マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

07月23日 09:00更新

現在地

産婦人科医による女性の悩みを解決するコラム特集

産婦人科医の善方裕美医師が監修する女性特有の病気や妊娠・出産に関するコラムを紹介する特集となる。

善方裕美

日本産婦人科学会専門医、日本女性医学会専門医。1993年高知医科大学を卒業。神奈川県横浜市港北区小机にて「よしかた産婦人科・副院長」を務める。また、横浜市立大学産婦人科にて、女性健康外来、成人病予防外来も担当。自身も3人の子どもを持つ現役のワーキング・ママでもある。
避妊しないと妊娠する可能性がある……ということは、大人なら誰もが知っているはずなのに、望まない妊娠をする女性は後を絶ちません。
[7:30 2/8]
内閣府が行った平成26年度の調査によると、成人女性のおよそ5人に1人が「デートDV」を体験していると言います。デートDVとは、恋愛関係にあるカップルの間で起こる、さまざまな形の暴力のこと。
[7:30 3/17]
世間一般に、セックスの経験が豊富な女性は、子宮頸(けい)がんやSTD(性感染症)になりやすいというイメージがあるようです。実際のところはどうなのでしょうか。今回は、「セックスの回数の多さ」と病気に関する疑問を検証します。
[7:30 3/16]
急性膀胱(こう)炎や尿路結石、腎臓ガンなどの病気になると、血液が混じった赤い尿が出ることがあります。今回は、女性の血尿の原因や病気のリスク、血尿か経血か分からない場合の対処法について解説します。
[7:30 3/15]
生理前になると、イライラして怒りっぽくなる、情緒不安定になる、肌が荒れる、乳房が張って痛む、何となくだるくなる……そんな女性の心と体に訪れる不調を「PMS(月経前症候群)」と呼びます。
[4:00 3/24]
あなたは「婦人科検診」を受けたことがありますか? 婦人科検診とは、婦人科で行われている、子宮頸がんや乳がんなど女性に特有のがんの検査を含む検診のこと。婦人科系の病気の早期発見のために、20歳をすぎたら1年に1回程度、受けておきたいものです。
[7:30 3/18]
「子宮頸(けい)がん予防ワクチン」の接種後に、原因不明の痛みやしびれが出たという報告が相次いでいます。この機会に、子宮頸がん予防ワクチンのリスクと有用性を整理してみましょう。
[4:00 2/12]
最近、メディアなどで「エクオール」という成分が話題になっています。今回は、エクオールとはどんなもので、なぜ今、女性たちから熱い視線を浴びているのか探ってみましょう。
[4:00 11/27]
かつてに比べると、現代は女性が恋愛や性生活をオープンに語るシーンが格段に増えたように感じます。でも実際には、仕事が忙しくてずっと恋愛もセックスもしていない女性や、パートナーとセックスレスの状態が続いている女性だって多いはず。
[4:00 2/5]
皆さんは、恋人やパートナーとセックスをするとき、どんな方法で「避妊」していますか? おそらく日本では、コンドームを使っているカップルが多いと思います。
[4:00 2/4]
晩婚化や出産年齢の高齢化を背景に、メディアでも日常会話の中でも「不妊治療」という言葉が話題になることが多くなった昨今。今回は、女性側に不妊の原因がある「女性不妊」について解説していきます。
[4:00 11/13]
不妊の原因は女性だけにあるのではありません。ここでは、一般的にはまだまだ知られていない「男性不妊」の現状や原因について、基本的な知識をおさえておきましょう。
[9:00 11/14]
不妊や夫婦間のセックスレスが問題になる一方で、若い世代では、避妊をしない無防備なセックスをしている人が多いと言われています。起こりうるリスクについて知った上で、避妊意識を見直しましょう。
[4:00 11/16]
下腹部痛を感じたとき、それが子宮や卵巣からくる痛みなのか、便秘や食あたりなど腸の不調で起こる腹痛なのか、迷う人もいるのではないでしょうか? 今回取りあげるのは、女性に下腹部痛があった場合に考えられる主な病気です。
[5:00 8/4]
妊娠・出産によるホルモンバランスの変動は、女性の体だけでなく心にも大きな影響をもたらすことがあります。出産に伴う男女の「うつ」症状について解説します。
[5:00 6/25]
出産という大仕事を終えた後、女性の体はすぐに元通りになるわけではありません。産後のホルモンの変化と産後の肥立ち(回復)についてあらかじめ知っておきましょう。
[5:00 6/24]
妊娠中は赤ちゃんへの影響を考えて、なるべく薬の服用は控えたいですよね。でも妊娠中だって、風邪にかかってしまう可能性はあります。万が一のときに慌てないよう、その対処法を知っておきましょう。
[5:00 6/17]
妊娠はするのに流産や死産を繰り返して赤ちゃんに恵まれない状態を「不育症」と呼びます。不育症の定義や原因、治療法について、基本的なことを知っておきましょう。
[5:00 6/12]
妊娠初期のもっとも大きな気がかりとも言えるのが「流産」です。今回は、その定義や原因、種類、起こる確率など、流産について最低限知っておいてほしいことをお話しします。
[6:00 6/11]
「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」という病気をご存知ですか。不妊の原因にもなる排卵障害のひとつで、若い女性にも多い病気です。では、一体どんな症状が出たら「多嚢胞性卵巣症候群」の可能性があるのでしょうか。
[5:00 6/6]
