話題のデジタルカメラ・レビュー集

話題製品が目白押しのデジタルカメラ。気になる製品のレビューはここでチェックしよう。

【レビュー】ソニー「FE 85mm F1.4 GM (SEL85F14GM)」実写レビュー

「この解像、イエスだね!」。「FE 85mm F1.4 GM (SEL85F14GM)」でのファーストショット直後の純粋な感想だ。解像感が単純にスゴイ。フォーカス部がやたらとシャープ。そんな大口径単焦点レンズを今回はチェックしていこう。

[17:30 4/27]

【レビュー】ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)」実写レビュー

ソニーの「FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)」は、フルサイズEマウントユーザー待望のF2.8通し標準ズームレンズだ。「G Master」のシリーズ名を冠したハイエンド仕様であり、国内発表直後から予約が殺到。本記事掲載時点で納品まで2~3カ月待ちなのだという。

[18:43 4/26]

【レビュー】キヤノン「EOS 80D」実写レビュー - 視野率は100%に、AFは45点測距に進化

キヤノン「EOS 80D」は、ホビーユーザーを中心にプロからアマチュアまでの幅広い層をターゲットにした一眼レフカメラだ。2013年に発売されたミドルクラス機「EOS 70D」の後継であり、画質と機能、操作性にさらに磨きをかけている。

[14:00 4/25]

【レビュー】カシオのOutdoor Recorder「EXILIM EX-FR100」は旅レコーダー - ドイツの古都をゆるりと写真に収めてきた

スーツケースにビジネスバッグ、リュックにお土産袋。とかく荷物が多くなりがちな旅行や出張。両手は手荷物で一杯。カメラを取り出す気になれず、写真も思い出もあまり残せなかった……。そんなシーンで活躍するのが、カシオのデジタルカメラ「EXILIM EX-FR100」だ。

[00:00 4/19]

【レビュー】デジタルカメラの写真をスマホで簡単共有 - カシオ「EXILIM EX-ZR1700」の新しいオートトランスファーに感心

「カメラはスマホで十分」とよく聞く。ただ、SNSへの写真投稿や、友人との共有が簡単にできるなら、光学ズームや使えて手ブレ補正がしっかり効くデジタルカメラで撮るほうがいい。そこで注目したいのが、カシオのコンパクトカメラ「EXILIM EX-ZR1700」だ。

[13:41 4/8]

【レビュー】Xシリーズのスピリットを集約した真のフラッグシップ - 「FUJIFILM X-Pro2」(後編)

富士フイルムのミラーレスカメラでフラッグシップとなる「FUJIFILM X-Pro2」、前編ではおもに外観とファインダーを見てきた。今回の後編では、実写を交えながら機能面にスポットを当てよう。

[16:00 3/12]

【レビュー】Xシリーズのスピリットを集約した真のフラッグシップ - 「FUJIFILM X-Pro2」(前編)

まさしく「満を持して」という言葉がふさわしいタイミングで、富士フイルム「Xシリーズ」の最新フラッグシップ「X-Pro2」が発表された。その発表会場では、海外メディアから拍手と歓声がわき起こったという。

[10:57 3/9]

【レビュー】リコーイメージング「PENTAX K-1」実機インプレッション

リコーイメージングから、待望のフルサイズ一眼レフ「PENTAX K-1」が登場した。5軸対応のボディ内手ブレ補正や独自の可動式液晶、超解像技術リアル・レゾリューション・システムなど高機能を詰め込んだ本格モデルである。その機能と外観を見ていこう。

[17:00 3/3]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G7 X Mark II」実機インプレッション

キヤノンの高級コンパクトカメラの新顔として「PowerShot G7 X Mark II」が登場した。前モデルから光学4.2倍ズームを継承しつつ、新エンジン「DIGIC 7」の採用などによって画質とスピード、機能を高めたモデルである。

[09:00 2/22]

