【コラム】

住まいと安全とお金

1 住まいと防災(1)-- 考えなければならない災害とは?

  • <<
  • <

1/29

連載『住まいと安全とお金』では、一級建築士とファイナンシャルプランナーの資格を持つ佐藤章子氏が、これまでの豊富な経験を生かして、住宅とお金や、住宅と災害対策などをテーマに、さまざまな解説・アドバイスを行なっていきます。


考えなければならない災害とは? ~災害(リスク)は、常に新たな災害が誕生する~

下記の表を見ると実に様々な災害があるのがわかります。これらの中で住まいに関する災害はどれとどれでしょうか。広く考えればどれも当てはまりそうです。また災害は単体で発生するだけでなく、互いに関連を持って発生する事が多いのが特徴です。さらに、日々新たな災害(リスク)が発生し続けている点も忘れてはなりません。ネット関連の被害や振り込め詐欺などは以前には見られませんでしたが、今は日常的な問題です。我々は日々いろいろな災害(リスク)の危険にさらされているといってよいでしょう。過度に不安になるのも問題ですが、大きな出費を伴い、様々な災害対策に関係する住まいの取得に際しては、「災害に強い家」をしっかり念頭におきたいものです。

 【災害の種類】((C)佐藤章子)

災害の本質~災害とは想定外が想定内でなければならない~

住まいの耐震性能は大きな関心事だと思います。建物の構造計算といえば、一般の方はどのようなイメージをもっているでしょうか。コンピューターに必要なデータを入れて、難しい計算を処理し、はい完璧に安全な構造建物です…というイメージでしょうか。そして、法的に定められている構造基準は想定されるどんな地震にも絶えうる基準となっていると考えていますでしょうか。建物の構造は自然が相手です。今までの歴史の中で、何度「想定外」の災害があっことでしょうか。事実大きな災害がある度に、構造基準が見直されてきました。

1989年に大きな構造基準の見直しがおこなわれましたが、それ以前の建物は当時の基準を満たしていても、一転して危険な建物と位置付けられてしまいました。今後さらに見直されない保証はどこにもありません。現在の新耐震基準もどのような地震にも耐えうるものではなく、めったに起きない大規模の地震でも安全に避難できる時間がある…という基準なのです。実際に阪神淡路大震災で、新耐震基準の建物が全く倒壊しなかったわけではありません。安心したいが為に自分の頭の中で想定内を組み立てるのはとても危険で、「災害は常に想定外の事が起きる」ものと考えて、どう対処するかが大切なのです。

災害に対処する基本的方法は ~災害(リスク)はゼロにはできない~

自然災害の中のどれをとっても、人間が自然に完全に打ち勝ったためしがありません。明治以前の施政者の最大の課題は治水対策でした。良く考えれば今も変わりがないようです。自然との飽くなき闘いといえるでしょう。つまり災害はゼロにはできないのです。ファイナンシャルプランニングでは、災害対策を5つに分類しています。簡単に他の地域に移住はできませんので、地震対策の多くは損失制御となるでしょう。

リスク対策の分類と事例((C)佐藤章子)

現在は治水対策がかなり進んで、洪水の経験のない世代も多いと思いますが、地域のお年寄りに聞くと、大体一つ二つの経験談をしてくれると思います。子供のころ住んでいたところは裏が大きな川で、台風の時は氾濫の危険が多い地域でした。実際に二度ほど私も床下浸水を経験しました。水かさが上がると危険ポイントを観察していた地元の大人達が、相当危険な状況でも経験上「この分なら大丈夫」などと判断していました。「大人ってすごいなぁ」と思ったものです。

次回以降は具体的にどのように災害に対処すれば良いかを考えてみたいと思います。

<著者プロフィール>

佐藤 章子

一級建築士・ファイナンシャルプランナー(CFP(R)・一級FP技能士)。建設会社や住宅メーカーで設計・商品開発・不動産活用などに従事。2001年に住まいと暮らしのコンサルタント事務所を開業。技術面・経済面双方から住まいづくりをアドバイス。
  • <<
  • <

1/29

インデックス

連載目次
第29回 住まいに関する節約術(4) - 女性でもできるDIYの薦め
第28回 住まいに関する節約術(3) - 一挙3得! 住まいに関する日々の節約
第27回 住まいに関する節約術(2) - その家具、本当に必要?
第26回 住まいに関する節約術(1) - 誰も教えてくれない"間取り"の経済学
第25回 資産としての住まい(4) - "長期優良住宅"とは!?
第24回 資産としての住まい(3) - 住まいの資産価値は次世代の人生設計に大きく関与
第23回 資産としての住まい(2) - 資産価値の高い住まいとは?
第22回 資産としての住まい(1) - 持ち家、賃貸、どちらが有利?
第21回 耐震リフォーム(4)--「家具の転倒」から家族を守るリフォーム
第20回 耐震リフォーム(3)--耐震診断・耐震リフォームの支援制度
第19回 耐震リフォーム(2)--耐震リフォームにはどんな種類がある?
第18回 耐震リフォーム(1)--耐震リフォームはなぜ必要なのか?
第17回 住宅ローンとの賢い付き合い方(4) - 住宅ローンアラカルト
第16回 住宅ローンとの賢い付き合い方(3) - リフォームローンにもある減税制度
第15回 住宅ローンとの賢い付き合い方(2) - ローンの組み方と返済方法
第14回 住宅ローンとの賢い付き合い方(1) - 住宅ローンの種類と仕組み
第13回 マイホームのための街選び(4) - 「2地域居住」も視野に入れてみては?
第12回 マイホームのための街選び(3)--"資産としての住まい"を考えての街選びが重要
第11回 マイホームのための街選び(2)-「街選びはふるさと選び」の心構えを!
第10回 マイホームのための街選び(1) - 街選びのポイント
第9回 「相続時精算課税制度」って何? その狙いとは?
第8回 「贈与税」と「相続税」の関係 - セットで初めて生きる"相続と贈与"の知識
第7回 相続税、知っているのと知らないのとでは大違い! 「小規模宅地等の特例」とは?
第6回 「相続税」が増税されるって、知っていますか?--政府の財源確保策!
第4回 いつ起きても不思議ではない大地震--知っていますか? 地震保険の仕組み
第3回 災害に強い住まいとは?--「地盤」を考えない住まいは、まさに"砂上の楼閣"
第2回 住まいと防災(2)--地域を知る~「釜石の奇跡」は"奇跡"ではなかった~
第1回 住まいと防災(1)-- 考えなければならない災害とは?

もっと見る

人気記事

一覧

2017年5月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事