6のこまかい変更点

PHP 6の大きな目玉はICUによる「国際化」ですが、開発の現場や既にPHPが稼働しているWebサイトでは、そのほかの細かい変更も結構重要だったりします。今回は、この話題の最終回として、移行にあたって考慮すべき主な変更点をまとめておきましょう。

[09:00 12/11]

2008年12月10日(水)

米Salesforce.com、「Force.com for Google App Engine」を無償提供

米Salesforce.comは8日(現地時間)、クラウドコンピューティング環境におけるアプリケーション開発を支援する「Force.com for Google App Engine」の無償提供を開始した。Salesforce.comおよび米Googleそれぞれの開発者向けサイトから利用できる。

[18:50 12/10]

IBM DB2 pureXMLアプリを募集する「XMLプログラミング・コンテスト」を開催

インフォテリアと日本アイ・ビー・エムは10日、XMLの特性を活かした実用的、かつユニークなXMLアプリケーションを募集する「XMLプログラミング・コンテスト」を開始した。締め切りは2009年2月16日、優秀者発表は2009年3月6日が予定されている。

[18:41 12/10]

JavaScriptラッパを使うべきか、JavaScriptフレームワークを使うべきか

WebアプリケーションやRIAを開発する場合、jQueryのようにJavaScriptをそのまま使ったライブラリを活用するべきだろうか、それともGWTのように別の言語で隠蔽するタイプのフレームワークを使うべきだろうか。これは意見が分かれるところだ。どちらにも特徴があり、自身の置かれた立場によってとる意見は変わるだろう。jQueryの開発者であるJohn Resig氏が同点について興味深い考察を掲載している。氏の考えは…

[09:00 12/10]

2008年12月09日(火)

Spring 3.0、Java 6とJava EE 5を主対象

Spring Frameworkの次期メジャーバージョンはSpring Framework 3.0.0だ。現在開発が進められておりマイルストーンが公開されたばかり。3.0は最新のJava機能を活用しつつさらにRESTサポートとELサポートを強化するというのが大枠の方針になっている。2系を使っている場合には移行作業が必要になるだろう。今後の方向性も含めSpring Frameworkを使っている場合には3.0開発の動向に注目しておきたい。

[19:16 12/9]

JBoss AS 5登場、3年開発でマイクロコンテナ化

Red Hatは同社の最新アプリケーションサーバとなるJBoss AS 5.0を公開した。JBoss AS 5.0はJava EE 5に対応したアプリケーションサーバ。3年におよぶ再設計の賜物で、JBoss Microcontainerと呼ばれる完全に新しいカーネルアーキテクチャに準拠した実装がおこなわれている。コンポーネントを独立したプロジェクトに分割するという当初のテーマが実現されており、Java EE 5 ASを検討しているなら調査に値するプロダクトだ。

[19:14 12/9]

Googleがブラウザ上でネイティブコードを実行できる「Native Client」を公開

Googleが、Webブラウザ上でネイティブコードの実行を可能にするオープンソースソフトウェア「Native Client」を公開した。動作環境は、Intel x86互換CPUが動作するWindowsとMac OS X、およびLinux。

[18:18 12/9]

Ruby Enterprise Edition最新版、FreeBSD/Ubuntu/OSX/Solaris対応改善

Ruby Enterprise Edition 1.8.6-20081205の登場だ。Railsの実行がオフィシャルのRubyと比較して高速になるうえにメモリ消費量が平均で33%削減できるという優れものプロダクトの最新版。Mac OS XとSolaris対応が改善されたほかFreeBSD/Ubuntu 64ビット版対応が改善されている。ガベージコレクタの細かい調整が可能になったなどより興味深いプラットフォームに仕上がっている。Rubyを使っているなら一度調査したいプロダクトだ。

[15:13 12/9]

2008年12月08日(月)

Chromeセキュリティモデル、IE/Firefox/Safari/Operaのいいとこ取り

HTML5で状況は複雑になるだろうが、Webブラウザのセキュリティは基本的にSame origin policyと呼ばれる"同じサイトからしか文書の読み込みを許可しない"というものだ。しかしこれはネット上のWebページに対してであってPCのローカルファイルではない。ローカルファイルの扱いはブラウザごとにまちまちだ。後発のChromeはOperaのポリシーをベースにほかのブラウザのいいところを取り入れており興味深い。Webデベロッパは一度Chromeのセキュリティポリシーをチェックしておきたい。

[18:39 12/8]

IE8、互換ビューボタンを押しまくるユーザの要望に答える

IE8は標準規約に準拠したレンダリングをおこなうようになる。この恩恵を受けるにはまだまだ時間が必要だが、開発者にとっては喜ばしい傾向だ。しかしユーザはWebページやWebアプリを作る側の努力は知らないので、標準規約レンダリングがデフォルトになることで従来のサイトの表示が崩れることに不満を覚える。Microsoftは両者から突き上げを喰らうわけだが、すでにOperaが提供しているのと似たようなサービスを追加することで対処したい意向のようだ。

[15:53 12/8]

JavaFX 1.0オフィシャル開発環境、NetBeans IDE 6.5 for JavaFX 1.0登場

ついにSun MicrosystemsがJavaFXを公開した。JavaFXはJava技術を全面的にRIAに適用したものだ。Flash/FlexやSilverlightに対応するSunの答えがJavaFXといえる。Javaプログラマにとっては自身の経験と技能をRIAにそのまま適用できるところがうれしい。日を同じくしてNetBeans IDE 6.5 for JavaFX 1.0が公開された。こちらはJavaFXのオフィシャル開発環境だ。JavaFX 1.0を使う場合にはまずチェックしておきたい。

[13:57 12/8]

2008年12月05日(金)

Ubuntu Linux+Lotusで"MSフリー"なデスクトップソリューション - 米IBM

米IBM、米Virtual Bridges、英Canonicalの3社は12月4日(米国時間)、Linuxをベースにした新しいデスクトップソリューションの提供を発表した。Virtual Bridgesのバーチャル(仮想)デスクトップ技術、CanonicalのUbuntu Linux、IBMのLotusスイート製品を組み合わせ、いわゆる"Microsoftフリー"なデスクトップ環境実現を目指す。

[21:01 12/5]

JavaScriptを使わないでIE6で透過PNGを使う方法

Net Applicationsの報告によれば2008年11月現在でIE6のシェアは22%弱だ。純減が続いているとはいえばまだまだ影響力は高い。同じペースで減少していったとしても影響があまりないシェアになるまであと2年はかかる計算になる。その間はIE6ユーザ向けのハックを相変わらず続けなければならないだろう。そうした資料の一つとしてIE6でもましに表示されるPNG8を作成する方法にSitePointの"PNG8 - The Clear Winner"を追加しておくとよさそうだ。

[17:05 12/5]

HTML5新機能、今欲しいあなたに Javeline

JavaScript Ajax RIAスタックであるJaveline PlatFormがようやく1.0を迎えようとしている。そしてJaveline PlatForm 1.0は記念すべきものになりそうだ。HTML5で実現されるとみらる機能を一足先に実装している。HTML5に対応したブラウザが普及までの架け橋としても活用できるなど、今後の展開が期待されるプロダクトだ。近々実施されるであろうJaveline PlatForm 1.0の登場に注目しておきたい。

[17:04 12/5]

Google Chromeエクステンション導入、Linux移植も

Firefoxの最大の特徴である柔軟な拡張性とエクステンション機能だが、Chromeがこの分野に手を伸ばしてくるようだ。Chromeの開発者が数週間の調査期間を経てChromeエクステンションの基本設計案を公開した。エクステンションインフラが実装されるのはだいぶ先の話になるとみられるが、同分野に手を伸ばしてきたことは注目に値する。ChromeはLinuxへの移植も進むなど興味深い状況にある。

[12:33 12/5]

RIAプラットフォーム「JavaFX 1.0」が正式リリース - 米Sun

米Sun Microsystemsは12月4日(現地時間)、RIAプラットフォーム「JavaFX 1.0」をリリースした。テキストコーディング中心だった従来のJavaとは異なり、ユーザーアプリケーションに対して音声/動画/アニメーションといったビジュアル要素をより簡単に実装できる。2007年のJava Oneで初めて公開されて以来、AdobeのFlash / FlexやMicrosoftのSilverlightに対抗する技術として注目を集めてきた。

[11:24 12/5]

NetBeans 6.5で注目される9つのJava以外の機能

エンタープライズ関連のJava書籍執筆を手がけているAdam Bien氏が自身のブログにおいてTop Eight, Non Java, Netbeans 6.5 FeaturesのタイトルのもとJava以外でNetbeans 6.5興味深い機能を8つ取り上げている。NetBeansはWebアプリ統合開発環境としての色を強めており、Java統合開発環境の視点からNetBeansのJava以外の機能を評価した内容として興味深い。

[08:30 12/5]

2008年12月04日(木)

XBug JavaScriptデバッガ2008年は無料、IE Firefox Safari Chrome対応

IE、Firefox、Safari、Chromeという主要Webブラウザに対応したJavaScriptデバッガXBugが公開された。今のところXPおよびVistaでの使用が可能。利用するには個別にライセンスを獲得する必要があるがβ版に関しては無償で使えるとされており、2008年中はβ版が提供されるとみられる。クロスブラウザに対応したJavaScriptデバッガを模索している場合には一度検討しておきたいプロダクトだ。

[19:29 12/4]

Grizzly登場 - 冬眠しないグリズリー、1月には2.0登場の予定

Grizzlyの最新版となるGrizzly 1.9.0が公開された。GrizzlyはJavaで開発されたサーバアプリケーション開発のためのライブラリ。Java NIO APIを活用して開発されたライブラリで、スレッドを使う方法と違い数千を越えるコネクションに対しても高いスケーラビリティを発揮するサーバ開発を可能にする。季節は冬に入ったがグリズリーは冬眠しないようだ。1月後にはついに2.0の登場だ。

[19:18 12/4]

Python 3.0登場、日本で利用できるレベルへ到達

Pythonのメジャーバージョンアップにして次世代版となるPython 3.0が公開された。3.0は従来の2系とは互換性がない。しかし文字列の扱いベースがUnicodeになるなど日本人にとって首を長くして待ち望んでいた機能が実現されており、注目に値するバージョンに仕上がっている。世界の傾向と比較して日本でのPythonの普及は低いレベルに止まっているが、3.0からは日本での利用も増加する可能性がある。

[18:22 12/4]

マイクロソフト、Windows Mobile向けアプリの開発者支援事務局を設立

マイクロソフトは4日、同社の携帯端末向けプラットフォーム「Microsoft Windows Mobile」向けアプリケーション開発者に対する情報発信と開発支援を目的として、「Windows Mobile開発者事務局」を設立した。なお、同事務局の設立にあたって、イー・モバイル、ウィルコム、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、日本通信の6通信事業者との連携が行われている。

[16:47 12/4]

イマドキのIDE事情 第45回 IntelliJ IDEA 8.0が登場! Groovy/Flex等のサポートが強力に

去る11月6日、JetBrainsからJava統合開発環境IntelliJ IDEA 8がリリースされた。IntelliJ IDEAは有償のIDEでありながら、根強いユーザを多く持つことで有名だ。メジャーバージョンアップなだけあって新機能が目白押しという感じである。本稿では8.0での新機能を中心に、IntelliJ IDEAを紹介する。

[16:43 12/4]

2008年12月03日(水)

Ext GWT最新版登場、JavaでRIA開発にドラッグ&ドロップ追加

Ext GWTの最新版となるExt GWT 1.2が公開された。Ext GWTはJavaでRIAを開発するために活用できるライブラリ。JavaアプリケーションでExt JSとGWTを活用したWebアプリケーションが開発できるという特徴がある。1.2では新しくドラッグ&ドロップフレームワークが導入され、Webアプリに簡単にドラッグ&ドロップ機能を追加できるようになったところが注目点だ。

[15:48 12/3]

Symfony最新版登場、PHP5 Webアプリフルスタックフレームワーク

PHP5で開発されたWebアプリケーションフルスタックフレームワークSymfonyの最新版となるSymfony 1.2が公開された。PHPは簡単にWebアプリケーションが構築できるためすべて自力で開発するケースも多いが、フレームワークやスタックを活用して開発するのも手法としては有益だ。PHPを使った開発を実施している場合、一度Symfonyを調べてみるといいだろう。

[15:38 12/3]

Mavenのパワーをより簡単に! Apache Ivyを試す

Mavenはご存じのとおりJavaベースのビルドツールだ。JavaのビルドツールというとApache Antが有名だが、MavenはAntと比べると「ライブラリの依存関係を解決できる」「標準でプロジェクトサイトの生成やテストの実行など様々なゴールが用意されている」「Mavenの流儀に従うことで設定ファイルをほとんど記述せずに済む」「豊富なプラグインが用意されている」ようなメリットがある。

[11:00 12/3]

ラップトップ向け機能を強化した「OpenSolaris 2008.11」

オープンソースのSolaris系OS最新版「OpenSolaris 2008.11」がリリースされた。対応プラットフォームはIntel x86、インストールも可能なライブCD形式で配布される。

[10:18 12/3]

Javaがレガシーだって? 冗談じゃないよ - James Goslingが語るJavaの現在

12月2日 - 3日、東京・六本木ミッドタウンにて開催されたユーザカンファレンス「Sun Tech Days 2008 in Tokyo」では、"Javaの父"としてその名をはせるJames Gosling氏が来日、報道関係者によるラウンドテーブル形式のインタビューが2日に行われた。来るべきJava 7、JVMと動的言語の関係、まもなくリリースされるJavaFX、さらにはSunとJavaをめぐる状況について、驚くほど率直に本音を語ってくれた。

[09:00 12/3]

XML 1.0第五版登場、一部規制を緩和

XML 1.0の最新版となるExtensible Markup Language (XML) 1.0 (Fifth Edition)がW3C勧告として発表された。XML 1.0第五版はただの修正版というわけではなく、XML 1.1の機能の一部がバックポートされ、従来よりも若干規制が緩くなったバージョンだ。これまでよりも規制が緩くなったものの、第四版以前に適合したパーサでは処理できない可能性もあるため積極的に変更点を活用すべきかどうかは十分に検討しておく必要がある。

[09:00 12/3]

2008年12月01日(月)

Firefoxがシェア20%で声明発表、IEは60%台へシェア下落

11月のブラウザシェアはFirefoxが20%を越えた。Net Applicationsが調査をはじめて以来初の20%台だ。Mozilla CEOは声明を発表しFirefoxとMozillaにとってマイルストーンになったと主張している。一方IEはIE6の純減幅が大きく、シェアを70%台から60%台へと落とした。11月は休日やイベントが多かったことがこの結果につながったようだが、IEのシェア低下に歯止めがかからない。

[19:59 12/1]

