専門ドクターが解説する医療コラムまとめ

私たちの生活にまつわるさまざまな疾病リスクや健康に関する豆知識を、眼科や歯科、内科、小児科などの各分野の専門医師がていねいに解説した記事をまとめた。

【レポート】これぞ「睡眠ダイエット」? - 神秘のパワーを秘めた成長ホルモンとは

子どもの体の成長に欠かすことができない「成長ホルモン」。成長期を終えた大人にとっては、もはやその存在はあまり意味がないと考えてはいないだろうか。実は成人してからでも、成長ホルモンは私たちの体において重要な役割を果たしているのだ。

[09:59 11/26]

【レポート】大人も成長ホルモンを活用! ダイエットや美容に役立たせるための方法とは

成長ホルモンは美容やダイエットなどにおいて、非常にプラスになる存在だ。だが、その分泌量は早ければ20歳を待たずに減っていく。そのため、成長ホルモンにとってよいライフスタイルを持つことが重要となる。

[09:00 11/27]

【レポート】せきやくしゃみ、嘔吐が原因で目が真っ赤に……「結膜下出血」とは

起床してふと鏡を見たら目が真っ赤に染まっていて驚いた経験はないだろうか。そのような症状に陥ったときは、充血ではなく「結膜下出血」の疑いがある。

[09:30 11/11]

【レポート】PCやスマホの長時間使用で目が真っ赤に!? - 「結膜下出血」を予防しよう

白目部分が真っ赤に染まる結膜下出血は、痛みこそないものの見た目が衝撃的なため、人と会うのがやや億劫になる。乾燥するこれからの季節に増えてくるとされる結膜下出血を招かないようにするには、どのようにしたらよいのだろうか。

[09:30 11/12]

【レポート】ダイエット成功の鍵が「睡眠」の理由

秋から冬にかけて寒くなってくるこれからの季節。寒さのせいで部屋に巣ごもりしてゴロゴロしていると、あっという間に体重が増えてしまう。

[09:00 11/4]

【レポート】生理後2週間がダイエットチャンス! - 女性ホルモンを知って効率よくやせる

ほんのわずかな女性ホルモンでも、心身に与える影響はとても大きい。裏を返せば、このホルモンとうまく付き合うすべを知っておけば、日常をより快適に過ごせる可能性があるということだ。

[09:00 11/2]

【レポート】小ジワを伸ばすだけじゃない! ボトックス注射でエラ張りや歯ぎしりの改善も

美容クリニックの定番メニューの1つに「ボトックス注射」がある。今回は、ボトックス注射のメカニズムと作用などについて、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子医師に教えてもらった。

[09:00 10/29]

【レポート】「ボトックス注射を打つと表情がなくなる」ウワサよりも医師が危惧すること

シワを伸ばす作用のある"アンチエイジング"メニューとして、一般の人にも浸透しつつある「ボトックス注射」。今回は、ボトックス注射が本当に表情に影響するのかについて、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子医師にお聞きした。

[09:00 10/28]

【レポート】秋は「夏バテ肌」に要注意! 肌の水分蒸散量も増加し、一気にかさつき肌へ

朝夕涼しくなり、いよいよ秋の到来だが、「なんとなく肌の調子がすぐれない」と悩んでいる人はいないだろうか。その原因の一つとして、秋の肌がまだ夏の疲れをため込んでいることが考えられる。

[09:00 10/19]

【レポート】近年増加の「大人アトピー」、ストレスや睡眠不足が原因に - 医師が解説

アトピー性皮膚炎といえば、「子どもの疾患」とイメージする人も少なくないだろう。ただ、近年は成人になってアトピーを発症する「大人アトピー」が増えている。

[09:00 10/16]

【レポート】「乳幼児突然死症候群は母乳育児で防ぐ」についての小児科医の見解

それまで元気だった乳幼児が前触れもなく突然死亡する「乳幼児突然死症候群(SIDS)」という病気があることをご存じだろうか。今回は、乳幼児突然死症候群の発症リスクと予防法について、まえだこどもクリニックの院長・伊庭大介医師に伺った。

[06:30 9/15]