【レビュー】ここが変わった! 「EOS 80D」と「EOS 70D」新旧実機比較

キヤノンが、CP+2016を目前に発表した「EOS 80D」。事前の一部予想を大きく超え、上位機種「EOS 7D MarkII」をも凌ぐ機能・機構を搭載してきた。今回は前作「EOS 70D」との外観の違いを中心に、新しい機能・装備について紹介したい。

[09:00 2/19]

【レビュー】オリンパス「PEN-F」実写レビュー - 金属メカニカルボディに凝縮された5軸手ブレ補正と20M新センサー

1963年に発売されたオリンパス「ペン F」は、世界初のハーフ判一眼レフとして高い人気を得た銘機だ。そのボディラインとシルエットを受け継いだミラーレスカメラ「OLYMPUS PEN-F」が登場した。新しい2,030万画素センサーの性能やプロファイルコントロール機能はどうなのか。実写レビューをお伝えし……

[18:30 1/27]

【レビュー】キヤノン「EOS M10」実写レビュー - カメラ女子も、そうでない人も楽しめる初級者向けミラーレス

キヤノン「EOS M10」は、EOS Mシリーズでは4機種目となるミラーレスカメラだ。3月に発売された「EOS M3」の下位製品であり、女性を中心としたカメラ初級者を主なターゲットにしている。その機能と操作性、画質はどうなのか。実写レビューをお伝えする。

[10:00 12/18]

【レビュー】ソニー「α7S II」、その高感度性能は"夜降る雪"をも止める

高感度に強いモデルとして非常に評価の高かったソニー「α7S」が早くも第二世代に突入した。高画素化が著しい昨今のデジタルカメラ市場にあって、あえて画素数を抑え高感度やトーン描写に重きをおく「α7S II」。北海道・美瑛から実写レビューをお届けしよう。

[18:00 12/13]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G9 X」実写レビュー - いつも持ち歩きたい究極のコンデジ

コンパクトデジタルカメラは小さいことが何より大切。一念発起することなく持ち出せる機動力、いつでもサッと取り出して撮れる気軽さは、一眼レフやミラーレスでは到底得難い。「PowerShot G9 X」が登場した今、「小ささのためなら画質は二の次」という我慢はもはや不要かもしれない。

[18:15 12/7]

【レビュー】富士フイルム「X-T10」+「XF16mmF1.4 R WR」 - ワンランク上の広角レンズで日常を撮る

高速な新AFと簡易な操作性でフジノンレンズ群の魅力的な描写を手軽に味わえる、富士フイルムのプレミアムミラーレス「X-T10」。一緒に使ってみたいレンズとして、今回は広角の大口径単焦点レンズ「フジノンXF16mmF1.4 R WR」の実写レビューをお届けする。

[17:01 11/20]

【レビュー】富士フイルム「X-T10」+「XF56mmF1.2 R APD」 - APS-C最高峰のボケを味わう

高速な新AFと簡易な操作性でフジノンレンズ群の魅力的な描写を味わえる、富士フイルムのプレミアムミラーレスカメラ「X-T10」。カメラとズームレンズを手に入れ、次に選ぶ一本の候補に挙がるのは単焦点レンズだろう。今回は、気になる単焦点レンズのひとつ「XF56mmF1.2 R APD」の実写レビューをお ……

[16:12 11/14]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G5 X」実写レビュー - しっかり構えて撮れるEVF内蔵の高級コンパクト

キヤノンのプレミアムコンパクトカメラの新顔として「PowerShot G5 X」が登場した。見どころは、手のひらに隠れるくらいの小型ボディに光学4.2倍ズームレンズを搭載しつつ、同シリーズでは初めてEVF(電子ビューファインダー)を内蔵したことだ。

[11:00 10/27]

【レビュー】ソニー「α7R II」実写レビュー - 解像感と高感度を両立したフルサイズ裏面照射センサーの実力をチェック

ソニー「α7R II」は、フルサイズの裏面照射型センサーを搭載したミラーレスカメラだ。α7シリーズ第2世代の高解像モデルとして、2013年に発売された第1世代の高解像モデル「α7R」の基本コンセプトを継承。新センサーの採用や5軸手ブレ補正の内蔵、AFの高速化、撮影機能の強化などを図っている。 ……

