マイナビニュース | 企業IT | ニフティクラウド | イチオシ記事

イチオシ記事

2016年11月04日(金)

【特別企画】中の人もユーザーもぶっちゃけトーク!! ニフティクラウドエンジニア交流会が開催

2016年9月21日、ニフティクラウドのユーザーが集まる「ニフティクラウドエンジニア交流会 第1回」が開催された。会場はニフティの社内にあるセミナールームだが、発起人はニフティクラウドブログのメインライターでもある日本仮想化技術 代表取締役社長兼CEOの宮原徹氏。参加者は、ビール等の飲み物を手にお寿司をつまみながら会話を弾ませるなど、リラックスしたムードでの交流会となった。

[13:16 11/4]

2015年09月16日(水)

【特別企画】企業のIoTサービス開発を強力にバックアップ - 「ニフティIoTデザインセンター」だからこそできること

IoT元年と呼ばれる2015年。ウェアラブルやスマートホームなどのコンシューマ向けサービスをはじめとし、自動車、電力、インフラ、医療といった産業でもIoTの取り組みが急速に広がっている。大手インターネットプロバイダであるニフティも、「ニフティIoTデザインセンター」を設立し、IoTに取り組む企業への強力な支援を行うと宣言した。

[10:15 9/16]

2015年09月11日(金)

【特別企画】セキュリティ観点から見た、クラウド選択のポイント

クラウドを前提にシステムを構成するケースが増えてきた。クラウドにはオンプレミス(社内環境)にはないさまざまなメリットがある。だが、セキュリティについてはオンプレミスと同じようにはいかないケースが少なくない。そうしたこともあって、クラウドのセキュリティに不安を抱く担当者は多いようだ。そこで、今回は、セキュリティ観点から見たクラウド選択のポイントを整理してみたい。

[11:35 9/11]

2015年08月26日(水)

【特別企画】システムリプレースにおけるクラウド導入という選択肢 - 移行と事業者選定のポイント

システムリプレースにともなってオンプレミス環境からクラウド環境への移行を進める企業が増えている。クラウドは、ビジネス環境の変化にスピーディーに対応できる点をはじめとし、いつ、どこからでもアクセスできる利便性、必要なときに必要なリソースを調達できる柔軟性、分散したデータの統合管理が可能といったメリットがある。"クラウドファースト"という言葉があるように、今では、クラウドを前提にシステムを考えることは当たり前になったといえよう。

[12:41 8/26]

2015年01月14日(水)

【特別企画】クラウド新潮流(3) 現役エンジニアがニフティクラウド新サーバータイプ「Type-e」を試す - 性能検証と、負荷計測法も紹介

ニフティが2014年10月1日より提供開始した、「ニフティクラウド」の新サーバータイプ「Type-e」。これまで2回(下記参照)に渡って、その概要と注目点について紹介してきたが、第3回となる本稿では「現役エンジニアが試す」ということで、前回までの内容を踏まえ、実際にこの新しいサーバータイプのパフォーマンスを試し、その使い方について考えてみる。Type-eの活用は運用コストの削減にもストレートに関係するので、エンジニアとしてはぜひともチェックしておきたい。

[14:34 1/14]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事