【レポート】子供の睡眠障害やいびきは「のど」を治すとよくなる? 子供特有の病気2つ

子供のいびきは、日中の学校生活に影響を及ぼしかねない睡眠障害を伴うことをご存じでしょうか。今回は、睡眠障害が子供の成長に与える影響と、その主な原因となる「アデノイド増殖症」と「扁桃(へんとう)肥大」について解説します。

[16:38 9/1]

【レポート】夏が終わっても紫外線対策に終わりナシ - 医師が教える「焼けない」コツ

夏休みはレジャーなど外で過ごす機会が多く、特に紫外線が気になる季節。だが。きちんと日焼け止めを塗っていたのに、なぜか日焼けしてしまったという経験がある人も意外に多いのではないだろうか。そして、夏の終わりと共に紫外線対策も終了……ではいけないのだ。

[09:28 9/3]

【レポート】日焼けした肌をレスキュー! 最低限やるべきアフターケアを医師が伝授

短い夏、海水浴やキャンプといったレジャーを存分に楽しみたいところだが、気をつけたいのが「日焼け」だ。今回は、うっかり日焼けしてしまったときのアフターケアについて、医療法人社団一信会 ティーアイクリニック・理事長の田原一郎医師に伺った。

[05:00 8/7]

【レポート】紫外線で肌が老化する!? シミ・シワ・たるみを招く"光老化"を医師が警告

1年の中で夏はもっとも紫外線が注がれる季節。日焼けが肌に影響を及ぼすことは広く知られるが、そのダメージは単に肌が黒くなることだけではないことをご存じだろうか。

[05:00 7/28]

【レポート】ほくろと思ったらがんだった - 皮膚がんの一種・メラノーマの見分け方とは

ほぼすべての人に必ずあると言っていいほくろ。 「泣きぼくろ」という言葉に代表されるように、顔にある場合はその人のチャーミングポイントと言われることもあるが、実はこのほくろに姿形が似た皮膚がんがあることはご存じだろうか。

[06:30 9/17]

【レポート】水虫や汗も等、初夏にありがちな肌トラブルの予防&対策法を皮膚科医が伝授

いよいよ夏本番。連日うだるような暑さが続く夏は肌の露出も必然的に増えるが、その分肌トラブルに見舞われる危険も増す。そこで本稿では、初夏に起こりやすい肌トラブルとその症状、対策法などを紹介する。

[05:00 7/29]

【レポート】足汗やわき汗のにおいの原因と対策を皮膚科医から学ぼう!

いよいよ真夏到来。全国的にうだるような暑い日が続くようになってきた。そして夏といえば汗が気になる季節だ。汗をたくさんかくとにおいが気になるのは男女共通。今回は汗のにおいの原因や対策について紹介しよう。

[04:30 7/27]

【レポート】保育園に預けられる体温のボーダーラインが37.5度である理由

保育園では、体温が37.5度以上の子どもは預からないことが多い。子どもの平熱と発熱のボーダーラインが37.5度である理由と、発熱時に注意したい「熱性けいれん」について、まえだこどもクリニックの院長・伊庭大介医師にお聞きした。

[05:00 7/30]

【レポート】夏に子どもが気をつけたいウイルス感染症まとめ ‐ 症状と予防法は?

今年は早くも「手足口病」に感染する子どもが急増しているようだ。そこで、夏に子どもが気をつけたいウイルス感染症について、まえだこどもクリニックの院長・伊庭大介先生にお聞きした。

[17:00 6/29]

【レポート】子どもの急な発熱の原因&対処法は? 病院には連れていくべき??

わが子の急な発熱は誰だって動揺してしまうもの。初めての経験なら、なおさらだろう。今回は、子どもの急な発熱の原因と対処法について、まえだこどもクリニックの院長・伊庭大介先生に伺った。

[20:00 6/18]

【レポート】夜になると咳が出る原因は鼻水かも!? 鼻水がのどに流れ込む「後鼻漏」とは

風邪をひいていないのに夜になると咳(せき)が出て、朝になると痰(たん)がのどに絡む症状に悩まされている人はいませんか? この症状は「後鼻漏(こうびろう)」といい、鼻水がのどに流れ込むことが原因で起こります。

[05:00 8/6]

【レポート】咳が止まらない原因は本当に風邪ですか? ‐ 年代別に考えられる病気はコレ

ビジネスシーンで困る風邪の症状の1つに「咳(せき)」があります。中には、咳の症状だけが長引いてお困りの人もいるのではないでしょうか? 今回は、咳を伴う風邪以外の病気について解説します。

[05:00 7/22]

【レポート】鼻水やくしゃみが止まらないときに疑いたい通年性アレルギー性鼻炎って?