[09:00 9/28]

【レビュー】ソニー「RX100 IV」(DSC-RX100M4) 実写レビュー - 4K動画だけじゃない、人気高級コンパクトカメラ第4弾の実力検証

ソニーの「RX100 IV」(DSC-RX100M4)は、シリーズ4代目となる1型センサー搭載の高級コンパクトデジカメだ。先代の「RX100 III」(DSC-RX100M3)から処理の高速化や電子シャッターの搭載、4K動画への対応、EVFの精細化などを図っている。その画質や使い勝手はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

[20:50 9/24]

【レビュー】オリンパス「OM-D E-M10 Mark II」実写レビュー - 手ブレ補正を強化した贅沢なエントリー向けミラーレス

一眼レフ風デザインを採用したミラーレスカメラ「OM-D」シリーズの最新作として「OM-D E-M10 Mark II」が登場した。2014年に発売された「OM-D E-M10」の後継機にあたり、ビギナーでも取っ付きやすい小型ボディを維持しながら、手ブレ補正の強化や電子シャッターの搭載、EVFの精細化などを実現。そ ……

[18:43 8/25]

【レビュー】キヤノン「EF50mm F1.8 STM」実写レビュー - 前モデル「EF50mm F1.8 II」との比較も

一眼レフの入門者にとって、標準ズームの次に選ぶべきレンズは何か。キットレンズとは違った写りを味わいたいなら、開放値の明るい単焦点レンズがお勧めだ。中でもキヤノン EOSユーザーなら、これを選べば間違いない。そんな入門者向けの新しい定番レンズ「EF50mm F1.8 STM」の写りと使い勝手をレ ……

[15:00 7/8]

【レビュー】「X」の高画質を多くの人々が味わえる魅惑の写真機 - 富士フイルム「X-T10」

6月25日、富士フイルムの最新カメラとして「X-T10」が登場。シリーズフラッグシップ「X-T1」の弟分的ポジションながら、性能では決してひけをとらない、いや、部分的には「超えた」とすら感じさせる、実力派のプロダクツに仕上がっている。

[07:00 6/25]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G3 X」実写レビュー - 光学25倍ズームと1型センサーを小型ボディに凝縮

キヤノン「PowerShot G3 X」は、1型センサーと光学25倍ズームを搭載したレンズ一体型のカメラだ。発売は6月25日。さっそく入手した実機による製品レビューをお伝えしよう。

[13:32 6/19]

【レビュー】キヤノン「EOS Kiss X8i」実写レビュー - 快適になったライブビューと精細化した画質を味わう

キヤノンの「EOS Kiss X8i」は、一眼レフカメラのエントリー機として人気の「EOS Kiss」シリーズの最新モデルだ。曲面を多用したボディデザインを従来製品から継承しつつ、2,420万画素センサーを新たに搭載した。

[09:00 5/22]

【レビュー】ここが違う! 「EOS 8000D」と「EOS 70D」 - EOS 8000Dはミドルクラス一眼レフ・キラーか?

運動会や行楽シーズンを迎えることも手伝って、かなり好調に売れているキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」。今回は原寸大の作例も掲載、多くの人が気になるであろうEOS 70Dとも比較する。

[12:15 5/17]

【レビュー】ここが変わった! 「EOS M3」と「EOS M2」実機比較 - チルト液晶&EVF対応で撮影自由度が大きくアップ

キヤノン「EOS M3」は、APS-Cサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラだ。EOS Mシリーズの第三弾であり、新型センサーの搭載やチルト可動式モニターの採用などさまざまな進化を遂げている。本記事ではEOS M2との違いを確認しながら、EOS M3のファーストインプレッションをお伝えする。

[12:00 2/8]

【レビュー】ここが違う! 「EOS Kiss X8i」と「EOS 8000D」 - 40点の写真で徹底比較

2月6日、人気の一眼レフ、キヤノン EOS Kissシリーズの最新機種「EOS Kiss X8i」が発表された。と同時に、EOS Kissシリーズとミドルクラス機の間を埋める「プレミアムエントリー」一眼レフとして「EOS 8000D」も登場! はて、この2機種ってどう違うの? 最速の比較レポートをお届けしよう!

