マイナビニュース | 企業IT | ビジネススキル向上 | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年06月25日(日)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第8回 伝説といわれた給与を獲得したのに没落。復活への道

これまで、「昇給・昇進のためには企画書の書き方が重要」「企画書を採用してもらうにはセルフブランディングが有効」話してきました。今回はビジネスで成功し、セルフブランディングを確立した後に調子に乗った結果と、それからの復活の糸口を紹介します。

[11:30 6/25]

2017年06月18日(日)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第7回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ[セルフブランディング編](3)

今回も前回に続き、セルフブランディングの具体的な方法として、メディアで執筆を依頼され、それをもとに自分の名前を売るためのノウハウを紹介します。

[11:30 6/18]

2017年06月11日(日)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第6回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ[セルフブランディング編](2)

前回はセルフブランディングの重要性と落とし穴についてお話しましたが、今回はその続きとして、具体的なセルフブランディングの作り方を紹介します。

[11:30 6/11]

2017年05月21日(日)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第5回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ[セルフブランディング編](1)

今回は「伝説といわれた給与を獲得したノウハウ」の前提になる重要な話になります。企画書を通しやすくするため、また、昇給を行いやすくするための前提とも言えるようなセルフブランディングの超基礎編を紹介します。

[11:30 5/21]

2017年03月05日(日)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第4回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ(4)

今回は前回に続き、若手にとって最初の企画が評価されるために基本的なことを紹介します。企画を出すためのモチベーションとして、最初の企画が評価されることは非常に大切なことです。

[11:30 3/5]

2017年02月26日(日)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第3回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ(3)

連載3回目になる今回は「伝説といわれた給与を獲得したノウハウ」の本題に入ります。今回は、若手にとって最初の企画が評価されるために基本的なことを紹介します。

[11:30 2/26]

2017年02月20日(月)

SNS活用が進む今、ビジネスマンが「仕事」で写真を撮るコツ 第2回 表彰式、イベント登壇などの「人物撮影」

昨今、SNSやブログを使った広報活動が広がってきたこともあり、会社員が「仕事用の写真を撮る」機会は増えてきているのではないでしょうか。カメラ選びや撮影のポイントは、オフの時にシェアする写真や、雑誌に投稿するような"本気の趣味"のそれとは少し変わってきます。この連載では、仕事で写真を撮るときに気をつけたいポイントを紹介します。

[10:30 2/20]

2017年02月07日(火)

SNS活用が進む今、ビジネスマンが「仕事」で写真を撮るコツ 第1回 「カメラ」はスマホを含めて検討

昨今、SNSやブログを使った広報活動が広がってきたこともあり、会社員が「仕事用の写真を撮る」機会は増えてきているのではないでしょうか。ですが、こうした用途の写真は「記録」の目的が多いもの。カメラ選びや撮影のポイントは、オフの時にシェアする写真や、雑誌に投稿するような"本気の趣味"のそれとは少し変わってきます。

[11:00 2/7]

2017年02月02日(木)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第2回 伝説と言われた給与を獲得したノウハウ(2)

一流ではない大学を卒業し、当時、上場企業の中で下から2番目に安い給与の企業に就職しながらも、30代前半で同年代国内トップクラスの年収を獲得したノウハウをお届けする本コラム。第2回となる今回は、年収を上げるために必要な手段である「役職を上げる」についてお話します。

[11:30 2/2]

2017年01月26日(木)

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話 第1回 伝説と言われた給与を獲得したノウハウ(1)

はじめまして。吉政創成の代表取締役を務める吉政忠志と申します。私はこれまでトップベンチャー企業でマーケティング責任者を歴任し、30代前半で同年代国内トップクラスの年収を獲得しましたが、その後、没落。そこから起業で復活し、現在に至ります。本コラムでは、こうした半生から得た教訓を紹介します。

[11:30 1/26]

2016年05月30日(月)

クラウド型シフト管理システム3つの失敗事例から学ぶ導入に成功する秘訣

クラウド型のシフト管理は、エクセルや紙媒体のシフト管理から飛躍的に業務効率が向上するため、導入を考えている企業も多いことでしょう。しかし、場合によっては導入に失敗する例がいくつかあります。今回は、その失敗事例をいくつか紹介するので、失敗から成功するクラウド型シフト管理システムの導入を学びましょう。

[07:00 5/30]

2016年04月15日(金)

知って役立つ、給与明細の"読み方"

会社勤めをすれば、毎月、給与とともにその内訳が記載された明細書を受け取る。しかし、給与明細の内容についてきちんと理解している社会人は多くはない。それぞれの項目について、詳しく見ていこう。