FreeBSD 6.4登場、2年間のセキュリティサポート

6系の最終版となるFreeBSD 6.4が公開された。セキュリティサポートはExtended扱いとなり2年後の2010年11月30日まで実施される。6系をサーバに採用している場合、6.4へのアップグレードおよび2年以内の7系/8系へのアップグレードを検討されたい。マルチコア性能や高速ネットワーク性能はすでに7系/8系に利がある。新規にサーバを構築する場合も性能を重視するなら7系を検討した方がいいだろう。

[18:50 12/1]

Unicode Emoji Symbol提案、絵文字がPCで活用される日

Googleから興味深い発表がおこなわれた。GoogleとUnicode Consortiumのほかのメンバーが絵文字シンボル文字をUnicodeに追加する作業を進めているという。ドコモ、KDDI、ソフトバンクの絵文字をすり合わせてUnicodeに標準規約として追加しようというわけだ。日本では特に携帯ユーザにとって絵文字は欠かせない機能。EmojiがUnicodeに追加された場合、携帯とPCのシームレスな統合が進むほか、PCで絵文字の活用が促進される要因となる可能性がある。

[08:30 12/1]

2008年11月28日(金)

Hello Worldコレクション 第21回 コンピューティングの基礎を学びたい方へ - BIOSコールのアセンブラ編

アセンブラのHello Worldについては、第5回ではLinux/FreeBSD/Solarisのシステムコールを利用したアセンブラ、第16回ではDOSのシステムコールを利用したアセンブラを取り上げましたが、今回第21回は、BIOSコールを利用するアセンブラです。

[18:44 11/28]

Google、GCCコンパイル最適化技術開発 - 2009年夏にプロトタイプ

コンパイラ関連技術としてLLVMが元気な状況だ。先日もAdobe LabsでAdobe Alchemyが発表されたわけだが、これはLLVMを活用してC/C++ライブラリをFlash Playerで動作させるためのプロジェクトだった。こうした中、OSS最大のC/C++コンパイラであるGCCも黙ってはいない。GoogleがLTOを発展させたWHOPRと呼ばれる最適化手法を開発しており、2009年夏にはGCCプロトタイプが公開される見通しだ。大規模アプリのビルドが改善される可能性がある。

[09:00 11/28]

2008年11月27日(木)

HTML5バリデータ、はやくも実験的に提供開始

現在策定が進められている段階にあるHTML5だが、はやくもW3Cの検証サービスにHTML5が追加された。まだ本当に実験的に追加されたもので複雑なHTML5文書の正しい検出はできないようだが、今後仕様の策定と同時にバリデータの開発も進められることになるとみられる。バリデータが登場したことでこれまでよりもHTML5への対応が進めやすくなる。

[19:11 11/27]

Webページの使いやすさ向上にはヒートマップが効く!?

WebページやWebアプリケーションのユーザビリティを向上させるにはどうすればいいのだろうか。ページの使い勝手は顧客満足度や販促サイトでは売上に直結する部分だけに、常に頭の痛い問題だ。SitePointに5 Ways to Get Usability Testing on the Cheapという使い勝手を向上させる5つの方法が紹介されているが、5つ目のヒートマップでマウスの動きを視覚化して改善に約立てようという試みはなかなか興味深い。試してみる価値はありそうだ。

[17:58 11/27]

【速報】ミクシィ、mixi Platformの開放を発表

ミクシィがOpenSocialに賛同してから1年と1ヵ月弱、ついにミクシィはOpenSocialプラットフォームとみられる「mixi Platform」を開放すると発表した。12月に「mixi アプリ」をパートナー向けに提供し、「mixi Connect」を2009年春に公開する。「mixi OpenID」「mixi アプリ」「mixi Connect」がmixi Platformの当面の主要サービスになるようだ。ついにmixiがソーシャルアプリケーションに対応する。

[16:37 11/27]

ゲーム作成で学ぶCanvas機能

Bill Mill氏がゲームブレークアウトによく似たアプリケーションをHTML5 Canvas機能を使って実現するためのチュートリアルCanvas Tutorialを公開している。Canvasで実現される機能を学ぶうえできわめて有益なチュートリアルだ。Canvasの使い方からアクションの実現方法までが実演込みの10ステップで学習できる。Canvasに興味がある場合には一度チェックしておきたい。

[16:18 11/27]

イマドキのIDE事情 第44回 クラウドサービスとも連携! Aptana Studio最新版を試してみよう

本連載でも以前紹介したAptana Studioだが、バージョンアップを重ね、さらなる進化を遂げている。今回はAptana Studioの最新動向と、Aptanaが提供するAptana JaxerとAptana Cloudsについて紹介したい。

[16:08 11/27]

ページ読み込み性能Firefox 3.1が良好、Fx3 Chorme Safari4が続く

多くの画像を含んでいるWebページを表示するといったように、一気に大量のHTTPリクエストを要求するようなケースではページが表示されるまで時間がかかるケースがある。こういった場合により優れた表示を実施するブラウザはなんだろうか。今のところ開発中のFirefox 3.1は良好な結果を示している。それに続くのがChrome、Firefox 3、Safari 4だ。ほかのブラウザの対応状況は…

[15:59 11/27]

FreeBSD、起動後5分間の脆弱性発見

FreeBSDのarc4random(9)に推測可能なシーケンスがでてくる可能性があるというセキュリティ勧告が発表された。FreeBSD起動後にYarrow乱数生成器から得られるエントロピーが不十分な場合、arc4random(9)でリシードが実行されるまでの5分間は推測可能なarc4random(9)シーケンスが生成されていたかもしれない。迅速にセキュリティアップデートを実施されたい。

[15:22 11/27]

国際化されたRails 2.2登場、スレッドセーフとRuby 1.9対応

Railsの最新版となるRuby on Rails 2.2が正式に公開された。前評判どおりスレッドセーフが実現されたほか国際化フレームワークの統合、Ruby 1.9対応、JRuby対応、従来よりも優れたコネクションプールの提供、HTTP etagおよびlast-modifiedサポートの強化といった注目の機能が実現されている。スレッドセーフの実現はJRubyを使う場合特に有益なものだ。Railsユーザは2.2を一度チェックしてみるといいだろう。

[14:32 11/27]

OpenSocial登場1年で6億ユーザ突破、mixiの対応は…

OpenSocialが登場して1年が経過した。mixiも賛同するなど注目のもと登場したOpenSocialだが、期待どおりの成長を遂げているようだ。1年が経過した段階で20を越えるサイトに総勢6億のOpenSocialユーザがいるという。mixiはまだOpenSocialへの対応を謳っていないが鱗片としてOpenIDの提供を開始しているし、2008年度中にはmixi Platformの詳細情報を発表するとしている。OpenSocialは2009年も成長し続けることになりそうだ。

[13:29 11/27]

BOOK REVIEW - 定石を学んで上級プログラマを目指せ

もっとスマートで、もっと速く、もっと改造しやすいソースコードを書くために、先人プログラマ達は試行錯誤を続けてきた。本書はそのようにして作り上げられてきたプログラミングの"セオリー(定石)"をまとめたものである。セオリーには、より良いプログラムを書くためにはどうしたらいいかというヒントが含まれており、うまく活用できるようになればプログラミングのスキルは格段に上昇する。

[10:00 11/27]

2008年11月26日(水)

HTMLに画像も含める、IE8登場後には使うシーンもあるか

HTMLとCSS、JavaScriptは分離した方がいいというテクニックが紹介されることが多いが、逆にHTMLに画像も含めてすべて含めてしまうという方法もある。HTTPリクエストを削減できるという効果以外にも使いようによっては有益な技術だ。しかしIEが対応していないため今すぐに適用できる類のテクニックではない。しかしすでに古くから知られている同規約について知っておいても損はないだろう。将来どこかで出会うかもしれない。

[19:55 11/26]

先端を行くLinux「Fedora 10」が正式リリース

Fedoraの最新バージョン「Fedora 10」が正式にリリースされた。

[10:40 11/26]

創作意欲に火を付けろ! Adobe MAX Award 2008のエクセレントなコンテンツ

Adobe MAX 2008では2日目のテクニカルセッション終了後に、「MAX Awards 2008」の結果発表が行われた。「MAX Awards」とは、Adobeのソフトウェアを使って作成された魅力的なコンテンツやアプリケーションを広く公募するプログラム。「Adobe製品を使えばここまでできる」ことを知っておくためにも、チェックしておく価値はあるといえるだろう。

[09:00 11/26]

2008年11月25日(火)

HTMLにCSSとJavaScriptを含めない方がいい理由

Webサイトを構築するにあたってHTMLとCSS、JavaScriptの3者を完全にファイル分離するべきだという方法論が紹介されるケースが増えている。Obtrusive JavaScript Checkerの開発者がWhy inline CSS and JavaScript code is such a bad thingのタイトルのもと、なぜインラインCSSやインラインJavaScriptがよくないかを説明している。WebデベロッパとWebデザイナはチェックしておきたい内容だ。

[17:55 11/25]

Ajax JavaScriptフレームワークとCDNの関係

Googleが有名Ajax JavaScriptフレームワークをGoogle CDNを経由して配布するサービスを開始したのは今年の6月ごろだった。Ajax JavaScriptフレームワークとCDNというつながりが注目されるようになったとはその登場がひとつのきっかけになっている。AjaxianにRey Bango氏がCDNとAjaxフレームワークの興味深い記事をアップしている。CDNの活用は今後ひとつの方向性として伸びるかもしれない。

[17:50 11/25]

Javaクライアントフレームワーク、条件はこれ - あなたは何を選ぶ?

TheServerSide.comにChester Chen氏がChoosing a web client frameworkという興味深い投稿をおこなっている。会社で新しいプロジェクトを開始することになり、これを機に新しいクライアントサイドのWebアプリケーションフレームワークを探しているという。Wicket、Seam、Struts2を考えているがほかにいい候補はないか教えてほしい、というわけだ。コメントに寄せられたフレームワークは…

[17:36 11/25]

PHPアプリを改善する10のテクニック

PHPの比較演算子==と===の違いは把握しているだろうか。そうした基本的なTipsも含めてPHPプログラミングを向上させPHPアプリケーションの動作速度やパフォーマンスを改善するための10のテクニックがSmashing Magazineにおいて10 Advanced PHP Tips To Improve Your Programmingとして紹介されている。PHPプログラマは一度チェックしておきたい内容だ。

[17:32 11/25]

開発コード名Jaunty Jackalopeの「Ubuntu 9.04 α1」が公開

Canonicalは英国時間の22日、Ubuntu Linuxの次期バージョン「Ubuntu 9.04」(開発コード名Jaunty Jackalope)」のα第1版をリリースした。

[13:53 11/25]

2008年11月21日(金)

ダイナミックObjective-C 第117回 デザインパターンをObjective-Cで - State (1)

今回からは、Stateパターンを取り上げよう。Stateパターンは、その名の通り「状態」を表すためのパターンだ。従来、状態は状態変数と呼ばれる変数で管理されてきた。これを、オブジェクト化して、振る舞いの記述を別クラスに切り出してやろう、というのがStateパターンの考え方だ。

[11:28 11/21]

Webアプリ開発に使えるブラウザエクステンション15選

FirebugやYSlow以外にもWebアプリ開発やデザイン調整、ページ分析・評価に使えるエクステンションはないだろうか。それにFirefoxのみならず、最大シェアを誇るIEで使えるエクステンションが必要だ。Jacob Gube氏がSmashing MagazineにおいてそうしたIE/Firefox向けの有益なエクステンション15個を紹介している。Webアプリやサイト開発に使えるツールが紹介されており、WebデベロッパやWebデザイナにとっては一度はチェックしておきたい有益な資料といえる。

[09:00 11/21]

Adobe Alchemy登場、C/C++アプリをFlashで動作させる研究にLLVM技術採用

2008年7月にC言語で開発されたアプリケーションやPythonスクリプトがFlash Playerで動くという噂が流れていたが、どうやらただの噂ではなかったようだ。Adobe LabsにAlchemyというプロジェクトが登場している。噂どおり、C/C++で開発されたライブラリをFlashやAIRで動作させる研究プロジェクトだ。FlashやAIRのポテンシャルを一気に引き上げる可能性がある。バックにあるベース技術にはLLVMが活用されている。

[09:00 11/21]

2008年11月20日(木)

Yahoo! BrowserPlusオープンソース発表、Google Gearsへの対抗強める

正式にサービスが公開されてから半月が経過したBrowserPlusだが、このタイミングでオープンソースとして提供していくという発表がおこなわれた。2009年中頃までにすべてのプラットフォーム版をオープンソースとして提供するという。BrowserPlusのオープンソース化はY!OSとともにYahoo!サービスの訴求力を高める狙いがあるとみられる。対抗するGearsはすでにオープンソースとして公開されている。今後の展開に注目しておきたい。

[19:57 11/20]

Rails 2.2、リリース直前に国際化機能デフォルト追加

Rails 2.2 (Rails 2.1.1)のリリースが迫っている。すでに2.3と3.0の開発もはじまっており、後は2.2のリリースを待つ段階だ。このリリース直前にi18nに関する設定がデフォルトで取り込まれることになった。2.2ではconfig/localesディレクトリが含められる。ロケールファイル(.ymlまたは.rb)をデプロイしておけば使われるようになるという寸法だ。environment.rbにも設定が追加されている。

[19:20 11/20]

CSS本「The Art & Science of CSS」のPDFが2週間に限りダウンロード無料

WebデベロッパとWebデザイナ向けに記事やデータを提供しているサイトSitePointにおいて書籍データPDFの無償ダウンロードがはじまった。CSSデザインをまとめた全編カラーページの書籍The Art & Science of CSSが対象だ。無償ダウンロードは2週間に限って提供される。メールを登録するとダウンロードURLが送られてくるのでそこからダウンロードすればいい。URLは数分で無効になるので迅速に作業する必要がある。

[15:17 11/20]

NetBeans 6.5登場、PHPとPython対応しWebアプリ統合開発環境に

NetBeans IDEの最新版となる6.5が登場した。6.5はPHP、JavaScript、Java、C/C++、Ruby、Groovy、Pythonなどのプログラミング言語に対応、英語版、日本語版、簡体字中国語版、ブラジル系ポルトガル語版の4つのローカライズ版が提供されている。特に6.5ではPHPの本格サポートが実現されたほかPythonやGroovyがサポートされた点に注目したい。Eclipseプロジェクトのインポート機能も実装し、Webアプリ統合開発環境としての色を強めている。

[14:54 11/20]

Webの敵は"ステータスクオー"、「リッチネスの報酬」とは - Adobe MAX 2008

MAX 2008、2日目基調講演はFlex Buider担当のTim Buntel氏とエバンジェリストのBen Forta氏が「ステータスクオーと戦え」という特命を受けたエージェントに扮し、「Flash Catalyst」や「Gumbo」など開発中のツール(=武器) を次々に紹介した。

[10:59 11/20]

PHP開発のエッセンス 第6回 PHPとロケール

ソフトウェアの「国際化」といった場合、各国の言語で使用される「文字」を正しく扱うための「UNICODEサポート」は、もちろん最重要の課題といえるでしょう。しかし、お国柄で異なるのは、なにも「文字」だけではありません。例えば「通貨」は、国(もしくは特定の経済圏)によって「ドル」だったり「ユーロ」だったり、「元」だったり「円」だったりします。「日付」も、日本では「2008/11/20」のように「年/月/日」で表記するのが普通ですが、アメリカでは「Nov. 20, 2008」や「11. 20, 2008」のように「月. 日, 年」で表記することも多いようです。

[10:00 11/20]

Adobeの新たな挑戦「Cocomo」を早速試してみた!

