マイナビニュース | 企業IT | 標的型攻撃

イチオシ記事

【特別企画】1時間に971個のマルウェアが侵入!? ユーザー任せにしないエンドポイント対策

サイバー攻撃は激化の一途を辿っており、深刻な情報漏えい事件もあとを絶たない。企業として対策を考える中で、とりわけ肝となるのが、従業員が業務で使用するクライアント端末のセキュリティ── つまりエンドポイント・セキュリティの高いレベルでの実現である。

[18:28 5/9]
スペシャルPR

[10:00 2/16]

【特別企画】標的型攻撃、マイナンバー/個人情報漏えい対策を最小限の導入・運用負担で実現

標的型攻撃は、不正プログラムを含む添付ファイル送付や、不正プログラムに感染させるためのWebサイトへの誘導を行い、巧妙に企業や組織のPCを乗っ取り、遠隔操作によって社内システムの破壊や機密情報の搾取・漏えいを行う攻撃です。業務のメールを装う形で、添付ファイルのクリック、外部サイトへの誘導を巧妙に行うため、疑わしいメールは開かない、というだけでは防ぐことはできないのが実情です。

[09:47 8/18]

【特別企画】9月11日 中央区「情報漏洩対策 / セキュリティセミナー開催」- 情報漏洩事件への企業対応の在り方

情報漏洩が起きた際の危機管理のあり方を改めて見直す。日本年金機構・東京商工会議所などいまだに多様な企業が情報漏洩を起こし各種メディアに取り上げられている、その際の対応について問題が無かったか、またどのような対応をするべきか、その知見を高めるためのセミナーです。

[12:25 7/10]

【特別企画】最新のサイバー攻撃に備えた「最強の自動化セキュリティ」とは

政府機関による大規模な情報漏えい事件が世間を騒がせたのは記憶に新しい。パロアルトネットワークスのシニアマーケティングマネージャー 菅原継顕氏は、この事件のポイントは、ウイルス感染からインターネット接続の遮断までの時間にあると指摘する。「感染から遮断まで3週間も要したわけですが、実はこれぐらい時間がかかる組織は世界的に見ても珍しくありません。むしろもっと時間を要してしまう組織も多いのです。ですから、今回事件が起きた政府機関だけが抱える問題では決してなく、どの政府機関や企業も同じように抱えている問題であるという認識が必要だと言えます」

関連記事

ラックとSOMPOリスケア、サイバー攻撃を想定した訓練・研修サービス

ラックとSOMPOリスケアマネジメントは、情報セキュリティ対策を推進する企業を支援する「サイバー攻撃を想定した訓練・研修サービス」の提供を開始する。

[18:52 5/10]

日立情報通信、標的型攻撃による感染端末をPentahoで早期発見サービス

日立情報通信エンジニアリングは、同社のネットワーク保守・運用のセキュリティサポートサービスにおいて、4月1日よりPentaho(ペンタホ)ソフトウェアを使った強化を実施する。

[22:37 3/24]

Macでも動作するランサムウェア、Palo Altoが初めて発見

米Palo Alto Networksは3月6日(現地時間)、MacのOS Xを狙ったランサムウェア「KeRanger」を発見したと発表した。同OSを狙ったランサムウェアとしては初めて、"完全に機能する"ものだという。

[11:52 3/8]

セキュリティベンダーのアークンが不正アクセス被害、3859社の情報漏えいか

情報セキュリティ対策のアークンは1月12日、顧客情報が漏えいし、それを元に恐喝を受けたとする適時開示を行った。

[10:02 1/13]

【レポート】セキュリティインシデントは企業のバランスシートに影響する - ファイア・アイが2016年のセキュリティ予測

ファイア・アイは12月21日、2016年のセキュリティ予測を発表した。記者説明会にはファイア・アイ 執行役副社長の岩間 優仁氏が登壇。岩間氏によると、これまで情報セキュリティとはあまり関係のなかった業界がセキュリティに関心を持ちだしているという。

[16:37 12/22]

スペシャルPR

[10:58 6/12]

【特別企画】「適応型防御」で標的型攻撃から企業を守る - ファイア・アイが打ち出すセキュリティフレームワーク

ここ数年、企業を対象にしたサイバー攻撃による被害は国の内外を問わず拡大する一方にある。なかでも標的型攻撃は、その手口の巧妙さ・複雑さから対策が非常に難しく、世界中の企業にとって深刻な問題となっている。サイバー攻撃の手法は日々進化を続けており、従来ながらのシグネチャ・ベースのセキュリティで対策を講じる事は限界に達していると言っても過言ではない状況にある。

