専門医による眼科コラムまとめ

医師として痩身や美肌作り、メイクアップまでを医療としてアプローチするあまきクリニック院長の味木幸医師が監修した眼科に関するコラムを紹介する。

味木幸

あまきクリニック院長、慶緑会理事長。博士(医学)・眼科専門医取得。慶應義塾大学医学部卒業後、同大学眼科学教室医局入局。2年間の同大学病院研修の後、国家公務員共済組合連合会 立川病院、亀田総合病院、川崎市立川崎病院・眼科などに勤務したキャリアを持つ。

【レポート】コンタクト装用でアレルギー性結膜炎に? - 医師にセルフケア術を学ぶ

日ごろからコンタクトレンズのお世話になっている人は多い。だが、正しい使い方をしなければ失明や角膜腫瘍などに陥るリスクもはらむ。それらの疾病の中でも、身近で起きやすいのがアレルギー性結膜炎だろう。

[10:30 4/8]

【レポート】誤ったコンタクトの使用がアレルギーを招く! - 失明に至る可能性も

今や日本人の大半が装用しているコンタクトレンズ。視力を矯正したり、オシャレ用途として色付きの物を使用したりと、私たちの生活には欠かせないアイテムと言っても過言ではないだろう。だが、誤った使い方をすると思わぬダメージを目に招くこともある。

[10:00 4/5]

【レポート】まつエクはダニの温床!? - 医師が解説する「美まつ毛育成方法」とは

まつ毛エクステンション(まつエク)は、「目が大きく見える」「マスカラいらず」「すっぴんでもそれなりに見える」などの理由から、世の女性に愛好されている。だが、このまつエクが実はダニの温床となっている危険性もあるのだ――。

[09:30 1/19]

【レポート】PCやスマホの長時間使用で目が真っ赤に!? - 「結膜下出血」を予防しよう

白目部分が真っ赤に染まる結膜下出血は、痛みこそないものの見た目が衝撃的なため、人と会うのがやや億劫になる。乾燥するこれからの季節に増えてくるとされる結膜下出血を招かないようにするには、どのようにしたらよいのだろうか。

[09:30 11/12]

【レポート】ドライアイで目が開けられない! 結膜炎にもなる!! 原因と対策を医師に聞く

毎日のパソコン作業でドライアイに悩んでいるオフィスワーカーは多いはずだ。2003年に京都府立医科大の研究チームが行った調査では、日本国内のドライアイ患者は2,200万人にも及ぶという。

[09:00 10/13]

【レポート】目の痛み、放置すると失明や救急搬送につながる危険も!

「朝起きたら目が痛む」「一日中デスクワークをしていたら、耐えがたい目の痛みに襲われた」などの経験がある人も少なくないだろう。ただ、一口に「目の痛み」と言っても、その原因はさまざまで、放置しておくと危険な疾病へとつながり恐れがある。

[09:00 9/24]

【レポート】眼科医オススメ! 1分でできる「目にイイ習慣」4つ

パソコンやスマートフォン、テレビなど、私たちは日常生活において気づかないうちに目を酷使している。近年では大人になって近視症状が出る人も増加。この現象は、「目に負担がかかる生活」が招いた結果と言えるだろう。

[09:00 8/19]

【レポート】1日使い捨てコンタクトが失明症例数最多! コンタクトの危険な使用法とは

多くの人が使用しているコンタクトレンズ。ソフト・ハードタイプはもちろん、「1日使い捨てレンズ」や「2週間交換タイプ」なども選べ、ユーザーのニーズに応えてさまざまな製品が販売されている。

[09:00 8/20]

【レポート】スマホ等から出るブルーライトの対策を眼科医師が解説 - 浴びる時間が重要

ブルーライトという言葉を聞くと、「目に悪そう」というイメージを抱く人も少なくないだろう。だがこのブルーライト、実は浴びる時間によって私たちにとって「敵」にも「味方」にもなりうるのだ。

[05:00 7/17]