[08:00 4/15]

2016年01月27日(水)

プライベートだけじゃない、ビジネスでも押さえたい2016年のITトレンド4選

ITがさまざまな業界にとって無視できない存在となる中、IT業界ではない人もITのトレンドをおさえておく必要がある。

[08:00 1/27]

2016年01月26日(火)

ビル・ゲイツのサクセス・ストーリーから学ぶ"成功のポイント"

Microsoftを共同創業した億万長者で、慈善活動で世界を変えようと試みるBill Gates氏だが、60歳を迎えてなお、その一挙一動が注目されている。

[08:00 1/26]

2016年01月17日(日)

意外と簡単にできる、5つの記憶力アップ法

ビジネスの現場で、人の名前を忘れるのは"ご法度"。失礼にあたるだけでなく、重要な取引先を失ってしまうリスクもある。

[11:30 1/17]

2016年01月16日(土)

成功している人が繰り返さない5つの"失敗"

何ごとでも、一度で上手くいくことはなかなかないのが人生だ。「トライ&エラー」という言葉があるが、さすがにエラー(失敗)が続いているな、という時には、「トライ」の部分を見直した方が良いかもしれない。

[17:00 1/16]

2016年01月10日(日)

自信がない人へ送る改善のための4つのステップ

人前でのプレゼンテーションや、取引先への訪問など、ビジネス上で緊張する場面は多い。適度な緊張は良い効果を生むこともあるが、土台にはしっかりとした自信が必要だ。そこで、簡単に自信が持てるようになる方法を紹介しよう。

[10:00 1/10]

2016年01月09日(土)

新年の抱負を立てる時に気をつけたい、3つのポイント

2016年もすでに1週間が経過した。今年こそはと思い、目標を立てた人もいることだろう。まだ立てていない人に向けて、新年の抱負を立てる時に注意したいポイントをお伝えしよう。

[18:00 1/9]

2015年12月27日(日)

2016年に夢を実現したい人へ送る7つのアドバイス

夢の実現は行動なくしてありえない。だが、行動するまでの"思考"は、成功するための大きな助けになる。Incが日々の生活に簡単に応用できる言葉を「成功する人が毎日繰り返している11の言葉(原題:11 Affirmations Successful People Repeat Every Single Day)」という記事で紹介している。2016年は夢の達成を目標にしたいというあなたは、ぜひ参考にしてほしい。

[13:00 12/27]

2015年12月26日(土)

生産性を向上させるためにやっておきたい簡単な2ステップ

日本人の生産性の低さが取りざたされている昨今だが、2016年に向けて「仕事がデキる」と言われるためには、単に与えられた仕事をやるだけでなく、プラスアルファを与えられる存在になりたいものだ。そこで、生産性を上げるための2ステップを紹介しよう。

[11:00 12/26]

2015年12月19日(土)

Airbnb、Facebook共同創業者らに学ぶ「時間の使い方」

「時間」は、誰であろうと等しく、1日24時間と決まっている。だからこそ、仕事やプライベート、睡眠、食事に対して、どのように時間を割き、やりたいことを実現するのかが重要となる。

[11:30 12/19]

2015年12月13日(日)

問題に直面した時にチームで障害を乗り越える3ステップ

チームでプロジェクトを進めている時、計画していたようにうまくいかないことがある。いや、そのほうが多いかもしれない。一人ならスクラップ&ビルドというやり方があるし、そっくりやめてしまうという選択肢もあるが、チームと成るとそうもいかない。そこで、チーム全体で障害を乗り越える方法を考えてみたい。

[17:00 12/13]

自己管理できない人が立ち直るための6つのヒント

あなたは自己管理ができていますか? 年末年始の慌ただしい時期にこう聞かれると「もちろん!」と即答できる人は少ないかもしれない。そこで、自己管理が今ひとつという人に向け、自己管理の基本をお伝えしよう。

[10:00 12/13]

2015年12月12日(土)

仕事に集中できない社員が多い時の3つの解決策

オフィスはいつから仕事ができない場所になったのだろうか? 調査によると、最も生産性が高い場所は会社と回答した人は24%で、残りは社外のほうが仕事がはかどると述べている。Incの記事「社員の76%が社外のほうが生産性が上がる(原題:76 Percent of Employees Are More Productive When They Leave the Office)」から、企業がとるべき対策を見てみよう。

[17:30 12/12]