[16:31 2/6]

【レビュー】ニコン「D5500」実写レビュー - 上級モデルを超える機能を持った本格的入門機

今回紹介する「D5500」はニコンDXフォーマット(APS-Cサイズに相当)センサーを搭載したデジタル一眼レフカメラで、「D7100」と「D3300」の間を埋める役割を果たす。限りなく中級機に近い入門機と言える。私の仕事カメラが「D7000」なので、どこまで違うのかのが個人的にも気になるのだ。

[19:40 2/3]

【レビュー】ニコン「D750」実写レビュー - 高画質と使い勝手を両立したチルト対応のフルサイズ一眼レフ

ニコン「D750」は、2014年9月に登場したフルサイズセンサー搭載(ニコンFXフォーマット)のデジタル一眼レフカメラだ。比較的小さなボディに高機能を凝縮。趣味として写真撮影を楽しむ人に強くアピールする製品に仕上がっている。今回は人気モデルD750の実写レビューを、D610との比較を交えながらお ……

[09:00 1/10]

【レビュー】4/3型MOSセンサーと明るいワイドズームを搭載する高級コンデジの"真打"? - パナソニック「LUMIX DMC-LX100」実写レポート

パナソニックの「LUMIX(ルミックス) LX」は、明るい広角ズームを搭載をした高級コンパクトカメラの先駆けともいえるシリーズだ。2005年に発売された初代「DMC-LX1」以来、愛好家層を中心に人気を得てきた。その最新作として「DMC-LX100」が登場。LXシリーズでは最大となる4/3型MOSセンサーの性能は……

[08:30 12/26]

【レビュー】暗所に強い手ブレ補正機能内蔵のフルサイズミラーレス一眼が登場! - ソニー「α7 II」実写レポート

ソニーのフルサイズミラーレス「α7」シリーズのニューフェイスとして「α7 II」が登場した。2013年に発売された「α7」からセンサーや画像処理エンジンを受け継ぎつつ、新たに5軸手ブレ補正機能を搭載したモデルだ。その機能や画質、使い勝手はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

[08:00 12/18]

【レビュー】冬のイルミネーションをキヤノン「PowerShot G7 X」で撮る - 1型センサーとF1.8-F2.8レンズが活きる

鮮やかなイルミネーションで街中が輝く季節がやってきた。1型の大型センサーと明るい光学4.2倍ズームを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ、キヤノン「PowerShot G7 X」を使って冬のイルミネーション撮影を楽しんでみよう。

[16:40 12/9]

【レビュー】高倍率ズームコンパクトカメラ戦線に最終兵器登場! - 超ド級の光学65倍ズームを備えるキヤノン「PowerShot SX60 HS」

各メーカーから出そろった感のある高倍率ズームコンパクトカメラ。光学30倍~50倍前後の機種がひしめく中、頭ひとつ抜け出た65倍ズーム(!)を搭載して登場したのが、キヤノンの「PowerShot SX60 HS」だ。今回は、その驚異の超高倍率ズームを中心にレビューをお届けする。なお、この原稿執筆時点(11 ……

[12:00 11/8]

【レビュー】手のひらに収まる小型ボディの1型センサー搭載高級コンパクトカメラ - キヤノン「PowerShot G7 X」実写レビュー

キヤノン「PowerShot G7 X」は、1型の大型CMOSセンサーを搭載した高級コンパクトデジタルカメラだ。今春発売した「PowerShot G1 X Mark II」の下位モデルにあたり、明るいレンズの魅力を受け継ぎながら、気軽に持ち運べる薄型軽量ボディを実現。機動力と多機能を両立したカメラに仕上がっている。 ……