18日(米国時間)、Adobe SystemsはMAX 2008カンファレンスの開催に合わせて、コードネーム「Cocomo」と呼ばれるWebサービスを公開した。Cocomoの狙いは、リアルタイムでのコラボレーション作業を促進するようなプラットフォームを提供することだ。プラットフォームは、サーバサイドで動作するサービスインフラと、クライアントサイドで動作するFlexコンポーネントの双方を提供する。本稿では現バージョンのCocomoで提供されている機能の一部を紹介する。

[08:24 11/20]

2008年11月19日(水)

Kevin Lynchが語るFlash環境の拡大と新分野への挑戦 - Adobe MAX 2008

米Adobeの同社Webアプリケーション開発者向けカンファレンス「Adobe MAX 2008」が米カリフォルニア州サンフランシスコ市内で11月17日(現地時間)より開催されている。Macromediaが開催していた開発者カンファレンス「MAX」を同社買収後のAdobeが引き継いだものだが、Flashプラットフォームの広がりとともに年々注目度が上がり、今年は参加者が5000人を超える比較的大規模なものとなっている。デスクトップとWebの橋渡しとなるAdobe AIR、新バージョンのFlash 10、携帯電話などのPC以外のデバイスでの利用の拡大など、さまざまなアナウンスが行われた。

[21:16 11/19]

Ribbit、Web電話アプリプラットフォームを一般公開

英BT傘下の米Ribbitは11月17日(米国時間)、Webベースの電話アプリケーションプラットフォーム「Ribbit Developer Platform」を公開したことを発表した。開発者やシステムインテグレータは、Ribbitのプラットフォームを使って音声通話アプリケーションを開発・提供できる。Ribbitはこれに合わせ、キャリア向けのプログラム「Bring Your Own Network(BYON)」も発表した。

[16:48 11/19]

Stefanov氏、画像サイズを縮小化する4つの手順を紹介 - 画質劣化一切なし

画像最適化シリーズの第3段が公開された。ついに画質を落とすことなくファイルサイズを縮小化するための4つの具体的な方法が紹介されている。ツールはOSSとして公開されているものでUNIX互換OSでもWindowsでも扱えるほか、Firefoxエクステンションとブックマークレットも紹介されている。ケースによって違うだろうが10%から20%の縮小化が報告されておりWebデベロッパとWebデザイナは要チェックだ。

[15:49 11/19]

Chromeのフィッシング詐欺/マルウェア検出技術の仕組み

Google ChromeはFirefoxと同じくフィッシング詐欺の疑いがあるサイトやマルウェアをインストールしようとするサイトを検出して報告する機能を持っている。これはChromeがすべて判断しているのではなく、Googleサーバから提供される疑わしいサイトリストと比較を行って実施している。この間、もしかしてユーザが訪問したサイトのURLがGoogleに送信されているのだろうか。送信されるのはハッシュデータだけだが不安なところではある。Chromium Blogで仕組みが説明されている。

[15:29 11/19]

PHP Zend Framwork最新版、AIR/Flex対応 - Adobe MAXに間に合わせる

Zend Frameworkの最新版となるZend Framework 1.7が公開された。ZendはこれまでAdobeと協力してFlex/AIRへの対応を進めてきた。今回の1.7は協力開発のマイルストーンにあたるものだ。バイナリAMF3プロトコルが他のプロトコルと同様に扱えるようになったほか、互換性のためにAMF0もサポートされている。300ほどのバグも修正されたほかさまざまな機能改善が実施されている。

[10:33 11/19]

FreeBSD Flash10 64bitが存在、NSPluginWrapperは非推奨

Flash Player 10の64ビット版が公開された。プレビューリリースでバグも残っているが64ビット版の提供がはじまったのは注目に値する。今回リリースされたLinux版に引き続き、Windows版とMac OS X版も近い提供が予定されている。興味深いのはFlashエンジニアのブログで64ビットFreeBSD版の存在が明示されたことと、NSPluginWrapperを使わないでほしいという提案が行われていることだ。道のりは長そうだが、FreeBSD版のFlash10が登場するかもしれない。

[10:28 11/19]

2008年11月18日(火)

アクセス分析サービス「Google Analytics」がFlashに対応 - Adobe MAX 2008

米GoogleがFlash用のオープンソースの分析トラッキング・ソリューション「Google Analytics Tracking For Adobe Flash」を発表した。これまでのようにga.jsへのカスタムインターフェイスを構築したり、DOMを意識する必要なく、シンプルなメソッドでGoogle Analyticsを利用可能にする。その成果を同社は、Apache 2ライセンスで公開している。

[19:26 11/18]

2008年11月17日(月)

Adobe MAX 2008が開幕 ‐ テーマは"Connect, Discover, Inspire"

17日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコ市において、Adobe最大の年次イベント"Adobe MAX"がスタートする。プレイベントデーの16日を含め、19日まで4日間の開催期間中、デザイナー、デベロッパ、経営層に向けて、Adobeからのメッセージが"Connect, Discover, Inspire"のテーマのもと、発信されていく予定だ。

[21:20 11/17]

JavaScript時間正確さ、XPとWindowsでは最低でも1秒はベンチ必要

もしWindows XPやVistaで作成したJavaScriptコードのベンチマークを実施しているのなら、その結果は正確ではないかもしれない。特に計測時間が1秒に満たない場合、あまり正確な計測とは言えない可能性がある。jQueryの開発者であるJohn Resig氏は特定のベンチマーク結果に疑問を抱き、なぜ想定する結果が得られなかったのかを説明している。興味深いうえに実際に活用できる内容だ。Webデベロッパは氏の報告を一度チェックしておきたい。

[19:53 11/17]

高速JavaScriptエンジンSquirrelFish搭載の「Adobe AIR 1.5」

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境の最新版「Adobe AIR 1.5」がリリースされた。JavaScriptエンジンに「SquirrelFish」を採用するなど、機能強化が図られている。

[19:42 11/17]

2008年11月15日(土)

HTML 5、Acid3……Web最新動向をMeyer氏が総覧 - Web Directions East

11月7日、東京都新宿区のベルサール西新宿にてWeb開発者/管理者向けの技術カンファレンス「Web Directions East」が開催された。

[00:17 11/15]

2008年11月14日(金)

CSS TransitionsとCSS Animations、Apple提案のCSSアニメ機能

Appleは2008年9月と10月に立て続けにCSSでアニメーションを実現するための機能をCSS TransitionsおよびCSS Animationとして提案している。機能はすでにWebKitで実装されている。仕様の作成者も同じだ。なぜアニメーションを実現する仕様を1ヵ月で2つも公開したのだろうか。Mozilla Foundation, JavaScript Evangelist, John Resig氏が両仕様の違いを簡単にまとめている。Webデベロッパはチェックしておきたい。

[16:08 11/14]

次期Debian「Lenny」のリリース候補第1版が公開

Debian GNU/Linux 5.0 (Lenny) のリリース候補第1版が公開された。

[15:49 11/14]

HTMLを綺麗に保つ12の原則

Chris Coyier氏がSmashing MagazineにおいてHTMLをクリーンに保つための12の原則を12 Principles For Keeping Your Code Cleanとして紹介している(厳密には原則は11個)。優れたデザインはまず適切なマークアップがあってこそ実現しやすいというわけだ。HTMLをクリーンに記述する方法としてはよく要点がまとまっていて資料的価値がある。WebデザイナやWebデベロッパは一度チェックしておきたい。

[13:54 11/14]

ダイナミックObjective-C 第116回 デザインパターンをObjective-Cで - Interpreter (2)

Interpreterデザインパターンは、非常にプログラミング言語よりのパターンだ。自分で、新しくて、それでいながら簡易なプログラミング言語をデザインするときに使う事になるだろう。それ以外の場合は、なかなかお目にかかれないパターンだ。

[13:52 11/14]

Hello Worldコレクション 第20回 ネットワーククライアント編 - いろんな言語でソケットプログラミング

第20回は、ネットワーククライアントのHello Worldです。これは、特定のホストの特定のポート番号にTCPで接続し、そこから受信した文字列を表示するプログラムです。具体的には、第12回で作成したネットワークサーバのプログラムに接続し、サーバから送られてくるHello Worldの文字列を表示するようなクライアント側のプログラムを作成します。

[09:00 11/14]

2008年11月13日(木)

Spring、Groovy、Grails 1企業の旗本へ、SpringSource買収発表

SpringSourceがG2Oneを買収した。SpringSourceはSpringの支援企業、G2OneはGroovyおよびGrailsの支援企業だ。言葉をかえればSpring、Groovy、Grailsが単一企業の支援のもと開発されるようになったということだ。GrailsはSpringをベースにしてGroovyで開発されているなど、そもそもこれらプロダクトは親和性が高い。今度どういったプロダクトが展開されることになるのか興味深い。

[21:30 11/13]

LLVM 2.4次世代コンパイラインフラ最新版、さらに上質のコード生成

モダンな設計に基づいたコンパイラインフラストラクチャLLVMの最新版2.4が公開された。従来のバージョンと比較してほとんどのケースで以前よりも優れたコードを生成するほか、-O0最適化オプション時のコンパイル時間短縮、バグ修正と機能改善が実施されている。LLVMの開発は活発で成果物も優れていると評価が高い。今後の開発に注目したいほか活用検討にも取り組んでおきたいプロダクトだ。

[21:29 11/13]

2008年11月12日(水)

Firefox 3.1、Element指定API実装で開発負荷軽減はいいけれど…

Firefox 3.1開発版にElement Traversal Specificationの実装が取り込まれた。これでいままで全ノードが対象となっていたため煩雑なプログラミングを必要とされた部分で、よりスマートなJavaScriptが書けるようになる。しかし仕様には「.childNodes」に該当する「.childElements」ともいうべき属性が含まれていないごとにJohn Resig氏は疑問を呈しているが…

[10:33 11/12]

C++ 12年ぶりに次世代スタンダードへ - "C++0x" 策定進み草案公開へ

次世代C++仕様として策定が進められているC++0xだが、2008年9月末の会議で採用する機能がほぼ決定し、10月に入ってからついにStandard for Programming Language C++のワーキングドラフトが公開された。委員会は2010年の正式公開へ向けて細かい修正を続けていくとしている。並列プログラミングや関数プログラミング機能の強化など新しい機能を盛り込んだ12年ぶりの新C++が登場することにりそうだ。

[09:00 11/12]

JavaScript性能評価ツールJSLitmus、ローカル/外部変数で性能差

WebメールやWebサービスの統合サービスを提供しているZenbeからJavaScriptアプリケーションの開発に活用できるテストツールJSLitmusが公開された。Firebugでは調べきれない細かいベンチマークをアドホックに開発するためのツールで、JavaScript開発に適用できる有益なツールだ。試しに実施されたベンチマークからローカル変数とグローバル変数に関する考察も示されている。

[08:00 11/12]

2008年11月11日(火)

Ext JS 3.0 - 2009年の早いタイミング、コアライブラリを差し替え

Ext JSの次期メジャーリリースとなる3.0のリリーススケジュールが公開された。登場は2009年の早い時期になるとされ、コアベースライブラリをより軽量で高速に動作するものへ差し替える旨が発表されている。Ext JSはそれ単体で動作しデスクトップと近いエクスペリエンスを提供するといった特徴がある。Ext JSを採用している場合には3.0の登場に注目しておきたい。

[19:07 11/11]

HTML5では○○ができない、HTML5週間報告エピソード12

The WHATWG Blogでは現在WHATWGおよびW3C HTML Working Groupによって策定が進められているHTML5作業のサマライズを紹介するブログを"This Week in HTML 5"として毎週公開している。今週は主要編集者が席をはずしているためMark Pilgrim氏がいつもとは違った内容をアップした。HTML5では○○ができないというリストで仕様を理解するうえで手助けとなるものだ。

[19:06 11/11]

mod_cluster登場、mod_jkやmod_proxyよりも優れたロードバランシング

JBoss Web ProjectおよびJBoss AS Clustering Projectから興味深いプロジェクトが発表された。mod_clusterだ。Apache HTTP Serverで動作するモジュールでロードバランシングの機能を提供する。mod_jkやmod_proxyと違ってバックポートを使ってモジュールが動的に情報を収集できるため、これまでも設定レスで優れたロードバランシングを実現できる。要注目のモジュールだ。

[16:31 11/11]

2008年11月10日(月)

Mac OS Xに対応 IntelliJ IDEA 8登場 - サクサクJava IDE最新版

JetBrainsは1年ぶりにJava統合開発環境の最新版IntelliJ IDEA 8を公開した。毎年この時期に行われるメジャーアップデートだ。今回のバージョンはMac OS X版が用意されている。SQL Query Runnerの導入、UML風クラスダイアグラム操作の実現、JBoss Seamサポート追加など新機能の追加と既存機能の改善を続けた正統進化版だ。サクサク開発できる同IDEAを支援する熱心なユーザは多い。特にOS Xユーザは今回のバージョンをチェックしてみるとよさそうだ。

[20:05 11/10]

Python 3.0 rc2登場 - バグを潰してから正式リリース

Python 3.0のファイナルリリースはまだ先になりそうだ。6日(オランダ時間)に第2の準備リリースPython 3.0rc2が公開された。ファイナルリリースの前にクリティカルなバグはすべて潰しておく方針ということだ。2系の最新版となる2.6はすでに10月1日(オランダ時間)に登場した。3系を待っている場合、まずPython 2.6への対応を実施しておくといいだろう。2.6は3.0への架け橋となるバージョンとしてリリースされている。

[12:17 11/10]

Selenium IDEとSelenium RC、JUnitで試験自動化 - Ext GWT編

Ext JS - Blogにおいて"Testing Ext JS & Ext GWT Applications With Selenium"のタイトルのもとExt JS、Ext GWT、Seleniumの3つに注目しブラックボックス試験を実施する方法が説明されている。Selenium IDEをベースにSelenium Remote Controlの自動化機能とGWT経由のJUnitでユニット試験の記述を活用するという内容だ。Webアプリ開発に適用できる事例として興味深い。

[11:31 11/10]

GlassFish v3 プレリュード、ついに登場 - JRuby/Java EE 6対応最新版

Sunは6日(米国時間)、GlassFishの最新版となるGlassFish v3 Preludeを公開した。JRubyへの対応やJava EE 6への早期対応が実現されている。高速デプロイ機能にも注目だ。ヘビーアプリケーションのデプロイのみならず軽量な用途でも活用できるように仕上げられており、v2よりも多くのシーンで活用できる内容に仕上がっている。JavaやRubyに対応したASを検討している場合はv3 Preludeも検討に加えるとよさそうだ。