もう花粉は飛んでいないはずなのに、鼻水が止まらなくてつらい……という人はいませんか? 今回は、アレルギー性鼻炎の中でも一年中症状が続く「通年性アレルギー性鼻炎」についてお話しします。

[18:00 6/23]

【レポート】睡眠時無呼吸症候群に要注意! 危険ないびきの見分け方とその対策は?

家族やパートナー間のトラブルにもなりがちな「いびき」。「治せるものなら、治したい! 」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は、いびきの原因と治療法について解説します。

[13:52 6/10]

【レポート】ドライアイで目が開けられない! 結膜炎にもなる!! 原因と対策を医師に聞く

毎日のパソコン作業でドライアイに悩んでいるオフィスワーカーは多いはずだ。2003年に京都府立医科大の研究チームが行った調査では、日本国内のドライアイ患者は2,200万人にも及ぶという。

[09:00 10/13]

【レポート】目の痛み、放置すると失明や救急搬送につながる危険も!

「朝起きたら目が痛む」「一日中デスクワークをしていたら、耐えがたい目の痛みに襲われた」などの経験がある人も少なくないだろう。ただ、一口に「目の痛み」と言っても、その原因はさまざまで、放置しておくと危険な疾病へとつながり恐れがある。

[09:00 9/24]

【レポート】眼科医オススメ! 1分でできる「目にイイ習慣」4つ

パソコンやスマートフォン、テレビなど、私たちは日常生活において気づかないうちに目を酷使している。近年では大人になって近視症状が出る人も増加。この現象は、「目に負担がかかる生活」が招いた結果と言えるだろう。

[09:00 8/19]

【レポート】1日使い捨てコンタクトが失明症例数最多! コンタクトの危険な使用法とは

多くの人が使用しているコンタクトレンズ。ソフト・ハードタイプはもちろん、「1日使い捨てレンズ」や「2週間交換タイプ」なども選べ、ユーザーのニーズに応えてさまざまな製品が販売されている。

[09:00 8/20]

【レポート】スマホ等から出るブルーライトの対策を眼科医師が解説 - 浴びる時間が重要

ブルーライトという言葉を聞くと、「目に悪そう」というイメージを抱く人も少なくないだろう。だがこのブルーライト、実は浴びる時間によって私たちにとって「敵」にも「味方」にもなりうるのだ。

[05:00 7/17]

【レポート】テレビやパソコン使用で目が悪くならないための3つの習慣を眼科医師に学ぶ

現代社会はテレビやパソコン、携帯型ゲーム機などさまざまな映像コンテンツを楽しめるアイテムがあふれている。ただ、手軽に利用できるようになった反面、私たちの目が酷使される機会も増えてきたとも言えるだろう。

[04:30 7/21]

【レポート】疲れ目や眼精疲労は生活習慣が原因? - 眼科医お勧めの簡単な治し方を知る

今や私たちの生活においてパソコンやスマートフォン、携帯型ゲーム機などは当たり前のように使われている。ただ、これらのアイテムを使いすぎて目を酷使すると、当然「疲れ目」につながってくる。

[09:00 6/17]

【レポート】充血や大量の目やに等の症状が出る流行性角結膜炎(はやり目)の対策と予防法

季節性の目の疾患といえば、花粉症を思い浮かべる人も多いことだろう。だが、知られていない季節性の目の疾患は他にも数多くある。その一つが、夏場に多くの患者が出る「流行性角結膜炎」、いわゆる「はやり目」だ。

[09:00 6/12]