[12:10 10/16]

【レビュー】キヤノン「EOS M2」長期試用リポート第2回 - 風景を自由に切り取れるコンパクトな望遠ズーム

キヤノン「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」は、今年7月に発売された「EOS M」シリーズ用の望遠ズームだ。小型軽量ながら最大320mm相当の焦点距離に対応し、切り取る感覚でのスナップやポートレート、遠近を圧縮した風景撮影などが気軽に楽しめる。今回は、この望遠ズームの使用感と実写画像をお伝 ……

[11:00 10/4]

【レビュー】驚異の52倍ズームを引っさげて登場した迷機!? 「PENTAX XG-1」実写レポート

「一芸に秀でる」という言葉があるが、リコーイメージングの「PENTAX XG-1」は、まさにその言葉を体現したようなカメラだ。超高倍率ズームカメラの最高峰ともいえる光学52倍ズームレンズを搭載。使っていると疑問符が頭に浮かぶこともしばしばながら、それがまた「とはいえ52倍だし……」「なんた ……

[10:00 9/27]

【レビュー】より高機能かつスタイリッシュに生まれ変わった新型「PEN」 - 「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」実写レビュー

小型軽量のミラーレスカメラ、オリンパス「PEN Lite」シリーズの最新作として「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」が登場した。クラシックカメラ風のデザインを上位の「PEN」シリーズから継承しつつ、独自の下開き液晶モニターや、「OM-D E-M10」ゆずりの3軸手ブレ補正機能を搭載したモデルである。その実写……

[11:00 9/20]

【レビュー】肉眼では見えない決定的な瞬間も撮れる"4Kフォト"の実力を検証 - パナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」実写レビュー

パナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」は、4K動画撮影に対応したレンズ一体型デジタルカメラだ。製品としての位置づけは、高倍率ズーム搭載機「DMC-FZ」シリーズの最上位モデル。これまでの最上位モデル「DMC-FZ200」と比較した場合、有効画素数は1,210万画素から2,010万画素へと高画素化し、センサー ……

[11:00 9/6]

【レビュー】キヤノン「EOS M2」長期試用レポート第1回 - 標準ズーム+単焦点レンズで楽しむ女性ポートレートの巻

キヤノン「EOS M2」は、手のひらサイズのコンパクトボディに、APS-Cサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラだ。その魅力のひとつは、多彩なEF、EF-S、EF-Mレンズのすべてが利用できること。長期レポートの第1回は、基本レンズである標準ズームと、アダプターを介して装着できる低価格の単焦点レ……

[10:00 8/14]

【レビュー】暗闇でもブレ知らず、超高感度対応のフルサイズミラーレス - ISO409600撮影が可能なソニー「α7S」実写レビュー

ソニーの「α7S」は、αシリーズでは3機種目となるフルサイズ対応のミラーレスカメラだ。注目は、画素数を有効1,220万画素に抑え、1画素あたりの集光率を高めた新開発フルサイズセンサーを搭載したこと。これによって低ノイズの高感度画質と幅広いダイナミックレンジを実現している。その静止画性 ……

[14:29 8/4]

【レビュー】「PENTAX 645Z」は“買い”か? - 35mm判の一眼レフ感覚で使える中判デジタル一眼レフを試してみた

世の中には、欲しくても手に入らないものが3つある。「片思いの異性の心」と「妖怪ウォッチ」、そして「PENTAX 645Z」だ。80万円(2014年7月時点での実勢価格)という本体価格ながら初回生産数は予約分で終了。その後も品薄が続いているという話題の中判デジタル一眼レフカメラは、はたしてどれほど ……

[08:00 7/30]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」長期試用リポート第3回 - 外部ストロボを利用して花の色彩感を強調する

キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」は、さまざまなオプションのアクセサリーを利用して撮影機能を強化できることが魅力のひとつ。今回は、外部ストロボ「スピードライト 600EX-RT」を使用し、植物の色とかたちをいっそう際立たせるような撮り方を実践してみよう。

