マイナビニュース | 企業IT | 企業動向 | ヘッドライン(2008)(1ページ目)

ヘッドライン

2008年12月31日(水)

日本動画協会と西武鉄道、ケロロ軍曹など登場する子供向け環境マガジン

日本動画協会と西武鉄道は、環境をテーマにした子供向けのフリーペーパー「アニッコ(Anime&Eco)」を創刊した。西武沿線にあるアニメ制作会社のキャラクターが子供たちにエコを訴える内容で、発行にあたって創刊号に登場するケロロ軍曹が斉藤環境大臣を表敬訪問した。

[23:49 12/31]

日本IBM、大歳社長が退任し橋本専務が新社長に

日本IBMは、大歳卓麻社長が退任し、2009年1月1日付けで橋本孝之専務を新社長とする人事を発表した。大歳氏は取締役も退任し、会長職に就任する。

[11:34 12/31]

2008年12月25日(木)

OKIデータとデンカイ、国内企業初となるCO2排出権付きユニフォーム採用

OKIデータとデンカイは25日、両社の福島事業所において、全従業員にCO2排出権つきユニフォームの採用を決定し、今月から使用を開始したと発表した。国内企業におけるCO2排出権つきユニフォームの採用は、今回が初となるという。

[14:45 12/25]

ソフトで学ぶ、はじめての会計実務 第6回 決算機能とデータ連携機能

最終回となる今回は、会計ソフトの決算機能や申告書作成機能、データ連携について見ていきましょう。これまで同様、「財務応援Lite」を例にとり、主な機能について紹介していきます。これらの機能を有効に活用し、ぜひとも"前向き"の経営を実践してください。

[14:00 12/25]

OKIデータ、コピー機販売の「泰和科技」と提携 - 中国市場での販売強化へ

OKIデータはこのほど、中国OA機器販売大手の泰和科技と、中国市場におけるページプリンタ・複合機分野で販売提携したことを発表した。中国のOA機器・コピー機市場において大きな販売力を持つ泰和科技との提携により、同社の中国市場においてのプリンタ・複合機販売の強化を行うという。

[13:26 12/25]

2008年12月24日(水)

資産の管理・運用が人気、2012年には今年の9倍に - SaaSの実態と中期予測

ノークリサーチは、国内SaaS市場の現状を網羅し、今後の中期的な予測を詳説した「2009年版SaaS市場の実態と中期予測」を発刊した。それによれば、2009年のSaaS(Software as a Service)の市場規模は2,207億円であり、2012年に7,746億円に達するもようだ

[16:42 12/24]

再編進めるNokia、セキュリティアプライアンス事業をCheck Pointに売却へ

フィンランドNokiaは12月22日(現地時間)、セキュリティアプライアンス事業をイスラエルのセキュリティベンダー、Check Point Software Technologiesに売却することで合意したことを発表した。金額などの条件は非公開。取引は規制当局の承認を得た後、2009年3月31日に完了を見込んでいる。

[16:03 12/24]

米国発中国IT業界行き、金融危機の波 - 呑まれる? それとも利用する?

158年の歴史を誇る投資銀行リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)の破産が、アメリカ発の世界的金融危機を引き起こしたのは周知のとおりだ。以降、金融危機が連鎖し、世界中が広範な影響を受けているが、金融業界の重要なパートナーとして、中国のIT業界も当然その余波から逃れられない。

[10:00 12/24]

独禁法が施行された中国 - 通信業界・外資系企業・一般市民への影響を考える

中国の「独占禁止法」が、2008年8月1日に施行された。これは中国の市場経済が新たな発展段階に入ったことのシンボルであると受け止められている。本稿では、研究機関「中国インターネットラボ」による「中国ハイテク分野独占状況調査レポート」に基づき、同業界などへの独占禁止法の影響について検討してみたい。

[08:00 12/24]

2008年12月22日(月)

不況だからこそ、ITの足下を強化する投資を - アクセンチュア 沼畑氏

「来年(2009年)いっぱいはこの不況は続くと言われている。そんな中にあって日本企業は、IT投資をいかに行っていくべきか。私は、ITの"足下"を強化する投資を行うべきだと思う」-- 17日、アクセンチュアでテクノロジーコンサルティングの統括を務める沼畑幸二氏は、都内で行われたプレス向け説明会でこう提言した。

[15:42 12/22]

顧客やパートナーとのエンゲージメントを推進 - アドビ新社長ティーゲル氏

「Acrobat」や「Livecycle Enterprise Suite」などの製品で、企業情報システムの分野においても認知度を高めているアドビ システムズ。12月18日に同社の新社長に就任したクレイグ・ティーゲル氏と、米アドビでクリエイティブソリューション シニアバイスプレジデントを務めるジョン・ロイアコノ氏に、今後の事業戦略や展望などを聞いた。

[13:00 12/22]

食わず嫌いは絶対に損! 給与計算ソフトで業務効率化を - 田村会計事務所

「給与計算を手作業でやるのはかなり手間がかかる。給与計算ソフトウェアを使ったことがある方なら、非効率さが分かるはず」――田村会計事務所 所長の肩書きを持つ田村純 税理士は、給与計算業務に対する考えをこのように話す。

[09:00 12/22]

国際財務報告基準「IFRS」に対応する日本オラクルの構想

日本オラクルは19日、「国際会計基準対応を支援するオラクルの取り組みについて」と題された勉強会を開催した。日本においても国際財務報告基準である「IFRS」の導入が現実味を帯びつつある現状を踏まえ、日本オラクルがこの課題に対してどのようなスタンスで望むのかを明確にした。

[08:30 12/22]

2008年12月20日(土)

パナソニック、三洋統合の"シナジー"効果で800億円の営業増益目指す

既報の通り、パナソニックは三洋電機を傘下におさめることを正式に発表した。三洋の保有する電池事業での技術力を活かし、両者の統合による相乗効果の実現を図り、エネルギー事業での新たな成長と、経営体質の強化を目指し、2012年度には、今回の事業統合で、営業利益を800億円増加させることを目標とする。両社は「コラボレーション委員会」を発足し、今後の協業成果の早期実現に向け、さまざまな施策について検討していく方針で、パナソニックは相乗効果発揮に向け、1,000億円規模の投資も考えている。

[16:28 12/20]

2008年12月19日(金)

ECOネタ エコの雑学事典 第2回 東京のゴミはどこへ行く? - 東京湾に浮かぶ「中防」を訪ねてみた(前編)

東京23区からは、1日あたり約9,000トン(2006年度 年間約333万トン、2007年度 年間約322万トン)ものゴミが発生している。毎日毎日これだけ排出されているゴミは、最終的にどこへ行くのかご存じだろうか。

[21:11 12/19]

システム企画や運用は自社、構築は外部に - NTTデータ経営研の調査

NTTデータ経営研究所は、情報システム関連を除く上場企業および資本金1億円以上で従業員数300人以上の未上場企業の計4,463社を対象に、企業のITへの取り組み調査を行った(有効回答数は235社)。

[17:35 12/19]

パナソニック、三洋電機を子会社化へ - まもなく両者が会見

パナソニックと三洋電機は19日、両者の間で資本・業務提携契約を締結したことを発表した。これに伴い、パナソニックは公開買い付けにより三洋電機の総株式を希薄化する。なお両者は、公開買付成立後も三洋電機の普通株式の上場を維持する方針で合意している。

[17:09 12/19]

米Oracleの9-11月期決算は純利益減少へ - 為替相場の急変動がダメージに

米Oracleは12月18日(現地時間)、同社会計年度で2009年第2四半期(2008年9-11月期)決算を発表した。同四半期の売上は56億700万ドルで前年同期比6%のアップ、GAAPベースの純利益は12億9600万ドルで1%のダウンとなる。同社の純利益が前年同期比でマイナスに落ち込むのは2006年第2四半期以来の3年ぶり。ここ最近の同社は為替相場の影響を非常に大きく受けており、少し前までドル安の恩恵を受けて好調だった海外市場が一転、特にユーロ暴落でドル高が進んだことで大きなダメージとなった。今回の決算は不況トレンドの最新のサインとなる一方で、今後同じシチュエーションにあるIBMなどの他企業にも順番に波及していくことになるだろう。

[16:01 12/19]

CESにみる家電メーカーの苦悩 - TV大画面化の次の波

来年1月初旬にラスベガスで開催されるCES 2009。大幅な規模縮小がささやかれる同イベントだが、家電メーカー各社が知恵を絞った新製品の数々が披露されることだろう。過去数年は薄型TVの大画面化で技術競争を繰り広げてきた各社だが、昨今の不況トレンドの中でどう戦略を進めていくのか。その背景を分析してみよう。

[13:30 12/19]

シード・プランニングが排出権取引に関するアンケート調査を実施

市場調査とコンサルティングを行うシード・プランニングは、排出権取引への日本企業の取り組みについてアンケート調査を行い、一部結果を発表した。

[12:57 12/19]

アドビ新社長のティーゲル氏、「この不況はユニークな機会」

アドビ システムズは18日、報道陣向けに2009年度 事業戦略説明会を開催、9月にギャレット・イルグ前社長が退任して以来、空席だった同社代表取締役社長にクレイグ・ティーゲル氏が就任したことを発表した。出口の見えない経済不況が全世界を覆う中、ティーゲル氏はこの難しい局面をどう舵取りしていくのか。カギはやはり国内におけるCS4の売上、そして日本市場でも少しずつ浸透し始めてきた「Adobe LiveCycle ES」をはじめとするエンタープライズ部門の成長、そしてOSPの成功にありそうだ。

[09:30 12/19]

2008年12月18日(木)

さらば大規模ITイベント - MacWorldやCESに忍び寄る不況の影

世界的なバブルの中で右肩上がりの成長を続けてきたIT業界だが、米国発の金融危機の広がりでその至福の時間も終わりを告げようとしている。大規模な総合ITイベントもこうした影響を大きく受け、Appleが撤退を発表したMacWorldをはじめ、来年1月に開催されるCESまで、次々と規模縮小の波が到来している。読者の中には、かつてのComdexやE3を連想する方もいるだろう。

[11:00 12/18]

低炭素社会構築に向け、企業はビジネスプロセスの変革が必要 - イオン上山常務

12月10日、シード・プラニング主催の第3回「CO2削減・環境セミナー」が開催され、環境問題に対するイオンの取り組みについて、イオンリテール 常務取締役 上山静一氏が講演を行った。

[10:00 12/18]

社長515人が選んだ「今年の社長」は? 産能大が調査結果発表

産業能率大学は17日、「産業能率大学 社長が選ぶ今年の社長」にファーストリテイリングの柳井正氏が選出されたと発表した。

[09:00 12/18]

2008年12月17日(水)

FC EXPOセミナー In 大阪 - 最新の燃料電池自動車開発と課題 - 日産

日産自動車 総合研究所燃料電池研究所では、日産自動車における最新の燃料電池自動車の開発状況について発表した。

[21:52 12/17]

FC EXPOセミナー In 大阪 - 燃料電池ハイブリッド電車の実力と課題 - JR東日本

東日本旅客鉄道では、「燃料電池を搭載した鉄道車両(電車)の本線走行試験」について報告したほか、今後の課題について発表した。

[19:29 12/17]

FC EXPOセミナー In 大阪 - 独自セラミック技術を活用したSOFCの開発を推進- TOTO

TOTO総合研究所では、TOTOにおけるSOFC(固体酸化物型燃料電池)開発の概要と、これに係るセルスタックやモジュールの開発状況について発表した。

[19:29 12/17]

アプレッソ、MSら、Java/MS製品間のデータ同期アプリを短期間で開発

アプレッソ、ソフトブレーン、マイクロソフトの3社は12月17日、ソフトブレーンのSFA「eセールスマネージャー 7.1」と、「Microsoft Office SharePoint Server 2007」および「Microsoft Exchage Server 2007」とを同期させるソリューションを開発したと発表した。

[18:02 12/17]

2013年度のオンライン決済市場は4500億円強へ倍増 - NRIが予測

野村総合研究所の予測によると、オンライン決済の市場規模は、2008年度の2,220億円(見込み)から2013年度には4,562億円へと拡大するもようだ。ネットビジネス市場はPC向けに加えて携帯電話向けの市場が伸びており、全体として順調な拡大が期待できるという。

[18:01 12/17]

FC EXPOセミナー In 大阪 - 燃料電池の開発現場から成果と課題を発表 - パナソニック

第4回FC EXPOセミナー In 大阪が16、17の2日間、大阪市内の大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開かれた。水素製造や部品製造などを行う約40社の中小ベンチャー企業が出展し、水素・燃料電池の研究、開発、設計、製造などに関わる専門家たちの注目を集めた。あわせて開催された全10のセミナーの中から、暮らしに近いテーマを厳選してお伝えする。

[15:59 12/17]

エコプロダクツ2008 - グリーンエネルギーが日常になる未来に向かって「グリーンエネルギー利用拡大セミナー」

12月11日から13日まで東京ビックサイトで行われた、エコプロダクツ展2008。その中日の12日に行われたのが「グリーンエネルギー利用拡大セミナー」だ。このセミナーは、個人や企業がグリーンエネルギーを気軽に、そして有効に使ってほしいとの目的で開催されており、今年9月からはじまって3回目の開催となる。

[01:00 12/17]

2008年12月16日(火)

三菱、設置スペースの狭い既設戸建住宅にも置けるコンパクトなエコキュート

三菱電機は、コンパクトな貯湯タンクユニットを搭載した自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機「三菱エコキュート ESシリーズ(SRT-ES18W4)」1機種を発表した。また、あわせて「三菱エコキュート HPシリーズ」全63機種を発表した。発売は「ESシリーズ」が2009年2月2日、「HPシリーズ」が2009年2月16日より。

[23:30 12/16]

オラクル、"Oracle AIA"の拡充を発表 - 業界向けパッケージの日本語版も

日本オラクルは16日、同社が提供するSOAベースのアプリケーション統合基盤「Oracle Application Integration Architecture」の拡充を発表、新バージョン「Oracle AIA Foundation Pack Release 2.2.1」の提供を開始した。今回のリリースでは新たに12の共通オブジェクト/サービスが追加されたほか、9月のOracle OpenWorld 2008で発表された業界向けファウンデーションパックの日本語版もリリースされている。また、旧BEA製品であるWebアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」の対応も完了しており、買収戦略で手にしてきたアプリケーション群の統合がより進んだ形となった。

[19:46 12/16]

NEC、必要な機器とソフトがすべて搭載されたデジタルサイネージボード

日本電気は16日、大型液晶パネル、カメラ、広告コンテンツ配信制御コントローラー、効果分析ソフトウェア、およびサーバ機能などを内蔵したデジタルサイネージボード「eye flavor」を発表した。価格は200万円から(税別、ネットワーク構築を含めたSI費用は別途必要)。販売、出荷は即日開始される。

[18:06 12/16]

意外に高い? Web制作関連職種の平均年収 - イーキャリアプラス調べ

イーキャリアプラスが、インターネット関連業界に勤務するWebプロデューサー/WEBプランナー/Webディレクター/Webデザイナー各100人の計300人を対象に2008年12月に実施した「第6回 インターネット関連業界の職種別給与調査」によると、インターネット関連業界に勤務するWeb制作関連職種の平均年収は518万円であり、職種別ではWebプロデューサー/プランナーが634万円、Webディレクターが519万円、Webデザイナーが401万円だった。

[18:01 12/16]

greenz.jp ビジネスセミナー ~ Green Thinkingで考えるビジネスモデル

お台場は東京ビッグサイトで行われた、エコプロダクツ展2008。2日目の12月12日(金)、人でごったがえす東展示場をよそに、別棟の会議棟では、さまざまなセミナーが行われていた。そのなかで、この金融危機が世界中をおびやかしている今こそ、エコなビジネスについて考えようという「greenz.jp ビジネスセミナー ~ Green Thinking(グリーン思考)で考える未来のビジネスモデル」が開催された。

