マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

11月18日 11:30更新

現在地

総力特集

2017 新春社長インタビュー

2017年の新春企画として、日本を代表するIT企業の社長に、2016年の振り返りと2017年の抱負を聞いた。
2015年に「POCO(The Power of Cloud by Oracle)」というクラウド推進戦略を発表し、注目を集めた日本オラクル 代表執行役社長兼CEOの杉原博茂氏。以降、同社のクラウド事業は成長の一途をたどっている。さらなるクラウド事業拡大に向けて、来年、同社はどのような手を打つのだろうか。杉原氏に2016年の総括と2017年の抱負について聞いた。
[11:30 1/4]
今年、Amazon Web Services(AWS)との提携を発表し、IT業界を驚かせたVMware。新たなマルチクラウド戦略として、「Cross-Cloud Architecture」も発表された。同社は新戦略の下、何を目指しているのか。今回、ヴイエムウェアの代表取締役社長を務めるジョン・ロバートソン氏に、2016年の総括と2017年に向けた抱負について聞いた。
[11:30 1/5]
内田洋行が現在、強く推進しているのは「働き方変革」と「学び方変革」。東京・新川の本社には、「未来の学習空間」を提案する「フューチャークラスルーム」や「働き方」・「働く場」変革の実証の場としてショールームを設置。全国から多くの見学者が訪れている。そこで、同社が考える「働き方変革」「学び方変革」と、その戦略について就任3年目を迎えた大久保社長に聞いた。
[11:30 1/6]
日本マイクロソフトにとって、2016年は、数多くの製品、サービスが発表された1年であったといえよう。平野拓也社長が強調するのが、マイクロソフト社内の変革が進み、クラウド時代に向けた体質へと大きく変化したことである。それに伴い、顧客やパートナーとの関係も大きく変化したという。この動きは、2017年も続くとする一方で、「2017年も、サプライズを起こすことができるマイクロソフトになる」と宣言する。日本マイクロソフトの平野拓也社長に、2016年を振り返ってもらうとともに、2017年の抱負を聞いた。
[11:30 1/10]
これまでKVHやジェットスター・ジャパンの社長を務めてきた鈴木みゆき氏が、シスコシステムズの社長に就任したのは2015年5月のことだ。それ以降、100名以下の中小企業をターゲットにした日本発の新ブランド「Cisco Start」を立ち上げたり、日本に根ざした事業展開を図るなど、大きな転換を図っている。「Cisco Start」は今では海外にも広がり、アジアやオーストラリアにも展開しているという。そこで、鈴木社長に戦略転換を図った背景や今後の戦略を聞いた。
[10:30 1/11]