【レポート】歯科医師が教える「正しい歯磨き方法」のポイント5つと、意外なうがい法

誰しも、幼いころに一度は親から「歯をちゃんと磨きなさい」と怒られたことだろう。ところがこの歯磨き、人によって磨き方は異なるのが実情だ。ならば、虫歯などの「歯のトラブル」を防ぐための歯磨きとは一体どのようなやり方なのだろうか。

[10:35 6/5]

【レポート】口臭の元凶である舌苔の原因や正しい除去方法を歯科医師から学ぶ

自分の舌を見て、ふと白っぽい苔(こけ)状のものが付着していることに気づいた経験はないだろうか。この苔状のものは「舌苔」(ぜったい)と呼ばれ、体のさまざまな不調と密接に関わっているのだ。

[05:30 7/15]

【レポート】歯科医師が口内炎の原因と正しい治し方を徹底解説

誰しもが一度はかかったことであろう口内炎。口腔内のわずか十ミリ程度のあの白い斑点が、私たちに与える痛みは相当なものだ。本稿では、この憎っくき口内炎の原因と治し方などについて紹介していこう。

[05:00 7/13]

【レポート】歯科医師が教える「自宅で簡単に歯を白く保つ方法」

初対面の人と会った際、相手の印象を左右することもある「歯」。当然、白い歯の方が好感を持ってもらいやすいわけだが、自宅でのケアを工夫するだけで白い歯を手に入れることは可能だろうか。歯科医の今村美穂先生に伺った。

[13:22 6/2]

【レポート】ダイエットを頑張らずにやせたい! 部分やせの切り札は「脂肪吸引」

いよいよ水着の季節がやってくる。"夏までにやせたい! "と意気込んでいる人も多いことだろう。部分やせに特化した手術「脂肪吸引」について、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子先生にお聞きした。

[07:00 6/22]

【レポート】医療レーザー脱毛ってどう? ‐ 医師が勧める「見た目」以外の理由とは

肌を露出する機会が増えると、女性の間で気になり始めるのが「ムダ毛」。今回は、脱毛方法の一つである「医療レーザー脱毛」について、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子先生に伺った。

[17:00 6/19]

【レポート】女性ホルモンの本当の役割、正しく理解できていますか

あなたは「女性ホルモン」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。女性の体のさまざまな機能をつかさどる女性ホルモンだが、果たしてその働きをきちんと理解できているだろうか。

[20:33 6/10]

【レポート】ストレスと過剰なダイエットは女性ホルモンの敵!

女性を心身のさまざまな不調から守ってくれる女性ホルモン。ただ、そんな白馬に乗った騎士のような存在とも言える女性ホルモンも、残念ながら有限なのだ。女性ホルモン低下の原因をAACクリニック銀座の院長・浜中聡子先生に伺った。

[09:00 6/18]

【レポート】女性の薄毛の原因はダイエットやストレス! その背景には女性ホルモンの乱れ

薄毛といえば、いつの時代でも男性にとっては悩ましい問題だろう。ただ、近年では男性だけではなく女性も頭髪問題で悩みを抱える人が多くなっている。そこで、AACクリニック銀座の院長・浜中聡子先生に女性の薄毛に関して伺った。

[09:00 7/6]

【レポート】女性ホルモンが原因でイライラに加え、判断力低下や不眠にも!?

「最近、なんとなく気分の波が激しい」「生理前でもないのにやたらとイライラする」……。このような状況を経験したことがある女性はいないだろうか。何の前触れもなくやってくる情緒不安定の原因は、もしかしたら女性ホルモンかもしれないのだ。

[09:00 8/12]

【レポート】胸が垂れ、シワやセルライト増加…30代後半から始まる"惨劇"を防止する方法

日常の食事や行動などに何の変化もないのに、ふと「あれ、私最近太った? 」と感じた経験はないだろうか。実はそのような体形の変化には、女性ホルモンが関与している可能性がある。

[10:05 8/10]

【レポート】「やせホルモン」は存在する! 医師に聞く効果的なダイエット法

いつの時代も、世の女性はスリムな体形にあこがれを抱くものだ。とはいえ、現実の世界にはおいしいものが満ちあふれており、ついつい食べ過ぎてしまい理想とはかけ離れてしまうことも。そんなときは、ホルモンをうまく活用して「やせ体質」を作ることを推奨したい。