[11:27 11/10]

HTML5 新機能の説明連載開始、1回目はsection要素

HTML5が勧告として登場するのは2010Q3以降になるとみられている。少なくとも2年弱ほど先の話になるわけだが、主要ブラウザは策定中のHTML5/CSS3への対応を進めており、勧告以前から活用が進むのではないかとみられる。HTML5で登場する機能を調査していくのは有益だ。The WHATWG BlogでHTML5の新機能や要素を紹介する連載がはじまっているため、Webデベロッパやデザイナは注目しておきたい。

[11:18 11/10]

2008年11月08日(土)

バルマー氏が国内開発者にAzureをアピール - Microsoft Developer Forum

東京都港区の六本木アカデミーヒルズにて11月6日、マイクロソフト・テクノロジーを利用する開発者向けの技術フォーラム「Microsoft Developer Forum 2008」が開催された。10月27日に米ロサンゼルスで開催された「Professional Developers Conference(PDC) 2008」にて発表された新技術を紹介したほか、米Microsoft CEOのスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)氏も登壇し、日本人開発者から寄せられたさまざまな質問に答えた。

[18:16 11/8]

2008年11月06日(木)

イマドキのIDE事情 第43回 CIツールとIDEの連携 - EclipseからHudsonを利用する

Hudsonとは、JavaベースのCI(Continuous Integration)ツールだ。CIツールにはさまざまなものが存在するが、中でもHudsonはオープンソースであること、セットアップが容易であること、標準で日本語化されていることなどから人気を集めている。今回はHudsonのセットアップから、Eclipseプラグインhudson-eclipseによるEclipseとの連携方法までを解説する。

[17:01 11/6]

最良の画像フォーマットはPNG8、GIFはアニメーション、JPEGは写真に

Stoyan Stefanov氏による画像最適化解説シリーズの第2段が公開された。今回はGIF、JPEG、PNG8、PNG24/32から適切な画像を選択するというもので、結論からいえばほとんどのケースでPNG8を推奨、アニメーションが必要とされる場合はGIFを、写真データならJPEGを使うのがいいとしている。PNG24/32はできればPNG8に変換するなどして避けた方がよく、どうしても必要な場合にはAlphaImageLoader/CSSを使った処理を加えるようにアドバイスしている。

[16:24 11/6]

Firefox 4で期待される機能はPrism、Weaver、Geode

Firefox 3.1のリリースは年末か2009年になるだろう。メジャーアップグレードとなるFirefox 4の登場はさらに1年以上先の2010年になる見通しだ。Simple ThoughtsにおいてこのFirefox 4に望む機能トップ3としてPrism、Weave、Geodeが紹介された。これら機能はMozilla Labsで開発段階にあるが、Firefox 4よりも前のバージョンのFirefoxや他のブラウザで先に登場する可能性も高い。

[16:21 11/6]

PHP開発のエッセンス 第5回 PHP 6と国際化

名前空間と並ぶPHP 6の大きな変更点として、「国際化対応」があります。「ん? これまでもmbstringがあったじゃん」と思われるかもしれませんが、mbstringはあくまでもエクステンション。つまり拡張機能であって、PHP本体の機能ではありませんでした。

[10:00 11/6]

2008年11月05日(水)

Click最新版登場、WebアプリをJavaプログラム目線で開発する

Java WebアプリケーションフレームワークClickが8ヵ月ぶりに最新版として公開された。マイナー番号のアップデートだが新機能の追加や機能拡張が実施されたメジャーアップグレードという位置づけだ。パフォーマンスも改善されており、1.4を使っている場合には1.5へのアップグレードを検討したいところだ。

[19:22 11/5]

Yahoo! BOSSでチューンされた検索エンジンを作る方法

Yahoo!は4ヵ月ほど前に検索サービスをYahoo! Search BOSSとして公開した。これは検索インデックスへのアクセスをWebサービスとして提供するもので、特定の分野に特化した検索サービスを開発できるサービスとして注目を集めた。しかし開発は難しいのでは… そう考える必要はなさそうだ。Yahoo! Developer Network BlogにBOSSの開発サンプルが紹介されている。簡単に検索サービスが作成できることがわかる。Webデベロッパは一度目を通しておきたい。

[14:10 11/5]

Fedora 10のプレビュー版が公開 - 正式版は25日を予定

Fedoraプロジェクトが「Fedora 10 Preview」を公開した。正式版は、11月25日のリリースが予定されている。

[11:08 11/5]

2008年11月04日(火)

異色のJavaScriptアプリケーションサーバJaxer 1.0登場、3年の集大成

ベータ版が公開されてから9カ月強、もともとの開発期間も含めれば3年にも及ぶ作業の成果物がAptana Jaxer 1.0として公開された。Aptana JaxerはサーバサイドでもJavaScriptを使った開発ができるアプリケーションサーバ。Firefoxの成果物を統合することで実現している。クライアントもサーバもシームレスにJavaScriptで開発できる異色の存在だが、今後主流になる可能性を秘めている。初の1.0リリースに注目しておきたい。

[19:45 11/4]

Firefoxシェア20%超えもIEは純減、Chromeは… - 10月ブラウザシェア

Net Applicationsの報告によると2008年10月はFirefoxのシェアが20%をこえる週があらわれた。10月のシェアとしては19.97%に落ち着いたが、IEの純減とFirefoxの純増という傾向からいけば2008年11月にはFirefoxのシェアが20%を越えることになりそうだ。ChromeのシェアはOperaを若干下回るところで推移している。

[18:36 11/4]

OpenBSD 4.4登場、UltraSPARC IV/T1/T2やSPARC64-V/VI/VIIに対応

OpenBSDの最新版となるOpenBSD 4.4が公開された。UltraSPARC IV/T1/T2および富士通SPARC64-V/VI/VIIを使ったマシンが新しくOpenBSD/sparc64としてサポートされたほか、Freescale MPC8349E System-on-ChipプラットフォームをベースとしたマシンがOpenBSD/socppcでサポートされている。配布物やFTP経由で取得できるほかCDROMを購入することで手に入れることもできる。

[17:08 11/4]

IBM製メインフレームで動くOpenSolarisのプロトタイプが公開

IBM製メインフレーム「system z」で動作するOpenSolarisのプロトタイプが公開された。

[16:36 11/4]

LinkedIn、OpenSocial対応アプリ環境公開

ビジネスソーシャルネットワークサービスLinkedInがOpenSocialに対応したアプリケーションプラットフォームInAppsを公開した。OpenSocial 0.8に準拠し、Y!OSと同じくOAuthを認証機能として採用したRESTエンドポイントがデプロイされている。アプリ開発者向けに収益を得る機会も設けられているという。システム自体はShindig (Java)を使って開発されたようだ。海外のSNSではソーシャルアプリケーションの普及が順調に進んでいる。

[14:51 11/4]

Fedora非公式パッケージ用リポジトリ「RPM Fusion」正式オープン

FedoraとRed Hat Enterprise Linuxを対象としたパッケージリポジトリ「RPM Fusion」が正式にオープンした。

[13:35 11/4]

2008年10月31日(金)

画像を最適化してページ表示速度を高速化する方法を知りたいなら

YSlowの開発者あであり、JavaScriptのブロックを回避してページ読み込みを高速化させるテクニックを紹介したStoyan Stefanov氏が興味深い連載を開始した。今度はページにおける画像に注目した連載で、平均で半分近くの容量を占める画像をいかに品質を損なうことなく高速に表示させるかを数回に渡って紹介するという。Part 1では画像に対する取り組みがユーザエクスペリエンスの向上に欠かせないことと今後の連載内容を紹介するに止めている。Webプログラマとデザイナは要チェックだ。

[18:34 10/31]

Google App EngineをベースにしたWebサービス事例

2008年10月末にYahoo!とMicrosoftが立て続けにクラウドコンピューティングサービスを発表した。MicrosoftのAzureはまだ発表されたばかりでどういったサービスがどういった値段で提供されるのかはわからない。しかしAmazon、Google、Yahoo!、Microsoftというビッグプレーヤがクラウドコンピューティングサービスに出揃ったことは注目しておく必要がある。サービスに違いはあるが、ここではGAEの活用事例からクラウドで実現されるものを見ていきたい。

[18:19 10/31]

ダイナミックObjective-C 第115回 デザインパターンをObjective-Cで - Interpreter (1)

Objective-CとCocoaの立場から、デザインパターンを眺めてみるこの取り組みも、いよいよ佳境に入ってきた。残すところ数パターンとなってきた。だが、まだまだクセの強いパターンが残っている。今回からは、Interpreterパターンを取り上げよう。文法や言語を読み込むために使われるパターンだ。

[17:26 10/31]

Hello Worldコレクション 第19回 PHP編 - Webアプリ開発定番言語をあえてコマンドラインで実行する

第19回は、PHPのHello Worldです。PHPは、HTMLファイルに埋め込んでWebアプリケーションとして利用するのが普通ですが、コマンドライン上で実行することもできます。本稿では、コマンドラインから利用するPHPのHello Worldプログラムについて考えます。なお、PHPはバージョン5.2.6で動作確認しています。

[10:00 10/31]

Linuxディストリビューション「Ubuntu 8.10」が正式リリース

Linuxディストリビューション「Ubuntu 8.10」が正式にリリースされた。KubuntuやXubuntuなどの派生版も公開されている。

[09:55 10/31]

Transact-SQLの関数を理解しよう - NULLと型変換編

前回は日付と数値を操作する関数について紹介しました。引き続き、本編では、NULL値を扱う関数と型変換に関する関数について紹介します。そして最後に、これまで紹介してきた関数を組み合わせる例についても紹介します。

[09:00 10/31]

2008年10月30日(木)

MooTools、プラグインリポジトリを開放

MooToolsでおもしろい試みがおこなわれている。これまで開発チームが管理していたプラグインのリポジトリを希望する開発者にオープンにするというのだ。それに同チームが開発したスクリプトもBetaとしてもっと手軽に迅速にダウンロードページに表示されるように変更が実施された。プロジェクト管理にかかる手間は少なくない。MooTools開発チームの今回の取り組みはプロジェクト管理の手間を削減しつつ開発や成長を継続させる方法として注目だ。

[22:39 10/30]

仮想化機能を強化した「Red Hat Enterprise Linux 5.3」のβ版が公開

企業向けLinuxディストリビューションの最新開発版「Red Hat Enterprise Linux 5.3 Beta」が公開された。試用期限は2009年1月6日まで。

[19:36 10/30]

Yahoo!、BrowserPlus一般公開 - 遅れること1年5カ月弱、Gears+Chromeに対向

Google Gearsの登場に遅れること1年5ヵ月弱、Yahoo!はGearsに対向することになると見られる技術BrowserPlusの一般公開を開始した。2008年6月にはすでに公開されていたが、セキュリティ上の理由から限定された機能公開に制限されていた。BrowserPlusはGearsよりも提供機能が幅広い。どちらかといえばGoogle Chrome+Gearsに対向するのがBrowserPlus+任意のブラウザということになる。Web 3.0の要の技術とされているが…

[18:44 10/30]

Yahoo!、Y!OS開発キット登場 - Flash SDKとPHP SDK

Yahoo!からGoogle App Engineに対向するクラウドコンピューティングサービスYahoo! Open Strategy、通称Y!OSが公開された。開発言語はPHPとFlashだ。SDKが公開されると発表されていたが、翌日にさっそくFlash SDKが公開された。すでにPHP SDKも公開されている。はじめにOAuth認証スキーマを理解しておく必要があるが、あとは同梱されているAPIドキュメントを参考にして開発に取り組めそうだ。

[18:37 10/30]

Rails 2.2 誤解多いスレッドセーフ、公開前に理解

Railsの次期メジャーバージョンとなるRails 2.2のリリースが近づいてきた。前評判どおり、Rails 2.2にはスレッドセーフモードが用意されている。スレッドセーフが実現されたことで並列に動作させるプロセスの数を減らすことができ、その分だけ性能を向上させることが可能になる。ただしスレッドセーフについては誤解も多いようだ。Rails 2.2がリリースされる前に2.2で何が実現されたのかを把握しておきたい。

[18:10 10/30]

2008年10月29日(水)

Google、エンタープライズ強化狙いAppsに機能追加 - サードベンダへ開放も?

Googleの主な経営戦略は広告にある。コンシューマ向けに無料のネットワークサービスを提供し、大規模なアクセスを確保したのちに広告事業を展開する。しかし売上の割合は少ないもののエンタープライズ向けのサービスも提供している。Googleはうち一つであるGoogle Appsをさらにエンタープライズに食い込ませる計画であり、実験的な機能の追加やサードパーティへプラットフォームとしての提供などを実施していく意思を示している。

[19:10 10/29]

Yahoo!、Y!OSを発表 - 遅れること11カ月弱、Google App Engineに対応

Google App Engineが公開されてから遅れること11ヵ月弱、ついにYahoo!からもクラウドコンピューティングを実現するための開発ツールとデプロイプラットフォームが公開された。その名もY!OS 1.0だ。今回公開されたのはデータを取得するREST API、ウェブサービスをデータベースのように操作するクエリ言語、作成したアプリのデプロイプラットフォームだ。Yahoo! MailやYahoo! Messengerは年末から2009年にかけて統合が実施されるという。

[19:00 10/29]

世界的に著名なWebエンジニアが参集 - 「Web Directions East」11月7日開催

11月7日、東京都新宿区のベルサール西新宿においてWebアプリケーション開発者・管理者向けの技術カンファレンス「Web Directions East」が開催される。

[18:22 10/29]

Mozilla Ubiquity大量のフィードバック後、初アップデート

Firefoxをクールなコマンドプロンプトから制御できるようにしようという野心的なプロジェクトUbiquityのアップデートが公開された。マイナーアップデートという位置づけだが、以前のバージョンを公開してから得られたバグ関連が修正されたほか、要望されていた機能が実装されている。Ubiquityでコマンドを開発している場合には朗報だ。開発者も増えるなど今後ますますの発展が注目される。

[17:22 10/29]

Qt + Symbianでモバイルアプリケーション開発を促進 - Qt Software

英Symbianが10月21日と22日、英ロンドンで開催した展示会「Smartphone Show 2008」では「開発」に大きなスポットがあたった。2日目の基調講演では、フィンランドNokiaのQt Software部門でCTOを務めるBenoit Schillings氏が、Symbianとクロスプラットフォーム開発フレームワーク「Qt」の組み合わせがもたらすメリットについて説明した。

[17:12 10/29]

Ruby 1.9.1で1.9系安定版へ、10カ月を経てプレビュー公開

劇的な実行速度の向上を実現した待望のRubyとしてRuby 1.9.0が公開されたのは10ヵ月前となる2007年12月25日(米国時間)だ。そのRuby 1.9系がやっと安定版リリースになろうとしている。次にリリースが予定されているRuby 1.9.1は安定版になる見通し。現在の安定版はRuby 1.8.7だが1.9.1の登場とともに高速化されたRuby 1.9系がメインストームバージョンになる。Rubyを使った開発を実施している場合には同リリースに注目しておきたい。