卵巣に小さな嚢胞が多数できて、排卵がなくなったり遅れたりする「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」。多嚢胞性卵巣症候群であることがわかったら、どんな治療を受ければいいのでしょうか。治療方法について解説します。
[7:15 6/9]
トイレは健康チェックの大事な場所。実は血尿は、女性に比較的多い症状です。もしものときに慌てず冷静に対処できるよう、考えられる原因を知っておくといいでしょう。
[10:30 5/22]
「卵子の凍結保存」という言葉は、誰でも一度くらい耳にしたことがあるはず。若いうちに卵子を凍結して保存しておけば、卵子の老化という悩みからは解放されそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。
[2:00 5/19]
妊娠しても事情があって産めないとき、手術で人工的に妊娠を中断する方法を「人工妊娠中絶」と言います。中絶の具体的な内容とリスクについて、しっかり知っておきましょう。
[4:00 3/31]
痛みの軽減を考える人や高齢出産で体力に自信がない人の中には、「出産するなら無痛分娩で」と考えている人もいるのではないでしょうか? 気になる無痛分娩の主なメリットとデメリットをまとめてみました。
[3:15 3/27]
仕事に打ち込んでいたり、生活が忙しかったりすると結婚や出産はどうしても遅くなりがち。でもそこで気になるのが、妊娠・出産のタイムリミットです。一体何歳くらいまでなら、妊娠は可能なのでしょうか。
[3:45 3/26]
皆さんは、パートナーとのセックスのとき、どんな方法で避妊していますか? 避妊法には多くの種類があります。その種類や特徴を知った上で、自分たちにもっとも適した方法を選ぶことが大切です。
[4:00 3/24]
避妊に失敗したときや避妊せずにセックスしてしまったとき、72時間(3日間)以内に服用することで妊娠を防ぐことができる「アフターピル」。今回は、アフターピルのリスク面について解説します。
[4:00 3/18]
おなかの中でどんどん成長する新しい命。子宮の中では、赤ちゃんの成長にあわせて、「子宮」も大きな変化を遂げています。妊娠初期から妊娠後期までに子宮で起こる現象を追いかけてみましょう。
[4:00 3/12]
「出産はしたいけど、痛いのは苦手」という人にとって、「無痛分娩」はかなり気になる言葉なのではないでしょうか。「無痛分娩」とは何か、どんなことをするのか解説します。
[10:00 12/27]
生理中(月経期)の妊娠しやすさについて疑問に思ったことはありませんか? 中には「生理中は妊娠しない」と勘違いしている人もいるようです。この機会に妊娠の仕組みをおさらいしてみましょう。
[4:00 3/11]
分娩の方針は施設によって違いがあり、大まかには「自然分娩を推進している」のか、「計画分娩・麻酔(無痛)分娩を推進しているのか」で分かれます。そのほか、よく聞くワードについて解説します。
[3:45 12/26]
生理前に、女性ホルモンの影響で起こるPMS(生理前症候群)の症状のひとつに「乳房が張る」というものがあります。人によっては、胸が大きくなったように感じられるかもしれませんね。なぜ生理前には、子宮とは離れた場所にある胸が、張ったり痛んだりするのでしょうか?
[9:15 12/25]
女性の生理は、通常、思春期に始まり、以後は閉経まで毎月訪れ続けます。ただし例外として、妊娠中は生理にはなりません。もし妊娠中でも、閉経を迎える年齢でもないのに生理がSTOPしたなら、要注意! なぜならその原因には、過度のストレスや病気が関係している可能性があるからです。
[12:45 12/25]
「鼻からスイカを出すくらい痛い」などと例えられる陣痛。実際にはどんなものなのでしょうか。そもそも一体なぜ、お産には陣痛という痛みが付きものなのでしょうか。
[12:45 12/24]
生理が始まる前に女性の体と心に起こるさまざまな不調のことを、PMS(月経前症候群)と言います。少し生活を変えてみると、PMSが大きく緩和・改善する場合も。悩んでいる人は、こんな対策を試してみてくださいね。
[10:45 12/24]
女性の心身は、生理周期で大きく変化します。今回は、生理周期ごとの女性の変化と「気持ち」を中心に解説。気持ちのコントロールに悩む女性はもちろん、女性の機嫌の変わりやすさに戸惑っている男性も必見です!
[11:00 12/17]
近年、妊娠するための前向きな活動を指す「妊活」という言葉が、メディアなどによく登場するようになりました。まだ結婚や出産を考えていない人も、将来に備えて妊娠するための準備について知っておきましょう。
[7:00 12/16]
女性の髪の量やハリ、色は、一体なぜ年齢とともに衰えていくのでしょうか。女性の体の仕組みと共に解説します。
[10:00 11/25]
心身の不調が続き、前回の生理日を思い出せないほど長い間生理がきていない。さらに疲れやすい・イライラするなどの症状があれば若くても更年期障害と同じ状態に…。そんな「若年性更年期障害」についてお話します。
[6:30 11/25]
妊娠した女性が「妊娠の報告は安定期に入ってから」とか「安定期に入ったからマタニティ旅行に行きたい」と言うのを耳にしたことはありませんか。安定期は正確にはいつからで、安定期に入ると、本当に体の状態が安定して外出や旅行もOKになるのでしょうか。
[4:00 2/19]
最近、メディアなどで「エクオール」という成分が話題になっています。今回は、エクオールとはどんなもので、なぜ今、女性たちから熱い視線を浴びているのか探ってみましょう。
[4:00 11/27]