マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

08月17日 16:27更新

現在地

総力特集

IoTは何がどう危険なのか?

IT業界では、IoTを活用する取り組みが進められている一方、これまでネットワークに接続することが前提ではなかったIoTデバイスを狙う攻撃が増え出し、IoTのセキュリティに対する注目が高まっている。これまでのセキュリティと比べ、IoTセキュリティは何が違うのか。本特集では、IoTセキュリティの実態に迫るとともに、有効な対策について考えてみたい。
昨年に、マルウェア「Mirai」による大規模な攻撃が発生してから、一気に注目が高まった「IoTセキュリティ」。トレンドマイクロは、IoTセキュリティに関する専門情報サイトを立ち上げ、注意を喚起している。今回、同社がIoTセキュリティが求められる分野として、特に注目している「工場」「自動車」「家庭」について話を聞いた。
[12:00 5/8]
IoTの普及に伴いさまざまな機器がインターネットに接続されつつあるが、すべての機器がインターネットに接続されることを前提に開発されたものではない。そのため、従来の利用シーンやシステム構成では考慮する必要がなかったセキュリティ上の問題に直面している機器も存在している。今回、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)に、IoT機器に関する脅威の最新動向、それらに対する対策について聞いた。
[11:30 4/21]
昨今、市場が拡大傾向にあるIoT。多種多様な企業が、自社の価値向上につなげるべく活用しているが、利便性を追求するあまり、セキュリティがおろそかになっている可能性も否めない。実際、マルウェア「Mirai」なども登場しており、今後IoTを活用していくためにもセキュリティ対策は、もはや喫緊の課題になりつつある。
[9:00 4/21]
情報処理推進機構(IPA)は3月30日、2016年に社会的影響が大きかったトピックをまとめた「情報セキュリティ10大脅威 2017」の解説書を公開した。IPAは毎年「10大脅威」を発表しているが、今回初めて「IoT機器の脅威」がランクインしたという。そこで今回、IPAにIoTシステムにおけるリスクについて話を聞いてみた。
[11:30 4/19]
昨年末に、セキュリティ対策が不十分だった10万台を超えるIoT機器を踏み台にした大規模なDDoS攻撃が発生し、あらためてIoTセキュリティが注目を集めた。IoTセキュリティはIT機器のセキュリティとどのように異なり、どのような対策を打つべきなのか――今回、ガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ バイスプレジデントの池田武史氏に話を聞いた。
[12:30 4/3]
企業がIoTを活用することによるメリットはさまざまなところで語られているが、IoTを利用する際の課題の1つがセキュリティである。そこで今回は、ラックで、サイバー・グリッド・ジャパン サイバー・グリッド研究所のチーフを務める渥美清隆氏にIoTセキュリティの現状、機器メーカー、プラットフォーム提供者、ユーザーができることについて聞いた。
[11:30 2/15]
IoTデバイスの爆発的な拡大を前に、セキュリティ対策の新しいあり方に関心が集まるようになった。IoTデバイスはこれまでにない勢いで規模を拡大しており、これまでとは異なるセキュリティ管理のアプローチが求められている。そこで本稿では、パロアルトネットワークスにIoTセキュリティの現状と対策について話を聞いた。
[11:30 2/22]
昨今、IoTを活用したビジネス機会の創出が話題になる一方、IoTデバイスを踏み台にした大規模なDDoS攻撃が起こった。そこで本誌では、IoTを取り巻くセキュリティの課題をテーマとした特集を組むことにした。今回は、マカフィー サイバー戦略室の佐々木弘志氏に話を聞いた。
[11:30 2/21]
IoTはIT業界の今年のトレンドの1つだが、新たなビジネスを創出する技術である一方、これまでとは違うセキュリティリスクを抱えている技術として注目を集めている。今回、ウェブルートの製品・技術本部 アジアパシフィック製品技術本部長の本橋裕次氏に、IoTにおけるセキュリティ上の課題、それらへの対処策を聞いた。
[11:30 3/14]
インターネットを利用できる家庭のほぼすべてにあるWi-Fiルータ。この小さな箱の多くが家の片隅でほこりをかぶったまま置かれていることが多い。しかし昨今、この小さな箱を踏み台とした深刻な攻撃が発生している。本稿では、ホームルータが抱えるリスクについて考えてみたい。
[12:30 3/29]
IPA(情報処理推進機構)は1月31日、2016年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など約100名のメンバーからなる「10大脅威選考会」の審議・投票により決定した「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表した。
[11:00 2/1]