[17:08 10/29]

FreeBSD 10ギガビットネットワーク高速通信の秘密

CPUコアの性能向上に鈍化が見られることから、ギガビット級のネットワーク通信を高速化する手法がこれまでの設計とは異なり始めている。EuroBSDCon 2008でRobert Waston氏がFreeBSDで実現した高速通信技術をまとめて発表した。最近のネットワーク処理高速化の方法説明としてよくできた発表だ。FreeBSDの高速通信の秘密はどこにあるのかー

[14:08 10/29]

2008年10月28日(火)

総コア数1,392の高性能FreeBSDクラスタ、リソース割り当ての技法紹介

FreeBSDはISPやホスティング事業を提供しているベンダや、Yahoo!などの総合インターネットサービスベンダで大規模に採用されている。どういった構成でFreeBSDクラスタが組まれているかなどの情報が公開されるケースは少ないが、なかには情報を公開している企業・組織もある。そうした組織のひとつがAerospaceだ。大規模システムを構築しつつ、リソース割り当てをスムーズに実施するために活用された技巧はどのようなものなのか。

[12:48 10/28]

UFS2 Dirhash、メモリ確保開放動的化でサイズ上限向上 - 性能は不透明

EuroBSDCon 2008においてDirhashのメモリ確保と開放を動的に実施するようにし、Dirhashメモリ上限を引き上げてもメモリ利用を圧迫しないようにするというSummer of Codeの取り組みが発表された。表示されたベンチマーク結果は標準偏差が大きくまた期待していた結果とは言い難いところがあるが、初期の取り組みとコンセプトの証明としては興味深いものがある。Dirhashがどういった機能である今後どうやって発展していくのかも含めて同発表に注目しておきたい。

[11:46 10/28]

Transact-SQLの関数を理解しよう - 日付/数学編

前回は、SQL ServerのTransact-SQL(T-SQL)で、文字列を操作する関数について紹介しました。本編では、日付と数値を操作する関数について紹介していきます。

[09:00 10/28]

2008年10月27日(月)

Samsung、Motorolaもオープンモデル推進へ - 変わる携帯電話の開発スタイル

10月21日から2日間、英Symbianが英ロンドンで開催した展示会「Symbian Smartphone Show 2008」では、SymbianラインセンシーがSymbian搭載端末を展示し、Symbian OSへのコミットを表明した。21日の基調講演では、携帯電話市場でナンバー2の座を競う韓国Samsungと米Motorolaが登場した。

[19:26 10/27]

OpenVPN+FreeBSDで3万人の大学院関係者にVPNを提供 - UTORid

VPNを使ったサービスの提供はもはや業務を進めるうえで必須技術のひとつだ。VPNに対応しているルータアプライアンスを導入することもあれば、大規模になってくれば自前でシステムを構築することもある。EuroBSDCon2008でOpenVPN+FreeBSDの構成で3万人を対象にしたVPN構築時例が紹介された。採用されたハードウェアも含めてどうした判断が行われどういったシステムを構築したのかが示されている。VPNシステム構築の参考になるものだ。VPN関連技術を整理するうえでもチェックしておきたい。

[17:37 10/27]

PUFFS、カーネルとユーザランドでFS実現 - 短縮パスで高速化も

次世代FSの実現へ向けた取り組みが進められている。各OSで特徴的な開発が進めれており、そうした中の一つにNetBSDのPUFFSがある。Antti Kantee氏が開発している仕組みで、カーネルFSをそのままユーザランドのサービスとして実行させる仕組みだ。FUSEと違いカーネルAPIがそのまま使えるという特徴がある。SoC 2008ではカーネルを経由しないで直接FSを操作するツールが開発されるなど開発は活発に継続されている。

[16:41 10/27]

2008年10月25日(土)

ダイナミックObjective-C 第114回 デザインパターンをObjective-Cで - Mediator (3)

前回は、Cocoaの実装におけるMediatorパターンの例として、MVCアーキテクチャの中のコントローラを取り上げた。今回は、このMVCアーキテクチャがさらに発展した形体について紹介しよう。

[13:00 10/25]

2008年10月24日(金)

Ubuntu 8.10のリリース候補が公開 - 正式版は10月末の予定

Ubuntu Linux次期バージョン「Ubuntu 8.10」のRC第1版がリリースされた。KubuntuやXubuntuなど派生版についても、同日付でRC版が公開されている。

[10:16 10/24]

jQuery、Dojo、YUIの使えるウィジェット

本稿では「Ajax JavaScriptフレームワークどれを選ぶべきか - John Resig比較」にも挙げられた、主要なシェアを確保しているjQuery、Prototype、Yahoo! User Interface Library、Dojo、Mootoolsから、特に最近勢いがあるjQueryと、フルフィーチャフレームワークの代表格であるDojo、クロスブラウザのサポートがしっかりしているYUIの3つに的を絞ってウィジェットを紹介する。

[10:00 10/24]

2008年10月23日(木)

米Sun、Java SE 6 Update 10をリリース - パフォーマンス向上、新機能追加

米Sun Microsystemsは21日(米国時間)、「Java SE 6 Update 10」(以下、Java SE 6u10)をリリースしたと発表した。今回のリリースでは、パフォーマンスと操作性の向上が大きな特徴として謳われている。

[14:04 10/23]

登場して間もない最新版で学ぶ「Dojo Toolkit」

一般的に高機能JavaScriptフレームワークとして知れれるDojo。最初のバージョンがリリースされて3年弱、Dojoはさまざまな機能を実装してきた。強力なUIを備えたウィジェットが数多く用意されており、あるウィジェットを探していたらDojoにたどりついた、という方も多いのではないだろうか。そのDojoの最新版「Dojo Toolkit 1.2」が10月6日にリリースされた。そこで、本稿では、最新版を用いて、Dojoの簡単な使い方からいくつかのウィジェットの使用方法を紹介する。

[11:00 10/23]

PHP開発のエッセンス 第4回 PHP 6を先取り(3) PHP 6のnamespace

前回はPHP 6のインストールまで進んだので、あとはApacheの中心的な設定ファイル「httpd.conf」を編集し、必要な設定を行いましょう。root権限を取得してからhttpd.confをエディタで開き、PHP 6のモジュールがロードされる設定になっていることを確認します。以下の1行が記述されていればOKです。

[10:30 10/23]

QtこそがNokiaのプラットフォーム戦略を支えるソフトウェア - Nokia副社長

Nokiaは今年6月、ノルウェーのオープンソース企業Trolltechの買収を完了した。Trolltechは、クロスプラットフォーム開発フレームワーク「Qt」で知られるベンチャー企業で、NokiaはTrolltechの事業を継承する「Qt Software」事業を立ち上げ、自社ソフトウェア戦略強化に役立てる。Nokiaでデバイス部門研究・開発、Qt Software担当副社長のSebastian Nystrom氏に、詳しい話を聞いた。

[09:00 10/23]

2008年10月22日(水)

イマドキのIDE事情 第42回 EclipseでMavenを使おう

MavenはApache Software Foundationで開発されているJavaベースのビルドツールだ。Javaベースのビルドツールというと同じくApache Software Foundationで開発されているApache Antが有名だが、AntはコンパイルやJARファイルの生成などすべての処理をビルドファイルに記述する必要があるのに対し、MavenではMavenのルールに従うことで、あらかじめMavenで提供されているビルドプロセスを利用することができる。今回はEclipseとMavenを組み合わせて利用するためのプラグインとしてq4e、m2eclipse/m2eclipse-lightを紹介する。

[23:32 10/22]

Transact-SQLの関数を理解しよう - 文字列編

SQL Serverにおいて効率的に開発をするためには、そのSQL言語である「Transact-SQL(T-SQL)」を理解する必要があります。そこで、本稿では、Transact-SQLにて利用できる主要な関数について解説します。効率的にSQLプログラミングできるように、Transact-SQLの関数を理解してみてはいかがでしょうか。

[09:00 10/22]

「Gears Geolocation API」がWi-Fi信号サポート、ノートPC対応を強化

米Googleは10月21日 (現地時間)、Webアプリケーションに位置情報を提供するGears API「Gears Geolocation API」をアップデートした。従来の携帯電話基地局、GPS、IPアドレスに加えて、Wi-Fi信号を利用した位置特定が可能になった。

[05:25 10/22]

2008年10月21日(火)

Googleに最適化されたLinux「gOS」がMoblinをサポート

Googleのサービスに最適化されたLinuxディストリビューション「gOS」が、、MID機器向けLinux開発プロジェクト「Moblin」の成果を活用し、Intel Atomプロセッサ搭載のネットブック / ネットトップ向けに提供される。

[07:51 10/21]

2008年10月17日(金)

ダイナミックObjective-C 第113回 デザインパターンをObjective-Cで - Mediator (2)

前回は、Mediatorパターンの概要を紹介した。今回からは、Cocoaフレームワークの中で、このパターンを利用して解釈できるものを紹介しよう。取り上げるのは、Cocoaアプリケーションの中でも中心的な概念になる、コントローラだ。

[12:35 10/17]

Hello Worldコレクション 第18回 続・X Window System編 - あえてメジャーではないツールキットを使う

第18回は、再びX Window System(以下X)のHello Worldです。Xでは、ツールキットごとに異なるプログラムを作成できますが、今回は、第10回で取り上げたXaw、GTK+、Qt以外のツールキットを使ったHello Worldを作成します。

[09:00 10/17]

ACCESS、「NetFront Browser Widgetsコミュニティサイト」を正式オープン

ACCESSは16日、Windows Mobile端末にターゲットした「NetFront Browser Widgetsコミュニティサイト」を正式にオープンした。開発ツールの提供も開始されている。

[08:04 10/17]

2008年10月16日(木)

NTTデータら、Eclipse 3.4に対応した日本語化言語パックをリリース

NTTデータ、NTTデータビジネスブレインズ、うぃるの3社は10月16日、Eclipse Japan Working GroupおよびNTTデータイントラマートと協力して、Eclipse 3.4に対応した『「日本語化言語パック」3.4』をリリースしたと発表した。本日より、NTTデータグループ・オープンソーススクエアにて無償公開される。

[18:49 10/16]

2008年10月15日(水)

Webサイト構築手法、累進的拡張を知る

A List Apartにおいて累進的拡張によるWebサイトの構築が紹介している。累進的拡張はもともと2003年にSXSW Austinで発表された考え方で、その発想自体はシンブルだ。コンテンツを作成してそこに随時決まりごとにそってデザインと振る舞いを追加していく。2008年におけるProgressive Enhancementの実現としてはAlex Holt氏が紹介したUnobtrusive DOMプログラミングがわかりやすいので、こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

[16:48 10/15]

FireSymfony、SafariおよびGoogle Chromeのサポートを表明

FireSymfonyの最新版が公開された。キャッシュ情報をまとめて表示するためのキャッシュパネルが登場した点に注目しておきたい。またFireSymfonyの開発者はWebKitのWebインスペクタに注目しており、いくらかはすでに移植されて動作するようになっているところも興味をひく。将来のバージョンではFirefoxのみならずWebKitを採用するSafari4やGoogle ChromeでもFireSymfonyが動作するようになりそうだ。

[15:28 10/15]

2008年10月14日(火)

MozillaがWeb開発ツールの研究開発を担うグループを設立

Mozillaの研究部門Mozilla Labsは13日 (米国時間)、Webデベロッパ向け開発ツールの研究開発に取り組むグループを設立すると発表した。

[21:13 10/14]

Google、Summer of Code 2008の成果発表 - FreeBSDの場合

Googleは2008年9月にSummer of Code 2008を終了させた。1,125人の学生が参加した2008年のSoCは最終的に83%が成功をおさめた。参加したグループは170を越えている。その一例としてGoogle Open Source BlogにおいてMurray Stokely氏がFreeBSDプロジェクトの場合を紹介している。FreeBSDでは21名の学生が参加し91%が成功を納めた。その中でも重要な3つのプロジェクトが紹介されている。そのプロジェクトは---

[13:58 10/14]

Google、社内で活用しているログAPI glogを公開、強力なログ機能提供

Googleから社内でアプリケーション開発に活用されているロギングAPIがglogとして公開された。さまざまなヘルパーマクロを提供しているロギングAPIで、シンブルでさまざまな機能を提供しておりコマンドラインからログの振る舞いを変更できるという特徴がある。FreeBSDやMac OS X、CygwinなどのUNIXライクOSとGCCで動作する。ライセンスは3条項BSDライセンス。C++のアプリ開発に便利に活用できそうなライブラリの登場だ。

[13:52 10/14]

「Silverlight 2」、米国時間の14日にダウンロード提供開始

Microsoftは10月13日(米国時間)、RIA開発・実行環境の最新版「Silverlight 2」のWebブラウザ用プラグインを14日(同)にリリースすると発表した。SilversightのサイトからWindows、Mac OS X、Linux版をダウンロードできる。サポートするWebブラウザは、Internet Explorer、Firefox、Safariなど。

[04:54 10/14]

2008年10月11日(土)

企業内システムとも統合する新DRM対応のSilverlight 2が来週公開

Microsoftは10月10日、Webブラウザのプラグインとして動作するプラグイン「Microsoft Silverlight 2」を来週中に公開すると発表した。ブラウザのプラグインとしてRIAを実現するSilverlightでは、新バージョンでDRM(デジタル著作権管理)をサポート。コンテンツを安全に配信できるようになる。

[00:00 10/11]

2008年10月10日(金)

ダイナミックObjective-C 第112回 デザインパターンをObjective-Cで - Mediator (1)

今回から、新しいデザインパターンに入ろう。次にとりあげるのは、Mediatorパターンだ。いろいろなオブジェクトのやり取りを仲介して、それらの間の結びつきを弱める働きをする。Cocoaのような、ユーザインタフェースのフレームワークには欠かせないものだ。

[11:42 10/10]

2008年10月09日(木)

IE8 Beta2、完全標準ではないがクロスドメインに対応

今後のWebアプリケーションはよりアグレッシブに複数のドメインにまたがるリソースにアクセスして動作するようになると考えられている。このクロスドメイン通信を実現する方法として標準になるのではないかと見られているXMLHttpRequest Level 2だが、現在では簡単には試せる実装がない。そこでIE8 Beta 2に注目だ。Access-Control指定が使えるようになったことで完全互換ではないがXDomainRequestで似たような処理を試せる。

[18:39 10/9]

イマドキのIDE事情 第41回 Eclipseの編集機能を強化するプラグイン

EclipseはJavaソースに関しては非常に高度なコーディング支援機能を備えているが、単純なテキストの編集機能という面ではプログラマ向けの専用テキストエディタと比較すると見劣りする部分もある。今回はEclipseのテキスト編集機能を強化するためのプラグインを紹介する。

[18:15 10/9]