【レポート】テレビやパソコン使用で目が悪くならないための3つの習慣を眼科医師に学ぶ

現代社会はテレビやパソコン、携帯型ゲーム機などさまざまな映像コンテンツを楽しめるアイテムがあふれている。ただ、手軽に利用できるようになった反面、私たちの目が酷使される機会も増えてきたとも言えるだろう。

[04:30 7/21]

【レポート】疲れ目や眼精疲労は生活習慣が原因? - 眼科医お勧めの簡単な治し方を知る

今や私たちの生活においてパソコンやスマートフォン、携帯型ゲーム機などは当たり前のように使われている。ただ、これらのアイテムを使いすぎて目を酷使すると、当然「疲れ目」につながってくる。

[09:00 6/17]

【レポート】充血や大量の目やに等の症状が出る流行性角結膜炎(はやり目)の対策と予防法

季節性の目の疾患といえば、花粉症を思い浮かべる人も多いことだろう。だが、知られていない季節性の目の疾患は他にも数多くある。その一つが、夏場に多くの患者が出る「流行性角結膜炎」、いわゆる「はやり目」だ。

[09:00 6/12]

【レポート】せきやくしゃみ、嘔吐が原因で目が真っ赤に……「結膜下出血」とは

起床してふと鏡を見たら目が真っ赤に染まっていて驚いた経験はないだろうか。そのような症状に陥ったときは、充血ではなく「結膜下出血」の疑いがある。

[09:30 11/11]

【レポート】「まつ毛のダニ」は不十分な洗顔でも繁殖、まつ毛がなくなることも

目元を印象的に見せてくれるまつ毛。つけまつ毛やまつ毛エクステンションなどのアイテムを用いて、より目元のパッチリ感を強調している女性も少なくないだろう。ただ、このまつ毛に実はダニが潜んでいるのをご存じだろうか。

[09:30 1/18]

【レポート】花粉症のためのアレルギー検査の種類や価格を眼科医が解説

花粉症とは無縁だったのに、ここ1、2年で突然アレルギー症状が発症し、目のかゆみや鼻水、鼻づまりなどに悩んでいる人はいないだろうか。抗原との接触が引き起こす花粉症は、大人になって突然発症するケースもある。そんなときに役立つのが「アレルギー検査」だ。

[09:30 2/16]

【レポート】薬の早期投与で花粉症の重症化を防ぐ「初期療法」とは

「花粉症」と聞くと、一部の人は非常に辟易とした気持ちになるだろう。特に有名なスギ花粉が一般的に飛散する2~4月は、目がかゆかったり充血したりと、どこに行くにしてもおっくうになる。

[11:00 2/17]

【レポート】目の充血の原因と結膜下出血との見分け方を知る

朝の起きがけに鏡を見た際や、ずっとパソコンをいじっていてふと気がついたときに目が充血していた経験はないだろうか。ほとんどのケースで自然と症状が治まるため、本来ならば放置しておいても問題はない。

[10:30 5/17]

【レポート】目の充血に効果的な目薬の使い方を医師が伝授

「目のトラブル」の代表例の一つとしてよく知られる充血。いつの間にか自然と元通りの状態になっていることが多いため、症状が出ても放置している人も少なくないだろう。だが、実は重篤な疾病につながる可能性がある失明もあることをご存じだろうか。

[10:30 5/18]

【レポート】ものもらいの原因はチョコ? できやすい季節や食事を医師に学ぶ

本人が気づかないうちにいつの間にかまぶたの上などにぽっこりとできているものもらい。大抵は放置しておいても自然治癒するが、なんとも見た目が悪く、いざできてしまうと意外と厄介な存在といえる。

[10:00 6/21]

【レポート】ものもらいが痛い時の治し方 - 目薬から手術まで幅広い解決策を知る

まるで目の上にできたにきびのように赤く腫れあがるものもらい。どうしても患部が目立つため、眼帯をして当座をしのいだ経験がある人もいるのではないだろうか。

[09:30 6/22]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事