[09:00 10/6]

【レポート】乾燥肌や小じわの原因は女性ホルモン低下にあり? 体の内と外で対策をしよう

美しい肌は女性の象徴の一つ。それだけに肌のお手入れは女性にとって必須要素と言えるが、きちんとケアをしていても「最近肌がかさついてきたな……」と感じたことはないだろうか。実はその症状には、女性ホルモンが関係している可能性があるのだ。

[09:30 7/7]

【レポート】「うつ状態=うつ病」ではない! 「うつ」について正しく知ろう

このところずっと気分が沈みがちで、やる気が出ない…。「もしかしてうつかな? 」と感じたことがある人もいるかもしれないが、果たしてその症状を正しく理解できているだろうか。精神科医の波多野良二先生に「うつ」について解説してもらった。

[13:29 8/20]

【レポート】精神科医が教える「うつ病になりにくくなる思考法」とは

うつ病になると、抗うつ剤などの薬を利用することで治療を行うことがあるが、その一方で思考や認識を変えることによって、うつ状態から抜け出すこともできる。その思考法を桐和会グループの精神科医・波多野良二先生が解説してくれた。

[09:00 9/19]

【レポート】なぜ、人はうつ病になるのか

「ストレス社会」とも言われる現代において、「うつ病」という言葉の認知度は一昔前に比べると上がってきていると言える。ただ、うつ病の症状や原因などをしっかり理解できているだろうか。桐和会グループの精神科医・波多野良二先生に伺ってみた。

[07:58 8/26]

【レポート】悪玉コレステロール値が高いとうつになりやすい!? - 「うつ」と生活習慣

病を未然に防ぐには、日ごろのセルフケアが大切だ。そしてそれは、体の病気だけではなく心(脳)の病気でも同じだろう。では、よく知られている心の病「うつ病」を予防するための生活習慣はあるのだろうか。

[12:15 9/17]

【レポート】肌荒れやイライラの原因にもなる"食物アレルギー"の調べ方と治療法

年々アレルギーの患者さんは増えているといわれます。中でも食物アレルギーは、もはや子どもやある特定の体質の人だけに現れる疾患ではありません。その調べ方と治療法を知っておきましょう。

[09:00 6/27]

【レポート】便秘や肌荒れの原因は大好物かも? 大人に多い"遅延型食物アレルギー"とは

頭痛が続く、肌荒れが治らない、なぜかイライラする……など原因不明の不調の原因は、もしかすると食物アレルギーかもしれません。大人に多く見られる「遅延型食物アレルギー」について解説します。

[12:00 6/25]

【レポート】新社会人がストレスを感じる原因と知っておくべきストレスとの付き合い方

現代は何かと「即戦力」が求められる世知辛い世の中であり、企業の先輩は必ずしも新入社員に懇切丁寧に指導しなくなった。教えても自分の仕事はすぐには楽にならない、上司からの評価が上がるわけでもないなど、理由はいくつかあるだろう。

[10:00 3/27]

【レポート】疲労やストレス……じんましんの意外な原因に迫る - リラックス時にも注意

隆起した赤いぶつぶつが体のあちこちにでき、かゆくてどうしようもなくなる、それはじんましんである。何かのアレルギーが原因かと思いきや、実はストレスや疲労もその原因となりうるのだ。

[11:00 12/9]

【レポート】その頭痛の原因はストレスかも? - 片頭痛などの仕組みを精神科医が解説

元来の頭痛持ちではない人が、突如としてしばしば頭痛に悩まされるようになった場合は、精神的なストレスが原因のことも少なくない。ストレスがきっかけとなる頭痛について、桐和会グループの精神科医・波多野良二先生に解説してもらった。

[07:30 12/3]

【レポート】その体調不良、原因はストレスや緊張かも - 心が体に不調をもたらす仕組み

「突然、胃が激しく痛む」「商談の前になると下痢になる」などの症状が常態化し、検査したところ、「特に異常なし」と言われた経験はないだろうか。これらの体調不良は、強いストレスや緊張などによって生じることをご存じだろうか。