Google Chrome サンドボックスで実現するセキュリティ、Windowsの機能に依存

Google Chromeではサンドボックス化することでレンダリングやJavaScriptにおける任意のコードを実行できるといった脆弱性を本質的に低減させている。この仕組みはマルチプロセスアーキテクチャでレンダリングエンジンやJavaScriptエンジンをそれぞれシステムプロセスとして動作させることと、OSの提供しているアクセス制御機能を使ってプロセスそれぞれのアクセスを規制することにある。特別なセキュリティモデルは導入せずにOSのセキュリティモデルに依存しているところに特徴がある。

[17:20 10/9]

PHP開発のエッセンス 第3回 PHP 6を先取り(2) PHP 6をビルドする

前回、PHP 6のソースコードをCVSリポジトリから取得しましたが、さすがに2週間もたてば、PHP 6の開発もだいぶ進行していることでしょう。まず、手元にあるPHP 6のソースコードを、最新の状態に更新しましょう。

[10:00 10/9]

2008年10月08日(水)

Firebug強化、SymfonyのWebデバッグツールバーを統合するFireSymfony登場

Symfonyの提供しているWebデバッグツールバーをFirebugから使えるようにするエクステンションFireSymfonyが公開された。SymfonyはPHP5で開発されたWebアプリケーションフレームワーク。Webデバッグツールバーという便利なデバッグツールを提供しているが、表示されるポジション的にWebサイトデザインに影響を与えるケースがあった。FireSymfonyを使ってFirebug上で操作するように変更することでこの問題に対処できる。

[18:28 10/8]

Ajax JavaScriptフレームワークどれを選ぶべきか - John Resig比較

Ajax JavaScriptフレームワークは代表的なものだけでもjQuery、Prototype、Yahoo UI、Dojo、MooTools、Ext JSなどいくつもある。どれを選ぶべきかというのはWebデベロッパにとって切実な問題だ。そこでJohn Resig氏が公開したプレゼンテーション資料に注目したい。同資料ではそれぞれのフレームワークをコーディング、提供している機能、ファイルサイズ、採用ケース、ライセンスなどさまざまな視点からわかりやすく比較している。価値のある資料だ。

[18:28 10/8]

Neko最新版登場、高速アプリケーションサーバTORAを搭載

Nekoプログラミング言語の最新版となるNeko 1.8.0が公開された。高負荷時におけるマルチスレッド動作が改善されているほか、新しいアプリケーションサーバとしてmod_toraが含まれている。従来のmod_nekoはプロセスを生成するが、mod_toraではスレッドで対処するようになっており、より軽量で高速に動作するように改善されている。mod_nekoからmod_toraへ入れ替えるだけで対応可能だ。Nekoを活用している場合にはこの最新版に注目しておきたい。

[16:30 10/8]

Javaスレッドアナライザ最新版TDA 2登場、VisualVMに対応 JDK 6u7以降適切

JavaスレッドダンプアナライザTDAの最新版となるTDA 2.0が公開された。TDA 2.0の最大の目玉はVisualVMプラグインが用意されたことだ。JDK 6 Update 7からVisualVMはデフォルト配布物に同梱されている。TDA 2.0と組み合わせることでVisualVMにおいてTDAの機能が使えるようになる。VisualVMを使ったJavaアプリケーションの分析作業をおこなっている場合にはTDA 2.0の併用も検討するとよさそうだ。

[16:13 10/8]

Dojo最新版登場、1,100を越える問題を修正 - 磨かれた自信作

Dojoの最新版となるDojo Toolkit 1.2が公開された。DojoはJavaScriptで開発されたフルフィーチャAjaxフレームワーク。ほかのAjax JavaScriptフレームワークと比較すると提供している機能やUIが多岐におよび、Dojoで開発が完了しやすい作りになっている。それがフルフィーチャと呼ばれるゆえんだ。1.2では1.1と比べて1,100を越える問題が修正されており動作に磨きがかかった。1.0や1.1を採用している場合には1.2への移行を検討されたい。

[15:57 10/8]

フリーなMS.NET互換環境「Mono 2.0」がリリース

Monoプロジェクトは6日、Microsoft .NET互換の開発フレームワーク / ランタイム環境「Mono 2.0」をリリースした。

[13:35 10/8]

SubSonicを使ってASP.NETで簡単にDBアクセスする - 開発TIPS集

前回は、SubSonicによって生成されたコードを使って効率的にプログラミングする方法について紹介しましたが。今回は開発で役立つ情報をTIPS的に紹介します。

[10:00 10/8]

2008年10月07日(火)

Ajaxにおけるセキュリティ: 明示的トークン検証手法

Ajax JavaScriptアプリケーションの普及にともない同分野特有のセキュリティに気を配る必要性が高まっている。そこでKris Zyp氏が公開した文書"Security in Ajax"に注目だ。セキュリティモデルをクライアント代理サーバモデルとして考えることが重要だとし各種対策方法をまとめている。特にダブルサブミッションクッキーを使って明示的に認証をおこなう手法(Explicit Token Validation)が効果的として実装例が示されている。一度チェックしておきたい文書だ。

[16:40 10/7]

2008年10月06日(月)

Google Chromeが検索プロバイダに送信するデータ、Chromiumがある真の理由

Google ChromeやChromiumでは検索プロバイダに情報を送信している。どういった情報を送信しているのかGoogleから説明が公開された。基本的に無効化できるが検索プロバイダがGoogleである場合には無効化できない機能もありさらにGoogleUpdateはChromeからは無効化できない。Google ChromeはChromiumにGoogleUpdateなどを追加したものだ。セキュリティと選択性というバランスにGoogleが見出した答えは−−−

[18:38 10/6]

新JavaScriptエンジンを採用した「KDE 4.1.2」がリリース

統合デスクトップ環境KDEの最新版「KDE 4.1.2」がリリースされた。JavaScriptをバイトコードに変換して実行するエンジン「Frostbyte」を採用、Webアプリ実行環境が強化されている。

[08:31 10/6]

2008年10月03日(金)

Ubuntu 8.10のβ第1版がリリース - Kubuntuなど派生版も

Ubuntu Linux次期バージョン「Ubuntu 8.10」のβ第1版がリリースされた。KubuntuやXubuntuなど、派生版についてもβ版が公開されている。

[20:46 10/3]

MooToolsを30日でマスターするチュートリアル登場 - 現在21日目

MooToolsを30日かけてマスターするチュートリアル「30 Days of Mootools 1.2 Tutorials」が公開されている。執筆現在で21日目まで公開されている。JavaScriptやMooToolsのプログラミング経験がないデベロッパを対象としたドキュメントで、MooToolsを活用したWebアプリケーション開発に応用できる優れた資料だ。最新のMooTools 1.2を使いこなしたいと考えている場合にも一度チェックしてみてほしい。

[20:05 10/3]

Firebugに計測機能、ページ読込時間ツールHammerhead登場

YSlowの開発者であるSteve Souders氏から新しいエクステンションHammerheadが公開された。YSlowと同じくFirebugにインストールして活用するタイプのもので、ページの読み込み時間を計測する機能を提供する。キャッシュのクリアも手軽に実行できるようになっており、ページの読み込み時間を計測するには便利なエクステンションだ。

[18:18 10/3]

Hello Worldコレクション 第17回 続・Perl編 - さらに深くPerlの世界を探ってみる

第17回は、Perlの続編です。Perlは第6回で取り上げましたが、今回は、前回では掲載しきれなかったPerlのHello Worldを、そのGUIのプログラムも含めて取り上げます。

[18:10 10/3]

Yahoo!、JavaScriptフレームワーク最新YUI 2.6.0発表

YUIの最新版となるYUI 2.6.0が公開された。YUI 2.6.0は一つ前のバージョンから450を超える修正が実施され、ほかにも機能拡張と最適化が施されている。ベータ扱いだった8つのコンポーネントは通常コンポーネントに格上げされ、さらに回転式スライドパネルCarouselと複数ページ表示に対応するPaginatorが追加された。YUI 2.5系を使っている場合にはアップグレードを検討されたい。

[16:43 10/3]

Prototype 1.6.0.3登場、待ち望まれていたバグ修正あり堅実さ向上

Prototypeの最新版となるPrototype 1.6.0.3が公開された。Prototype 1.6.0.3では切望されていたバグ修正が実施されており、ひとつまえのバージョンと比較して30のバグ修正と25の改善が実施されている。入れ替えるだけでアップグレードでき、すべてのPrototype 1.6系ユーザにアップグレードが推奨されている。

[16:04 10/3]

ダイナミックObjective-C 第111回 デザインパターンをObjective-Cで - Observer (3)

先日Apple社から、iPhone開発者に向けて、いままでiPhone SDKに課されていたNDAの条項を解除する予定であることが発表された。いままではNDAの制限により、公の場でiPhone開発に関わる議論したり、関連書籍の発売などが出来なかった訳だが、ようやく解禁ということらしい。iPhone開発が本格化してくると、これからObjective-Cを始めるプログラマも増えてくるだろう。ジワジワとObjective-Cに風が吹いてくるのが感じられるようになった。

[13:27 10/3]

Python 2.6登場、製品品質を実現 - Python 3.0への架け橋役担う

Python 2系の最新版となるPython 2.6が公開された。プロセスベースのスレッドインタフェースであるmultiprocessingライブラリが標準ライブラリにはいったほか、2.5から比較して600を超えるバグが修正されている。機能的な最新版となるPython 3.0への橋渡し役となるように工夫されており、2.5系、2.6系、そして近々リリースされる3.0へと順次アップグレードを実施していきたい。

[12:48 10/3]

Google Chromeシェア登場1カ月Opera超え、Firefox3移行は50%

Net Applicationsの報告によると2008年9月におけるWebブラウザのシェアはIEが71.52%、Firefox 19.46%、Safari 6.65%、Opera 0.63%となった。登場1カ月でOperaよりもシェアを獲得したChromeだがアクセス傾向は不安定で、様子見の採用であることがわかる。純粋にシェアを伸ばしつづけているのはSafari 3.2、Firefox3は2からの移行、IEは純減という傾向が確認できる。依然として最大シェアのIEだが、純減傾向が続いている。

[12:01 10/3]

Safari開発版、次世代インスペクタ統合

Safari開発版に最新のWebインスペクタが統合された。デザインが大幅に変更されたほかこれまでスタンドアロンで提供されていたDrosera JavaScriptデバッガが統合されている。それ以外にもHTML 5データベースストレージを操作するためのデータベースパネルの追加や、JavaScriptプロファイリングを実施するためのプロファイラの統合、大幅に変更されたリソースパネルなど見どころが満載だ。次期WebブラウザのWebアプリケーション/サイト開発支援ツールを感じさせるものに仕上がっている。

[11:58 10/3]

Richard Stallman、崩壊妥協なしのGNU 25年間を語る

Richard Stallman氏フリーソフトウェアで構成されたUNIX互換OSの開発を目指したGNUプロジェクトを発表したのは1983年9月27日(米国時間)、今から25年前の話になる。25年という節目もあり同氏は「Avoiding Ruinous Compromises」という文書を公開し、フリーソフトウェア運動を再度説明するとともに、成長するための「妥協」と、身を滅ぼす「妥協」を説明した。身を滅ぼす一切の妥協なし、Richard Stallman氏の25年間−−−

[11:00 10/3]

SubSonicを使ってASP.NETで簡単にDBアクセスする - プログラミング編

前回は、ASP.NETアプリケーションから簡単にデータベースを操作できるオープンソース「SubSonic」の設定方法について紹介しました。本編では、SubSonicによって生成されたコードを使って効率的にプログラミングする方法について紹介していきます。

[11:00 10/3]

ノベル、12月に機能強化した「openSUSE 11.1」を提供開始

ノベルは2日、「openSUSE」に関して最新リリースの予定やコミュニティ最新情報、ノベルのサポート活動などについての記者発表会を開催した。

[09:22 10/3]

2008年10月02日(木)

デジタルノート「Evernote」がAPI公開、スクリプティングに対応

米EvernoteがサービスAPIを公開した。同社は、メモや写真、Webページなど、ユーザーがキャプチャした情報を統合的に管理し、クラウドを通じて複数のパソコンの間で同期するツールやサービスを提供している。API公開により、デジタルノートを用いたマッシュアップが可能になる。

[10:43 10/2]

2008年10月01日(水)

Google Update Engine登場、Mac OS X専用アプリアップデータ

GoogleからMac OS X向けのアプリケーションアップデートフレームワークが公開された。Cocoaアプリケーションから任意のファイル、カーネル拡張まで事実上特権ユーザで操作できるファイルであればなんでもアップグレード対象にできる。これは同社がMac OS X向けの公開しているアプリケーションのアップグレードを簡単に実施するために開発してきたもので、今回Apacheライセンスのもとでオープンソースソフトウェアとして広く公開されることになった。

[23:00 10/1]

Trolltechが「Qt Software」に社名を変更

ノルウェーTrolltechが、社名を「Qt Software」に変更した。あわせてQtの組み込み機器版「Qtopia」も、「Qt Extended」と名称変更されている。

[21:03 10/1]

Google、Mac用ソフト更新フレームワーク「Update Engine」をオープンソース化

Googleは米国時間の9月29日、Mac OS X用ソフトウェア更新フレームワーク「Update Engine」をオープンソースソフトウェアとして公開した。

[15:40 10/1]

Fedora 10のβ版がリリース

Fedoraプロジェクトは米国時間の9月30日、LinuxディストリビューションFedoraの次期バージョン「Fedora 10 (開発コード名:Cambridge)」のβ第1版を公開した。

[10:57 10/1]

2008年09月30日(火)

ボーランド、コマンド処理性能を2.5倍に高めた「Borland StarTeam 2008R2」

ボーランドは29日、変更・構成管理ソリューション「Borland StarTeam 2008R2 日本語版」を発売した。

[18:04 9/30]

質問そのものに投票? 20%ルールから新サービスGoogle Moderator登場

Google 20%ルールからまた新しいサービスが登場した。質問そのものを選ぶというWebサービスGoogle Moderatorだ。質問を投稿できるほか、ほかのユーザが投稿した質問に投票できる仕組みになっており、もっとも多くのユーザが関心を持っている質問が簡単にチェックできるようになっている。関連性と関心性が高い適切な質問を選ぶことで、大人数になってきても効果的な議論や質疑応答が可能になるというわけだ。サービス自体はGoogle App Engine上で開発されている。

[14:18 9/30]

Google Chromeマルチプロセスの功罪、メモリ使用編

Google Chromeは大量のメモリを消費する。これはレンダリングエンジンをサイトごとにシステムプロセスとして生成するマルチプロセスアーキテクチャに原因がある。しかし脆弱性に強いうえ、そのサイトの閲覧ページがすべて閉じられた場合には綺麗にメモリが開放され使用量が減るのも速いという特徴がある。このあたりはトレードオフの関係にあるが、Googleではマルチプロセスアーキテクチャを採用することのトレードオフは妥当なものだと考えているようだ。

[14:10 9/30]