[17:52 12/16]

OKIデータ、タイ北部で環境保護と地域貢献のための植林活動を実施

OKIデータは、タイ北部の生産拠点において、地球環境への取り組みと地域貢献を目的に、従業員によるチークの植林を実施したと発表した。同社による海外拠点での植林活動は、今回で3箇所目。

[16:13 12/16]

排出量取引の国内統合市場の試行的実施、参加企業は501社 - 経産省が発表

経済産業省は、排出量取引の国内統合市場の試行的実施への参加企業を公開し、目標設定参加者446社、取引参加者50社、その他参加者5社の合計501社の申し込みがあったことを明らかにした。

[14:40 12/16]

オープンソースSNSエンジン"OpenPNE"で拡がる社内SNSの輪 - ユーザ会発足

12月10日、手嶋屋は、自社開発のオープンソースSNSエンジン「OpenPNE(おーぷん・ぴーね)」を社内で使用している沖電気工業、バンダイナムコゲームス、セイコーエプソン株式会社、東京海上日動あんしん生命保険の4社と、「OpenPNEエンタープライズユーザー会」を設立した。

[09:30 12/16]

2008年12月15日(月)

マイクロソフト、コスト削減を主眼とするキャンペーンを開始

マイクロソフトは15日、効果的な費用削減や効率的な時間活用や社員の生産性向上など、企業の「攻めの経営」を支援するITソリューションを幅広く提案する施策として「Save Money. キャンペーン」を、本日から2009年6月末までの予定で開始した。

[17:25 12/15]

エコプロダクツ2008 - 実証実験やすでに販売開始されたものが続々「バイオマス総合展2008」

エコプロダクツ展2008では、再生可能エネルギーのうちのひとつにも数えられる、バイオマスに取り組む企業や団体を29社集めた「バイオマス総合展2008」を展開していた。バイオマスとは動植物由来の資源のことで、いわゆる生ゴミや牛糞、下水汚泥から、農業者の廃棄物である藁や籾殻、さらには今、燃料への加工を問題視されているとうもろこしや大豆までも含む。このさまざまな「ゴミ」や作物から、エネルギーや新しい製品という「宝」を生み出そうとしている企業や団体は増えてきており、面白い取り組みをしているところもいくつか見受けられた。「カーボンニュートラル」「リサイクル」「新たな雇用の創出」「農業の活性化」など、あらゆるメリットがあるバイオマスの今を、少しのぞいてみよう。

[15:42 12/15]

セイコーエプソン、会計事務所向けソフト「財務応援Super」の最新版を発表

セイコーエプソンは、会計・業務ソフト「応援シリーズ」の会計事務所向け製品「財務応援Super」の最新版を、2009年1月21日より発売すると発表した。

[14:10 12/15]

日本ユニシス、マイクロソフトのDynamics CRMをSaaSで提供

日本ユニシスとマイクロソフトは、SaaS型のSFA(営業支援)ソリューション分野で協業し、第1弾として、マイクロソフトの総合CRM(顧客情報管理)アプリケーション「Dynamics CRM 4.0」をベースに、SaaS型SFAソリューションを共同で開発、日本ユニシスが2009年1月から販売を開始、2009年3月からSaaS型サービスの提供を開始すると発表した。

[13:27 12/15]

J.D.パワー、カラーレーザープリンタの顧客満足度を発表

J.D.パワー アジア・パシフィックは、カラーレーザープリンタのメーカー別顧客満足度ランキングを発表した。これは、従業員規模30人以上の事業所のプリンタ管理責任者を対象にした「2008年日本プリンタ顧客満足度調査」によるもの(有効回答数は2,627事業所)。

[09:00 12/15]

2008年12月13日(土)

エコプロダクツ2008 - エネファームに注目、バイオマスによる水素製造技術も

東京ビックサイトで開催中のエコプロダクツ2008では、数多くの環境に優しいエネルギー技術が紹介されている。ここでは、それらの中から、水素と酸素の化学反応で電気と熱を生産し、排出物は水だけというクリーンエネルギーシステム「燃料電池」に関連する展示をまとめてお伝えする。

[09:55 12/13]

2008年12月12日(金)

エコプロダクツ2008 - 大手各社が独自の技術を披露する太陽光発電システム

エコプロダクツ2008では、シャープ、京セラをはじめとする太陽光発電システムメーカーが最新の製品を展示している。ここでは、各社製品の特長をはじめ、研究開発中の新技術を紹介する。

[13:14 12/12]

日本CA、PPMソリューションの最新版を発表、「計画と実行の溝埋める」

日本CAは、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(Project Portfolio Management:PPM)ソリューションの最新版「CA Clarity Project & Portfolio Manager v12 (CA Clarity PPM v12)」を発表した。企業や組織での、ITガバナンスの強化、プロジェクト群の成功率の向上、新規事業・新製品の開発などを支援する役割を担う。

[10:44 12/12]

2008年12月11日(木)

コスト全体を把握してビジネスに変革を - SAS、ABM製品の新版をリリース

SASは11日、活動基準原価計算/管理(ABC/ABM)製品の新版「SAS Activity-Based Management(以下、SAS ABM) 6.4」をリリースしたと発表した。新版では、「ユーザービリティの向上」「SAS基盤製品との統合」「レポーティング機能の強化」の3点を柱に機能を強化。データ収集からコスト配賦、分析までをよりスムーズに進められるようになった。

[18:44 12/11]

エコプロダクツ2008 - ピエゾ技術の応用で環境に貢献 - エプソン

東京ビックサイト(東京・有明)で開催中の「エコプロダクツ2008」でセイコーエプソンは、事務機・金融ゾーンにブースを展開。10月に発売したばかりの家庭用小型インクジェットプリンタ「カラリオ」や、同社独自のピエゾインクジェットプリント技術などを展示している。

[16:26 12/11]

ソフトで学ぶ、はじめての会計実務 第5回 社長が喜ぶ集計表

今回のテーマは、帳簿/帳表です。これまで同様、「財務応援Lite」を例に、主要簿と管理帳票を見ていきましょう。

[15:20 12/11]

日本のIT業界に未来はあるか - SaaS WorldでBOLの藤井氏が講演

SaaS World実行委員会は10日、11日の2日間にわたり、SaaS型のサービスプラットフォームを紹介するイベント「SaaS World/Tokyo 2008」を開催している。今回は同イベントにおいて、SOABEX研究会 代表幹事 ビジネスオンライン 代表取締役の藤井博之氏が「日本版SaaSの戦略とは -日本のIT業界に未来はあるか-」と題して行ったゼネラルセッションの様子をレポートしよう。

[12:04 12/11]

米Salesforceがクラウドのインパクトを講演 - SaaS World Tokyo 2008

本稿では、12月10-11日の2日間にわたり開催されている「SaaS World Tokyo 2008」の中から、初日に行われた基調講演、米Salesforce.com プラットフォーム アライアンス & サービス プレジデントのPolly Sumner氏による『Your Success. Our Cloud. ~ クラウドコンピューティングで、すべての企業に成功を。』をピックアップし、その模様をお伝えしよう。

[10:00 12/11]

2008年12月10日(水)

NTTとマイクロソフトが「SaaS over NGN」で協業

NTTと米マイクロソフトは、ネットワークとアプリケーションの融合によるサービス創造を目指し、「SaaS over NGN」における戦略的な協業検討を開始することを発表した。

[19:23 12/10]

補助金復活! 本気で考える太陽光発電入門 後編 - 業者の賢い選び方

太陽光発電システムが一般に浸透したのはここ10年のこと。それだけに、どうやって導入すればよいのか、またどこで購入できるものなのかなどがよく知られていない。情報不足を突いて悪質な販売業者も横行しているという。そこで後編では、そういう業者に引っかからず、適正価格で間違いのない施工を行ってもらうための基礎知識と心がまえをまとめる。

[18:48 12/10]

パナソニックの環境戦略発表 - グループを挙げてCO2削減へ

パナソニックは10日、同社が推進する"eco ideas"戦略における2008年度上期の取り組みについて説明した。同社 環境本部 環境企画 グループマネージャーの中村昭氏は、「2008年度は、2006年度比11万トン削減の387万トンを目指しており、2008年度上期は195万トンの実績。上期は生産量を拡大するなかで、総量を削減でき、ほぼ計画通りの進捗。むしろ、わずかに計画以上の削減ができている。下期は経済環境が変化しているが、通期目標は達成できるだろう」とした。

[18:14 12/10]

青山学院、ICT戦略でEMCと協力 - 教育系と事務系のシステム統合へ

青山学院とEMCジャパンは9日、産学協同でICT戦略を実施していくことを発表した。青山学院が2009年から運用を開始するICTネットワークシステムのインフラに「EMC Symmetrix DMX4」などのEMC製品を採用、また、同学院の青山キャンパス再開発に伴い、教育系と事務系のシステム統合をEMCジャパンが行う。青山学院はICT戦略による学校経営力の強化を前面に打ち出しており、マイクロソフト、NECなどとも産学協同の取り組みを開始しているが、EMCジャパンは同戦略の基盤となるインフラ部分へのソリューション提供を担当、2003年から続いている両者の連携をさらに強化していく。

[17:44 12/10]

BOOK REVIEW - 読書術の真髄は50年経っても変わらない

今回紹介する加藤周一著の『読書術』は1962年に出版されて以来のロングセラーで、ある意味、この分野の古典と呼べる一冊だ。私見だが、すべての読書人は一読しなければならない本だと思う。50年近く前の本ではあるが、書かれてある内容は驚くほど新鮮で、現在でも通用する読書術だ。その理由は、本という姿形が50年間変わっていないことと、知識を得るためのメディアとしての本の価値は現在でも変わっていないことであろう。

[13:30 12/10]

NetSuite、日本の商習慣に合わせたSaaS型統合業務アプリケーションを発表

ネットスイートは12月9日、日本市場向けにローカライズしたSaaS型統合業務アプリケーション「NetSuite-Release J」の提供を開始したと発表した。同製品は、CRM、ERP、eコマース、会計システムなど、主要な業務アプリケーションを統合したSaaS型システム。日本語化のみならず、日本の法令・商習慣にまで対応した本格的なローカライズ製品としてリリースする。

[11:00 12/10]

もっとお客様を理解した会計ソフトを提供していきたい - 弥生・岡本社長

「カタログに書けないような細かい改良を加えた。派手な新機能はない。だが、その進化の大きさは使っていただくと実感していただける」 - 12月5日から発売する「弥生 09 シリーズ」の特徴を、同社 岡本浩一郎社長はこう表現する。「弥生 09 シリーズ」を構成するのは、「弥生会計 09」を初めとするの5製品。各製品に共通しているのは、中小企業、個人企業、起業家を対象に「かんたん・やさしい」を追求している点だ。発売を直前に控えた11月後半、同社 岡本浩一郎社長に、新製品の魅力、同社の事業方針などについて聞いた。

[09:30 12/10]

「失望」から「成長」へ、NECがRFIDで新たな市場を開拓する新製品を発表

NECは、東京都大田区にあるRFIDの検証施設である同社の「RFIDイノベーションセンター」を報道機関に公開するとともに、RFID関連の新製品「アクティブタグ」と「スマートコントローラ」を発表した。

[09:00 12/10]

2008年12月09日(火)

グーグル、製品企画本部長の辻野氏が社長就任へ - 村上氏は名誉会長に

グーグルは9日、同社 執行役員 製品企画本部長 辻野晃一郎氏が2009年1月1日付けで同社 代表取締役社長に就任することを発表した。現・代表取締役社長の村上憲郎氏は名誉会長に就任する予定だ。

[20:27 12/9]

米デル、米EMCとの提携契約を延長し、ポートフォリオにCelerra NX4を追加

米デルと米EMCは、グローバルな提携関係を複数年に渡って延長し、少なくとも2013年まで継続すると発表した。また、本提携の延長に加え、DELL/EMCファミリーのネットワーク・ストレージ・システムのポートフォリオに「EMC Celerra NX4」が追加される。

[16:48 12/9]

市場独占のシナリオを描け - シンクロア荒井氏

「市場独占のシナリオを描くことが、ベンチャー成功のカギ」──政府系のベンチャーキャピタル、東京中小企業投資育成が28日に開催したセミナーの講演で、シンクロア代表取締役会長の荒井真成氏は、そう主張した。

[16:16 12/9]

OKIデータ、英国工場の全電力をグリーン電力に切り替え - CO2も大幅削減

OKIデータは9日、同社の英国生産拠点であるOki(UK)Ltd.(以下、OUK)において、使用電力の全てを自然エネルギーで発電した”グリーン電力”に切り替える契約をスコットランド電力と締結したと発表した。工場で使用する全ての電力をグリーン電力へ切り替えるのは、OKIグループでは初とのこと。

[13:01 12/9]

IT革命の経済効果はこれからが本番 - 夏野氏

「管理職や経営者の役割は、会社の方向性を示すリーダーシップにこそある。管理・監督が求められる時代は終わった」──iモード育ての親として知られ、現在、慶應大学政策・メディア研究科特別招聘教授やドワンゴ顧問などを務める夏野剛氏は、東京中小企業投資育成が11月28日に開催したセミナーの講演でそう語り、経営者や管理職は、IT革命によって自身の役割が大きく変化していることをあらためて認識すべきだと説いた。

[13:00 12/9]

経営ツールとしての社内SNS 第21回 社内ブログがコミュニケーションの"潤滑油"に - 日本オラクル その2

前回に引き続き、日本オラクル セールスコンサルティング統括本部 Fusion Middleware SC本部 テクノロジーエバンジェリスト 佐藤直生氏に、同社内で展開されている社内ブログ「OJ Blogs」について話を伺う。

[10:00 12/9]

2008年12月08日(月)

日本ユニシス、教育・人材育成系SaaSのマーケットプレイスを提供

日本ユニシスは、SaaSのビジネス機会創出の場「ビジネスパーク」の第1弾として、教育・人材育成系SaaSのマーケットプレイス「ビジネスパーク/ラーニング」のビジネスパートナーを募集するとともに、サポートサービスを提供する。

[17:29 12/8]

NEC、SaaS型購買システムにFAX配信システム/e・パーセルとの連携機能

NECとNECプレオマートは12月8日、SaaS型購買システム「PLEOMART/PS」の機能強化を行い、パナソニック電工インフォメーションシステムズのFAX配信システムSaaS、およびイーパーセルのEDIシステムSaaS「e・パーセル」との連携サービスの提供を開始した

[16:59 12/8]

リアルタイムなキャッシュフローがビジネスを変革する - 丸茂会計事務所

丸茂公認会計士事務所(以下 丸茂会計事務所)は、昭和36年に開業した会計事務所だ。税理士会で会計経理自動化の理事を務めていた所長の丸茂等氏は、企業経理の電子化に積極的に取り組んで来た。丸茂会計事務所では、自計化に対してもいち早くそのメリットを掴み、平成6年から顧客に提案を続けている。

[09:00 12/8]

経営ツールとしての社内SNS 第20回 グローバルなSNSとローカルなブログを使い分ける - 日本オラクル その1

大手ソフトウェア企業の日本オラクルには、海外拠点ともやりとりができるグローバルな社内SNSと、日本オラクル社員のみが利用する社内ブログがあるという。それぞれどのようなサービスで、どのように使い分けられているのだろうか。同社セールスコンサルティング統括本部 Fusion Middleware SC本部 テクノロジーエバンジェリスト 佐藤直生氏に話を聞いた。

[09:00 12/8]

2008年12月05日(金)