[13:00 5/13]

【特別企画】適切なセキュリティ対策につながるサイバー攻撃の「最新の常識」

サイバー攻撃に気づくまでの日数、なんと○○日……。孫氏の『兵法・謀攻篇』には、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」ということばがある。セキュリティ対策とは、まさにこうあるべきで、自社の情報を守るためにはサイバー攻撃者の手法や狙い、今企業がおかれている現状を知る必要がある。その手段として、セキュリティベンダーのファイア・アイが毎年提供している脅威レポート「M-Trends®」をおすすめしたい。本記事では、最新版である2015年版の主要ポイントを紹介。また、全28ページの資料ダウンロードも行っているので、ぜひ確認してみてほしい。

[16:01 3/24]

【特別企画】10年以上のサイバー犯罪研究が作り上げたファイア・アイのMVXエンジン

ITをビジネスに活用している企業において、どのようなセキュリティシステムも導入していないところはないだろう。ところが、相変わらず不正アクセスや情報漏洩事件の報道は絶えることなく、昨年も名だたる大企業での被害が目立った。セキュリティ技術を積極的に採用していた企業のほうが多かったはずなのに、セキュリティ侵害に遭うのはなぜだか。ひとつは、最新のマルウェアのほとんどが、「未知」の脅威である点が問題なのだ。

関連記事

リカバリーを実行しても駆除できないマルウェアを確認 - ファイア・アイ

ファイア・アイは12月11日、OS起動前に実行されるマルウェアを使用してカード決済情報を狙う攻撃を確認したと発表した。

[13:26 12/14]

ファイア・アイ、侵害から保護までの速度を3倍にした新アーキテクチャ

ファイア・アイは11月12日、次世代MVXアーキテクチャと、セキュリティ情報提供ツール「FireEye Threat Intelligence Engine」「Forward Deployed Analyst」の2サービスを発表した。

[16:37 11/13]

【レポート】サイバー攻撃による情報流出は一瞬も、発覚までは半年以上 - FireEye CIOが語る標的型攻撃対策とは

ファイア・アイはこのほど、「日本企業におけるセキュリティ侵害対策向上のための方策」に関する記者説明会を開催した。説明会には、米FireEye バイスプレジデント 兼 最高技術責任者(CTO)のトニー・コール氏が登壇し、日本企業に対する"セキュリティ指南"を行った。

[12:00 11/6]

FireEyeとF5がパートナーシップ、統合セキュリティソリューションを提供

ファイア・アイとF5ネットワークスは10月22日、企業セキュリティに対する複雑化する脅威の防止に向けて、グローバル・パートナーシップを締結したと発表した。

[18:42 10/23]

特定の企業を装ったウイルスメールに注意 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は10月9日、不審なWordファイルが添付されたメールが特定の企業から相次いで届いたことにより、注意喚起を行った。

[09:32 10/14]

2015年Q2はインシデント数減少も、サイト改ざん続く - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月8日、2015年度第2四半期[2015年7月1日~9月30日]に受け付けたインシデント報告の統計および事例をまとめた「[インシデント報告対応レポート](https://www.jpcert.or.jp/ir/report.html )」を公開した。

[09:30 10/12]

2015年上半期は国内企業の5分の1が標的型攻撃の対象に - ファイア・アイ

ファイア・アイは10月1日、定期セキュリティ脅威レポート「高度な攻撃に関する脅威レポート:アジア太平洋地域2015年上半期版(Regional Advanced Threat Report: Asia-Pacific 1H 2015)」を公開した。

[10:30 10/3]

関連記事

バックナンバー

このカテゴリーについて (企業IT>標的型攻撃)

 トップへ
標的型攻撃に関する最新のインシデントや製品情報を紹介するカテゴリです。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中高年女性が住みたい街、「吉祥寺」は3位に - 1位はあの街
[11:00 5/29] ライフスタイル
田中みな実、西川史子代役で『サンジャポ』出演「緊張してます」
[10:49 5/29] エンタメ
[宮藤官九郎]ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
[10:00 5/29] エンタメ
映画版『パワーレンジャー』、最大7作品製作か?
[10:00 5/29] エンタメ
ベテラン俳優・冨家規政、山梨北杜市で移住生活を始める…
[09:00 5/29] エンタメ

特別企画 PR