HTML 4.01の正しい記述方法、最小構成編

HTML 4.01に準拠したHTMLドキュメントを作成していると考えているものの、実はコピー&ペーストやコンポーザの出力するコードをそのまま使っているだけで、正しい形式になっているのかそうでないのか理解していないWebデザイナは少なくないかもしれない。そんな方にはSitePointで公開されている"A Minimal HTML Document"を紹介したい。必要最低限のHTML 4.01/XHTML 1.0の記載例と簡単な説明がまとめられている。

[14:01 9/30]

Microsoft、「Visual Studio 2010」の製品計画を明らかに

米Microsoftは9月29日 (現地時間)、開発者向けツールおよびプラットフォームの次版を「Visual Studio 2010」と「.NET Framework 4.0」にすると正式に発表した。両製品を展開する上で同社は5つの柱を挙げ、この日は新たな支柱となる「アプリケーションライフサイクルマネージメント(ALM)のデモクラタイズ」の詳細に触れた。

[08:58 9/30]

MSとNokiaが「jQuery」を公式プラットフォームに採用へ

MicrosoftとNokiaが、JavaScriptライブラリ「jQuery」を公式プラットフォームに採用する方針だ。米国時間の28日、jQueryの公式ブログで明らかにされたもの。

[08:05 9/30]

2008年09月29日(月)

クラウドコンピューティングを定義する4原則

クラウドコンピューティング−−−バズワードの一つだが、Google App Engineの登場によってWeb開発者にとって現実のものと認識されるようになってきた。クラウドコンピューティングをどのように定義するかは人や会社によってさまざまだが、Web 2.0 ExpoでAlbert Wengerから発表された定義がSitePointで紹介されているのでチェックしておきたい。この定義がすべてというわけではないが、クラウドコンピューティングを考えるときの一つの資料として活用できる。

[19:39 9/29]

Google Chromeベースの新ブラウザIron登場

Google ChromeのベースとなっているChromiumをカスタマイズしたウェブブラウザIronがドイツの企業SRWareから発表された。Google Chromeで実装されているクライアントIDの生成機能やGoogleへの情報報告機能を無効にしたカスタマイズブラウザだ。Chromeを使いたいもののこうした情報収集ポリシーが採用の妨げになっているという場合にはIronの試用を検討してみるとよさそうだ。

[17:35 9/29]

JavaScriptライブラリ75選

Smashing Magazineにおいて75の有益なJavaScriptライブラリを紹介する記事"75 (Really) Useful JavaScript Techniques"が掲載されている。シンタックスハイライトや拡張リスト、スライドショーなど特定の機能を実現するためのJavaScriptライブラリが紹介されており、ピンポイントで機能を追加したい場合などに活用できる有益な記事だ。WebデベロッパやWebデザイナは一度同記事をチェックしてみるといいだろう。

[15:18 9/29]

"重要思考"でSEからコンサルタントへ - K.I.T.虎ノ門大学院 三谷宏治氏

システムエンジニアのキャリアパスは明確になっているとは言いがたい。日々進化する技術を追いかけながら、広く深い業務知識をも習得していかなければならないという状況では、自然と受け身の対応をとってしまいがちだ。しかし、三谷氏は、「そうしたなかでこそシステムエンジニアは、キャリアチェンジを常に意識すべきであり、特にコンサルティングスキルを磨いていくことが大切だ」と説く。

[11:36 9/29]

2008年09月26日(金)

Red Hatが見据える次世代のアーキテクチャ

レッドハットは9月25日、クラウド・コンピューティング実現に向けた同社の戦略説明を行なった。説明したのは、米Red HatのVice President, Platform Business UnitのScott Crenshaw(スコット・クレンショウ)氏。

[19:29 9/26]

ダイナミックObjective-C 第110回 デザインパターンをObjective-Cで - Observer (2)

前回はObserverパターンの紹介を行った。今回は、この実例をCocoaの名から探してみよう。取り上げるのは、NSNotificationクラスである。通知と呼ばれるメカニズムを提供するものだ。

[12:14 9/26]

2008年09月25日(木)

JavaScriptベストプラクティス: Unobtrusive DOMプログラミングのススメ

HTML、CSS、JavaScriptを完全に分離して高いアクセサビリティを実現しながらシンプルで効果的なJavaScriptプログラミングを実現する。この方法を「Unobtrusive DOM Scripting」としてAlex Holt氏がSmashing Magazineで紹介している。よく知られたベストプラクティスがわかりやすいサンプルコードとともに紹介されており、Webデベロッパは一度同ドキュメントをチェックしておきたい。

[17:25 9/25]

Apache、継続的インテグレーションサーバ「Continuum 1.2」をリリース

Apache Software Foundationは22日(現地時間)、「Apache Continuum(以下、Continuum) 1.2」をリリースしたことを発表した。

[14:04 9/25]

PHP開発のエッセンス 第2回 PHP 6を先取り(1) - インストールの準備

8月7日にリリースされた「PHP 4.4.9」が、公式にはPHP 4の最終リリースになります。今後は、脆弱性や深刻なバグが発見されても修正パッチが出てくるとは限りませんので、PHPのユーザ、並びにPHPでサービスを行っているシステム屋は、速やかにPHP 5に移行しなければなりません。ああ大変だ。ああ面倒だ。でも、そんな後ろ向きな気持ちでいるのも、精神衛生によくありません。ここはひとつ、もっと前向きに、将来のPHPに期待をもってワクワクしながら使っていきたいですよね。

[12:26 9/25]

SubSonicを使ってASP.NETで簡単にDBアクセスする

ASP.NETでWebアプリケーションを開発していると、データベースを利用するプログラムの作成に思ったよりも時間がかかってしまうことがあります。そこで、本稿では、ASP.NETアプリケーションから簡単にデータベースを操作できるというオープンソースライブラリについて紹介します。

[09:00 9/25]

2008年09月23日(火)

Google Chrome、マルチプロセスで動作する理由

Google Chromeではレンダリングエンジンの問題で発生するクラッシュがほかのウィンドウやタブも引きずってブラウザごとクラッシュしてしまう問題に対処するため、システムプロセスを生成して処理を分離するというマルチプロセスアーキテクチャを採用している。入出力やUIを担当するブラウザプロセス、レンダリングを担当するレンダリングプロセス、プラグインに対応するプラグインプロセスの3種類を生成するところがポイントだ。こうした構造が生み出す利益と問題への対処とは−−−

[05:27 9/23]

2008年09月22日(月)

SELinuxサポートの「openSUSE 11.1 Beta 1」が公開

LinuxディストリビューションopenSUSEの次期バージョンβ版「openSUSE 11.1 Beta 1」が公開された。予告通りSELinuxがサポートされたほか、X.Org X11 7.4のRC版など、最新のオープンソースソフトウェアが収録されている。

[08:52 9/22]

2008年09月19日(金)

Google VPがブログで語った"検索の未来"とは

Googleが検索市場に参入してから10年が経過した。これからの10年、Googleは検索サービスをどのように発展させていくつもりなのだろうか−−−Marissa Mayer氏が今後の10年でGoogleが取り組む検索サービスを紹介している。いつでもどこからでもどのデバイスからもアクセスでき、自然言語や音声・画像そのものでも検索ができる。あらゆる言語に対して検索が可能で位置情報や個人情報を活用したより高度な検索を実現する−−−現在のサービスをさらに改善することで実現できそうな堅牢な未来だ。

[20:09 9/19]

ダイナミックObjective-C 第109回 デザインパターンをObjective-Cで - Observer (1)

前回までは10数回に渡って、Objecgtive-C 2.0の話題を取り上げてきた。ガベージコレクション、プロパティ、Fast Enumerationといった、新規に追加された主要な要素について説明できたので、そろそろ中断されていた元の話題に戻るとしよう。

[18:19 9/19]

イマドキのIDE事情 第40回 Groovy/Grailsもサポート! NetBeans 6.5ベータ版を試してみる

今回は2008年8月にリリースされたNetBeans 6.5ベータ版を紹介する。NetBeansはここ数年、Java IDEとして標準の地位を築いたEclipseに追いつけ追い越せと言わんばかりの勢いで機能改善や新機能の追加を行ってきた。今回はJava開発支援機能、Groovy/Grailsのサポート、SQLエディタなどについて解説する。

[13:46 9/19]

Hello Worldコレクション 第16回 DOSのアセンブラ編 - システムコール、CON、標準出力を使い分ける

第16回は、DOSのアセンブラです。[第5回]では、Linux/FreeBSD/Solarisのシステムコールを利用したアセンブラを取り上げましたが、今回はDOS上で、*.comファイルの形式で動作するアセンブラプログラムを作成してみましょう。

[09:30 9/19]

米Amazon、コンテンツ配信サービスを年内開始へ

米Amazon.comは9月18日(現地時間)、コンテンツ配信用の新サービスを年内にもAmazon Web Services(AWS)に追加する計画を明らかにした。「新サービスは開発者やビジネスが、低レイテンシ、高データ転送レートのサービスを通じて世界中の顧客にデータを提供するための土壌になる」とCTOのWerner Vogels氏。

[05:20 9/19]

2008年09月18日(木)

アイティアクセスなど3社、IPTV向けソフトウェアプラットフォーム共同提供

アイティアクセス(ITA)、UIEジャパン(UIEJ)、アドバンスト・コミュニケーションズ(アドコム)の3社は18日、NGN(次世代ネットワーク)時代のデジタル家電に必要不可欠とされるソフトウェアをパッケージ化した、デジタル家電向けソフトウェアプラットフォーム「iSense」(アイセンス、仮称)を共同開発し、家電メーカー各社へ提供すると発表した。

[19:22 9/18]

IBM、パフォーマンスが大きく向上したWebアプリケーション基盤を発表

IBMは17日、IBMのWebアプリケーション基盤ソフトウェア「IBM WebSphere Application Server(以降、WAS) V7.0」および「IBM Rational Application for WebSphere Software V7.5」の日本語版をリリースすると発表した。

[08:00 9/18]

2008年09月12日(金)

「日本Androidの会」が発足

12日、「日本Androidの会」が発足した。同コミュニティは、Androidの開発者コミュニティ「Android勉強会」を発展させるかたちで設立。国内におけるAndroidの普及/啓蒙を目的とし、Androidに興味を持つすべての開発者/ユーザーが法人、個人を問わず参加できるとしている。

[20:34 9/12]

IE8のCSS3およびベンダ拡張は"-ms-"に変更、Webデザイナは注意必要

CSS 2.1への準拠率を高めているIE8がさらにその準拠率をあげる取り組みを実施した。IE8ではW3C勧告になっていないCSSや、実装が完全に準拠していないCSSプロパティ、ベンダ拡張のCSSプロパティを使う場合には"-ms-"のプレフィックスが必要になる。これまでIE7向けにこうしたCSSプロパティを使っていた場合には編集が必要になる。IE7とIE8の双方で動作するCSSを記述する例も紹介されている。IE向けのCSSを記載している場合にはIEBlogの発表を検討した方がよさそうだ−−−

[20:04 9/12]

Google、IP匿名化を18カ月から9カ月へ短縮 - プライバシ保護強化と発表

Googleが検索ログにおけるIPアドレスデータの保持期間を18ヵ月から9ヵ月間に短縮した。またGoogle Suggestではサービスにアクセスされたうち2%をログに記録しているが、このログのIPアドレスデータの保持期間は24時間以内にすると発表があった。IPアドレスデータの削除は精度の低下やイノベーションの妨げにつながるが、プライバシー要求への対処としてはやむないことろがある。Googleは今後も難しい舵取りを迫られることになりそうだ。

[15:54 9/12]

PHP開発のエッセンス 第1回 PHPとその周辺

みなさま、はじめまして。今年も、猛暑の夏が過ぎ去ろうとしています。この季節は特に、時の流れの早さを実感するものですね。そういえば「Web 2.0」なんて言葉も、最近はあまり耳にしなくなりました。動きのあるリッチなWebサイトや、Webサイト間の連携も当たり前になり、わざわざキーワードを持ち出して語る必要もなくなったということでしょう。世の中、どんどん便利になっていきます。

[14:57 9/12]

Microsoft、Silverlight 3でH.264およびAAC対応へ - Flashへの対抗強める

MicrosoftはSilverlight 3においてH.264とAACに対応する意向を示した。アムステルダムで開催されるIBC 2008においてH.264とAACを使ったデモンストレーションがおこなわれると発表されており、Silverlight 3における目玉機能のひとつにしたいようだ。これらフォーマットに対応することで現在Flash 9が採用されている動画再生分野にも適用範囲を広げたい狙いがあるとみられる。

[14:55 9/12]

ダイナミックObjective-C 第108回 Fast Enumeration (4) - Fast Enumerationに対応するクラスの実装

前回から少し時間が空いてしまったが、Fast Enumerationの話を続けよう。今回は、自分で作ったクラスをFast Enumerationに対応させるためのコードの書き方だ。NSFastEnumerationで定義されているメソッドを実装することになる。

[13:16 9/12]

開発事例を12本紹介! 実用性の高さを示した「Groovy コンファレンス 2008」

8月22日、渋谷テクニカルナイトの特別イベントとして、日本アイ・ビー・エムとGrailsコード・リーディングの共催イベント「Groovyコンファレンス 2008」(協賛: サン・マイクロシステムズ、CIJ、ニューキャスト、デライトテクノロジーズ、メタボリックス)が開催された。

[12:35 9/12]

新星Webブラウザ「Google Chrome」に付属の2デバッガを使いこなそう

Firefox、Safari、Opera、そしてGoogle Chrome。これらWebブラウザはネットサーフィンをするにとどまらず、Web開発者/デザイナのためにデバッグを円滑にするためのさまざまなツールが用意されていることは周知のとおり。このたびリリースされたGoogle Chromeに付属するデバッグツールは、これから同Webブラウザでデバッグを行う、Firebug等に慣れてきたWeb開発者/デザイナのよきパートナーとなり得るか。

[09:00 9/12]

2008年09月11日(木)

Google Chromeと次期Firefox競合相手、ブラウザではなくFlash?