石丸電気系のオンラインショップ「Refino」が閉鎖へ

石丸電気系オンラインショップ「Refino」が、来年1月に閉鎖されることが明らかになった。

[21:23 12/5]

新エネルギー「振動力発電」機器が渋谷ハチ公前に登場 - "発明の母"はスピーカー

誰もが気付かないうちに、石油や太陽光のようなエネルギー源になってしまう発電機器が、渋谷ハチ公前広場に登場した。路面に埋め込まれ、通行人が踏んだときに起こる振動を電気に変換する「振動力発電」を行う「発電床」は、体重60kgの人が2回足ぶみすると約0.5Wを発電する。設置期間は5日~25日。

[19:27 12/5]

元Yahoo!検索広告部門トップ Qi Lu氏、米MSのオンライン部門トップに就任

米Microsoftは12月4日(現地時間)、元米Yahoo!トップエグゼクティブのひとりであるQi Lu氏が同社に参加してオンラインサービス部門プレジデントに就任する人事を発表した。Qi Lu氏は、今年6月まで米Yahoo!の検索広告技術部門エグゼクティブバイスプレジデントを努めていた人物。

[18:35 12/5]

ネットジャパン、Windows Server 2008対応デフラグツールの出荷を開始

ネットジャパンは12月5日、エンタープライズ市場向けに、Windows Server 2008対応のデフラグツール「NetJapan PerfectDisk 2008」の出荷を開始したことを発表した。

[12:42 12/5]

CIOが今後18-36カ月ですべきこととは - 米デル フィリップ・A・ディビス氏

デルは、日本/アジア太平洋地域 エンタープライズ事業統括 米デル バイスプレジデント フィリップ・A・ディビス氏の来日に合わせ、同社のエンタープライズ事業に関する記者懇談会を開催した。

[09:00 12/5]

2008年12月04日(木)

ウイングアーク、"チャートによるデータ分析"を可能にするツールが登場

ウイングアーク テクノロジーズは12月4日、同社のデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」シリーズに、集計データをもとにさまざまなチャートを表示することで、"チャートによるデータ分析"を実現するツール「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」を発表した。出荷は2009年1月末からを予定しており、製品価格は100万円(税別)としている。

[20:06 12/4]

エコプロダクツ2008 - 10周年を迎え出展者は750超

12月11日~13日、東京ビッグサイトにて環境展示会「エコプロダクツ2008」が開催される。10周年を記念する今年は「もうできる!CO2-(マイナス)50%のエコライフ」というテーマのもと、750を超える企業・団体が出展。環境問題の解決に向けた新しい取り組みと実例を紹介する。

[18:48 12/4]

企業のディザスタリカバリ需要が拡大 - IDC調査

IDC Japanが行った調査によれば(有効回答数は1,299社)、国内企業の2007年の事業継続計画(BCP)およびディザスタリカバリ(DR)対策予算は対前年比12.4%増の2,700億円であり、2007年から2012年にかけて年間平均成長率(CAGR)8.3%で増加していくという。

[16:07 12/4]

マスターカード、出張経費・交際費の節約機会の無料診断ツールを公開

マスターカードは4日、企業の出張経費・交際費の節約機会診断ツール「MasterCard 出張交際費オプティマイザー」の日本語版を同社Webサイトで無料公開した。

[12:23 12/4]

SAPジャパン、BPM新製品発表、現場ニーズ取り込み、変化に迅速対応

SAPジャパンは、業務プロセスを管理するソリューションの新製品「SAP NetWeaver Business Process Management(以下SAP NetWeaver BPM)」を12月18日から提供開始すると発表した。

[10:42 12/4]

2008年12月03日(水)

NECソフト、サーバとエンジンをセットにした社内検索システムを発売

NECソフトは3日、検索エンジンと導入サービスをセットにしたSIソリューションパック「社内検索システムらくらく導入パック by QuickSolution」を発売した。価格は290万円(税別)から。

[17:06 12/3]

補助金復活! 本気で考える太陽光発電入門 前編 - 設置メリット"ホントのトコロ"

クリーンで無尽蔵なエネルギーを電気に変える太陽光発電システム。国の補助金制度復活が決まり、ここにきて注目度が高まっているが、設置には平均で1kWあたり70万円の費用がかかる。国の補助金は約1割にあたる7万円/kWhと見られており、気軽に導入するにはまだ高額な機器だ。環境意識だけで、すんなり購入できるものではないだろう。また、購入・設置方法などについて、不透明な面もある。そこでこの企画では、経済性を含めたメリットや失敗しない購入方法を全2回で解説していく。

[16:33 12/3]

AOL元CEOがYahoo!買収に関心、資金調達を画策 - 米WSJ

2002-2006年までAOLの会長兼CEOを務めたJonathan Miller氏が米Yahoo!買収に向けて資金集めに奔走していると、米Wall Street Journal(オンライン版)が12月2日付けの記事で報じている。同氏は、この取引で同社株を20-22ドルの水準まで持ち上げることが可能だと株主らに説明しているという。これが実現すれば、現状の160億ドルから倍近い280-300億ドルの水準まで時価総額が引き上がることになる。

[10:37 12/3]

日立、SAPと世界的規模でのパートナー契約 - 海外売上げを現行の3倍に

日立製作所と独SAPは、「SAP グローバル サービスパートナー」のパートナー契約を締結したと発表した。両社は、SAPソリューションの販売から、システム構築、マーケティングなど、広い範囲にわたる協業を世界的規模で推進、日立のプラットフォームやミドルウェア、コンサルティングサービスとSAPソリューションとを組み合わせ、日本、米国、欧州をはじめ、世界市場に向け、SAPビジネス・アプリケーションを提供していく意向だ。

[08:25 12/3]

2008年12月02日(火)

日中の"架け橋役"に生存賭ける中国・大連市「ブリッジシティ構想」 - 董処長に聞く

筆者は今夏大連市を業務で訪れた際、旧友で、大連市人民政府信息産業局ソフトウェア処で処長をつとめる董莉氏から、大連市が温める「ブリッジシティ構想」なるものがあるという話を聞いていた。その後、世界規模の「金融危機」が起こったが、このたび機会を得、董氏と語り合うことができた。董氏へのインタビュー記録をご紹介しよう。

[20:40 12/2]

三菱電機インフォ、i-FILTER対応の統合ログ収集・分析システムを発売

三菱電機インフォメーションテクノロジーは2日、同社の統合ログ収集・分析システム「LogCatcherシリーズ」新製品として、デジタルアーツのWebフィルタリングソフト「i-FILTER」のWebアクセスログに対応した「LogCatcher for i-FILTER」を12月4日に発売すると発表した。。

[19:54 12/2]

モバイル管理からバックオフィスの総合管理へ - KCS Motion Ver.3

兼松コミュニケーションズは12月1日、モバイル総合管理システムの新版「KCS Motion Ver.3」をリリースした。新版では、モバイル管理の枠を超え、新たにETCやオフィス用品にも対応。請求按分や備品管理など、煩雑ながらも重要なバックオフィス業務を広範囲にサポートするASPサービスとして生まれ変わった。本稿では、兼松コミュニケーションズ 法人営業本部 副本部長の西牧浩二氏らの話を基に、同製品の生い立ちと特徴、今後の方向性について紹介していこう。

[13:36 12/2]

Nokiaには「iPhone」のようなヒットを出す力はない!? - ETRE 08

スウェーデン・ストックホルムで開かれた技術と投資のカンファレンス「ETRE 08」での2日目、フィンランドNokiaの端末部門上級副社長Antti Vasara氏が基調講演のステージに登場した。Vasara氏は主催の米Red Herringの会長、Alex Vieux氏との対談形式で、イノベーション、企業変革、国際ブランドなどについて語った。

[09:00 12/2]

2008年12月01日(月)

富士通フロンテック、2010年に売り上げ規模を1.5倍に

富士通フロンテックは、新潟県燕市の同社新潟工場において、アナリストおよび報道関係者を対象に、2008年度上期業績を説明するとともに、手のひら静脈認証、RFID、電子ペーパーといった同社の新規ビジネスの最新動向について言及。さらに同工場の見学会を実施した。

[20:02 12/1]

中央大学、後楽園ITセンターに新ICT教育システムを導入 - 消費電力を2/3に

中央大学と日本IBMは1日、東京都文京区の中央大学後楽園キャンパスの後楽園ITセンターにおいて、環境に配慮した次世代ICT(Information Communication Technology)教育システムを共同でデザインし、2009年4月より稼働すると発表した。システム規模は、2011年度までの運用保守を含めて約5.5億円が予定されている。

[17:25 12/1]

青山学院、卒業生や保護者を含め15万人が利用するシステムを来年4月に導入

青山学院はマイクロソフトの協力のもと、幼稚園から大学院までの教職員や在学生に加え、保護者や卒業生までの利用を想定した新システムを、2009年4月から導入すると発表した。システムは市場規模に換算すると47億円にのぼるという。なお、青山学院とマイクロソフトがそれぞれどれくらいの金額を負担するかは明らかにされていない。

[15:36 12/1]

所得控除できる制度 生まれ変わったエンジェル税制 第2回 内需関連ベンチャー株式市場に兆し!?

前回は、ベンチャー企業に投資をすると税額控除を受けられるという、平成20年4月に改正された「エンジェル税制」の効果について解説してきましたが、今回は、その優遇措置を受けるための要件などについて解説していきたいと思います。

[08:30 12/1]

2008年11月28日(金)

放送界を大企業が掌握?! 放送法施行令改正案で、反対意見が噴出する韓国

大企業による放送事業進出が可能となり、放送界で議論がわきあがっている。

[16:45 11/28]

ITR、Windows OS選択についての調査結果をまとめたホワイトペーパーを公開

アイ・ティ・アールは28日、同社のホームページにおいて、今後、企業がどのような観点でクライアント向けのWindows OSを選択するべきかを示したホワイトペーパーを無償公開した。

[13:07 11/28]

Nokiaがスマートホーム分野に進出、2009年にプラットフォーム提供へ

フィンランドNokiaは11月27日(現地時間)、同社初のスマートホームプラットフォーム構想「Nokia Home Control Center(HCC)」を発表した。スマートフォンやPCを使って、遠隔地から家庭の暖房装置を制御したり、消費電力を確認したりすることが可能になるという。2009年にも最初のソリューションを提供する予定だ。

[12:48 11/28]

KCS、携帯電話総合管理サービスの新版を披露 - KCSプライベートセミナー

兼松コミュニケーションズ(KCS)は11月27日、同社法人営業部主催のプライベートセミナーを開催し、12月1日にサービスを開始する携帯電話の総合管理サービス「KCS Motion Ver.3」を披露した。

[12:15 11/28]

韓LG電子、日立と共同開発した浄水器でヘルスケア事業進出

LG電子が、生活家電を基盤とした"健康家電"分野への進出を宣言した。同社が提示した資料によると、2005年から2015年までに、世界の健康管理事業の市場は138%、ヘルスケア家電市場は216%も増加すると見込まれており、その市場規模の大幅な拡大が予想されるためだ。

[12:06 11/28]

SAP、国際会計基準対応などの課題に解決策を提示、EPMのスイートが核に

SAPジャパンは、連結会計ソリューションについての戦略を示した。決算の早期化や国際会計基準法対応が求められている国内企業の課題に対応することを図り、「Business Objects Financial Consolidation」を軸に、戦略管理、予算管理、収益性管理製品を一括したスイート製品を2010年までに投入、EPM(Enterprise Performance Management)、GRC(Governance,Risk and Compliance:企業内統治、危機管理、法令順守)、ERPの統合、連携を進め、経営課題に全方位的に対処できる体系を確立することを目指す。

[11:24 11/28]

企業はWindows 7を待つべきか - デルが新たなサービスをスタート

企業がWindows Vistaの導入を躊躇しているという話をよく聞く。現在利用しているアプリケーションの互換性が大きな理由の1つだが、そんな中、デルはWindows Vistaへの乗り換えをサポートする「Window Vista Migrationソリューション」の提供を開始した。そこで、アプリの互換性では具体的に何が問題になるのか、乗り換えにあたっては何に注意すべきなのか、どういう方法があるのかなどについてデルの担当の方に聞いてみた。

[10:45 11/28]

2008年11月27日(木)

ソニー、仮想化技術を利用した中堅・中小企業向けクラウドサービスを開始

ソニーは、中堅・中小企業を主なターゲットとして、仮想化技術で構築した"bit-drive"データセンターと企業をVPNで結び、イントラネットでのホスティングという新しいサービス「マネージドイントラネット」を12月下旬より提供する予定であることを発表した。

[19:05 11/27]

リオ、事業譲渡を受け「やるぞ!確定・青色申告」ブランドの新製品を発売

東京都千代田区に本社がある、インターチャネルが出資する有限会社山屋商店の100%子会社リオは、資本提携先であるインターチャネルより個人向け確定申告ソフト「やるぞ!確定・青色申告」ブランドの申告ソフト事業を、事実上のMBOを実施することにより事業譲渡を受け、12月5日に新バージョンを発売すると発表した。

[16:28 11/27]

ソフトで学ぶ、はじめての会計実務 第4回 仕訳入力作業の効率化

前回は、仕訳入力画面の決め方について説明しました。今回は、その仕訳入力画面において、仕訳入力を効率化する方法について解説しましょう。

[15:38 11/27]

ポリコム、各拠点最大6名でのビデオ会議が可能なPolycom TPX HDシリーズ

ポリコムジャパンは27日、イマーシブテレプレゼンスソリューション「Polycom Telepresence Experience(TPX) HD」シリーズを発表した。

[13:37 11/27]

2008年11月25日(火)

電気自動車i MiEVとプラグインステラ - 銀座と横浜で試験走行をスタート

郵便事業は25日、三菱自動車の電気自動車「i MiEV(アイ ミーブ)」1台を銀座支店に、富士重工業の「スバル プラグイン ステラ コンセプト」1台を横浜港支店に試行配備すると発表した。

[19:41 11/25]

ホンダ、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の国内リース販売を開始

本田技研工業は25日、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の国内リース販売を開始、第一号車は環境省へ納車された。

[18:47 11/25]

日立、PaaS型でビジネスインフラサービスを提供開始 - 月単位で利用が可能

日立製作所は28日、各種アプリケーションの開発環境や実運用システムの稼働環境などのIT基盤を、必要な期間だけネットワークを介して提供するPaaS(Platform as a Service)型ビジネスインフラサービス「SecureOnline統制IT基盤提供サービス」を提供開始する。価格は個別見積。

[14:51 11/25]

NECが環境負荷を50%削減するオフィスビルを建設

NECは、川崎市中原区にある同社の玉川事業場内に、IT・ネットワークを活用したワークスタイル革新による環境負荷削減や、シンクライアントシステムの積極的な活用などによるシステム全体での省電力化により、従来オフィス比でCO2排出量50%削減を目指す、環境に配慮した次世代オフィス「NEC玉川ソリューションセンター(仮称)」を建設すると発表した。

[14:12 11/25]

米IBM、クラウド構築や運用を支援するコンサルティングサービス

米IBMは11月24日(現地時間)、クラウドコンピューティングの導入コンサルティングを目的とした新サービス群の提供を発表した。企業クライアントらが既存の"オン・プレミス(On Premise)"な環境から、より新しい技術トレンドであるクラウドコンピューティング環境へと移行するのを支援する。

[13:37 11/25]

環境技術満載の"近未来型住宅"を洞爺湖から移築、一般公開へ - 積水ハウス

積水ハウスは28日、洞爺湖サミットで世界に披露された環境対応住宅「ゼロエミッションハウス」を一般に公開する。すでに同社の関東工場(茨城・古河市)「ゼロエミッションセンター」への移設が完了しており、公開後は「茨城県次世代エネルギーパーク」の見学施設になる。

[06:00 11/25]

2008年11月21日(金)