[08:00 10/3]

【レポート】下痢の原因はストレス? - 仕事にも支障が出る「過敏性腸症候群」の対処法

商談の最中や試験日など、「ここぞ」というときに限ってトイレにかけこんだことがある人は少なくないだろう。もし頻繁にそういうことが起きるようならば、その原因は過度の緊張によるストレスや不安感によるものかもしれない。

[11:00 11/11]

【レポート】突然の胃痛や胸やけ、食べすぎ以外に原因あり? - ストレスが胃に及ぼす影響

原因不明の「突然キリキリと胃が痛む」「胸やけしてげっぷが出る」などの症状が続くも、検査をしたら「異常なし」と言われたことはないだろうか。これらの症状は、ストレスによって生じている可能性があるのだ。

[09:00 10/15]

【レポート】ストレスは薄毛を招くって本当? - 精神科医師に聞いてみた

古来より、髪型は人の印象を決定づける大きな要素の一つとなっている。ショートヘアやロングヘア、スポーツ刈りに七三分け……。私たちは無数のヘアスタイルから、自分にふさわしい髪型を選び、日常生活を過ごしている。

[06:00 9/16]

【レポート】薄毛が原因でうつ病を発症することはあるのか - 精神科医の見解は

近年は男性だけではなく、女性にとっても抜けおちていく頭髪が悩みの種となっている。例えば、男性の多くは「男性型脱毛症(AGA)」に苦しみ、女性は女性ホルモン低下に伴う「びまん性脱毛症」になる人が増えてきている。

[09:00 9/19]

【レポート】親知らずは抜いたほうがいい? そのままがいい?? - 歯科医に聞く

「智歯(ちし)」という言葉を聞いて、何を意味しているかわかる人は少ないはずだ。実はこれ、「親知らず」のことなのだ。今回は、本人や親の気づかぬうちにひっそりと生えてくる親知らずについていろいろと紹介しよう。

[11:20 8/25]

【レポート】口臭が原因で口腔組織が溶ける! 歯周病で口内には青酸ガス級の"毒物"も!!

自分や他人を不快にさせるものの一つに「口臭」が挙げられる。ただ、面と向かって臭いにまつわることを他人に伝えるのは気が引けるため、仕方なく我慢した経験がある人も多いに違いない。

[09:00 8/27]

【レポート】SEや医師、看護師は虫歯になりやすい!? 歯科医が指摘する虫歯要注意の職業

歯の代表的な疾患・虫歯。誰もが、一度はその痛みに悩まされたことだろう。大人から子どもまで、年代を問わずに虫歯リスクはあるわけだが、なりやすい人や職業はあるのだろうか。

[09:39 9/25]

【レポート】キスで感染する歯周病 - 多忙なサラリーマンやOLも歯周病リスクが増大

口臭の原因としても広く知られている歯周病。放置しておけば最終的には抜歯の必要性も出てくるが、一体どのような原因で歯周病になるのかをきちんと理解しているだろうか。

[09:00 10/14]

【レポート】歯周病が原因で心筋梗塞・糖尿病のリスク増や症状悪化につながる!

歯周病は歯の疾患として広く知られているが、心臓疾患などのリスクを高め、命の危険がある病気と関わりがあることはあまり知られていないのではないだろうか。

[09:00 10/15]

【レポート】石原さとみのような目になりたい人急増中! 医師が語る二重整形のトレンド

二重メイクをする人の中には、メイクの手間やまぶたの皮膚トラブルなどを理由に、二重整形を本格的に検討している人もいるのではないだろうか。そこで、整形前に知っておきたい二重整形のトレンドについて、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子医師に伺った。

[04:00 8/14]

【レポート】喫煙、高血圧は要注意! 脳梗塞の恐怖を外科医が解説

がんや心疾患と並び、「日本人の3大死因」と称される脳血管疾患。その中でも、発症が最も多いのが脳梗塞だ。働き盛りの中高年にも突然襲ってくるこの脳梗塞とは、一体どのような病気なのだろうか。

[09:00 9/18]

【レポート】「脳梗塞=死亡・寝たきり」の考えは古い!?--脳梗塞発症サインと最新治療法

脳卒中の7割ほどを占め、日本人の主要死因の一つにも挙げられている脳梗塞。かつての国民生活基礎調査では、「寝たきりになる原因」の約3割が脳梗塞などの脳血管系疾患であったほど、恐ろしい疾病だ。

[10:00 9/22]

【レポート】片頭痛は薬の飲みすぎでも起きる! - 痛みが悪化する「薬物乱用頭痛」って?