Google Chromeの登場やFirefox 3.1の登場はWebブラウザではなくFlashやSilverlightといったリッチクライアントエンジンに対して競合するものになるかもしれない。高速に動作するJavaScriptエンジンと動画および音声へのネイティブ対応がプラグインインストールの必要性を削減するかもしれないからだ。

[22:13 9/11]

日本ネクサウェブ、基幹システムをWebアプリ化する「Nexaweb Advance」発表

日本ネクサウェブは9月11日、企業の基幹システムをWebアプリケーション化するソリューション「Nexaweb Advance」の提供を開始すると発表した。

[18:04 9/11]

カプチーノ、CocoaとObjective CのWeb版オープンソースで登場

当初の公約どおり280 Northから"280 Slides"で活用されているフレームワークと開発言語として"Cappuccino"および"Objective-J"が公開された。LGPL 2.1のものとでの提供だ。280 NorthはCappuccinoおよびObjective-Jをデスクトップと同じ機能をWebアプリに提供する強力なプラットフォームと捉えており、コア実装がベンダに依存しているFlashやSilverlightよりも柔軟に新機能を追加できるプロダクトとしている。

[17:00 9/11]

2008年09月09日(火)

ネイティブアプリ開発を強力にサポートする新・Delphi & C++Builder

エンバカデロ・テクノロジーズは8日、8月26日に発表した同社製の開発ツール「Delphi 2009」および「C++Buider 2009」の報道関係者向け説明会を開催した。新バージョンの最大の特徴はUnicode(UTF-16)サポートによる国際化対応だ。「Delphi 3以来、最も重要なリリース」とも言われる同製品の新機能について、Embarcadero TechnologiesのDelphiプロダクトマネージャであるNick Hodges氏が説明を行った。

[13:51 9/9]

Google ChromeにおけるJavaScriptプログラミングの留意点

ユーザを魅了したGoogle Chromeだが、Webデベロッパにとっては検証すべきプラットフォームがまたひとつ増えたと忌むべき存在ともいえる。既存のブラウザとどの程度違いがあり、どこに注意してJavaScriptを組まなければならないのか… John Resig氏が同点に関して調査結果を報告しているためチェックしておきたい。結論から言えば、いくつかのバグはあるものの将来のバージョンで修正が予定されており忌むべき存在にはならないということだが–––

[13:32 9/9]

2008年09月08日(月)

GoogleとMicrosoft、協力しGmailとIE6の性能改善 - 更新検討を

Googleは2007年10月、性能改善やUIの改善を目的とした新しいGmail、いわゆるGmail 2.0を公開した。当初はIE7とFirefox 2を対象として性能改善が取り組まれ、あとからFirefox 3とSafari 3も対応ブラウザに追加された。すでに現状にそわないことからWebアプリ側での対処が難しくなっているIE6だが、GoogleはMSの技術者と協力してIE6のJavaScriptエンジンそのものを改善することに成功した。

[21:10 9/8]

OpenSocial Foundationが正式にスタート--標準化が進むSNS

Web共通のソーシャルアプリケーションプラットフォームの普及を目指す非営利団体「OpenSocial Foundation」が米国時間の4日、正式に発足した。

[17:32 9/8]

Sony Ericsson、Java MEとFlash Liteを連携する"Project Capuchin SDK"発表

英Sony Ericssonは4日(スウェーデン時間)、「Java Platform, Micro Edition(Java ME)」と「Adobe Flash Lite」とを結びつける技術「Project Capuchin」のソフトウェア開発キット(SDK)として「The Project Capuchin Software Developer Kit」をリリースした。同社の開発者向けWebサイトよりダウンロードできる。開発者は同SDKを利用して、Flash LiteとJava MEを初めて連携できるという。

[17:14 9/8]

イマドキのIDE事情 第39回 Wicket、Grails、Click - IDEでみる軽量Javaフレームワーク

JavaによるWebアプリケーション開発では、いまだにフレームワークとしてStrutsやStrutsをベースにしたフレームワークが採用されるケースが多い。しかし、Ruby on Railsなどの登場もあり、Javaの世界でもApache Wicket、Grails、Click Frameworkといった軽量なフレームワークも注目を集めるようになってきている。今回はこれらの軽量フレームワークでの開発を支援するEclipseプラグインを紹介する。

[16:41 9/8]

Zend Framework 1.6登場、Dojo統合とアジャイル開発

Zend Frameworkの最新版となるZend Framework 1.6が登場した。1.6の最大の特徴はDojoとの統合が実施された点にある。サーバサイド機能をZend Framework (PHP)で開発し、クライアントサイドのUIにはDojo(JavaScript)が活用できる。PHPの簡単さをそのままにAjaxアプリケーションの開発用が容易になった。SOAP対応を進めるなどエンタープライズグレード開発も強化されてたほかアジャイルへの適用も進められている。

[15:37 9/8]

GWT 1.5登場、JavaでJavaScript Ajaxアプリケーション開発

1年の開発期間を経てGWTの最新版となるGWT 1.5が公開された。メジャーアップグレードと呼ぶに相応しい出来に仕上がっている。これまでもっとも要求が多かったJava 5機能の対応が実現したほか性能の向上、CSSによるデザインの提供、新しいデモアプリによる開発性の向上が実現されている。Javaを活用したWebアプリ開発を実施しているなら採用を検討したいフレームワークだ。

[09:00 9/8]

FirefoxがGoogle Chromeを気にしなくていい10の理由

最強のブラウザ登場かと騒がれたGoogle Chromeは、動作の高速さを見せつけてユーザを見事に驚かせた。しかしこれは他のブラウザの終焉を意味するものではない。OSSブラウザとして10年間開発されてきたFirefoxにとってGoogle Chromeは同分野における好敵手になりそうだ。"10 Reasons Firefox won’t be worried about Chrome"で掲げられているFirefoxを心配しなくていい10の理由とは−−−

[08:30 9/8]

2008年09月05日(金)

Hello Worldコレクション 第15回 BASIC編 - 故きを温ねて新しきを知る

第15回は、古くから存在する、少々懐かしいプログラミング言語である、BASICを使ってみましょう。BASICは、インタプリタのもとで動作する言語です。BASICのインタプリタにはさまざまな種類が存在しますが、本稿では、「Yabasic」で公開されている、Yabasic(Yet another Basic)を使います。

[09:00 9/5]

2008年09月04日(木)

人気のデバッグツールが待望の新版リリース! 「Firebug1.2」を使いこなそう

Firebugの最新版であるFirebug1.2が8月25日(米国時間)にリリースされた。本稿ではおさらいの意味を込めて、Firebugの導入から、Firebug1.2で動作が変更された箇所を含めた操作方法をひととおり紹介する。

[11:00 9/4]

権威が教える! ツールによるマイクロフォーマット有効活用術

Webアプリケーション開発者の間で注目を浴びている技術の一つに「マイクロフォーマット」がある。マイクロフォーマットは既存のHTML、XHTMLに標準の記法でメタデータを与えることができる技術だ。

[10:00 9/4]

2008年09月03日(水)

Webブラウジング新時代到来!? 新アドオン「Ubiquity」を"しっかり"試す

Mozillaは8月26日、「Ubiquity」というプロダクトを発表した。Ubiquityは、Mozilla Labsで開発中の実験的なFirefoxアドオンである。Ubiquityを一言で表すなら、「ブラウザから簡単に呼び出すことができるコマンドライン」と言えよう。

[10:00 9/3]

2008年09月01日(月)

これは凄い、Ajaxをオンザフライ解析 - Razor Profiler

Firebugは便利なデバッギングおよび分析ツールだが、Firefox以外で使えない点が残念だ。クロスブラウザで動作するFirebug Liteもあるが、対応機能やバグの点でFirebugの補助的な利用にとどまる。そこでオンザフライで活用できるAjaxアプリケーション分析ツール"Razor Profiler"に注目だ。Firefox、IE、Safariに対応し、既存のアプリには一切変更すら必要ない。将来的にオプティマイザの提供も計画されており、今後の動向も目が離せない。

[17:58 9/1]

キャッシュ活用ページ高速化、ファイル名にバージョンがプロクシにも有効

YSlowのオリジナル開発者であり書籍"High Performance Web Sites"の著者でもあるSteve Souders氏が、キャッシュを有効活用するテクニック"Revving Filenames"に関して新しく気がついた内容を報告している。これまでファイル名変更とクエリ付加の方法にはそれほど性能に差はないとしていたが、どうやらファイル名変更の方が有益なようだ。キャッシュを有効活用したい場合には要注目だ。

[17:09 9/1]

2008年08月29日(金)

OSSのCRMソフト最新版「SugarCRM 5.1」--iPhoneをサポート

SugarCRMは27日 (米国時間)、オープンソースの顧客関係管理システム「SugarCRM 5.10」をリリースした。

[21:28 8/29]

2008年08月28日(木)

NTTデータ、Webアクセシビリティチェックサイト「HAREL」を無償公開

NTTデータは28日、Webアクセシビリティチェックサイト「HAREL」を無償一般公開した。

[22:00 8/28]

イマドキのIDE事情 第38回 待望のバージョンアップ! Eclipse 3.4 Ganymede(4)

Eclipseは3.3(Europa)からEclipse本体だけでなく、WTPなどEclipse Foundationで開発されているプラグインを同梱したパッケージが配布されるようになった。EuropaではJava開発者向け、Java EE開発者向け、プラグイン開発者向け、C/C++開発者向けのパッケージが提供されていたが、Ganymedeではさらにモデリング、レポーティング向けのパッケージが新たに提供されるようになった。

[18:08 8/28]

NTTデータ先端技術、Javaアプリのソースコードチェック代行サービスを提供

NTTデータ先端技術、NTTデータ、およびテクマトリックスの3社は、Javaアプリケーション開発支援サービス「ソースコード診断」を共同開発し、NTTデータ先端技術より「ソースコード診断サービス」として9月より提供を開始する。

[16:53 8/28]

2008年08月27日(水)

レッドハット、Java EE向けフレームワーク製品「JBoss Seam 2.0」を発表

レッドハットは27日、Java EE向けフレームワーク製品「JBoss Seam 2.0」の提供を開始することを発表した。アプリケーションサーバ製品「JBoss Enterprise Application Platform 4.3 FP01」のサブスクリプション契約ユーザーは無償で利用でき、バイナリコード、およびソースコードはカスタマーサポートポータルで9月上旬からダウンロード可能となる。

[18:00 8/27]

JRuby on Railsに15分でアプリをデプロイする方法

JRubyの開発者であるCharles Nutter氏がJRuby on Railsプラットフォームを構築しアプリケーションをデプロイする方法を紹介している。同氏はこれまで何度もJRuby on Railsの有益性を主張してきたが、デプロイが面倒なのではないかという懸念もあった。同氏には同ドキュメントを通じてデプロイの簡単さを主張し懸念を払拭したい狙いがある。

[11:05 8/27]

Firebug最新版、Firebug 1.2登場

ついにFirebugの最新版となるFirebug 1.2が公開された。長い間ベータだったが、Firebug Working Groupが組織されてから活動が活発になり今回のリリースが実現された。バグ修正のマイナーリリースを実施したあとは、パフォーマンス向上に取り組んだ1.3がリリースされる。1.1を使っている場合には1.2にアップグレードを検討されたい。多くのバグが修正されているほかセキュリティが向上している。

[10:56 8/27]

Gears最新版、GPSなしでユーザの位置情報を獲得

Gearsの最新版となるGears 0.4が公開された。マイナーアップデートだが興味深い機能が追加された注目のバージョンだ。Gears 0.4にはユーザの位置情報を提供するGeolocation APIが追加されている。同機能を使うとGPSを搭載していない場合でもネットワークからユーザの位置を特定して位置情報を取得できる。モバイルデバイスにおける活用度を広げる機能だ。

[10:56 8/27]

2008年08月26日(火)

エンバカデロ、Delphi 2009 / C++Builder 2009最新版販売

Embarcadero Technologiesから新製品"Delphi 2009"および"C++Builder 2009"が発表された。同社がBorlandからCodeGearを買収したあと初の注目すべきプロダクトだ。開発ツールのCodeGear、データベースソリューションのEmbarcadero、その双方のポートフォリオが統合されたプロダクトが"Delphi 2009"であり"C++Builder 2009"だ。開発ツールとデータベースの統合に注目したい。

[20:00 8/26]

Java API、使ってますか? 第58回 Java SE 7の要注目機能"クロージャ"はどうなるのか その6

今回でJava SE 7に採用予定の「クロージャ」編はいったん終了する。今までの解説記事も含め、すでに公開されているクロージャの情報にできるだけ目を通し、新バージョン登場時に備えてほしい。

[13:24 8/26]

FreeBSDリリースは10月、6.4で6系は終了

FreeBSDリリースエンジニアリングからFreeBSD 7.1およびFreeBSD 6.4のリリース予定日が発表された。6.4は10月6日に、7.1は10月13日が予定されている。また6.4が6系の最終リリースになることも発表された。6系を採用している場合には6.4への移行と、以後2年以内の7系以降へのアップグレード計画を立案しておきたい。

[09:00 8/26]

2008年08月25日(月)

OpenSocialガジェット開発にはPartuzaとShindig

OpenSicialに準拠したガジェットを開発する場合、試験目的のデプロイはどの環境を用意すればいいのだろう。OpenSocial API Blogにおいてそんな目的で活用できる2つのプロダクトPartuzaとShindigが紹介されている。OpenSocialに対応したガジェット開発に活用できるのみならず、自身でOpenSocialに対応したサイトを構築するケースにも活用できる。OpenSocialを活用したWeb開発を実施している場合には注目しておきたいプロダクトだ。

[16:25 8/25]

2 - 6倍高速化! JavaScript Selectors API querySelectorAll

JavaScript Selectors API querySelectorAllの新実装が実にいいパフォーマンスを実現している。2008年終わりごろには次期リリースとなるIE、Firefox、Safari、Operaのすべてのブラウザが同実装に対応するとみられ、JavaScriptアプリケーションのさらなるパフォーマンス向上が見込めるようだ。JavaScriptプログラマはquerySelectorAllの活用検討をはじめていい時期にきたといえる。

[15:49 8/25]

IE8、CSS 2.1互換性向上 - 2,500越えるCSS 2.1互換試験をW3Cへ提案

Microsoftの次期メジャーWebブラウザとなるIE8は、これまでのIEシリーズとは異なりオープンスタンダードへの準拠率がきわめて高いものになるかもしれない。IEチームが開発しているCSS 2.1テストケースのうち、W3C CSS 2.1 Test suiteに存在していないテストケース2,524個が新しくW3Cへ提案された。IE8のCSS 2.1準拠率を向上させるとともに、テストケースを提案することでほかのWebブラウザとの表示差異を小さくする狙いがあるとみられる。

[15:27 8/25]

"404 Not found"ページをより効果的にする方法、Google

"404 Not found"ページをもっと有効的に活用する方法はないものか---Official Google Webmaster Central Blogにおいて、"404 Not found"のページに補完されたURLの提案やサイト内検索、検索クエリの提案などを実施するJavaScriptスニペットを貼り付ける方法が紹介されている。この方法なら"404 Not found"に遭遇したユーザに戻るボタンを押させる以外にも、もう一度自分のサイトへジャンプを促すことが可能になる。

[15:23 8/25]

2008年08月22日(金)

テーブルを魅せる10のCSS

table要素はWebページにとってなくてはならないものだ。しかしデザインや設定が難しい要素でもある。テーブルを簡潔に記述しつつCSSで優れたデザインを提供したいところだが、Webブラウザ間の差異もありなかなか希望通りの設定ができない。そこでR.Christie氏がSmashing Magazineにおいて公開しているTop 10 CSS Table Designsに注目したい。

[18:16 8/22]

openSUSEが「SELinux」のサポートを開始

SUSE Linuxが、openSUSE 11.1以降からセキュア機能「SELinux」をサポートする。出荷時点では従来どおり「AppArmor」が使用されるが、SELinuxの動作に必要な一式が提供されるという。

[11:49 8/22]
  • <<
  • <

1/3

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事