会社で嫌われてると思った時に試したい4つの対処法

社会人になれば、学生の頃に悩まされた煩雑な人間関係から解放されると思ったら大間違いだ。人間が集うと「合う人」「合わない人」がいて当たり前。それを大っぴらに態度で示すかどうかだ。そこで、会社で「人に嫌われたかも」と思った時に試したい対処法を紹介しよう。

[10:30 12/12]

2015年11月29日(日)

「宇宙が会社を休めと言った」「全部洗濯したから下着がない」 - 米国会社員の仰天言い訳集

寒くなると朝が辛く、会社に行きたくないという日もあるだろう。そこで、一瞬頭をよぎるのが仮病だが、「おばあちゃんに毒入りハムを食べさせられた」「ベッドの下から出られなくなった」――米国にはこんな言い訳で会社を休む人がいるそうだ。

[17:00 11/29]

従業員から支持される米企業CEOは? - 1位はGoogleのLarry Page氏

このたび、米国の大企業(社員1000人以上)の社員に自社のCEOを支持するかを尋ねる調査結果が発表された。そのトップとなったのはGoogle。同社は今年、持ち株会社としてAlphabetを立ち上げ、その傘下に入ることを発表した。創業17年目を迎えても、現状に甘んじることなく挑戦を続ける創業者のLarry Page氏は社員からの支持も高いようだ。

[11:00 11/29]

2015年11月28日(土)

努力が報われない"避けたほうがよい"人の見分け方

社会にはさまざまな人がいるので、どんなタイプの人物とでも一緒に仕事ができるように努力することは重要だ。とはいえ、努力の範囲ではどうしようもない"有害な人"がいるのも事実だ。そこで、本稿ではあなたの努力ではどうにもならない"有害"な人を見分けるコツを紹介しよう。

[17:00 11/28]

第一印象を良くするために押さえたい5つのポイント

第一印象は人が他人と接する上で重要視する要素の1つだ。「第一印象は悪かったけど、話すうちにいい人だとわかって……」なんて例はそう多くないのが現実だろう。そこで、本稿では第一印象をよくするために知っておきたいポイントを紹介しよう。

[10:30 11/28]

2015年11月27日(金)

従業員に新システムを受け入れてもらうには? - Googleが明かす"成功メソッド"

GmailをはじめとするGoogle Appsを導入している企業は日本でも増えてきている。しかし、一部の企業は導入に苦労したり、導入後に思ったような成果を得ることに苦心したりしているのが実情だという。そうした企業や、これから導入を考えている企業に対し、Googleはとある"メソッド"を用意しているという。今回、Google Apps for Work副社長のSebastien Marotte氏にそのメソッドについて話を聞いた。

[09:41 11/27]

2015年11月25日(水)

上司に「No」と伝える方法

上司に仕事を頼まれ、断りきれなくてまた残業、行きたくない飲み会なのにメンバーに入っていた――。生活する中の「イエス」「ノー」を言うべき場面で、ノーと言えない人は少なくないのではないだろうか。

[18:23 11/25]

三日坊主を克服する方法

何を始めても長続きしないという人は、「なぜ三日坊主になるのか」を考えたことはあるだろうか?

[12:47 11/25]

辛い問題に直面した時に読み返したい7つの"考え方"へのアドバイス

調子が良い時はいくらでも頑張れるし、"メンタル"のことなど考えないだろう。だが、行き詰まってしまった時、うまく仕事をこなせなくなった時こそ、本来の精神面の強さが問われる。

[12:36 11/25]

忙しい人でもデキる"時間の作り方"

「時間がない」――何かをしようと思った場合に、そう言い訳してやめてしまうことはないだろうか? そこで、多忙な人でもできるという時間管理術を紹介しよう。

[11:53 11/25]

2015年10月25日(日)

心の知能指数「EQ」を上げるためにこなしたい、5つのアドバイス

仕事やプライベートが順調そうな人や、自分なら逃げだしたいような状況を笑顔でくぐり抜けている人を思い浮かべてほしい。頭が良いとか容姿が素敵というよりも、共通しているポイントは"性格の良さ"ではないだろうか?

[16:00 10/25]

2015年10月24日(土)

ウマが合わない上司はいませんか? - 5つの関係改善策とは

上司という存在は、「部下を育てて、その業績を評価する」ということだけではない。部下の良いところ、そして悪いところを見まもってくれる、想像以上に重要な存在なのだ。

[16:00 10/24]

2015年10月23日(金)

日本MS会長の樋口氏、社長退任後の日課は「英語学習」

「毎日、ポッドキャストを聞いて英語を勉強していますね」――。意識が高いだけのなんちゃってグローバリゼーションを語る大学生の言葉ではない。グローバル企業のトップ層に位置する米Microsoftの日本法人、日本マイクロソフトの社長を務めた樋口 泰行氏の言葉だ。

[08:00 10/23]

2015年10月18日(日)

ディスられがちなネガティブ思考、それでも成功に近づく理由とは?