[12:00 7/5]

【レビュー】4K動画撮影が気軽に楽しめる高機能ミラーレス - パナソニック「LUMIX DMC-GH4」を使ってみた

パナソニックの「LUMIX DMC-GH4」は、今年4月に登場した同社ミラーレスの最上位モデルだ。ミラーレスカメラでは初めて4K動画撮影に対応し、動画撮影の愛好家層を中心に高い人気を集めている。また、動画だけでなく静止画関連の性能も向上。その機能と使い勝手、画質をレビューする。

[14:24 7/2]

【レビュー】ポップアップ式EVFを内蔵した高級コンパクトカメラの3代目 - ソニー「Cyber-shot DSC-RX100M3」実写レビュー

人気の高級コンパクトカメラ「Cyber-shot RX100」シリーズの第3弾として、ソニーから「DSC-RX100M3」が登場した。1型の大きなセンサーサイズを受け継ぎながら、レンズとワイド化と大口径化、最短撮影距離の短縮、EVFの新設、チルト可動液晶の強化などを図ったモデルである。その機能と使い勝手、画……

[11:00 6/14]

【レビュー】コンデジで運動会はバッチリ撮れるのか? キヤノン「PowerShot SX700 HS」で挑戦!

初夏の運動会シーズン真っ盛り。カメラを持って臨んだみなさんの撮影結果はいかがだっただろうか。今回は、一般的に「動体の撮影が不得手」とされるコンデジで、なんと運動会の撮影に挑戦。はたして「PowerShot SX700 HS」は、運動会でも「使える」のか!?を検証してみた。

[12:29 5/27]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G1 X MarkII」長期試用リポート第2回 - NDフィルターを使って絞りとシャッター速度の幅を広げる

キヤノン「PowerShot G1 X MarkII」は、ワイド端でF2.0、テレ端でF3.9というレンズ開放値の明るさが特徴のひとつ。室内などの薄暗いシーンでも、感度をあまり高めずに比較的速いシャッター速度が使えるほか、コンパクトデジカメでありながらボケを生かした表現が楽しめるメリットがある。

[08:00 5/24]

【レビュー】出張に持って行くならこの1台 - カシオ「EXILIM EX-100」を連れてドイツの古都を歩いた

出張は何かと荷物が多くなりがち。それでも置いていけないのがカメラ関係。出張先が海外だったり、出張期間中にフリーの日があったりすれば、なおのことだ。

[14:42 5/9]

【レビュー】キヤノンの30倍ズームコンデジ「PowerShot SX700 HS」で、ヨーロッパの鉄道を撮る!

「PowerShot SX700 HS」が誇る光学30倍ズームの圧倒的な接近能力を紹介した前回のレビュー。続く今回のテーマは、コンデジが苦手といわれる「鉄道写真」。それもどうせなら……と、ヨーロッパの鉄道を撮ってみた。

[08:00 5/1]

【レビュー】文字通り「作り手の顔が見える」超便利アイテム - インカメラ搭載コンデジ「PowerShot N100」を使って人気YouTuberを目指せ!

「YouTuber」をご存知だろうか。動画共有サイトのYouTubeに動画を投稿し、人気者になっている人々のことだ。動画の内容は日常のちょっとしたことから、話題の製品のレビュー、イベントレポートなど多岐にわたっている。ということで、人気YouTuberを目指して、動画を撮ってみることにした。今回、 ……

[11:00 4/30]

【レビュー】キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」長期試用リポート第1回 - クローズアップレンズでマクロモードを強化する

キヤノンの高級コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark II」は、最短で5cmまで近寄って撮れるマクロ性能の高さが魅力のひとつ。さらに、レンズ前面にオプションのアクセサリーを装着することで、撮影倍率をいっそう高めることも可能だ。長期試用レポートの第1回は、強化したマクロモードを……

[08:00 4/17]