コスト削減に効く5つのソリューション - シマンテック加賀山社長が講演

シマンテックは、『「インフラ」中心から「情報」中心へ』をテーマに、Symantec Vision 2008を東京赤坂のホテルで開催した。基調講演ではシマンテック代表取締役社長 加賀山進氏が日本市場についての講演を行った。

[19:51 11/21]

百貨店では最大規模! 照明の95%をLED化した売場が登場 - 西武池袋本店

西武百貨店は21日、池袋本店3階にドレスアップをテーマにした婦人服売り場をリニューアルオープンした。同売り場では、設置照明数の95%に相当する264灯のLEDが使用されており、年間のCO2排出量を4割以上削減、12t程度に抑制できる見込みという。

[19:23 11/21]

OKIデータ、レバノンとトルコの2大学に共同研究所を設立

OKIデータこのほど、レバノンのノートルダム大学とトルコのシスリ工業技術大学の両大学と、共同研究ならびに学生の研究活動サポートによる人材育成での提携を合意し、各大学に共同研究所を設立したと発表した。同社が中東の大学と共同研究所を設立するのは今回が初となるという。

[18:46 11/21]

デル、中小企業・自営業向けポータルサイト「Small Business 360」を開設

デルは21日、中小企業・起業家向けの情報ポータルサイト「Small Business 360」を公開した。

[17:57 11/21]

NokiaとIBM、「Lotus Notes」サポートで提携

フィンランドNokiaと米IBMは11月20日(現地時間)、IBMの「Lotus Notes」をNokiaのスマートフォンでサポートする計画を発表した。2社ともに、企業向けモバイル電子メール分野を強化する狙い。Lotus Notesのサポートは、12月に提供開始となる。

[17:00 11/21]

OKIデータ、アルゼンチンにプリンタと複合機の事業拠点を初めて設立

OKIデータはこのほど、アルゼンチン共和国に同社の事業拠点を初めて設立し、11月3日より業務を開始したことを発表した。BRIC'sとVISTAを中心とする新興国市場への事業展開の強化を図るという。

[15:55 11/21]

米IBM、クロスプラットフォーム仮想化企業・米Transitiveの買収計画を発表

米IBMは18日(現地時間)、クロスプラットフォーム仮想化企業の米Transitiveの買収計画を発表した。買収額については非公開となっている。

[13:02 11/21]

ベリタスコンサル、ビジネスWikiサービス「Deki Wiki」を提供開始

ベリタス・コンサルティングは21日、ステボルディとの共同開発によるビジネスWikiサービス「Deki Wiki」の提供を開始した。

[12:53 11/21]

米Dellの8-10月期決算は売上/利益ともに減少、IT投資抑制が響く

米Dellは11月20日(現地時間)、同社会計年度で2009年第3四半期(2008年8-10月期)決算を発表した。売上は152億ドルで前年同期比3%のマイナス、純利益も7億2700万ドルで5%の減少となった。金融危機から企業がIT投資を控え始め、それがDellの決算を直撃した形だ。

[12:28 11/21]

ソニー・積水ハウス・JTB関東など9社が「新エネ大賞」受賞

新エネルギー財団は20日、今年度の「新エネ大賞」受賞者を発表した。「新エネ大賞」は、新エネルギーなどにかかわる機器の開発やサービスの提供、設備の導入および普及啓発の取り組みを広く公募して表彰しているもので、今年度が13回目。応募総数46件の中から東京都下水道局など9件が厳正な審査によって選ばれた。

[11:47 11/21]

2008年11月20日(木)

Mozilla、2007年の売上は前年比12%増の7,500万ドル

Mozillaの2007年度における売上高が、前年比12%増の7,500万ドルであることが明らかになった。その大半は、検索エンジンを巡るGoogleとの提携によるもの。

[23:16 11/20]

Symbian Foundation、支持企業を拡大 - ルネサス、ソフトバンクなどが支持

Symbian Foundationは11月20日、都内で記者会見を開催し、日本でのSymbianのビジネスとSymbian Foundationの方向性を明らかにした。

[19:21 11/20]

ファイルメーカーの社長交代--新社長はエプリング氏、宮本氏は会長に

ファイルメーカーは20日、社長の交代人事を発表した。新社長には、FileMaker, Inc.上席副社長兼CFO のウィリアム・エプリング氏が12月1日付で就任し、現代表取締役社長の宮本高誠氏は会長に就任する。

[18:55 11/20]

NRI、2013年度までのソーシャルコンピューティングの進展を予測

野村総合研究所(NRI)は19日、2013年度までのソーシャルコンピューティングの進展を予測したITロードマップを発表した。それによると、ソーシャルコンピューティングのオープン化により各サービス間での連携が加速していくという。

[18:27 11/20]

デル、「フレキシブル・コンピューティング」のための支援サービスを開始

デルは、同社が新たに提唱する「フレキシブル・コンピューティング」ための導入支援サービスを開始すると発表した。フレキシブル・コンピューティングは、ユーザーが、いつでも、どこでも、どの端末からでもアクセスでき、自由度を制限されないことをコンセプトとした、シンクライアントを中心とするソリューション。

[17:51 11/20]

SAP、マスターデータ管理機能の利便性を向上させた"SAP NetWeaver MDM 7.1"

SAPジャパンは20日、マスターデータ管理統合ソリューション「SAP NetWeaver Master Data Management 7.1」の提供を開始した。

[14:36 11/20]

日本IBM、「InfoSphere」を国内で初披露

日本IBMは19日、ユーザーとビジネスパートナーを対象としたイベント「IBM Information On Demand Autumn Forum 2008」を開催した。同イベントでは日本で初めてインフォメーション・オンデマンドの中核製品ブランド「InfoSphere」が公式発表されるとあり、箱崎事業所内の会場は朝から満席状態。インダストリー・モデルやユーザー事例の紹介、デモンストレーションなどが行われたが、今回はその中から基調講演の様子をレポートしよう。

[14:25 11/20]

富士通、データ作成支援/チェック機能を搭載したXBRLミドルウェア発表

富士通は20日、XBRLミドルウェア「Interstage XWand V10」を発表した。価格はサーバ用ソフトウェア「Interstage XWand Server Runtime V10」プロセッサライセンスが500万円から、クライアント用ソフトウェア「Interstage XWand Personal Runtime V10」が22万円、開発用ソフトウェア「Interstage XWand Developer V10」が50万円(いずれも税別)。出荷はいずれも2009年1月末より開始される。

[14:02 11/20]

社員が離れる会社、社員を活かす会社、その特徴は?- NTTデータ経営研調査

IT企業において、社員の能力開発や必要スキル明示に業績向上が関係する実態が、NTTデータ経営研究所調査で明らかになった。この調査は、gooリサーチ登録モニターのうち、通信・IT関連サービス企業の勤務者を対象にした「IT人材のプロフェッショナル意識調査2008」で、有効回答数は1,199人。

[09:00 11/20]

ECOネタ エコの雑学事典 第1回 1kgのCO2ってペットボトル何本分? - 「1人1日1kgのCO2削減」目標の裏側

京都議定書の温室効果ガス削減計画を達成するため、2005年から政府が主導となって実施されている地球温暖化防止国民運動といえば、チーム・マイナス6%。この中で、2007年から新たに追加された「1人1日1kg」という数値目標がある。なぜ1kgなのか?そもそも1kgのCO2とはどのくらいの容積なのか? 取り組みの根拠と難易度に迫ってみた。

[09:00 11/20]

2008年11月19日(水)

ユニシス、システム単位の費用体系を採用した電子購買システム構築ツール

日本ユニシスは19日、低コストでの電子購買システムの開発を実現したMicrosoft .NET Frameworkベースの電子購買システム構築支援ツール「eProT」を発売した。価格は1システム1,000万円(開発・保守環境と本番環境を合わせて)。

[15:58 11/19]

富士通研、Web上の風評をリアルタイムに検知する技術を開発

富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司は、 Web上の掲示板やブログ、SNSなどに書き込まれる企業や製品についての大量かつ多様な風評情報を、リアルタイムに検知する技術を開発した。本技術により、 Web上の風評リスクへの対策を迅速に行うことが可能となる。

[15:27 11/19]

「不都合な真実」のアル・ゴア元副大統領が早稲田大学で講演

地球温暖化をテーマにしたドキュメンタリー映画「不都合な真実」で、2007年にノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア元米副大統領が、早稲田大学で開催された「地球環境グローバルサミット2008」で講演した。アル・ゴア氏は、クリントン時代に第45代米国副大統領を務めたほか、著書「不都合な真実」の執筆も行っている。

[14:55 11/19]

米HPの08Q4売上は大幅アップ、金融危機受け予備決算を事前報告

米Hewlett-Packard(HP)は11月18日(現地時間)、同社会計年度で2008年第4四半期(8-10月期)の暫定決算ならびに2009年度の見通しについて発表した。同四半期の売上見通しは336億ドルで前年同期比19%のアップ、GAAPベースの1株あたりの利益(EPS)は0.84ドルで4%のアップとなる。2008年度通年の売上は1184億ドルで前年同期比13%の上昇となる見込み。

[09:57 11/19]

従業員50名の印刷会社が、環境への取り組みとIT化で企業の活性化に成功!

パソコンと数種類のソフトウェア、それにわずか数万円の投資で大きなIT化を遂げ、さらに環境活動にも貢献している企業がある。株式会社ディグが提唱した「環境経営マネジメント」とはどういうものなのか? 同社の代表取締役 杉井康之氏に直接話を伺った。

[08:30 11/19]

2008年11月18日(火)

マクドナルドのシステム連携基盤を紹介 - ローカルガバメントCIOフォーラム

日本オラクルは11月18日、全国地域情報化推進協会(APPLIC)の後援のもと、国や自治体のIT化推進の取り組みを紹介するフォーラム「ローカルガバメントCIOフォーラム」を開催。基調講演には、日本マクドナルドのインフラシステム本部 システム&サービスマネジメント部 部長の溝江言彦氏が登壇し、「CIO補佐経験者が語る、情報化の進め方、あるべき姿」と題する講演を行った。

[19:34 11/18]

我々はクラウドで選択を提供する、これがSaaSとの違いだ - 米MSクルトワ氏

マイクロソフトは、海外拠点におけるグローバルセールス、マーケティング、サービス活動を統括する米マイクロソフト シニア バイスプレジデント ジャンフィリップ クルトワ氏の来日に合わせ、プレスラウンドテーブルを開催した

[18:44 11/18]

東芝、国内第2位に躍り出た液晶テレビ躍進の秘密

東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」が、着実に国内シェアを引き上げている。GfKジャパンの調べによると、東芝の国内における液晶テレビのシェアは、2008年9月の実績で17.5%、10月の実績で17.0%。シャープに次いで第2位となっている。lead_mobile=東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」が、着実に国内シェアを引き上げている。

[17:39 11/18]

内田洋行ら、次世代エンタープライズサーチの提供を開始

内田洋行とウチダスペクトラムは11月18日、次世代情報活用基盤構築が可能なエンタープライズサーチ「SMART/InSight G2」を共同で開発、即日販売を開始したことを発表した。

[16:06 11/18]

独SAP、ERPにデータを集めるデータマイグレーションサービスを開始

独SAPは11月17日(米国時間)、さまざまなシステムに分散したデータを自社ERP環境に集めるデータマイグレーションサービス「SAP Data Migration」を発表した。傘下のBusiness Objectsのデータ統合技術を組み合わせたもので、エンドツーエンドでのデータマイグレーションを実現する。

[15:55 11/18]

NTTデータ、VMwareを使用した「SAP仮想化サービス」を提供開始

NTTデータは、サーバ仮想化製品であるVMware製品上へ、統合基幹業務パッケージのSAPで構築したシステムを短期間・低コストで移行するサービス「SAP移行サービス on VM」と、SAPのアップグレードを仮想化環境で実現するサービス「SAPアップグレードサービス on VM」の提供を11月20日から開始する。

[15:33 11/18]

Transmetaが米Novafora社に売却

かつて「Crusoe」で一世を風靡した半導体企業Transmetaが、ファブレス企業のNovafora社に買収される。買収金額は2億5,560万ドル。

[13:07 11/18]

米Yahoo!のJerry Yang氏がCEOを辞任 - 業績不振で引責も先行きは不透明

米Yahoo!は11月17日(現地時間)、同社共同創業者でCEOのJerry Yang氏の辞任を発表した。同社は現在新CEOを選出している段階であり、後任が決まり次第交替を行う。以後、Yang氏は2007年6月のCEO就任以前のChief Yahoo!の職へと戻り、CEO辞任後も引き続き同社ボードメンバーとして在籍する。

[12:37 11/18]

ソーシャルネットワークをめぐる10の理論 - 橋本大也氏

日立システムアンドサービスは11月13日、「企業の人的資源を引き出す社内SNS / Blog活用術」をテーマとした定期セミナー「Prowiseビジネスフォーラム」を開催。 基調講演では、データセクション代表取締役の橋本大也氏が、「ソーシャルネットワークと集合知 - SNS、Blog、Wiki活用の知識経営」と出する講演を行った。

[09:00 11/18]

今、求められるCRMとは - Dynamics CRMを採用したOKIソフトウェアの狙い

先週13-14日、東京池袋でコールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2008が開催された。今回は、その中で行われたワークショップでも人気が高かった、Microsoft Dynamics CRM 4.0を採用した、沖ソフトウェアのCRMソリューション「enjoy.CRMII」をレポートする。

[08:34 11/18]

2008年11月17日(月)

ノーテル、グリーンITの自社事例を紹介

ノーテルネットワークスは17日、グリーンITに関する同社の取り組みを紹介する説明会を開催した。説明会は、同社のユニファイド・コミュニケーション・サービスによって構築されたネットワーク環境下で東京都品川区にある日本オフィスとシンガポールのNortel Asiaオフィスをつないで実施。Nortel AsiaでCIOを務めるエリック・ローゾン(Eric Lauzon)氏がテレビ会議形式で登場した。

[21:22 11/17]

経済産業省、中小企業を対象にCO2排出削減量認証・補助事業を開始

経済産業省は17日、中小企業を対象に省エネルギー設備導入によるCO2排出削減量に関する第三者認証事業および、省エネルギー設備に対する補助事業(補助率1/2)を実施すると発表した。

[18:22 11/17]

OKIデータ、上海で開催中の「中国国際全印展(AIP2008)」に出展

OKIデータは14日より、中国・上海新国際博覧中心にて開催されている「中国国際全印展(All In Print China 2008)」に出展している。同社独自のLEDプリント技術の特長を活かした小型・高画質カラープリンタを出展し、特殊媒体対応やプリントショップシステムなどを紹介しているという。同イベントの開催は17日まで。

[12:04 11/17]

Googleエンタープライズ製品の現在と未来 - Googleディレクターが講演

12日に開催された「Google Enterprise Day 2008 Tokyo」では、「Googleエンタープライズ製品の現在と未来」と題して、Google Inc.エンタープライズ部門製品企画担当ディレクターであるマシュー・グロツバック氏の基調講演が行われた。

[09:00 11/17]

2008年11月15日(土)

米Sunが全従業員の2割弱をリストラ、Rich Green氏は同社を退職へ

米Sun Microsystemsが世界拠点での大規模な人員削減を計画している。同社によれば削減対象となるのは世界の同社拠点に所属する5000-6000人で、社員全体の15-16%に上る。また同社エグゼクティブバイスプレジデントでソフトウェア部門のトップだったRich Green氏が同社を退職したという。

[10:25 11/15]

2008年11月14日(金)

