マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

11月17日 21:50更新

花粉症特集

毎年春先は花粉症の人にとってつらい時期だが、そのつらさを少しでも和らげるために役立つ記事をまとめた。
スギやヒノキなどの花粉が原因で起こる花粉症。その症状があまりにもひどく、日常生活に支障をきたしている人も少なくないだろう。そこで、マスクやめがねなどの予防グッズと並行して行える、日常生活における花粉症対策を紹介しよう。
[9:00 3/11]
東京都などはこのほど、東京都健康安全研究センターにて「第9回 花粉症予防・治療シンポジウム」を開催。同シンポジウムでは日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部・感覚器科学分野の大久保公裕教授が花粉症の最新治療法などについて講演した。
[10:30 2/18]
トレンド総研はこのほど、「目の花粉症対策」に関する調査結果を発表した。同調査は、楽天リサーチが1月27日~30日、20~40代の会社員500名を対象にインターネット上で実施したもの。
[10:30 3/5]
花粉シーズンの真っただ中、くしゃみや鼻水などに悩まされている人も増えていることだろう。一方、花粉症ではない人は普段と変わらない生活を送っているだろうが、そんな人たちもある日突然、アレルギー症状が出る可能性があることをご存じだろうか。
[9:00 3/16]
これからの季節、症状に悩む人が多い花粉症。推定では、日本人の4人に1人は花粉症患者といわれ、「国民病」とも言われている。症状を少しでも軽くしようと、色々と努力しているだろうが、実は「免疫力」が花粉症を悪化させていたのだ。
[10:00 3/5]
花粉症によるアレルギー症状は時と場所を選んでくれない。気心の知れた友人との会話中ならまだしも、上司へのプレゼンテーション中や気になる人とのデート中にでも症状が出ようものなら……。考えただけでも恐ろしい。
[10:45 3/8]
花粉症とは無縁だったのに、ここ1、2年で突然アレルギー症状が発症し、目のかゆみや鼻水、鼻づまりなどに悩んでいる人はいないだろうか。抗原との接触が引き起こす花粉症は、大人になって突然発症するケースもある。そんなときに役立つのが「アレルギー検査」だ。
[9:30 2/16]
東京都健康安全研究センターはこのほど、東京都内にて「第10回 花粉症予防・治療シンポジウム」を開催。日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部・感覚器科学分野の大久保公裕教授が「花粉症予防と対策及び治療に関する最新の話題」との題で講演した。
[10:00 2/9]
「花粉症」と聞くと、一部の人は非常に辟易とした気持ちになるだろう。特に有名なスギ花粉が一般的に飛散する2~4月は、目がかゆかったり充血したりと、どこに行くにしてもおっくうになる。
[11:00 2/17]
インターネット上で見かける「これ、本当? 」などと感じる健康に関する「都市伝説」の真偽に迫る本連載。今回のテーマは「花粉症対策と食品」だ。
[11:00 3/8]
20℃に迫るような春の陽気も目立ち始め、花粉症患者にとっては本当につらい時期となっている。日本気象協会によると、東京でこれまでに実際に飛散した花粉の数は3月15日時点で今シーズンの予想の半分程度。まだまだ苦しい期間が続きそうだ。
[10:00 3/21]
サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて調査レポート「花粉症対策がダイエットにも! 症状の悪化を防いで脂肪の蓄積も防ぐ」を公開した。
[2:15 3/23]
今年もまた花粉の季節がやってきた。例年3月はスギ花粉が原因の花粉症に悩む人が爆発的に増える。花粉症を発症すると、強烈な目のかゆみやあふれ出る涙などに悩まされる。
[10:30 3/1]