【レビュー】快適なAFスピードと高機動力のコンパクトボディが魅力 - ソニー「α6000」実写レビュー

ソニーからAPS-Cサイズの有効2,430万画素センサーを搭載したミラーレスカメラ「α6000」が登場した。2012年に発売された「NEX-7」と「NEX-6」の後継に当たるモデルで、同社ミラーレスの新しい中級機となる製品だ。従来からの進化のポイントは、ファストハイブリッドAFを強化したこと。その実写レビ……

[08:00 4/2]

【レビュー】作品を撮るカメラとしてのもうひとつの提案 - カシオ「EXILIM EX-100」ファーストレビュー

3月20日に発売されたカシオ「EXILIM」の最新フラッグシップ「EX-100」。1/1.7型センサーを搭載した「EX-10」の姉妹機であり、28-300mm相当、全域F2.8通しという豪華なズームレンズを搭載するモデルだ。今回はその実力をご確認いただくためのファーストレビューをお届けしよう。

[11:00 3/31]

【レビュー】ストロボを内蔵しつつもさらなるコンパクト化を達成した小型軽量ミラーレス - オリンパス「OM-D E-M10」実写レビュー

オリンパス「OM-D E-M10」は、マイクロフォーサーズシステムに準拠したミラーレスカメラだ。2012年に発売された「OM-D E-M5」の下位モデルで、基本的なデザインと操作系を受け継ぎながらも一部のスペックを抑えることでより求めやすい価格を実現。その性能はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

[17:02 3/26]

【レビュー】孤高のフィルム一眼スタイルに酔いしれる - 富士フイルムの本気のミラーレス「X-T1」を使ってみた

発売直前のタイミングだったこともあり、「CP+2014」でタッチ&トライに30分以上の行列を作った富士フイルムのミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」。クラシカルなレンジファインダー風だったそれまでのXシリーズと異なり、ペンタプリズムを持つ一眼レフを想起させる精悍なデザインとなったことも、よ……

[12:40 3/24]

【レビュー】30倍の眼を持つ"スナイパー" - キヤノンのコンパクトデジカメ「PowerShot SX700 HS」を使ってみた

キヤノンのコンパクトシリーズ「PowerShot」シリーズから、光学でなんと30倍もの高倍率ズームレンズを搭載した「PowerShot SX700 HS」が登場した。これは、写真はもとより、動画撮影においても非常に魅力的な製品といえるだろう。機材をお借りしたので、さっそくレビューしていこう。

[09:00 3/8]

【レビュー】1.5型センサー搭載の高級コンパクトデジカメが全方位に進化 - キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」実写テスト

キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」は、主に写真愛好家層をターゲットにした多機能な高級コンパクトデジカメだ。2012年発売の「PowerShot G1 X」の後継機にあたり、1.5型という大きなセンサーサイズを継承しながら、レンズやエンジン、AF、液晶モニターなどを大きく改良。機能や操作面にもさまざ ……

[08:00 3/5]

【レビュー】キヤノン「EOS 70D」長期使用レポート・第1回 - 使って感じた8つの長所と2つの改善希望点

突然だが最近お気に入りのカメラを問われたら、筆者はキヤノン「EOS 70D」を筆頭に挙げる。2013年夏に発売されたミドルクラスの一眼レフだ。約半年使用して、少し気になった点はあるものの、トータルとしての満足度はとても高く、仕事でもプライベートでも重宝している。長期レポートの第1回は、EO……

[13:32 1/31]

【レビュー】カシオ「EXILIM」の新フラッグシップ「EX-10」 - EXILIMのDNAを受け継ぐ一味違う高級コンパクトカメラ

カシオのデジタルカメラ、「EXILIM」シリーズの最新フラッグシップである「EX-10」。ここで改めて、そのレビューをお届けしよう。関連記事でも幾度となくご紹介した話題の機能「プレミアムブラケティング」やアートショットの新機能「宙玉」についても、一歩踏み込んで考察したい。

[00:00 12/29]