SNSトップの自信を支えるMySpaceの国際戦略 - ETRE 08

米MySpaceがこのところ、広告や音楽サービスを立て続けに発表している。若者に人気のSNSとしては最大手であることには間違いないが、国際化戦略など課題もある。MySpaceで米国外のオペレーションを担当するインターナショナル担当マネージングディレクター Travis Katz氏に新サービス、開発者向けサービスや国際化について話を聞いた。

[16:37 11/14]

「経営の真髄は人。今こそ原点に立ち返るべき」 - C&Cユーザーフォーラム、伊藤忠丹羽会長

NECとNUAが主催するユーザー向けイベント「C&Cユーザーフォーラム」の3日目の基調講演には、伊藤忠商事で取締役会長を務める丹羽宇一郎氏が登壇。「日本の将来と経営の真髄」と題する講演を行い、金融危機に対して大局的な視点で臨むことの重要性や、日本のあるべき姿、経営者に期待される役割などについて提言した。

[13:31 11/14]

「差別化はビジネスモデル」、収益性に自信を見せるMySpace - ETRE 08

10月16日、スウェーデン・ストックホルムで開催された技術と投資のイベント「ETRE 08」にて、同社でインターナショナル担当マネージングディレクターのTravis Katz氏が基調講演を行い、ビジネスモデルや新サービスについて語った。

[09:00 11/14]

JavaScript、Java、Win/Linuxが企業のOSS関心事 - Alfresco調査

Alfrescoが企業活動におけるオープンソースの活用具合を調査した結果を報告している。結果はAlfrescoコミュニティに対して実施したものだということを抑えておく必要はあるが、企業活動ではWindows(評価段階)/Linux(運用段階)をベースにTomcat+JavaScriptでシステムを構築する傾向があり、それ以外はオープンソースから好みの技術やプロダクトを選択して採用する傾向がみられるという興味深い結果が報告されている点に注目したい。

[08:30 11/14]

2008年11月13日(木)

Google、「Google Apps」はTCO削減にも貢献するとアピール

12日に開催された「Google Enterprise Day 2008 Tokyo」では、ブレイクアウトセッションとしてGoogle Apps製品の紹介が行われた。

[21:09 11/13]

Google、今後10年のイノベーションはクラウドを舞台にする

12日、Googleは企業向けソリューションの最新情報と事例を紹介する「Google Enterprise Day 2008 Tokyo」を開催。「Googleエンタープライズ・ビジネスのためのイノベーション」と銘打った基調講演では、Google Inc.エンタープライズ部門担当社長であるデイブ・ジロード氏が語った。

[18:37 11/13]

ソフトで学ぶ、はじめての会計実務 第3回 お勧めの仕訳入力法

前回までは、「財務応援Lite」を例にとりながら、会計ソフト選びのポイントと、会計ソフトの基本的な帳票体系・設定方法について説明してきました。今回からは、いよいよ帳票の作成方法について解説していきます。

[16:46 11/13]

SAP、エンハンスメントパッケージをさらに推進 - CRM、SCMにも対応

SAPジャパンは「SAP Business Suite」についての事業戦略を発表、「ビジネスプロセス効率化」「洞察力の強化」「柔軟性の向上」を最大の優先課題と位置づけ、ITによる経営支援を推進していく意向を示した。システム全体を改変するのではなく、柔軟に機能拡張ができるエンハンスメントパッケージを軸に、SOAの技法を活かし、ユーザーの求める条件に即した最適な提案をしていく考えだ。

[12:51 11/13]

スピード最優先の経営を実践 - C&Cユーザーフォーラム、オリンパス菊川社長

NECとNUAが主催するユーザー・イベント「C&Cユーザーフォーラム」の2日目の基調講演には、オリンパスで代表取締役社長を務める菊川剛氏が登壇。「オリンパスの経営改革」と題する講演を行い、同社がこれまでに取り組んできた組織改革や生産構造改革の概要、同社における研究開発や人材育成のあり方などを披露した。

[12:17 11/13]

米司法省、液晶の価格カルテルでシャープなど3社に罰金

米司法省は11月12日 (現地時間)、液晶ディスプレイ (LCD)パネルの販売をめぐる価格カルテルで、LG Display、シャープ、Chunghwa Picture Tubesが罪を認めたことを発表した。3社に対する罰金の総額は5億8500万ドルになる。

[11:18 11/13]

米IntelがQ4売上予測を下方修正 -「予測よりはるかに弱い需要が影響」

米Intelは11月12日(現地時間)、同社の2008年第4四半期 (10-12月期)業績見通しの下方修正を発表した。10月14日の第3四半期決算発表で売上見通しを101億-109億ドルと予測していたが、これを90億ドル(±3億ドル)に引き下げた。またグロスマージンについても59%から55%に修正した。同社によれば「すべての地域とセグメントで需要が予想よりもはるかに弱い」という。

[09:40 11/13]

2008年11月12日(水)

野村総研、携帯電話にも対応可能なFAQサイト作成・管理システムを発売

野村総合研究所は12日、Webサイトの「よくある質問」やコールセンター/ヘルプデスク対応にも利用されるFAQを、効率よく検索・作成・管理するシステム「TRUE TELLER FAQナレッジ」Ver.4.0を発表した。価格は280万円(同時ログイン5ユーザー、税別)から、発売は12月1日。

[19:05 11/12]

長引く日本の景気低迷、躓きの要因と打開策はどこに - 野口悠紀雄氏講演

90年代に始まった景気低迷から20年弱経ったいまもなお、停滞したその空気から抜け出すことができない日本経済。これを打破するための解決策はどこに見出せるのだろうか。現在日本が抱えるこの深刻な問題について、『「超」整理法』や『「超」勉強法』などのビジネス書の著者としても知られる経済学者の早稲田大学大学院教授 野口悠紀雄氏が、日本が向き合うべき課題について語った。

[17:36 11/12]

不確実な変化に強い経営を - C&CユーザーフォーラムでSMBC奥頭取が講演

NECと同社ユーザー会NUAの主催イベント「C&Cユーザーフォーラム」が11月11 - 13日、東京国際フォーラムで開催。初日の基調講演には、三井住友銀行の頭取兼最高執行役員 奥正之氏が登壇し、「世界経済の不確実性にSMBCはどう立ち向かうか」と題する講演を行った。

[16:54 11/12]

米Novell、他社Linuxの技術サポート付き移行支援プログラムを開始

米Novellは11日(米国時間)、サードパーティLinuxディストリビューションから「SUSE Linux Enterprise Server」への移行を支援するサブスクリプション/サポート・プログラム「SUSE Linux Enterprise Server Subscription with Expanded Support」を発表した。

[16:38 11/12]

所得控除できる制度 生まれ変わったエンジェル税制 第1回 ベンチャー企業に投資すると控除される!

平成20年10月は、日経平均が7,000円を切り、バブル崩壊後最安値を付けるなど、株式投資をする者にとっては非常に厳しい月となりました。テレビの街角のインタビューでも、あきらめムードの回答ばかりで、積極的な投資をしようという回答はほとんど見られないようです。

[15:14 11/12]

ポリコム、フルHD対応ビデオ会議システム「Polycom HDX 8006」を発表

ポリコムジャパンは12日、フルHD対応ビデオ会議システム「Polycom HDX 8006」を発表した。

[14:47 11/12]

2008年11月11日(火)

フィックスターズ、Yellow Dog Linuxの米Terra Softを買収

フィックスターズは11日、Yellow Dog Linuxの開発元として知られる米Terra Soft Solutions社の全資産を買収したと発表した。

[19:15 11/11]

ビズソフト、「ツカエル会計2009」など会計ソフト10タイトルを発売

OBCグループのビズソフトは11日、同社の会計ソフトの新製品として「ツカエル会計2009」「ツカエル青色申告2009」「ツカエル経理2009」の3製品10タイトルを発表した。発売は12月4日、価格は3,990円(税込)から。

[18:47 11/11]

「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2008」が開幕

NECなどが主催するイベント「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2008」が、東京有楽町の東京国際フォーラムで開幕した。期間は13日までの3日間で、コンセプトは「人と地球にやさしい情報社会を目指して」。

[17:26 11/11]

ワークライフバランス支援トップ企業はベネッセ - 均等・両立推進企業表彰

仕事と育児・介護との両立支援や、女性労働者の能力発揮を促進するための模範的な取り組みを推進している企業を対象に、厚生労働大臣が年に1回表彰する制度「均等・両立推進企業表彰」の2008年度の受賞企業がこのほど決定した。大賞にあたる「厚生労働大臣優良賞」を受賞したのは、ベネッセコーポレーション。同社は1999年度に「ファミリー・フレンドリー企業表彰」の労働大臣優良賞を受賞。現在、同社の育児休業制度は、法で定められた育休期間終了直後の4月14日まで取得が可能で、女性の育児休業者は過去3年間で90%を超えているという。

[16:16 11/11]

あの上勝町がICT活用に本腰 - MSとの取り組み成果と3カ年計画を発表

"葉っぱビジネス"で全国的に知られる徳島県・上勝町とマイクロソフトが、ICT活用による地域振興の覚書を交わしてから一年。両者の取り組みは、会議費の節減や情報発信の増加、それをきっかけとした住民のUターンや移住者の増加といった効果をもたらしているようだ。

[09:00 11/11]

2008年11月10日(月)

ヴィビット、WYSIWYG型CMS「vibit CMS 3.0」を発表

ヴィビットインタラクティヴは5日、実際のブラウザ画面を見ながらページ更新が行えるCMS「vibit CMS 3.0」を発表した。発売日は11月11日。

[20:22 11/10]

パナソニック電工、Web経費精算システム「MajorFlow Keihi」を発表

パナソニック電工は、同社の連結子会社であるM・NESが、経費精算業務のパッケージソフト「MajorFlow Keihi」(メジャーフロー ケイヒ)を14日より発売すると発表した。

[19:39 11/10]

シマンテック、仮想化を含むアプリのストリーミングソリューションを提供

シマンテックは10日、物理・仮想およびこれらの混在環境など種類を問わずエンドポイント(クライアントの環境)を保護および管理する仮想化ソリューション「Altiris Software Virtualization Solution Professional」を提供開始した。これにより、ユーザーはさまざまなコンピューティング環境において場所を問わずポータブルにコンピューティングを実行できるようになるという。

[17:17 11/10]

NTTデータ、SaaS型のコンタクトセンタサービスを提供

NTTデータは、「コールバック予約サービス」および「自動音声アウトバウンドサービス」という2種類のSaaS型コンタクトセンタサービスを、12月1日より提供すると発表した。

[16:51 11/10]

中国オンラインゲーム業界の野望 - 主要CEOたちの2009年世界進出構想

オンラインゲームは中国IT産業のなかでも花形的存在で、その動向、特に業界を代表的する人物の発言、考え方が、常に世間の注目を集めている。2009年のオンラインゲーム産業がどのような展開をみせるかについてもさまざまな予想がなされている中、彼らの動向が焦点となっている。

[13:42 11/10]

2008年11月07日(金)

トヨタ「iQ」 環境性能の"本気度"

11月20日に発売が予定されているトヨタの新型車「iQ」は、小ささと高い安全性能・走行性能を兼ね備えるプレミアムコンパクトカーだ。いちはやく2015年度燃費基準を達成し、新しい計測方法JC08(ジェイシーゼロハチ)モードでリッター21キロ走るという。ここでは、全長2,985mmという小さなボディに込められた高い環境性能に迫る。

[18:46 11/7]

排出量取引の国内クレジット制度が本格始動

経済産業省は7日、CO2排出量取引の国内クレジット制度に関して5件の申請を受け付けたこと、および第1回国内クレジット認証委員会が開催されたことを発表した。

[17:10 11/7]

三洋電機、パナソニックの子会社に - 資本・業務提携の協議を開始

パナソニックと三洋電機は、パナソニックによる三洋電機の子会社化を前提とした、資本・業務提携の協議を開始すると発表した。両社は、早急に実行プロジェクトチームを立ち上げ、今後、協議を重ね、2008年12月末を目途に進捗状況を知らせるという。

[16:34 11/7]

企業HPもクラウド、FacebookやAWSとの連携も可能に - Salesforce.com

米Salesforce.comは11月3日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコで同社年次カンファレンス「Dreamforce 2008」を開催した。同社はこの中で新サービスとなる「Force.com Sites」のほか、FacebookやAmazon Web Services(AWS)との連携を可能にするForce.com向け機能拡張を発表している。

[15:10 11/7]

2008年度上期の国内パソコン出荷台数は過去最高 - ネットブックが貢献

MM総研は、2008年度上期(4-9月)の国内パソコン出荷状況の調査結果を発表した。それによると、総出荷台数は前年同期比7.8%増の638.3万台で、上期の出荷台数として過去最高を更新。原因としてネットブックと呼ばれる、実勢価格5-8万円のモバイルノートの影響を挙げている。

[14:26 11/7]

2008年11月06日(木)

BOOK REVIEW - "もう一人の自分"との対話があなたの英語力をアップする!?

"課長本"、そして"戦略本"で一躍ベストセラー作家となった酒井穣氏による第三弾は意外にも英語本だった。酒井氏はオランダへ転職しベンチャー企業を創業されている方だ。課長本、戦略本でも常に新しい視点を盛り込むことを信条にされているので今回の英語本も期待しつつ読んでみた。

[19:16 11/6]

エコ商品を買ってTポイントをゲット! - Tモールにて"エコキャンペーン"開催

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのカード・ポイント事業を行うTカード&マーケティングは4日、アフィリエイトショッピングモール「Tモール」内に「エコキャンペーンページ」を開設した。同キャンペーンページを経由して対象商品を購入すると、環境庁が推進する「エコ・アクション・ポイント」が貯まるという。期間は2009年1月9日まで。

[19:07 11/6]

ゲームの売上高が音楽とビデオを上回る - 英調査

小売業専門の調査会社、英Verdict Researchが発表したゲーム市場報告書「U.K. Video Games & Consoles Retailing 2008」によると、2008年、ゲーム市場規模は前年比42%で成長し、音楽・ビデオを合わせた市場規模を上回る見込みという。ホーム・エンターテインメント市場に変化が起きているようだ。

[18:16 11/6]

セールスフォース、SaaS型CRMの新版「Salesforce CRM Winter ’09」を発表

セールスフォース・ドットコムは3日、SaaS型CRMアプリケーションの最新版「Salesforce CRM Winter ’09」を発表した。新機能として、ユーザー企業がクラウド・コンピューティング環境を構築・運用できる新機能「Force.com Sites」を備えるなど、50以上の新機能が加わった。

[16:15 11/6]

セールスフォース、クラウド環境構築サービス「Force.com Sites」を提供

セールスフォース・ドットコムは3日(米国時間)、ユーザ企業が自社のWebサイトをセールスフォース・ドットコムのクラウド・コンピューティング環境で開発・運用できるようにする新サービス「Force.com Sites」を発表した。同社のアプリケーション・プラットフォーム「Force.com」の新機能として提供されるもの。

[16:09 11/6]

NEDO、国際環境エネルギー展にエネファームやリチウムイオン電池などを出展

NEDO技術開発機構はこのほど、12月2日~5日にかけてフランス・リヨンで開催される環境・エネルギーの見本市「Pollutec(ポリュテック) 2008」に出展することを発表した。日本の省エネルギー技術などを広く紹介し、海外におけるニーズの拡大を目指すという。

[14:39 11/6]

インテルとパナソニックが医療業務分野で協力

インテルとパナソニックは、医療現場における業務効率の向上を支援するヘルスケア向けモバイルパソコンの事業化において協力すると発表した。

[14:02 11/6]

つねにイノベーションを図る、それがOperaのあり方 - Jon von Tetzchner氏

Webブラウザ「Opera」を開発・提供するOpera Softwareは、早くから携帯電話をサポートし、任天堂の「Wii」に搭載されるなど、ライバル他社とは異なる戦略を明確に打ち出している。OperaのCEO、Jon von Tetzchner氏が10月21日、英ロンドンで開催された「Smartphone Show 2008」(主催: 英Symbian)にて、同社のウィジェット戦略を説明した。