ポジティブ思考がもてはやされるなか、「ネガティブ思考から抜け出せない」「ポジティブ思考の楽観主義についていけない」と思って肩身の狭い思いをしている人に朗報だ。ネガティヴ思考の人のほうがモチベーションが高いという。

[16:30 10/18]

仕事漬けでも体調を崩さないための5つのアドバイス

仕事が忙しく平日は家と会社の往復、週末は寝るだけ――そんな日々を過ごしているという人は、「ワークライフバランスなんて到底無理」と思っていないだろうか? 仕事漬けの人でも自分をケアできる方法があるので、紹介しよう。

[10:00 10/18]

2015年10月17日(土)

仕事の天敵、"先延ばし癖"を断つ方法

一日の仕事が終わって帰る――その前に、今日やろうと思っていた仕事は全部できただろうか? やり残した仕事はないだろうか? やらなければならないことを先延ばしにしがちな人にその癖を絶つための7つの方法を紹介しよう。

[15:30 10/17]

適切な判断を妨げる"認知バイアス"に要注意

人間は、誰もが100%客観的になれることはない。われわれは程度の差こそあれ、なんらかの先入観に基づき行動しているが、能力を最大に発揮するにあたって先入観や偏見が邪魔をしていることがある。

[09:00 10/17]

2015年10月04日(日)

生産性アップは朝の習慣から - 変えてみたい6つのアドバイス

夏の残暑も厳しくなく、涼し気な充実の秋がやってきた。この時期になると、朝の時間の使い方を見直すにはもってこい。

[15:00 10/4]

2015年10月03日(土)

職場で言わないようにしたい6つの言葉

コミュニケーションは重要だが、「口は災いの元」ということわざにあるように、言葉は一度発すると取り返しがつかない"やっかいさ"がある。

[16:00 10/3]

2015年09月19日(土)

成功するために"潰すべき"10個の考え方

仕事でもプライベートでも、自分の望むような結果が得られるとは限らない。だが、いくつかの心がけが結果を左右することがある。

[16:30 9/19]

2015年09月13日(日)

派閥を作り、怒って部屋を出る - あなたの会社にもいる? 大人になっても"子供"な社会人たち

誰だって職場で泣きたくなるような経験があることだろう。怒りのあまり握りこぶしを押さえ込んだことがあるという人だっているかもしれない。

[17:00 9/13]

2015年09月12日(土)

仕事を頼まれた時、角を立てずに「ノー」と言える5つのポイント

「ノーと言えない日本人」。古くからある言葉だが、世代が変わっても頼まれごとを断るのは難しいだろう。

[10:00 9/12]

2015年09月06日(日)

仕事で抱える強い"不安"、一人でも解消できる5つの方法

誰でも不安にかられることはある。仕事や友人、家族、恋人など、原因は様々であっても、不安に思ったらそれぞれの対処法があるだろう。

[11:00 9/6]

2015年09月05日(土)

職場の環境を"カイゼン"するための5つのポイント

会社や組織の中で働いていると、こうした方が良いのにとか、これは無駄なんじゃないかと思うことがあるだろう。特に新鮮な目で組織の働き方を見ることができる新入社員や新たに配属された社員は、一つ二つは、あってもおかしくない。

[10:00 9/5]

2015年08月30日(日)

「フリーランス」にありがちな6つの"誤解"と"現実"

「フリーランス」というワードを聞くと、「自由でカッコいい」といったイメージがあるかもしれない。だが、選択肢として現実的に考えている人は、その目的や分野が何であれ、ある程度、いや、かなりの覚悟が必要ということはそれとなく感じていることだろう。

[15:30 8/30]

2015年08月29日(土)

「俺は御社の元CEO」「ノーベル賞を受賞した」 - 米就職サイトが採用担当者に聞いた仰天履歴書

就職・転職活動において、相手企業があなたを最初に"触れる"のが履歴書だ。だが、70%の企業が1通の履歴書に目を通す場合、5分しかかけていない。こう聞くと、「なんとかして目立たねば」と思うかもしれないが、よく考えてみよう。目立とうと趣向を凝らすとマイナスになることもある。

[16:30 8/29]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事