【レビュー】小さなボディにローパスレスの3,640万画素フルサイズセンサーを搭載 - ソニーのミラーレス一眼「α7R」実写テスト

ソニー「α7R」は、35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラだ。2013年11月の発売以来、愛好家層を中心に人気を集めている。いちばんの注目点は、レンズ交換対応のフルサイズ機でありながら、ミラーレス構造によって小型軽量にまとめられたボディだ。高画質と携帯性を両立させた画期的な……

[11:00 12/21]

【レビュー】ライブビューが「ハイブリッドCMOS AF II」へと進化 - キヤノン「EOS M2」の刷新された高速AFを試す!

まもなく発売(12月20日予定)されるキヤノンの新ミラーレス一眼カメラ「EOS M2」。「EOS M」のカジュアルなイメージや1,800万画素のAPS-CサイズCMOSと映像エンジン「DIGIC 5」による基本性能、タッチ液晶による操作体系を踏襲しつつ、新たにWi-Fi(無線LAN)接続機能に対応。なおかつ、ボディサイズと……

[10:00 12/17]

【レビュー】開放値F2.8通しの明るい高倍率ズームを小型軽量ボディにギュッと凝縮! オリンパス「OLYMPUS STYLUS 1」実写レビュー

オリンパスのコンパクトデジカメ「STYLUS」シリーズの新モデルとして「OLYMPUS STYLUS 1」が登場した。いちばんの見どころは、手軽に持ち運べる小型軽量ボディに、全域F2.8の明るい高倍率ズームを搭載したこと。その機能や使い勝手、画質はどうなのか。実写レビューをお伝えする。

[12:49 12/11]

【レビュー】APS-C機の限界に挑む意欲的な一眼レフカメラ - リコーイメージング「PENTAX K-3」実写レビュー

リコーイメージングの「PENTAX K-3」が実売12万円前後と買いやすくなっている。ローパスフィルターレスの2,435万画素CMOSの採用やローパスセレクターなど新技術を投入し、APS-C機としては高めの初値を付けた本機だが、発売からひと月が経過して急速に値頃感が出た格好だ。そこで今回は、K-3を買お ……

[10:00 12/10]

【レビュー】「オトナの部活カメラ」でレッツエンジョイ! - その場の楽しさまで記録する「PowerShot S120」のプラスムービーオート

カメラを持って出かけるときは「今日は写真も動画も!」と意気込んでいるものの、過ぎてみれば写真しか撮らなかった。そんな経験がないだろうか。静止画(写真)も動画も撮れるカメラを使っていても、静止画しか撮らなかったことに帰ってから気が付いたということも多いだろう。写真では残せない動画 ……

[09:00 12/7]

【レビュー】全域F2.8の明るいレンズを搭載! ソニーの高倍率ズームデジカメ「サイバーショットDSC-RX10」実写レビュー

大型センサーを搭載した高級コンパクトデジカメ「サイバーショット RX」シリーズの最新モデル「サイバーショット DSC-RX10」が登場した。光学8.3倍の高倍率ズームを備えながらも、ズーム全域で開放F2.8を実現したハイスペック機だ。その機能や画質、使い勝手を検証してみよう。

[11:00 12/4]

人気記事

一覧

新着記事

[氷室京介]4大ドームツアーを完走しライブ活動“卒業” 今後は「時間をかけてアルバム作りを」
[23:00 5/25] エンタメ
【コラム】Windowsスマートチューニング 第393回 Win 10編: レジストリファイルを作成して、設定を維持する
[22:59 5/25] パソコン
松下幸市朗「ひとり暮らしの小学生 江の島の夏」後日談を追加して書籍化
[22:41 5/25] ホビー
[鈴木亮平]「変態仮面」海外進出に喜び まさかのアカデミー賞ノミネート“変態公約”も
[22:29 5/25] エンタメ
引退した美少女戦士が裏方に就職して奮闘!シタラマサコ描くお仕事コメディ
[22:27 5/25] ホビー

特別企画 PR