[10:00 11/6]

米Ciscoの8-10月期決算、売上8%増も純利益は横ばい - 景気後退が影響

米Ciscoは11月5日(現地時間)、同社会計年度で2009年第1四半期(8-10月期)決算を発表した。売上高は103億ドルで前年同期比8.1%のアップ、GAAPベースの純利益は22億ドルで-0.2%の微減となった。ネットワーク機器は企業の設備投資抑制の影響を受けやすいが、厳しい情勢の中で同社は純利益を昨年比フラットの状態で維持し、売上を伸ばした点で健闘したといえる。

[08:35 11/6]

Google、Yahoo!とのオンライン広告提携を断念

今年6月に米Yahoo!と米Googleが発表したオンライン広告サービスでの提携合意をGoogleが解消した。同社は規制当局や一部の広告主の懸念を払拭できないと判断。一方Yahoo!は提携を推進すべきと考えており、「Googleは法廷で弁護するよりも合意から撤退の道を選んだ」と不満を露わにしている。

[04:37 11/6]

2008年11月05日(水)

富士通とSAP、EIM分野で協業を強化

富士通とSAPジャパンは5日、ERPで管理するデータを分析し経営に役立つ情報として可視化するEIM分野で協業を強化すると発表した。両社は同日より共同でSAPの「EIMソリューション」の提供およびサポートを開始し、ユーザー企業のシステム導入および運用をハードウェアからアプリケーションまでワンストップで支援する。

[17:15 11/5]

CSCIが1年間の活動を報告 - 今後は個人などへの情報発信を目指す

Climate Savers Computing Initiative(CSCI)は11月5日、日本での活動開始1周年を記念した記者会見を開催、1年目の活動の成果と2年目の目標を明らかにした。

[16:29 11/5]

ベンチャーから老舗IT企業へ変貌するRealNetworksの今後 - ETRE 08

10月16日にスウェーデン・ストックホルムで開催された技術と投資のカンファレンス「ETRE 08」で、RealNetworksの創業者兼会長兼CEO、Rob Glaser氏が、主催者米Red Herringの会長Alex Vieux氏と対談し、同社の展望を語った。1994年、それまで米MicrosoftでBill Gates氏の近くで新規事業開発を担当していたRob Glaser氏がメディアのデジタル化を専門とするRealNetworksを立ち上げた。その後、メディアプレイヤーからゲーム、音楽とさまざまな事業を展開している。

[15:01 11/5]

中国でのソフト開発拡大目指し、ODDの追加増床を実施 - OKIデータ

OKIデータは5日、同社の中国におけるソフト開発会社「日沖信息(大連)有限公司(以下、ODD)」の拡張を行ったことを発表した。ODDは今月から追加新オフィスでの業務を開始。今後はソフト開発に加えてハード開発も行っていくという。

[14:05 11/5]

NTTデータとF5、負荷分散の運用自動化開発で協業

NTTデータとF5ネットワークスジャパンは5日、NTTデータの基盤構築ソリューション「PRORIZE」の構成製品として、F5ネットワークスジャパンのアプリケーション配信装置「BIG-IP Local Traffic Manager」を標準採用した。

[12:40 11/5]

NTTデータ、2008年度上期は増収増益、通期予想は据え置き

NTTデータは2008年度中間期(4-9月)の連結決算を発表した。売上高は対前年同期比10.1%増の5,133億円、営業利益は同18.8%増の446億円、経常利益は同15%増の433億円、当期純利益は同7.2%増の227億円で、増収増益となった

[12:28 11/5]

2008年11月04日(火)

青山ブックセンター、ブックオフ傘下に

ブックオフコーポレーションは4日、青山ブックセンター5店舗を含む新刊書店12店舗の運営事業を洋販ブックサービスより譲り受けることを取締役会において決議した。譲受価格は2億5,000万円。同決議を受け、青山ブックセンターおよび流水書房は、ブックオフコーポレーションが新たに設立する「青山ブックセンター株式会社」として11月30日から営業を開始することになる。

[22:46 11/4]

時代に合ったデータセンター運営を - EMCジャパン、新コンサルサービス開始

EMCジャパンは4日、データセンターの移転や統合を支援する「次世代データセンター向けコンサルティングサービス」の提供を開始した。SaaSやクラウドコンピューティングといったキーワードに代表されるように、ITのトレンドが"所有"から"利用"へ移りつつあるなか、「データセンターの最適化を目指す顧客企業のために、最も"効率的"なソリューションを提案し、データセンターを真の意味でインフラ化させたい」(EMCジャパン テクノロジー・ソリューションズ本部長 執行役員 有安健二氏)とする。

[20:43 11/4]

富士通、IAサーバの基幹拠点を欧州に - 富士通シーメンスを完全子会社化

富士通株式会社と独シーメンスAGは、11月4日、シーメンスが保有する富士通シーメンス・コンピューターズ(FSC)の全株式を富士通が取得することで合意したと発表した。

[20:09 11/4]

Skype、Salesforce.comのCRMに統合できる拡張機能を発表

ルクセンブルグSkype Technologies(米eBay傘下)は11月3日(米国時間)、米Salesforce.comのCRMアプリケーション向け拡張機能を発表した。ユーザーはワンクリックで顧客や取引先とSkype通信が利用できるという。

[17:39 11/4]

ソリマチ、「王 10 シリーズ」を11月28日より販売開始

ソリマチは11月4日、業務ソフトの新版「王 10 シリーズ」を11月28日より発売すると発表した。

[13:50 11/4]

NEC、「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2008」を11日から開催

NECは、11月11日から3日間、東京の有楽町にある東京国際フォーラムにて「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2008」を開催する。コンセプトは「人と地球にやさしい情報社会を目指して」で、環境を意識した内容になっている。

[09:00 11/4]

コグノス、ビジネス分析・業績管理ソリューション2製品を発表

IBMのグループ企業であるコグノスは31日、ビジネス分析ソリューション「IBM Cognos TM1」、および業績管理ソリューション「IBM Cognos 8 v4」を12月初旬より販売開始すると発表。同製品に関する記者発表を開催した。

[08:30 11/4]

2008年10月31日(金)

Google-Yahoo!の提携、破談の可能性高まる - 米WSJ報道

米Googleと米Yahoo!が模索している検索広告分野での提携が最終局面に向かいつつあるようだ。米Wall Street Journal紙(オンライン版)が10月30日(現地時間)付けの記事で、この提携が破談する可能性が高まってきたことを近い筋からの情報として伝えている。同紙によれば、最終的な判断は来週半ばまでにも正式発表されるという。

[20:48 10/31]

米MotorolaのQ3決算、赤字拡大で3000人削減と携帯事業分離計画延期を発表

米Motorolaは10月30日(現地時間)、2008年第3四半期(7-9月期)決算を発表した。同四半期の売上は74億8000万ドルで前年同期比15.1%の減少、純利益(損失)は前年同期の6000万ドルの黒字から3億9700万ドルの赤字に転落した。世界経済の停滞もあり事業全体が低迷してる状態だが、その中でも特に携帯電話部門の落ち込みが前年同期比3割強と目立つ。同社では収益体質改善のための人員削減のほか、来年2009年に予定されていた携帯電話部門の分離を延期し、抜本的なリストラに取り組むことを表明している。

[20:39 10/31]

国際競争も見据えたSCMを提供 - マンハッタン・アソシエイツ事業戦略説明会

マンハッタン・アソシエイツは10月31日、事業戦略説明会を開催した。同社および物流業界の現状を説明するとともに、国内の導入事例として清和海運の倉庫管理システムを紹介した。

[20:30 10/31]

オラクル、ロジスティクスソリューションに関する説明会を開催

日本オラクルは、プレス向けにロジスティクス(物流)ソリューションに関する説明会を開催した。説明を行ったデレク・ギトーズ氏は、米オラクルのロジスティクス製品戦略バイスプレジデントで、米オラクル入社前は、G-Logのバイスプレジデントを務めていた。

[19:25 10/31]

環境対策に力を入れていると感じる企業は? - MM総研が調査、購買にも影響

MM総研がgooリサーチを通じて実施した「環境対策に関するユーザー意識調査」によると、環境対策に力を入れていると感じる企業のランキングで、家電・ITメーカーではパナソニックが、全業種ではトヨタ自動車がそれぞれ1位となった。

[17:06 10/31]

今こそ本当の意味で日本が国家になる時 - 櫻井よしこ氏が講演

NTTソフトウェアは30日、『e-Value Visualization ~進化し続ける価値創造を「見える化」~』をメインテーマに掲げたICT活用イベント「NTT SOFT Solution Fair2008」を開催した。会場では各種ソリューションの展示に加え、有識者によるセミナープログラムを実施。今回はその中から、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が講演したオープニングセミナー「この国の行方」の様子をレポートする。

[16:17 10/31]

NEC、2008年度中間期決算 - ITサービス/SI好調も、営業益大幅減

NECは2008年度中間期(2008年4-9月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比0.6%減の2兆1,278億円、営業利益は同51.2%減の134億円、経常利益は同28.3%減の70億円、純利益は18億円(前年同期は47億円の損失)で、減収減益となった。

[11:45 10/31]

2008年10月30日(木)

SaaS over NGNにグループをあげて取り組む - NTT副社長宇治氏

NTTソフトウェアは、都内ホテルで「NTT SOFT Solution Fair 2008」を開催。セミナーでは、日本電信電話 代表取締役副社長 宇治則孝氏が『「サービス創造グループを目指して」- ブロードバンド・ユビキタス社会に向けてのNTTグループの取組み -』と題した講演を行った。

[20:11 10/30]

日立、2008年度第2四半期の決済を発表 - 前期比増益ながら173億円の赤字

日立製作所は30日、2008年度第2四半期(7-9月)の決算を発表した。売上高はほとんどの部門で前年度同期を下回ったが、電子デバイスと電力・産業システムがやや上回り、全体としてはほぼ横ばいとなった。営業利益は情報通信システムが大きく伸び、電子デバイスも前年度同期と比べてプラスとなり、全体では対前年度同期と比べ22.9%増加した。

[19:18 10/30]

九十九電機、民事再生法の適用を申請 - 負債は110億円

帝国データバンクの発表によると、九十九電機は30日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債は約110億円。

[15:35 10/30]

欧大手銀行会長、「現在は"恐れ"が市場を支配している状態」 - ETRE 08

スウェーデンの首都ストックホルムで開催された投資と技術のカンファレンス「ETRE 08」にて10月15日、地元スウェーデンの老舗銀行SEBの会長であるMarcus Wallenberg氏が登場、この1カ月で急展開した金融危機およびベンチャー投資について見解を示した。

[12:48 10/30]

コピー世代からイノベータ世代へ…変わる中国ベンチャー事情 - ETRE 08

中国の台頭はハイテク分野でも目覚しく、中国では多くのベンチャー企業が生まれている。技術の中心は、シリコンバレーから中国にシフトしているという声も出てきた。スウェーデン・ストックホルムで開催された米Red Herringの技術と投資のカンファレンス「ETRE 08」にて、香港『Asian Venture Capital Jounral』編集長で、中国などアジアのベンチャー企業に精通したRebecca Fannin氏に中国のベンチャー動向について話を聞いた。

[12:00 10/30]

富士通、2008年度上期は減収減益 - 通期予想を下方修正

富士通は、2008年度上期(4-9月)の連結決算を発表した。売上高は対前年同期比2.4%減の2兆4,537億円、営業利益は同12.3%減の385億円、経常利益は同2.9%減の290億円、当期純利益は46億円(前年同期は93億円の損失)で、減収減益だった。円高傾向に直撃され、約1,000億円の減収となり、この影響がなければ1,3%の増収になっていたとしている。

[11:46 10/30]

経営ツールとしての社内SNS 第19回 社内SNSで密になったつながりを顧客対応に生かしたい - 井筒屋 その2

前回に引き続き、井筒屋 経営戦略室 経営企画担当 マネージャ 進雄二氏に同社社内SNSの利用状況について伺う。導入して1年が経ち、最初の試行錯誤の段階は過ぎた。今後はいかに経営効果に結びつけるかが課題となってくるが、同社では社内SNSを戦略上、どのように位置づけているのだろうか。

[09:00 10/30]

2008年10月29日(水)

ソニー、2008年度第2四半期決算 - 営業利益は前年同期比90.1%減の110億円

ソニーは10月29日、2008年度第2四半期(7-9月期)の決算概要を発表した。売上高は前年同期比0.5%減の2兆723億円、営業利益が同90.1%減の110億円、税引き前利益が同93.3%減の73億円、純利益が同71.8%減の208億円となった。

[21:45 10/29]

東芝、2008年度第2四半期の決算を発表 - 半導体不振で269億円の赤字

東芝は2008年度第2四半期(7-9月)の連結決算を発表。テレビやパソコンなどデジタルプロダクツ部門は好調だったものの、NAND型フラッシュメモリの価格下落や円高による影響で大きく業績が悪化した電子デバイス部門が足を引っ張る形で、前期比519億円マイナスの269億円の純損失を計上した。

[20:40 10/29]

ターボリナックス、中国企業と提携し日系企業向けデータセンター事業を開始

ターボリナックスは29日、中国企業である中国衛星ネットワーク通信と業務提携して、中国で日系企業向けデータセンター事業およびIP電話事業を展開すると発表した。

[18:09 10/29]

独SAP、2008年度第3四半期の決算を発表 - 19四半期連続となる2桁成長を達成

独SAPは10月29日、2008年9月30日を期末とする2008年度第3四半期、および9ヶ月間の暫定的な決算を発表した。

[17:50 10/29]

「環境の時代」の大人はお持ち帰りが常識!? 伊藤忠が携帯"DOGGY BAG"を発売

伊藤忠商事は29日、循環社会型環境ブランド「MOTTAINAI」の新たな商品展開として、レアック・ジャパンと提携し、携帯可能な料理持ち帰り用の容器「DOGGY BAG(ドギーバッグ)」の販売を開始した。

[17:34 10/29]

ソフトで学ぶ、はじめての会計実務 第2回 会計ソフトの帳簿体系と、利用開始時の設定内容

前回は会計ソフト選びの基準について説明しました。今回は「財務応援Lite」をモデルに、会計ソフトの帳簿体系と利用開始時の設定内容について紹介します。

[16:54 10/29]

SRA OSS、米EnterpriseDB「Postgres Plus」の取り扱いと移行サービスを開始

SRA OSSは10月29日、米EnterpriseDBの「Postgres Plus」シリーズのマスターリセラーとなり、Oracleデータベースからのマイグレーションサービスを開始すると発表した。

[15:25 10/29]

OKIデータ、プリンタ26機種で中国のエコマークを取得

OKIデータは29日、中国で販売中の同社のプリンタ26機種が「中国環境保護認証」を取得したと発表した。同認証は中環連合(北京)認証中心有限公司が審査を行い、中華人民共和国環境保護部より授与されるもの。製品の設計開発段階にリサイクルを考慮したかどうかをはじめ、生産過程での環境配慮など資料検査や工場監査の実施や製品サンプル機評価など、厳しい審査を経て最終総合判定がなされるという。

[14:12 10/29]

ITインフラの水平化が重要 - Gartner Symposium/ITxpo2008、日本HP小出社長

ガートナー ジャパンが開催している「Gartner Symposium/ITxpo2008」、2日目の基調講演には、日本ヒューレット・パッカード(HP)の小出伸一社長が登場。「日本HPは、日本のITにどのような変化をもたらすか」と題し、製品ベンダーから総合的なビジネスIT企業へと変貌しようとしている同社の戦略と未来像を語った。講演は、Symposium/ITxpo 2008 チェア・パーソン ガートナー リサーチ バイス プレジデント兼 最上級アナリスト亦賀忠明氏の質問に答える形式で行われた。