定期的に頭がズキズキ痛む片頭痛。「また来たか」と毎回悩まされている人も少なくないだろうが、実は痛みを治めるための頭痛薬が片頭痛を招いているケースもあるのだ。

[09:00 10/21]

【レポート】赤ワイン&チーズ、片頭痛持ちにはNG? - 医師が解説

厄介な頭痛の代表格として知られる片頭痛。ズキズキした痛みがいつ襲ってくるかと不安な人もいるかもしれないが、実は意外なものが片頭痛を招いているケースもあることをご存じだろうか。

[09:00 10/22]

【レポート】デスクワーク族要注意の頭痛「緊張型頭痛」とその対策法

あなたや周りの人は頭痛で悩んでいないだろうか。頭痛の代表例には片頭痛があるが、それ以外にも厄介な頭痛は多い。今回は片頭痛以外にQOLを損なう頭痛の種類とその特徴について紹介しよう。

[09:00 11/16]

【レポート】ただの頭痛と放置すると死に至る危険も - 「二次性頭痛」を専門医が解説

多くの人が、これまでに幾度となく頭痛を経験してきたことだろう。私たちがなる頭痛の大多数は、放置しておいても命に別状はない。だが、中にはごくまれに死に直結する頭痛もある。

[09:30 11/17]

【レポート】メタボやED、うつの原因は男性ホルモンの低下? 男性の更年期障害とは

最近、なんとなく「体がだるい」「やる気がでない」「性欲が低下してきた」と感じる機会が多くなってきている男性はいないだろうか。これらの症状に該当する人は「LOH症候群」、いわゆる「男性更年期」かもしれない。

[09:00 11/26]

【レポート】性欲や活力低下の「男性更年期障害」、セルフチェックしてみよう

メタボや骨粗しょう症、うつなどに発展する可能性がある「LOH症候群」。男性ホルモンの減少が原因のLOH症候群は「男性更年期」とも呼ばれるが、その男性ホルモンの減少を自分でチェックする方法はあるのだろうか。

[09:33 12/1]

【レポート】睡眠不足にストレス……大人ニキビの原因と治しやすい時期を医師が解説

ニキビといえば、「思春期特有の肌トラブル」と考えている人も少なくないだろう。確かにニキビに悩む10代は多いが、実は20代、30代にとっても決してひと事ではないのだ。

[09:00 12/2]

【レポート】「オイルクレンジングはニキビにNG」は間違い! - 医師によるスキンケア講座

睡眠不足やストレスが原因となって現れる大人ニキビ。自己流で"治療"をしてしまうと重症化を招く恐れもあるため、適切な処置を早い段階でしておくことが大切だ。

[09:00 12/4]

【レポート】えら張り顔の原因はほおづえ? - 医師が解説する日常のNG行為と解消方法

自分の顔に対して、多くの人が大なり小なりコンプレックスを抱えているのではないだろうか。メイクや髪形などでごまかせればいいが、コンプレックスの対象が顔型のように大きなものだとそれも簡単ではない。

[09:00 12/15]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中国SMICが伊LFpoudry買収 - 車載半導体に本格参入
[13:09 6/27] テクノロジー
【特別企画】7/1開催セミナー『教えて徳丸先生! 炎上に打ち勝つTwitter/Facebook運用テクニック』
[13:00 6/27] 企業IT
篠崎愛、デビュー10周年記念イベントにウエディングドレス姿で登場!
[13:00 6/27] エンタメ
吉田羊「心に深く寄り添った作品」日本版『コールドケース』主演への想い
[13:00 6/27] エンタメ
Klipsch、イヤホン「X10」の値下げパッケージ - ブランド70周年を記念
[12:58 6/27] 家電