[10:41 10/29]

マルチメディアとミニノートに活路を見出す米Qualcommの戦略 - ETRE 08

米Red Herringがスウェーデン・ストックホルムで開催した技術と投資のカンファレンス「ETRE 08」にて9月17日、米Qualcommで欧州地区を率いるEnrico Salvatori氏(上級副社長兼ゼネラルマネージャ)が登場し、今後のフォーカスエリアや競合について語った。

[10:00 10/29]

金融危機の今だからこそ!? 米コンサル会社が説く"出張経費を抑える10のTips"

企業が多くの最終収益を得るためには、経費の削減は欠かすことのできない問題。そんな中でも出張経費を抑えるためのポイントを、ビジネス旅行のマネージメントとコンサルティングを手がける、米American Express Business Travelが以下の10のTipsを紹介している。

[10:00 10/29]

経営ツールとしての社内SNS 第18回 百貨店だからこそリアルな現場の情報が重要 - 井筒屋 その1

福岡県北九州市に本拠を置く百貨店、井筒屋をご存じだろうか。九州地場資本の百貨店では唯一、東証1部上場を果たした企業としても知られる。その井筒屋が2007年、百貨店としては初めて社内SNSを導入した。同社 経営戦略室 経営企画担当 マネージャー 進雄二氏に同社が社内SNSを導入した理由、およびその効果について話を伺った。

[09:00 10/29]

2008年10月28日(火)

バラクーダ、Webアプリファイアウォールとメールアーカイバを大幅値下げ

バラクーダネットワークスジャパンは28日、Webアプリケーションファイアウォール「Barracuda Web Site Firewall」、およびメールアーカイブアプライアンス「Barracuda Message Archiver」の価格改定を発表した。

[23:43 10/28]

エイジアがCRMパッケージ市場で1位を獲得 - ITR調査

エイジアは、アイ・ティ・アール(ITR)が発行する市場調査レポート「ITR Market View:CRM市場2008」において、2007年度CRMパッケージ市場マーケティング分野のベンダー別出荷金額シェアで1位となったと発表した。

[22:15 10/28]

ポイントは宣伝費の削減! - 四半期決算から見る、韓国携帯キャリアの現況

韓国の携帯電話事業者で1、2位のSK Telecom(以下、SKT)およびKTFが、第3四半期の実績発表を行った。

[21:41 10/28]

入社3年間は義務教育 - JMAMがゆとり世代向けの新人教育サービスを発表

日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)は、入社3年目までの若手社員を対象とした教育支援サービス、「シゴトレ12STEP」を11月1日より販売開始すると発表した。

[20:45 10/28]

ビートコミュニケーション、CO2削減量を可視化するASPサービスを発表

ソーシャルネットワークの受注、開発などを行うビートコミュニケーションは28日、同社の環境問題対策ITソリューション「Eco Style」に環境対策活動および環境対策商品(エコアイテム)の所有や購入により削減可能な二酸化炭素数値を算出し、企業全体の削減数値の目安を表示させる二酸化炭素換算・表示機能を追加した、「Eco Style ver. 1.1」を発表した。

[18:18 10/28]

eneloopヒットの影にデザイン変革 - 三洋の環境ビジョンを現す"PDI"とは

三洋電機は、ブランドビジョンに「Think GAIA 地球といのちがよろこぶ商品作り」を掲げ、「環境・エナジー先進メーカー」をめざした事業スタイルの変革に取り組んでいる。このほど、「eneloop」のMoMA デザインストア(東京・表参道)での販売開始に合わせて「SANYO TG フォーラム」を開催。デザイン部門の責任者が登壇し、新しい事業スタイル1つである「デザインの変貌と活動領域の拡大」について解説した。

[17:16 10/28]

ICTを国家戦略に活用するバルト海の小国・エストニア

バルト海沿いの小さな国、エストニアはハイテク立国として世界的に注目されている国だ。ブロードバンドの人口カバー率はほぼ100%。国民の約6割が、1週間に1度以上インターネットを利用するなど、デジタル識字率は高い。旧東欧国の中でも、GDPの伸びが際立つ同国に、ICTは高く貢献しているといわれている。エストニアの首都タリンにて、エストニアの経済通信省でICT政策を担当するMait Heidelberg氏に、エストニアのICT政策について話を聞いた。

[16:27 10/28]

競争力の源泉は『裏』にあり? - ソニーの長谷島CIOが講演

現在のITの最新の成果を紹介する「Gartner Symposium/ITxpo2008」(主催 ガートナー ジャパン)が東京・港区台場で開幕した。初日の基調講演には、ソニーの業務執行役員 SVP ビジネス・トランスフォメーション/ISセンター センター長 CIO兼ソニーグローバルソリューションズ社長 CEOの長谷島眞時氏が「ソニーを支える情報システム戦略とその実践 - Innovative "IS Way" for Sony Sustainable Growth -」と題して登壇、ソニーのこれまでの改革の歩みを振り返り、企業の持続可能な成長を支えるため、情報システム部門は何をすべきか、について論じた。

[16:16 10/28]

HP、BTOソフトウェア「Performance Center」と「BAC」をSaaSで提供開始

日本ヒューレット・パッカードは28日、企業のIT戦略・開発・運用を支援するBTOソフトウェア製品「HP Software」シリーズの新製品として、SaaSモデルでソフトウェアを提供する「HP SaaS」の提供を開始した。

[14:48 10/28]

EMCジャパン、VMware仮想化環境向け情報インフラ管理ソフトウェア3製品

EMCジャパンは28日、VMware仮想化環境向け情報インフラ管理ソフトウェア製品として、「EMC Application Discovery Manager(ADM) 6.0」、「EMC ControlCenter 6.1」、および「Replication Manager 5.1」の3製品の提供を開始した。

[14:31 10/28]

IT市場を取り巻く不安と楽観論…金融危機でベンチャー投資は? - ETRE 08

米Red Herringが10月14日から3日間、スウェーデン・ストックホルムで恒例の技術ベンチャー投資イベント「ETRE 08」を開催した。欧米を中心に、世界のベンチャーキャピタルとベンチャー企業が集まることから、毎年景気の話は避けられないが、今年はステージでもランチ会場でも、世界を覆う金融不安の話が聞かれた。会期中、あちこちで聞かれた声を拾ってみた。

[09:00 10/28]

歴史的変化を認識し、次の10年に向けたビジネスIT戦略を - ガートナー・亦賀氏

「ITは今まさに歴史的な転換点を迎えようとしている。企業は、ITを武器に企業競争力をグローバル・レベルに高めるべく準備と実践を開始すべきだ」ガートナー リサーチでバイスプレジデント兼最上級アナリストを務める亦賀忠明氏は、自社のITシンポジウム「Gartner Symposium / ITxpo 2008」の基調講演でそう語り、今後10年を見据えたビジネスIT戦略を策定していくことの重要性を強調した。

[09:00 10/28]

2008年10月27日(月)

韓Samsung、LG、第3四半期の実績発表 - 世界的不景気の中で奮闘も目立つ

Samsung電子とLG電子は、2008年第3四半期の実績を発表した。両社とも、ここところの深刻な世界的な景気の鈍化の影響を受けているようだ。

[21:13 10/27]

NTTデータとNEC、レセプト請求のオンライン化に向けたサービスで協業

NTTデータとNECは、医療機関・薬局等がインターネット環境を利用し、審査支払機関へのレセプト(診療報酬明細書)オンライン請求を実現するサービス事業において協業すると発表した。

[19:55 10/27]

ガートナー ジャパン、2009年に注目すべき10の戦略的テクノロジーを発表

ガートナー ジャパンは10月27 - 29日、ITシンポジウム「Gartner Symposium / ITxpo」を開催。オープニングに先立って開かれた記者説明会では、ガートナー リサーチ バイスプレジデント 兼 フェローのマーク・ラスキーノ氏が「2009年のTOP10戦略的テクノロジおよびハイプサイクルの戦略的活用」と題する講演を行い、今後3年間に注目すべき10のテクノロジーと、テクノロジーを適切なタイミングで導入するためのノウハウ「ハイプサイクル」を紹介した。

[19:09 10/27]

電気自動車対応の分譲住宅「奥沢ハウス」がオープン

東急電鉄と東京電力がコラボレートするT-LINES PROJECTは26日、電気自動車に対応したガレージを備える分譲住宅「奥沢ハウス」をオープンした。11月1日から、系列の東急リバブルが登録申し込みの受付を開始する。同様の分譲住宅は伊藤忠都市開発からも発表されているが、販売開始は日本初となる。

[19:02 10/27]

マイクロソフト、仮想化技術で企業のアプリケーション移行を支援

マイクロソフトは24日、クライアント仮想化製品について体系的に説明するプレス向けの説明会を開催した。

[16:00 10/27]

Microsoftの国際担当が語る「不況時のビジネスモデル」 - ETRE 08

スウェーデン・ストックホルムで開催された技術と投資のカンファレンス「ETRE 08」(主催: 米Red Herring)で10月15日、米Microsoftのインターナショナル担当プレジデントJean-Philippe Courtois氏が登場した。米国以外のすべての地域の営業活動を統括するCourtois氏は、米Googleや米Appleとの競合、新興市場、イノベーション、アジリティなどについて語った。

[15:06 10/27]

自計化で数字を意識すれば経営は変わる - 仲田パートナーズ会計 仲田所長

「長い間経営を続けていれば、良い時期も悪い時期もある。右肩上がりであれば勢いに乗って進められるが、下がり傾向にあるときはそうもいかない。そのときに頼りにしなければならないのが数字だ」――税理士法人 仲田パートナーズ会計で代表を務める仲田敏捷所長は、幾多の企業を顧問してきた自身の経験を顧みながら、経営を成功させるポイントをこのように語る。

[12:21 10/27]

女性のキャリアは"見せて"渡り歩け! - Women's Summit Tokyo 2008

日本ヒューレット・パッカードなど国内企業5社の共催で10月10日に行われた、女性社員を対象とした異業種交流イベント「Women's Summit Tokyo 2008」。女性社員の"キャリアの歩き方"をテーマにした今年のイベントの各セッションで謳われたのは、女性のキャリア形成における手本となる"ロールモデル"の必要性。今回のイベントでは、各社のビジネスリーダーや有識者が参加しよる「キャリアの歩き方」と題したパネルディスカッションが行われ、女性社員の今後のキャリア形成につながるヒントやアドバイスが語られた。

[10:00 10/27]

2008年10月24日(金)

オープンソースモデルに賭けるSymbian Foundationの勝算

英Symbianは10月21日、英ロンドンでパートナー・開発者向けイベント「Smartphone Show 2008」を開催した。創業10周年となるSymbianは今年6月、フィンランドNokiaが自社を買収し、Symbian Foundationという非営利組織となることを発表した。会期中、Symbianは、Symbian Foundationのエグゼクティブディレクターの任命、12社の参加、開発者向けツールなどの発表を行った。21日午前中の基調講演では、Symbian、Nokia、英Sony Ericsson、米Texas Instruments(TI)がパネルディスカッションにて、Symbian Foundationの方向性を示した。

[19:16 10/24]

深刻化する環境問題とエコ経営

2008年10月23日、「日本SGIソリューション・フォーラム '08 Autumn」において、東京大学 生産技術研究所 サステナブル材料国際研究センターの山本良一教授が、「環境と企業経営 - 世界をリードする日本のエコ経営」と題する基調講演を行った。

[14:45 10/24]

NEC、利用者権限に応じて結果をコントロールする社内横断検索ソフトを発売

NECは、イントラネット、文書データ、グループウェアなど、社内の情報を横断的に検索できるソフト「InfoFrame Enterprise Search(インフォフレーム・エンタープライズ・サーチ)」を開発し、本日から販売すると発表した。

[13:25 10/24]

情報管理基盤の課題を解決するためのIBMの戦略

IBMは23日、「IBM IT VISION 4」を開催。基調講演ではビジネスの変化につれて増大するデータにIBMがいかに対応するかについて語られた。

[12:07 10/24]

使い易さで一目置かれる会計ソフト「エプソンの応援シリーズ」 第12回 年末調整で存在感を発揮! 書類作成も容易な「給与応援Lite」

前回までで、給与応援Liteの主な機能についてご理解いただけたかと思う。今回は、賞与の計算や年末調整、社会保険庁へ提出する各種書類の出力機能を見ていこう。煩雑な書類作成作業も非常に簡単に行えることが分かるはずだ。

[11:00 10/24]

ロシア当局がGoogleによる広告サービス会社買収を差し止め

米Googleと露Rambler Mediaは10月23日(米国時間)、両社が7月に合意を発表したGoogleによるRamblerの広告サービス子会社の買収について、ロシアの司法当局に差し止め命令を受けたと発表した。買収差し止めの意図について現時点でははっきりとしない部分が多いが、検索広告市場でのGoogleの急成長を警戒しているものと考えられる。

[09:50 10/24]

Microsoftの7-9月期、アナリスト予測を上回るも慎重な見通し

米Microsoftは10月23日 (現地時間)、2009年度第1四半期(2008年7-9月期)決算を発表した。サーバやビジネスプログラムを中心に、全ての事業部門が良好な売上高を記録し、アナリスト予測を上回った。その一方で、今後については景気後退に伴う不透明さを認めており、業績予想を下方修正した。

[09:29 10/24]

Sun共同創設者がクラウド・スタートアップの会長兼CDOに

米Arista Networksは10月23日 (現地時間)、Sun Microsystemsの共同創設者であるAndreas Bechtolsheim氏の会長兼CDO就任を発表した。またCisco SystemsのシニアバイスプレジデントだったJayshree Ullal氏が社長兼CEOに就いた。Aristaは大規模なデータセンターおよびコンピューティング環境向けのクラウドネットワーキング・ソリューションを提供している。

[05:08 10/24]

2008年10月23日(木)

SAPジャパン、国際物流の現状と輸送管理ソフト「SAP TM」の特徴を紹介

SAPジャパンは10月23日、プレス向けセミナーを開催し、物流業界に対する同社の取り組みとして、今年4月から国内提供を開始している輸送管理ソフトウェア「SAP Transportation Management(SAP TM)」の機能や導入実績などを紹介した。

[17:42 10/23]

激化するモバイル業界の覇権争いで勝利するのは誰か - ETRE 08

米Appleの「iPhone」が登場して1年余り、モバイル業界は大きく動いている。モバイル業界のパワーバランスは今後どのように展開していくのだろうか。スウェーデン・ストックホルムで開催された技術と投資のイベント「ETRE 08」にて、米Google、フィンランドNokia、インフラベンダ、コンサルタント、アプリケーションプロバイダの代表者がこれをテーマにディスカッションを行った。

[17:31 10/23]

現代自動車やLG電子などが参加し、大規模なRFID導入事業展開 - 韓国

9月後半、韓国政府の知識経済部は、未来のITを牽引する22の「新成長動力」を決定し、発表した。この際には「太陽電池」「半導体」「ディスプレイ」など、さまざまな項目が選定されたが、今回、その中のRFID/USN(Ubiquitous Sensor Network)について、具体的な取り組みが同部から発表された。

[17:30 10/23]

経済産業省、排出量取引の国内統合市場の試行的実施を発表

経済産業省は22日、CO2排出量取引に関する国内統合市場の試行的実施および国内クレジット制度の正式開始を発表した。国内統合市場の試行的実施では参加企業などを募集している。

[15:36 10/23]

複合機でスキャンしてグループウエアに登録 - 大塚商会とリコーが提供

大塚商会とリコーは、リコーの複合機(MFP:Multi-Function Printer)でスキャンした紙データを、OSKが販売する統合グループウエア「eValue NS」に登録するソリューション「DB-DocLink II」を、本日より共同で提供すると発表した。

[13:38 10/23]

2008年10月22日(水)

シーメンスPLMソフトウェア、技術認定プログラムの適用を拡大

シーメンスPLMソフトウェアは10月22日、記者会見を開催し、2009会計年度(2008年10月~2009年9月)における日本法人の取り組みに関する説明を行ったほか、2008年6月より提供を開始したCAD/CAM/CAE統合製品「NX 6」に関する説明を行った。

[20:22 10/22]

日本CA、エンドユーザーが体験しているパフォーマンスを監視できるAPM製品

米CAの日本法人である日本CAは10月22日、同社のアプリケーション性能管理(APM)製品群「CA Wily Application Performance Management(CA Wily APM)」の最新バージョンを発表した。

[19:22 10/22]

韓Samsung電子、米SanDiskの買収を撤回

米SanDiskの買収に向けて交渉を続けていたSamsung電子が22日、これを撤回した。

[17:13 10/22]

NTT・和田会長が描くNGN実現、そしてサービス企業への転換 - ETRE 08

米Red Herringが主催する技術と投資に関するイベント「ETRE 08」がスウェーデンの首都・ストックホルムで10月14日から3日間開催された。2日目の15日、NTTで取締役会長を務める和田紀夫氏が基調講演に登場、NTTグループが進めているNGNを世界の投資家と起業家に紹介した。

[15:47 10/22]

使い易さで一目置かれる会計ソフト「エプソンの応援シリーズ」 第11回 「手早く」にも、「細かく」にも対応 - 給与応援Lite

本連載では前々回より、給与計算ソフトの解説に入っている。その1回目となる前々回で給与計算ソフトの導入メリットについて説明した後、前回はその有力な選択肢の一つとして給与応援Liteの特徴を紹介した。今回からは、給与計算ソフトの核となる給与項目の設定方法について見ていこう。

[15:38 10/22]

女性のキャリア形成には組織の理解が不可欠 - Women's Summit Tokyo 2008

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)など国内企業5社が主催する、女性社員を対象とした異業種交流イベント「Women's Summit Tokyo 2008」が10月10日、開催された。基調講演ではNTTデータの代表取締役副社長 榎本隆氏が登壇、企業のエグゼクティブとして女性社員の登用に対する現実と課題が明かされた。

[12:18 10/22]

米Yahoo!のQ3決算は減益、10%の人員削減プランを正式発表

米Yahoo!は10月21日(現地時間)、2008年第3四半期(7-9月期)決算を発表した。同四半期の売上は17億8600万ドルで前年同期比1%のアップ、純利益は5400万ドルで前年同期の1億5100万ドルから大幅に減少した。また今回の決算発表に合わせ、人員削減を伴うリストラプランを明らかにした。第4四半期中に従業員の約10%に相当する約1500人を削減し、2008年末までに4億ドルを節約、年間コストを39億ドル規模までに圧縮する。

[11:53 10/22]

OKIデータ、ドットインパクトプリンタ分野で中国ITユーザ満足度第1位を受賞

OKIデータは21日、2008年中国ITユーザ満足度年会において、ドットインパクトプリンタ分野の「業種応用満足度第1位」を受賞したと発表した。中国ITユーザ満足度年会とは、年1回各分野で最もユーザ満足度の高い評価を得た企業を表彰するものだという。

[11:03 10/22]

IT活用によるグリーン化効果は大きい - WebExセミナーでシスコ担当者が講演

シスコシステムズのグループ会社ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン(WebEx)が開催したWebセミナーで、シスコのインターネット・ビジネス・ソリューションズ・グループ パートナー鈴木寿里氏が「シスコが提案する戦略的グリーンIT」と題して講演を行った。

[11:00 10/22]

韓LG電子、太陽電池事業に本格参入 - 世界的太陽電池企業を目指す

LG電子が太陽電池の生産を本格化する。韓国南東部に位置する慶山北道の亀尾において、PDPモジュールライン跡を太陽電池生産ラインに変更し、太陽電池の工場建設を推進する。同社は「世界的な太陽電池企業としての成長」を狙っているという。

[10:00 10/22]

マイクロソフトがWindowsのブランディング戦略を転換

マイクロソフトが、Windowsのブランディング戦略を大きく変更。新たなブランドメッセージは「Windows Life Without Walls」、日本では「壁のない世界へ。」。Windowsにおける「Windows Vista」、「Windows Mobile」、「Windows Live」の3つのブランドのプロダクトおよびサービスを、シームレスに連携させる。

[10:00 10/22]

2008年10月21日(火)

NEC、SaaS型SNSに社員個々のタスクを可視化するツール「タスクバ」を追加

lead=NECは、日々発生する社員個々のタスクを可視化し、情報を部門やプロジェクト間で共有・活用することで個人とチームのパフォーマンスを向上させる業務管理ツール「タスクバ」のSaaS型サービスを発売した。月額利用料金は50IDの場合で6万8,000円から(初期導入費用が別途必要)。

[18:20 10/21]

OSK、DB2対応のERPを発表 - IBMが中堅企業向けに積極展開

OSKは、基幹業務用ERPパッケージ「SMILE BS」に、DB2対応版を新たに追加し、11月17日より販売および出荷を開始することを発表。これを受けて日本IBMでは、IBMのx86サーバ「IBM System x」をSMILE BSの稼働に最適なサーバとして位置づけ、今後両製品を合わせたマーケティングならびに販売活動をOSKと展開していく。

[17:58 10/21]

NTTデータ、文章構造を解析して入力候補を表示する「i-lligraサジェスト」

NTTデータは21日、入力・検索支援パッケージ「i-lligraサジェスト」を発売した。

[17:44 10/21]

マイクロソフト、SQL Server 2008に対応したレポート作成ツールを無償提供

マイクロソフトは、SQL Server 2008に対応したレポート作成ツール「Report Builder 2.0 日本語版」の無償ダウンロード提供を開始したと発表した。ツールは同社のWebサイトよりダウンロードできる。

[12:56 10/21]

2008年10月20日(月)

購入前から廃棄まで - 日本HP、IT資産のライフサイクル管理ソフトを発売

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は20日、企業のIT資産管理をライフサイクル全般にわたって管理する「HP Asset Manager 5.1 software」を発表した。同社 ソフトウェア事業本部 マーケティング部 長谷修氏は、「単なるIT資産を棚卸しする"構成管理"ソフトウェアではなく、購買前の要求から、最終的に廃棄(または再利用)するまでを完全に管理/把握するもの。IT資産のライフサイクル全般を正確に捕まえることができれば、無駄な運用や保守コストの増大などを防ぐことができ、ビジネスを最適化することができる」としている。

[18:59 10/20]

NEC、中堅企業向けERP「EXPLANNERシリーズ」に新サービスを提供

NECは、中堅企業向けERPソリューション「EXPLANNERシリーズ」で、従来は業務アプリケーション/OS/ハードウェアなど領域ごとに分かれていたサポート窓口の一本化と、システムを常時リモート監視し障害の未然防止と早期復旧を実現する「運用まるごとサポートサービス」の提供を発表した。

[16:25 10/20]

オープンソース開発モデルにソフトウェア戦略の未来を託すNokia

世界最大手の携帯電話メーカーとして知られるフィンランドNokiaが、ソフトウェア/サービス企業に変身を遂げようとしている。そこで核となるのが、「Symbian OS」向けプラットフォーム「S60」だ。Nokiaは今年6月24日、英Symbianの買収、Symbian Foundationの設立を発表し、大きな賭けに出た。果たしてNokiaの狙いは何か。そしてNokiaのソフトウェア戦略とはどのようなものなのか。S60研究開発担当上級副社長のDavid Rivas氏が、S60とSymbian FoudationなどNokiaのソフトウェア戦略について語った。

[09:00 10/20]

アイログ、サブライチェーン全体での在庫最適化ソフトウェアを発売

アイログは10月17日、サプライチェーン全体での在庫最適化を行う「ILOG Inventory Analyst 7.0」と、在庫・物流・サービス要求のトレードオフから最適な物流ルートを算出する「ILOG Product Flow Optimizer 7.0」を発表、同日発売した。いずれも、元々は2007年2月に同社が買収したLOGIC TOOLSの製品だったもので、アイログとしては今年6月の「ILOG Plant PowerOps」、7月の「ILOG LogicNet Plus 6.0 XE」に続く国内でのサプライチェーン・アプリケーション製品となる。

[08:00 10/20]

2008年10月17日(金)

米IBMのQ3決算、サービス/ソフトウェアの伸びで純利益20%アップ

米IBMは10月16日(現地時間)、同社2008年第3四半期(7-9月期)の決算報告を行った。8日に行われていた予備決算報告どおり、同四半期の売上は253億ドルで前年同期比5%アップ、純利益は28億ドルで20%のアップだった。希薄済みEPSは2.05ドル。サービスやソフトウェア事業の伸びが大きく、特にソフトウェアの売上伸び率が12%と大きい。

[11:53 10/17]

Nokiaが第3四半期決算を発表、減収減益でシェアは36%にダウン

フィンランドNokiaは16日(現地時間)、2008年第3四半期(7月-9月期)の業績を発表した。同四半期の売上高は122億3700万ユーロ(約1兆6642億円)で、前年同期から5%マイナスとなった。純利益は10億900万ユーロ(約1372億円)、これも前年同期から約30%減少した。

[11:23 10/17]

2012年度のSaaS市場規模は2,429億円 - 富士キメラ総研調査

富士キメラ総研が16日に発表した、SaaS(ASP)関連事業者67社を調査対象にした「2008 ASP・SaaS関連企業総調査」によると、SaaS(ASP)サービスの2012年度における市場規模は、2007年度に対して2.3倍の2,429億円に達する模様だ。

[08:30 10/17]

交渉再開? MicrosoftバルマーCEOのコメントでYahoo!株が急騰

米フロリダ州オーランドで開催中のSymposium/ITxpo 2008でMicrosoft CEOのSteve Ballmer氏が、Yahoo!との合併について「今でも両社の株主にとって経済的な意味がある」とコメントした。これを受けて、10月16日(米国時間)のYahoo!株価が一時16%以上の上昇となった。

[05:37 10/17]

2008年10月16日(木)

首都高速大黒PAで未来型エコカー百花繚乱 - 国内初のEV向け急速充電器も

自動車メーカー各社は10日~12日、首都高速道路が主催した環境イベント「首都高エコ・ロマンティックパーキング」にて、合計9モデルの最先端エコカーを展示、一般向け試乗会を行った。お披露目された各社の取り組みを始め、高速道路では初めて設置されたというEV(電気自動車)用の急速充電器をレポートする。

[19:12 10/16]

アビーム、「trixbox Pro」採用のSaaS型コンタクトセンタ構築支援サービス

アビームコンサルティングは16日、「SaaS型バーチャルコンタクトセンター構築支援サービス」の提供を開始した。

[17:45 10/16]

マツダ、ノルウェーで「RX-8 ハイドロジェン RE」の公道走行を開始

マツダは15日、ノルウェー王国(以下、ノルウェー)の国家プロジェクトであるHyNorと共同で、水素ロータリーエンジン車「マツダRX-8ハイドロジェンRE」による同国の公道走行を開始した。

[14:26 10/16]

動画をビジネスにどう結びつけるか - CNET Japan Innovation Conference

11月11日、東京・六本木の泉ガーデンギャラリーにて、動画ビジネスの最前線に触れるイベント「CNET Japan Innovation Conference 200」(主催: シーネットネットワークスジャパン )が開催される。インターネット動画への注目が高まる一方で、自社のビジネスにどう取り込むべきかを模索中の企業も多い中、「戦略立案のヒントを提示」してくれるイベントとして注目される。

[13:57 10/16]

韓LG Display、第3四半期の実績発表 - パネル価格下落などで厳しい状況

韓LG Display(以下、LGD)は、2008年第3四半期の実績を発表した。

[12:27 10/16]

セールスフォースとOBCが提携 - 「奉行」とSaaSが手を組んだ

セールスフォース・ドットコムとオービックビジネスコンサルタント(以下OBC)は、OBCのERPパッケージ「奉行V ERPシリーズ」とセールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」を連携させ、インターネットを通じて機能、サービスを供給するSaaS型で、中堅・中小企業向けに提供していくことで合意した。両者の強みを融合させ、中堅・中小企業へのいっそうのSaaS普及と、CRMとの連携による、奉行シリーズの利便性向上を図る。

[11:09 10/16]

ソフトで学ぶ、はじめての会計実務 第1回 導入前のチェックポイント

企業経営を成功させるには、お金の流れを把握することが不可欠です。会社によっては、帳簿や試算表の作成を会計事務所に任せきりというケースもあるかもしれませんが、経営の舵取りを誤らないためにはやはり社内で会計データを作成・管理しておくべきでしょう。そこで本連載では、帳簿を作成したことがない経営者/経理担当者に対して力添えをすべく、会計ソフトを使って会計実務を進める方法について解説していきます。

[10:00 10/16]

弥生、「弥生 09 シリーズ」を発売 - 12月から提供開始

弥生は15日、弥生シリーズの新バージョン「弥生会計 09」「弥生販売 09」「弥生給与 09」「やよいの青色申告 09」「やよいの給与計算 09」を12月5日に発売すると発表した。価格は「弥生会計 09 スタンダード」が4万2,000円。

[08:17 10/16]

2008年10月15日(水)

サイボウズ、来春発売のOffice8にデヂエを融合 - ノーツ市場を意識か?

サイボウズは、中小企業向けのグループウェアOfficeの次バージョン「サイボウズ Office8」を2009年春に発売し、同社のWeb型データベース「サイボウズ デヂエ」を融合させると発表した。今後は、Officeとデヂエはバージョンが揃えられ、同時にリリースされる。

[18:44 10/15]

大企業にイノベーションは起こせるか - Nokiaが新設した事業開発部門とは

年間約4億5,000万台の携帯電話を販売するNokiaにとって、イノベーションは大きなテーマだ。競争が激しくなる中、携帯電話にとどまらないイノベーションを奨励し、ビジネスに変えていく必要がある。Nokiaが9月23日から2日間、フィンランド・ヘルシンキ郊外にある本社で開催した「The Way We Live Next 2008」で、Nokiaの戦略・事業開発担当トップのTeppo Paavola氏がビジネス戦略について語った。

[16:06 10/15]

経営ツールとしての社内SNS 第17回 ファシリテータと参加者の思いが重なって拡がる輪 - セイコーエプソンその2

前回に引き続き、セイコーエプソンの社内SNS"Pallet"の事例を紹介する。ある一定の成果を上げたともいえる同SNSだが、ファシリテータ2人にとってのゴールはまだ先にあるようだ。

[12:00 10/15]

猪瀬直樹氏、環境問題に取り組むべき未来の都市と企業のあり方について語る

10月8日、パナソニックが主催するイベント「Panasonic PC Stage 2008」が開催された。同社製品のPRのほか、各界著名人らによる講演も行われるなどプログラムも充実しており、中でも作家であり、政府税制調査会委員、地方分権改革推進委員会委員、そして現在は東京都副知事を務める猪瀬直樹氏による基調講演に注目が集まった。

[10:00 10/15]

国内よりも気になる!? 中国のグリーンIT事情

様々な環境問題を抱える中国でも、省エネ化は重要なテーマだ。産業構造が違うので単純に比較しても仕方ないが、よく指摘される通り、同じGNPを得るのに中国は日本の8倍のエネルギーを必要とする。中国の省エネ化は中国自身にとっても、世界にとっても意義がある。その中ではグリーンIT(中国語では「緑色IT」)も重要なテーマになっている。

[10:00 10/15]
  • <<
  • <

1/5

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事